<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

うまく育った「私」と「あなた」

b0141773_15504866.jpg

去る2
19日に開かれた第53回「食ジム」では、

栄養士・健康支援者における『子育て』のいろいろ

 (美しい関わり方)

というタイトルで、終日、話し合った。

会場 横浜市技能文化会館

アドバイザー 影山なお子さん 大橋禄郎

b0141773_15490429.jpg

内容は

1.私の育てられ方--親のこんなところに感謝したい。

2.「親の顔を見ちゃいました!」 バッド子育ての現場レポート

3.日本人の子育て食育--①ここが問題 ②ここが誇り

4.栄養士・健康支援者の考える「子育てのあり方」

5.「子育て」の評価基準を設けるとすれば……。

b0141773_15590590.jpg

1~3については、各自の発言が続いたが、

4~5については時間切れで

軟着陸とまではいかなかった。

むずかしいテーマであっただけに、

むしろ、みんなで考えてみたかった。

やむを得ず、私なりの感想を述べたが、

充分ではなかったので、

以下にまとめておきたい。

b0141773_15544609.jpg

「4」の栄養士・健康支援者の考える「子育てのあり方」

については、当然ながら、

食と健康に軸足を置いての論になる。

ということは、端的に言えば「食育論」である。

「食育基本法」には、目標はあるものの、

「食育」の定義がないため、

土俵のない取り組みが続いている。

b0141773_15521081.jpg

それは、地引網体験も、芋掘りも、

田植えも、稲刈も、

魚市場や青物市場見学も、食品メーカー見学も、

「食育」ということになる。

将来、一次産業に従事させることが前提なのか、

社会科への横滑りなのか。

挙句の果ては

中高年対象に「寝たきりにならないための食育」として、

料理教室が開かれたりもする。

b0141773_16024839.jpg

「食育」とは、知育、体育、徳育の連想から、

子どもの心とからだを培うために、

家庭での食教育を強化することが目的だったのではないか。

しかし現状では、

食育は家庭に戻ることはなく、

学校や業者任せになりつつある。

ここで注目すべきは次の点。

b0141773_15595533.jpg

女性の社会参加の結果として、

食の外部化(外食、中食、調理済み食品)により、

家庭での「団欒」(だんらん)の機会が減り、

食卓を通じての情操教育がしにくくなった、

そこで「食育」が大事、

として「食育基本法」を作った。

その狙いは、

家庭での「団欒」の復活にあった。

b0141773_16000649.jpg

ところが、その「食育」は学校任せになり、

さらに、

学校を通して

専門コーディネーターへの発注となった。

気がつけば、「食育」も外部化していた。

当時から、予測していたとおりになった。

b0141773_15593541.jpg

子どもが親と食事をする機会が減った、

その事実を認める視点があるならば、

「食育」が空論になることは予測できたはず。

そう推測できたから、

子どもから「食事力」を引き出すほうが

現実的ではないのか、と言い続けてきた。

いつ、どこで、どう食べようと、

自分にプラスとなる食事を選ぶ力、

食べる力を引き出すのである。

b0141773_16051703.jpg

3歳児の食事力、10歳児の食事力、

20歳の食事力、70歳の食事力。

どれにしても、気力、体力、記憶力、

欲をいえば、努力や精神力、学力があるといい。

b0141773_16092386.jpg

「食事力」とは、

ヒヨコが孵化した直後にエサをついばむように、

哺乳動物が生まれてすぐ、母親の乳を飲むように、

それは本能的な能力であるとともに、

知力や学力、経済力をもって支える

社会的能力でもある。

つまりは、人間の一生を支える能力、

それが「食事力」である。

b0141773_16093497.jpg

それほど基本的な能力を表わすコトバなのに、

「食事力」が国語として定着しなかったのが不思議。

英語ではどうか、ドイツ語ではどうか。

人類は、そんなコトバを作っていなかったのだ。


であるとするならば、

栄養士・健康支援者の育児論の軸足は、

「食事力」強化に置くことであろう。

b0141773_15530504.jpg

さて、

5」の「『子育て』の評価基準を設けるとすれば……。」

つまり、子育てがうまくいったかどうかを

