<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

読書は表現力を強化する。

b0141773_19330500.jpg

この820日に行なった輪読会に

出席でなかった人の何人かに、

主催者が当日のテキストを送ったらしい。

b0141773_19305109.jpg

受け取った人の1人から、

テキストの中にある書物の新聞広告について、

問い合わせがあった。

「あの本もおすすめのものですか」と。

b0141773_19311466.jpg

このテキストは、輪読会の2日前に

読書をすすめる広告が出たので、

参考資料としてご紹介した。

本のタイトルが、カタくなくておもしろい。

広告には、目次の一部がピックアップされている。


*「自分は何も知らない」と自覚する

*読みながら考えないと身につかない

*いくつになっても偶然の出会いは楽しい

*小説で「考える力」を養う

などなど、読書の利点を的確に指摘している。

私自身は読んでいないので評価はできないが、

その段階で「読んだほうがいいか」と聞かれれば、

読書のすすめの本に、

読まないほうがいいものがあるとは思えないので、

「いいんじゃない」と答える。

b0141773_19334592.jpg

皮肉なことに、この広告には

こんなフレーズもあった。

「人がすすめる本はあてにならない」

私の本心は、「それを言っちゃぁおしまいよ」である。

輪読会でも、その点を指摘した。

b0141773_20210523.jpg

昔、著名な精神科医が

「修学旅行のような団体旅行は意味がない」

あるウーマンリブのオピニオンリーダーが、

「女性も、結婚するだけが人生の選択ではない」

ある大学教員が

「栄養の大学だからといって、栄養士の資格を取ることはない」

など公言した。

それを真に受けた人の中には、

「やり直し」のために多くの時間と労力と、

おカネを使った人が少なからずいたはずである。

b0141773_20220255.jpg

人のモチベーションを下げるような言動は、

少なくとも相手が特定できない場では言うべきではない。

くだんの精神科医は、

「旅行は1人で黙々とするから身につくことがある」

というのが持論らしいのだが、

旅行入門コースとしての修学旅行まで否定したら、

「経験から学ぶ」という機会は激減する。

b0141773_15014170.jpg
そんなことを言ったら、

義務教育だってナンセンスということになる。

「勉強は、自分の必要に応じてすべきで

漫然と、いろいろのことを詰め込むのは

「害あって益なし」という議論になってしまう。

b0141773_20253038.jpg

そういうことを言わないで、

いつジャストタイミングがやってくるかが

わからない人生において、

まずはスタートラインについておきたい。

それが基礎教育、基礎体験というものである。

学ぶ機会にはもっと貪欲でありたい。

b0141773_20254876.jpg

以前、電車の中で

人が読んでいる本の一部をちらっと盗み見をし、

なんとか表紙を見て、書名を知ろうと苦労したことがある。

ようやく読み取って、メモをし、

駅を出て書店に直行した。

その本を買っておいてよかったと思う。

すすめられてもいない本にも

「アテ」になる良書は少なくない。

b0141773_20261608.jpg

「人がすすめる本はあてにならない」と言ってしまったら、

自分たちの広告を自己否定したことにならないか。

3八つ」(さんやつ=新聞の8つの広告サイズ×3段抜き)

という超高価な広告を出しておきながら、

「人のすすめる本はあてにならない」とは!!!!

