<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

長寿国にとってのお正月。

b0141773_2127457.jpg

NHKの「ラジオ深夜便」などで、
世界各地の年末年始の事情を
伝えるレポートを聞いていると、
日本のように新年を3~7日かけて祝う国は
むしろ、よほど特異で、
多くの国は1月2日から
仕事を始めるという。
b0141773_21282487.jpg

むしろメインはクリスマスであって、
それが年始まで続く、という国も少なくない。
b0141773_21283788.jpg

人生いろいろ、世界もいろいろ
ということに尽きるが、
年が変わるごとに、
気分や生活習慣を更新するという風習は、
それなりの意義はある。
b0141773_21304554.jpg

年末までに仕事を終える、
仕事を納品する、
借金を取り立てる、返済する、
腐れ縁を解消する、
読みかけの本を読み終える……
などと始末をして、
新しい年へのモチベーションを高め、
気分を一新する。
b0141773_2131351.jpg

この年中行事が、
日本人のやる気と若さを支えるていることは
世界の長寿国ランキングと
関係づけて考えれば、ある程度納得できる。
b0141773_21312111.jpg

こういう論法は、
「ならば、長寿国は、みな正月を祝うのか」
と問いかけられると論拠を失う。
イスラエルは? シンガポールは?
アイスランドは? イタリアは?
スイスは? スペインは?
b0141773_2132984.jpg

が、ひるんではいけない。
「それが一面であることはわかっている。
しかし、年ごとに気分を更新し、
意欲を高めるライフスタイルが、
日本を世界一の長寿国であることに
マイナスにではなく、
プラスに働いている、
と言ってもいいのではないか」
と、仮説を立てれば、
とりあえずは急場をしのげる。
b0141773_21322415.jpg

b0141773_21324346.jpg
b0141773_21332860.jpg
b0141773_21334361.jpg

さらに言えば、
「長寿国というのは、
かならずしも経済的に豊かな国とは言えない。
言い換えれば、長寿はお金では変えないのだ。
もちろん、医療や食生活は大きいが、
もっと大事なのは生きる意欲ではなかろうか」

日記を書き始める人がいる。
手帳を更新する人がいる。
年賀状から交流を始める人、
交流を復活させる人がいる。
新調した服や靴をつけ始める人がいる。
ダイエットを始める人がいる。
ダイエットをやめる人がいる。
b0141773_1584472.jpg

人に対してより寛容になろうと誓う人がいる。
もっと色っぽくなろうと、
鏡の自分と語り合う人がいる。
思慮深い人になろうと、
グラグラする心に念ずる人がいる。
仕事に関するスキルアップをしようと、
年間スケジュールを見直す人がいる……。
b0141773_21344538.jpg

ここで大事なのは、
そうした想念やアイディアを、
顕在化することである。
つまり、紙に書いて、
いつでも、どこでも目に触れるところに
置くことである。
電気のスイッチを入れないと見られない、
というシステムは、
この場合、ベストとは言えない。
b0141773_2134573.jpg

正月のインターバルは、
ゆっくり過ごすことである。
蓄電池は思い切り放電してからのほうが、
充電率が高くなるという。

遊ばない人間は、
仕事への意欲率が高まらない。
遊んで遊んで遊びまくると、
その空白を埋めようと、意欲が高くなる。
b0141773_21352654.jpg

正月はライフスタイルの更新のチャンス。
年が明けたら、ピシッとしよう。
配達された年賀状を
郵便ポストに取りに行くときにも、
身だしなみをととのえて。

年賀状の文面に、
どれだけの手書き部分があるかを
チェックしてみよう。
句読点の有無をチェックしてみよう。
b0141773_21354496.jpg

「更新」とは、
小さな小さな最初の一歩を
見直すことから始まる。
[PR]

by rocky-road | 2014-12-31 21:36  

Happy Holiday

b0141773_0532326.jpg

アメリカの友人からのクリスマスメールで、
近ごろアメリカでは、
公的な場面では
「Merry Christmas」ではなく、
「Happy Holiday」を
使うことが多くなった、
という近況を教えてもらった。
多宗教の国とすれば、当然なのかもしれない。
「メリークリスマス」が気に入らないと、
訴訟を起こす人がいるという。
b0141773_0534298.jpg