どういうタイミングで評価するか、である。

b0141773_15565567.jpg

細かく区切れば、1
歳児の子育て、

2歳児の子育てとあって、

その延長で20歳時の子育てというところまで、

評価ポイントは移っていく。

とはいえ、

子を、どう育てようが、親の守備範囲、

「他人からどうこう評価されたくない」

というのが親のホンネだろう。

b0141773_15533537.jpg

しかし、成人式の式典で、

大酒を食らって、

壇上で暴れだすような「子」を持ったら、

「子育てがうまくいった」とは言い難い。

あるいは、小・中学生で自殺をされてしまったら、

「子育て成功」とはいかない。

どんなに外圧(イジメなど)があったとしても、

子に自殺されてしまったら、

先手を打てなかった親の負け、

そう自己評価するしかあるまい。

b0141773_15563591.jpg

それを学校や社会のせいにしているようでは、

親自身の「育てられ方の失敗」と

評価されても仕方がない。

子どもの自殺を学校や友人のイジメのせい、

というところだけをクローズアップし続けると、

自殺者は、その時点で「勝者」になってしまう。

「死んで恨みを晴らす」「身の潔白を示す」は

日本の伝統的思想。


ただでさえナイーブな少年・少女時代のこと、

死んで「勝者」になる選択をする可能性は高い。

b0141773_16162843.jpg

イジメで学校側やイジメたほうをイジメることは、

自殺の促し効果をつくりだす、という側面を持つ。

「なにが悪いって、自殺する者は卑怯、敗者、

次の自殺者へのけしかけ」

という価値観を植えつけない限り、

この連鎖に終点や減少は望めない。

b0141773_15580454.jpg

子が親を越えてよくなったり、

悪くなったり、いろいろの方向を探るのが

「適応」と「進化」のカタチというものだろうが、

いまの世の中が「よい」とするならば、

「適者生存」という結論になる。

b0141773_16181974.jpg

人間の社会活動の範囲では、

子の行動の大半は親や大人の反映。

子どもがダラシナクなるのは、

親や大人の影響か学習によるもの。

b0141773_15555675.jpg

とすると、「大人は子育ての成果」である。

四六時中、スマホをのぞき込む大人には、

自分が「子育て失敗の事例」なのか

「子育て成功の事例」なのか、

自己評価する時間も問題意識も

思考力もない。

b0141773_15540872.jpg

みんながアホになる状態、

それは、復元力を生み出す1プロセスともいえる。

大宅壮一氏が、テレビの普及時代に

「テレビによって一億総白痴化する」と

指摘したが、いま、テレビを見る人の数は激減している。

b0141773_16263283.jpg

鴨長明は、「ゆく川の流れは絶えずして」といって、

人生や社会は2度と元に戻ることはない、としたが、

もっと大きく見るならば、

世の移ろいは、寄せては返す波の繰り返し。

b0141773_16290177.jpg

長明さんは川しか見ていなかったが、

海は地球上の湖だから、

ツボの中で水はあっちに行ったり、

こっちに行ったりの繰り返し。

b0141773_16261400.jpg

テレビによる「白痴化」を免れた人類は、

今度は、スマホによる「白痴化」の波にさらされている。

「子育て」の成功・不成功は、

その社会の、ある時点での「大人」の生き方を

どう評価するか、という問題になるだろう。

b0141773_16271608.jpg

厳密にいえば、その評価対象は個人でしかない。

ということは、

この世は、子育て失敗の結果と、

子育て成功の結果とが共存している集合体であって、

相互補完をしつつ継続している、

ということになろう。

b0141773_16272703.jpg

個人的対処としては、

従来の「人様に迷惑をかけないように」は

標語化しすぎて実効性がないから、

各自がバージョンチェンジを図らなければならないだろう。

*人のモチベーションを下げないように。

*街を汚さないように。

*マスメディアのターゲットにならないように。

*人を排斥したり差別したりしないように。

*使わないお金を持ち過ぎないように。

*ブログでわけのわからない論を展開しないように。

b0141773_15592173.jpg

などなどのように、

子どもへの徳育を進めるには、

親側、大人側のほうに、

そのつどキャンペーンテーマを変えるだけの

準備性が求められる、ということだろう。


[PR]

