<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

名がつくと、そこにモノはある。

b0141773_17311719.jpg

「突然ですが」クイズから入ろう。
この写真にどういうタイトルをつけるか。
いくつかのたたき台をあげておこう。

*「マリーゴールドとスカイツリー」
*「ゴールドツリー」
*「負けないぞぉ~」
*「仰視」
*「天高く」 
*「もう1つの観光スポット」
*「もっと高く」
*「初夏の背比べ」

b0141773_17313755.jpg

クイズとはいったが、
これらのネーミングには正解はない。
4月29日の写真教室での作品のコンテストをやったが、
作品は一定のレベルを保つところまできているものの
タイトルのネーミングのほうはガタンと落ちる。
b0141773_1732641.jpg

これは、わが写真教室に限ったことではない。
全国の、あるいは世界のフォトコンテストのネーミングは、
似たようなものではないかと思う。
映像表現と言語表現とは異質なものだから、
映像表現に軸足を置いているときには、
言語表現の思考は休眠してしまうか、
スムースに回転しないか、なのだろう。
b0141773_17323738.jpg

才能の違いというほどのことはないだろう。
その証拠に、だれもが自分の子やペットには、
しかるべきネーミングをしていて、傑作も多い。
さらには屋号、社名、組織名。
自動掃除機にも名をつけている人もいるという。
b0141773_17325988.jpg

要するに習慣または関心の問題。
いろいろのフォトコンテストがあるが、
タイトルに注文をつける審査員はめったにいない。
自分の経験でいえば、
水中写真コンテストへの応募作品のネーミングがあまりにもひどいので、
審査員でもないのに、
何回か、スキルアップのための記事を書いたことがある。
b0141773_17334381.jpg

水中写真は、ジャンルとしては「ネイチャーフォト」に属するが、
そういう意識がまったくない応募者が多い。
「お稚児衆を引き連れて」「ガマ口」「オバケのQ太郎」
といったネーミングに我慢がならなかった。
写真界には文学性を求めるネーミングの流れがあって、
それが水中写真では「天空のワルツ」
「水の風景」「銀河のロマンス」などとなる。
b0141773_17342759.jpg
b0141773_17355321.jpg
b0141773_17362154.jpg

水中は一見、宇宙を連想するところがあるので、
宇宙をなぞるネーミングが多い。
それにしても、海の中で「水の風景」はなかろう。
ネイチャーフォトであるからには、
そこに写っている生物の名前くらいはしっかりとつけたい、
そう提唱し続けた。
ちなみに、第13回水中写真コンテストの
わがグランプリ受賞作品は「イワシの春」
第29回「よみうり写真大賞」
第1席受賞作品のタイトルは「わんマンショー」
b0141773_17481310.jpg

少し話がそれるが、
ダイバーには海にちなんだ名をわが子につける流れがあった。
2人の娘に「南海子」(なみこ)、「輝海子」(きみこ)とつけた母。
しかし、2人の娘はダイバーとはならなかった。
なのに南海子さんの子は「海音」(かのん)、
輝海子さんの子は「海聖」(かいせい)というからお見事。
ダイバーの子には、
ほかに「友海」(ともみ)、「七海」(ななみ)、
「夏海」(なつみ)などがある。
b0141773_1737134.jpg

ネーミングにも、ジャンルや時代の風潮があって、
かつて文学作品には「波」「鼻」「心」「蒲団」
「歯車」「和解」「明暗」「三四郎」「暗夜行路」など、
短いタイトルが多かった。ピシッと、しまっていた。
b0141773_17402858.jpg
b0141773_17485229.jpg

それがいまは、
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」
「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」
(ともに村上春樹氏)の時代である。
b0141773_17404235.jpg

ラジオでは、
「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」
「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!」
「すっぴん」
b0141773_17411880.jpg

平和ボケというのか、
肩にも腰にも心にも力が抜けた、
うたた寝のような姿勢で
人前に出ることが許される時代である。
b0141773_17413380.jpg
b0141773_17414418.jpg

ネーミングは、
森羅万象、見聞や体験を端的に認識する能力である。
五感で感知したものを体系化すること、
言い換えればフォルダーに入れて
記憶することにほかならない。
表現する前に、自分の中でブログラム化する必要がある。
ダラダラと長いコトバで認識するか、
一言で認識するか。
b0141773_1742629.jpg

フォルダーやインデックスは、
短いほうが便利だが、
それでも、人生には長々と説明する時と場合とがある。
両方の能力を兼ね備えていたほうが有利だろう。
スピーチや講話、講演は長めに属するネーミングだろう。

認識とは、最終的には言語化に行きつく。
狙ったとしか思えないホールインワン、
ワンチャンスしかないときのシュート、
形勢逆転のホームラン、
みんなから称賛されたパーティファッション。
それらは言語行動ではないが、
あとで言語化を求められたりする。
「あのシュートを決めたときのご感想は?」
「あのときのファッション、いつから準備したの?」
b0141773_17442728.jpg

