<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

からだによくないコトバ。

b0141773_23125793.jpg

食の世界には、
からだに「よい」ものと「よくない」ものとを
分別する、困った伝統がある。
酒はよくないものの代表で、
歴史的に上位にランクアップされている。

戦後は、
ファストフードやスナック菓子、清涼飲料が
「よくないもの」の定番として
多くの人の脳に刷り込まれてきた。

1960年代には、
「食品公害」などというコトバが生まれ、
以後、「怖い食品」「食べてはいけない」
などという警告型の情報が
三流出版社や三流編集者によって
社会にばらまかれている。
b0141773_23202427.jpg

少なくとも食品衛生法によって
管理されている食品に有害なものはないはず。
ポイントは個々の食品の成分ではなく、
総摂取量と、ほかの食品との塩梅の問題。

もっとも、食の専門家の中にも、
「からだにやさしい食品」「胃にやさしい食品」
「ヘルシーな食品」などのコトバを
不用意に使う者が少なくない。

「やさしい」や「ヘルシー」がある以上、
そうでないものがあるわけで、
これらの表現は、
けっきょくのところ、
からだによくない食品が
あることを暗示しているのである。
b0141773_232041100.jpg

基本的に、「からだに悪い食品」はない。
だから食品として人類に採用され、
あるいは個々の社会で認められ、
長く愛用されているのである。
食べ過ぎや偏りは、
食品の問題ではなく、人間の問題である。

「食品公害」などと言って、
食品添加物や農薬、
ファストフードなどを
排斥してきた者がいるが、
なんだかんだ言って、
日本は世界一の長寿国への道を上ってきた。
b0141773_23213599.jpg

見方によっては、
この過剰ともいえる健康意識や危機感が
長寿国の心理的モチベーションに
なっているところもなくはない。

ところで、
「からだによくない食品」はないが、
「からだによくないコトバ」というのはある。
「言語衛生法」はないから、
どんなコトバを使ってもいいわけだが、
ヘルスコミュニケーション論的にいえば、
以下のようなコトバは、
健康向上にプラスにはならないように思う。

「自分らしく生きる」
「身の丈に合った」
「自分探し」
「(あれこれを)捨てなさい」
b0141773_23222799.jpg

「自分らしく生きる」
というコトバを耳にするたびに、
世の中には、
「自分らしく生きていない」人が
そんなに多いのか、と思う。

芸人のコロッケは、
デフォルメの効いた、
味のある物まねで人気を得ているが、
それとても、
「だれからしく生きる」
ことを選んだわけではなく、
いかにも「他人らしさ」
を感じさせるパフォーマンスによって、
十二分に「自分らしく」生きているはずである

街を歩いていると、
女性の格好をして歩いている男性と
すれ違ったりするが、
ああいう人が、
「自分らしく生きたい」と思っているのか。
いやいや、彼らにとって、
まさに、その格好こそが
「自分らしさ」なのだろう。
b0141773_2322695.jpg

特段のエゴイストでなくても、
人は自分らしくしか生きられない。

「アインシュタインのように」
「ベートベンのように」
「イチローのように」
生きたいと思う人はいるだろうが、
それはモデルの範囲にとどまる。

「われ、思う、ゆえにわれあり。
私はデカルトである」などと言ったら、
救急車で病院に運ばれるはずである。

『フランス人は服を10着しか持たない』とか、
『服を買うなら、捨てなさい』
とかの本がヒットしているとして、
こういう現象を
社会心理学者はどう見るのだろう、
と思うことがある。
b0141773_23191134.jpg

皮相的に見れば、
大量生産、大量消費の時代が終わり、
その反動として、
いままで買い込んだものを
ここでいったん整理したくなったのだろう、
ということになる。

さらに、販売戦略として見れば、
とにかくクローゼットの中を
いったんはカラにしてもらわない限り、
新商品を収めるスペースがない、
ということにもなる。
b0141773_23232227.jpg

とすると、
「フランス人は10着」本は、
繊維メーカー、服飾メーカーの
遠大な戦略にほかならない、
ということになってしまう。

ヘルスコミュニケーション論的に見ると、
内向的モチベーションが
優勢になっている状況といえる。
b0141773_23235691.jpg

「努力せずに偉くなる方法」の答えは、
人の悪口を言うことである。
これなら、一銭の金もかけず、
これといった労働もせずに、
偉くなれる(……ような気になれる)。

これと似ていて、
モノを持たないこと、
整理すること、
ときに友だちさえも
整理したくなる心理。
b0141773_23242270.jpg

それを「引き算型モチベーション」
と名づけようか。

将来へのイメージに対するピントが合わない、
仕事のモチベーションがいまひとつ高まらない、
経済的余裕は生まれない……
といった、思い込みによる
「八方ふさがり」状態にある人にとって、
主体性を発揮できるのは、
自分の周辺を整理することくらいかもしれない。
b0141773_23244059.jpg

