<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

スカイツリー、あれから……。

b0141773_23451818.jpg

6月28日(2015年)、
街歩き、ぶらカメラが終わった。
b0141773_2345518.jpg

スカイツリーがオープンする前には
何度か撮影に行ったが、
オープンしたとたん、関心がうすれた。
観光施設としての関心よりも、
旧来の東京の下町に、
大きな観光施設ができる、
そこに生じる時代の狭間、
それは絶好の被写体である。
(最初の写真は2011年、オープン前)
b0141773_23461244.jpg

それから4年、
今回は、はっきりと、
観光地としての東京スカイツリーをカメラ取材した。
参加者は13名。
スカイツリーから浅草までを
ゆっくりと歩いた。
b0141773_23482954.jpg
b0141773_23474925.jpg

もっとも、スカイツリーの展望台や
内部の売店を見物せずに、
スカイツリーのある風景にこだわった。
b0141773_0101119.jpg

周辺には、
スカイツリーとは関係ない生活や遊びがあって、
それが被写体となった。
b0141773_0124449.jpg

道中、ランチに「とんぼ」という割烹店に
ぶらっと入った。
ツリーと浅草との中間点。
普段はビジネスマンが利用する店なのか、
日曜日であったために、
大きな部屋があいていた。
ご一行が、ゆっくり食事ができた。
ぶら歩きの醍醐味か。
b0141773_23501555.jpg
b0141773_0132070.jpg

サービスをしてくれた店員さんは学生アルバイト。
三社祭にはお神輿をかつぐに違いない、
江戸の下町の顔立ち。
大いに風情を感じた。
b0141773_23503776.jpg

そして、浅草へ。
隅田川からスカイツリーを振り返って撮影。
1日の行程は終わった。
締めは「舟和」で甘いもの。
以下、写真のあれこれ。
b0141773_0133912.jpg
b0141773_23505943.jpg
b0141773_23512180.jpg
b0141773_23515235.jpg
b0141773_23521165.jpg
b0141773_23523049.jpg
b0141773_23525551.jpg
b0141773_23531081.jpg
b0141773_052353.jpg
b0141773_23531990.jpg
b0141773_23533515.jpg
b0141773_23535183.jpg
b0141773_2354799.jpg
b0141773_23541856.jpg
b0141773_23542822.jpg
b0141773_2355064.jpg
b0141773_05573.jpg

[PR]

by rocky-road | 2015-06-29 23:56  

能登から広島まで。

b0141773_223336.jpg

うれしい知らせがあった。
b0141773_2233271.jpg

5月末、ロッコム文章・編集塾/能登教室に際して、
金沢経由で能登入りをした。
金沢の街を見物していたら、
寛政元年(1987年)創業という古書店で、
『國文學』という月刊誌のバックナンバーを見つけた。
この雑誌には、昔、恩師の指示で原稿を書いた記憶がある。
b0141773_2234719.jpg

30歳代半ばのころと記憶している。
忙しい恩師のために、
いわば下書き的に原稿を書いた。
昔の恩師と弟子の関係は、
そんなものであった。
b0141773_224082.jpg

1年間の予定の連載記事は、
「好評につき」あと半年、
延びたあたりまでの記憶はある。
しかし、文章の内容については、まったく記憶がない。
1回1回、内容に目を通す立場でもなかった。
恩師に、その誌名や、執筆年代を尋ねたこともあるが、
すでに廃刊の雑誌、
最終的には、国立国会図書館で調べるしかない。
そんなことを考えつつ、年月が過ぎた。
b0141773_2243973.jpg

それを確かめる機会が、予期せぬ金沢でできた。
古書店《近八書房》に
その『國文學』のバックナンバーが何冊かあった。
が、年号の覚えがなく、見つけようもなかった。
b0141773_2251766.jpg

