<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

わがプライベートメディア史

b0141773_18364334.jpg

昨年の、わが「海と島の旅50周年」がきっかけで、
元「東京潜泳会」の会員の船水公一朗氏から
当時発行していた機関誌・紙のバックナンバーを
送ってもらった。
創刊号から240号まで、25年間の新聞である。
b0141773_18371483.jpg

意外だったのは、
この雑誌(のちに新聞に)の創刊には
私は関わっていなかった。
そもそもタイトルもなく創刊するなどは、
私だったら考えも及ばない。
b0141773_18425377.jpg

当時、副会長だった私は、
創刊号に「会報は最初の1号を出すことより
3号、・4号を出すのがむずかしいのです」
などと、当事者意識のうすい文章を寄せている。
b0141773_184375.jpg

第3号からは『MARINE MATES』と名がつき、
初期メンバーはこれの11号までを担当した。
(1968~1969年)
デュプロという感熱式の手書きコピーだった。
b0141773_2054764.jpg
b0141773_1844746.jpg

そのあと、私と何人かのスタッフが引き受け、
そこからはタイプ印刷になった。
b0141773_18443072.jpg

このタイプ印刷を依頼した店は、
学生時代、クラス雑誌の印刷で
お世話になった印刷屋さんで、
以後、20年近くお世話になる。
b0141773_1845292.jpg

当時、店先で三輪車などで遊んでいた
鼻たれ坊やは、
のちに女子栄養大学から
印刷物をお願いするときの営業担当となり、
いまは、ゴジラのミニュチュアや
戦時中の軍艦や戦闘機にくわしいライターとして、
あるいはいろいろのイベントのコーディネーターとして
活躍中である。
b0141773_18452566.jpg

また、『マリンメイツ』の編集を担当してもらった
玉田圭永子さんは、この新聞がきっかけで
商業雑誌のレポーターとして声をかけられ、
やがて編集者としてプロの道を選ぶことになる。
b0141773_18461492.jpg

私が『栄養と料理』の編集長になってからは、
「健康の最前線」など、いくつかのルポものの
専門ライターとして活躍してもらった。
b0141773_184635100.jpg

遊びと仕事との間には、
思っているほど大きな隔たりはない、
というのが私の持論である。
「遊びは真剣に、仕事はおもしろく」
b0141773_18464722.jpg

私のダイビング史は、同時に
プライベートメディア発行の歴史でもある。
その後、「スノーケリングピープル」という
「大学院型」(?)クラブを作り、
ここでも『ピープル』という機関紙を発行した。
小さなクラブではあったが、
ダイビング界の大御所やリーダーを取材し、
「量より質」の情報を提供した。

この時期とダブるが、
「水中8ミリフェスティバル」というサークルを作り、
ここでも新聞を発行した。
といっても、今度、船水氏から送ってもらうまで、
その新聞のことは忘れていた。
b0141773_18473847.jpg

「8ミリフェスティバル」は、
ビデオ機器の登場で
「水中映像サークル」へと移行する。
もちろんここでも、新聞を創刊させた。
『シーメール』である。

いまは、
海のクラブやサークルからは少し離れたが、
パルマローザ発行の『エンパル』の編集を
お手伝いしている。
海から健康支援者の世界に移っても、
プライベートメディアの発行コンセプトは
さほど変わらない。
b0141773_1848238.jpg

「ビッグバン」とまではいわないが、
小さくまとまろうとしないで、
外へ外へと膨張するエネルギーと
方向性とを失いたくない。
b0141773_18482641.jpg

宇宙に壁がないように、
プライベートメディアにも壁はない。
「プロだから」「アマだから」と、
小さなサイズでまとまろうとするのは、
おそらく大宇宙の法則に反している。
b0141773_18484236.jpg

