<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

やっぱり出版物の奥行き。

b0141773_21345030.jpg

わが「ロッコム文章・編集塾」では、
この数か月は、テキストとして、
雑誌や書籍の記事を使っている。
ふだんはオリジナルのテキストを使っているが、
ときには、ロードに出る必要があるし、
他流試合の経験も欠かせない。
「井の中の蛙」対策にもなる。
そしてなによりも、
情報収集能力を磨く効果が大きい。
b0141773_21355252.jpg

テキストは、
月刊誌『WILL』2105年10月号に載った
会社社長であるイギリス人
D・アトキンソン氏の
「ミステリアス・ジャパン」と題する連載から
「今こそ『論理的思考』の教育を」
b0141773_21362070.jpg

『文藝春秋』2015年9月号に載った
歴史人口学者である速水 融(あきら)氏の論文、
「日本の人口減少 ちっとも怖くない」

対談記事では
『文藝春秋』に掲載されている
金田一秀穂氏がホストとなって
ゲストをインタビューする
対談の連載記事の1回分。
精神分析医である、
きたやま おさむ氏を迎えての
「日本語には『表』と『裏』がある」
(2015年9月号)
b0141773_21371554.jpg

そして、単行本の
『司馬遼太郎氏対談集 日本語の本質』
(文春文庫)からは、
仏文学者・桑原武夫との対談部分。
b0141773_2137427.jpg

日常生活では、
専門外の一流人の言説に触れる機会は
そう多くはない。
新聞さえ読まない人が多い時代、
ますますその傾向は強くなっている。
b0141773_21385923.jpg

こういう議論のとき、
その質や量について
インターネットと対比されるが、
こと、専門的知識や考え方、
認識の仕方、論理などに関しては、
出版物とインターネット情報、
さらにはテレビなどのメディア情報とでは、
質的に大きすぎる差がある。
b0141773_21391548.jpg

出版物では、
筆者、担当者、責任者(編集長など)、
校閲・校正マン、デザイナーなど
数人のスタッフのチェックが、
少なくとも3回は入る、
という点がまずある。

さらに、その前の段階で、
編集者は最適の論者を選定し、
企画内容を伝え、
テーマに沿った論説を展開してもらう。
その大半は「書き下ろし」であり、
「話しおろし」であることから、
鮮度、精度、オリジナリティにおいて
他の追随を許さない。
b0141773_2140057.jpg

「書き下ろし」とは、
転載や流用ではなく、
依頼された(または発案した)テーマに沿って
最初の原稿を書くこと。
映画でいえば封切り版である。
「話しおろし」とは、本欄での造語で
座談会やインタビューに応じて
初めて発話することである。

そうして生まれた著述の中には、
本人も思っていなかったような視点や考え方が
突発的に現われたものがあって、
それが鮮度とオリジナリティを高め、
情報としての魅力を高める。
b0141773_21444339.jpg

インターネット情報と違うのは、
よい意味での「思いつき発言」にも、
さっき言った校正の仕組みに従った、
きちんとチェックの目が入っていて、
正確さや論理性、リアリティ、
品格などは保たれる、という点である。

ロッコムの講義では、
輪読を進めながら、
そうした独創的な見解、
語り口の巧みさ、
ときには編集部の表記法にも
着目し、議論の対象にしてゆく。
b0141773_21445635.jpg

情報に対するチェックの厳しい出版物でも、
「完全」はありえず、
論理の不備、展開の誤りなどはある。
最近では、
日本人の論理性を懸念する
イギリス人筆者の論文にも
けっして小さくはない
論理の弱点があることを発見して、
授業が活気づいた。

現在は、
『司馬遼太郎対談選集2 日本語の本質』を
テキストとして、
フランス文学者、
桑原武夫(くわばら たけお)氏との対談、
「〝人工日本語〟の功罪」を
読み進めている。
b0141773_21404289.jpg