写真のネーミングセミナーをやってほしいと言われたが、
効果を出すにはかなりの回数やトレーニングがいる。
しばらくは自主トレに励んでもらうしかない。
b0141773_17451139.jpg

その1つは、1日10~20個、
なんでもいいからタイトルをタイトルノートに書き写す。
これを1か月くらい続ける。
あるいは、
毎日の食事をネーミングする。
「粘力朝食」
「腹黒男の黒酢ランチ」
「子持ちシシャモの2人っきりミニディナー」
b0141773_1745538.jpg

さて、この回のまとめとして、
世界を17文字で表現する俳句名人の句を5句、
紹介しておこう。いずれも池田澄子さんの作である。
b0141773_17462039.jpg

  やどかりや地球だんだんあたたかく

  永遠に泣いていたいの心太  (ところてん)

  刺した蚊と痒い私とうすら寒

  少しなら要らぬよ情けも散る花も

  二人して春から夏へ野を駆ける
b0141773_17463272.jpg

by rocky-road | 2016-05-17 17:49  

第390回 パルマローザ 写真教室 選外作品講評

選外作品講評

銀賞、銅賞、入選作については、
栄養士・健康支援者のための写真教室≫主催者、
影山なお子さんのブログ、
スタンバイ・スマイル」で発表しているので、
ここでは、選に漏れた応募作品について、
選評してみた。今回は金賞は「なし」とした。
http://palmarosa.exblog.jp/

写真は映像表現ではあるが、
森羅万象を認識し、記号化するという脳の作業という点では
言語表現と大差はない。
18歳から成人とする、消費税を10㌫にする、
そういうことをどう考えるか、
みなとみらいの風景をどうとらえるか、
それもこれも、
認識力、思考力という点で共通性がある。大橋禄郎

b0141773_13283394.jpg

エントリー 2
タイトル
真昼のひととき
撮影 さいとうはる子さん
(東京都 行政 管理栄養士)
b0141773_1342033.jpg

【評】
スケッチをする姿をうしろからそっと撮った。
「そっと感」は作品にも出ていて、
インパクトに不足がある。
もっと寄って描いている絵を見せるか、
モチーフのレンガ倉庫を美しく撮るか、
あるいはその両方を示すか、
強い表現力がほしい。
タイトルもマイルドな遠景をほんわかと示している。

エントリー 6
タイトル
YOKOHAMA CITY
撮影 塚本はつねちゃん
(長崎県 佐世保市 小学校4年生)
b0141773_137533.jpg

【評】
のどかな公園の風景を
しっかりした構図で切り取っている。
人物をやや左に配したのも、観覧車との対比でグッド。
観覧車は、もう少し空の部部まで入れておきたい。
旅のスナップとして撮っておきたい1品。

エントリー 7
タイトル
ピンクのトリオ
撮影 塚本ゆみ子さん
(長崎県 佐世保市総合医療センター 管理栄養士)
b0141773_13847.jpg

【評】
ピンクのトリオに着眼したのはよいが、
縦位置の写真を横にしたようで、
安定感がとても悪い。
縦位置にして見てみたが、やはり落ち着かない。
カメラアングルに問題がありそうだ。
構図力をつけよう。

エントリー 8
タイトル
春の日差しを満喫
撮影 田澤 梓さん
(神奈川県 シダックス株式会社 管理栄養士)
b0141773_13102023.jpg

【評】
構図としてはおもしろいが、
子どもの動作が説明できていない。
近景の向こうの遠景を撮るとき、
両方に目配りをして、
ジャストタイミングでシャッターを切りたい。
左端の大人の姿が、竹割り式に一刀両断、
その半身が残っているというのも、
構図への配慮不足のアカシ。
タイトルの「満喫感」が感じられない。

エントリー 9
タイトル
ツツジ@みなとみらい
撮影 渥美智佳子さん
(静岡県 病院 管理栄養士)
b0141773_13122261.jpg

【評】
初夏の港の風景を手慣れた構図で撮っている。
ツツジと遠景のバランスもよい。
残念なのは、右の壁のような影。
これを外して撮ることができなかったのだろうか。
むしろ縦位置に構えて、
みなとみらいの空をもっと入れれば、
はるかに印象的な作品になっただろう。
応募のとき、縦位置にトリミングすることは許される。

エントリー 10
タイトル
日本丸の船首から
撮影 三奈木麻弓さん
(東京都 行政 管理栄養士)
b0141773_13134070.jpg

【評】
大胆な構図で、キャリアを感じさせるが、
説明不足は否めない。
カメラポジションが選べず、
こう撮るのが精いっぱいだったと思うが、
帆船の舳先に船員が整列していることを
写真を見て理解できる人は少ないだろう。
マイナス補正のし過ぎで、
船員の服が重くなったのも残念。
これも、応募のとき、
パソコン上で修正ができるはず。

