<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

フードファディズムのセーフティネットとは。

b0141773_2304946.jpg

『体にいい食べ物は
なぜコロコロと変わるのか』
という本が出たので入手した。
(畑中三応子著 KKベストセラーズ発行)
(以下『コロコロ』と略称)
b0141773_2312168.jpg

フードファディズムを指摘するこういう本は、
5年に1度くらいは出てほしい本である。
b0141773_2332110.jpg

ぱらぱら開いていたら、
自分が作った本も、
マユツバ本としてあげられているのには苦笑した。
女子栄養大学出版部時代に、
《栄大ブックス》というシリーズの1冊として出した、
『アルカリ性食品の効用』という本である。
b0141773_2331320.jpg

書名どおりに解釈すれば、
アルカリ性食品の効用を説いた本
ということになるが、
内容は、「……といわれているが、
人間の体液は酸性になったり
アルカリ性になったりすることはない」という、
当時の俗説を是正するものである。
b0141773_2334412.jpg

いまだったら、
『アルカリ性食品は、
ほんとうに体によいのか』
などとするところだろう。
ネーミングは、時代を反映するもので、
そこまで結論をアピールするネーミングは
考えなかった。
b0141773_2341142.jpg

その点では多分に迎合的で、
あたかもアルカリ性食品のすすめ
のようなネーミングになっている。
自分では、「羊頭狗肉」の反対、
「狗頭羊肉」のつもりであった。
b0141773_234591.jpg

「羊頭苦肉」は「見かけ倒し」の意味だが、
「狗頭羊肉」とは、
一見、粗悪な(狗は犬の肉)ものに見えるが、
食べてみると良質な肉だった、
という意味である。

それなりに良心はあったが、
読者を逆の意味で裏切るわけだから、
偽装の気配がまったくない、とは言いきれない。
結果がよくても、騙しはだましである。
b0141773_2373665.jpg

現に、この本が出て38年後
(初版1976年、昭和51年)に、
フードファディズム的本の1冊として
あげられてしまったのである。

いま、読み返してみると、
冒頭から「アルカリ性食品の誤解」という
項目があったりして
けっしてアルカリ性食品をすすめる本には
なってはいない。
b0141773_2375430.jpg

作戦としては、
アルカリ性食品信仰をきつく否定するのではなく、
そうした関心をテコにして、
正しいバランス感覚を身につけてもらおう、
としているのがわかる。
「フードファディズム」などという概念が
流布していなかった、のどかな時代である。

とはいえ、
後世の人が、のちに資料を集める場合、
1冊1冊、内容を精査するとは限らないから、
こういう行き違いが起こると、
それは、歴史にシミをつけることにほかならない。
b0141773_2382495.jpg

いまになって、
『コロコロ……』の筆者に、
「よく読んでから紹介してほしい」と
抗議しても始まらない。

『コロコロ』の筆者は、こう書いている。
 「戦後のわかりやすい料理レシピのもととなった
 計量カップ・スプーンの開発、
 食品を四つのグループに分類してそれぞれを
 バランスよく摂取する『四群点数法』の提唱など、
 家庭料理への貢献も大きい博士の意見に
 疑義を挟む人は少なかったろう」
b0141773_2385574.jpg

そこまでいうなら、
では、アルカリ性、酸性の意味とはなにかを
解説してほしいところだが、
そうした科学的説明はなく、
1985年に公正取引委員会が
スポーツドリンク5種に
「アルカリ性食品である旨を記載し、
あたかも人の健康に有益であるかのように
表示することは不当表示となるおそれがある」
と警告したことを論拠にして終わりである。

『アルカリ性食品の効用』を読めば、
もう少しうまくまとめられたことだろう。
b0141773_2393210.jpg

正確にいうと、『アルカリ性食品の効用』では、
香川 綾先生は「はじめに」を書いているだけで、
本論は、
栄養生理学、食品学、食品化学などの学者5人の
共同執筆で構成されている。
現時点でも、内容に科学的な不備は感じられない。
が、いわば「タイトルだけフードファディズム」
とでもいうのか、
それもミスはミスである。

