<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

「あと押し型リーダー」という用字用語。

b0141773_16271669.jpg

10月から11月にかけて、
セミナーや旅行・出張が続いたので、
脳にやや負荷がかかった。
b0141773_16275252.jpg

10月3日の千葉県教育委員会のご依頼による
人を惹きつける『給食だより』8つのポイント」から始まり、
中旬の沖縄・座間味島へのスノーケリングツアー、
戻ってすぐに11月15日の能登教室、
栄養士という職業のリーダーシップのカタチ
能登から京都に入ってパルマローザ組と
雨の京都散策、1人で京都市動物園見物。
そして、
11月22日の遠距離クラス
「ステップアップの行動学」
23日、食生活プログラムスのシリーズセミナー
食を楽しく語るための用字用語
b0141773_16284350.jpg

セミナーの数や日数としては
さほど騒ぐほどのことでもないが、
短期間に「中身の濃い」(?!)
テキストをつくるのに
軋みの出ている脳が悲鳴をあげた。
血圧計の出番を待つまでもなく、
顔がほてって、血圧の上昇を感じた。
b0141773_16292189.jpg

編集者時代、
スタッフのミスでページに不足が出たとき、
その修復に1時間ほど没頭したあと、
急に耳鳴りが始まった。
その耳鳴りは、
以来30余年、いまも続いている。
そのときの気分に似ていた。
今度はどこに来るのか、
脳か耳か眼か、
が、セルフコントロールで、
なんとか発症を抑えた。
b0141773_16294322.jpg

それはともかく、
リーダーシップ論にしろ、
用字用語にしろ、
従来の栄養士向け、健康支援者セミナーには
なかったテーマなので、
対象者のニーズに沿ってテキストを作るのに
少なからず頭を使う。
b0141773_1630378.jpg

リーダーシップといえば、
世の中は
「オレについて来い型」(率先垂範型)が中心で、
健康支援者のような
「あと押し型」(カウンセラー型)の
研究やデータは見つけられない。
b0141773_1630441.jpg
b0141773_1631650.jpg

「あと押し型リーダー」とは、
視力障害アスリートのサポーター
(伴走や合図役)、
ベビーカーを押す親などのイメージ。
ベビーカーを押す親は、
子どもが関心を示すような対象物に、
それとなく近づいて、気づかせる。
b0141773_16311956.jpg

クライアントの好ましい行動を見つけたら、
そのことを適切なコトバで指摘し、
それが評価に値することを気づかせ、
その行動を定着させ、
さらに発展への動機づけとする、
これはベビーカーを押す親の
ポジションに似ている。

うしろにいても、子に動機づけはできる。
(クライアントを
子どもにたとえているのではない。
ポジションの話である)
b0141773_16321858.jpg

「用字用語」もまた、
出版、新聞、放送関係で使われる、
専門用語といってよいが、
これを健康支援者に解説する意義と興味は
大いにある。
b0141773_16324548.jpg
b0141773_23423569.jpg

食関係者であれば、
「用字用語とは、料理の食材に当たる」といえば、
ほぼわかってもらえる。
にんじんや肉を渡せば、
だれもが料理を作れる、というわけではないが、
料理になじんでいる人なら、
素材の大事さはわかる。
b0141773_1633645.jpg

発話および文章は料理に当たる。
単語を一定の順序で並べるのが言語表現である。
「ヤバイ」「バカ者」「ウチら」「自分的には」
などという素材(コトバ)を使う人の
言語表現(料理)と、
「人間」「愛」「幸せ」「利他行動」などの素材を
使う人の言語表現とは、
盛りつけの風景は異なる。
(うまいかまずいかは、食べる人にもよる)
b0141773_16332135.jpg

個人および社会の健康度をあげることを使命とし、
人々をあと押しする健康支援者が、
自分の使う言語表現素材を
見直すことに意味がある。
「胃にやさしい」「ヘルシーな食材」
「行動変容を促す」など、
素材の吟味ができていないコトバを使うことの
危うさ、弱さを認識することは、
プロのセンスをどれくらい高めることか。
b0141773_16345811.jpg

能登での「リーダーシップのカタチ」の
講義の途中で、
受講者から指摘があった。

「テキスト中に『後押し型リーダー』
という表記と、
『あと押し型リーダー』
という表記法との2つのがありますが、
なにか意味がありますか」
b0141773_16352349.jpg