後日、改めて連載期間を尋ね、
金沢在住の人に知らせた。
再度、書店に足を運び、
該当する雑誌を3冊見つけてくれた。
b0141773_2252829.jpg

それは、私にとっては大吉報。
後日、自分の書いた文章に、
およそ40年後に出会うことになる。

さて、その2週間後は、
《コミュニケーション研究会 ひろしま》による
定例の勉強会。
前述の書店で見つけた雑誌のうち、
「志賀直哉と日本人」という特集の号を
求めておいた。
講義前日に、
尾道を再度訪ねることになっていたので、
志賀直哉旧宅前で、
記念写真を撮るつもりでいた。
b0141773_226125.jpg

さらに、
これも予想外だが、
尾道の街なかに、著名人の足型(素足)の
プレートが地に埋め込む状態で飾ってあった。
ポツン、ポツンとある程度で、
1つ1つ見る気はないし、
知らない人ばかりなので、
関心も持たなかった。
b0141773_2263411.jpg
b0141773_22334429.jpg
b0141773_22272788.jpg
b0141773_22274257.jpg
b0141773_22275716.jpg
b0141773_22291139.jpg

なのに、「岸 朝子さん」のプレートが
目に留まった。
『栄養と料理』の元編集長。
私の前任者である。
不思議な偶然である。
交通量のある中、
素足にもなれなかったが、
足を並べて撮っておいた。
b0141773_22292860.jpg

旅は、これだから楽しい。
そして、私の旅好きは、
志賀直哉に啓発されたところがかなりある。
b0141773_22295911.jpg

広島での講義、
「ていねい表現、敬語表現はどう磨けばよいのか。」
「栄養士・健康支援者が知っておきたい『用字用語』の基本。」
については、別の機会に書くことにしたい。
b0141773_22301857.jpg

b0141773_22303424.jpg

[PR]

by rocky-road | 2015-06-18 22:35  

能登、金沢の「お・も・て・な・し」

b0141773_1458167.jpg

5月31日(日)、
ロッコム文章・編集塾/能登教室の
6回目が終わった。
(石川県七尾市石崎町
「さはらファミリークリニック」ホール)
b0141773_14582637.jpg
b0141773_14592677.jpg
b0141773_150396.jpg

講義は2本。

①「コミュニケーションスキルとしての
  アンケート」
②「ハガキの基本と活用法早わかり」

b0141773_14594083.jpg

その前に、全員の宿題発表。
ある著名学者の新聞紙上での論文を
論評する、という課題。
この論者の論旨は、
「日本人の食の堕落は、
民族の堕落だ」というもの。
b0141773_14595429.jpg

焼酎は「脂っぽい」食べ物によく合う、
昔の日本人は、質素ながら、
海藻や根菜、魚、豆、米など
「栄養バランスが理想的」な食事をしていたので
ヘルシーだった。
肉などを食べるようになって、
「キレやすくなった」「食は堕落した」と、
いい気な迷論を展開している。

日本を代表する大新聞が、
かくも怪しい珍説を
堂々と紙上に公開してくれるので、
悪文探しが仕事の1つである
文章教室講師にとっては
日本という国はありがたい国だと、
深く深く感謝する。
b0141773_1893744.jpg

評論の文章を書き慣れない塾生にとっても、
とりつきやすい文例ではないかと思う。
何人かの人が、
「昔の日本人の食事はバランスがよかった」
との論者の説に対して、
当時の日本人の平均寿命が、
50歳台をようやく超えた程度だったことを
数値をあげて異を唱えていた。
b0141773_1553137.jpg

しかし、
「一汁一菜を基本とする
日本人の質素な食事パターンはよかった」
とする論者に対して、
「これに野菜料理を一品加えると副食がそろう」
「確かに食の欧米化によって生活習慣病がふえたけれど」などと、
「難あり論説」に寄り添った表現をする人も少なくなかった。