それは、社会性のレベルを
ワンランク下げることになる。
世界に出て、
いろいろのチャレンジをするのではなく、
「自分探し」とやらに関心を示す。
「自分探しの旅」には実績も成果も
ないから、次へのステップはいらない。

「身の丈に合った」や「フランス人は10着」
「買うなら捨てなさい」は、
引き算型モチベーションを援護してくれるコトバ。
服を捨てることは、
人に会う機会を捨てることにも通じる。
b0141773_2325133.jpg

こうした風潮は、子どもにも現われている。
学校で起こるイジメは、
つねに学校の管理体制に問題があり、
自殺者は、その不備による犠牲者である。

この図式は、
いつのまにか、自殺者が「善」で、
学校やイジメた側は「悪」である、
というカタチに定番化した。
b0141773_23251581.jpg

イジメを「悪」とするのは賛成だが、
悪にも程度があって、
「死ぬほどの悪」と「死ぬほどでない悪」がある。
が、次に死ぬ者は、図式を簡略化して、
「死んで恨みを晴らしてやる」となる。

なにしろ、「死んで身の潔白を明かす」
「死んで償いをする」「死んでお詫びする」
といった伝統を持つ国である。
教育委員会や校長が詫びる姿は、
次のヒーローを生み出すシステムになりつつある。
b0141773_23253877.jpg

死ぬことがいちばんの負け、
死ぬ奴は卑怯、死ぬ奴は責任のない奴、
などと、
死ぬことを止める価値観を植えつけないと、
死ぬ者は絶えない。
引き算では人生は築けない。

「生きて復習する戦略」くらい
教えてもいい。
「レ・ミゼラブル」は、必読の書である。
引き算ではなく、足し算で、
イジメた奴に報復する計画を練ること。
10年20年計画でもよい。
報復といっても、相手を消すことではない。
生かして反省させ、謝罪させる。
大きなモチベーションになるはずである。
b0141773_23255817.jpg

チャレンジのない種には、
進化は望めない。
そういう意味において、
「自分らしく」系のコトバは、
「からだによいコトバ」とは言いにくい。

からだによくないコトバは、
いつのまにか、
引き算型モチベーションで
自分を引っ張り始めることがある。
どう考えても、
ヘルシーなコトバとは思えない。

ご用心。
b0141773_2328382.jpg

もっとも、
「フランス人は10着しか……」のことを
影山さんが『エンパル』の巻頭ページに書いたら、
「それ、なんのこと?」と、
本の存在さえ知らない栄養士が少なくないという。
b0141773_23292022.jpg

こういう人がすでに存在しているということは、
日本人のモチベーションが
縮小期に入ったというのではなく、
ハナっから、縮んで生きている階層が
すでにある、ということだろう。

ビックバンの原理でいえば、
そこまで縮小すると
反転して大爆発を起こすことになる。

その可能性を疑いつつも、
それをいっちゃぁオシマイ。
それは一種のダメ出しだから、
「栄養士のこれからが楽しみ」
という話で、この項は終えることにしよう。
b0141773_23282161.jpg

[PR]

by rocky-road | 2015-07-23 23:29  

「あと一歩デス スタイル」への道。

b0141773_23183698.jpg

『アドバンス スタイル』という、
アメリカ映画を観てきた。
日本での封切りは5月だったというから、
いまさらながらの話題ではある。
b0141773_2318499.jpg

運命は、ちょっとしたきっかけで
思わぬ方向に展開する、などということは、
40、50を過ぎた大人が口にする話ではないが、
この映画を観ることになったのは、
ちょっとしたきっかけである。
b0141773_23185957.jpg

文章・編集塾の生徒さんが、
2冊の本を送ってくれた。
その1冊が『Advanced Style』
《ニューヨークで見つけた上級者おしゃれスナップ》
(アリ・セス・コーエン著 岡野ひろか訳
 大和書房 2013年3月初版 2,500円)である。

もう1冊は、上記をヒントにしたか、
偶然の一致か、日本版ともいうべき
『OVER 60 Street Snap』
(MASA&MARI著 主婦の友社 
2014年10月初版 1,500円)
b0141773_23191315.jpg

