<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

鉄道会社が訛る地名あれこれ。

b0141773_2353632.jpg

神保町(東京、神田)の古書店で
『地名語源辞典』というのを見つけた。
(山中襄太著 板倉書房 
 昭和44年4月30日、第二版発行)
私には掘り出し物、よくこれに巡り合えたと
表紙を何回も撫でながら思う1冊である。
b0141773_2354723.jpg

無人島に流されるとして、
そのとき「1冊だけ本を持ってゆくことが
許されるとしたら、どんな本を持ってゆくか」
というコトバ遊びがあるが、
そんな問いに対する候補の1冊となる本である。
b0141773_2361358.jpg

ストーリー性のある内容だと、
何回か読めば頭に入ってしまうため、
遠からず、読んで楽しい本ではなくなる。
が、辞書は、一気に読んでも頭に入らないから、
何年、何十年もかかって読むことになる。
そういう点で、辞書は「孤島向きの1冊」といえる。
b0141773_2381954.jpg

この地名辞典で、
最初に検索したのは自分が住む地域「赤羽」である。
こんな記述になっている。

 「東京都の国鉄の駅のある赤羽のほかに、
 同じ地名は栃木、福島、宮城、岩手、新潟、
 千葉、神奈川、愛知などにもあり、
 『赤埴』と書いてアカバネと読むのが奈良に、
 アカバニと読むのが栃木に、
 アカハニと読むのが福島にある。
 赤埴とは『赤い粘土』、
 埴とは埴輪のハニで粘土のこと。

 赤羽の『羽』は『埴』の当て字で
 赤い粘土の意。赤い羽根ではない。
 羽根、羽根沢、羽田(ハネダ)、
 羽川、羽生(ハニュウ ハフネ)などの地名も
 埴(ハニ)、埴沢、埴田、埴川、埴生と
 書くのが本当で、
 いずれも粘土に関係した地名である」
 (中略)
 「山本直文氏はアイヌ語akka-pane
 (流れの川下)だという」

b0141773_2349922.jpg

 1人の学者が書いた文章を辞書にするとき、
共同執筆者による場合と違って、
文体の統一という作業は無用になる。
そのせいか、充分に人間味を感じる文体である。

そういう個性の残る文章によって、
自分の住む地域が「粘土だ」「赤土だ」と論述されると、
きわめて愉快な気分とはいえないが、
ルーツを知ること、事実を知ることの楽しさは、
そうした情緒的反応を上回る。
b0141773_23494579.jpg

ついでに、
ロッコム文章・編集塾/能登教室の開塾にちなんで、
「能登」という地名のルーツを検索してみた。

 「石川県のもと能登の国、能登半島。
 アイヌ語でnot(アゴ、ミサキ)が
 地名となって残ったものだという。
 満州語でもミサキのことをノトいうことが
 『遼金元三史語解』に出ているという。
 バチェラーの日本地名研究によれば、
 能登とはアイヌ語not(アゴを)o(持つ)だという。
 その東端、珠洲岬はマレー語suzu(端)だ
 との説があるが、どちらもたしかでない」

b0141773_113187.jpg

こうやって、知人・友人の住む地名を検索していると、
ホンキで孤島に流されたくなるものである。

地名に関して、最近、気になることがある。
先日、後楽園、東京ドームのある最寄りのJR駅、
「水道橋駅」のホームを歩いていたら、
構内放送で「スイドウバシ」(中高アクセント
「水道局」のときの発音)と言っていた。
地元の人は昔から「平板アクセント」である
(「スケソウダラ」と同じ発音)。
b0141773_123729.jpg

これとは逆に、
「田端駅」のことを同駅のホームの放送では、
平板アクセントで「タバタ」という
(「マワタ」真綿の発音)。
これは地元では「バタ」(頭高アクセント
「タブン」多分の発音)。
車内放送も「次はバタです」と
頭高に発音している。
b0141773_23532690.jpg

だいぶ昔になるが、
東京都の路線バスの停留所「駒込吉祥寺」を
車内案内で「コマゴメ キッショウジ」
と言っているのに驚いた。
「吉祥」には古来、「吉祥模様 キッショウモヨウ」や
「吉祥天 キッショウテン」の読み方があるが、
駒込吉祥寺の場合は「キチジョウジ」である。

ついでにいえば、東京都武蔵野市にある「吉祥寺」は、
江戸時代、駒込の吉祥寺が大火で焼けたため、
寺が、そこへ移転したことによる、とされる。
b0141773_23534363.jpg