テキストづくりのミスである。
「あと押し型」で統一するつもりが、
1か所、「後」となっていた。
この場合、どちらでもよいが、
不統一は好ましくない。
b0141773_16354977.jpg
b0141773_1636874.jpg

横浜での「用字用語セミナー」の
1週間前に当たる、
能登での「リーダーシップのカタチセミナー」で
講師の「用字用語」の誤りを指摘する受講者の
言語センス、
あと押し型リーダーとしてのセンスのよさを感じて、うれしかった。
b0141773_16375157.jpg

by rocky-road | 2015-11-24 16:37  

♪ 青い渚にたたずみ、いま想う ♪

b0141773_21591810.jpg

「ダイビングとは、
地の果てから始まるもう1つの旅」
と言い続けて何年になるのか。
b0141773_21593310.jpg

ダイビングは「マリンスポーツ」ではない、
などという主張を、
ダイビング雑誌でくり返し、していた時代から
何年になるのか。
詳しくは資料に当たらないと言えないが、
今回の沖縄行きは、
ダイビングを始めて51年目の
海への旅となった。
(2015年10月21日~27日)
b0141773_21595975.jpg
b0141773_2353145.jpg

昭和39年(1964年)に
スノーケリングとスクーバとを
同時に始めた。
小学校、中学校の同級生、
畠山八朗くんが
ダイビングのクラブを作るというので、
それを手伝うことになった。
クラブ名を「東京潜泳会」とした。
b0141773_2205055.jpg

「マリンスポーツではない」とは言いながらも、
入会者には泳力テストを行なっていた。
確か、「プールで200メートル泳げること」
が入会条件だった。
近くのプールで、しばしば実習テストを行なった。
b0141773_2211196.jpg

当時は、「素潜り」でみっちり鍛えてから、
スクーバダイビングの技術を教える、
というのが定番コースだった。
まだ、プロショップが、
スクーバダイビングを教える、
というシステムが整っていなかった。
b0141773_2284690.jpg

だから、
アマチュアが、自分の経験だけで
スクーバダイビングを教えたりしていた。
実際、エアタンクを簡単に貸してくれた。
b0141773_2285420.jpg

いまだったら、
テロリスト並みの罰則を受けるだろうが、
エアタンクをかついで「国鉄」電車で
伊豆や三浦半島の海へ行ったりした。
タンクは、座席の下に転がしておいた。
中身は空気とはいえ、高圧ガスである。
街なかや乗り物の中では、超危険物である。
b0141773_2265099.jpg

それはともかく、
スクーバは金がかかるので、
そう簡単には、
スクーバに移行することはできなかった。
なにしろ、
ウエットスーツさえ買えない者が大半で、
真冬の伊豆の海に、
冬物の肌着を着て入る者までいたほどである。
b0141773_22101410.jpg

やむをえず、
会長がレンタル用に1着を作った。
なぜかそれは女性用で、
バストスペースがあった。
女性会員を増やしたい意向の反映だろう。
それを男性に流用することもしばしば。
b0141773_22103147.jpg

当時、ウエットスーツは手作りだった。
ウレタンゴムを買ってきて、
接着剤で張りつけけた。
しばしば剥がれるので、
接着剤は、海への旅の必携品だった。
b0141773_22121127.jpg

そんなことを繰り返していたが、
「素潜り」でも充分に楽しめることを知ることになる。
「このまま、素潜りのクラブでいったらどうか」と、
畠山会長に提案して、話が決まった。
(畠山くんは1967年に、
海とは関係ない事故で他界)
b0141773_2213311.jpg

会員は多いときで70人、
1回のツアーが30人前後、
などということがしばしばあった。
もう、スクーバダイビングへの志向性はなくなり、
スクーバダイビングへのコンプレックスも失せた。
素潜りは、
スクーバダイビングの準備的技術ではなく、
それだけで独立可能のレクリエーションであることを
深く認識するようになった。
b0141773_22134483.jpg

雑誌で海外情報に接したとき、
「スノーケリング」というコトバを知り、
「スノーケリングの東京潜泳会」
を名乗ることになった。
それまで、「スノーケル」という
器具名はあったが、
「スノーケリング」という名詞、
および動詞はなかった。
b0141773_2214235.jpg

いま、
スノーケリングがあまり普及せず、
ダイビングだけが1人歩きしているのは、
ビジネス事情によるものである。
スノーケリングの指導料は割安だから、
ビジネスにはならないのである。
b0141773_22141516.jpg