どちらも、街で見かけた、
おしゃれな高齢者をスナップ撮影した、
という設定の写真集である。

男の私には、さほど興味を引かれる写真集ではない。
さっと見て、テーブルに置いておいたら、
妻が一所懸命、何回も開いている。
そこで、知人を訪ねるとき、
1冊を持って行って見せたら、
「しばらく貸してほしい」と。
彼女も70代の女性である。
b0141773_23192893.jpg

ここで初めて、
出版プロデューサーの目で
この本がヒットしている(?)理由を考えてみた。

60歳を過ぎると、
少なからずの人は、
ファッションへの関心を弱めるか、
自分ではがんばっているつもりでも、
いろいろの事情で冴えなくなっている。
そういう自分に気づきを促すのが
上記の写真集ということだろう。
b0141773_23194782.jpg

とすると、
いずれ、これの60歳以下版が出そうだし、
男性版も出そうである。
いやいや、もうとっくに出ているかもしれない。
あるいは企画中か、制作中か。
b0141773_2320925.jpg

日本のファッション雑誌は、
「街で見かけた……」企画は得意中の得意で、
数十年の歴史がある。
テレビでも、
それを受けた企画がしばしば放送されている。
b0141773_23202517.jpg

そういう実績があるのに、
高齢女性の写真集出版を
あっさりアメリカに持って行かれたのは、
出版プロデューサーに油断があったのだろう。

企画は、
「売れる」「売れない」ということだけで
練っていてはダメ、ということだろう。
『アドバンス スタイル』には、
高齢者への関心、もっといえば
尊敬や愛情がある。
b0141773_23204093.jpg

日本の「街で見かけたおしゃれ」は、
もっぱら若い女性で、
それだけが「商品価値」と思い込んでいた。
『よいこ』『一年生』から始まって、
『蛍雪時代』へと、
年齢を追いかけ、
世代を輪切りにして商品にするのを得意とする
日本の編集者にとって、
高齢者は視界外、関心外の対象だった。
b0141773_2321694.jpg

よく言うことだが、
「生活習慣病を防ぐ食事」
という本への需要は少ない。
しかし、
「がん術後の人の食事」や
「透析を受けている人のライフスタイル」
という本への需要はある。

「不特定多数」を追うのは初心者で、
深い読みのあるプランナーは、
「特定少数」を見逃さない。
b0141773_23212368.jpg

あと知恵でいえば、
『アドバンス スタイル』は、
先進国に見られる高齢化を計算に入れた企画
ということになるが、
この本は、
そういう、いやらしい発想から
生まれたものではあるまい。

個人的にがんばっているファッショナブルレディを
いち早く発見し、それを映像化した。
彼女たちがすぐに応じたかどうかは定かでないが、
発見者の交渉力も才能だろう。
b0141773_23213861.jpg

さて、映画を観ての感想だが、
いやにテンションの高いドキュメントに仕上がっている。
まず写真集のヒットがあり、
それを受けて、
モデルになった人たちに
動画でインタビューを行なったのがこの作品である。

一躍、話題の人になったせいか、
対象者たちは、やや上ずっている。
もともとデザイナーや編集者など、
創造性のある人たちのせいか、
ファッションでもトークでも雄弁である。
b0141773_23215585.jpg

撮影時の年齢は、93、81、80、79、67、62
といったところである。

「人生という劇場のために毎日を着飾るの」
b0141773_2322780.jpg

「いつかだれかが、わたしはじゃが芋を入れる
麻の袋でさえ着こなせる、と言ったのよ。
スタイルって、自分をどう表現するかなのよね。
私はアクティブでいるのが好きだし、
それが若さを保つ秘訣だと思っているの」

そういう年代であれば、
このくらいのことは言えるだろう。
企画が企画だから、仕方がないとは思うが、
アメリカ人にしては、
年齢のことを言いすぎるな、と思った。
b0141773_23222534.jpg

ファションは、
アンチエージングの秘訣としてあるとは思わない。
ファッションを楽しんだ結果として、
見かけを若々しくさせることはあるかもしれない。

それは、登山でもダイビングでも、
競馬でも乗馬でも、
「予暇活動」に共通する一面ではある。
が、「逆も真なり」ではない。
予暇活動を続ければ
だれもが若々しくなれる、とは言えない。
b0141773_23225391.jpg

ここで、ファッションの意味が出てくる。
登山、ダイビング、弓道、ヨガ、自彊術などを
心から楽しみ、後進を導き、
かつ、ファツションに気をつかった人の中には
若々しさを漂わせる人の割合が多い、
というのが、慎重な言い方だろう。

