<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

抽象語に強い栄養士、弱い栄養士。

b0141773_1259746.jpg

9月20日から3回に分けて行なう
「用字用語からステップアップする
話し方、書き方」シリーズがスタートした。
(2015年9月20、神奈川県近代文学館)
b0141773_1303316.jpg
b0141773_1250553.jpg

「用字用語」というコトバは、
出版版元や新聞発行人、文書作成業務者など、
ごく一部の人しか使わないから、
その意味を知る人は多くはない。
b0141773_12523780.jpg

読んで字のごとしで、
「用語」とは、その場にふさわしいコトバを使うこと、
「用字」とは、あるコトバに文字を当てること。
b0141773_12524711.jpg

「用語」についていえば、
「私の考えでは」というか、「わたし的には」というかは、
その人、その場、その相手によって決まる。

「用字」とは、あることをいうのに、
どういう字を使うか、ということ。
「一人」と書くか、「1人」と書くか、
「ひとり」と書くか、など、字の使い方をいう。
b0141773_1253119.jpg

拡大解釈すれば、
補助符号も「用字法」の一部で、
「吾輩は猫である」とするか、
『吾輩は猫である』とするか、
≪吾輩は猫である≫とするか、
最適とする用法のルールが
組織ごとに、または個人的にある。
b0141773_12532846.jpg

「用字用語」は、
多分に文字情報発信者専科の用語なので、
発話表現を中心とする人には
無縁な話題のように思われても当然か。
が、「用語」については、
発話中心の生活をしている人といえども、
もう少し注意すべきことはある。
b0141773_1253388.jpg

そのことを健康支援者対象に
シリーズセミナーにしようというのだから、
先見の明というべきか、
「ここまで来たか」というべきか。
b0141773_12594546.jpg

その狙いは、
人間と、じかに接触する仕事が増えつつある、
おもに栄養士を、
下支えすることになるのだろう。
b0141773_130079.jpg

従来の栄養計算や献立作成などに加えて、
食事相談やセミナーの講師、
「給食だより」や「健康フェア」など、
情報メディアの制作など、
コトバを使う機会が飛躍的に増えた。

ただ増えただけではなく、
話の内容が変わってきた。
b0141773_13123335.jpg

何を、どれくらい食べるか、
何を控えめにするか、
どんな食生活をするか、
好ましくない食習慣はどれか……
という、多分に具体的な話題から、
朝食をとるには、
どんなタイムスケジュールを組むか、
認知症や要介護にならないためには、
どんな意識が必要か、
どんなライフスタイルが望ましいか、
といった、生き方にかかわる話題へと
範囲が広がってきた。
(といっても、
それは、ごく一部の栄養士の場合に
とどまるハナシではあろうが)
b0141773_13124677.jpg

哲学は、
大学の一般教養の選択科目にとどまることを
甘んじて受け入れているのが現状だから、
健康を支える役割に目覚めた栄養士や健康支援者が、
「不肖、栄養士ごときが……」といって、
市民の生き方に、それなりの方向性を
示さざるを得なくなってきている、
というのが、新展開の状況だろう。
b0141773_13125867.jpg

そもそも「栄養」だの「健康」だの、
「加齢」だの「老化」だのというコトバ(用語)は
きわめて抽象的なコトバで、
こうした「抽象概念」を語れないと、
真の健康を支えきれない。

栄養士は、栄養素だけが人間を生かしていると
思い込みがちだが、
人間は、目には見えず、
指で指し示すことができない、
「将来」とか「希望」とか、
「予定」とか「計画」とか、
「モチベーション」とか「ストレス」とかの
コトバによっても生きているのである。
b0141773_1315046.jpg

卵や豆腐、牛乳やサンマ、
じゃが芋や大根、食パンやワインの
健康的意義を語るとともに、
「スケジュール」や「人間関係」、
「生きがい」や「自己実現」などについて、
語ることができたら、
人々の健康度を
さらにアップさせ、
持続性を強めることができるだろう。
b0141773_13272678.jpg

今回のセミナーでは、
これら「抽象用語」の意味や必要性、
その効用などについて論じた。
ふと気がつけば、
「用字用語」という切り口で、
講義を受ける機会は、大学はもちろん、
版元でさえ、たぶんないと思う。
(シリーズの2回目は11月22日、
3回目は2016年1月10日の予定)
b0141773_13293087.jpg

この9月の20、21、22日の3日間は、
初日に上記の「個性が光る『用字用語』入門。」を担当し、
21日は、影山なお子さんの「身だしなみワークショップ」
に、アドバイザーとして参加、
22日は、パルマローザ主催の輪読会
「写真、絵画を読み解く。」を担当した。
b0141773_13173066.jpg

「写真、絵画を読み解く」とは、
非言語情報を言語化する思考法。
「きのう」も、「きょう」も、「あした」も、
非言語的で、抽象的な日々。
この宇宙に存在する万物は、
ほとんど非言語的な存在である。
コトバがついているものは、
ほんのわずか。
b0141773_13174931.jpg