昔は、
「なぜ日本人がメリークリスマスなのか」などと
つっかかる人も少なくなかったが、
世界文化のデパートみたいなわが日本国のこと、
そんなことで四の五のいうのは大人げない、
というところに落ちついたようだ。
b0141773_054283.jpg

追っかけてハローウィンが来たし、
カジノが来そうだし、
駅ではハグシーンを見かけるし、
デパート化はなおも進む。
b0141773_0545397.jpg

その一方で、
日本のデパートメントストアは、
売り上げを落とすばかりで、
衰退か変貌への道を歩んでいる。
ユニクロや「百均」頼みも、
いっときのカンフル注射効果しか得られないだろう。

ところで、年賀状の定番フレーズ、
「明けましておめでとうございます。」は
変わることがないのか。
b0141773_0552846.jpg

遠からず「明けましておめでとうございました。」に
変わるのではないか、と妄想しているが、
その気配はない。

が、結婚式や祝賀会のあいさつで
「本日はおめでとうございました」
という人は増えている。
インタビューや座談会番組の終わりに、
「きょうは、ありがとうございました」
といってしめるアナウンサーもほとんどだ。
b0141773_0561047.jpg

雑誌編集者時代、
スタッフが書いた「ありがとうございました」
というフレーズについて、
謝意はいまに至っているのだから、
「ありがとうございます。」と書きなさい、
と指導したら、猛然と反論された。
「いまは、ありがとうございました」の時代だと。

そのとき、
いまにお正月のあいさつも、
「おめでとうございました」に変わるだろう、
と嫌味をいったが、
その時代はまだ来ない。
来なくてホッとしている。
「おめでとうございました」はコトバの劣化、
表現力の劣化だと思うからである。
b0141773_0564192.jpg

「ました」のいうときの「た」(ta)は、
舌で口蓋をはじいて出す音。
はじける音は大きく、気持ちを込めやすい。
それに過去形の「た」が重なって、
優勢な表現法となる。

しかし、先日いただいたお歳暮のお礼を
「ありがとうございました」と
過去形にするのは、
思慮深いとはいえない。
感謝の気持ちを過去形にしてはいけない。
ずっとずっと「ありがとう」なのである。
b0141773_0571338.jpg

正月の中旬以降に出会った人に、
「おめでとうございました」という人はいない。
うれしいことがあった人に、
「先日はおめでとうございました」という人は少ない。
理由は1つ、
「いまもその気持ちが続いているから」
b0141773_0574088.jpg

なのに、祝賀会などで
「イチローさん、本日はおめでとうございました」
という人は、現実のところ、
かなり多い。
現在進行中の、目の前のおめでた事に
「おめでとうございました」と
過去形の表現で祝うのである。
年齢に関係ない。
80歳を過ぎた高齢者がいうのを何度も聞いた。

そこまできたら、
「明けましておめでとうございます。」も
風前の灯ではないか。
と思いきや、
「た」の誘惑に負けることなく、
「す」の形で定着した。
b0141773_0581973.jpg

とまでいってよいかどうか、
実はまだわからない。
あいさつコトバは定着しやすいが、
「お晩です」を「お晩でした」
という人や地域はある。

すでにどこかで、
元朝に「おめでとうございました」と
いっている人や地域はあるかもしれない。
コトバは多数決で決まる。
だれかが、いいとか悪いとか、
指摘してどうなるものでもない。
が、劣化の先棒をかつぐのはやめよう、
と思うことには意味がある。
b0141773_0585174.jpg

それはライフデザインのセンスの問題。
「いわゆる」をめったに使わない、
「自分に正直に」などと、
無意味な表現をしない、
スマホをのぞき込みながら歩かない、
レバ刺は食べない……
そういうことで自分を律することは、
思っている以上に、
自分の人生の質をよくするものである。
b0141773_059645.jpg

[PR]

by rocky-road | 2014-12-22 00:59  

広島って、なんやなんや行路。

b0141773_23592414.jpg

ロッコム文章・編集塾/能登教室に続いて、
「コミュニケーション強化セミナー」が始まった。
といっても、
こちらは《コミュニケーション研究会 ひろしま》の主催。
b0141773_23593869.jpg