「難あり論説」には
一定の距離を置き通す必要がある。
でないと、一種の共犯者になってしまう。
評論は、基本的に「是々非々」とはいかない。
それをやると、
論者(評論する人)の立ち位置があいまいになる。

といって、評論は、
けなすばかりが目的ではない。
高い評価をする評論というものもありうる。
それでも、「ほめ殺し」はよくない。
高い評価もまた、冷静に、
自分の好き嫌いではなく、
社会的財産としての価値を、
社会の側に立って論ずる必要がある。
b0141773_1555192.jpg

「社会の側に立って」とは、
ボールを1メートル先に投げるのか、
10メートル先に投げるのかの違いである。
手紙、メール、自己紹介、スピーチなどの文章を、
1メートル先への投球とすれば、
社会的文章とは10メートル先の受け手に
向けて投げるボール。
途中で、予定外の人に届く場合があるので、
「私」や「思う」の語句はあまり使わない。
主語は、読み手であり、
抽象的ながら「社会人」となる。「私」ではない。
書き手は、社会人の代弁者という位置づけ。

したがって、
栄養士が見て、
(理想的に)「穴だらけの文章」に対しても、
「〇〇という意見は(納得がいかない)」
「〇〇について示されていないのは(残念である)」などの、
「私」を前提とした、
情緒的な表現は控えたい。

さて、講義2本について……。

「アンケート」については、
「調査」というよりも、
イベント主催者と来場者との
コミュニケーションツールである場合が多い、
というのが論点。
ハガキについては、
デジタルコミュニケーション時代だからこそ、
ハガキコミュニケーションに意義がある、
ということを強調した。
b0141773_1562491.jpg

今回は、開通したばかりの
北陸新幹線による往復だった。
飛行機なら能登空港まで38分の距離だが、
新幹線では2時間ちょっと。
でも、地に足の着いた移動のほうが、
主体性がわずかに保たれていて落ちつく。
b0141773_1565665.jpg

おかげで、江戸時代以来の古書店や、
魚市場や金沢城、兼六園周辺を巡ることができた。
能登、金沢の人の「おもてなし心」に
深く接することができた。
帰りの新幹線では「グランクラス」という、
食事、嗜好飲料つきの号車に乗せていただいた。
b0141773_1895623.jpg
b0141773_1810877.jpg

金沢駅経由ということで、
金沢では、
「健康づくり栄養士の会」のみなさんに、
「いま、栄養士にどんなセンスが求められているのか」
というタイトルで、
1時間半のお話をさせていただいた。
(6月1日 金沢健康プラザ大手町 西館)
b0141773_1573284.jpg
b0141773_1581526.jpg

「地味でおとなしい」
との従来の栄養士像から脱皮し、
イメージチェンジを図るには、
表情や身だしなみに加えて、
思想や知識、情報などの見直しも必要、
というお話をした。
b0141773_1584014.jpg

その1つは「栄養士」という肩書名である。
この名称のおかげで、
食事や食生活に関心を示さない人がいる。
栄養素のことを説くのが栄養士だと、
自己催眠をかけてしまう傾向がある。
そんな指摘をさせていただいた。
b0141773_159283.jpg

終了後の質疑で、
すでにフリーで活動している人から、
今後の持続、発展の方向性について質問を受けた。
タイムリーな質問だと思った。
私の得意とする「商品開発」がテーマ。
b0141773_1591447.jpg

商品は、物品とは限らない。
人間そのものも商品である。
そのための秘策はない。
が、そのための原則は、
1人ブレストへの集中と、
それを別の視点で見ることによる
サジェスチョンであろう。
b0141773_1594095.jpg
b0141773_1510910.jpg
b0141773_15121393.jpg
b0141773_15123444.jpg
b0141773_15124710.jpg

いつか、「1人ブレストセミナー」なるものを
開催する必要があるかもしれない、
などと思った。
b0141773_1513580.jpg

[PR]

by rocky-road | 2015-06-04 15:13