<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

切手文化は輝き続ける。

b0141773_20585228.jpg

切手については、
郵政省時代には、いろいろともの申してきた。
デザインが悪い、絵が下手、
お子さま向きの絵が多い、
「なになに記念日」の切手ではなく、
花とか風景とか、
常時使える切手も出してほしい、とか。
こういう利用者からの回答は、
判で押したように「今後の参考にしていただきます」だった。
b0141773_20592355.jpg
b0141773_21152696.jpg

しかし、郵便会社になって以来、
なかなかいい切手が多くなった。
「和の食文化」などは、郵便史に残るヒットではないかと思う。
しかも、「第1集 一汁三菜」と銘打っているから、
第2集も考えているのだろう。
こういう企画は、思いつきや一朝一夕にはできない。
そうとうのプランナーがいると見た。
b0141773_2115418.jpg

さらに、「これでも文句があるか」といわんばかりに、
「GREETING SUMMER」というのを出しおった。
世界の切手で、プルメリアやハイビスカスの花を
デザインした切手はきっとあるだろうが、
波紋が揺れる砂地、雲、
清涼飲料水の入ったコップをデザインした切手は
たぶんないはず。
b0141773_21262313.jpg
b0141773_21264351.jpg
b0141773_219157.jpg

かつて、沖縄海洋博のとき、
世界初の水中写真の切手が出た。
撮影者は、故・舘石 昭氏。
この切手はご本人からいただいたうえに、
その原画写真を額装していただいたことがある。
大型写真と切手とを玄関に飾っておいたが、
写真は劣化して、いまはない。
b0141773_23163925.jpg
b0141773_2172522.jpg
b0141773_2127883.jpg

かねがね欧米の切手文化のレベルの高さに感服し、
「それに比べてわが国は……」と嘆いてきたが、
ここへきて、一気に間を詰めてきた感じ。
ひょっとしたら、郵便の利用者が減っていることと
関係があるかもしれない。
「だれにも向くような」路線から、
真に手紙、ハガキ文化を愛好する人向けに、
まじめに考えるようになったのかもしれない。

いままで、文句ばかりをいってきたが、
「GREETING SUMMER」の企画については、
利用者の選ぶ切手コンテストには推薦したい。
そういうコンテストがあれば、の話。
b0141773_2193868.jpg

その一方で、
フリーマーケットには、
昔の名作切手が額面どおりか、
ほんのわずかのプレミアムがついた程度の値段で
売りに出されている。
事情を聞いてみると、
昔は日本橋三越デパートあたりでも、
「切手市」なるものが催され、プレミアムがついて
販売されていたという。
そういえば、見かけた記憶がある。

いまは、切手に骨董的価値が失われ、
往年のコレクターたちは、
フリーマーケットあたりで、それを処分しつつある。
切手や記念コインを買い集めて、
いまに高く売れる、などと言っていた時代を
「セコイ時代のセコイ趣味だった」
といえる自分を、少しは大人になったと思う。
b0141773_21131632.jpg

フリーマーケットで見つけた、
雨傘を差す、浮世絵の美人画も、
梅雨時にこそ使おうと、せっせと使っているうちに、
あっという間に残りが数枚になった。
惜しい気もするが、
切手もコミュニケーションメディアだから、
自分の切手ファイルの中にあるよりも、
ずっと生きがいを見つけたことになる。
b0141773_21321477.jpg

by rocky-road | 2016-06-29 21:15  

「健康ってなんだ」街道を行く。

b0141773_17335022.jpg

6月4日、
第45回食ジム「栄養士・健康支援者は、
食器とどうかかわるか
」(アドバイザー参加)

5日、パルマローザ、ブラッシュアップセミナー
「『ヘルスコミュニケーション力』を
どう強化するか」

(横浜)
b0141773_17545428.jpg

6月11日、
コミュニケーション研究会 ひろしま主催
「『対話力』をつける。――専門性と日常性への対応」
(講師/影山なお子氏)受講
b0141773_17532975.jpg

12日、
「『栄養士』『健康支援者』という職業の
リーダーのカタチ。――『引っぱり型』と『あと押し型』の活用法」


6月13日、
ロッコム文章・編集塾、
月曜クラスの授業。

6月5日の80歳誕生日をはさんで、
いろいろの角度から思考を深める機会を得た。
b0141773_17405084.jpg
b0141773_17424211.jpg