もし、自分がこの映画のインタビュアーだったら、
もう少し、彼女たちのテンションを抑え、
知性を引き出す問いかけをしただろうと思う。
ファッションと知性(学力や学歴とは無縁)とは、
共存しやすい。
それを引き出すことにポイントを置いただろう。
b0141773_23232239.jpg

さて、
最初に紹介した2冊の本を
男の私に贈呈してくれた人の意図はなにか。
たぶん、塾生の大半は女性なので、
彼女たちに見せて、刺激してあげては?
ということだったのだろう。
もう1つは、
ファッション論に関心のある私に
資料を提供してくれたのだろう。

それがきっかけの1つとなって、
栄養士、健康支援者をモデルにした、
「健康支援者の輝きのスタイル」の写真集が
生まれることになるかもしれない。
栄養士のファッショナブル写真集は、
疑うことなく世界初だろう。
b0141773_23233499.jpg

[PR]

by rocky-road | 2015-07-12 23:23  

「スリム体型」のリテラシー

b0141773_042239.jpg

7月4日の遠距離クラスでは
非言語記号のリテラシー」と
スピーチのスキルアップ」の2本を
講じた。(2015年 横浜、関内ホール)

「リテラシー」とは、読み書き能力。
そこから、事物の認知能力、
説明力などをも指すようになった。
b0141773_044776.jpg

次に「記号」とは、
情報を伝えるメディア。
文字や交通信号だけを指すわけではなく、
性別とか体型とかも
いろいろの情報をもっている、という意味で、
記号となりうる。
b0141773_05436.jpg

背が高い人に出会ったとき、
「スポーツをやっていました?」などと
問いかけるのは、
長身という体型から一定の情報を読み取り、
それを会話の材料に使っているのである。
これが「長身を記号化した」例。
b0141773_051769.jpg

世の中、物品にはだいたい名がついているが、
それでも、新しいものが次々に生まれるので、
その名称は無限といってよい。
b0141773_052688.jpg

さらに現象や行為となると、
ますます無限である。
それでも、人が走って通り過ぎるのを見て、
その人がなぜ走っているのかを
ある程度、読み解くことはできる。
b0141773_054449.jpg

「タクシーを止めようとしているのだろう」
「雨が降ってきたので、それを避けているのだろう」
「勤めに遅れそうなのだろう」
など、前後の状況から理解する。
どの行為にもコトバはない。
が、情報を持っている。
その意味において「非言語記号」であり、
「走る」という行為が「記号」となる。
b0141773_061774.jpg

本人に「記号」としての自覚はない。
見ているほうの人が、走るという行為を「記号化」し、
その意味を認知するのである。
その認識が間違っている場合、
「非言語記号」の分析力(リテラシー)に
不備があった、ということになる。
b0141773_062776.jpg

NHKニュースよく使う、
「ギリシャ経済の先行きは不透明」
という表現に不満を感じるのは、
心で見れば見えるはずの将来を、
「不透明」などと、
視覚の問題にすり替えて、
ごまかそうとする作為にズルさを見るからである。
b0141773_07725.jpg

つまりリテラシーがあれば見えるものを
視覚では絶対に透視できない物理現象に
すり替えるているのである。
目の前をべニア板で覆われたら、
確かに10センチ先も見えなくなる。
が、ギリシャ経済、ギリシャ国の将来は
見ようと思えば、
いくつかのパターンが見えてくるはずである。
b0141773_074069.jpg

ニュースで、不確定な予測はしにくい。
そこで昔は「予断を許さない」と言った。
が、これも使い古して手アカがついたので、
言い換えを迫られたのだろう。

が、誠実さという点では、
「予断を許さない」のほうが
「不透明」よりは上である。
プロは、こういうとき、
新しい表現をつく出さなければならない。
自分のリテラシー力の低さを
べニア板を持ってきてごまかしてはいけない。
b0141773_085766.jpg

もう1つ、NHK関係でいうと、
6月26日の「ニュース深読み」というテレビ番組で、
「やせ信仰」をとりあげていた。
大学教授などのゲストを迎えて論じ合っていたが、
「やせ信仰」は、かつては女優、
いまは、モデルやタレント、
そして女性雑誌などマスメディアのせい、
というのが結論だった。
b0141773_0104745.jpg

「やせ信仰」というのも、いやなコトバだ。
もし「やせ」が宗教なら、
人の信ずる宗教にケチをつけるのは失礼である。
かつて西洋人などからは
「日本人は無宗教」といわれたが、
少なくとも一部の女性は、
「いいえ、私はやせ神様を信仰しています」と、
胸を張って言えるのである。

