<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

文章・編集をなぜ学ぶのか。

b0141773_1531071.jpg

ロッコム文章・編集塾/能登教室が
開講してから10回目を数えた。
2014年3月から始まったから、
2年4か月たったことになる。
b0141773_15311642.jpg

文章や編集を学ぶことにどういう意味があるのか。
昔、「16年間、文章教室に通っている」
という人に出会ったことがある。
その人は「朝日新聞」の
「天声人語」を学んでいると言っていた。
NHKのカルチャーセンターに通っている人にも
出会ったことがある。
この人はエッセイを学んでいる、と言っていた。
b0141773_15314231.jpg

ロッコム文章・編集塾についていえば、
「モノの見方、考え方を深める」
「思考力を深めること」ということになる。
サンテグジュペリが、
「ほんとうにたいせつなものは、
目では見えないのだよ。心で見るのだよ」
というときの、「心」の多くはコトバである。
b0141773_15321825.jpg

サッカー選手が
アイコンタクトでパスを促す場合は、
コトバが介在する時間はないが、
「アイデンティティ」や
「愛」や「幸福」「未来」となると、
非言語的なイメージだけでは
深く考えられないし、
継続的に考えることもできない。
b0141773_15323723.jpg

もっとも、
いきなりだれかに、
「なぜ文章や編集を学び続けているのですか」
と聞かれたとき、
「思考力を深めるために」では
いかにも硬直していて日常会話にはなりにくい。
そこで、
「筋道立った考え方、話し方、
書き方を強化するため」くらいに意訳する。
b0141773_15325748.jpg

あるオッチョコチョイが、
そう聞かれて、
「句読点の打ち方などを学ぶんです」
と答えたという。
そのオッチョコチョイとは、
不肖、この大橋禄郎である。
b0141773_15335088.jpg

兄の危篤の枕もとで、
姪から「文章教室では
どういうことを教えているのですか」
と聞かれて、そう答えてしまった。
場所が場所、時が時ではあったが、
これはいくらなんでも意訳のし過ぎ。
b0141773_15341387.jpg

こういう人間が、
「栄養士になぜなったのですか」と聞かれたとき、
「食べることが好きだから」では、
あまりにも脳がない、などと、
人を批判できるのか。
b0141773_15343193.jpg

こういう時と場合に備えるためにも、
表現力のバリエーションを何十回となく、
トレーニングしておく必要がある。

今回の能登教室で、
こんなエピソードを聞いた。
ある栄養士さんが、
食事相談が終わるころ、
「人生相談みたいですね」と
クライアントから指摘されたとか。
b0141773_1535912.jpg

これは、栄養士の表現力を問われる大きな問題である。
食事相談は、
まさに相手のライフスタイルを前提にして行なうもの。
だから、相手が人生相談と感じたのは当然。
それは、
好ましい食事相談を行なっている証拠のようなものだが、
しかし、「人生相談」をやすやす肯定してはいけない。
b0141773_1535265.jpg
b0141773_15423771.jpg

その理由は、「人生」といった重いコトバを使うと、
無用に慎重、神妙になりがちであるし、
実際、守備範囲以上の泥沼に
引きずりこまれる可能性もある。
b0141773_15425860.jpg
b0141773_15431443.jpg

若い栄養士が人生相談に乗る、
というのはおこがましい。
困るのは、こういうとき、
栄養士が君臨しがちになること。
「栄養指導」とか「行動変容」とか、
自分のバックグランドを支えるコトバを得ると、
ロクなことはない。
b0141773_15432718.jpg

ということで、
ここは「人生相談」をひた隠しにするほうがよい。
「食事相談って、人生相談みたいですね」
と言われたら、どう切り返すか、
準備を始めなければならなくなってきた。
いくつかのフレーズを考えてみた。
b0141773_1536964.jpg

*「あらそうかしら。
でも、日常茶飯事の繰り返しが人生ですものね」
*「それは困りましたわ。
栄養士の専門は、よりよい健康づくりなのに」
*「人生相談? おそれ多いわ。
 わたしは一介の楽しい食生活ガイドです」
*「あらうれしい。私は食の哲学者になれるかしら?」
b0141773_15362644.jpg

「能ある鷹は爪隠す」のはむずかしい。
「食の窓から侵入する哲学者」としての栄養士は、
分をわきまえず、
他の職業のエリアに足を踏み入れ始めてしまった。
ほかに適任者がいないのだから、やるっきゃない!
もう、後戻りはできない。
b0141773_15364810.jpg

食はもちろん、
人生にも地図は欠かせない。
コトバは5年後、10年後の地図を
描くことができる。
文章を学ぶ意味はそこにもある。
能登教室で新たなヒントをいただいた。
b0141773_15405119.jpg

by rocky-road | 2016-07-29 15:44  

六から禄への贈り物。

b0141773_1442558.jpg

永六輔氏が他界された。(2016年7月7日)。83歳。
私より3歳年長である。男は、82歳~83歳あたりのハードルで
倒れるケースが多いように思う。
兄も83歳で昨年末に他界した。
b0141773_14425521.jpg
b0141773_1443114.jpg