知的レベルの高い人の話し合いは、
雲に向かってジャンプしてゆくような
爽快感が伴う。

「人工日本語」とは、
明治政府が、
コトバの群雄割拠の時代を修正し、
「共通語」を創作してきたことを指す。

明治も初期のうちは、
「私」も「あなた」も、
「父」も「母」も、
共通語どころか、地域的にもなかった。
文章表記の「です・ます・である」も
人工的に作った文末表現である。
b0141773_21474212.jpg

対談の一部を引いてみよう。

桑原 ラジオで天気予報をやり始めまして
  「あしたは雨が降るでしょう」と
  アナウンサーがいった。
  これにはものすごくショックを受けましたね。
  いまではあたりまえの表現ですが、
  それまでの日本語には、未来形はなかった。

司馬 ああ、なるほど。

桑原 昔のおじいさんなら「あすは雨が降る」と
   いったでしょう。どうしても未来の感覚を
   出したければ、「あしたは雨が降るはずだ」とか
   「あすになれば雨が降る」といういい方をした。

シビレルようなおもしろい指摘である。
こういう発言を聞くことは、
日本人としての言語センスを
どれだけ磨くことになるか、
計り知れない。

健康支援者は「話芸者」だから、
言語センスを磨くことに卒業はない。
b0141773_21481176.jpg

聞けば、埼玉県越谷市の小学校では、
漫才の実習授業があるという。

会話の技術、相手との呼吸の合わせ方、
ユーモアセンスの向上など、
その効果もまた計り知れない。
b0141773_21415936.jpg

ふたこと目には「栄養士の専門性」を口にする
♪♬栄養士会ごときに、
漫才のセミナーを企画するセンスも
運営力もないことはわかっているが、
であるならば、
せめて講義の仕方、講演の仕方の
セミナーくらいは企画してはどうか。

近く、私が知るお寺では、
落語会を開くという。
寺院が落語会や音楽会を企画する例は
珍しくはないが、
その日、その寺での演目は
「明烏」(あけがらす)だという。
b0141773_21412598.jpg

なんと「郭話」(くるわばなし)である。
親から頼まれた町内の遊び人が、
カタブツの青年を騙して吉原に連れていき、
初体験をさせるという話である。
これでこそ、
寺も、あの世も
明るくなるというものである。
   
学びの教材、
学びの場所、
学び合う仲間、
学ぶ機会などは、どこにもある。
b0141773_21471623.jpg

人生は学ぶほどに楽しく、
ゆえに自分自身が輝き続ける。
[PR]

by rocky-road | 2016-01-30 21:48  

捨てるあなた、捨てないあなた。

b0141773_18415629.jpg

2016年は、
3日の江ノ島、鎌倉、ぶらカメラから始まって、
9、10、11日と続いた
パルマローザおよび
食コーチングプログラムス主催の
セミナー、「食ジム」と、
マジメというよりも、
華やかな年初めとなった。
b0141773_191878.jpg
b0141773_1915026.jpg
b0141773_1945594.jpg
b0141773_192112.jpg
b0141773_1971846.jpg
b0141773_1912865.jpg
b0141773_1933912.jpg

b0141773_1917143.jpg
b0141773_1955992.jpg
                
「食」や「健康」を支えるとはどういうことか、
「用字用語」というものが、
生活に、そして人生にどんな意味を持つのか、
それらを考えるセミナーは、
お勉強ではなく、
けっきょくは、自分の生き方、
人の生かし方がテーマだから、
実利的であり、動機づけである。
やはり「華やか」「きらびやか」と
形容してもいいように思う。
b0141773_1915490.jpg
b0141773_18422252.jpg
b0141773_1994556.jpg
b0141773_19122152.jpg

セミナーの4日前の1月6日の朝刊に
斎藤 孝氏の『語彙力こそが教養である』
という本の広告が載っていた。
10日の、「人生をクリエイトする『用字用語
適材適所に使いこなす。」の講義のときに、
この話題から入ったが、
すでに、入手ずみの人がいた。
b0141773_1983733.jpg