b0141773_20272513.jpg

ところで、

このブログで何冊かの本を紹介したら、

そのほとんどを数日のうちに読んで、

感想を伝えてくれる人が何人かいた。

その文章がなかなか読みごたえがある。

b0141773_20273594.jpg

かねがね、いただくハガキや手紙、Eメールの内容が

多分に儀礼的で、中身がないことが多く、

こなんにも話題がないのに文章を書くのは辛かろう、

と感じているが、

本を読んだ人の文章は、

シャッと背筋が伸びていて、読んでいて楽しい。

b0141773_20270271.jpg

その一部をご紹介して、

どんなきっかけで本を読んだとしても、

マイナスになることはめったにない、

ということを実証しておこう。

本、または情報は、

やはり心を養う知的栄養素である。

人間は、栄養素だけで生きているのではないことを

忘れてはいけない。

b0141773_20293639.jpg

b0141773_20283090.jpg

◆H.Nさんの感想

b0141773_20311617.jpg

「海からの贈物」を読み終えて、

ご連絡せずにはいられなくなりました。

b0141773_20291598.jpg

50年という月日をどう考えるのか、

にもよりますが、

この本が、50年前に発行されたと

いうことに驚いています。

b0141773_20301362.jpg

「私たちは飢えを感じているが、

何がそれを満たすかは、

今日の私たちにも解らない」

このように感じている人間は、

増えているように思いますし、

AI社会になれば、

さらに増えていくように感じます。

b0141773_20303360.jpg

技術は進歩しても、

人間は進歩していないのだろうか。

技術ばかりを進歩させたから、

満たされない人間が増えているのか。


司馬遼太郎氏の「人間について」を

読み始めましたが、

医者にも患者にも哲学が

必要であるとありました。

読み進めていくのが、

楽しみで仕方ありません。

b0141773_20413019.jpg

b0141773_20320179.jpg

技術も医学も進歩していきますが、

その進歩に、哲学がなければ、

人間が置いてきぼりの世の中に

なってしまう、すでに、

そうなっているように思います。

「海からの贈物」の中に、

アメリカでは、

婦人運動の功績のおかげで、

昔より自由になり、

いろいろなことをする機会に

恵まれたが、

婦人運動に参加した人たちは、

いかに生きるべきかということに

ついては教えなかった。


ただ、先駆者の運動は

そうなることが多く、

後から来るものの課題となる、

とありました。

b0141773_20321160.jpg

後から来た私にできることは何か、

と、進歩の裏側でできることは何か、

と考えます。

b0141773_21412444.jpg

―――――――――――――――――――

◆T.Hさんの感想

b0141773_20265217.jpg

『世界一豊かなスイスとそっくりなニッポン』、

『僕はいかにして指揮者になったのか』を、

読みました。


今は、『人間について』を読んでいます。

こんな短期間に、3冊もの本を読んだのは、

はじめてです。

○『世界一豊かなスイスとそっくりなニッポン 』

 一言で言うと、スイスについて、何も知らなかった。

 ということです。

b0141773_20331110.jpg

 スイスの美観が国際的であること。

 貧困の子どもの現状。

 ましてや、日本と似ているところがあるなんて、

 思いもよりませんでした。

 これまでの知識は、スイスが、美しい国であるが、

 永世中立国と言っても、日本とは、違う。

 ということくらいでしょうか。

 恥ずかしいです。


○『僕はいかにして指揮者になったのか』

 この本は、びっくりするくらいの早さで、

 読みました。数時間だったでしょうか。

 文章が読みやすいのもそうでしょうが、

 引き込まれました。

 人のつながりだったり、情熱だったり、

 いい意味でのいい加減さだったり、に。

b0141773_20341531.jpg

 私が購入した本は、1995年に出版したものに、

 2001年に加筆されて出版されたものです。

 

 まえがきには、15年前を振り返り、

 15年間があっという間だったこと。

 「自信満々」を演じ続けてきたこと。

 そうしたことで、

 「自信満々」が、板についてきたような気がします。

 と書かれています。


 先生が、いつだったか、

 松井やイチローは、大リーガーになる前から、

 大リーガーの自分をイメージしていた、という

 お話を伺ったことを思い出しました。


○『人間について』

 昨日から読んでいます。

 1.今西氏と対談は、1971年ということですが、

   高度成長期の時期に、今どうなっているか?を

   予想した内容。それが、当たっていることに、

   大変、驚きました。


 2.犬飼氏との対談では、犬飼氏が、日本人のことを、

   「あっけらかん」と表現され、本質をついていて、

   おもしろいと思いました。

   それで、いいのか、どうかは、別ですが。


 3.高坂氏との対談では、歴史で習った人物のこと

   語られています。歴史では、その人物像まで、

   習った記憶はなく、新鮮でした。

   最後の司馬氏のコトバが、印象的。

   「政治に、教科書はない。人生に教科書はない」

   わかりやすいことこそ、大切ということでしょうか。

 4、山村氏との対談、『人間について』は、途中です。

   山村氏は、内科学、免疫学者ということですが、

   対談の内容は、人体や病気の話より、宗教の話の

   方が多いように思います。

   

   まだ、途中ですが、

   宗教について、いろいろ考えさせられます。

   知らないことばかり。

   スイスの国のこと以上に、知らないことばかり。

   恥ずかしいというレベルじゃないです!

