<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

議員さんにおすすめ、トークの瞬発力トレーニング。

b0141773_23521630.jpg

東京都都議会で、
質問に立った女性議員が、
えげつないヤジを受けた。
この悲しいニュースは、
世界的な規模で広がりつつある。
b0141773_23523670.jpg

なにが悲しいか。
いちばんのポイントは、
これは場外乱闘であるということ。
腕力を前提としない民主主義のシステムの中では、
会議は平和的な「戦場」である。
あるいは、コトバによる格闘技である。
b0141773_2353963.jpg

ヤジは、
コトバ格闘技のルールに組み込まれていないが、
「是々非々」とやらで、
世界中の議会で、ある程度許容されている。
ヤジに限らず、議会中の居眠り、
私語、許可のない退席、
あくび、クシャミなども、
ある程度は許容されている。
b0141773_23532574.jpg

それらが、許容の範囲か否かを
決める権限を持つのは、議会の議長である。
都議会における侮蔑的なヤジに対しては、
まずは議長がクレームを入れるべきである。
b0141773_23541488.jpg

次に悲しいのは、
侮蔑を受けた議員が、
妙にわだかまりのない笑顔(苦笑)をしたこと。
そして、自分の席に戻ってから、
ハンカチで涙をぬぐったこと。
b0141773_23543130.jpg

これは、プロレスでいえば、
試合後に自分の負けを悲しんでいる図でしかない。
真のファイターなら、
即、壇上で戦闘態勢に入るべきである。
b0141773_23545869.jpg

「いま、私に対して許し難いヤジが飛びました。
質問の前に、この侮辱に対して、
議長に動議を申し入れます。
ヤジを飛ばした議員を立たせてください!」
b0141773_2355206.jpg

これを契機に、議場がどんなに紛糾しようが、
それはむしろ、議員のファイターとしての格があがること。
そこで決着をつけることなく、
自席に戻って涙をぬぐったり、
ブログで恨み、つらみを言うなどは、
試合放棄以外の何物でもない。
b0141773_235549100.jpg

同僚議員たちは、何をしていたのか。
自分の仲間が、かかる侮辱を受けたのに、
その場で抗議をしなかった脳天気ぶりを
問うた者がいたのか。
あとになって犯人捜しをするなどは、
議会ではなく、警視庁である。
同僚の中から犯人を見つけ出すなど、
人間として恥ずかしい。
b0141773_23561737.jpg

それというのも、
議会人がまっとうな議論をしていないからである。
用意した原稿を棒読みするだけの
議会運営をしているから、
ヤジられても笑っていられるのである。
b0141773_23564018.jpg

悲しみの3つめは、
こうした「死に体」(相撲用語)同然の
議会運営のお粗末さが、
世界的な情報になってしまったこと。
b0141773_23574369.jpg

昔、某新聞に「もの申す」という投書欄があった。
どこどこの店員が無礼な対応をした、
駅員の態度がよくなかった、
警官にひどいコトバをかけられた……。
b0141773_23575684.jpg

その場では抗議ができず、
あとになって新聞に投書して、ウダウダ言う。
控えめな日本人好みの人気の投書欄だった。

が、日本人のコミュニケーション力も
少しずつ上昇してきた。
「あとからウダウダ言うのはどんなものか」
という自問や指摘があったのか、
この人気投書欄も、やがて消えた。
もう50年以上は前のことだろうか。
b0141773_001759.jpg

社会は温室ではない。
思いもかけぬ迷惑や攻撃を受ける。
そればかり考えていると
いつも戦闘モードになっていなければならない。
それではトゲトゲし過ぎて落ち着かない。

確かにそうなのだが、
世間とは、社会とは、
そうした二面性を備え、
和戦両様の構えで、
または雌雄同体みたいな恰好で歩いてゆくところである。
b0141773_003155.jpg

「安心」と「安全」がセットで用意されているほど
世間は甘くはない。
「安心・安全」などとノンキに言っている奴を
ひっぱたいてやりたくなるのは、
平和ボケを売り歩いている
インチキ商売に見えるからである。

なかなか勝てないスポーツチームは、
ヘタだから勝てないだけのことだが、
解説者も評論家も、マスメディアも、
それを認めず、次への期待へと転化する。
選手は甘え、負けても妙に堂々としている。
選手をヤジるファンの声は
最初からないから、問題にもならない。
b0141773_005822.jpg

甘ったれたコトバファイターが恥ずかしい、
甘ったれ球技スポーツ環境が恥ずかしい。

男は、「敷居を跨げば7人の敵がある」として
育てられてきた。(最近は「玄関を出れば……」)
が、女性も社会に進出するとなると、
敵を持つことになる。
あの東京都議会のように、
男よりもキツイ攻撃を受けることになる。
b0141773_013061.jpg

