<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

人間をやめますか、動物をやめますか。

b0141773_2359341.jpg

2月16日、「食ジム」出席のために横浜に向かう車中で、
妙に清々しい気分になった。
病み上がりにもかかわらず、である。

前の席にいる3人が、一様に本を読んでいたのである。
厳密にいうと、その1人は書類に目を通していた。
昔は、こんな風景は当たり前だった。

が、いまは、前の3人が3人、
ペーパーに目を注いでいる、
それは、懐かしいというよりも、
心が和む風景だった。
b0141773_015202.jpg

が、もう少し視野をズームアウトすると、
視界には、写真のような酔っぱらいが
ヘソを出して熟睡している姿が入ってくる。
日曜日とはいえ、午前9時台の風景としては、
あまり愉快な図とはいえない。
b0141773_002589.jpg

スマホ依存症が増えているという。
ケイタイから始まってスマホに至るまでに、
すでに依存症問題は指摘され続けてきた。

精神医学的な視点で論じられることが多いが、
人間の、または動物の感受性や
知的活動との関係という切り口で
この問題を論じた論説にはまだ接していない。
b0141773_013225.jpg

昭和の大評論家・大宅壮一氏は、
テレビが普及する過程で「一億総白痴化」と警告した。
活字で育った人から見ると、
映像中心の情報が、
家庭の中、茶の間や寝室にまで入り込んでくる状態を
危険と見たようである。
(ちなみに、パソコンは「はくち」を漢字変換できない。
差別用語とは違うと思うが)

しかし、日本人がテレビによって白痴化したという
事実を証明するエビデンスはなかった。
大宅氏のいわんとするところは、
活字文化から遠ざかることは
バカになることに等しい、ということだろう。

テレビの普及に比べると、
スマホの普及のほうが、
いっそう白痴化度が高いと思われるが、
世界のトップクラスの知性人が、
ケイタイやスマホを使いこなしているから、
大宅壮一式解釈を当てはめるわけにもいかない。
b0141773_011076.jpg

私には、電車のプラットホームや横断歩道の真ん中で
スマホを操作している人間を見ると、
白痴というより、それ以前の、
動物性を失った夢遊病者に見える。

階段の昇降時や食事の最中に
スマホを見つめている人間の非動物性とは、
環境への適応性を失いつつある状態といえる。
電車に乗って、椅子が空いていることは認識する。
で、そこに座る。
が、環境確認はそこまで。
すぐに、デジタル機器の中の環境の中に入り込む。
b0141773_043564.jpg

隣の人が男か女か、
何をしているのか、
そういうことへの反応が鈍くなっている状態は
動物性の著しい後退である。
人間は、自分が動物であることを知っている、
それが知能の発達というものである。
b0141773_045062.jpg

最初にあげた、朝っぱらからの酔っぱらいもそうだが、
以前、人食いザメのジョーズのかぶり物をして
車内で本を読んでいる男がいたが、
だれ1人として、かれのジョーク、
かれの度胸に反応しなかった。
その異常な光景を撮ろうと思ったが、
そうした行為にも、だれも、なんの関心も示さない。
そのことの異常さ!!!
b0141773_052930.jpg

スマホは、一部の、しかしかなり多くの人の
環境に目を配る意志、黙思する機会、
読書する機会を奪っているが、
その反面、
従来なら、生涯、文章などほとんど書かなかった
少なからずの大人に、
文字によって情報発信をするという
大メリットをもたらした。
ここが、人類にとって、社会にとって
捨てがたいスマホの魅力であろう。
b0141773_061458.jpg

昔、「100頭のチンパンジーに
100台のタイプライターを与えても
文章を書けるチンパンジーは生まれない」
と言った学者がいたそうだが、
ヒトにスマホを与えた場合はだいぶ違う。
ここから文芸が育ち、社会参加が始まる。

ケイタイ俳句やケイタイ川柳、
テレビやラジオへの感想、意見参加。
100頭の知的チンパンジーが50頭に減るのと、
読み書きをする文化を持たない100頭のチンパンジーの99%が
コトバを持つ場合のメリット、デメリットは、
人類にとって、社会にとって、どうなのだろう。
b0141773_063683.jpg

