<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

建築家のコミュニケーション力に注目。

b0141773_2355117.jpg

NHKテレビの「プロフェショナル」、
1月16日、放送の「建物を変える、街が変わる」には、
興味を引かれるところがあった。
大島芳彦という、建築家の仕事の紹介である。

大島氏は建造物の「リノベーション」(修復、再生)の
第一人者だそうで、
築50年以上という、廃墟同然だった団地を再生し、
かつ、それをきっかけに、
街の活性化を図って成功させたりしている。
この建築家のコンセプトは、
「物語をデザインする」だという。
b0141773_2362017.jpg

家は、人間が使う道具だから、
まずは人があり、次に建物がある、
当たり前の話だが、
素人は、そのことを忘れる。
b0141773_2382949.jpg

つまり、建築家とは、
自分のアイディアをいかに美しく、
いかに機能的なものとして具現化するか、
ということに強いモチベーションを
抱く職業だと思ってしまう。
b0141773_23918.jpg

しかし、大島氏は、
最初にその家を建てた人の意図や、
その建物が街の一部として
どういう役割を果たすか、などを重視する。
b0141773_2392096.jpg

古くなった家を単純にリフォームするのではなく、
その家や、その地域を、
以前よりも活性化することを目指す。
b0141773_239555.jpg

古くなった家を再生してほしいと、
家主から依頼されれば、
建築家としては「よし、任せろ」と
思いたくなるところだが、
大島氏は、それは家主の当事者意識の放棄だとする。

つまり、家主のマインドが定まっていないと、
ハコとしての建物をどんなに美しく再生しても、
人は居つかないという。
b0141773_23101089.jpg

確かに、使い勝手のよい家でも、
家主がいやな奴だと、
長く住みたいとは思わない。
家主ばかりでなく、
商店やご近所に温かみがないと、
なじみにくい。
b0141773_23105435.jpg

そこで大島氏は、
リノベーションを依頼してくる家主、
行政、会社などのマインドを引き出すために、
じっくり話し合うという。
また、「リノベーションスクール」とネーミングする活動を、
空き店舗などのある現地で行なうという。
それは、コンセプトを固めるための
ブレーンストーミングのようなものらしい。
それを3日間、続けることもあるという。
b0141773_23113024.jpg

ここに関心を持ったのである。
建築家といえば、鉄筋だのコンクリートだの
ハードな仕事が中心だと思っていたら、
大島氏のスタンスは、
まず感性と知性を駆使しての
コミュニケーションから始まるのである。
建築には基礎工事がつきものだが、
地面を均す(ならす)前に、
大島氏の場合、人の心をならすというわけだ。
b0141773_23115144.jpg
b0141773_2312459.jpg
b0141773_23161211.jpg

話は変わるが、
食コーチングプログラムスが主催する
食ジム」は、
2010年10月に始まってから50回を超えた。
ずっと思ってきたことは、
こうした1日をかけた話し合いが、
地球の、どういうところで、
どのように行なわれているのか、
知りたい、ということ。
b0141773_23125820.jpg
b0141773_23131535.jpg

内閣の閣議は、
たぶん、そんなに時間はかけられないだろう。
それにしても、
閣議の司会進行はだれが行なうのか、
インターネットで調べてはみたが、
そこまでの記述は見つからなかった。
b0141773_23133093.jpg

ちなみに、国会や各種委員会などは、
会議とか討論とか議論とか、
そういうものとは、似て非なるもの。
なぜなら、逆質問や、
反論が許されない話し合いは、
討論や議論とはほど遠い。
国会議員が
これほどまでに空虚な議論を行なっている現状を見ると、
日本は、とても先進国とはいえないことを認めざるを得ない。
b0141773_23134567.jpg

建築家が、
前述のような
コミュニケーション環境を「構築」しているのだから、
きっと、世界各地で、いろいろのテーマで、
じっくり議論していることだろう。
b0141773_2314313.jpg

かつて、アメリカのケネディ大統領は、
ソビエトの支援でミサイル基地を作ろうとしているキューバを
どう攻めるかを議論したという。
その閣議の様子を、
側近であったシオドア・C・ソレンセンが書いた
『ケネディの道』という本で読んだが、
アメリカ人の閣議の一端を知って、
これはかなわん、と思った。
b0141773_23143843.jpg

確か、7つくらいのプランを並べ、
それを1つずつ検討するのであった。
その中には、失敗のシナリオもあった。
このあたりが日本人と違うところである。
日本だと、そういう案を出すこと自体が憚られる。
「そんな弱気でどうする!」という指摘が
ほかの出席者から出るに決まっているから、
弱気の発言はできないことになっている。
b0141773_2315326.jpg