食ジム「食器とどうかかわるか」では、
食器の記号性について、
改めて考えることができた。
丸皿、楕円皿、角皿の意味、
銘々茶わん、銘々箸の意味。
日本食文化の重要な着眼点だが、
「和食」世界文化遺産ニュースの中では、
軽視されているように思う。
b0141773_17371930.jpg

日本においては、
食器は、料理の安定性保持、引き立て役などにとどまらず、
家族の位置づけ、季節感、持ち物のとしての存在意義、
思い出を内包する記号としての意味が大きいことを
さらに掘り下げて話し合うことができた。
b0141773_173739100.jpg

「ヘルスコミュニケーション力」では、
あえて「自分とのコミュニケーション」における健康性について、
みなさんに提示した。
昔、同僚に「でも」という「逆接の接続詞」で発話する男がいた。
ほかの同僚との調和も悪く、
ほかのセクションに行っては、同僚の悪口を言っていた。
あげくの果て、小さな部屋に自ら引きこもって
普及し始めたパソコンとにらめっこの仕事を好んだ。
同僚と結婚すると報告されたので、
喜んでこの吉報を課員に伝えようとしたら、
「やめてください。ヤツラ、なにをいうからわからないから」
b0141773_17381492.jpg

話しぶりに病的傾向が出ることは周知されているが、
使う用語から病性を感じたのはこのときだった。
調べてみると「分裂気質」とやらであった。
この傾向は時代を経ても継承されている。
「……っていうか」「……逆に」で始まる発話傾向である。
肯定より、なんとなくの否定。
内的ストレスの気配を感ずる。
b0141773_17392444.jpg

ともあれ、大橋型「ヘルスコミュニケーション論」では、
「健康」は心身や社会性の「快調度」を示す概念から
自分、人々、社会の方向性を探る心的バロメーターであり、
自分を支え、目標を設定するうえでのモチベーションであり、
つまるところ思想である、と位置づける。
パルマローザのセミナーでは、
思考や理論を半歩か3分の1歩か、
自分の思想史の中では前進できた。
b0141773_1739388.jpg

広島のセミナー、影山なお子さんの講義から、
対話は、対人ヘルスコミュニケーションにおける
最小単位であることを再認識した。
好ましい食事相談は、好ましい対話から生まれる。
対話の不得手な者が、好ましい食事相談、
好ましい健康相談を行なうことは不可能、という論点には
深く同意するところがあった。
b0141773_1743985.jpg

私が担当した「リーダーシップ論」では、
辞書の定義には、「率先垂範型」(オレについて来い型)の説明しかないが、
「あと押し型」のリーダーという概念を説明した。
栄養士とは、人々の健康を支援するリーダー、
つまりあと押し型のリーダーであることを説いた。
「栄養士はこの職業を選んだ時点で、
好むと好まざるとにかかわらず、
リーダーの道を選んだのである」と。
b0141773_17434626.jpg
b0141773_17435962.jpg

ベビーカーを押すとき、
子どもに何を見せたいか、どこへ連れて行きたいか、
それを最終決定するのは押す者である。
公園を希望する子に、途中でチューリップ園を見せて、
別の興味を引き出すのも、あと押し型リーダーのワザである、と。
b0141773_17464580.jpg
b0141773_2121075.jpg

おもしろい偶然は、
13日のロッコム文章・編集塾の授業で、
論理性の話が出たとき、
栄養学あるいは栄養士は論理的職業である、
という話になったことである。
b0141773_1747945.jpg

もともと「理系的」タイプだから栄養士の道を選んだのか、
栄養士という職業が理系性を強化したのか、
一律にはいえないが、
栄養学がなんとなく「理系」に分類されるのは当然で、
「20歳代の事務系仕事をする女性の1日の摂取エネルギー量はこれくらい」
という目安は、まさしく論理的説明だからである。
そういう意味では、
「ポリフェノールは目にいいのよ」
「かぼちゃはお芋よ」(食品を糖質量でのみ分類する専門バカ)
といった「栄養素士」は、その限りにおいて論理的である。
b0141773_17475575.jpg
b0141773_2134830.jpg

しかし、人間には感性があり、ライフスタイルがあり、
時と場合がある。
それらを見ることなく、一律にポリフェノールを話題にしたり、
栄養バランスを説いたりするのは、
時と場合をわきまえない、という点で、非論理的となる。
論理にもTPOがあり、「人を見て法を説け」という原則がある。
b0141773_17511776.jpg