この設問の弱点は、
スマホになじむと、知的活動が減る、
という証明ができない点である。
b0141773_064848.jpg

人類全体として見た場合、
自分たちが創りだした文明で自滅した、
という経験は、いまのところはない。

原発や原爆がどうなるか、
気にはなるが、
人間の補修・補正力は大きいから、
スマホで自滅する心配はないだろう。
b0141773_071413.jpg

しかし、民度(人民の生活や文化の程度)の低下は、
しばらくは続くことになるだろう。

テレビやラジオの各種番組には、
落書き的な参加を促すものが増えた。
「私も一言、夕方ニュース」などと、
番組名にまでしてくる。
オリンピックに対する応援メッセージの紹介なども
同列と考えてよい。
b0141773_0101239.jpg

登山のパーティにたとえると、
先頭を行く健脚なベテランが、
遅れ気味の仲間を待つようなものである。
健脚組は、弱者をいたわらねばならぬ。
それがヒューマニズムというものであろう。

世の中の動きに関心がない者や、
ニュースの前後関係に無知な者も
一人前に「つぶやく」ことができる。
そのスペース、その時間からは
ベテランの深い洞察のある見解は割愛される。
b0141773_011729.jpg

「衆愚政治」(しゅうぐ せいじ)とは、
愚民に迎合した、主体性のない政治の状態をいうが、
昨今は、その促進役はマスメディア、
とくにテレビやラジオが「衆愚化」に加担している。

その愚民とマスメディアとをつなげるのが
スマホということになる。
スマホ依存症の悲惨さ、
社会化されていない内なる声を
国民の意志としてしまう悲惨さ、
個人的な悲惨と社会的な悲惨。
これが当分は同時進行することになる。
b0141773_0113036.jpg

スマホ依存症外来ができたという。
ロッコム文章・編集塾でも、
スマホ白痴、改善教室を開講したいと思っている。

最近、ある主催者に応募された川柳作品が
各種メディアで紹介されているが、
その駄作例をあげておこう。

「ただいまは犬に言うなよ俺に言え」
「やられたらやり返せるのはドラマだけ」

これらの知性の片りんもない駄作は、
未熟な作者の問題ではなく、
白痴的な選者の問題。
こんなのが川柳だという事実、
これが民度の落ちた状態である。

-----------------------
b0141773_055510.jpg

話は変わるが、このページで紹介した
『日本人らしさの発見』(芳賀 綏著 大修館書店)を
読んだ人から、高い学びと、深い共感の声を耳にする。
3月2日に開催される、
パルマローザ主宰の
「栄養士・健康支援者のための輪読会」では、
じっくり読み込んでみたい。

芳賀先生によると、『産経新聞』(1月19日)、
『東洋経済』(1月25日)、月刊『WILL』(3月号)、
『夕刊フジ』(1月8日)、月刊『英語教育』(3月号)、
『サンケイスポーツ』(1月22日)などで、
書評をされているという。
ラジオの番組でも、筆者がインタビューに答えるものがあったとか。

これぞ、世界を、人間の文化を見直す、
高度に知的な1冊である。
[PR]

by rocky-road | 2014-02-22 00:11  

「人間学」をどこで、どう使うか。

b0141773_23425134.jpg

2月5日、NHKテレビの『クローズアップ現代』で
患者や寝たきりの人へのケアスキルである
「ユマニチュード」のポイントを紹介していた。
ひとことでいえば、
ベッド上にある人を人間として扱う、
その基本理念とスキルである。
b0141773_23431398.jpg

この方法でアプローチすることで、
認知症が出始めている高齢者の人間性が回復する
という例が解説や映像で紹介されていた。
90歳を越えた人が
取材スタッフにVサインをする映像まであった。
b0141773_23432824.jpg

よくいわれることだが、
怪我や病気で入院した人は、
寝かされっぱなしの生活をすることで、
人間機能が後退し、認知症が早く発症する。
双方向のコミュニケーション環境が狭く、
というより、ほとんどなくなることが主因である。

「ユマニチュード」の考案者がフランス人と聞いて、
またまた日本人のコミュニケーション力の弱点を
鼻先で示された感じだった。
b0141773_2347886.jpg