ともあれ、
建築家が、
ここまでコミュニケーションをたいせつにする事実は、
人間の可能性に夢を描かせてくれる。
60回に向けて進み続ける「食ジム」型トークセッションも、
さらに磨きをかける必要がある。
b0141773_23173278.jpg

人の健康を支援する健康支援者、栄養士は、
「建築家以上にコミュニケーションの
機会が多い職業だから」という認識は、
危ない認識かもしれない。
毎日、食事相談を続ける栄養士よりも、
建築家のほうが、
よほど質のよいコミュニケーションを
行なっている可能性がある。
b0141773_23191738.jpg

大島氏に、こんな発言があった。
「古い建物を壊して、新しく立て直すと、
過去はリセットされてしまう。
先代が何を考えていたかを理解したうえで、
それを解釈しなおして価値をつなげる。
それは、ほかの人にはできないことを
生み出す力になるはずなんですよね」
b0141773_23192929.jpg

野暮なことだが、
これを食事相談に置き換えれば、
ある人が、長く続けてきた食生活の中から
弱点を指摘して、リセットさせようとすることは、
その人の生き方を否定することにもなる。
その人がなにを考え、
どこへ向かっているかを知ることで、
新しい価値、新しい力を引き出すことができる、
のではないか。
b0141773_2319444.jpg

b0141773_23195634.jpg
b0141773_2320854.jpg

by rocky-road | 2017-01-22 23:20  

栄養士、健康支援者の社会的使命とは。

b0141773_22295077.jpg

恒例の、パルマローザ新春セミナー」が終わった。
(2017年1月8日(日) 神奈川県横浜市立技能文化会館)
今年のテーマは
『栄養士・健康支援者の社会的使命 
いま求められるバージョンアップ』
--健康の6大要素を中心に--

b0141773_14997.jpg

どんな国家資格も、
設定したときから年月を重ねるうちに、
資格が証明するその技能に過不足が出てくるものである。
つまり、社会がどんどん変化するので、
資格を得るために求められた技能では
追いつかないところが出てくる。
b0141773_2234112.jpg

もちろん、資格審査をする側も、
それに応じた履修内容に更新するが、
大きな組織ゆえに小回りはきかず、
対応するのに早くて5年、
一般には10年か、それ以上はかかる。
もちろん、時代は止まっていてはくれないから、
追いつきかかったときには、
さらに先へと逃げている。
b0141773_142450.jpg

もう1つの大きな問題は、
時代を読み、人間の行動傾向を読むリテラシーは、
国家試験の内容よりもはるかに高いものだから、
一部の役人や学者のレベルでは、
フレッシュなカリキュラムを「創造」することはできない、
ということ。
b0141773_22341982.jpg

仮にできたとしても、
その内容を伝える教員の養成にまでは手が及ばない。
したがって、世界中の資格というものは、
時代に追いつくことなく、
追っかけ追っかけの宿命を担っている。
それでも、ないよりは、はるかにマシで、
ないことのリスクを大きく軽減していることは確か。
b0141773_22374838.jpg

そうした不都合を緩和しているのが、
次々に生まれる新しい資格だろう。
フードコーディネーター、フードスペシャリスト、
野菜ソムリエなどなどは、
新しいものを追いかけすぎているように見えるが、
大型車に対する小型車の役割を担って、
小回りして時代を追いかけていることになる。
b0141773_22344362.jpg

これが栄養士、管理栄養士の置かれている
社会背景だと思うが、
スキルアップ、バージョンアップのもう1つの対策として、
栄養士個人がセミナーを企画して、
さらにスピーディに時代を追いかける、
という方法もある。
b0141773_15466.jpg

その1つが、
毎年、1月と6月に定期的に開いている
栄養士による非営利ネットワーク
≪パルマローザ≫による
ブラッシュアップセミナーである。
毎年これを担当させていただいて、
かなり時代を急追してきた、という
実感と自負がある。
b0141773_22355434.jpg
b0141773_22562282.jpg

今回は、栄養士の、現時点での社会的使命とは何か、
そして、栄養面から人々の健康を支える、
という役割が、かなりマンネリ化し、
現代人のニーズに応えられていない点を
いくつか指摘した。
b0141773_22524747.jpg
b0141773_22392142.jpg

「使命」とは、いかにも四角張ったコトバだが、
早い話が社会のニーズであり、
栄養士側から見れば、
必要とされる職業としての魅力を
持ち続けるためのチャームアップ策であり、
ビジネスチャンスを得る手順である。
b0141773_22504334.jpg
b0141773_2251118.jpg