横浜、広島、東京と移動しつつ、いろいろの思考的刺激を受けた。
「人間に自主性はあるのか」と問うた脳科学者がいたが、
確かに、地球上の生物は、この天体からの無数の刺激を受けて、
それに反応しているとしか思えない。
旅は、脳および全身を活性化する好ましいシステムであると、
改めて実感した。
b0141773_17514278.jpg

こうして79歳から80歳へとまたぎ渡った。
80歳代をどう生きるか、
身近なところには充分なモデルがあるとはいえない。
おもしろいもので、
反面教師はなんとも多い。
90歳、100歳で「戦争は絶対にいけない」
「あの悲惨な災害を語り継ぎたい」と繰り返している高齢者である。
b0141773_1756566.jpg

対策を考えることなく、
「いけない、いけない」を念仏として唱えて思考を停止させてしまう、
あの能天気人生だけはモデルにしたくない。
b0141773_17562199.jpg
b0141773_1756336.jpg

以下は、広島でのスナップ。

尾道城
b0141773_17482328.jpg

到着直後に出会った尾道商店街の火事。
b0141773_17483673.jpg
b0141773_17484861.jpg

しまなみ海道から耕三寺へ。
b0141773_1749722.jpg

by rocky-road | 2016-06-14 17:56  

栄養士の話と国語辞典の関係。

b0141773_20572450.jpg

『文藝春秋』6月号のエッセイ欄に
国語辞典編纂者が、
国語辞典が売れなくなった事情と、
その対策を書いている。
売れなくなっている理由は、
いわずとしれたネットの影響。
タダで情報が手に入るのだから、
有料の国語辞書を買うまでもない、と。

とはいえ、
同じ辞書でも、英語の辞書をはじめ、
多くの辞典(辞書と同じ)や
事典(業界では「ことてん」といって区別)は
書店にたくさん並んでいる。
にもかかわらず、
国語辞典のほうは、
日に日に売り場面積を狭めているとか。
b0141773_20575492.jpg

その編纂者の分析は、
理由の1つとして、
利用者の相談相手になるような
書き方をしないから、
ということがあるという。
こんなエピソードから、
その対策を示している。

ある学生に、こんな質問を受けたことがあるという。
路上で出会った近所の人から「お帰りなさい」と
声をかけられたことがある。
「ただいま」と応じたくなったが、
その人の家に帰るわけではないから、
ヘンだと思った、
こんな場合、なんと答えればいいのですか。
b0141773_20581066.jpg

こういう質問を受けた経験から、
今後の国語辞典の書き方として、
たとえば、こんな書き方が考えられる、と編纂者。

 「【お帰りなさい】 
 帰ってきた人をむかえるあいさつ。
 返事は、身内には『ただいま』。
 近所の人には『あっ、こんにちは』などと言う。
 『――ませ』は、ていねいな言い方」
b0141773_2059843.jpg

(ここから大橋の論)
こういう書き方は、
「定義」を基本とする
国語辞典のスタイルではなく、
傾向と対策を示す「実用事典」の記述法である。
ここで「辞典」(辞書と同じ)と「事典」の違いを
「解説」しておく必要があろう。
b0141773_20593228.jpg

「事典」(ことてん)は、
字句を50音順ではなく、
用件別に配列するケースが多い。
仮に『栄養士のライフデザイン事典』
というものがあるとすれば、
項目は、「栄養士養成校の選び方」
「病院での仕事の進め方」
「行政機関での仕事の進め方」
「福祉施設での仕事の進め方」
「スポーツ栄養士の仕事の進め方」
という構成になる。

これに対して『栄養・食糧用語辞典』
(実在。建帛社刊)では、
「アーモンドバター」「R=アルギン」(中略)
「アイスクリーム」「アイスミルク」のように、
「ア行」のコトバから順に説明する。
「辞典」の説明は、普遍性のある定義を基調とし、
用例は示すことはあっても、
あまりくわしいアクションプランは示さない。
国語辞典もこの系統に属する。
b0141773_20594870.jpg

もっとも、
「事典」がすべて実用というわけではない。
たとえば、
『スポーツ心理学事典』(大修館書店)では、
「1.総論」「2.スポーツ運動の発達」
「3.スポーツの運動学習」などの項目の中に
歴史や研究法などの項目が解説されていて、
「辞典」的な(基礎的な)
知識を伝える要素が大きい。
b0141773_2101633.jpg

(「実用」にもいろいろの解釈があって、
私の場合は、思想や考え方、
さらには感性さえも「実用」と思っている)