エントリー 11
タイトル
屋根より高く
撮影 三奈木博文さん
(東京都 株式会社ミナキ)
b0141773_13152010.jpg

【評】
入選作と同じく、トランポリン遊具で遊ぶ子を撮っている。
しかし、楽しさよりも、なぜかシラッとした印象。
遠くから望遠で撮ったのか、
現場のにぎわいが消えている。
遠くにいる「われ関せず」という人の動き、
頭の一部だけが出ている人たちの存在感のなさ。
戦場カメラマンではないが、
やはり熱い現場に身を置いてこそ撮れる写真もありそうだ。
タイトルは、季節柄、どんぴしゃり。

エントリー 12
タイトル
こいのぼり日和
撮影 奥村 花子さん
(東京都 Hanaヨガ&食スタジオ主宰 管理栄養士)
b0141773_1316217.jpg

【評】
青空、高層ビル、帆船、いくつかの家、鯉のぼり。
なんとも盛りだくさんな作品。
あんまり欲張ると、
けっきょくなにを表現したかったのかがわからなくなる。
「風景チャンプルだ」との反論があるかもしれないが、
ならば、これをどう味わうか。
幕の内弁当の食後感と同じで、
「なにを食べたかわからない」となる。
「こいのぼり日和」なら、
鯉のぼりの撮り方を考えよう。

エントリー 13
タイトル
カメラを構えて
撮影 山本恵美子さん
(東京都 企業 )
b0141773_13182821.jpg

【評】
タイトルどおりの作品だが、
これといった情報が伝わってこない。
味に自信のる飲食店なのかもしれないが、
写真で見る限り廃屋にしか思えない。
これを撮ろうとする少年カメラマンの撮影意図も伝わらない。
シャッターチャンスは不可欠だが、
そこには鑑賞者を納得させる情報がほしい。
少年の足元までしっかり収めよう。

エントリー 14
タイトル
グリーンロード
撮影 甲斐 和恵さん
(神奈川県 船員保険健康管理センター 管理栄養士)
b0141773_13195210.jpg

【評】
人の配列、雲の様子、広い緑地、
記念写真としておもしろい。
しかし、作品としての新しさ、ユニークさは感じられない。
記念写真は作品にはならない、
ということではなく、
いろいろの演出ができる以上、
「こうきたか!」という独創性がほしい。

エントリー 15
タイトル
ハナくらべ
撮影 植村 寿香さん
(千葉県 高齢者福祉施設 管理栄養士)
b0141773_13221345.jpg

【評】
狙いはわかるが、タイトルの表現ができていない。
致命的なのは、子どもの表情が見えないこと、
顔がアンダーで、楽しさが伝わってこないこと。
普通にまたがっただけでも、
笑顔でピースサインでもしているほうが明るさは出る。
これはたぶん、怖くてへばりついているのだろう。
それならそれで撮り方はある。
心配そうなママの姿を入れるとか。

エントリー 16
タイトル
ちょっと、ひとやすみ
撮影 岩田 博美さん
(神奈川県 企業 栄養士)
b0141773_13234356.jpg

【評】

暗い。露出的な暗さだけでなく、絵全体が暗い。
海が見えるとか、芝生が広がるとか、青空とか、
そういうさわやかさがなく、
建物の裏手のように見える写真からは、
あたかも人目を避けて逃避行する2人のような連想が浮かぶ。
ロケ地として不適。
カップルの明るい表情もほしい。

by rocky-road | 2016-05-12 13:30  

自己表現としての写真。

b0141773_2158627.jpg

2016年4月29日は恒例の「写真教室」で、
終日、横浜のシーサイドを歩き回り、
翌30日は「食ジム」において、
コミュニケーションスキルとしての
写真について話し合うという、
写真づくしの2日間を送った。
b0141773_21582438.jpg

写真教室はパルマローザの年中イベント。
食ジム」は食コーチングプログラムス主催の
ディスカッションセッション。
第44回 「栄養士・健康支援者の情報発信に
写真をどう使うか

(会場/横浜市技能文化会館)
b0141773_2211782.jpg

写真教室のほうは、経験者が増えたこともあって、
レクチャーは簡略にして、いきなり撮影開始。
大桟橋には「飛鳥 Ⅱ」が入港していて
ジャストタイミングであったが、
冷たい強風に見舞われたため、
撮影場所を赤レンガ倉庫付近に移した。
b0141773_2221288.jpg

写真撮影は
きわめて臨機応変が求められるジャンル。
戦場カメラマンや災害現場取材者のように
命がけで撮影をする一方、
代案があるときは、さっさとそちらにポイントを移す。
b0141773_2222259.jpg
b0141773_2224610.jpg
b0141773_2213259.jpg