   

   でも、冷静に思うと、今まで、そうだから、

   無宗教のようであったから、よかったと。

   何かの宗教にはまってたら、どうなっていたかと。

   以上、読書経過報告でした。


―――――――――――――――――――――――――

◆H.Oさんの感想

b0141773_20453268.jpg

ブログでお勧めくださいました本

「世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン」を、

きょう読み終えたことがきっかけです。

(読書ノートを作ったという話)

スイスの歴史も、国民性も、

囲まれた小国を守れているのは

永世中立国だからではないことも、

何も知らなかったことを知りました。


この本でたくさんの刺激を受けたなかで、

1・2位を争う情報は、

こういった文章 を

女性が書いていることだと思います。

「○○だ」「○△□であろう」など、

文体としてはさっぱりしていて、

事実が伝わってきやすい。

場合によっては男性的になりそうでも、

どこかに女性らしさを感じる。


しかし、けっして媚びていない。

スイスに対してもニッポンに対しても、

著者の立ち位置はぶれることがない。

こういったことが、

読みやすかった理由のひとつかもしれません。

そして、ハッとしたのは、最初ほうで、

「私たちの手にあるカードは、

 私たちが思っているより多いのではないか」

と、日本を表現してい ることです。


カードに気がつくこと、

そしてそれをどう使うのか。

同時に思ったのは、

謙遜をするかのように、

持っている能力を隠して、

何もできませんと言っているうちに、

ほんとうに能力がなくなってしまうことが

あるのではないかということ。

これは日本の国策についてのことですが、

国を構成する国民全体の意識として、

こういう傾向があるように感じました。

1冊読み終えた爽快感。

 気持ちよく走っていたら、

 気がつけばゴールをしていたかのようです。

 

b0141773_20544883.jpg

 読書のきっかけをくださいまして、

 ありがとうございます 。

b0141773_20225966.jpg


[PR]

