<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

春は名のみ……♪ ♬

b0141773_21464132.jpg

従兄が89歳で他界したため、

通夜と葬儀のために、

新潟県長岡市にある自宅に行き、

その後、通夜と葬儀に参列してきた。

自分では覚えていないが、

20年ぶりの訪問だとか、

向こうでちゃんと覚えていてくれる。

いつも法事のときに出かけていくようだ。

b0141773_21465843.jpg
b0141773_21473336.jpg
b0141773_21482745.jpg
b0141773_21485304.jpg

さかのぼれば、

小学生の低学年の時代、ここに疎開していた。

田園地区で、戦争がどこで起こっているのか

まったく感じられない地域だった。

b0141773_21501053.jpg

もっとも、

昭和19310日までの東京空襲を体験し、

「いよいよ」ということで

ここに疎開したのである。

b0141773_21495488.jpg

疎開中に、今度亡くなった「いとこ」からは、

いろいろと田舎暮らしを学んだ。

マムシの捕らえ方、殺し方、皮のはぎ方、

串の刺し方、いろりでの焼き方、

イナゴの生食の仕方などなど。

だからどうした、という話でもないが。

b0141773_21493594.jpg

こういう生活がよほど性に合ったらしく、

戦争が終わってからも、

しばしばここを訪れた。

そのため、父の実家とはいえ、

東京生まれの私だけが、

いちばん多く、ここを訪れたことになる。

b0141773_21510806.jpg
b0141773_21550271.jpg

それはさておき、

このところ姉や兄、いとこの葬儀が続き、

その長男たちの法事のあいさつを聞いた。

「商売柄」というヤツで、

無意識的に「あいさつ」を評価をしてしまう。

その範囲でわかったことは、

父親のリーダーシップや表現力、

気働きなどが、息子のコーディネート力や

「あいさつ力」に少なからず影響を与える、

という傾向である。

b0141773_21553683.jpg

親族の法事のあいさつなど、

トレーニングする機会も場もないから、

ぶっつけ本番にならざるを得ないが、

それでも、親の言動は子に伝わっていて、

あいさつのできる親の子は、

それなりに形がいい。

b0141773_21555266.jpg

以前、友人の母親が亡くなったとき、

彼は母親の略歴を、クールな、

しかし、その生きざまに対する敬意のこもった

実に味のあるあいさつをした。

b0141773_22013785.jpg

一般論として、

故人となった男性の経歴は、

詳細に語られることが多いのに対して、

著名人ではない「母」や「妻」の経歴は、

ほとんど語られることはない。

しかし、その友人は、

そういう常識を破って、

参列者に対して見事な謝辞を述べた。

b0141773_21504762.jpg

これには大きな影響を受けて、

義母の葬儀のときに、自分でも試みた。

取り込んでいるときに、

義母の経歴を聞き取ったり確認したりするのは

楽なことではないが、

故人に対する敬意は示せたと思う。

b0141773_22021649.jpg

実の姉兄の葬儀の話に戻るが、

このとき、喪主の長男が、

実弟である私に

ひとこと求めてくれたのはありがたかった。

というのも、元気なころの姉の声を

留守番電話に入っていたテープからとって、

小型ラジオを用意して持って行ったからである。

b0141773_21512714.jpg

こちらから言い出す前に、

喪主から声掛けがあったのは自然でよかった。

準備をしておけば、

「チャンスはむこうからやってくる」

と、いつか、だれかに聞いたことがあるが、

確かにそうだと思った。

20秒、姉の声をみんなで聞いた。

b0141773_22031835.jpg

この4月は、

知人ではないが、

親しみを感じていた2人の方が亡くなった。

お一方は、上智大学名誉教授の渡部昇一氏。

1970年代以降、『文藝春秋』や『諸君!』誌上で

氏の論文を読み続けてきた。

ごく最近も『WiLL』5月号で読んだばかり。

知識の点でも考え方の点でも

大きな影響を受けた論客である。

1930年(昭和5年)生まれ、

2017417日没、86歳。

b0141773_22054783.jpg
b0141773_22052926.jpg
b0141773_22063286.jpg
b0141773_22035897.jpg

