<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ライフワークを楽しむ人たち。

b0141773_204909.jpg

中高年世代を中心とするダイビングクラブ、
「日本シニアダイバーズクラブ」が
創立20周年を迎えた。
その記念パーティ(新年会)に招かれて出席した。
(1月26日、東京・表参道「ホテル フロラシオン青山」)
b0141773_2049486.jpg

1994年、当時70歳だった上村敏郎(としろう)さんらの
呼びかけで発足したクラブである。
ダイビング雑誌『マリンダイビング』が、
それに賛同し、同年5月号で座談会記事を掲載した。
題して「さあ、シルバーエイジ軍団を結成しよう!」
b0141773_2050195.jpg

この座談会には、上村さんと同年代の溝口寿茂(とししげ)さん、
6歳若い大明美代子(おおあき)の3名に、
司会者として大橋が出席した(当時58歳)。
b0141773_20514158.jpg

創設のおもな理由は、若い人とツアーに行っても、
話が合わない、だから世代の近い人と仲間になりたい、
ということだった。
b0141773_2051330.jpg

時代のニーズ合って、会員数はどんどん増え、
10年までに300人にまでなった。
今日までの登録者数は延べ800人を超えたという。
会員の中心は50~60歳代、
その6割が女性だという。
b0141773_20521254.jpg

私は、クラブというものは、
性や世代を超えて集まる、人脈の接着剤だと思っているので、
世代別にクラブをつくるという発想には違和感を持ったが、
実際には、異世代交流を得手とはしない人は多く、
そのニーズはいまも、今後も変わらないことだろう。
b0141773_20522341.jpg

ダイビングクラブの歴史を振り返ると、
かくも大勢の会員が、各地にまたがり、
その状態を20年間持続しているダイビングクラブは
これまでにはなかったと思われる。
b0141773_20524444.jpg

私は、クラブづくりを始めて50年、
以後、いくつかのサークルやクラブの創設、運営にかかわってきたが、
300人もの会員をかかえるクラブの経験はない。
が、いろいろのいきさつから、
約10年、顧問としてこのクラブとかかわってきた。
b0141773_20525685.jpg

20年もたつと、初期の発起人は他界していて、
初対面の人の割合は増えたが、
活気はますます盛んになっているようだった。
長寿国日本の高齢者のモチベーションの高さを
実感することができた。
ライフワークをもっている高齢者は、
思っている以上に多いのである。
b0141773_20531086.jpg

来賓として、ごあいさつをした。
ポイントは3つ。
1.クラブの、コミュニケーション環境としての意義。
  若い人と話が合わないというが、
  先輩の役割は、年少者のモチベーションを
  あげることではないか。
  それには、自分の豊富な経験を披歴するのではなく、
  その経験をベースにして、
  適切な問いかけをすることではないか。
  「どんなお仕事をしていらっしゃるの?」
  「いまの会社の定年は? 定年後のプランは?」
  「今度、予定している海は?」
  「海に潜っていちばん楽しいことはなに?」 
  こうしたコミュニケーションスキルは、
  高齢社会を迎える、
  世界中の高齢者に求められるものではないだろうか。
b0141773_20535783.jpg

2.年を重ねると、どうしても表情のバリエーションが減ってくる。 
  意識的に笑顔を維持して、
  明るい環境づくりに参加してはいかが?
  それは、自分と社会の健康度をあげる。
b0141773_23112470.jpg

3.水中で野生生物と至近距離で対面できるのは、
  個人にとって、人間にとって、
  貴重なコミュニケーション環境ではないか。
  非言語コミュニケーション力を開発することは、
  自分の健康、人間の健康にとって、
  どれくらいプラスになるかわからない。
  「オレはお前を愛している」
  といった人間を引きづったコミュニケーション法ではなく、
  自分も一動物になりきって、
  動物対動物という関係で向き合う楽しさ、
  このことを自覚してはいかが?
b0141773_23114012.jpg