責任は、そういうネーミングした私にある。
香川先生が怪しい説を展開した人のように
書かれてしまったのだから
天国の綾先生には
伏してお詫びしなければならない。
b0141773_23103329.jpg

さて、
そういう失敗をした者から見ても、
近年の、医師による健康本のフライングは
とどまるところを知らない。
そして、栄養士が、その尻拭いをする度合いは、
ますます高くなるだろう。

「1日3食はよくないんですか」
「長生きしたかったら
肉を食べないほうがいいのですか」
といった質問が、
日本各地の食事相談室で
発せられていることだろう。
b0141773_23102273.jpg

ここまできたら、
現役栄養士のために、
こういう質問には
どう対処すればよいかを学ぶセミナーが
必要になってきたのではないか。
いまや、
一栄養士の知識や経験では対応できないほど、
医師や、その他によるフードファディズムが
流布しつつある。

この風潮に一石を投じたという意味で、
『体にいい食べ物はなぜコロコロと
変わるのか』の出版には意義がある。
栄養士も目を通しておいてよいと思うが、
その結論が、
「体にいい食べ物は、ほどよい匙加減で
取り入れるのが一番ではないだろうか」
というのではプロのニーズには応えられない。
b0141773_23122740.jpg

基礎的な栄養生理学的知識と、
人のライフスタイルというものへの理解力と、
かつ、
予備知識のないクライアントに対応できる
コミュニケーション力が求められる。

「食コーチング」的な
食事相談スキルを活用する方法を
レクチャーするセミナーを企画するのは
「いまでしょ」かもしれない。
b0141773_23132451.jpg

だれがやるか。
学校給食に一時、牛乳を休止するという
ある市の方針について、
わけのわからない論評をしている
日本を代表する栄養士の団体には、
こういうセミナーを企画する能力も、
実施する運営力もないことは確かである。

では?
ロッコム文章・編集塾か、
パルマローザブラッシュアップセミナーか、
食コーチングセミナーか、
食ジムか。
(輪読会で少しはやったが)
b0141773_2314252.jpg

by rocky-road | 2014-08-26 23:14  

ダイビングにおける女性の適性度。

b0141773_17415950.jpg

ことしは、わが「海、旅たび」が
50年目に当たる。
湘南の海から始まって、沖縄、伊豆七島、
モルディブ、フィジー、
バンクーバー島(カナダ)、
ハワイなどと続いている。
b0141773_17421790.jpg

この8月11~13日には
千葉県の館山、坂田(ばんだ)の海で潜ってきた。
千葉の海は、得手のフィールドとはいえない。
ワイドの写真を好む者にとって、
千葉の海は視界が狭い。水温が低め。
b0141773_17464852.jpg
b0141773_17482822.jpg
b0141773_17485275.jpg
b0141773_17491662.jpg

20年くらい前から、
冷たい海には潜らないと決めたので、
5ミリのウエットスーツは捨てた。
夏用の3ミリスーツも、
今は劣化で薄くなっている。
現地ガイドの配慮で、上から厚めのベストを着た。
b0141773_17475531.jpg

気合不足のときはトラブルはあるもので、
数十年使ってきた水中カメラに水が入った。
「水没」という。
b0141773_17444362.jpg

上の写真は、
わがダイビングライフを支えてくれた
愛機、最後の姿(ニコノス)。
水中写真コンテストで、
グランプリを受賞したときの
賞品の一部である。
b0141773_17494337.jpg

昔、ダイビング雑誌に、
「ニコノス、うっかりミス事典」
という記事を書いたことがある。
「水中カメラには水は入るべきである、
いや、入らねばいけない」と念じて
パッキングすることが大事、などと書いた。
それくらい、警戒せよ、という意味である。
そう書いた本人が、カメラを水没させた。
b0141773_17502596.jpg