ところで、国語辞典など、
コトバの定義を中心に記述する場合、
だれもが納得する平均的定義、
つまり「普遍性」を大事にする。
「普遍性」とは、言い換えれば、
相手を特定しないこと。
b0141773_2103361.jpg

「栄養士」の定義として、
「食の窓から侵入する人生の哲学者」では、
「普遍的」な定義とはならない。
ここはしっかりと
「栄養士法に定める教育を受けるか、
国家試験を経て……」
というようなマジメな定義が求められる。
b0141773_2111347.jpg

「普遍性」とは、
料理でいえば幕の内弁当や五目料理、
チャンプル、混ぜご飯……など、
いろいろの具材を混ぜ込んだもの。
うまいとしても、
食材の1つ1つについては味わえない。
「うまさ」が分散してしまう。
毎日、こういうものを食べていると、
いや、毎日、こういうものを食べていても
ストレスを感じない人は、
食への好奇心に凹凸がない傾向がある。
b0141773_2112315.jpg

国語辞典の需要低下と
新聞の発行部数の減少とは、
一部、通じるところがある。
全国紙や、それに類する新聞もまた
「普遍性」を重視する。数百万の読者がある、
ということは、
あらゆる属性の人が存在する、ということである。
当然、新聞社も、女性や年少者、高齢者、
ビジネス関係、家事・育児関係、
スポーツ関係者を想定して、
それぞれのページや欄を設けてはいる。
b0141773_2114260.jpg

が、匿名で書く文章のもどかしさは、
「I think……」という表現ができないこと。
その結果、「……と考えられる」
「……といえなくもない」などと、
奥歯にモノが挟まる。
それは、
全方向的な「チャンプル表現」になることを意味する。
b0141773_2121591.jpg

その実例は、しばしば批判の対象になる「社説」。
それらの文章がおもしろくないのは、
自分の氏名で文章が書けず、
職場の「みんな」を代表して書くようになるから、
キメ細かな表現もできなくなる。
b0141773_2125433.jpg

「私の責任において」書いていない文章は、
読み手に迫っていく迫力もリアリティもない。
それに、ニュースというものは、
過去の出来事を情報化するものだから、
さしあたって筆者名はいらない、と思ってしまう。
新聞が部数を減らしているのは、
過去の情報ならば、
テレビやインターネットでも間に合うからである。
b0141773_213619.jpg

こういう状況に対応する方法として、
ニュースに評価を加えて伝える手がある。
これがテレビの報道番組である。
キャスターの色をあえて出す。
(裏で制作者がコントロールしているが)
b0141773_2132880.jpg

それに対して、新聞記者は、
自分の名で評論する能力を磨いていない。
「それなら、外部の論客に執筆依頼をすればいいじゃないか」
ということになるが、
そこがまた、うまくはいかない。
というのは、
「あんな読者」「こんな読者」がいるから、
「快刀乱麻」といえるような筆は振るえない。
(快刀乱麻=切れ味がよい。手際のよい処理)
ホンネの意見や、強い主張を書こうとすると、
「この内容だと、ウチの紙面ではちょっと……」
となる。
したがって、日本では(日本でも)、
マスメディアでの言論は、
自由闊達とは言えないのが現状。

「その点、
デジタルコミュニケーションなら自由に発言が……」
という話になりがちだが、
社会的発言をするための
トレーニングを受けていない者の言説には
こちらの品位や知性を低下させることはあっても、
気づきや思考を深めるものは、
現時点では多くはない。
b0141773_2135873.jpg

さて、国語辞典の話に戻ろう。
国語辞典や新聞の文章が魅力的でなくなっている、
という話は、
講話や食事相談、その他、多くの場面で
おもしろい話ができない健康支援者と
共通点がある。
その場その場の相手に沿った話ができていない、
という点で。

スリム志向の若い女性に
骨粗しょう症の警告をしたり、
40代、50代の現役に、
「寝たきりにならない食事」を説いたり、
いつでも、どこでも、
「栄養バランス」の話題しか、しなかったりなどは、
目の前にいる現実のニーズに無頓着な証拠。
コミュニケーションは、
相手との双方向のキャッチボール。
b0141773_2141663.jpg

書棚にある国語辞典、
書店に展示されている国語辞典に
目が止まったときは、
自分の語り口が画一的、
ワンパターンになってはいないか、
自省してみてはいかがだろうか。

by rocky-road | 2016-06-02 21:04