「キッショウジ」については、都の交通局に電話をして
おかしいことを伝えたら、
「次回の録音時に改める」との回答。
事実、その後、「キチジョウジ」に改められた。
b0141773_23562199.jpg

地名は、原則として「現地音」に従うのがルール。
私が生まれた「文京区指ケ谷町」および
わが母校「指ケ谷小学校」は「サスガヤ」と呼ぶ。
よそ者に「サシガヤ」と言う人がいるが、正しくない。
b0141773_23541094.jpg

いまは、このあたりを「白山」と呼ぶ。
この場合のアクセントは「たくさん 沢山」と同じ平板読み。
石川県と岐阜県の境にある「白山 クサン」
(頭高。「トウサン」父さん)とは発音が異なる。
が、石川や岐阜の人がどう呼んでいるか、不案内である。
b0141773_2357179.jpg

その地に住む人への敬意として、
そこの人たちが呼んでいる地名に従うべきである。

銀座にある「松屋デパート」は「マツヤ」(平板)であり、
牛丼やカレーライスの「松屋」は「マヤ」(中高)である。

東京の「日本橋」は「ニホンバシ」、
大阪の「日本橋」は「ニッポンバシ」
地元音アクセントに倣うことは、
地元の人に敬意を示すとともに、
そこの人たちと親しくなるための基本中の基本。
b0141773_2345495.jpg

ところが、これに組織的に逆行する者もいる。
JR駅のうち、地元音を無視した悪名高き駅名は、
東北本線などの鈍行が最初に止まる「尾久駅」である。
JRでは「オク」(奥と同じ発音)としている。
が、地元の人は昔から「オグ」(平板、「物を置く」と同じ発音)
と言っており、バスの駅名も「オグ」であり、
「尾久橋」など、ほとんどが「オグ」である。

国鉄時代、責任者が、現地音を訛りと解釈し、
「オク」を正解とした、という説がある。
地元の人は異議を唱えただろうが、
全国の駅の表示を変える必要があり、
一度決めると変更はできないのだろう。
b0141773_23462092.jpg

鉄道会社の首脳部に、言語学者はもちろん、
言語感覚にすぐれた者がいる可能性は少ないので
(ここまで紹介したとおり!!)、
気がついた人が指摘するのが親切というものである。

頭高か平板か、中高かという程度のことなら、
現場の判断で正しいものに変えることができるはず。
b0141773_23572773.jpg

「水道橋駅」や「田端駅」には
遠からず指摘するつもりでいる。
改めさせる自信はある。
b0141773_23574376.jpg

[PR]

by rocky-road | 2014-03-29 23:13  

ロッコム文章・編集塾、能登教室開講。

b0141773_22121095.jpg

この3月16日(日)に、
ロッコム文章・編集塾の「能登教室」が開塾した。
(13時~17時30分 能登空港会議室)
b0141773_0235011.jpg

b0141773_024148.jpg

横浜での遠距離クラス(3か月に1回)や、
健康支援者のための非営利ネットワーク「パルマローザ」のイベント、
食コーチングのセミナーなどに
能登から参加されている方々が中心となって、
「能登教室」のお膳立てをしてくださった。
b0141773_0244178.jpg
b0141773_0245758.jpg

能登では、
すでに何回かセミナーを開催していただいているので、
初対面の方のほうが少ないくらい。
名簿によると28人の方の受講があった。
病院やクリニック、老人ホーム、食品メーカー、
地域栄養士会で活躍する栄養士、
さらに、調理師、保健師など。
演劇施設の事務の方の参加もあった。

最初の自己紹介で、受講動機などを伺ったのだが、
「○○さんにお声をかけられて」という人も少なくなかった。
地域の人的ネットワークの強さを感じた。

初回の講義は、インデックス的に、
基本的な話を講じた。
b0141773_026373.jpg

タイトル
「栄養士が、文章力をつけることにどんな意味があるのか。」
サブ 「生涯現役を目指す栄養士のために」 

1.(栄養士が)文章力をつけることの意味。
  *「人は文章で考える」とはどういうことか。

2.見直したい文章・コミュニケーション環境。
  *ハガキ、手紙の受発信のたいせつさ
  *パソコンによるメールや文書の基本
  *公文書の書式
  *日記、その他の記録の意味

3.文章力をつけるのにプラスになる習慣。
  *パソコンと手書きの違い
  *用字用語--魚、野菜の表記法
  *「早速」「美味しい」「度々」などの書き方はなぜよくないか。
b0141773_0273215.jpg