新参者(しんざんもの)がシゴかれるのも、
これまた世の習い。
女性の場合、
あの下劣なヤジ都議や、
さらに下劣なセクハラや痴漢、DV、
ストーカーなどの被害を受ける可能性があるので、
敵は7人どころではなく、
700人か7000人くらいを
想定しておかなければならないだろう。
b0141773_021995.jpg

それが現実だとすれば、
硬軟合わせ持って、
どんな事態にも対処できる
準備性が必要だろう。
b0141773_031630.jpg

今回の都議会場でのヤジから始まった
場外乱闘のいちばんの当事者は、
侮辱を受けた女性議員自身である。
b0141773_023745.jpg

一般人が買い物の最中に、
スーパーマーケットかどこかで
イチャモンをつけられたのとは違う。
議場というコトバの格闘技場で、
ファイターとしての議員に向けられた攻撃である。

これは議員にとって、
そして同僚議員にとって
またとないチャンスだったはずだ。
ヤジった男をその場で探し出し、
この女性蔑視問題を論じ合うべきであった。
相手議員、対抗政党を、
場内でコテンパンにやっつけるチャンスを
自ら手放してしまった。
b0141773_0358100.jpg

5日たってから、
ヤジった議員が名乗り出たが、
女性議員は「もっと早く名乗り出てほしかった」と
他人事みたいに言っていた。
それを言うなら、あなた自身が
もっと早く、議場という公的リング上で
反論してほしかった。
自分の瞬発力不足にまったく気づいていないらしい。

コトバのファイターとしての自覚がない
1議員、同僚議員、議長らの怠慢によって、
場外乱闘は、日本人の民度の低さを世界に知らしめた。
b0141773_044247.jpg

いま、あの女性議員には
トークの瞬発力強化のトレーニングをしてあげたい。
毎月、行なっている「食ジム」に
1、2度出てくれれば、
健康支援者並みのトーク力、
コトバの瞬発力をつけてあげられるだろう。
b0141773_05540.jpg

「食ジム」とは、
健康支援者を中心として行なっている、
問題掘り下げ型のディスカッション・ジム。
(食コーチング・プログラムス主催)

「周囲との人間関係づくりに秘策はあるのか」
「食や健康のマユツバ情報にどう対処するか」
「人間関係の幅を広げる 余暇活動のあり方」
「栄養士、健康支援者が転職を考えるとき」
などのテーマで1日かけて話し合っている。

by rocky-road | 2014-06-24 00:05  

ロッコム文章・編集塾・能登教室は初夏日和。

b0141773_14595871.jpg

ロッコム文章・編集塾/能登教室の
2回目が終わった。
(6月15日 日曜日 13時30~17時。
七尾市垣吉町へ部 「サンビーム 日和ケ丘」にて)

2003年に、
ロッコム文章・編集塾を開いたときには、
その11年後に、
石川県能登で教室が開かれるようになるとは、
思いもよらない経過である。
b0141773_1502295.jpg
b0141773_1504096.jpg

遠方に住んでいて、毎月1回の教室に
通うにはムリのある人のために
3か月に1回、
「遠距離クラス」を開講したのは
2008年のことである。
b0141773_152209.jpg

この遠距離クラスに通っておられる方が、
地元である石川県の能登でも
教室を開講できないないだろうか、と
相談をしてくださった。
b0141773_1523077.jpg

ロッコム文章・編集塾を開講したのは、
社会人の勉強不足を改善したいと思ったため。
したがって、地球上のどこであれ、
大人を対象とした教室であれば、
喜んで出かけるつもり。
b0141773_1525833.jpg

日本の規模で見れば、
勉強したい人は各地に少なからずいるはずだが、
教室を開催するための経験、
企画力、プロデュース力、
もっと根源的には熱意などに不足があって、
なかなか実現しない。
b0141773_15164357.jpg

能登には、そういう人材があり、
任意の栄養士サークルである「あじさい会」の
発案、運営によって継続開催が可能になった。
出席者、約30名。
早くも、第2回目となった。
b0141773_1517782.jpg

遠距離クラスのメンバーでもある
4人の方々のうち、3名は、
遠路、香川、岡山、三重から、
そして、同県ながら金沢からお1人が
参加してくださった。

「能登教室 第2回」は
以下のプログラムで講義をした。

1.「なじんだコトバを見直す。」
  「言語」「食文化」「和食」
  「栄養士」「栄養士の使命」
  「栄養バランス」「ヘルシー」などの定義
  または、解釈の仕方について講じた。
b0141773_15192938.jpg