などという話をさせていただいた。
b0141773_20543593.jpg

ところで、その前々日の24日、
日本橋三越で、中村征夫写真展、
「海への旅」を見てきた。
中村さんとも長いつき合いである。

構図に自信を持つカメラマンで、
広い絵を得意とすると同時に、
寄りの写真もこなす、
ワザの多様性を持つカメラマンである。
かつて私は「書けるカメラマン」と呼んだこともある。
文章もうまい。
b0141773_20552681.jpg

カメラマンには悪いが、
カメラマンの文章に接したとき、
「カメラマンにしては文章がうまい」と
評することがある。
カメラマンで書ける人はきわめて少ない。
当然である。
b0141773_20554283.jpg

が、中村さんは、
「写真も撮れる文章家」と言ってよいほど、
文章もうまい。実際、写真集以外の本も何冊か著わしている。
写真展では、さらに表現の幅を広げた作品を
鑑賞させてもらった。
やはり、正真正銘のカメラマンである。
b0141773_2056422.jpg

真冬の東京で海に接する2日間だった。
b0141773_20561840.jpg

by rocky-road | 2014-01-29 20:56  

あなたの「ライフワーク」は?

b0141773_13192244.jpg

1月の遠距離クラスでは、
「ライフワークの見つけ方、続け方」について講じた。
「人生の目的」とか
「どんな使命感をもって生きているか」とかと
聞かれたら、困るだろうし、
力みを助長しかねないので、
ここは「ライフワーク」程度がよいと思う。
b0141773_13195172.jpg
b0141773_1320426.jpg

「ライフワーク」だって、
人によっては重く感じられるテーマだが、
ふと気がつくと、それにかかわっている、
そんな楽しみのいくつかで充分である。
b0141773_13201540.jpg

編み物、料理、食器のコレクション、
旅行、庭いじり、ペットとの暮らし、
ボランティアなどなどである。
b0141773_1320463.jpg

「ライフワーク」は、のちに、そう意識する事象であって、
最初から「これをライフワークにしよう」などと
大上段に構えて始めるものではない。
b0141773_1321385.jpg

自分のことについていえば、
スノーケリング&ダイピングは、
友人がそのクラブを作りたいので、
規約を考えてほしい、と頼まれたのがきっかけである。
b0141773_1321419.jpg

そこからクラブ運営に参加し、
自分も「海、たび旅」を楽しむようになり、
気がつけば50年。
その間、ダイビング雑誌の編集や、
関連雑誌の創刊や、関連図書の発行にかかわった。
b0141773_13215343.jpg

途中、「これはライフワークだ」などと
意識したことはないし、
いまもそれに変わりはない。
あえていえば「ライフワーク」かな?
という程度のものである。
b0141773_1322558.jpg

写真は、小学5年生くらいから始めて、
いまも続けているから70年近くになるだろうか。
新聞のスクラップは、30歳代くらいから始めて、
40年あまり。
旅行用ログブックに記録する旅行ということでいえば、
これも50年を超えた。
b0141773_132229100.jpg

あえて「ライフワーク」と呼ぶための条件をあげるならば、
なんらかの「カタチ」に示せることだろうか。
なんとなくやっていても、
記録や人脈や作品のように、
自分自身にそれが見えるようになると、
「なんとなく」から「意図的な活動」になってくる。
b0141773_13224095.jpg

流れ藻のような風頼りの生き方ではなく、
ある程度の計画性を持ち、
年月ごとに改善や進展があると、
「ライフデザインをしている」という実感が生まれる。
b0141773_132368.jpg

ところで、文章・編集塾で、
なぜ、「ライフワーク」なのか。
b0141773_1324359.jpg
b0141773_13244614.jpg

一般に、文章力強化というと
「国語表現力の強化」という範囲にとられがちだが、
よい文章、よい表現力というのは、
その表現の影響力、社会的意義と無縁ではない。
ゴルフクラブや野球バットのスイングと同じで、
全身をそこに乗せてパフォーマンスをする。
b0141773_13251569.jpg