終了後、30分間、質問を受けた。
理解ができたうえでの質問がほとんどで、
おおむね言わんとすることは伝わったように思う。
ある人が、
「いままでは、職場の範囲にとどまっていて、
社会に通用しない文章を書いていた」と感想を述べたが、
よい気づきであったと思う。
b0141773_02968.jpg

「社会人とは、異業種の人と、
対等に、フレンドリーにコミュニケーションができる人」
と定義することもできる、などと思ったりもした。
そういう意味では、社会人でない国会議員も
弁護士も、医師も多い、わが日本国ではある。

アンケートの感想に目を通すと、
長年慣れ親しんだ用字用語は抜けないもので、
「使わないほうがよい」と言った表記が
堂々と行なわれていた。

開講にご尽力いただいた方々は
「おもてなしの心」が行き届いていた。
空港には8人の方々が出迎えてくれた。
手作りのプラカードを掲げて……。
b0141773_02834.jpg

4時間の講義中には、
講師に、適度にトイレタイムをとることを促すために、
小さな手作りのプラカーカードを掲げて、
最前列で示してくれた。
そのホスピタリティ精神、アイディア、
リーダーシップに脱帽である。
b0141773_0295643.jpg

次回、第2回の教室は、
本年6月15日(日)と決まった。
b0141773_0321627.jpg
b0141773_0322733.jpg
b0141773_033296.jpg

さて、以下は旅の記録。
翌日は、ドライブで、朝市、千枚田、塩田、
そして能登半島の最先端、珠洲市の海を見せていただいた。
いつか、この海にもスノーケリングで入ってみたいと思った。
b0141773_0324761.jpg
b0141773_034392.jpg
b0141773_0391353.jpg
b0141773_0393257.jpg
b0141773_040573.jpg
b0141773_0395123.jpg
b0141773_0402160.jpg
b0141773_040328.jpg

朝市での体験。
ひょっとして、
輪島塗のペーパナイフがあるのではないかと期待して、
何軒かで聞いてみたが、「さあ?」
ある店で「輪島では聞いたことがない」とのこと。
漆製品とペーパーナイフという文化はないのかもしれない。
b0141773_0342834.jpg

もう1つ、和紙がほしかった。
場違いとも思ってはいたが、
輪島にも能登の和紙を扱う店があった。
が、A3判よりもさらに大きい。
「ハサミで切るしかないかな」とつぶやいたら、
店主が、そこだけ鋭利な縁(ふち)になるので、
半分に折って、その部分を濡らし、
ちぎるのです、という。
b0141773_9252158.jpg

帰ってさっそく半分に切った(ちぎった)。
これがなんとも楽しい。
きれいな縁になった。
いままでハサミで切ってきた無粋を恥じた。
高い紙だが、十二分に楽しんで、
その量は倍になった。
b0141773_9245550.jpg

ふだん、使ったことのないコトバだが、
「長生きはするものだ」と
1人つぶやいた。
b0141773_9243168.jpg

蛇足。
角封筒を使う人の中には、
のりしろに、たっぷりとのりを塗って
貼りつけるものだから、
へーパーナイフで切り込む隙間がない。
仕方なく、ハサミを使うが、
こうすると内部の便箋にハサミが入るリスクが生じる。
b0141773_9241215.jpg

世の中には、ペーパーナイフ派というものが
存在することを念頭において
手紙の封をしていただきたい。
b0141773_9235235.jpg

[PR]

by rocky-road | 2014-03-20 00:26  

社会環境を汚染するコトバ。

b0141773_1821086.jpg

NHKテレビのクイズ番組に
「バカリズム」という人が
レギュラー出演しているのに驚いた。

クイズへの適応性もよく、
なかなか頭のキレそうなタレントなのだが、
自身のネーミング力という点では、
自称するように、少しはおバカなのかもしれない。
b0141773_17244667.jpg

いまはどうか知らないが、
昔は家の中で「バカ」というと叱られた。
兄弟ゲンカで取っ組み合いになっても、
「バカ」とは言えなかった。
言うと親に殴られるからである。

上流家庭だったわけではない。
中流よりも少し下かな、
という程度の家庭でも、そうだった。
b0141773_1724575.jpg

表(おもて)や学校でケンカをするとき
「バ~カ」
「お前がバカだろォ」などと
「バカ」だけを繰り返している子は、
軟弱だったり、弱虫だったりして、
どちらにしても仲間内の順位は低い子に多かった。
b0141773_1873443.jpg

