<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

健康支援者の芸風とは?

b0141773_2211287.jpg

1年ぶりで、落語、柳家系の独演会に
行ってきた。場所は板橋文化会館、
ほぼ満席の1000人余りの入り。
ところが、前座から真打まで
なんとも退屈な内容。

「枕の小○治」といわれるほど、
「枕」がうまいとの評判のある演者。
(枕=本題に入る前のジャブ的な小さな笑い)
が、その枕がつまらない。
トイレに財布を忘れた話など、
たいしておもしろくない話を延々と続ける。
b0141773_22125126.jpg

演目に入って郭噺(くるわばなし)が始まったが、
勢いもメリハリもなく、
人物描写もすっきりせぬままダラダラと続く。
1つが終わり、休憩時間を待って、
会場から抜け出した。

落語がこんなにも苦痛だったのは久々である。
かつては、立川談志の噺がいやで、
あくびをかみ殺して聞いたことがある。
彼が登壇するやいなや、
退出する人が少なからずいたが、
当時の私にはそこまでの決断力はなかった。

現代日本を代表する名人(?)落語家の噺が
こうもつまらないのはなぜか、
それを真剣に考え続けた。
まず考えたのは、
笑いの基準が変わったのか、という点。
b0141773_22172040.jpg

桂文楽、三遊亭円生、三遊亭可楽、
古今亭志ん生、柳家小さん(五代目)といった、
昭和の名人と比べるからいけないのか。

しかし、私の好む落語は古典に属する噺で、
昭和になって生まれたものではない。
今回聞いた柳家小○治にしても、
演目のほとんどが古典である。
つまり噺の内容は、昔も今も変わらない。

なのに、その日の古典落語はおもしろくない。
本人は「あざとい形では笑わせない芸」
を目指しているそうだが、
そんなことは、基本中の基本で、
あえていうまでもないことである。

おかしくない理由の1つは、
こちら側の加齢にあるのか。
人間は高齢になるほどに
笑わなくなる傾向がある。
それなのか。
感性が鈍る、表情筋が弛緩する、
おかしさのハードルが上がって
ちょっとやそっとのことでは
おかしさを感じなくなる……。
b0141773_22174054.jpg

だが、現在の私は、
「パンクブーブー」や
「サンドイッチマン」の漫才には笑える。
うろ覚えだが、こんな感じ。

  寿司屋に1人の男が入ってくる。
  *「へい、いらっしゃい。お1人ですか」
  客「ああ、1人だよ」
  *「先にどなたか来ていらっしやるんですか」
  客「いや、だれも来ねえよ、オレ1人だよ」
  *「あとからどなたかがおいでになるんですか」
  客「だれもこねえよ。1人じゃいけないのかよ」
  *「寂しいでしょ? 私が隣に行きましょうか」
  客「だから、1人でいいって、言ってるだろぉ」
  *「それとも、こちらに来ますか」

これで笑えるのに、
今回の落語は笑えない。
演者にも、多少の責任はあるだろう。
主観的だが、去年聞いたときよりも
謙虚さが減少しているように思える。
自分の体験を枕に使うのが
近年の落語の傾向のようだが、
それは観客に対して不遜である。
b0141773_22204942.jpg

落語は古典にしろ新作にしろ、
作品を演ずるのが商売である。
自分の日常茶飯事を語るほど、
偉くはないはずである。

頭に入れておかなければならないのは、
落語家は、けっして「地」がおもしろい人ではない。
昔から名人といわれるような人は、
家では寡黙だったり、酒をくらっていたり、
妾の家に通っていたりする。

だれかが自分をネタにすれば、
おもしろくなるかもしれないが、
本人は本気でマジメであり、
落語とは無縁な私生活を送っていた。
b0141773_22185321.jpg

つまり、落語家とは、
できあがっている「作品」を
おもしろく、またはしんみり、
人間のリアリティをいきいきと演ずる人である。
笑わせればいいっていうものではなく、
そこには味わいが求められた。

そういう観点からすると、
私生活でトイレに財布を忘れた程度の話は
観客のほうがいっぱい持っているくらいであり、
「作者」ではない「演者」が話しても、
そう簡単には「作品」にはならない。
だから、
昔気質の落語家は、
私生活をペラペラしゃべるほど
芸を軽んじてはいなかったし、
うぬぼれてもいなかった。