文章だけではなく、
食コーチングとのオムニバス方式。
3か月に1度、
文章教室と、食コーチングの講義や演習とを
交互に行なうというもの。
b0141773_002393.jpg

12月6日(土)は、
このシリーズセミナーのオープニング。
文章であれ食コーチングであれ、
栄養士または健康支援者が
コミュニケーション力を強化する意味は、
ヘルスプロモーション、
つまり「社会に対する健康行動への動機づけ」の
必要度が高まったからにほかならない。
b0141773_011542.jpg

本当は、
特定保健指導制度が始まろうが始まらなかろうが、
健康支援者の仕事は、
つねにヘルスプロモーションの要素を持っていたはず。
b0141773_013944.jpg

が、多くの健康支援者は
専門知識や技術を極めることに追われ、
社会的アプローチができなかった。
b0141773_015435.jpg

と言いたいところだが、
実のところは、
コミュニケーションが苦手なために、
あるいは、
自分の社会的使命に気づくだけの洞察力が
不足していたために、
「専門性」へと逃げ込んできた、
というのが真相である。
b0141773_035646.jpg

ある栄養士会会長が、
盛んに「栄養士の専門性」を説くのを聞いて、
その図式が、むしろはっきり見えてきた。
そう、苦手なものから逃げる方便として、
「専門性」という煙幕を張って、
その間に姿をくらまそうという、
寒~くてセコイ戦術である。

原理主義というのはどの世界にもあって、
適応力や協調性のない個体は、
昔へ昔へと帰ろうとする。
「基本を見直す」というとカッコはいいが、
要は、適応力不足、努力不足、
思考力不足が要因である。
b0141773_0453100.jpg

世の健康支援者養成校、
現役のベテラン健康支援者、
栄養士会のリーダー、
健康情報を扱うメディアなどの多くは、
軽い原理主義に陥っている。
b0141773_05547.jpg

「和食を見直そう」(いまさら)
「食の洋風化によって生活習慣病が急増している」
「若いうちからダイエットをすると骨粗鬆症になる」
「肉を食べるとキレやすくなる」
などと本気で言っている者を
あまり信じないほうがいい。

間違いなく、自分の目で世の動きを把握できない、
大人としては少しおバカなタイプだと、
99パーセントは思って間違いない。
b0141773_052114.jpg

そうしたおバカににはなるまいと、
自分の頭で考えようとする人たちが、
少しずつ行動し始めた。

行動科学の理論によると、
「チェンジ」のプロセスとして、
こんな段階を経るという。
①知識を得る。
②態度が変わる。
③行動に現われる。
④集団への働きかけや参加がある。
b0141773_055845.jpg

数字が上がるほど困難度が増し、時間もかかる。
が、集団行動になったとき、
チェンジ度がもっとも大きくなる。
b0141773_061987.jpg

東京、横浜、能登、広島と、
変化は限定的に見えるが、
それがさらに広がるのは時間の問題である。
健康支援者にコミュニケーション力は無用、
などという理論は、
まちがっても生まれることはないはずである。
おバカを2度経験したいという人は、
まずいないだろうから。
b0141773_063974.jpg

ところで、広島でのセミナー前日、
尾道を案内してもらった。
尾道といえば、志賀直哉である。

志賀直哉は、
私が高校から大学時代に出会った作家で、
その簡潔な文体に魅せられた。
b0141773_0778.jpg

それと、執筆する場所が
京都であったり尾道であったりして、
旅をしながら文章を書いている人のように思えた。
そこにも憧れた。

「小僧の神様」「好人物の夫婦」「城崎にて」
などの短編を書写して、
その文体のコツをつかみたいと思った。
その人の葬儀の日には、
勝手に斎場に赴き、焼香をした。
b0141773_073173.jpg

尾道には、その旧居があった。
実際には長く住んではいなかったらしいが
(旅型作家だから当然?)、
志賀直哉が腰かけたであろう縁側に腰を下ろすと、
いまさらながら、若いときに感じた感慨を味わった。
b0141773_074658.jpg