ヒトはコトバを持っている。
イメージを持っている。
つまり、それらの「情報」には壁はないのである。
b0141773_18491670.jpg

それは、
プライベートメディアに限らず、
人生の法則ではないのか。
大きな宇宙像を描くことから
ダイナミックで、
ハッピーな人生は始まるのである。
b0141773_18493512.jpg

b0141773_19264451.jpg

by rocky-road | 2014-07-28 18:49  

旅は、健康を道連れにする。

b0141773_0415035.jpg

7月21日(月・祝日)の「食ジム
(食コーチング ディスカッションジム)
のテーマは「健康を『カタチ』にする旅行術
(横浜開港記念会館 進行/大橋禄郎)
b0141773_0504796.jpg

話し合いのプログラムは、以下のとおり。
b0141773_0423640.jpg

1.修学旅行、お泊りの旅など、
  若き日の楽しい思い出--いつ、どこで?
2.最初の海外旅行、最初のカルチャーショック
3.私の旅行をカテゴライズすると--自発的な旅行、
  家族旅行、出張、墓参など。
4.私の旅行の必携品、リストアップ
5.私の「旅行バッグ」論
6.私の旅行着--TPO
7.いま、行ってみたい旅行先
8.私の旅行術--スリーポイント
9.で、けっきょく、
  旅行ってなんだろう。
10.聞いてみたい旅行の知識、豆知識
b0141773_043567.jpg

「若き日の楽しい旅の思い出」では、
マイカーでの家族旅行、
高校・大学時代の修学旅行、卒業旅行、
夏休みに親戚で数日を過ごす旅行などの
思い出を語る人が、
同じくらいの割合でいた。
b0141773_0442031.jpg

宿泊日数が3日間以上、
1か月以上などという体験談、
新幹線や飛行機の利用が普通、
などの体験談からは、
日本の旅行環境がよくなっていった
時代背景が思われた。
b0141773_0443117.jpg

また、とおり一遍の修学旅行から、
座禅や写経を体験したり、
旅行のプランニングを
自分たちがしたりする旅行の体験談からは、
「旅行教育」の進化を感じた。
b0141773_0453295.jpg

話し合いが進んだところで、
「旅」と「旅行」を区別している、
という発言があった。
いわく、
「旅」とは、私的な小さな旅、つまり1人旅。
「旅行」とは、複数の人と行く、
計画性、公共性の比較的高いものをいう、と。
b0141773_0463113.jpg

自分なりの定義することは意味がある。
永 六輔氏は
「知らない横丁を曲がってみよう、それが旅です」
といった。
b0141773_1175683.jpg

『広辞苑』は、こう定義する。
「徒歩または交通機関によって、
おもに観光・慰安などの目的で、
他の地方に行くこと。たび」とある。
b0141773_0474818.jpg

これに対して「旅」の項では、
「住む土地を離れて、一時他の土地に行くこと。
旅行。古くは必ずしも遠い土地に行くことに限らず、
住居を離れることをすべて『たび』と言った」
としている。
b0141773_0484329.jpg

食ジムでは、
「出張も旅だろうか」という議論もあった。
昔、「男性は旅をしない」と評論する人がいた。
「仕事で出張する」「ゴルフに行く」
「釣りに行く」ことはあっても、旅行はしない、と。
b0141773_0485315.jpg

けっきょくそれは意識の問題。
人がA地点からB地点まで移動しただけでは、
旅であるか、目的のための行き帰りであるか、
客観的に判断できない。
b0141773_124108.jpg

軍隊の移動は、まさか「旅」とはいわない、
と思いきや、「第3旅団」などという用語もある。
b0141773_1135149.jpg

『広辞苑』の「旅」の定義では、
「住居を離れること」は旅となる。
この定義に従えば、
「横丁を曲がってみよう、
それが旅です」も、ありとなる。

さあ、どちらを取るか。
食ジム参加者の1人は、「自分にとっての旅は、
こうして横浜に来て研修を受けたり、
こうして話し合いに参加して学ぶこと」だという。
b0141773_0512543.jpg