時代は変わった。
歌詞の中の「真っ赤なポルシェ」を
禁句にしたNHKも、「バカ」は容認し、
「ポルノ」や「コブクロ」も
音楽番組の中では上座のほうに据えている。
b0141773_17251791.jpg

固有名詞だから、
その部分だけ「ピピピ」と
別の音をかぶせるわけにはいかない。

冬季オリンピック放送のテーマ曲まで歌わせたのだから、
十二分に社会的に認知されたことになる。
つまり、「ポルノグラフティ」は
社会環境の一部になった。
b0141773_17253210.jpg

辞書で「ポルノグラフティ」を検索すると
「(もともとギリシャ語で娼婦の意)
(フランス語で)性的興味をそそるような描写を
主とした文学・写真・映画の類」とある。

ついでに「こぶくろ」(子袋)は、
「子の宿る器官。子宮。こつぼ」とある。
b0141773_17261086.jpg

日本の音楽番組では、
このように低劣なネーミングが
なんの抵抗も受けずに茶の間に入ってくるのが現状である。
b0141773_17263939.jpg

それにしても、男性ミュージシャンの
著しい言語センスの低さにはあきれる。

昔、自分の子に「悪魔」とネーミングし、
役所に届けようとした親がいたが、
受理されなかった。
子が大きくなったときのことを考えると
不適当というのが理由だった。
b0141773_17265033.jpg

「悪魔」に反対した人たちの心の底には、
そういう節度のない、ふざけたネーミングによって
社会の空気が濁るのを防ぎたい、
というメンタリティもあっただろうと想像できる。

各々のネーミングに、
どういう事情や動機があるかは問題ではない。
何か、もっともな理由があるとしても、
社会の空気を汚染する、それが問題となる。
そういう風潮を、
問題にしないことが問題、という図式になる。
b0141773_17272152.jpg

「表現の自由」だの「ネーミングの自由」だのというが、
公害の原因になる以上、
笑ってすますわけにはいかない。

最近は、むやみに「殺すぞ」「死ね」などというと
警察沙汰になる。
昔、子どもがチャンバラや戦争ごっこ、
プロレスごっこに興ずるときには
「ぶっ殺してやる」「死ね」「地獄に送ってやる」
などと叫び続けたものである。
b0141773_17275665.jpg

そんな場面にも、親や警察は介入してこなかった。
が、いまは多様なメディアが普及し、
情報環境が、町内会よりももっと狭くなった。
そんな狭い環境の中で、
いい大人が、恥ずかしげもなく、
不適切ネーミングや不適切発言をするようになった。
仲間内の発言も、つぶやきも、
即、社会環境になってしまう。

平均寿命が延びるということは、
大人および社会を若年化、幼児化する側面を持つ。
人生のタイムスケジュールがゆったりしてくると、
大人になること、老成することを急がなくなる。
肉体的にも精神的にも、若い時代が続く。
そういう環境の中では、
精神的に大人になれない者の比率も高くなる。
b0141773_17281886.jpg

普通、二十歳にでもなれば、
自分のことを「バカリズムだ」「ポルノだ」「コブクロだ」
などと、卑下して、かつ、それを社会に発信するなどは、
恥ずかしくてできない。
b0141773_18112910.jpg

ちょっと考えればわかるが、
彼らが60歳、70歳になって、
孫の仲間たちに
「私がポルノです」「僕たち、コブクロ」
「何を隠そう、私がバカリズム」と
いえるのだろうか。
そういう状況が想像できないというのは、
また精神年齢は、いいとこ13歳未満。
b0141773_17283434.jpg

とはいえ、現実には、それが普通の社会環境になった。
終戦後、子どもたちは、英語を真似て
「ワタシハ ニュッポンジンディエスヨ」などと、
ふざけたものである。

が、それが若いポップス系のミュージシャンに移って、
「クワゼニ サマヨウ クォノハノヨウニ♪」
などという発音法が継承された。
その若者も、すでに60歳を過ぎている。
が、いまも、あの発音で歌う。
耳にするたびに、「戦後は終わっていない」と実感する。
小学生が中高年になった。
が、いまさら自分の声では歌えない。
カタコト日本語がブランドになったから。
b0141773_17285693.jpg

作曲家の小林亜星氏は、
ジャズと英語とは相性がバツグンによい、といった。
ドイツ語のジャズも、フランスのジャズも、
確かにしっくりこない。
日本語も、もちろんダメ。
だから、あの発音にならざるをえない。
研究に値する言語現象である。
「シンガーソングライターにおける巻き舌発音の法則性」