日本を代表する自動車メーカーの経営危機を
救ってくれたのもフランス人だった。
この場合も、
社内のコミュニケーション環境をよくしたことが、
経営状態改善の大きなポイントであった。

日本人のコミュニケーション力の特徴とはなにか。
それは、
恩師、芳賀 綏先生が指摘する「凹文化」圏の
人間に特有のコミュニケーション力だろう。
(『日本人らしさの発見』大修館書店 
過日、このブログでも触れた)
b0141773_2347287.jpg

先生によると、日本人は、自然・植物性・静的・内向・
受容・流動(無原理)民族ということになる。
そして、やさしく、温和で、正直で、律儀で、
生真面目な日本人とくれば、
介護の仕事などにぴったりではないか、と思いたくなる。

ところがところが、ここでもフランス人の教えを受けないと
あと1歩が出なかったことが証明された。
b0141773_2348767.jpg

「ユマニチュード」の原則は、
見つめること、触れること、話しかけること、
自分で立つことを支援する……などだという。

早い話が、コトバと支援行動の合わせ技を
提唱しているように思う。
凹文化圏の日本人は、「沈黙は金」の世界だから、
黙々と介護の仕事に専念するのが性に合っている。
b0141773_23482764.jpg

立食パーティは、いろいろの人と交流するための仕組みだが、
日本人の場合、飲食に時間と労力をかける。
口を飲食物でふさぎ、
知らない人と話をしなくてもよい状態をつくる。
日本の立食パーティがごちそうずくめなのは、
「沈黙は金」を正当化するためだろう。
b0141773_23484423.jpg

が、フランス人は、
「沈黙は金」式の介護ではダメだという。
手を上げてほしいときは、
「腕を拭きますから、左手をあげてください」と、
はっきり言うことだという。
b0141773_23491428.jpg

こうしたサポート姿勢は、
すでに「食コーチング」に採り入れられている。
自発性の刺激であり、肯定的指摘である。
それらは、フランスの教えではない。
ヘルスコミュニケーション論を展開したことによる
当然の帰結である。
健康支援は「話芸」である、と私は言い続けている。
b0141773_2350912.jpg

健康や幸福、生きがいは、
コトバでしか説明できない。
時と場合に応じて、
印象的にそれらのイメージを伝えられてこその
健康支援であろ。
b0141773_23502155.jpg

コミュニケーション環境ということで、
もう1つの話題を。
b0141773_23531966.jpg

「おれおれ詐欺」の被害が減るどころか、
増えるばかりだが、
これも高齢者のコミュニケーション環境から生まれる
犯罪、と見ていいだろう。
b0141773_23534743.jpg

人間にとって、頼まれること、泣きつかれることが、
どれほど本人の自尊心を刺激し、
モチベーションを高めるものであるかを
如実に示す犯罪の流行である。
b0141773_23541956.jpg

人から頼まれる頻度が減っている高齢者にとって、
「なんとかならないかな?」と持ちかけられると、
「なんとかしなければ」いられなくなる。
b0141773_23544640.jpg

高齢者が、電話の声を
本当に息子や孫と思っているかどうかは
不確かである。
詐欺にひっかかる高齢者にとって、
そのこと以上に重要なのは、
自分が人の役に立てるという事実である。
b0141773_2354596.jpg

その結果、味方であるはずの銀行員を
「家の改築に必要」などとだまして、
預金を下ろしてしまう。
b0141773_2355178.jpg

だまされている人が、自分を守ってくれる人をだます。
大金は持っているが、
淋しい高齢者のモチベーションというものが、
どういうものであるかがよくわかる。
b0141773_23553284.jpg

「ユマニチュード」などの健康支援と
おれおれ詐欺には、
人間を人間として扱うという点で(一方は悪意に満ちているが)は
悲しいかな共通性がある。
われわれは、
人間を、もっともっと学ばなければならない。
b0141773_23554268.jpg

