<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

魚と出会う旅。

b0141773_22374729.jpg

Q「あなたはなぜ山に登るのか」
A「そこに山があるから」
という有名な問答は、どうやら誤説のようで、
正しくは、
イギリスの登山家、
ジョージ・ハーバード・マロリーが
「あなたはなぜエベレストに登りたいのか」と問われて、
「そこにエベレストがあるから」
と答えた、いうことらしい。
b0141773_22381927.jpg

マロリーは、
1924年、エベレスト登頂中に
同行者と遭難し、行方不明になった。
遺体が発見されたのは
70年以上もたった1999年だったという。
b0141773_22392164.jpg

この話は、いわば枕。

私自身、50年間の「海旅(うみたび)生活」の中で、
「なぜ海に潜るの?」
「なぜ沖縄に行くの?」と
人から尋ねられたことはない。

考えてみれば、
人が楽しんでいる趣味について、
「なぜ楽しむの?」と尋ねるのは野暮だし、
失礼でもある。
b0141773_22433239.jpg

たぶんマロリーに、
「なぜエベレストに登るの?」
というような質問をした人は実際にはいないのだろう。

あるとすれば、
「エベレストの魅力は?」というところだろう。
もう少し深く推測すれば、
エベレストの魅力を強調するために、
彼自身が自問自答したように思う。

私にしても、
「なぜ海が好きなの?」と聞かれたことはないけれど、
自分から海の魅力を語ったことは何度もある。
いままた、それをやろうとしている。
「聞かれもしないから」
勝手に自問自答するのである。
b0141773_1545547.jpg

私の場合、
ダイビングやスノーケリングについては
「地の果てから始まるもう1つの旅」であり、
その目的の多くは「魚と出会う旅」である。

なぜ、魚と出会うのが楽しいのか。
それは異次元に住む動物が、
敵対しないで向き合うことへの関心であり、
両者間の阿吽(あうん)の呼吸で生まれる
親近感(?)と、それに伴う感動だろう。
b0141773_22454130.jpg

地球上で、野生の動物に、
安全に至近距離まで寄ることができるエリアは
そう多くはない。
海は、その数少ないエリアである。

今回、10月初旬の旅でも、
たくさんの魚に出会えた。
一般に、ダイバーが入る海は「荒れる」といわれる。
海底の岩やサンゴに住みついている魚たちは、
人が来ることで強いストレスを受けているとは思えないが、
住みついている岩穴の中をのぞかれたり、
フィンで蹴られたりすると、
さすがに物理的な危険を感じる。

未熟なダイバーは、悪意はないものの、
足をバタバタさせて砂を巻き上げたり、
サンゴの枝を蹴飛ばして折ったりする。
こうしたテリトリー破壊が
魚たちを遠ざける原因の1つである。
b0141773_1549452.jpg

が、沖縄のいくつかのビーチでは、
魚のほうが人間に近づいてくる例もあって、
むしろ近年、
魚と人間との距離が近づいているように思える。
「魚と出会う旅」を愛好する者にとって、
うれしい時代変遷である。

一説に、海水浴客が
故意か偶然かによって
魚の餌となるものを海に持ち込むことで、
魚たちは、人間との接触に
メリットを感じるようになったらしい。
b0141773_1544762.jpg

ビーチでは、給餌を禁じているが、
魚たちは、万が一の可能性を信じるようになった。
少なくとも、
レクリエーションで海に入る人間は
自分たちの敵ではないことを
世代を超えて学習したように見える。
b0141773_1544269.jpg

モルディブなどで体験することだが、
ギンガメアジの群れは、
しばしば人間のいるほうに近づいてきて、
近くで得意の渦巻き泳ぎをする。
彼らには、
人間の与える餌を捕食する習性はない。
b0141773_15413127.jpg

私の解釈では、
人間の近くにいるほうが、
捕食魚から狙われるリスクが軽減できる。
それ以外には、彼らが人間に近づく理由が見いだせない。
人間と魚は、
餌を介してのみコミュニケーションが行なえる、
……そう単純な話ではない。
b0141773_15513439.jpg

この話はこれくらいにして、
今回の旅では(でも)、
ネコやイヌに出会った。
b0141773_15444448.jpg
b0141773_15544317.jpg
b0141773_1545014.jpg
b0141773_15554395.jpg
b0141773_15542744.jpg

「なぜ、ネコやイヌを撮るのか」
そう自問しても、しかるべき答えが見つからない。
「魚に専念しろよ」と自分の声がする。
なるほど、マロリーが出てくる。
「そこにネコやイヌがいるから」
b0141773_2351247.jpg
b0141773_236882.jpg
b0141773_2362796.jpg
b0141773_237166.jpg