息子や娘のために、その居住地に訪ねるのは、
いろいろの世話をするためであって、
それは「旅」でも「旅行」でもないという。

この議論の最中に、昔を思い出した。
40数年前、
ダイビングを「マリンスポーツ」と
区分されるのを嫌って、
「ダイビングやスノーケリングは、
地の果てから始めるもう1つの旅」
という主張を、ダイビング雑誌で続けた。
b0141773_0482046.jpg

ダイビングを主導した人たちも、
それを認めて、
いまは、旅の一分野としてのコンセンサスを得ている。
『海と島の旅』という雑誌を提案し、
そういう雑誌を誕生させた。
b0141773_0514270.jpg

そこで現代に戻って、
なぜ、旅について「健康を『カタチ』にする」
といえるのか。
b0141773_0523514.jpg

今日では、病気療養中の人にも
旅行をする手段もチャンスも増えた。
が、やはり行きたいところへ行くというのは、
いろいろの意味での自由度が必要となる。

時間、費用、旅行スキル、
そして、旅行へのモチベーション、
さらには気力、体力。

私は、健康の6大要素を提案している。
すなわち、栄養、運動、休養。
それに3つを加える。
ストレスコントロール、よい人間関係、
そして生きがい。
b0141773_0582382.jpg

旅行は、うしろ3つの、
ストレスコントロールやよい人間関係、
生きがいとかかわってくる。

一人旅はもちろんありだが、
やはりケンカなどしないよい道連れがほしい。
そして、旅への準備。
半年先、1年先の旅行を企画し、
予約をし、セッティングする。
b0141773_0585643.jpg

未来は年少者にだけあるのではない。
あしたの予定を持っている人に、
あまねく未来がある。

未来とは、頭脳の中に、
「情報」として存在する。
それが生きがいとなって、
つまりモチベーションとなって、
人を未来へと引っ張ってゆく。
b0141773_0591978.jpg

その未来情報は、
個人のストレスを、もちろん緩和する。

旅は、したがって健康行動そのものである。
厳密にいうと、
旅によって健康をカタチにするのではなく、
旅行そのものが、健康のカタチなのである。
病気を持っていても、
旅行をしているときは健康なのである。
b0141773_12470.jpg

スケジュールを練り、
旅行先や仲間と連絡をとり、
着るもののプランニングをし、
バッグを決め、
体調管理をし、
道中、いろいろの人と会話をし、
味との出会いをし、
見聞をログブックに記録する……。
b0141773_119989.jpg

こうした一連の行動が、
健康のカタチでなくてなんだろう。
b0141773_1192283.jpg
b0141773_1193455.jpg

次の旅を考えている人は、
少なくとも、それだけの未来はあり、
その分だけ、健康度の高い人である。
b0141773_132852.jpg

by rocky-road | 2014-07-23 00:43  

「ガソリン」足りていますか。

b0141773_12242694.jpg

パルマローザ主催の輪読会⑦、
「愛と恋を語る文章」が終わった。
(7月5~6日 横浜)
b0141773_1224584.jpg

万葉集の恋の歌、
『風立ちぬ』(堀 辰雄)、
『春琴抄』(谷﨑潤一郎)、
論文『愛は脳を活性化する』(松本 元著)
『男と女』(渡辺淳一著)
など、およそ1000年間にわたる
愛や恋の文学や論説に
ちょこっとながら触れたことになる。
b0141773_12252619.jpg

2日間のこと、
ごく一部に目を通すのがやっとだが、
その目的は文学鑑賞ではなく、
愛や恋を記述する文章とはどんなものか、
そして、
人間を多角的にとらえるとはどういうことか、
などを展望するのが目的だったので、
ある程度の成果は得られたと思う。
b0141773_122614100.jpg

その中から、
ポイントとなった2点を復習しておきたい。
b0141773_12405944.jpg

谷﨑潤一郎の『春琴抄』は、
盲目の美少女と、
それを奉公人として介助する佐助という少年の
主従関係が厳然と守られる、
しかし、怪しくも強烈な恋の物語だが、
作者は、
この物語を、リアリティのある、
こんな体験話から書き始める。
b0141773_12264915.jpg