どんなに他愛なく、
どんなにマンネリ化していても、
枕の話は、
それなりにおもしろく、
ジャブとしての意味があった。

「きのうの嵐で、家の囲いが壊れちゃった」
「へ~」(塀)
b0141773_222285.jpg

この程度のダジャレでも、
笑いのウォームアップとしての意味はあった。
定番の「枕」のほうが、
演者と観客とに一体感が生まれて都合がよい。
それに、なんといっても短いからいい。

社会心理学者は、
落語における現代日本人の笑いについて、
どう考察してゆくだろうか。
少し研究すれば、
そこそこのエビデンスが得られるはずである。

演芸評論家でもない私としては、
現代落語がどうなろうと、知ったことではないが、
その反面、もう1人の話芸者、
健康支援者のユーモア感覚のあり方について、
連想が飛ぶのを押さえることができなかった。
b0141773_22224636.jpg

「健康支援者」、
つまり医師、看護師、保健師、栄養士の
ユーモア感覚のことである。
もともと、この種の職業は、
ユーモアとは遠い存在であるが、
プロの芸人がここまでダレているからには、
健康支援者ともなれば、
ますますにコチンコチンになっているのではないか、
そんなことが心配になった。

「笑顔や笑い声は健康のシンボル」
というほど能天気ではないが、
気の利いた会話や講話、相談が、
健康を阻害するとも思えない。
b0141773_22285674.jpg

ユーモアとは、
つきつめれば人生を楽観する着眼である。
病気であれ死であれ、
悲観だけの世界ではない。
厳しい現実にも、どこかに逃げ道がある。
その1つがユーモアである。

「あざとい笑いを求めることはない」
大いに結構。
人は健康になるために生きているのではない。
健康ばかりを求めると、
砂糖を入れ過ぎたお汁粉のように
味覚にも胃にも負担をかける。
うまいお汁粉は、
小豆の香りと、少々の塩、
つまりはバランスである。
b0141773_22193620.jpg

「健康になるためには死んでもいい」
などという人であっても、
喜んで支援するのが健康支援者の仕事。

こういうクライアントであれば、
さらに死ぬほどの健康オタクにして、
そこは話芸で、真の健康、真の人生を理解させ、
健康からは201メートルくらい
距離を置くように誘導する
……というようなことができれば、
きわめてユーモラスな業績として、
記録されることだろう。

健康支援者の落語家、コメディアン、
芸人などが、日本にもいるかもしれない。
真正面から食や健康を笑いにするのもいいし、
余技として、俳句や川柳をたしなむのもよい。
b0141773_2224591.jpg

寄席に行って
おもしろい芸人、おもしろくない芸人など、
いろいろのタイプに出会うことも
プラスにはなるだろう。

明治維新後、
文章日本語が生まれようとする
試行錯誤の時代には、
のちに有名になる小説家は
落語や講談、浪花節などを聞いて、
自分の文体を模索したという。

健康支援者にとって
いまいちばん求められるのは、
人間をよ~く知ること。
だって、人間を支援するのだから。
b0141773_22115081.jpg

by rocky-road | 2015-12-26 22:28  

しばらくは「句盗点」の時代。

b0141773_22144416.jpg

ことしも、20通ほどの「喪中につき」ハガキを
いただいた。
その中に1通だけ、
句読点入りの印刷があった。
これには「快挙」というほどの感動があった。
b0141773_2215462.jpg

ある人は、印刷ずみの文面に
手書きで句読点を書き加えていた。
この姿勢もよし、である。
b0141773_2216532.jpg

大の大人が、
句読点の有無で一喜一憂するのは
滑稽に見えるだろうが、
いま起こっていることは、
日本の国語史の中では
特筆すべき現象なのである。
b0141773_22163282.jpg

ある人は、自分が出す喪中ハガキを
業者に依頼しようとしたところ、
「句読点は入りません」といって
固辞されたとか。
ハガキのデザインにはバリエーションがあるのに、
句読点は入れられないという。
b0141773_22164928.jpg

言論の自由どころか、
それ以前の、正規の国語表現が、
ずぶの素人によって阻害されているのである。
これを事件といわずして、なんといおう。
b0141773_22171669.jpg