健康を支える3大要素として、
「栄養」「運動」「休養」が
長いあいだ唱えられてきたが、
振り返ってみれば、
「栄養」というから、栄養素の話に偏り過ぎていたし、
「運動」についても、
「スポーツ栄養士」という資格をつくったりしてきたが、
「栄養と運動は車の両輪」などという割には、
運動の意義についての説明力は充分とはいえないし、
スポーツと運動との違いや、
それぞれの食事面でのあり方などについて、
社会をリードしてきたとも思えない。
b0141773_22404165.jpg
b0141773_22412590.jpg
b0141773_22515694.jpg
b0141773_2255121.jpg

ましてや「休養」となると、
栄養士に限らず、いろいろの分野のリーダーたちが、
休養のとり方について、
その思想や方法について充分に提示してこなかった。
手前みそながら、
私は『予暇で自分を組みかえる』という本で
「あらかじめのヒマづくり」について
具体的に示した。(1995年)
b0141773_22423460.jpg

その影響は軽微だったとても、
日本は「予暇」(積極的休養、参加型)時代へと向かい、
その人口は多少は増えたといえるが、
まだまだ「だれかに遊んでもらう余暇」が
中心であることに大きな変化はない。
b0141773_22435111.jpg

以上の3大要素、栄養、運動、休養は、
人生50年時代に生まれた指針である。
人生100年時代には、
これに「ストレスコントロール」「よい人間関係」
「生きがい」を加え、6大要素としてはどうか、
というのが、この10年来の大橋の提案である。
b0141773_22443863.jpg

新春セミナーでは、
これを栄養士、健康支援者が
実行することをすすめるのではなく、
人々の健康を支えるには、
栄養素の知識を伝えるだけではなく、
少なくとも6つの要素を頭に入れて
アプローチすることの必要性について述べた。
b0141773_22445536.jpg

つまり、健康は食事だけで支えるものではなく、
人生の「質」そのものを高めること、
総合的なアプローチのほうが、
支援にバラエティが生まれるし、
飽きがこないので効果は大きい。
b0141773_2245529.jpg

人はそれぞれのライフスタイルを持っている。
それを見極める下図として
「健康の6大要素」を使うと、
対象者のライフスタイルの特徴が見えやすくなる。
栄養士が、
「四群点数法」や「食品交換表」を頭に置いていると
クライアントの食事の特徴が見えてくるのと同じである。
b0141773_224661.jpg

セミナー受講者は、
受講によって時代に追いつける、
とまではいえないが、
ことしのアクションポイントがどのあたりにあるのかを
意識することはできるように思う。
b0141773_22463744.jpg

by rocky-road | 2017-01-10 22:56  

「エビデンス」のハイジャンプ。

b0141773_143618100.jpg

1月2日、ことしも「ぶらパルマ in 横浜」から
2017年のネットワーク活動が始まった。
確率的に、この日は晴天が多いが、
今回は格別に穏やかな1日だった。
寒さはまったく感じず、
むしろコートを脱ぐことが多かった。
b0141773_14422741.jpg

桜木町の「みなとみらい」から、
山下公園までのシーサイド歩きは
毎度おなじみだが、
快適さにおいて
5月の晴天日にも劣らないほどであった。
b0141773_144249100.jpg
b0141773_144323.jpg
b0141773_14434679.jpg

正月の街歩き、シーサイド歩きは、
おそらく50年くらい続いていると思う。
もっとも、その半分は、
内外のシーサイドにいた。
b0141773_15163663.jpg
b0141773_15171393.jpg
b0141773_15172743.jpg
b0141773_15183328.jpg

さらにそのうちの何回かは
海の中からご来光を迎えた。
冬の海の午前6時台、
震えながら日の出を待つダイバーには、
実は寒さは感じられなかった。
b0141773_1573846.jpg

1960年代からの30年くらいまでは、
東京の正月は静かだった。
三が日はどこの店も休みで、
人が出歩くことは少なかった。
デパートの福袋売りが始まるのは
三が日が明けてからだった。
b0141773_1520172.jpg

銀座の交通量のあまりも少なさに気づき、
それが妙にうれしかった。
ならば、このあたりを自転車で自由に走りたいと、
文京区の家から「ママチャリ」で出かけ、
銀座、京橋、青山、原宿などを走り回った。
b0141773_22252866.jpg
b0141773_14471240.jpg

のちにディズニーランドやお台場へと
足を延ばすことになっていった。
もちろん、横浜へも自転車で出かけ、
そこでは1泊したこともあった。
メンバーは、家族、海の仲間たち。
多いときは、10人くらいの自転車メンバーになった。
b0141773_14474748.jpg

それが生活習慣になった。
これらの習慣が「健康行動」といえるならば、
80歳の健康を支える一助にはなっている、とは思う。
とはいえ、1人の事例で、
それをもって「エビデンス」がある、とまではいえない。
b0141773_15194545.jpg