そして思う。
「なぜその仕事を続けるのか」
「なぜその料理が好きなのか」
「なぜブログを書くのか」
b0141773_2374532.jpg

そんな問いかけは、だれもしてくれないから、
自分に問いかけるしかないし、
そのことには意味はある。
それはつまり、
生きることを実感する手続きだからである。
b0141773_238465.jpg

特異な行動というよりも、
日常的な、当たり前の行動の理由を
自分にしばしば問いかけることは、
人生の意味を考える機会となり、
結果として楽しみを増強することになる。
[PR]

by rocky-road | 2014-10-26 22:39  

海の前も、あとも、楽しい。

b0141773_22492352.jpg

これまでに
2週間にわたる海と島の旅は何回かあるが、
2週間弱の日々を
沖縄だけで過ごしたのは初めてである。

10月1日から13日までの13日間の旅先で
台風18号と19号とに襲われ、
海に入れたのは3日と半日。
なんとも効率の悪い撮影旅行だった。
b0141773_22495837.jpg

とはいえ、数回のチャンスを生かすのがベテラン(?)。
ほんの数カットながら、
フォトコンテストに出せそうな写真が撮れた。
b0141773_22502143.jpg

それにしても、学習が足りない。
去年も同じような失敗をした。
10月に行くなら後半がいい、
そう悟ったのは数回の失敗ののちである。
b0141773_22514966.jpg

座間味島にある古座間味(ふるざまみ)は、
スノーケラーおあつらえの水中スタジオ。
ここで撮った写真のいくつかが
フォトコンで受賞した。お世話になるビーチである。
自然が最短距離のところにあるのがうれしい。
b0141773_22521195.jpg

温暖化の10月は、充分に夏だったが、
1日に発って、13日に帰ってみれば、
東京はすっかり秋になっていた。
夏物衣服を買いあさった店のディスプレーが、
すっかりウール中心の衣服に変わっていた。
b0141773_2253658.jpg
b0141773_22531857.jpg

しかし、変わっていないこともあった。
朝日新聞の「従軍慰安婦」報道と、
原発事故時の福島原発での避難状況に関する誤報、
これにについて批判する雑誌や新聞が
パワーダウンすることなく、
いまも追及を続けている。

沖縄では、
台風に閉じ込められているとき、
いちばん楽しめたのは、
週刊誌で朝日問題を何回も読むことだった。
なぜか、ビーチを前にして活字を読むと、
しみ込むように吸収できた。
b0141773_22595054.jpg

沖縄報告は影山なお子さんに譲って、
http://palmarosa.exblog.jp/この話を書いておこう。
b0141773_230165.jpg

雑誌の発行日を待つ喜びを感じたのは
久々のことである。
朝日のいわゆる「捏造記事」に対する
批判をどう展開するか、
視点の置き方、論法の展開の仕方を見届けたかった。

「もういい加減にせい」と、
追及者を攻撃する雑誌や記事も出始めた。
スタンスが似ている新聞や雑誌が
助っ人として参入してきた感じである。
「一種の言論弾圧ではないか」と、
例によって飛躍した論法で仲間をかばおうとしている。
b0141773_2303425.jpg

「日本軍は慰安婦を従軍させた」という
事実ではない情報を、
真偽を疑いつつも32年間にわたって
流布させてきたのだから、
その追及のために2年や3年かけたとして、
いや、32年間かけたとしても、
なんら問題になるものではない。

そうであれば、
朝日新聞だって、自分のプライドをかけて、
そのつど反論すればよい。
そのやりとりが読者の思考力を強化してくれる。
お互い……この場合、追及メディアと朝日新聞、
そして読者を指すが、「飽きてはいけない」と思う。
b0141773_2305027.jpg

ところで、追及記事が
かくも続くのはなぜか、
それはたぶん「売れる」企画なのだと思うが、
それがなぜなのか。
その理由を考えてみた。

①議論の格闘技の長期戦を
 しっかりと観戦したいと思う人が多いこと。

②日本人としてのプライドを傷つけられて、
 怒りが収まらない人が多いこと。

③仕事や信条のために、
 政府や組織、いまはない日本軍を難じておきながら、
 自分はその国で高給をとって、
 のほほんと暮らしている、
 その甘ったれ根性が許せないと
 考える人が多いこと。