by rocky-road | 2017-02-23 16:29  

ネットワークをどう温めるか。

b0141773_23054806.jpg

サークルにしろ学会にしろ、NPOにしろ、

ホームページを見ると、

記事が更新されていないものが少なくない。

「箱もの」と同じで、

作るときはがんばるのだが、

それを維持するのはむずかしく、

空洞化してくる。

イベントなどの活動もそれに比例する。

b0141773_23145476.jpg

そうなる理由の上位は、

役員を順番制にするからである。

創設期の役員は、

ゼロから出発しただけに、

意欲もエネルギーも十二分にある。

しかし、3年、4年とたつと、

役員の交代を考えるようになる。

b0141773_23093780.jpg

このあたりから、

創設メンバーのコンセプトがあいまいになり、

パワーも下がってくる。

情熱も経験もトレーニングもない

押しつけられ役員としては、

組織を活性化するどころか

持続することさえおぼつかない。

b0141773_23102142.jpg

ビジネスの場合には、

それを保持しないことには

自分たちの生活が成り立たないから、

創設者が退いたとしても、

手を抜くことはできず、残った者ががんばって、

組織をなんとか維持することにる。

b0141773_23104304.jpg

ほんとうは、学会だって、サークルだって

「情報」という、

金銭には代えられない貴重な「価値」が

得られる場だから、

人々の関心をもっと集めてよいはずだが、

そうはならず、すぐに「開店休業」状態になる。

b0141773_23112432.jpg

その理由は、

提供する情報には鮮度と、

香辛料の数倍という刺激が必要だからである。

なにしろ、フツ―の人は、

情報の値踏みが不得手だ。

情報が、心理的エネルギー源であり、

生存に不可欠なものであることを

ホモサピエンスとして数十万年たっていながら、

人類の98%は気がついていない。

b0141773_23114280.jpg

同時にまた、

「情報ステーション」(情報を提供する場)

というものも、

商品と同じようにパッケージが大事。

商品のクオリティが第一条件だが、

その価値を高めるのは、パッケージ。

b0141773_23122148.jpg

情報ステーションのパッケージに当たるものは

会場となる建物のルックスではなく、

主催者の求心力。

つまり情熱であり、人間性であり、

コミュニケーション力であり、企画力であり、

ファッションセンスであり、

コーディネート力であり、持続力でありと、

あまりにも多くのパッケージが必要となる。

いま、パッケージとはいったが、

実は、それら自体が情報でもある。

b0141773_23172711.jpg

b0141773_23175337.jpg

情報ステーションをの活性し続けるには、

数年で交代する役員方式ではなく、

少なくとも5年、

欲をいえば10年以上を任期とするか、

1人のリーダーが

命ある限り、ずっとリーダーを続けるかである。

b0141773_23183921.jpg

私の経験でいえば、

私が立ち上げたサークルは、

20年間運営を続け、

そこで後輩にバトンタッチした。

バトンタッチの技術というよりも、

あとを引き継いだ人たちががんばったために、

33年間、いまも活動を続けている。

b0141773_23190631.jpg

b0141773_23203090.jpg

結果論でいえば、創設者時代を経験し、

それを引き継ぐ準備性があったからこそ、

持続できた、ということもできる。

数日前に、今年のイベントの案内が届いた。

「第34回 水中映像祭 水中のスライド&ビデオショー」

415日(土)と。34年間、継続している。

b0141773_23210550.jpg

一方、石川県能登では、

20143月に開講した

「ロッコム文章・編集塾 能登教室」が

4回のペースで続き、

この3月で12回目になる。

このケースでは、

能登の経験のあるリーダーが、

優れた企画力と推進力で立ち上げ、

いまに至っている。

b0141773_23215521.jpg

b0141773_23222377.jpg
b0141773_23224490.jpg
b0141773_23230622.jpg

すでに別のネットワークの運営経験もあって

そのコーディネート力は一級品。

自己流のワンマン運営ではなく、

メンバーを引き立てるし、

各地に出かけて行って情報を仕込んでいる。

そのフットワークとパワーが

持続性のあるネットワークを支えている。

b0141773_23233874.jpg

広島では、

能登のネットワークを参考にして、

有志で「コミュニケーション研究会 ひろしま」を

201412月に発足させ、

こちらも3年目、

3クールに入っている。

ここでも文章、編集を学ぶことを中心に、

栄養士のコミュニケーション力や

食コーチングなどを学び続けている。

b0141773_23250044.jpg

b0141773_23254172.jpg
b0141773_23244395.jpg
b0141773_23265207.jpg
b0141773_23392512.jpg
b0141773_23271113.jpg
b0141773_23272358.jpg