もうお一方は、ペギー・葉山さん。

ジャズシンガー。

私がいまも愛唱する「爪」「学生時代」などを歌っていた。

近くの寺が毎年開催する「桜コンサート」にも

来て、歌ってくれたのは数年前である。

2017412日没、83歳。

合掌。


[PR]

by rocky-road | 2017-04-27 22:08  

きょうも、ダイビングシーズン。

b0141773_13452679.jpg

毎年4月初旬は、ダイビング関係の2つのイベントがある。

この状態は少なくとも34年間に及ぶ。

「これからはダイビングシーズン」などというのは

部外者の言、または「ときどきダイバー」の言。

休日中心に活動をしてきたから、

元旦をはさんで、

年末・年始に海に入ることは珍しくなかった。

ダイバーにとって、

「ダイビングシーズン」は1年中である。

b0141773_13463042.jpg

少し余裕が出てくると、

日本の季節に関係なく、

いま夏の国に出かけて行って潜った。

? 夏を追いかけて ♪」である。

ご来光を海外の海で見ることはしばしばあったが、

日本で見るほどの感興はないことを知った。

b0141773_14025211.jpg

b0141773_13502713.jpg

47日、8日、9日の3日間開かれる

「マリンダイビングフェア」は、

水中写真コンテストの作品発表展、

プロカメラマンのトークショー、

ダイビング関連機材の展示会、

世界のダイビングスポットのブース展示などがある、

華やかなイベントである。

(東京池袋のサンシャイン/文化センター)