2.宿題発表。(一部の人)
  「私はこのように文章を活用したい」
  600字。
  一定の水準に達している人ばかりなので安堵した。
  が、600字を埋められない人がほとんどで、
  「情報化」力をつける余地がある。
  文章の良し悪しを決定する大きな要素は、
  国語力以前に、情報の量と質である。

3.公的な文章の読み方。
  意見がない、またはありながらもボカす、
  日本人的な(?)「あいまい論調」の実例を示した。
  それは、新潟県三条市が行なった、
  一時的な牛乳の提供休止の是非を論ずる
  新聞記事、栄養士会の機関誌の記事。
b0141773_1522482.jpg

  和食の献立のとき、牛乳は合わない、
  ということで一時休止したらしいが、
  新聞記事は、いやに遠回しな表現で「賛意」を示す。
  そのぼかし方にはズル賢さが感じられて、
  見事な悪文の事例。
b0141773_15203591.jpg

  栄養士の機関誌の記事は、
  牛乳供食休止反対を匂わせるが、
  「I think……」に当たる表現がなく、
  筆者のスタンスがわからない。
b0141773_15205934.jpg

  こういう主張のない文章を書いている限り、
  日本人は外国語を習得しても、
  社会人として、地球人として、
  まともな意思表示はできないだろう。
b0141773_15211588.jpg

  かくも意志薄弱な文章が、
  日本の栄養士を代表する雑誌に載ることの深刻さに
  気づいていただきたくて、
  「学校給食での牛乳の提供を
  中止する試みについて」という文章を読んだ。
  このタイトルにも、
  筆者の忍者のような身の隠し方術が
  よく表われている。
b0141773_15235054.jpg
  
  タイトルは「○○について」書いてあるのが普通。
  そこから1歩前進して、
  「学校給食で牛乳を休止することに反対する
   これだけの理由」くらいのタイトルを
  つけられないだろうか。
  もっとも、テキストに使った論調には、
  そんなアイディアはないし、
  はっきりした主張がないのだから、
  タイトルさえ、ボカさざるをざるを得ないのだろう。
b0141773_15241347.jpg

4.日本語が『オックスフォード英語辞典』に
  どれくらい収載されているか、
  ということを記事にした
  読売新聞の記事(5月22日付)を紹介した。
b0141773_15242874.jpg

  「公家」や「坊主」は16世紀には収載されており、
  最近は「コスプレ」や「アニメ」などの和製英語も
  収載されるようになった、と。
b0141773_15245613.jpg

  何語だろうが、カタカナで表記した瞬間、
  それは日本語として市民権を得る、
  ということを話した。
  日本人が英語を作って(造語)いけない、
  ロシア語を作ってはいけない、
  などというルールは、どこにもない。
b0141773_1525977.jpg

5.「『記号』としての服飾論」
  衣服は、記号論的には、もっとも身近な環境。
  「地域環境」は、そう簡単には変えられないが、
  衣服という環境は変えられる。
  ビシッとした服を着れば、
  姿勢がよくなり、自信を増強し、
  アイデンティティを強化する。
b0141773_1525244.jpg

  その環境は、
  自分の人生のサイズを決めることに関係する。
  どこに住んでいようと、大きくは生きられる。
  ピチピチ、ヨレヨレ、地味な服を着ていれば、
  それは人生、縮小されるだろう。

終了後、宿泊先「ちりはまホテル ゆ華」
(羽咋市千里浜)では、
私の誕生日を祝っていただいた。
b0141773_1526219.jpg

就寝前の2時間は、
例によって、パルマローザ、食コーチングスタイルの
「夜通しトーク」を行なった。(有志10名)
テーマは「10年後の私」
b0141773_15261453.jpg

世代によって10年後のイメージは異なる。
若い人はおぼろげ、
キャリアのある人はイメージが固まりつつある。
b0141773_15264246.jpg

私の持論は「未来はコトバの中にある」
イメージをコトバにすることは、
設計図を書くことに通じる。
この日の「夜通しトーク」は、
「設計図のお絵描き会」の効果があったように思う。
b0141773_15271143.jpg

教室の前後には、
能登のスポットを案内していただいた。
次回は9月。
このときは、能登の海で2~3日、
潜ってみようと思った。
b0141773_15272926.jpg

by rocky-road | 2014-06-20 15:27  

「食育シンドローム」に気をつけよう。

b0141773_2355267.jpg

内閣府がまとめた、
平成25年度の食育に関する
推進施策(186回国会提出)、
同白書、同意識調査報告書などに
目を通す機会があった。
b0141773_235366.jpg

それによって、
食育の近況を知る機会を得た、
というよりも、
「食育」というコトバの奇妙さについて
言語学的な懸念を抱いた。
b0141773_23532148.jpg