いま、あなたが着けている肌着に
名はついているか、
「ベージュ」や「ピンク」は、
色の名称であって、肌着の名称ではない。
あなたのパソコンに名はついているか、
あなたの周囲のあれやこれ、行動などには、
ほとんど、それを特定する名はついていない。
b0141773_131836.jpg

しかし、来年、カナダ旅行を予定している人には、
来年のイメージが少しは見えている。
来月、沖縄でスノーケリングをする人には、
古座間味ビーチに泳ぐ
カラフルな魚たちの姿が想像できる。
フエダイ、コトヒキ、コバンアジ、マルコバン……。
b0141773_13191716.jpg
b0141773_13192849.jpg

サン・テクジュペリは、
「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えない。
肝心なことは、目では見えないんだよ」と
いったそうだが、
この場合の「心」とは、
結果的にはコトバだろう。
心で見たものを人に伝えようと思ったら、
コトバに置き換えないわけにはいかないから。
b0141773_13201344.jpg
b0141773_13223357.jpg

が、過日、
宇宙ステーションに入った日本人宇宙飛行士が、
中継カメラに向かって、
「コトバでは伝えられない。
ぜひ、みなさんに見てほしい」
という意味のことをいっているのを見て、失望した。
b0141773_13202669.jpg

何年もかかってトレーニングを受けてきたそうだが、
いざ、現地に到着してみると、
そこから見た風景の説明ができない。
それどころか、一種の禁句を口にした。
「みなさんにも見てほしい」
b0141773_13212277.jpg

それをいっちゃぁ、オシマイよ。
それができないから、
アンタが代わって行ったのだろうが、
高いカネを使って!!!!!
b0141773_13244560.jpg

これでわかったことは、
宇宙探査計画にも、
言語トレーニング部門がない、ということ。
「宇宙空間の表現法……そのための用字用語」
そんなセッションが必要なら、
いつでも引き受ける。
b0141773_13245491.jpg

金輪際、宇宙に行くことのない健康支援者でも、
宇宙から見た風景くらいなら、
語ることができるだろう。
そのために、
「よみうり写真大賞」の入賞作品、
15世紀の祭壇画、広重の風景画、
ピカソの「ゲルニカ」などを鑑賞した。
b0141773_1323549.jpg

「鑑賞」とは、つまりは非言語世界を
言語化することにほかならない。
それは、まさに「心の目」の視力を
強化することなのである。
「健康」や「しあわせ」を見る視力を持った人は、
そのための道を適切に選ぶのに有利なことは
言うまでもない。
b0141773_1323191.jpg

b0141773_1324016.jpg
b0141773_13241444.jpg
b0141773_13242514.jpg

[PR]

by rocky-road | 2015-09-24 13:32  

「ゼニのとれる」情報とは……。

b0141773_2114244.jpg

ロッコム文章・編集塾の宿題で、
「若者の読書離れの今後」について
論じてもらったことがある。
日頃の講義の反映か効果か、
読書離れは続く、と見る人が多かった。

しかし、「スマートフォンで読むようになる」
と見通す人も30%以上はいた。
NHKの「ラジオ深夜便」で
「ワールドネットワーク」を聞いていると
アメリカの調査でも、
読書はスマホでする、という人が急増中という。
b0141773_21141934.jpg

ペーパーによる読書しかしない者の想像では、
ひとくちに「読書」といっても、
ペーパーで読む書物と、
端末機器で読む書物とでは
選び方が違ってくるように思う。
b0141773_21143678.jpg

どうイメージをふくらませても、
リビングルームまたはベッドで、
あるいは電車の中で、
端末機器によって
トルストイやスタンダール、
紫式部や清少納言、
柿本人麻呂、鴨長明、松尾芭蕉、
夏目漱石や村上春樹を
熟読する人のシーンは浮かばない。
b0141773_21145696.jpg

実際、電車の中や路上で
スマホや端末に没頭している人を脇目で見ると、
なにかを検索中であったり、
ゲームであったり、
マンガであったり、
メールの読み返しであったりすることが多い。
b0141773_21151376.jpg

いくつかの調査では、
スマホとかかわる時間が多い人ほど、
読書時間が少なくなる、とのデータを示している。
しかし、スマホで読書をする人もあるとすれば、
スマホかペーパーか、という議論は、
現実的ではない、ということになるのか。
b0141773_21153272.jpg

スマホなどの端末に親近感を抱く人は、
以上のような解釈をするが、
新聞の定期購読者が
世界的に減少している現状を見ると、
端末機器の利用者は、
新聞を端末機器に切り替えたのではなく、
新聞の数百分の一の情報を
手のひら、またはヒザの上で読むことを選んだ、
という解釈をするのが正確だろう。
b0141773_21213582.jpg