しかも、遠方に住む父上が購入して、
結婚し、いまは東京に住む娘に送ってくれた
というのだから、ジーンとくる。

斎藤氏の著書と、私の講義内容とは、
切り口が違うが、
いわば登山ルートの問題。
南コースから登るか、
東コースから登るか、
程度の違いであろう。
b0141773_19131670.jpg

当日のアンケートの中には、
「年賀状にも用字用語があること、
「その文章表現力の貧弱さ、
などに触れていたことが参考になった」

「文章の構成や箇条書きをするとき、
数字の書き方にも
ランクづけの原則があることを学んだ」
b0141773_19192539.jpg

「忙しい状況を説明するのに
『バタバタしている』と表現をするのは、
陳腐であること、
そもそも、
自分の忙しさを説明したり、
あるいは落ち着きない生活ぶりを
手垢のついたコトバで表現したりするのは
恥ずかしいことだと知った」
などの感想があった。

これらのセミナーでは、
コトバの意味、適切な使い方などについて
学んだわけだが、
コトバを新しく自分のものにする、
ということと、
いまはやりの、モノを捨てて、
シンプルになるというライフスタイルとを
対照的に考えてみたくなった。

『読売新聞』は、
「ワカモノミクス」というシリーズを
連載中だが、1月12日の第8回では、
「モノ減らし 暮らし充実」という見出しで、
「ミニマリスト」の事例を取りあげている。
b0141773_20363489.jpg

➀スーツケースに入る範囲しか
 服を持たないという29歳の男性、
b0141773_19133785.jpg

②モノを買うのをやめて、
 その費用を山登りや自転車のツーリング、
 美術館巡りや海外旅行など、
 余暇活動に充てている21歳の男性、
b0141773_20394087.jpg

③新築中の家をストップして、
 夫婦で狭いアパートに引っ越した27歳の女性、

などが紹介されている。

人生という山に登り始めたばかりの者には、
いろいろの試行錯誤が必要だろうから、
シンプル志向にも意味はあるだろう。

そうした行動には、
脳科学的、動物行動学的な関心が向く。
昔は、食欲、性欲、物欲、交際欲を捨てて、
山奥で隠遁生活をする人を「仙人」といった。
それに近いことを、いまは若い世代の人がする。
b0141773_20395961.jpg

しかし、完全な「世捨て人」ではない。
知的好奇心は多少は残っている。
美術館巡りやツーリングには、
まだ情報収集のモチベーションが感じられる。

いま、はやりの考え方では、
「トキメキ」のないものは捨てるという。
②の男性は、本を1000冊捨てたという。
私には蔵書を1000冊捨てる勇気はない。
1000冊ともなれば、
辞書も何冊かは入ってくるだろう。
私が新聞記者なら、
捨てた本の書名……はムリとしても、
傾向くらいは聞いておいただろう。
b0141773_19244939.jpg

より狭いアパートに引っ越した夫婦には、
子どもなどという、
「余分なもの」(?)は想定外なのだろうか。

モノを単なる物質と見るのは、
消費文化に浸かった者の感覚なのか。
モノが「トキメク」かどうかは、
その物理的存在ではなく、
その記号性にあるのではないか。

「母から成人式のときにもらった着物」
「結婚したときに買った圧力鍋」
「海外旅行先で見つけたペーパーナイフ」
などなどは、実用性は失っても、
記号性(思い出)は残る。
b0141773_19235521.jpg

それらにトキメキを感じなくなったから捨てる、
という反応は、
ワンタッチで「オン」「オフ」を決定する
デジタル文明への適応なのか、
よくある、若者の社会性獲得への定番コースなのか、
それらの考察は人間学のテーマとなる。

もっとも、「仙人」生活の目的には、
不老・不死の願いがあったらしいから、
見かけよりもずっとナマ臭い
モチベーションのようである。
b0141773_19333437.jpg