by rocky-road | 2017-08-27 21:03  

栄養士は「外食」でも健康を支援する。

b0141773_23090032.jpg

ときどき、初めて行った土地で

同行者の好みに合った飲食店を見つけることがある。

国内に限らず、

ハワイでもグアムでも、

パリでもボストンでも、アムステルダムでも。

「どうして、ここがおいしい店ってわかったのですか」

と、あとから聞かれる。

b0141773_23084302.jpg

b0141773_23131700.jpg

「直観」としか言いようがないが、

それでは能がないので、

それなりに自己分析を試みる。

 *店頭のデザイン、ややクラシカルな風情。

 *屋号が浮わついていない。

……なんてやってみるが、

どれも感覚的で、

人に秘伝を授けるほどの内容とはならない。

b0141773_23134724.jpg

で、つまるところ、

店選びのポイントは、

とにかく数をこなすしかない、そこに行きつく。

b0141773_23132882.jpg

外から見て、

料理の適否などわかるはずがないのである。

3段階評価でいけば、

「いい」「ふつう」「ダメ」であり、

「いい」の打率が3割以下であったとしても、

「いい」評価は記憶に残り、

「ダメ記憶」は消去されるので、

相対的に「店選び名人」になれるのである。

つまり、答えは脳科学にあり、ということだ。

b0141773_23151823.jpg

とはいえ、「ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる」でもない。

人の意見に振り回されない信念や、

コツコツ仕込んできた「食のセンス」が、

こんなところでもベースとなる。

b0141773_23195314.jpg

ところで、去る813日(日)、

58回 「食ジム」では、

「食べ歩きの名ガイドとしての『幹事力』を鍛える」

というテーマで話し合った。

b0141773_23204424.jpg

もう、この「食ジム」は

栄養士、健康支援者の思考のレパートリーから見たとき、

世界の同業者からは何十年分も先へ来てしまっている、

と見てよさそうである。

「自然とどうかかわるか」

「生きがいとはなにか」

「おもてなしの心をどう表わすか」

こんなテーマで1日に語り合う健康支援者は、

世界のどこにあろうか。

b0141773_23213453.jpg

しかし、「食ジム」が進んだ、

と考えるのは正確ではなく、

世の中が、そして健康科学が

どんどん先へ行っているのである。

つまり、栄養、運動、休養による健康促進から、

それに加えて、「ストレスコントロール」

「よい人間関係の維持・発展」「そして生きがい」

最近の長寿や認知症医学の知見も、

ますますライフスタイルとの関係を

重視する方向へと移ってきているではないか。

「食ジム」は、

そういう動きに歩調を合わせているに過ぎないのである。

b0141773_23222489.jpg

いまどき「外食は控えましょう」

などと言っている栄養士は、

完全にガラパゴスにしか生存しない固有種である。

「食ジム」では、

自分だけが外食を楽しむというところから、

さらに、その機会を人にも与えよう、

という話し合いをした。

b0141773_23234679.jpg

遠からずエビデンスが示されると思うが、

生涯にわたって外食の回数が多い人ほど、

健康寿命が高いということになるはずである。

とくに高齢期以降の外食利用率は、

健康寿命にプラスに働くことだろう。

(ホームレスやそれに近い生活をする人は別として)

b0141773_23243621.jpg

栄養士としては、

自分を除く最低5人以上の人が参加する

飲食を伴う集まりの幹事を務めることができるプロとして、

そろそろ一歩を踏み出してもいいころである。

b0141773_23244963.jpg

「それって、フードコーディネーターの仕事じゃない?」

という人があるかもしれないが、

さて、そのフードコーディネーターは

いま、社会でどんな仕事をしているのだろうか。

その肩書で仕事をしている人の数は、

栄養士に比べてはるかに少ないのではないか。

それはそれとして、

栄養士が外食の楽しいシーンをプロデュースすることは、

健康支援の仕事の一環なのである。

つまり本業の延長線上にあるわけだ。

b0141773_23255820.jpg

現在のところ、

その役割に気づいている栄養士、健康支援者は、

全国の同業者に対して

0.00数%というレベルだと思うが、

健康をサポートすることは、

楽しさをサポートすることにも通じるから、

食シーンの幹事力は、

今後の「専門性」の一部になるし、

直接・間接的にビジネスチャンスにもなる。

b0141773_23252117.jpg

これまで、栄養士さんには各地でお世話になったが、

「ご招待」の宴席を、地図を見ながら

一緒になって探し回ったことが何回かある。

インターネットで調べたから、

すっとは行きつけないというのである。

途中で、「直感」が働いてしまって、

「ここのほうがいいのでは?」と思うところがあっても、

そこを素通りする辛さは、「名ガイド」(?)としては、

なんとも辛かった。

b0141773_23253760.jpg

そこで、

「食シーンのための幹事マニュアル」の

お試しポイントをあげておこう。

b0141773_23280444.jpg

1.使う店は、一度は飲食をし、評価が定まったところを。

2.初めて幹事になったときは、

  候補の店を訪ねてチェックしておく。

  (1軒を決めるのに5軒も試食した、

  というようなことがないように、普段から利用する)

3.合格したものは手帳に記録する。

  住所録などに「飲食店」というコーナーを設けて、

  記録する。

  (途中で閉店や移転があるからときどき更新)

b0141773_23282151.jpg

4.最初はメディア情報であっても、

  インターネット情報であっても構わない。

  チェックさえしてあれば。

  ただし、そのネタばらしは自分からはしない。

5.人を連れていくとき、「おいしいから」と

  あまり前宣伝をしない。

  「お口に合うかどうか自信ないけど、

  私はおいしいと思ったので」くらいか。

  「あの人が選んだのだから安心」と

  いわれるようになるまで、修業は続く。

6.こういうキャリアを積むためには、

  お酒は少々、飲めるほうがいい、

  食材や料理の好き嫌いは大人としてダメ。

b0141773_23293648.jpg

7.いくつもの店のストックを持っていると、

  相手により、時間帯により、目的によって、

  最適な店を選ぶことができる。

8.どんなに行きつけになっても、

  店の人と親しくなり過ぎない。

  売り手と買い手の立場は堅持する。

9.以上のことを「幹事になったときのために」

  という構え方で処するのではなく、

  自分の食生活にバラエティをもたせる、

  人生の楽しみ方の1つ、

  というくらいの考え方で、軽~く流していく。

b0141773_23283597.jpg

さて、いつ、あなたのおすすめのお店で

みんなで歓談できるのかな?


[PR]

by rocky-road | 2017-08-17 23:30