ヨーロッパの大学2校の共同研究によると、
スマホで物語を読ませたグループと、
ペーパーで物語を読ませたグループとの違いは、
大筋の記憶には差はないものの、
あるエピソードの前後の状況や
ディテールの解釈では、
ペーパーグループのほうが、
くわしく、正確であった、という。
b0141773_21214421.jpg

端末機器や新聞、雑誌の形状および情報の多様性は、
書物の及ばないところである。
書物にも、図鑑や写真集、辞書などがあるが、
読み物としての書物の場合、
そこにある情報は、ひどくシンプルに見える。
が、その一見狭い入り口に吸い込まれればこそ、
雑音に邪魔されることなく、
イマジネーションの旅ができる、
という特性がある。
b0141773_21225333.jpg

といって、
デジタルメディアとペパーメディアとの
優劣論をするつもりはない。
それは、クレオパトラと楊貴妃とどちらが美人か、
坂本龍馬と吉田松陰とどちらが偉いか、
という議論と同様、ナンセンスである。
どんな存在にも、それぞれの存在理由がある。
b0141773_2117325.jpg

人間は、自分の作ったもので自分の生存を脅かしたり、
アホになったりするすることをしない、
兵器を除いて……。

昭和の大評論家、大宅壮一は
テレビの普及期に
テレビは「一億を総白痴化するものだ」と
断じたが、さて、日本人が白痴になったか、
そうは思えない。
(利口になったとも思わないが)                       
b0141773_21182146.jpg
  
人間は、各種乗り物の普及によって運動量が減ると、
スポーツジムを作って時間に関係なく走り込むし、
オーブンレンジが使いにくいとなれば、
トースターやオーブントースターの単体を使って、
小回りが利くようにする……。

新聞の購読者減少に対して、
経営者は、有料電子版への移行を進めているという。
イギリスの『ザ・タイムズ』は
広告に依存せず、購読料を支払ってもらって
電子版『ザ・タイムズ』発行の可能性を探っているという。
b0141773_2118414.jpg

商品化のポイントは、
大衆紙にない情勢の分析や解説であるという。
われわれは、日々、空を見、太陽を見、
政治・経済の動きを見ているが、
認識しないものは記憶にも残らない。
「見ていて、見ていない」のである。

しかし、大陽が50億年前に生まれ、
あと50億年ほどで燃え尽きることを認識すると、
見方が違ってくる。
いや、そんな先のことではなく、
きょうは運動会なので晴れてほしいと願う人には
太陽が、いっそう、うれしいものに見えてくる。
b0141773_21191122.jpg

話は、いきなり急転換するが、
いま、健康支援者の多くは、
ペーパーやデジタル機器によって
健康情報を発信している。
日本全国で、
どれだけの給食だよりや献立だより、
健康関連のメディアが
配布されていることだろう。
b0141773_2223565.jpg

パソコンソフトに頼って、
それなりのメディアができるが、
情報の正確さ、鮮度、実効性までは
パソコンは助けてはくれない。
結果として、中途半端な、
あまり情報源とならない情報を
乱発することになる。
b0141773_211932100.jpg

編集とは、
とりあえずは、情報を目的に沿って整えること。
デザイン性、可読性などは
そのための入り口でしかない。
デザインは大事だが、
世の中にはお手本がたくさんある。

紙面構成、つまりレイアウトには、
オリンピックのエンブレムほどの
オリジナリティは求められない。
よほどのことがない限り、
著作権侵害で訴えられることはない。
b0141773_2225816.jpg

しかし、最終目標となるコンテンツ、
つまり、
読んだ人の健康意識を高め、
健康行動がステップアップを促すような
情報のお手本は、
信じられないほど少ない。
そこで、
プロのアドバイスを求めざるを得なくなるのである。

編集には「免許」はいらないが、
しかし、無免許運転的な方法では、
人の心をキャッチできない。
ここでも、「ゼニのとれる」分析や解釈、
感受性や思想が求められる。
b0141773_2233326.jpg

このところ、
健康情報を提供する人を対象としたセミナーから
講師依頼をいただくことが多くなった。

過日、9月6日の、
ロッコム文章・編集塾/能登教室では、
当地からのリクエストに沿って
「パソコンコミュニケーションへの適応力を高める。」
というテーマをとりあげた。
b0141773_2234590.jpg

編集とは、情報の目的別パッキング法である。
日記は、創作であるとともに、
1日の行動を記号化し、編集することにほかならない。
Eメールもしかり。
b0141773_224589.jpg

よい情報を発信するには、
Eメールの書式、視覚的・言語的表現力、
ハガキや手紙の書き方、出し方など、
日常的な表現力のステップアップと
同時進行で進めるのが、
もっとも効果的である。
b0141773_2241753.jpg

それは、この世における自分の社会的拠点
(居場所)をふやし、
定着させる作業でもある。
b0141773_2242845.jpg

★ここに使った写真の多くは、
 能登教室に関連して撮影したもの。
[PR]

by rocky-road | 2015-09-10 22:51