昔も今も、
若者の一部には、
社会の一員となる前に、
それに背を向けようとする傾向がある。
バンカラ、ヒッピーなどには、
これから社会の一員として
組み込まれることへの反発、
子ども期の最後の抵抗のような心理があった。
b0141773_19335158.jpg

1950年代から1960年代にかけて、
アメリカを嫌い、
自国政府を嫌った若者はどうなったか。
大半は、ごくごくフツーの社会人に
なっているのだろうが、
その当時の心情は残っているせいか、
アメリカ嫌い、政府嫌いを商品化する新聞が
日本を代表する新聞として
立派に商売を続けている。
b0141773_1934044.jpg

かつて、
「海が大好きで、海辺に住みたい」と
言って南の島に向かった若者7人の
その後を追いかけたことがある。
b0141773_1922286.jpg

7人が7人、全員が海から離れ、
ラーメン屋の奥さんになったり、
道路工事の労働者になったりしていた。
あえていえば、1人だけが、
装身具屋を開業して、
貝細工のアクセサリーなども扱っていた。
b0141773_1922455.jpg

私の見るところ、
認知症やうつ病などの心の病(正しくは脳の病)は、
多様性の不足や未活用によって
助長されるところが多い。
このことは、新春セミナーでも申しあげた。

どんなに知的な仕事でも、
たとえば文筆家、研究者、政治家でも、
それだけにしか頭を使っていないと、
脳は錆びてくる。
ノーベル賞は、
認知症防止のお墨つきではない。
脳は、本人が思っている以上に、
多様性に対する欲求と、キャパがある。
b0141773_19342586.jpg

明朝のみそ汁の具はどうするか、
豆腐と長ねぎを合わせるか、
夕べの残りの春菊にするか。

きょうの晩酌は日本酒にするか、
ビールにするか。

バス事故の近因、遠因はなにか。

原発は、存続すべきか、
漸次廃炉にすべきか。
b0141773_19344437.jpg

あしたのバレーボールの試合のために、
きょうのジョギングはどれくらいにするか、
競技場までのウエアはどうする。

職場のパワハラ課長とどう戦うか。

自転車によるツーリングに
どういう意味があるのか、
その体験をどうするのか、
単なる回数の勝負なのか、
自然に近づくとは、どういう意味なのか。
b0141773_1935578.jpg

こういう事例の列挙のとき、
読点はどうするか、
句点はどうするか、
1ブロックずつ1行アキにするか、
追い込むか、などなど。

モノを捨てること、
本を捨てること、
人間関係をシンプルにすることは、
あしたからの人生に関する情報の多様性、
脳の思考活動の多様性を
減らすことにほかならない。
b0141773_19364178.jpg

そういう人の人生が
どう展開するのか、
ヘルスコミュニケーション論の点でも、
ライフデザイン論の点でも
格好のテーマになるだろう。

ヒトの生活は、
多様性を求める力学と、
単純さを求める力学とが、
同時進行的に働くものである。
b0141773_1930933.jpg

その点では、物理学的な活動ともいえる。
遠心力と向心力(求心力)。
ふくらはぎをさすると健康になる、
親指を動かすと脳が若返る、
塩分を押さえると健康寿命の延伸にプラス、
などの単純化は、
これまでにもあったし、
これからも続く。
b0141773_2038787.jpg

こうした反比例概念を
仕分けることこそ、
脳がもっとも好む活動である。
もっとも、仕分けることを怠る人も多い。
「動物」とはいえ、
動かないことを好むのも動物である。
[PR]

by rocky-road | 2016-01-17 18:42  

『二人の海』の江ノ島、ぶら歩き。

b0141773_13164283.jpg

2016年の「海と島の旅」、
および「ぶらカメラ in 江ノ島~鎌倉」は
1月2日から始まった。
今回はパルマローザの新春企画。
江ノ島へ行くのは10年ぶりくらいだろうか。
神奈川県藤沢市にある観光地である。
b0141773_13173620.jpg

かつては、海水浴場としてお世話になったが、
ここ20数年以降は
撮影やぶら歩きになった。
つまりは今年のパターンである。
b0141773_13181189.jpg