夕暮れ時だったので帰りを急いだが、
再度、訪ねてみたいと思った。
b0141773_0171966.jpg
b0141773_0173342.jpg

街に降りてきたとき、
「パン屋航路」という看板を見て、
ヘンなネーミングと思ったが、
数秒後に気がついた。
志賀直哉の長編『暗夜行路』の
もじりであった。
b0141773_01451100.jpg
b0141773_015464.jpg

[PR]

by rocky-road | 2014-12-09 00:08  

「能登」はアイヌ語で「顎/アゴ」だって。

b0141773_0245967.jpg

ロッコム文章・編集塾/能登教室の
第4回が終わった。(11月30日)
b0141773_0254535.jpg

単発のセミナーではなく、
連続的な講義をしてゆくには、
各回ごとに、
受講者の出入りの多いのは好ましくない。
が、4回目とあって、
そろそろ人数が絞られてきた。
おかげで、
情報交換にツーカー関係が生まれつつある。
b0141773_026013.jpg

講義プログラムは、以下のとおり。
b0141773_031177.jpg

1.宿題発表
  カタカナ文を漢字まじりひらがな文に
  リライト。
  原稿用紙を使って手書きの文章を書いてもらい、
  原稿用紙や手書きを思い出してもらうのが目的。
  合わせて、同じ文章でも、
  表記法(用字用語や補助符号の使い方)には
  いろいろとある、それを体感してもらうつもり。
  「用字用語」というコトバも、
  初めて目にする人も少なくないことだろう。
b0141773_0311587.jpg

2.前回の宿題の講評とお返し。
  前回の講義は、「文章力強化のための
  『自主トレ』メニュー。」
  この講義の感想を、
  宿題として書いてもらった。
  
  感想の大半は、
  素直に講義内容をなぞったもの。
  一部は、文章とは、用字用語とは、
  などについて、
  生活の中のエピソードによって語っていた。
b0141773_0313667.jpg

  日本人の平均的反応ではないかと推測できるのは、
  感想を述べるとき、
  あたかもアンケートへの回答のように、
  講義の順序どおりに、断片的に答えるパターン。
  その素直さは、小中学生のイメージ。
  子どものような素直さは
  何歳になっても変わらない、
  それが日本人かもしれない。
b0141773_0331521.jpg

  つまり、自分なりのストーリーを展開するのではなく、
  講義を忠実に受容し、
  反面、
  ひたすら自分の不備・不足をあげる。
  反省のオンパレード。

  講師からすると、
  その素直さと謙虚さ、自己否定が気に入らない。
  素直であることに不満はないが、
  そこからはオリジナリティや自説は育たない。
b0141773_0344441.jpg

  ここがむずかしいところ。
  「意見」や「ひねり」を求めることは、
  純白のハンカチを泥で汚すような気分。
  いつも、この気分に襲われて
  心の中で合掌しているのである。

  「合掌」つながりで、
  喪中のあいさつハガキが来たら、
  すぐに(年明けの寒中見舞いでなく)
  返事を出してはいかが?
  という、オプションコメントをしたことも
  書いておこう。
b0141773_0345672.jpg

さて、この日のプログラム、残りの3点。
b0141773_0351160.jpg

3.「『1人ブレーンストーミング』のスキルアップ。」
b0141773_0354153.jpg

4.「スピーチのスキルアップ。」
b0141773_036154.jpg

5.宿題
b0141773_0362669.jpg

講義の紹介はここまでにしておこう。
b0141773_0363838.jpg

羽田から能登空港まで、滞空時間は40分前後。
その近さなのに、2泊3日。
講義時間を1日まるまるとろうとすると、
どうしてもこのパターンになりそうだ。
b0141773_037383.jpg

講義の正味は5時間30分。
これくらいあると、
ジョギングではなく、
散策のペースで進めることができる。
それは、小さな小道、路傍の草花、
その葉にとまって小虫などにも
目が届く速さである。
b0141773_0295274.jpg

「身につく」とは、
こういうペースで歩きながら、
周辺の情報を
いろいろと吸収することではないかと思う。
全部ではなく、
そのいくつかが記憶に残ることだろう。
b0141773_029352.jpg
  
[PR]

by rocky-road | 2014-12-04 00:37