 「春琴、ほんたうの名は鵙屋(もずや)琴、
 大阪道修町(どうしゅうまち)の薬種商の生れで
 没年は明治十九年十月十四日、
 墓は市内下寺町の浄土宗の某寺にある。
 先達(せんだって)通りかゝりにお墓参りをする気になり
 立ち寄って案内を乞ふと『鵙屋さんのお墓は
 こちらでございます』といって
 寺男が本堂のうしろの方へ連れて行つた。
 見ると一と叢の椿の木かげに鵙屋家代々の墓が
 数基並んでゐるのであつたが琴女の墓らしいものは
 そのあたりには見あたらなかった。」
b0141773_12272383.jpg

春琴と佐助の異質な恋物語に入る前に、
本筋とは、さほど関係のなさそうな話に
力を入れるのは、
フィクションを
いかにも本当にあった話のように
仕立てるうえで大事なディテールとなっている、
という趣旨の補足をした。
b0141773_12284910.jpg

ディテールとは、
文学や絵画、音楽などの芸術作品を鑑賞するときに
よく使われるコトバ。
メインテーマを浮かびあがらせるための、
いわば影の部分、
そこを押さえてあると、
作品の奥行きが深くなる。
b0141773_12574430.jpg

「ディテール」の定義は、
「ある事柄に付随する、個々の具体的で
細かな事実。詳細」
(『カタカナ語の辞典』小学館版)
b0141773_12304765.jpg

栄養士、健康支援者の仕事に結びつけて
理解するならば、
食事相談や健康相談のとき、
一方的に「指導」するなどは、
ディテールなし。
b0141773_12331671.jpg

「朝食をとらない」という人に、
「朝食をとらないとすぐに頭が働かないし、
1日2回では、1日に必要な栄養素がとれません」
などと説教するのは3流の「健康支援作品」。
b0141773_12355948.jpg

「朝食抜きは、いつごろから?」
「夜は、何時ごろ、お休みになるのですか」
「ご家族は朝食をどうなさっているのですか」
「水とか、コーヒーとかもお飲みにならない?」
などの問いかけによって、
対象者のライフスタイルのディテールが見えてくる。
b0141773_1237477.jpg

そこをていねいに見ることで(描くことで)、
作品の完成度が高くなる。
つまり、相手から対策を引き出すことができる。
b0141773_12384745.jpg

谷﨑潤一郎の『春琴抄』のイントロ文章から、
健康支援のあり方を考える人は
世界中探しても皆無と思うが、
「自分流」の本の読み方とは
そういうものである。
b0141773_12394084.jpg

2つめのポイントは、
松本 元氏の『愛は脳を活性化する』の中にある文章。
b0141773_1242571.jpg

 「心は知・情・意からなる、と言われる。
 (中略)われわれは情を受け入れ(価値を認めて)、
 意が向上し(脳の活性が上がって)、
 知が働く(脳が働く)生物であることがわかる。
 すなわち、情がマスター(主人)で、
 知はスレーブ(従僕)である。」
b0141773_12432866.jpg

 「一般的に、
 情は低次元の心のはたらきと思われがちだが、
 実際には情こそ脳というエンジンを
 もっともよく働かせるガソリンなのである。
 人は情が受け入れられ、
 それによって意欲が上がると
 脳の活性も高まり、知が働くようになる」
b0141773_12434263.jpg
b0141773_1249494.jpg

メタボ対策としての特定保健指導では、
一定の情報をクライアントに伝えることが
担当栄養士に義務づけられているが、
情報の受け入れ態勢ができていない人に、
どんなに重要な情報を伝えても、
共感は得られない。
b0141773_12501587.jpg
b0141773_12515420.jpg

制度としては、やむを得ないことだが、
担当者が、それを丸呑みして実行すると
(「行動変容を促す」などといって)、
その効果は、「半減」程度では済まないだろう。
b0141773_1247622.jpg