前回、100匹のサルに
タイプライターを配っても、
文学的名作は生まれない、
という欧米の格言(?)について触れたが、
コンピューターを配布した場合には、
また別で、
とんでもない「迷作」を生み出す可能性が
ないとはいえなくなってきた。
b0141773_2218667.jpg

昔から、算数やお絵描きをする動物はいる。
犬、猿、ボノボ、鳥、象、猫など。
これらは、人間の調教技術の進歩によるもので、
別に天才的な動物が出現したわけではない。
b0141773_22182152.jpg

ところが、
まともな人間にパソコンを配ると、
一部の「普通程度の頭脳」を
さらに劣化させるということが起こる。
「まとも」とはいっても、
成人してから読み書き習慣を失ったような者は、
電車や公共施設の中で
スマホに集中すると、
バカ丸出し、というか、
アホの表情になる。
b0141773_22184123.jpg

読書する人の姿は美しく、
名画にもそういう描写が残っている。
電車内で雑誌や本を読むような人間は、
それなりのポーズ、
それなりの表情を身につける。
読書のカタチにも
数百年の文化的蓄積があるからである。
b0141773_22233264.jpg
b0141773_22192153.jpg

これに対して、
公衆の面前で化粧をしたり、
大口をあけて熟睡したり、
スマホに心を奪われたりする人間は、
車中や公園、図書館などで
読書をする経験が少ないはずである。
b0141773_22193839.jpg

いずれ、公共の場でのスマホの扱い方にも
美学やルールが生まれる可能性があるが、
それまでは、「集中」への準備性のない者たちは、
隙だらけの表情を人々にさらし、
社会を汚染する公害となり続ける。
なぜ公害かといえば、
あのアホ面は、感染するからである。
それらは、動物行動学や文化人類学の
立派な研究対象になりうる。

さて、句読点の話に戻ろう。
パソコンのソフト会社とか
素人相手の印刷請負業者とかが
日本語の正書法を
平然と壊すときにいう屁理屈は、
「毛筆の手紙では、
句読点を入れないのが本来だから」
である。
b0141773_2224776.jpg

自分で字も書かず、
デジタル変換で文書を綴っておいて、
なにが「本来」か、
「なにが毛筆の手紙では」だ。
思慮の浅い者たち、
無知な者たちの屁理屈は恐ろしい。

グレシャムの法則ではないが、
「悪貨は良貨を駆逐する」現象を
いま、われわれは目の当たりに
見ているのである。
b0141773_2225456.jpg

これを「句盗点現象」
または「句投点現象」と
ネーミングしたいと思う。

しかしその一方、
広告業界では、
むしろ句点(「。」)を入れる方向にあるからおもしろい。
それは、人が使った、人が発したコトバ、
というニュアンスを示すためだろう。
さらには、
半欠けの句点を使う広告をよく見るようになった。
これは文章心理学的にも、
補助符号の歴史的にも
注目すべき現象である。
b0141773_222696.jpg

わざと半欠けにして、
余韻を残す、実に微妙な表現法である。
このセンスは救いである。
月は、満月よりも雲のかかった月がよい、
とする日本文化に通じるのか。
b0141773_22301639.jpg
b0141773_22304131.jpg

喪中の案内や年賀状の印刷を
業者に依頼する場合、
自分で打った原稿どおりのものに
仕上げにらないようなところへは
発注しないことである。
この問題は、
けっきょくは発注者の見識、
意欲、頭脳の問題だろう。

蛇足ながら、
私の周囲は、喪中のハガキが来たら、
すぐにお悔やみの返信ハガキを
書くことが常識になっているが、
そのルールを書いておこう。

 *できれば和紙のハガキを使う。
 *青墨の筆ペンで薄字に書く。
 *最近は長寿者が多いので、
  それを称える場合が多い。
 *切手は弔事の52円を使う。

≪文例≫
拝復 お婆さまのご逝去のお知らせ、
謹んで承りました。
九十七歳とは、
世界の長寿国日本の平均寿命を
はるかに超えるご長寿、
お見事な人生であられたことでしょう。
それだけに喪失感も大きいことかと存じますが、
明くる年のご一家のご健勝と
ご多幸を心からご祈念申しあげます。 合掌