「焼きが回った」とは、このことである。
ちなみに、「焼きが回る」とは、
刃物の刃を焼くとき、火が回り過ぎると、
かえって刃の切れ味が悪くなるという。
転じて、年をとったりして
能力が落ちることをいう。
b0141773_17505852.jpg

いや、そうではなくて、
「上手の手から水が漏れる」ということにしよう。
b0141773_17512462.jpg

半世紀のダイビング歴から見て、
様変わりした海の世界について
いくつかを記しておこう。
b0141773_17572556.jpg

1.カメラの進歩。

  昔は、もちろんフィルムだった。
  1回のダイビングで撮れる枚数は36カット。

  ストロボはなく、フラッシュだった。
  1回ごとにフラッシュバルブ(電球)を
  交換する。
  シャッターチャンスでも、
  使用済みの電球を外し、差し替えた。
  廃物電球を海に捨てるわけにはいかず、
  それを袋に入れたり、ケースに戻したりした。

  いまは一眼レフからコンパクトカメラまで、
  なんでもある。
  デジタルだから、何枚でも撮れる。
b0141773_17522068.jpg

2.ダイビングスタイルの変化。

  昔は、ダイビングをするためには
  クラブに入る必要があった。
b0141773_18102280.jpg

  そこでしか技術を学べなかったから。
  いまは、ダイビングサービス(ガイド)が
  普及し、おもなエリアには
  ダイビングサービスがあり、
  そこでサービスを受けることができる。

  こういうシステムの徹底ぶりは、
  海外のほうが発達している。
  文字どおり手ぶらで行っても、
  その場でダイビングできる。
b0141773_18121112.jpg

  カメラの進歩と関係が深いが、
  1人参加のダイバーの比率がふえた。
  数センチにまで寄れる
  レンズ(マクロ)をつければ、
  メダカほどの小さな生物の表情が撮れる。

  こういう写真を撮るには、
  1人のほうがよく、むしろ仲間は邪魔になる。
  水中写真の流派を「ビジュアル派」と
  「生態派」(マクロ派)とに分ければ、
  「生態派」が増えた。
b0141773_18173459.jpg

  別名「オタク派」かも。
  陸にあがっても、
  出会ったダイバーと
  コトバを交わすことを好まず、
  スマホと向き合っていたり、
  撮った写真をチェックしていたり。

  珍しい生物、きれいな写真を撮ったとき、
  つい周囲の人に披露したくなるが、
  そう思うのは、
  写真をコミュニケーションメディア
  と位置づける少数派(私のような)か。
b0141773_18115475.jpg

  彼らには、
  自分の写真を知らない人に見せるなど、
  考えられないくらい
  無意味な行動なのだろう。

3.ダイビングサービスと
  ガイドのレベルアップ。
b0141773_18131283.jpg

  かつて、
  ダビングリゾートの先進国である
  アメリカの例を見ては、
  日本との違いを嘆いていた。
b0141773_231576.jpg
b0141773_18201915.jpg

  日本では、
  漁業者が副業として始める
  民宿がほとんどだった。
  シャワーも更衣室もなく、
  海からあがってきたダイバーは、
  民宿の裏庭あたりで、
  洗濯場のホースかひしゃくを使って
  頭から水をかぶったりしていた。
b0141773_18132190.jpg

  濡れたからだで、爪先立ちで風呂場へ。
  民宿のおばさんからは
  「よく拭いてから家に入って!!!」と、
  怒鳴りつけられたりしたものである。

  それがいまでは、
  ウエットスーツのまま温水のシャワーを
  浴びることができるようになっている。
b0141773_1756814.jpg

  それに加えて、
  ダイビングガイドのホスピタリティが
  飛躍的に向上した。
  これは日本の現状とまではいえず、
  特異な事例の1つなのかもしれない。

  旧知の山崎由紀子さんは、
  東京新宿で「マナティーズ」という
  ダイビングショップを開いている。
b0141773_17525755.jpg

  ダイビングの講習、ダイビングツアー、
  クラブ運営、各種イベント
  (講演会、写真展、講習会)などを
  多角的に行なっている。
b0141773_17532639.jpg