そこで、
「日本スノーケリング協会」なるものを
作って普及を図ろうとしたが、
自分のクラブに専念すべきだ、
という意見もあって、
「普及」は、のちの人に期待することにした。
(いま、インターネットをのぞくと、
そういう協会ができているようだが、
もちろん、
私たちが企画したものとは無縁である)
b0141773_22144019.jpg

地の果てから始める旅、
スノーケリング、
そして「フィッシュウォッチング」(大橋提案)、
水中写真、
……これだけの要素がそろえば、
50年くらいのことで、飽きることはない。
b0141773_221571.jpg

スノーケリングの利点は、
1.行動範囲、海への滞在時間が長いこと。
  1日中でも海面を歩き続けられる。
 
b0141773_2215263.jpg
b0141773_22214372.jpg
 
2.現地において、だれかの指示や引率で
  旅をしなくてよいこと。
  ダイビングの場合、安全性保持のため、
  ガイドやインストラクターに
  大きく依存することになる。
  スノーケリングは、
  水面を歩くだけのことだから、
  かならずしも引率者はいらない。
  旅は自由、気ままでありたい。
  (その分、自己責任度は高くはなるが)
b0141773_22161043.jpg

3.洋上でおしゃべりができること。
  以前は、岸に向かうとき、
  歌を歌ったこともよくある。
  「♪ 青い渚に ただすみ
  いま思う 海の広さと
  とこしえの安らぎを
  波に漂い 旅した年月を 
  海は 果てない 心の旅路~」
  (『青いマイウェイ』 大橋 改詞)
b0141773_22161963.jpg
b0141773_2372875.jpg

東京潜泳会は、
スノーケリングの基本を教える、
いわば「普及型クラブ」であった。
10数年、運営したところで、
あとは後輩に任せて、
別のコンセプトのクラブを作った。
b0141773_22172682.jpg

スノーケリングのスキルを
指導するのではなくて、
そのスキルを使って何をするか、
海のハッピーな情報を、
どう人々に伝えるか、
それを考え、それを実践するクラブである。
「スノーケリングピープル」と命名した。
b0141773_22182711.jpg
b0141773_2354360.jpg

当時は「大学院のようなクラブ」
などと表現した。
これは、食コーチングやパルマローザと
似たところがありそうだ。
b0141773_22181028.jpg

栄養士としての基礎的なスキルアップ
というよりも、
同業者や社会に対して、
異なる目標を設定し、
そのための思想強化と、
スキルアップを図っている、
という点において。
b0141773_2252304.jpg

そのスノーケリングを、
いま、栄養士が楽しみ始めた。
女子栄養大学出版部時代にも、
一部の栄養士とスノーケリングを
楽しんだ時期があった。
b0141773_22482782.jpg

また、『栄養と料理』の読者から、
「編集長は、ダイビング界のあの大橋禄郎さんですか」
という投書をいただいたこともあった。
b0141773_2253270.jpg

歴史は繰り返すようであり、
同じところで足踏みしているように
感じそうになるが、
実際には、たいぶ違う。
いまは、
各地に健康支援者、
栄養士を中心に
スノーケリング愛好者のネットワークが
広がっている。
b0141773_233548.jpg

スノーケリングも万人のものだから、
愛好者の職業を
あれこれいうのは野暮である。
昔から、一定の割合で
医師も看護師も、パイロットも、
映画俳優も弁護士も、
フリーターも、プログラマーも
スノーケリングを楽しんでいる。
b0141773_22534988.jpg

スノーケリングは、
水面を歩くだけのことだから、
職業はまったく関係ない。
が、歩き方にもいろいろとある。
心肺機能を高めるために歩くのか、
スマホを操作しながら歩くのか、
「歩コム」的に、テーマをもって歩くのか、
歩き方にもライフスタイルが現われる。
b0141773_22552871.jpg

私の場合は、
野生動物と対等に向き合うこと、
そのときに感じる自分の中の動物性、
コトバや身振りでコミュニケートするのではなく、
目や、存在の仕方で共感を得る、
それこそが、人間だからできる境地である。
b0141773_2334782.jpg

そして、
波紋の揺れる浅い海に漂うときの浮遊感。
これが極楽というものかもしれない。
b0141773_2219193.jpg

「地の果て」はどこにでもあるから、
海の上を歩き続けることは
まだできそうである。
スノーケルやフィンは、
海の歩行器のようなものだから、
地上を歩けなくなっても、
海の上なら歩けるはずである。
b0141773_234524.jpg

by rocky-road | 2015-11-01 22:20