それは冗談だが、
この50年間、女性のスリム志向は変わっていない。
これを専門家が「信仰」と理解することも
50年は続いている。
50年も続けば、とても「流行」とはいえない。
が、専門家の見解のほうは、
「流行」または「マンネリ学説」といえる。
b0141773_0325081.jpg

ほとんどの「識者」(かね?)は、
原因と結果を読み間違えている。
やせ願望は、メディアの影響ではなく、
先進国が到達する「文化」である。
その文化に呼応して、
言い換えればニーズに沿って
スリムなモデルを使ったり、
ダイエット記事を組んだりしているのである。

なぜ、そういう文化が生まれたか。
それは、地域の都市化に伴う、
女性の社会進出によるものである。
途上国には、とくに専業主婦などには、
ふっくら型を好む文化がある。
b0141773_019588.jpg

事実、アフリカのある集落を取材した番組があったが
(これもNHK!)、10代の女の子の世界にも
ヨーロッパのファッション雑誌などが入ってきて、
ダイエットを意識する子が増えているという。
それを太った母親や姉が、
「もっと太らなくちゃ」と、
寝転んで間食をしながら言っていた。
b0141773_02064.jpg

「ほら、ダイエット記事の影響じゃないか!」
と思ってはいけない。
少女たちは、ブッシュや森、砂漠の生活ではなく、
都会の生活に憧れているのである。
スリムな体型は、都会化への準備の1つに過ぎない。
もう1つの大きな柱は、
「子どもはいらないか、1人か2人でいい」である。
b0141773_02110100.jpg

こうした都市文化は、元に戻ることはまずない。
途上国の女性も、
近代化、都市化とともに、
スリム志向になっていく。
家庭を守るには、ふっくらとした体形に意味があった。
夫や子が帰ってきたとき、
大きなからだで受け止めてあげる、
それが都市化以前の女性の「体型文化」だった。

体型も、もちろん「記号化」される。
オフィスで、ピシッとしまった服を着て、
かかとの高い靴を履き、
オフィスや街をスタスタと歩く姿は、
近代化した女性のカタチである。
それは、家に縛られていた
旧来の女性の生き方からの離脱である。
b0141773_0221589.jpg

「やせ」が「信仰」だなんて、
女性の学者までもがよく言うよ。
どこを見ているのか。
リテラシーの低い状態とは、こういうのを指す。
目の前に見えるものだけで理解しようとすると、
どうしてもこうなる。

「ニュース深読み」では、
20~30歳代の働く女性には、
摂取エネルギーが終戦直後よりも低い人がいるという。
そこまでも「文化だ」とまでは言わない。
これはリテラシーによって分析はできる。
b0141773_0223218.jpg

1.かつての男の「仕事人間」の再現。
  「男に追いつけ、追い越せ」のおもしろさが、
  ますます仕事好きに。
  その結果としての食事の軽視。
  仕事の達成感の結果として、
  仕事時間の延伸や友だちつき合いの減少。

2.オフィス仕事がパソコン中心となり、
  消費エネルギーが終戦直後に比べれてはるかに減少した。
b0141773_0225223.jpg

3.低エネルギー食品にも多様な品種があり、
  食欲満足度はさほと低下していない。
  (それがマイナスに働いているのか)

4.やせていても栄養的に不備はない食生活の
  普及度が低い。
  「やせ信仰」などのブッソーな指摘のお陰で、
  健康なスリム体型への正しい知識が不足している。
  栄養士やその他の健康支援者にしても、
  BMIをかざすばかりで、
  「アクティブ スリム」へのニーズに応えようとせず、
  「それ以上やせる必要はない」などと、
  相手のニーズを無視して門前払いをする傾向がある。
b0141773_0381972.jpg

対策はいろいろあろうが、
今回は深入りしない。
が、栄養士の社会的役割はまた1つ増えてきた。
「メタボ検診」から「オフィス ボディ」
「フットワーク ボディ」へ。

「リテラシー」の話に戻ると、
以上のように、現象の読解力不足のために、
世の中を半世紀も見誤っていることは少なくない。
b0141773_025154.jpg

サン・テクジュベリのコトバ。
「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えない。
肝心なことは目には見えないんだよ」

さて、もう1つの、遠距離クラスでの講義内容、
「スピーチのスキルアップ」は、
社会的発言の機会が
多くなってきた健康支援者のために、
自己紹介や法事のあいさつまで、
その基本を整理して述べた。
[PR]

by rocky-road | 2015-07-07 00:26