b0141773_222834.jpg

なお、「平均寿命」云々は、
比較的若いご逝去の場合には使わない。
「平均寿命よりもお若いご他界、
さぞやご無念のことでしょう」
などとはやらないことである。

気をつけたいのは、
こういう返信しておきながら、
それを忘れて年賀状を出してしまうという
大ミス。
それをやっちゃぁ~おしまいよ。
b0141773_22283574.jpg

by rocky-road | 2015-12-20 22:50  

「ウサギ栄養学」の「専門性」。

b0141773_22173592.jpg

広島に向かう機内で読むために
栄養士向けの雑誌を持ち込んだ。
巻頭にはこの世界のリーダー2名が
それぞれに文章を寄せているので
それに目を通すつもりだった。
ところが、
この文章には情報が乏しく、
文体がいかにも硬直していて
おもしろ味のないこと甚だしい。

なぜこうも人間味のない、
読者と対話が成立しない文章が書けるのか、
ある意味では、それに感心した。
文章力以前に、
対象者に向けて話しかける姿勢が感じられない。
こういう文章しか書けない人に、
食事相談ができるのか、案じられる。
b0141773_222745100.jpg

その1人は、
10年後の管理栄養士・栄養士像として、
こう書く。
「(10年後には)
対象個人あるいは集団における
多様な人びとに寄り添っていることでしょう。
そのような姿が、地域社会、
医療や福祉等の施設、学校等、
人びとが生活するあらゆる
場所で見られるようになっていると
確信しています」

なんとも抽象的で、
当事者意識の薄い文章である。
この程度のことは、10年待つまでもなく、
一部としても、現在すでに、
そうなっているのではないか。
そもそも「寄り添う」とはどういうことか、
リーダーとしては具体的に示す責任があろう。
b0141773_22264775.jpg

また、別の筆者は、
栄養士70年の歴史を振り返ったのち、
中盤で「食物栄養学」から「人間栄養学」への
転換があったことをあげ、
まとめのところでは、
「オーミックス」だの「レギュラトリーサイエンス」だの
なじみの薄いカタカナ語をあげ、
その語を解説して、まとめとしている。

要は、研究にしろ情報にしろ、
複合的にとらえ、
多様性を見てゆくことだ、ということらしい。
さほど目新しい概念とも思えない。
b0141773_22255135.jpg

まとめくらい、
用語の解説ではなく、
自分の考えなり信念なり、
将来展望なとでまとめてほしいが、
「締め」をだれかに下駄を預けてしまっている。
栄養士のトップリーダーの文章には、
思想が感じられない。
こんなことで人の健康を支えられるのか。

「インフォメーション」も
「インテリジェンス」も、
辞書では、ともに「情報」と訳したりしている。
しかし、ニュアンスは大違い。
「インフォメーション」が、
料理の素材、
じゃが芋や玉ねぎに当たるとすれば、
「インテリジェンス」は、
それらの情報を使って料理を作ることに当たる、
……そうたとえる人がいる。
「知恵」や「知性」は、
断片的な情報素材を蓄積し、分析し、
解釈して
自分の資質の一部としたものである。
b0141773_22245218.jpg

栄養士のトップリーダーの文章は、
多分に「インフォメーション」的で、
「インテリジェンス」を感じない。
なにが複合だ、なにが多様性だ、といいたい。

少しいらいらしているうちに、
広島空港に着いた。
2015年12月6日(日)、
コミュニケーション研究会 ひろしま」主催の
セミナーで、「栄養士は、スピーチ力、
講話力をどう強化するか
。」を講じた。
b0141773_22221638.jpg
b0141773_22213921.jpg
b0141773_22215680.jpg

「人間栄養学」というからには、
人間の食行動を追いかける必要があるだろう。
と同時に、栄養士は、
その「インテリジェンス」を
魅力的に対象者に伝える必要がある。
10年後を考えるのであれば、
「専門性」の中に逃げ込むのではなく、
「専門性」を広げていくべきだろう。
b0141773_22302364.jpg

栄養士が「栄養素」を語るのが専門性ではない。
栄養素や食生活、さらには人生を語れるよう、
守備範囲を広げてゆくことが、
多様化し続ける社会に適応することにつながる。
多くの社会人がしている程度の対話やスピーチ、
文章力がなくて、
個人や社会の健康度を
どうやって支えてゆくのか。