  ダイビング中のサポートは
  基本中の基本としても、
  水中でも周囲の状況、
  同行者たちへの問いかけ、
  状況説明(水中のボードを使って筆記)など、
  かゆいところに手が届くほどのサービス。
b0141773_1841275.jpg

  「参ったな」と思ったのは、
  ダイビング終了後、
  見た海洋生物をログブックに記録するとき、
  参加ダイバーに、その生物の写真シールを
  提供していたこと。
b0141773_1758668.jpg

  この海で見られる生物の写真を撮って、
  それを切手大のシールにして、
  数十枚ずつキープしているのである。
  その準備性のよさに感心する。
b0141773_17583078.jpg

  このほか、往復バスの手配、
  宿泊宿の手配、
  昼食時のランチの注文など、
  あれもこれもと面倒を見てくれる。

  ダイビングには安全確保と指導が伴うので、
  ガイドやインストラクターは、
  とかく指導色を強く出すが、
  そこは女性の優しさで、
  まさにホスピタリティ充分の
  サポートをしてくれた。
b0141773_17595421.jpg

  健康支援者や栄養士は
  女性にぴったりの職業だと思っていたが、
  ダイビングサービスも、
  女性に向いているかもしれないと思った。

  タンクの上げ下げなど、
  力仕事が多く、腰痛は、
  この仕事の職業病になっているが、
  「山ちゃん」(山崎さん)は、
  軽々とこなしていた。
b0141773_181666.jpg

  今回、1人が潮に流されるという
  アクシデントがあったが、
  強風と強潮流、荒波の中でも
  パニックを起こすことなく、
  沈着に対応していた。
b0141773_1825330.jpg
  
  こればかりは、女性の特性とはいえず、
  彼女の特異な適応力というものだろう。
b0141773_1833098.jpg

4.栄養士ダイバーの増加。
b0141773_1813589.jpg

  女子栄養大学出版部に在籍していたので、
  栄養士のダイバーと出会う機会が
  なくはなかったが、
  近年、少なくとも私のまわりには、
  あたりまえのように
  栄養士ダイバーがふえた。
b0141773_235539.jpg
b0141773_185265.jpg

  ちなみに、看護師や医師のダイバーは、
  そう珍しいものではなかった。
  ビーチで事故が起こると、
  なぜか近くに看護師や医師のダイバーがいて、
  救命活動をしている場面に何度か出会った。
b0141773_2372929.jpg

  今回も、1人の栄養士が
  体験ダイビングをした。
  女性インストラクターが、
  女性のサポートをする、
  なんとも和やかなシーンである。
b0141773_1852716.jpg
b0141773_187377.jpg
b0141773_1871514.jpg
b0141773_1864366.jpg

  遠からず、
  栄養士のダイビングインストラクターが
  出現するかもしれない。
  いや、もう何人か、存在するに違いない。
b0141773_1819593.jpg
b0141773_23122257.jpg

  カウンセリングマインドを持った、
  サポート型インストラクター。
  もちろん、「指導色」は少なく、
  海になじむことで心身の健康度をあげる。
  肥満ダイバー(なぜか多い)への対応にも
  不備はないだろう。
  いつか、
  どこで出会うことになるのだろう。
b0141773_23124855.jpg

  さて、9月14日の
  ロッコム文章・編集塾/能登教室では、
  終了後、地元の栄養士さんたちと
  能登の海に入ることになっている。
b0141773_18886.jpg
b0141773_189728.jpg

  「海、旅たび」50年目の軌跡(奇跡?)は、
  これからもしばらくは続く。
 
b0141773_18101710.jpg
 
  

by rocky-road | 2014-08-20 18:20  

戦争体験の伝え方。

b0141773_23103924.jpg

8月に入ると、
日本では太平洋戦争関連のメディア情報が多くなる。
戦争体験を語り継ぐことの意味が説かれ、
実際、多くの体験者が登場し、
戦争の悲惨さを涙にむせびながら語る。
b0141773_23101184.jpg