平成17年に食育基本法が制定された当時から
指摘してきたことではあるが、
「食育」というコトバには定義がない。
不思議なことだが、
法律化され、内閣の国家的施策とされる
大運動ながらも、
その根幹となる「食育」に定義がないのである。
b0141773_2354247.jpg

定義はなくても、目的はある。
関係者なら、それには目を通した経験があるはずで、
こんなふうになっている。(概要)

「国民が健全な心身を培い、
豊かな人間性をはぐくむための
食育を推進し、施策を総合的かつ計画的に
推進すること等を目的とする」
b0141773_23562671.jpg

定義をしないまま、
「食育を推進し……」とくる。
言語学系の人間であれば、
直感的に「危ないな」と思うだろう。
たとえれば、
旅行バッグの大きさがわからないままに、
中に入れるものを用意するようなもの。
b0141773_23565327.jpg

バッグに詰め込み始めたところで、
ちょっとバッグが小さすぎたな、と思っても、
別のバッグを用意する時間もなく、
かまわず押し込んでしまう。
当然、ファスナーはかからず、
移動中に中身があふれ出す。
b0141773_23571875.jpg

食育の基本的施策には、
こんなにも中身が多い。
1.家庭における食育の推進
2.学校、保育所等における食育の推進
3.地域における食生活の改善のための
  取組(ママ)の推進
4.食育の推進運動の展開
5.生活者と消費者との交流の促進、
  環境と調和のとれた農林、漁業の活性化等
6.食文化の継承のための活動への支援等
7.食品の安全性、栄養その他の食生活に関する調査、研究、
  情報の提供及び国際交流の推進
b0141773_23574647.jpg

おおむね国民の食行動の全部といえる。
「3」の「食生活の改善」というのは、
たぶん、生活習慣病予防を想定しているのだろう。
「健康の維持・向上」という文言がないのが
むしろ不思議である。
b0141773_00572.jpg

いずれにしろ、
これらの施策を「食育」というコトバで包むムリは
だれにもわかるだろう。
「知育、徳育、体育」という文脈の
中から生まれた「食育」という用語には、
どうしても年少者を対象とする、というニュアンスがある。
b0141773_23582267.jpg

現に、『広辞苑』(第六版)での定義は
「食材・食習慣・栄養など、食に関する教育」
となっている。
これが「食育」というコトバから受ける
日本人の普通の言語感覚だろう。
b0141773_23535354.jpg

「食育」は、日本語では名詞だが、
中国語風の解釈では動詞だろう。
「食を育てる」と解釈するのか、
「食で育てる」と読むのか、
たぶん、中国人には理解できない用語だろうが。
日本語の「する」という動詞は、
どこの国のコトバにもくっついて動詞化する。
b0141773_0152639.jpg

「学問・する」「勉強・する」「お茶・する」
「カンニング・する」「エスケープ・する」
「ランデブー・する」「ゲバルト・する」
当然、「食育・する」もありだが、
「食育する」とはなにを「する」のか。
b0141773_0154328.jpg

b0141773_1032821.jpg
内閣府は、食育というコトバの周知度に関しても
意識調査をしているが、
「言葉も意味も知っていた」という人が43.6%、
「言葉は知っていたが、
意味は知らなかった」が33.0%、
「言葉も意味も知らなかった」が23.4%
いかにも手前味噌のデータである。
b0141773_012369.jpg

「言葉も意味も知っていた」という43.6%に
聞いてみたいものである。「どうわかっているの?」
これだけスケールの多い運動を「知る」とは
どういうことなのか。
すらすらと答える人が43%もいるなんて、
ご冗談でしょう。
b0141773_014682.jpg

が、いまや、
振り返って語感について考え直そう、
などといっているヒマはなく、
食育は、前へ前へと進む。
b0141773_0263.jpg

「メタボリックシンドロームの予防や改善」も食育、
「リスクコミュニケーションの充実」も食育、
「日本人の食事摂取基準の充実、公表、活用推進」も食育……。
b0141773_022723.jpg

こうなると、
「なんでもあり」の「食育チャンプル」である。
b0141773_024328.jpg

コトバにも積載量に限界というものがあるし、
「分」(わきまえ)というものがある。
「分不相応」なコトバは、
重みに耐えかねて潰れる。
つまり死語になる。
b0141773_03929.jpg

定義のないコトバは、
残酷な面もある。
土俵のない相撲と同じで、
弱い者は、倒れない限り、
ずっと押されっぱなしになる。
ゲームオーバーがないのである。
b0141773_032839.jpg

これを「永久的なビジネスチャンス」ととるか、
「終わりのない耐久レース」ととるか。
b0141773_044114.jpg

いま、医学的な見地から
新語を作るとすれば、それは
「食育疲れ」
「食育シンドローム」
ではないだろうか。

by rocky-road | 2014-06-12 00:04