コミュニケーション研究会 ひろしま」の
(以下「コミ研 ひろしま」)シリーズセミナーも、
年4回のペースで第1クールを終えた。
6日のセミナーは第2クールの初回であった。
1年ですっかり運営力つけた。
初回のあいさつ、進行、懇親会、
オプションのツアー。
どれも及第点に達した。
b0141773_2232212.jpg
b0141773_22323644.jpg

「専門性」は、各職場で磨いていけばよい。
必要に応じて、いろいろのセミナーも
行なわれるだろう。
そうした多様なセミナーを企画・運営することも、
まさしく専門性の一部となっていく。

栄養士活動現場は、閉鎖社会ではない。
社会との接点は限りなくある。
その接点はコミュニケーションによって
生まれ、拡大し、強固になっていく。
b0141773_22332111.jpg

「コミ研 ひろしま」のメンバーは、
社会との接着剤となるコミュニケーション力を
数ステップ分、アップさせた。
10年後は、きょうの延長線上にある。
「専門家」栄養士は、
押しも押されもしない社会人であることを
忘れてはいけない。
b0141773_22335481.jpg

オプションのツアーでは、
人が放ったウサギたちによって生まれた
「ウサギ島」(大久野島)を訪れた。
同行の栄養士は、
「人間栄養学」も「ウサギ栄養学」もこなすので、
ウサギからは好物の野菜をねだられていた。
b0141773_2238049.jpg

b0141773_22381717.jpg
b0141773_22383089.jpg

by rocky-road | 2015-12-10 22:38  

貧しき町を 通りけり

b0141773_2354870.jpg

『文藝春秋』に、
伊集院 静氏が、
「文字に美はありや」という連載を
2年近く続けている。
歴史上の人物の書を鑑賞し、
分析する、という好企画である。
b0141773_2361725.jpg

2015年9月号では、
松尾芭蕉と与謝蕪村の書を取り上げている。
書の話は別の機会に話題にするとして、
今回は、伊集院氏が紹介している
蕪村の句、

月天心 貧しき町を 通りけり
b0141773_2371494.jpg

から入りたい。

伊集院氏はいう。
「この句と遭遇した時、
O・ヘンリーの短編小説の一篇を読むような気持になった。
中世ヨーロッパのキリスト教世界の
ファンタジーを見る思いがした」
b0141773_2373054.jpg

この記事は、綴じ込んであるカラーページに
載っている筆跡と対応しているのだが、
松尾芭蕉の

  荒海や 佐渡によこたふ 天河

の原筆にも触れている。
b0141773_23132681.jpg

この2句は、
スケールの大きさで鑑賞者を惹きつける。
鳥瞰図(ちょうかんず)というのは、
人間が空を飛べない時代からあるが、
この句もまた、
文字による鳥瞰図である。
b0141773_2394988.jpg

人間には、地上にいながらも、
鳥の目で上空から自分のいる風景を
描く感性が備わっている。
それは、臨死体験のときにも現われる。
臨終の自分を囲む近親者、
それを天井の高さから見渡す自分。

それはそれとして、
「荒海や」のような大きな句を詠んだ芭蕉が、
「古池や 蛙飛びこむ 水の音」のように
小さな句を詠むバリエーションがおもしろい。
それが創作のおもしろさ。
大小、左右、硬軟など、
バラつくから駄作の中に傑作、
名句の中に凡作が混ざり込む。
b0141773_23351018.jpg

日本文学者で、
わが東京都北区に在住の
ドナルド・キーン氏は、
短歌や俳句をたしなむ人の多いわが国を
国民の多くが詩人である、
と評してくださった。

確かに、万葉の時代から今日まで、
プロではない、アマチュア詩人によって、
短歌、俳句、歌謡(室町時代以来『閑吟集』などに
収載されている小唄など)、川柳、
そして、各地にある民謡などがつくられ、
育てられてきた。
b0141773_23364426.jpg

近年は、マスメディア、
デジタル機器の普及によって、
アマチュア詩人界はさらに活性化している。

もっとも、
「数の増加は質の低下」というテーゼもあるから、
駄作、拙作の乱造には耐えなくてはならない。
b0141773_23365924.jpg

  妻よりも 気が利いている コンビニだ

  この村じゃ デパートですよ コンビニは

  温めて ほしいよ俺の 懐を

ある雑誌の入選川柳である。
これが入選作品だというから、
ドナルド・キーンさんには申しわけない気持ちだ。

  五七五 うめけば寝言も 川柳か

  川柳の 粋を 選者が枯れすすき (Rocky)