10年前も、20年前も、30年前も、
語るのは80歳前後の人たちで、
そのことに変化はないが、
ふと気がつくと、
戦争体験を語る人と自分との年齢の差が
かなり縮まってきている、という現実である。
b0141773_23113588.jpg

いつの間にか、
自分も戦争体験を語る人たちの
年齢になってきたのである。
では、自分に戦争を語るほどの経験があるのか、
と考えてみると、
1945年3月9日から10日にかけての東京大空襲を、
東京府小石川区(現・文京区)で体験した私だが、
自宅の火災は免れたので、悲惨な体験はしていない。
b0141773_2312213.jpg

何日後だったか、
墨田区本所緑町で被災した叔母一家の行方を求めて
兄2人について焼け跡に行った。
b0141773_23142416.jpg

火の手はあがっていなかったが、
焼け跡からは煙があがっており、
真っ黒に焦げた遺体が、
仰向け、うつ伏せの状態で見られた。
上向きの遺体の歯の白さが
小学2年生の子どもの記憶に残っている。
叔母一家を見つけることはできなかった。
b0141773_23122164.jpg

国技館の脇の隅田川には、
遺体が次々と流れてきて、
それを警防団の人たちが「鳶口」(とびぐち)で
引っかけて、岸に寄せ、回収していた。
記憶の中では静かな光景である。

が、全身の毛が焼かれた犬が、
まつ毛まで焼けているために目があけられず、
蛇行するように歩いている姿は、
少年の目には悲惨に映った。
b0141773_2313157.jpg

私に語り継ぐことがあるとすれば、
そういう体験ではない。
戦後、復員してきた
「特攻崩れ」(元・特攻隊飛行士)やら、
素性のわからない大人たちが、
戦争体験を子どもたちにおもしろおかしく
伝えることが多かった、という事実は
案外伝えられていないように思う。
b0141773_23151624.jpg

ある男いわく、戦争中、
さんざん自分をいじめた上官を
戦場で後ろから銃撃してやった。

別の男いわく、
やはり自分たちをいじめた上官を
復員してから仲間と一緒に見つけ出して、
袋叩きにしてやった。
b0141773_2316417.jpg
                               本所緑町で亡くなったいとこ
ある特攻崩れいわく、
修理済みのゼロ戦を移送中、
敵の戦闘機に遭遇した。
わが機には銃弾は備えていない。
やむをえず、銃撃する態勢をとって
敵機の上背後から急降下。
そのたびに敵は逃げるために高度を下げる。
それを何回も繰り返していたら、
「ついに敵さん、山にぶつかりやがった」
b0141773_23161767.jpg

子どもたちは、ヤンヤヤンヤ。
「ホントかいない?」と疑ったのは、
中学生か高校生かになってからだったと思う。
が、私の記憶庫には、
こんなヨタ話がしっかり記憶されている。
b0141773_2316437.jpg

先日、朝日新聞が32年間、
報道を続けてきた「従軍慰安婦」問題について、
済州島(チェジュド)で
現地女性を強制連行したという話の裏づけは
得られなかった、という記事を大きく載せた。

これも、吉田清治とかいう人物(故人)の
ヨタ話を真に受けた記者の誤報から始まった。
戦争関連の話に「ヨタ」がいかに多いか、
改めて実感した出来事だった。
戦争体験は、ときにリアリティよりも
ドラマチックを指向することがある。
b0141773_23171090.jpg

しかし、そこは大新聞、
「ウソを見抜けなかった、ごめんなさい」
とは間違ってもいわない。
「ほかの新聞だって、少しは真に受けていた」
という論法で、自分の失敗の軽減を図っている。

古典的な悪者の言い逃れに、
窃盗犯が「オレは自転車1台盗んだだけ。
世の中には、車を盗む奴がいるし、
オレなんか、人を殺してないからね」というのがある。
そういったからといって、
減刑の根拠にはしてくれない。
b0141773_23193651.jpg