日本の、または各地の地域のネットワークでは

会員不足やイベントへの参加者数が減り続けていて、

それが大きな問題点になっていると聞く。

その理由は、以上に述べたとおり。

ということは、

現状では改善は望みにくい。

b0141773_23251660.jpg

これを一部の役員のせいにするのは当たらない。

企画が平凡で、

役員の求心力不足が一因であることは確かだが、

ほかに替わる人がいないのだから仕方がない。

大きな労働組合では、

報酬を払って「専従」の役員を置いている。

それでも組合員の参加意識はあがらないというから、

救いようがない。

それはつまり、

日本人というものが、

とことん自発的な組織プレーが苦手であり、

したがって、システムづくりに進歩がない、

ということである。

b0141773_23411163.jpg

なにしろ、

衣服を選ぶのに「一生着られる」という、

ケチと更新嫌いが合わさった価値観を持つ国民である。

72年もの」のビンテージ憲法を

床の間に飾ったまま

ハタキさえかけないくらいのことは

当然といえば当然である。

ちなみに、スイスでは、

1892年に制定された憲法が、

2016年までの124年間に

「国民イニシアティブ」という制度によって

318件について改正が発議され、

203件について国民投票が行なわれ、

22件が改正されたという。

(『世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン』

 川口マーン恵美著による。 講談社)

b0141773_23415724.jpg

文化というものは、

人を真似てすぐ身につくものではない。

が、近くの県でがんばっている人がおり、

活性化しているネットワークがあることを

知っていながらジッとしているとしたら、

それは怠慢か、人生の放棄というもの。

b0141773_10384460.jpg

健康支援者とは、

究極的には、食や健康をベースにして

人のモチベーションを高める仕事。

そういう職業の人が、

自分のモチベーションさえあげられないとなると、

果たして健康支援者という職業を

この先、続けることができるのか。


[PR]

by rocky-road | 2017-02-12 23:35  

「四群点数法」人口はどれくらい?

b0141773_23244722.jpg

去る1月28日、
元の勤務先である女子栄養大学で、
食と健康情報の鮮度を高めるための
7つのポイント
」と題して
4時間弱の講義をさせていただいた。
経過は、
影山なお子さんのブログにくわしい。
http://palmarosa.exblog.jp/
b0141773_23252628.jpg

この講義の7つのポイントの中には、
「栄養バランス」の基準の1つとしての
四群点数法」について私見を述べた。
この大学は「四群点数法」の発祥地であり、
いま、その講義を担当する先生もおられるので、
いわば「釈迦に説法」にはなるが、
むしろ、だからこそ、
通り一遍ではない普及と
そのための熱意の増強を願いたかった。
b0141773_23254134.jpg

世の中には、いろいろの計器が普及している。
体重計は、いまやヘルスメーター、
体組成計などと呼称を変え、
体脂肪率からBMI、骨格筋率、基礎代謝などが
測れるようになった。歩数計もしかり。
b0141773_23511853.jpg

ところが、1日に、なにを、どれだけ食べるか、
という指針は、世界はもちろん、
日本国内にも普及していない。
ヘルスメーターで「結果」を測るのに、
その「原因」となる食品のほうは測るどころか、
指針さえ持たない人が多い。
b0141773_23513786.jpg
b0141773_23514976.jpg

当日のアンケートの中には、
四群点数法」が普及しない理由を
説明してくれている記述がいくつかあった。
1つには、「女子栄養大学のもの」
というイメージが強いこと、
そして、教育現場では
「三色食品群」や「6つの基礎食品」が主流であること、
などをあげてくれていた。
b0141773_23272943.jpg