以前の、まだ海の野性が感じられた江ノ島も
すっかり観光地化した。
それは困ったことではなく、
人々のニーズを救いあげたということだろう。
世界中、どこも同じだと思うが、
大衆は、自分で遊びを見つけるのは苦手だから、
つねに遊びを提供してくれることを求める。
それはありがたいことである。 
b0141773_13182940.jpg

江ノ島の海に入った最後は
クラブのスノーケリングツアーだった。
スノーケリングクラブの仲間には、
「xツアー」として集合地だけ伝え、
江ノ島に行った。
もともと江ノ島は
ダイビングやスノーケリングの適地とは
考えられていなかったから、
最初から目的地を示せば、
みんなが乗ってこないからである。
b0141773_13185185.jpg
b0141773_13194221.jpg
b0141773_13201339.jpg

しかし、当時は水があれば、
湖でも池でも川でも潜ってみたと思っていたし、
新しいダイビングスポットを
探す意欲、というより衝動があった。
b0141773_13204387.jpg
b0141773_1321029.jpg

初江ノ島潜りの日は、
あいにく台風直後で海は荒れていて
仲間からは不評を買った。
それでも、伊豆で見られる魚、
カワハギ、キタマクラ、オヤピッチャなどを、
濁った海の中で見ることができた。
期待していなかったから、
むしろ海は豊かに感じられた。

今回、
真夏の江ノ島片瀬海岸の
混雑ぶりの話が出たので、
そのころの写真がないかと考えていたら、
映画として残っているのを思い出した。
それがあったからといって、
どうということもないが、
話のついでに、
少しだけ触れておこう。
b0141773_13214714.jpg
b0141773_13224862.jpg
b0141773_1323062.jpg
b0141773_132598.jpg

映画は『二人の海』というタイトル。
私が属していた東京潜泳会の
創立10周年を記念して作った、
20分ちょっとの短編劇映画である。
1974年のころである。
b0141773_13223352.jpg

ファーストシーンで
片瀬江ノ島海岸が映る。
こんなストーリーである。
b0141773_13244451.jpg

伸子がその日、友達と海水浴に来る。
あまりにも人が多いので、
1人、少し離れた岩場で泳ぐ。
が、途中で足がつって溺れかかる。
b0141773_13275740.jpg

と、海中からダイバー2人、
この男たちが助ける。
そして、伸子はスノーケリングを習い、
以後、スノーケラーになり、
かつ、助けた武夫と交際を。
ときに2人、
ときに3人での海への旅が始まる。
b0141773_1328949.jpg
b0141773_13299100.jpg

しかし、ある日、
男2人が潜水中に1人が
モーターボートにぷつかられて死ぬ。
海面が真っ赤に染まるシーンは
いま見ても悲惨。
b0141773_13294260.jpg

これがきっかけで、
武夫は海から遠ざかる。
そして、欝々とした日々を。

伸子は企てる。
武夫に黙って、
いつか行った伊豆の海へ。
留守のところへ武夫から電話。
母親が、海へ行って不在と告げる。
b0141773_13304259.jpg

武夫はピンときて、
1人彼女を追ってあの海へ。
やはり、彼女はそこに来ていた。
彼女が1人、スノーケリングをする海に
武夫は崖の上から飛び込んで近づく。
2人の海は戻ってきた。
ビーチを歩く2人、
映画はここで「終わり」
b0141773_13312294.jpg

さて、最近の、
新年早々の近代化した江ノ島風景を
数点、あげておこう。
b0141773_13315770.jpg

b0141773_13322442.jpg
b0141773_13324678.jpg
b0141773_133314100.jpg
b0141773_13333674.jpg
b0141773_13334913.jpg
b0141773_1334564.jpg
b0141773_1336771.jpg
b0141773_13343186.jpg
b0141773_13345880.jpg
b0141773_13365679.jpg
b0141773_13371150.jpg

[PR]

by rocky-road | 2016-01-08 13:37