新聞やテレビのニュースも、
まるまる真実を伝えているものではない。
人間は、真実を伝えることはできない。
どうしたって主観的判断が入る。
いや、そうではなく。
主観的創作力でニュースを捏ね上げる。

ニュースも「商品」なのである。
甘口のカレー、辛口のカレー、
隠し味のカレー、香辛料重視のカレーがあるように、
ニュースにも、辛口、甘口、マイルドなど、
ニュースの数だけ味つけの違う「真実」がある。
自ら「ニュースの職人」をうたい、
独自の味つけニュースを商っている職人もいる。
b0141773_23201516.jpg

順序からいうと、
読者や視聴者にも、
甘口、辛口、いろいろな味のニュースを好む人がいる。
その人たちの口に合うニュースを作り、
それを商品にする、という順になる。

もっとも、世の中には、
ニュースが商品だということを知らず、
ニュース配信者が、
「正義」や「真実」「誠実」「不偏不党」を動機として
仕事をしていると思っている人が圧倒的に多い。
こういう人は、人の作ったニュースという商品に
洗脳され、それに気がつかない。
愛用とは、そういうことだ。
b0141773_23205589.jpg

ナイキ、キャノン、パナソニック、JAL……。
人は好き好きである。
ニュースも、
A社、B社、C社が製造販売する
商品にほかならない。
「ねつ造」はないことを願うが
「商品化」はしている。

情報商品は、
理性的より情緒性、
肯定的より否定的、
楽観的より悲観的のほうが売れ行きがよいことは
従業員は「イロハ」の「イ」として知っている。
b0141773_2321695.jpg

さて、「ヨタ話」に戻ろう。
戦争体験者のコメントのまとめは、
たいてい「……だから戦争は絶対にしてはいけない」
となる。これも場合によると
ニュース販売店(公共もあるが)の
商品アイテムなのかもしれない。

太平洋戦争経験者は、
自分たちが仕掛けた戦争によって悲惨な体験をした。
その反省があるから、戦争は仕掛けるもの、
という先入観がある。
b0141773_23213415.jpg

日本は、確かに何回か仕掛けた。
幸か不幸か「元寇」(弘安の役、蒙古襲来)を
「風化させないように」と
語り継ぐ人はいなくなったから、
「戦争とは仕掛けるもの」が
日本人の潜在的常識になった。

「従軍慰安婦」というニュース商品は、
そういう常識を持つ読者層に
受けるアイテムなのである。

「平和」を唱えていれば、戦争は起こらない、
という信仰は、「仕掛けた自責の念」から生まれた。

「パワハラ」というコトバは知っていても、
地球上にもパワハラがあることを意識する人は少ない。

「平和」信仰が有効なら、
学校や職場で、弱い立場の子や人に
「平和」を1日10回は唱えなさい、と教えてやれば、
イジメはなくなることだろう。
b0141773_23214341.jpg

戦争は、
仕掛ける者と、
仕掛けられる者との間に起こる、
そう単純な図式で生じるものではないことは、
地球上の現状を見れば明らかである。

戦争体験を語るだけの、
経験も知恵もある体験者は、
「戦争はいけない」というとき、
では、どうすれば「いけないこと」を
回避できるのか、
そこまで考えて発言すべきだろう。
でないと、なんのために、
あんなに辛い体験をしたのか、
その意味が失われる。
b0141773_2323138.jpg

新聞からヒントをもらっているようでは、
戦争体験者失格である。
連日、ウソの戦果絶大ニュースに騙された経験だって、
立派な(?)戦争体験ではないか。
それを忘れてもらっては困る。

「よく話し合って……」
おっしゃるとおり。
が、話し合いを拒否する国もある。
話し合いの場である国連にも、
常任理事国の「拒否権」という
話し合わないためのルールがある。
b0141773_23235482.jpg