「エビデンス」(証拠、証明)といえば、
この、科学的論説の基礎となる専門用語が、
いまや週刊誌にも使われるようになったから、
日本の知的レベルも
そこそこ高いところに来つつある、と思う。
b0141773_14482055.jpg
b0141773_1522484.jpg
b0141773_14511922.jpg

そう思いたいが、
「エビデンス健康食献立」などとして、
がん予防には、朝食の主菜として「たまご焼き 大根おろし添え」
副菜に「キャベツとわかめのみそ汁」副々菜に「いちご」
昼には「サケのムニエル」……などと
1日の食事を一覧表にして見せられると、
「エビデンス」というコトバの拡大解釈、
もっといえば「誤用」に
笑いと不安が同時にみ上げる。
b0141773_14513085.jpg

さらに、栄養士がついていながら、
献立で示してしまう。
これは、かの「食事バランスガイド」の失敗と同じ。
つまり、英語を教えるのに、
「a」「pen」「アッポー」「have」の意味を教えずに、
「I have a pen」「I have an apple」
「I have a pineapple」というフレーズの
和訳を教えているようなもの。
単語の意味を教えずに構文を教えても
使いものにはならない。
b0141773_14521613.jpg

毎日、サケのムニエルを食べていても、
がん予防にはなりえない、
アッタリマエダのクラッカー。
b0141773_14523065.jpg

「エビデンス」というからには、
医師が情報を提供しており、
栄養士が献立例を作っているのだが、
最近の「にわか栄養学かじり」の医師は
健康やアンチエージングを
単純に食事と結びつけたがる。
そもそも「アンチエージング」などというコトバは
なんとも尊大、なんとも無知な者の用語である。
医師の習性として、
食事を医薬品のイメージで語りたがる。
b0141773_1563798.jpg
b0141773_14525387.jpg

これを医師のレベルダウンと見るか、
レベルアップと見るか、
ここはむずかしいところ。
簡単に結論づけるという点では、
先輩医師から研究の奥深さや慎重さを
きちんと学んでこなかった結果であろうから、
明らかにレベルダウンである。
「最近の一部の医師は軽い」といえる。
b0141773_14531860.jpg

しかし、先輩医師たちは
栄養学を学ぶ機会も時間もなかった。
それ以前に、
本性の深いところでは食をバカにするところがあった。
それがいまは、
食事で老化が防げると思うようになった。
1ミリくらいの前進と見るならば、
この傾向を評価してもいい。
コトの始まりの段階では、
少なからずの浅さ、未熟さを伴うものである。
それでも、何かが始まった。
ゆっくり進歩を待つ根気も必要だろう。
b0141773_1453404.jpg

以前、ある某学会の会長が、
自分の学会誌に「日本の栄養士は論文が書けない」
「エビデンスが不確か」と、
まるで他人事みたいに書いているのを見て、
ひどく腹が立った。
b0141773_14541335.jpg

そういう傾向があるならば、
さっそく、論文の書き方、
エビデンスのあり方についての研修会を開くべきである。
それも10年、20年と続けるつもりで。
内部にいて、内部をけなす、
こういう品性の者が、栄養士会の会長だった、
というのは、日本の栄養士にとって、
なんとも悲しい現実であった。
b0141773_1534170.jpg

学会に発表するような研究の「エビデンス」は、
質と量において、
いや、それ以前のデータのとり方において、
高度に洗練されたものでないと困ると思うが、
「にわか栄養学医師」には、
このあたりのマジメさやセンスが欠けている。
b0141773_145592.jpg

センスについていえば、
たとえば正月に仲間と海風に吹かれながら、
空に向かってジャンプをくり返すような経験を積んでいれば、
「健康」というものが、
いかに複合的な要素によって支えられているかが
容易にわかるはずである。
b0141773_1545617.jpg

学問であれ芸術であれ、
スポーツであれ仕事であれ、遊びであれ、
その基本はセンスである。
「センス」とは何か。
b0141773_1551166.jpg

それは資質(動物性まで遡れ!)に加え、
いろいろの経験(エビデンスに通じる熟語)、
遊び心、ユーモア精神、
よい人間関係、時代を歩く平衡感覚、
それやこれやの複合した感覚である。
それはまた、健康を支えるエビデンスにほかならない。
b0141773_1552392.jpg

こういうセンスは、
机上では学びきれない。
来年の正月は、「にわか栄養学医師」100人くらいを引率して、
横浜の大桟橋あたりでジャンプトレーニングでも
してみようか、と本気で思う初夢であった。
b0141773_1553639.jpg

by rocky-road | 2017-01-03 15:07