大衆文化の低落は、
選者や、一部のプロ、
つまりオピニオンリーダーから始まる。
選が甘い、評価が甘い。
b0141773_234521.jpg

テレビの写真教室にしろ
書道教室にしろ、
「それじゃダメ!」と指摘すべきところを
「いいじゃないですか」などとやる。
つまり、受講者や応募者を甘やかす。

甘やかしを番組にしたのが、
たとえば「NEWS WEB」
などという番組である。
プロが出演して話している最中に、
視聴者からのつぶやきが入る。

ふだん、その問題を考えたこともないど素人が、
「なかなかやるね」「そうじゃないだろう」
程度のことを言って
画面に入り込んでくる。
b0141773_23452781.jpg

落書きは、公共施設のトイレとか、
鉄道沿線の石塀とか、廃墟の壁とか、
それでも限定的だったが、
テレビとなると、
数百万、数千万という視聴者の目を汚すことになる。
人間の品格のうち、迎合は、
もっともひっかかりやすい誘惑である。

昭和を代表する評論家、大宅壮一は、
テレビの普及を「一億総白痴化」といったが、
ここまでの白痴化を予想はしていなかったことだろう。
バカな番組は見なきゃいい。
が、時事問題をプロが語り、解説しているところに
超マチュアが乱入してくる、
いや、局側が乱入させる。
これが公共放送だというから、
あきれる。
b0141773_23195064.jpg

だが、だが……だが、
こういう文化の低落化現象に遭遇したときこそ、
夢と希望を持たなくてはならない。
若者におしなべて未来があるのではなく、
あしたの予定、
これからへの夢と希望のある人に未来がある。

「百万匹のサルに百万台のタイプを
叩かせておいたら、いつかは傑作が
生まれるかもしれない、という話は
だれでも聞いたことがあるだろう。
しかし、インターネットのおかげで、
この説が間違いであることがわかった」

といったのは、
アイラー・コーツという人だとか。
(『書きたくなる脳』 アリス・W・フラハティ著
ランダムハウス講談社発行)
b0141773_23183945.jpg

かつての日本では、
半数以上の人が、一生に数回しか
文章を書かなかった。
いやゼロだった人も多かった。
それがいまは、3人に2人以上が、
デジタル文章を書くようになった。
その感動は、なにものにも代えがたい。

デジタル機器依存症の罹患率は、
いまよりも数十倍は進むだろう。
それにブレーキがかかり、
Uターンを始めるのは10年後か、
30年後か、いずれは軌道修正をする。
b0141773_23182015.jpg

自動車が普及し、運動不足が起こると、
スポーツジムやエアロビ教室、
ヨガやジョギングなどで
対策を講じたように。

問題は、白痴の中で生きている
まだ白痴化していない人間の健康度である。
選択肢はいくつかある。

1.自分も白痴化する。
b0141773_23165495.jpg

2.自分は自分、数少ないアンチ白痴化仲間と、
  交流を続ける。

3.白痴自身にではなく、
  白痴化を促進しているメディアに属し、
  まだ白痴に感染していない人に
  抗議を続ける。
b0141773_23163580.jpg

4.いつの日かUターン現象が起こると信じて、
  なーもせずに、のんびり暮らす。

5.白痴化心配症になって、
  日々、嘆いてくらす。
  嘆きは、努めて表現する。

しかし、
「世の中、右も左も真っ暗じゃございませんか」
という中でも、
郵便会社が食文化の切手を作った。
郵便文化を楽しむ人が少なかろうと思う
専門店であっても、
一汁三菜に目が行ったのは救いである。
b0141773_190105.jpg

「和の食文化」は、
ただの流行、といってしまえばそれまでだが、
この切手の生かしようはある。
食関係者は、この切手の意味を把握し、
話題にしてゆく価値はある。
もっとも、この仕事もそれなりの頭を使う。
b0141773_1903622.jpg

健康支援者には、
白痴化以前の人が多いから(?)、
セミナーなんかでうまく使っていけるだろう。
b0141773_23254895.jpg

最後に、もう一度、
蕪村の句で、世の中を俯瞰して、
心を清めよう。

  月天心 貧しき町を 通りけり
b0141773_23331350.jpg

by rocky-road | 2015-12-02 23:45