これは政治の問題ではない。
自分がどうすれば生存できるかという、
生物的テーマでもある。

ゾウの天敵は何か、
ザトウクジラの天敵は何か、
トラの天敵は何か、
ヒトの天敵は何か
そこから考え始めることも
自分の答えを見つけるプロセスの1つである。

by rocky-road | 2014-08-09 23:23  

写真教室、フォトブック

b0141773_17363882.jpg

パルマローザ主催の
「健康支援者のための写真教室」は、
2005年から始まって今日に至っている。
毎年1~2回のペースで全20回、
9年分の作品や活動中のスナップ写真が
集積された。
b0141773_17371884.jpg

それを放っておくのはもったいないと、
影山なお子さんが、フォトブックとしてまとめ始めた。
第1回から第5回までの作品が
2冊のフォトブックにまとめられた。
b0141773_17374793.jpg

映像の保存データの中には、
行方不明のものもあり、
やむを得ず、
入賞作品の撮影者に再提供を求めたりしたとか。
きちんと保管している人もいるが、
「見つからない」という人もいたという。
b0141773_1738292.jpg

記録することの意味として、
「あとで役立つ」という
2次効果をイメージする人が多いが、
「記録しよう」という動機を持つこと、
それを私は「1次効果」(目的)と名づけ、
それが日々のモチベーションを高める、
ということを説いている。
b0141773_1739879.jpg

今回のフォトブックの場合、
懐かしさや思い出のほうにポイントを置くと
「2次効果」の高さとして感じられるだろう。
しかし、書物としてまとめられると、
それが次の写真教室へのステップとなるから、
主催者にも参加者にも
新たなモチベーションとなる。
つまり、「1次効果」も小さくない。
b0141773_17411269.jpg

その意味で、記録は「過去」であるとともに、
「未来」でもある。
歴史の意味と同じことで、
平清盛や源頼朝、
織田信長や徳川家康から学ぶのは
他者の生き様ばかりではなく、
自分や、自分たちの未来を考えるヒントである、
ということである。
b0141773_17413670.jpg

こういう形でも、編集が日常になりつつある。
健康支援者のコミュニケーション力、
情報発信力は
さらに磨きがかかることだろう。
b0141773_1742171.jpg

フォトブックを開いていて感じるのは、
昔の入賞作品はけっして古びていないが、
自分の「いでたち」がなんとも古びていること。
b0141773_1742231.jpg

テレビタレントが、
自分のデビュー当時の映像を見せられて、
「やめてください!」
「ナンデ、これを出すわけ?」
などと気色ばむ場面を見たことがあるが、
ああいう気分である。
b0141773_17451472.jpg

が、それは、
自分が環境に適応しているアカシ(進化とはいわないが)
なのだから、「やめてください」と叫んだりせず、
ほんの数年前の原始時代の自分と向き合い、
洗練への努力をひとり誓う。
ここでも、記録の「1次効果」に期待しよう。
b0141773_17453763.jpg
b0141773_17483928.jpg
b0141773_17491633.jpg
b0141773_17493663.jpg
b0141773_17495487.jpg

以前は「フォトジェニック賞」(魅力的モデル賞)を
設けていたが、いつの間にか忘れた。
これは今後、復活してもいいように思った。
次回の写真教室には、準備性を高くして臨みたい。
b0141773_17502596.jpg
b0141773_1750352.jpg

-----------------------------------
b0141773_17513183.jpg

話が変わるが、
六本木のミッドタウン裏の公園に
ゴジラが現われた。
アメリカ映画の「ゴジラ」公開と関係があるのか、
くわしい事情は不案内だが、
これがなかなか絵になる。
b0141773_17515228.jpg

2時間ほどとどまって、
いろいろと撮ってみた。
「置き物」とはわかっていても、
そのリアリティは見事。
b0141773_17525235.jpg

それをバックに記念写真を撮る人たちの
生態がおもしろい。
1日中張りついていても飽きないだろう。
いくつかをご紹介しよう。
b0141773_1753642.jpg
b0141773_17533965.jpg
b0141773_17535836.jpg
b0141773_1754926.jpg

by rocky-road | 2014-08-06 17:54