b0141773_13511075.jpg
b0141773_13504898.jpg

ここで気がついたのは、

フォトコンテスト入選作品のタイトルに

「擬人化型」が激増したこと。

「擬人化型」とは、

被写体となっている生物の立場でネーミングすること。

「きれいでしょ?」「何、見ているのよ」「仲よくしようよ」

などと、生物がしゃべるパターン。

b0141773_13482361.jpg

このネーミングは、かつては女性に多かった。

しかし、今回見ると、男性応募者にも多い。

ここからうかがえるのは、

生物の名や生態を検索するという

トレーニングができていないこと。

おそらく図鑑を持っていないだろうし、

インターネットで調べる発想も根気もない。

そして、もしかして「草食系男子」の増加。

b0141773_13522683.jpg

水中写真は、「ネイチャーフォトグラフ」

というジャンルに属する。

この場合は、生物の個体名を入れたい。

自然への興味、自然をたいせつに思う心は、

そこから始まる。

b0141773_13474400.jpg

b0141773_14012278.jpg


大橋作品 「イワシの春」

17回 水中写真コンテスト グランプリ

昔、水中写真作品の好ましいネーミング論を

『マリンダイビング』誌に何回か書いたことがある。

ダイビング雑誌には、

そのようにして、

読者をリードする責任がある。

が、いまや、編集部にはその必要を感じる人間が

いないのだろう。

さて、415日には、

久々に「水中映像祭」に出かけた。

私が何人かの友人に

共同発起人になってもらうことをお願いして立ち上げた

水中写真の勉強会を中心とするサークルである。

b0141773_13483283.jpg
スタートは19834月。

1回の「水中映像祭」を開催してから34年になる。

私は第20回まで運営してきた。

後継者を育てた覚えはないが、

みんながあとを引き継いでくれて、

そこから数えても13年になる。

b0141773_13542968.jpg

スライドショーという発表形式は、

当時の日本では一般的ではなかった。

持ち時間5分の中で、

3080枚のスチール写真を

一定のストーリーに組み立て、

プロジェクターにセットし、

自分の直感的なタイミングで絵を送っていく。

b0141773_13572840.jpg

一種の演奏である。

あらかじめ用意したBGMやナレーションを使って

海の美しさ、生物の生態、旅の体験などを

映像表現してゆくのだが、

緊張して、プロジェクターのボタンを押す指が

震える人も少なくなかった。

自家用のプロジェクターを持っている人はいないので、

会の機材を使っての練習日を設けて、

晴れの「映像祭」に備えた。

b0141773_13575428.jpg

それがいまは、パワーポイント時代。

自宅で整えたデータを持ってきて

パソコンにセットするだけ。

そういう時代、つまりこの十数年間、

私は、この方式で作品作りをしていないが、

しばしの局外者となって鑑賞して感じるのは、

機材や発表システムは発達しても、

コンテンツ、つまり作品の質は、

そう飛躍的に進歩はしていない、ということ。

b0141773_13503515.jpg

現役時代は、「テーマが大事」と言い続けてきた。

数十枚のカット、つまり「点」を並べると、

なんらかの意味、テーマを求められるようになる。

「で、なにを言いたいの?」

映画を見てきた人の報告、

コンサートに行ってきた人の報告、

講演会に行ってきた報告、

どの場合も、ひととおりの流れを説明すると、

「で、どうだった?」と、感想を求められる。

極論すれば、その「求められるモノ」がテーマである。

b0141773_14001295.jpg

もっとも、最近は、映画のストーリー、

コンサートのおもな楽曲、

講演会の講師名、演題さえも

正確に伝えられない人が多い。

せめてしばらくは、

プログラムくらい持ち歩けよ!!!

b0141773_14414458.jpg

が、「第34回 映像祭」では、

テーマという点では、

大半の作品がクリアしていた。

「海はきれいだった」だけではテーマにならない。

「タコはこんなふうに擬態する生物である」

「海中の生物の色彩は、どんな光学的理屈で

人間の視界に入ってくるものであるか」

これがテーマである。

「京都の紅葉は真っ赤っか。水中にも赤い生物がこんなに」

さて、これがテーマになり得るか。

評価が分かれるところだろう。

b0141773_13541749.jpg

かつては、スチール部門、

8ミリフィルム部門、

ビデオカメラ部門と、

3つにパート分けをしていたが、

いまは、スチール(静止画)と動画とを

1作品の中で自由に使えるようになった。

表現の幅はそれほど広がったが、

人間の表現力はたかが知れている。

それを実感できることは、

失望ではなく希望である。

b0141773_13480038.jpg

まだやるべきことはゴマンとある。

それが希望でなくてなんだろう。


[PR]