[PR]

by rocky-road | 2014-02-09 23:54  

『芸術を創る脳』でひらめくもの。

b0141773_1519434.jpg

「輪読会」に紹介する候補の1冊として
『芸術を創る脳』(美・言語・人間性をめぐる対話)
という本を読み始めた。
もともと脳科学ものが好きだが、
この本は、実に多くのヒントを与えてくれる。
(酒井邦嘉編 東京大学出版会発行 2013年12月)
b0141773_1530476.jpg

編者の酒井氏は言語脳科学者。
以前、『言語の脳科学』(中公新書)という本でも
多くの教えをいただいたことがある。

『芸術を創る脳』は、その酒井氏が
4人の芸術家と対談する。
曽我大介氏は指揮者で作曲家。
羽生善治氏は将棋士。
(将棋士が芸術家である理由の説明はある)
前田知洋氏はクローズアップマジシャン。
千住 博氏は日本画家。
b0141773_15303883.jpg

一見、酒井氏のインタビュー集に思えるが、
別に影の司会者(版元の編集者)がいるらしく、
2人は同等に発言している。
それゆえに、脳科学的な発言にも不足はない。
b0141773_15214726.jpg

対談相手は、めったに会えない分野の人たちだから
(脳科学者にだって会えないが)、
大いに好奇心を刺激してくれる。
それに加えて、
それらの発言について脳科学的解釈が入る。
シビれるような内容である。
b0141773_15312569.jpg

たとえば、指揮者の曽我氏の発言。
「オーケストラのリハーサルは、
全部やってはいけないのです」
b0141773_1532987.jpg

『この服を着て、これを持って学校に行きなさい。
七時三十二分の電車に乗ってこの駅からこう行けば学校に着きます』
というように全部指示したのでは、
本番が面白くなくなってしまいます。
b0141773_15322256.jpg

ですから、ここまでやれば破綻なく演奏が終わる、
という約束事を決めておき、
二〇%から三〇%程度の余地を残して
リハーサルを終えます。
その自由な部分がライブの興奮や緊張感として
伝わるのだと思います」
b0141773_15325751.jpg

(そういえば、以前、小澤征爾氏が、
オーケストラの指揮は「指揮」ではなく、
「誘導」だとテレビで語っていた)
b0141773_15334513.jpg

「一般の方に言うと驚かれますが、
オーケストラのリハーサルは、
一つコンサートのために一回とか二回、
多いときでも三回くらいしかやりません」
b0141773_15341252.jpg

「そういった感じの自由度が、
オーケストラとサッカーに共通していて、
私には興味深いのです」
b0141773_20232815.jpg

この発言は、
パワーポイントに100%依存する
講演や研究発表者のつまらなさの理由説明に
なっているし、
健康相談のときなど、
問いかけをまったくしないままに、
1を尋ねられるやいなや10を答えてしまう
指導好きの担当者の問題点の説明にもなっている。
b0141773_15355977.jpg

こんなやりとりもある。
b0141773_15364145.jpg

酒井「リハーサルで指揮者が演奏者に指示するとき、
  どこまで具体的に言葉で表現するものでしょうか」
b0141773_1537398.jpg

曽我「それは状況によりますね」
  「『銀河系の、太陽系の、地球の、アジアの、
  日本の、東京の、本郷三丁目の、東京大学出版会』
  という順番で説明します」
b0141773_2024928.jpg

  「私の先生の一人であるジュゼッペ・シノーボリは、
  『音を大きくして』と言わないのです。
  例えば『温めてください』と言う。
  そうすると、『大きくして』と言うよりも
  人間的な感情に近く、指示の意図が伝わりやすくなります」
b0141773_15382643.jpg

「銀河系の……」のくだりは、
いろいろの計画のコンセプトをまとめるとき、
その本質を、順を追って、わかりやすく、
自分の中でまとめる能力、
それを論理的に説明する能力の必要性を
指摘することになっているし、
「温めてください」の部分は、
趣意を相手にわかりやすく、印象的に伝えるときの
コトバ選びの重要性を示唆している。
b0141773_2104846.jpg

いずれ、一部分は輪読会で一緒に読んでみたいが、
待てない人は、目を通しておくのはいいかもしれない。
「人間力」の強化、思考力、感性の強化に
大いに役立つ1冊となることだろう。
b0141773_15271219.jpg

[PR]

by rocky-road | 2014-02-03 15:40