「愛は脳を活性化する」
愛のない健康支援者は、
三流で終わるしかないだろう。
「愛」とは、渡辺淳一の専科ではない。
b0141773_12465331.jpg

多くの哺乳動物にとって、
愛は、または愛の表現力は、
種の生存のためという以前に、
自分の一生を活性化する不可欠の
ガソリン、ということになる。
b0141773_12463297.jpg

by rocky-road | 2014-07-08 12:47  

愛や恋を語る文章。

b0141773_19492871.jpg

7月5~6日(土/日)に
行なわれる、シリーズ
「栄養士・健康支援者のための輪読会」
のテキストができあがった。
(主催/パルマローザ)
タイトルは「愛と恋を語る文章」
担当、大橋禄郎。
b0141773_19505196.jpg

栄養士や健康支援者に
「愛や恋を語る文章」を鑑賞する能力の
強化がなぜ必要なのか。
b0141773_1951427.jpg

このテーマは、
「人間を多角的にとらえるために
関連書物を読む」というシリーズの一環。
これまでは、進化と人間、文化人類学、
比較文化論の視点から
「人間とは何か」を学んできた。
b0141773_19513129.jpg

科学の視点で考えても、
愛や恋は、生存のための基本行動である。
人間を知るうえで、
ここを迂回することのほうが不自然である。
b0141773_19514563.jpg

したがって、
人の健康行動を支援するシゴトにとって、
「愛とは」「恋とは」について
基礎知識を持っておくことには
バックボーンを鍛えるうえでの利点がある。
b0141773_19531964.jpg

愛や恋は、どちらかといえば、
文系的にとらえられがちだが、
今回は、脳科学的な視点で考えるところまで
攻めていきたいと思っている。
実際、脳科学の永遠のテーマの1つは
「こころ」である。
b0141773_1954128.jpg

このテーマにうってつけなのが、
昔、読んだ『愛は脳を活性化する』
(松本 元著 岩波書店)である。
おおいに教えられるところがあって、
担当していた『栄養と料理』の
連載・インタビュー「編集長訪問」に
ご登場願ったことがある。
(1988年12月号)
b0141773_19541485.jpg

松本さんは、
脳型コンピューターの開発にかかわった人である。
人間は、コンピューターを作り出したことによって
逆に脳のしくみを、
わかりやすく把握できるようになった。
インプットやアウトプットといった
コンピューター用語は、
そのまま脳の情報処理システムを
理解するのに役立っている。
b0141773_19562484.jpg

松本論によれば(脳科学の常識にもなっているが)
愛や恋は、本能的な「行動」ではあるとしても、
その基本的なしくみは、
対象者の印象や刺激が
脳に「インプット」されるというよりも、
その刺激を受けて、
脳内にすでにある記憶を材料にして
「愛」や「恋」というプログラムを
「アウトプット」する、ということになる。
b0141773_1956569.jpg

一目ぼれやストーカー行為は、
脳内での情報処理(プログラム化)が、
社会のしくみの中では
誤作動した、ということになる。
b0141773_19571829.jpg

脳科学の基礎知識をベースにして、
『風立ちぬ』(堀 辰雄)や
『春琴抄』(谷崎潤一郎)、
そして、渡辺淳一の諸作を読むと、
また違った恋の風景が見えてくるだろう。
b0141773_1957373.jpg

そのことによって、
栄養士や健康支援者の人間への洞察が、
いっそう深まるはずである。
そうでなければ、
愛や恋について考える意味はない。
b0141773_19581473.jpg
b0141773_19583435.jpg

今回は1泊2日のセミナー。
夜には、桂文楽の色っぽい噺でも
聞いていただこうかと思っている。
b0141773_19585527.jpg

--------------------
b0141773_19591418.jpg

★過日、脱法ハーブで撹乱した男が
 中国人女性をはねてしまったが、
 東京・池袋の現場には
 多くの人が供え物をしていた。

by rocky-road | 2014-07-03 19:58