プロの水中カメラマンの言だが、
ボートダイビングのとき、
ボートの真下に着地した時点で、
素早く撮影プランを想定しなければいけない、と。
b0141773_223883.jpg

「なにかいい被写体はないか」
「もっとおもしろい被写体があるはずだ」と
探し回っているうちに、エアをいたずらに消費し、
あるいは潮流が速くなったり、
濁りが出てきたりして、
ロクな撮影もできないままに
その回のダイビングが終わる。
b0141773_2232148.jpg

こういうことがないように、
撮影体制ができるやいなや、
その地形、そこの海底景観の特徴を把握し、
そこで可能な撮影テーマを決めて撮影を開始する。
「見切りをつける」
「相手に期待しないでチャンスは自分でつくる」
などと表現する。
b0141773_2235291.jpg

ウロついたダイバーのほうが
おもしろいものに出会う可能性がないでもないが、
ボートの下の、かならずしもベストではないポイントで
自分の被写体を見つける、
あるいは、そこにあるものを自分の被写体として作品化する、
そういう判断をしたほうが、
結果として、手堅く、自分らしい写真が多く撮れる。
b0141773_224780.jpg

プロやベテランほど、高望みや大ヒットを夢想しない。
できることから確実にモノにする。
そのあたりの見極めがベテランの
ベテランらしさというものだろう。
b0141773_22192483.jpg

自分に与えられた条件の中から
出来得る限り最上のコトやモノを獲得する、
この図式は、人生にも、仕事にも、
人間関係にも、趣味にも、買い物にも当てはめられる。
つまり、
水中写真にも、陸上写真にも、
いいや、きょうのゴミ捨てにも、
石にケッつまずいてぶっ倒れるときにも、
「哲学」がある。
そういう哲学は、哲学教員からは学べない。
b0141773_2265168.jpg

ともあれ、この日の撮影作品はコンテスト対象とし、
後日、賞をもって評価する。

30日の食ジム、
「栄養士・健康支援者の情報発信に
写真をどう使うか。」では、
こんな話し合いをした。
b0141773_227369.jpg

1.手持ちの写真のうち、いちばん気に入っている、
  または大事な1点をあげるとしたら。
2.私の写真歴、いつから、どんなきっかけで。
3.「私のベストポートレート」披露。
4.フォトコミュニケーション、私の流儀。
5.健康支援者は、写真をどう活用すべきか。


「1」について、私の場合は、
  昔、アラスカ州のアンカレッジ空港内で出会った、
  オードリー・ヘップバーンの写真が
  その1点だろう。
b0141773_227252.jpg

「3」について、みなさんの公開した写真の多くは、
  旅先や街中のスナップ、記念写真。
  メディアに公表するときには周辺や背景がじゃま。
  無地のバックで、上半身の「肖像写真」の準備は
  すみやかに始めるべきである。

  パルマローザの場合、これとは別に
  ファッション写真も用意しておく必要がありそうだ。
  オピニオン紙「エンパル」(同会の定期刊行物)に
  ファッション事例として紹介される可能性、
  その結果として、専門誌からの掲載依頼の可能性が
  あるからである。
b0141773_228733.jpg
b0141773_2282847.jpg
b0141773_2283733.jpg

「5」については、私なりにまとめておこう。

1.写真とは、宇宙の森羅万象を視覚認識することである。
  連続的な、ひとときも静止することのない世界を
  何百分の1秒というタイミングで記録することである。
  食材の鮮度、食材の切り方、盛りつけのデザイン、
  それらを視覚的にコミニケートすることである
  (自分と、人とに)。
  写真技術のメリットは健康支援者に限らず万人に共通する。
b0141773_2295276.jpg

2.料理や食事写真は、
  料理教室の教材、食事相談の資料として活用できる。
  「食事相談」とはいえ、コトバ以外のメディアを
  もっと活用できる場面がある。
  埃っぽいフードモデルよりも、
  両手に持った野菜350グラムの写真、
  ハカリに乗せた350グラムの写真、
  料理に展開した350グラムの写真のほうが、
  アピールするところが大きいはずである。
b0141773_22101314.jpg

  写真を適材適所に使うためには、
  パソコンのフォルダーを
  バージョンアップする必要がある。
  「肉」「魚」「緑黄野菜」「単色野菜」
  (または第1群、第2群、第3群、第4群)
 「盛りつけ」「単品」「外食」
 「ウォーキング」「ジョギング」
 くらいのフォルダーを、
 すでに作っている人が存在していることを心から祈りつつ、
 このページを終える。
b0141773_22103082.jpg

b0141773_22104060.jpg

by rocky-road | 2016-05-01 22:10