by rocky-road | 2017-04-17 14:03  

「民度」の捨て方、拾い方。

b0141773_16133993.jpg

過日、近くのJR駅構内のゴミ箱に、

大きな紙袋を押しこもうと苦戦している女性を見かけた。

なんとかゴミ箱に押しこんだと思ったら、

今度はビールの缶を2個、

それに清酒の5合びんを1本を、

「ペットボトル」「缶」の回収箱に押しこんでいる。

b0141773_16135441.jpg

状況を察したので、

「それ、みんな、電車の中で

あなた1人が食べたり飲んだりしたものなのですか」と

声をかけてみた。

「そう」と、彼女は答えて、

こちらに注意を向けることなく作業を続けている。

「ちょっと、顔を見せて」と私。

顔半分をこちらに向けた。

「それだけ飲んで、顔にはまったく出ませんね」

「そう」と無表情に彼女。

b0141773_16140541.jpg

50歳代の人だろうか。

家庭のゴミを駅の構内に持ってきて

捨てていこうという魂胆が一目でわかる。

彼女は咎められているという認識を持つまいと 

まったくひるまず、無表情を保つ。

b0141773_16161452.jpg

そこで、

「あなたは、肝臓も強そうだけど、

心臓はそれ以上だね」と言ってみた。

今度はさすがに「そう」とは言わず、

足早にホームに向かって走っていった。

b0141773_16155315.jpg
b0141773_16160075.jpg

いまから50余年前の

196410月の東京オリンピックの前年、

国鉄(当時)の山手線車内で

酔った男2人が、座っている女性のひざに

代わる代わる腰を下ろすのを見かけた。

b0141773_16172015.jpg

1人で2人の男を相手にするのはムリだと思ったので、

近くにいた自衛官に声をかけた。

「やめさせたいので手伝ってほしい」と。

が、彼の答えは冷たい。

「制服を着ているのでそういうことはできないんです」

b0141773_16182222.jpg

なぜか私は納得して

(国は守れても1人の女性の安全は管轄違いで守れない)、

車掌に伝え、駅員に伝え、ラチがあかないので、

けっきょく、東京駅の鉄道公安室に駆け込んで、

状況を説明した。

と、そこにいた公安官の答えは

「相手は動いている電車の中だから

つかまえられません」であった。

b0141773_16190487.jpg

b0141773_16184837.jpg

この顛末を新聞の投書欄に投稿した。

それが新聞に出た日、

鉄道公安室長が、

私の不在のわが家にやってきて、

謝罪していった。

なんと、ショートケーキ30個を手土産に。

オリンピック開催を控えて

「公徳心」を高めよう、

という運動が盛んになっていたころである。

b0141773_16191581.jpg

あれから50余年、

そして戦後、70余年、

長い間、日本人の「民度」の正体を見てきたので、

駅の構内に家庭のゴミを捨てていったり、

構内に自転車で入ってきたり、

駅のトイレの洗面所で

髪を洗う若者を見かけても、

驚くほどのこともない。


むしろ、

こうした大人の甘え行動は

日本ののどかさを示す「原風景」なのかもしれない。

が、しかし、

その「のどかな国」日本は

「地下鉄サリン事件」によって、

無差別テロの不名誉な先進国になってしまった。

ソフトターゲットを狙うテロにしてみれば、

こういう「ゆるい民度」の国は

狙いやすいのかもしれない。

b0141773_16201750.jpg

と、思いたいが、そうはいかない。

ニューヨークでもロンドンでも、

パリでもサンクトペテルブルクでも、

そして、バリでもマレーシアでも起こった。

テロの起こり方、起こし方に法則性はない。

思想や宗教、民族、格差、貧困、支配と被支配……

どんな論法ででも理屈は作れるが、

多分に後づけの解釈や理屈である。

b0141773_16211133.jpg

確かなことは、

それが人のモチベーションであること、

凶器には、火薬や武器、毒ガス、自動車、

飛行機などを使うこと。

つまり文明が生み出した道具を使う。

文明は、道徳心や公徳心を否定したがるのか。

そんなことを考えつつ、

渋谷のスクランブル交差点を渡るときには、

どんなタイミングでテロリストを発見するか、

あるいは、いざというとき、どう避難するか、

ハリネズミのように気張って歩いている。


だというのに、

そんなスクランブル交差点のド真ん中で、

ウエディングファッションの2人が

記念写真を撮っている場面にぶつかった。

スクランブル交差点は、

外国からの旅行者にとって

すっかり観光スポットになっているのを

改めて感じた。

b0141773_22530038.jpg

5分もすれば警察官が来て、

スクランブル・ウエディングを中止させる、

だろうと思ったが、ずっと続いていた。

「ゆるい民度」の国から、

「ゆるい民度」の国にやってきて、

交差点のド真ん中で「誓いのキス」をする風景は、

なぜか許せる光景だった。

b0141773_16214803.jpg

「あなたのドレスはきれい、

きっとハートもきれいなんでしょうね」

と声をかけずにいた自分を

ほめてやりたいと、思う。

「粋」の文化の後継者にはなれないが、

「野暮」を避けたい文化の後継者としての自負は、

ひょっとして、いくらか残っているのかもしれない。

b0141773_16195985.jpg

ちなみに「民度」の定義。

「人民の生活や文化の程度」(広辞苑)


[PR]

by rocky-road | 2017-04-05 16:36