この3月、工藤昌男さん
――かつての放送作家であり、
海のテーマに強い科学ジャーナリストである
工藤さんの85歳の誕生日をみんなで祝ったが、
永さんとの交流の歴史を少しうかがった。
そのとき、工藤さんは、
「ああ、あいつはねぇ……」と話していた。
放送作家として親しい仲間だったようである。
b0141773_14432263.jpg

1940年代末から1960年代にかけて、
NHKラジオの人気番組、「日曜娯楽版」は、
長寿番組であったことから、
たくさんのコメディアンやミュージシャン、
そして、放送作家などを輩出した。
コメディ系では、三木のり平、
中村メイ子らであり、
放送作家では、永六輔、
野坂昭如らがその代表である。
b0141773_1444746.jpg

永氏は、「上を向いて歩こう」や「いい湯だな」
「黄昏(たそがれ)のビギン」などの作詞で知られ、
音楽家の中村八大との「六八コンビ」は有名だが、
のちに坂本九が加わって、
「六八九トリオ」などといわれた。
b0141773_14441923.jpg

このうち、最近、
カラオケで自分のレパートリーに加えた
「黄昏のビギン」が、
永六輔作詞であることは忘れていた。
作詞家としての存在価値の高さは不動であるが、
私がいまも共感が衰えないのは、
「知らない横丁を曲がってみよう、それが旅です」
というフレーズである。
番組で聞いたのか、なにかで読んだのか、
確かな記憶はないが、
自称「旅派」に属する私にとっては、
忘れられないフレーズである。
b0141773_14485137.jpg

旅、あるいは旅心は、
遠くに行くことだけではなく、
日常生活の中にも「あってしかるべし」、
そういう着想を与えてくれる。
(そういえば「遠くへ行きたい」も永六輔作詞)
b0141773_14491190.jpg

建設中の現場に立って掲示を読んでみたり、
「ここになにが建つのですか」と尋ねてみたり、
夕食の食材を買いに行く程度の外出でも、
あえて「よそ行き」の衣服を身につけたり、
次の旅行に
「おろす」予定の靴の試し歩きをしたり、
といったスタンスは、
人生を「旅」としてとらえる、
楽しみ追求の姿勢である。
「知らない横丁を曲がってみよう、それが旅です」
いいコトバである。
b0141773_14493578.jpg
b0141773_1449504.jpg

コトバつながりで、新しい話題を。
このたびの参議院選挙では、
野党が選挙協力をして共闘したが、
このとき、ある党が提唱した、
「安倍政権の暴走」を
共闘他党が、そっくりいただいて反復していた。
b0141773_1450625.jpg

言語心理学的に見たとき、
人の造語を鵜呑みにして繁用することは、
造語した人物に従うという側面を持つ。
議員数では大きく上回る政党が、
少数党の造語を能天気に使っているのを見て、
「頭が悪い」とは、こういうことだな、と思った。
b0141773_14502986.jpg

たとえば、「肉食系女子」とか
「婚活」とかの流行語を
公の場所で使うときは、
アタマに「いわゆる」をつけて、
「いわゆる肉食系女子のようなタイプは……」
としたり、「 」で囲んだりする。
これは、100%、そのコトバに従っていない、
という意思表明を含んでいる。
b0141773_1450461.jpg

しかし、そういう言語心理学に無頓着な政党人は、
自分より党員数において「下位」の政党の造語を
無条件に受け入れてしまう。
プライドを捨てるとは、こういうことである。
b0141773_1454813.jpg

ところで、「暴走」がなぜ「造語」なのか。
自動車が歩道を突っ走ったり、
他の思惑や周囲の状況を考えないで
物事をむやみにおし進めること、
といった国語辞典などの定義から離れて、
自分の考えに反する総理大臣を
「暴走」と定義することは、
「曲解」または「造語」ということになる。
b0141773_14524769.jpg

少数政党の悲しさ、または怖さは、
コトバで戦う戦術をとらざるを得ない、という現実である。
安全保障に関する法案を「戦争法案」とし、
防衛予算を「人を殺すための法案」と造語する。
ドギツイ用語を使うのは、
党内にコピーライターがいないからではなく、
デマに近い情報を流すことで、
自分の優位性、存在感を示す以外に、
国民の同意を得られる論理を持てないからである。
b0141773_1453659.jpg

人の集団には、人の悪口や批判をすることで
恐れられている困った存在は、どこにもいる。
政党とて同じである。
「弱い犬はよく吠える」は、ここにも使える。
「ヘルスコミュニケーション論」的にみれば、
かれらには大きな内的ストレスがあることになる。
b0141773_14532994.jpg

エビデンスとして、
政党人別の健康寿命一覧表のようなものを、
いずれだれかが作ってくれることを願う。
b0141773_14543129.jpg

さて、
「知らない横丁を曲がってみよう、それが旅です」
という永六輔氏のフレーズ、
これは、脱帽して受け入れ、使い続けたい。
「六」が「禄」に贈ってくれた思想である。
喜んで従属し、さらに、
これからも「♪ 黄昏のビギン」や
「♪ 帰ろかな」を歌い続けたい。
b0141773_14545240.jpg

by rocky-road | 2016-07-13 14:44