④印刷媒体の威力を知る編集者や記者、
 読者が、企画のおもしろさに
 久々にモチベーションを高めていること。
b0141773_2324179.jpg

⑤朝日新聞の、なんとなく上から目線の物言いに、
 不満を感じていた人が「ほらみたことか」と
 快哉を態度で示していること。

⑥日本の知的レベルを
 自ら認識するために観戦を続けたいと
 思っている人が多いこと。

⑦社会学的、社会心理学的、メディア論的、
 言語学的研究対象と考える学者や研究者が多いこと。

などなどが考えられる。

笑えるのは、
みのもんた氏が、
「朝日に対して劣等感を感じていた人が、
日頃のウップンを晴らしているように見える」
といい、「去年のみのもんたと同じ境遇だなあ」
とコメントしている記事。
(『週刊文春』10月9日号)
b0141773_2315181.jpg

朝日新聞の長期にわたる「創作的報道」や、
日本国に与えたダメージの大きさなど、
計り知れないほどスケールの大きい問題と、
身内のスキャンダルとを同一視する
認知能力の低さが、
この人の人気を下げた本質的原因なのだと、
このコメントでよくわかった。

一連の朝日・追及記事には
「貶める」(おとしめる)
というコトバがよく使われる。
「日本人を貶めた(見下げる さげすむ)」
などと使う。

国の近代化は、
「ご先祖」「郷土愛」「ふるさと」
「愛国心」といった感情を鈍らせる傾向がある。
したがって、
「ありもしない従軍慰安婦報道によって
日本人は性奴隷を設けたかのように見られ、
日本人を貶めることになった」
というような表現に、
どれくらいの人が共感するか、
やや心もとない。

昔だったら、
「死んでお詫びしろ」「国賊もの」などといって
責任を追及されたことだろう。
いまも、それに近い発言をする論者もいる。
b0141773_2372866.jpg

が、「イスラム国」のような、
なかばフィクションの国に若者が移り、
命までかけて戦ったりするところを見ると、
地図上の国には愛着を感じない者が
増えているように見える。

とすると、「国を貶めた」という表現は、
ますますアピール度の低い表現と
いえるかもしれない。

それでなくても、
「朝日問題」に関しては、
若者(50代くらいまでか)は、
「新聞なんか過去のメディア」
「コップの中で騒いでいるようなもの」と、
ポーズをとった発言をする者が多い。

この世代の人たちが、
ネット世界に軸足を置いているポーズをとるのも、
時代に適応していることをアピールするためで、
時代を振り返ると、いつの時代にも存在する。

「お父さんって、封建的だよ」
「これからは新聞ではなくてテレビの時代だよ」
「野球じゃなくてサッカーの時代」
「これからはネットの時代でしょう」
「縦書きの文章はうっとうしい」

こういう発言には、
同世代の周囲に遅れまい、
という心理が働いていて、
かわいいところもある。

やはりどこかのコミュニティに属したいという、
ホモサピエンスとしての本能は失ってはいないのである。
真の仲間外れを望むほど、
神経は太くはない。
b0141773_23853.jpg

どこかのコミュニティに属したい願望はあるが、
そのコミュニティは「国」ではない。
この先、何十年も朝日問題を考えるには、
「国を貶める」論1本では
持たなくなるだろう。

「人に迷惑をかけてはいけない」も、
多くの日本人がしつけられた感受性だが、
朝日新聞の役員や社員たちを見ると、
これも、世代に関係なく、
日本人の規範にはならなくなっている。

自由度が増して、
政府も自治体も、
各種コミュニティも、
人々を束ねられなくなった結果、
議論がかみ合わなくなった。

少し前には、「アメリカでは……」
「フランスでは……」というと、
ある程度は合意点を見出すことはできた。

当然、議論は長引く、
その長期戦に耐える気力も体力も失った。
深夜、ネットで一方的にグズグズいうことには強くなった。

人の目を見て話さない、
「話したってわかりあえない」と
すぐにサジを投げる。
b0141773_23113743.jpg

考えてみれば、
日本人って、
もともとそうだったのではあるまいか。

朝日問題は、この先、道は長い。
議論を嫌うタイプには、
いろいろの事実を提示するとよいかもしれない。

①朝日、読売、毎日、産経、日経に
 定年まで勤めた社員の平均寿命は?

②同じく、上記の新聞を20年以上購読した人の
 平均寿命は?

③同じく、上記の新聞をとったことがない、
 非購読が20年間以上あった人の平均寿命は?

④上記の人たちの親友の数。
 (定義がむずかしいが)

⑤上記の人たちの生きがいとは?
b0141773_2393643.jpg

調査に時間がかかるが、
時間は32年間もある。

そこんとこ、よろしく。
[PR]

by rocky-road | 2014-10-16 23:13