話を戻して、
品格のないコトバが、なぜ社会環境を悪くするのか、
分析しておこう。
b0141773_1810525.jpg

話は簡単で、
①リズムやテンポ、メロディに支えられたコトバは、
 その意味への関心を弱め、
 多くの人に受け入れられやすい。
 それを演ずる者への抵抗性も弱める。

②センスの悪いコトバが繰り返されていると、
 それへの抵抗性を弱めるだけでなく、
 それを自分から使うようになったりする。
 「見れる」「寝れる」「食べれる」のごとく。
 差別語などは、それを押さえることで、
 社会の汚染度は抑制されている。
 やはり「悪貨は良貨を駆逐する」
b0141773_17291763.jpg

最後に、ここでもしばしば指摘している
汚染度の高めのコトバをあげておこう。
b0141773_1891636.jpg

「いわゆる」の連発や、誤用。
この場合の汚染性は、
一言でいえば、「知的ぶりっこ」による偽善性。
「いわゆる」といってから、
「……なんていったらいいのか」などとつなげる大人は、
食品の偽装表示に近い「まともな人偽装」である。
b0141773_1885969.jpg

「安全・安心」
安全と安心とは次元の違うコトバ。
これを連発することで、
安全に対する社会の注意力を弛緩または麻痺させる。
b0141773_1831052.jpg

[PR]

by rocky-road | 2014-03-12 17:29  

ウサギの生存をどう支えるか。

b0141773_2352215.jpg

4月からの消費税アップに合わせて、
流布している切手に
2円の追加料金を示す新商品ができた。

さっそく求めてきたが、
懸念していたことのとおりになった。
ウサギをデザインした、
従来型のスタイルである。
b0141773_23524885.jpg

2円切手というのは、
50円切手、80円切手を下支えする脇役のまた脇役。
できれば普通サイズの半分か
3分の1くらいの大きさがふさわしい。
b0141773_0253723.jpg

が、それでは取り扱いに不便だろうから、
サイズをスタンダードにするのはやむをえない。
b0141773_2355296.jpg

それにしても、デザインは、主役を食ってはいけない。
これまで発行してきた数億に及ぶ既存、先行の切手のデザインと
バッティングしないように、という配慮がほしい。

写真のように、
メインの切手のイメージを減ずるものであっては困る。
そういう条件に近づくには、色の薄い幾何学模様や
インテリアの壁紙のような
没個性的で控えめなものが望まれる。
b0141773_075944.jpg

が、悲しいかな、
郵便会社の切手企画担当者は、
いろいろのデータは持っているであろうが、
郵便文化の意義をしっかり理解している可能性は低いし、
ましてや、
自分も手紙・ハガキ文化を楽しんでいる可能性は
ますます低い。
それを証明しているのが
今回のウサギ切手である。
(ウサギが嫌いなのではない)
b0141773_23565883.jpg

切手は、単なる領収証でもないし、
配達料金証明書ではない。
それ自体が多様な情報や意味を持ち、
メッセージを伝えるメディアである。
「ハガキ・手紙コミュニケーション」にあって、
切手は、ときに文面以上の意味を持つこともある。
b0141773_2357169.jpg

文面に関連する切手を選ぶ、
相手の住む土地に関する切手を選ぶ、
相手の好みに合わせて切手を選ぶ……、
そのために、郵便局をしばしばのぞく。
それは独りよがりの趣味以上の意味を持つ。
b0141773_0284925.jpg

残念ながら、しばらくは、
トラやライオンとのセット、
世界遺産とウサギの組み合わせ、
富士山とウサギ……というミスマッチングに
耐えるしかないのか。
b0141773_2358792.jpg
b0141773_23582719.jpg
b0141773_23584549.jpg

この段階でウサギの生存を認めるなら、
ウサギの好きなにんじん絵の50円、80円切手、
ウサギが走り回る草原風景の50円、80円切手などを
次々に発行してやらなければなるまい。
b0141773_23591699.jpg
b0141773_23593835.jpg

手持ちの切手とのミスマッチを防ぐには、
2枚の切手を貼る距離を
思いきり離すことだろうが、
それこそスタンプ作業に大きな負担をかけるだろう。
b0141773_042583.jpg

いや、すでにコンピューターが、
どんな貼り方にも応じられると、
待機しているかもしれない。
b0141773_03104.jpg

そうこうしているうちに、
消費税10%の時代の切手デザインも
考えてもらわねばならない。
b0141773_01828.jpg

いつでも相談に乗るつもりでいる。
b0141773_00581.jpg

[PR]

by rocky-road | 2014-03-07 00:04