「三色」や「6つの基礎食品」のように、
量の単位が示されていないものを
食生活でどう活用するのか、
これを普及している人は、
まちがいなく、それを実行していない人であろう。
魚や肉、卵が必要とあっても、
どれくらいとればよいのかがわからなければ、
実行できるわけがない。
b0141773_23274512.jpg

少し話題を変えてみよう。
カメラに「オートフォーカス」機能がついてから久しい。
被写体にレンズを向ければ、
自動的にピントが合うシステムである。
b0141773_23281956.jpg

しかし、この機能も万能ではない。
走っている人や、飛んでいる鳥、
泳いでいる魚は、
その場にとどまるのは一瞬だから、
オートフォーカス機能を使っても、
数千分の1秒の瞬間にピントを合わせることはできない。
b0141773_23302149.jpg

こんなとき、置きピンというテクニックを使う。
ランナーが通るであろう地点に
あらかじめピントを合わせておいて、
ランナーがそこを通過する瞬間、
厳密にいえば、
その「瞬間」の数百分の1秒前にシャッターを切る。
b0141773_2327049.jpg

しかし、鳥や魚の場合は、
「通るであろう地点」は予測できないから、
たとえば1メートル目前に来たときにシャッターを切る、
と決めておく。
この場合、約1メートルという目測を瞬時に行ない、
そこに仮のピントを合わせておいて(半押し)、
そのまま被写体に向けてシャッターを切る。
b0141773_23305473.jpg

こういうトレーニングは、
水中カメラで何万回とくり返した。
当時、水中カメラには
オートフォーカス機能がついていなかったから、
水中で40㎝、60㎝を目測する必要があった。
b0141773_23312128.jpg

目測40㎝をからだに覚え込ませるには、
被写体ごとに目測するのではなく、
40㎝先のものだけを撮ることに徹する。
カメラは、いつもピント40㎝に固定しておく。
b0141773_233132100.jpg

これを座標軸にしておくと、
それより近いか遠いかが、すぐにわかる。

四群点数法」とは、
食生活における座標軸である。
スタンダードといってもよい。
これを元にしていると、
卵を2個食べた日は、その日に限って、
それ以上は食べないようにする、という方針が立つ。
b0141773_2332791.jpg

計器類がこれだけ発達、普及した時代に、
日々の食生活をコントロールする
基準のスタンダートが普及しないというのは、
人間の悲しい性(さが)というしかない。
食を情緒的な対象としておきたいという
深層心理によるところがあり、
一方に、「三色だ」「6つの基礎食品だ」という
セクショナリズムがある。
b0141773_2333237.jpg

以前、『話を聞かない男、地図が読めない女』
という本がヒットしたことがあるが、
食に関しては、『地図を持ちたがらないヒト』
と言い切ってもよいのかもしれない。
b0141773_23332758.jpg

前述のセミナーでは、
そうではあっても、
それを普及させ得なかった関係者にも責任がある、と述べた。
私もその1人から逃れようとは思わない。
b0141773_23335370.jpg

女子栄養大学の非常勤講師をしていたころ、
学生に、「四群点数法」を解説するパンフレットを、
成人男性向き、小学生向きに作りなさい、
という宿題を出したことがある。
彼女たちは、もう30歳代、
四群点数法」を実践している人の割合は、
どれくらいのものだろう。
b0141773_2334284.jpg

その予測は、悲観的である。
しかし、現実には、
実践している人が数万、数十万、数百万(?)は
存在しているはず。
b0141773_2334525.jpg

ボブ・デュランのように、
「その答えは、風に吹かれて、風に吹かれていんだよ」
などと、風任せにしてはいけない。
計画的な旅をするのであれば、
地図を持って旅立つほうが、
目的に対する達成率は高いはず。
b0141773_23355255.jpg
b0141773_23361677.jpg

地図は、
計画性、論理、知性などを強化するもの。
だとすれば、
四群点数法」の普及度の停滞は、
論理や知性のバックアップ不足によるところが
あるのかもしれない。
b0141773_23541723.jpg
b0141773_23542980.jpg

[PR]

by rocky-road | 2017-02-04 23:37