腰の入っていない文章は、
自分自身にも、人にも影響を与えることはできない。
「腰を入れる」とは、
たとえば、人生に楽しみを持っていることなどであろう。
b0141773_13253416.jpg

焦ることはない。先は長い。
大小、さまざまな楽しみを
人生のおみやげに買い揃えていきたい。
それは、ユーモア感覚を育てる地盤にもなるだろう。
b0141773_13254545.jpg

「自分探し」などと、
あいまいなイメージのまま
いつか行動に移す機会を狙っているのなら、
きょうも、あしたも、
夕食後に楽しむこと、
休日に1日かけて楽しむことに
専念することから始めたほうが手っ取り早い。
b0141773_1326575.jpg

by rocky-road | 2014-01-23 13:26  

年賀状ウォッチング。

b0141773_012323.jpg

かつての東京周辺の正月三が日は、
多くの商店が休業状態になるので静寂を味わうことができた。
そんな中を自転車で走るのは爽快。
元旦か2日、自転車で走るのが恒例となっていた。
ディズニーシー、横浜、お台場などへ行った。
b0141773_02853.jpg

が、福袋の売り出しのせいか、
日本人がアクティブになってきたのか、
元旦の銀座あたりも、かなりの人出となった。
b0141773_022347.jpg
b0141773_023526.jpg

やむを得ず、今回は、近場のハイキングコースを
歩くだけにとどめた。
5日開催の、パルマローザ・ブラッシュアップセミナーの
準備にも追われていた。
b0141773_032113.jpg
b0141773_033143.jpg

おまけに、直前にプリンターが故障。
やむを得ず、近くの人にお願いして、
送信したデータをプリントアウトして
持ってきてもらった。
なまじっか手書きで書き足すことを考えたのが災いした。
b0141773_035115.jpg
b0141773_06180.jpg

セミナーの概要は
影山なお子さんブログ、
スタンバイスマイル」にお任せするとして、
http://palmarosa.exblog.jp/
セミナー終了近くに、
なぜか、年賀状についての質問がいくつか出た。
「鉄は熱いうちに打て」というから、
ここでも、いくつかの事例を使って、
ことしの年賀状を見直しておこう。
b0141773_062347.jpg

いうまでもなく、
年賀状であれ、写真であれ、絵画であれ、
ビジュアルは大きいほどいい。
b0141773_072223.jpg

写真でいろいろの報告をしたいのはわかるが、
あまり絵柄が多いと、視線が分散してしまって、
印象が弱いものになる。
b0141773_083352.jpg
b0141773_084989.jpg

上の賀状には、写真が33点(くらい)も使ってある。
本人にはアドバイスしたことがあるが、
頑として自分流を貫いている。
こうなると自己満足以外の何物でもない。
b0141773_092725.jpg

同じ使い方でも、
上のように写真を1か所に集めると、
散らかった感じはなくなり、ビシッと決まる。
b0141773_0102195.jpg

絵柄に自信やこだわりのある人は、
写真には「乗せネーム」(写真に字を乗せること)は
避けたほうがよいかもしれない。
なんとなくダイレクトメールっぽくなる。
b0141773_16514519.jpg

写真が多すぎるのも疲れるが、
文字が多すぎる賀状にもストレスを感じる。
なぜなのだろう。
久々の情報交換の機会なのだから、
近況報告などをたっぷり書くのは当然ではないか。

それをうっとうしく感じるのはなせなのか。
それは、
字が小さくて、文字量も多く、
読むのに労力を要すること、
情報が自分や身内の話題に終始しがちのこと、
それを印刷して相手かまわず発信していること……
などによるものだろう。

つまり双方向コミュニケーションが成立しない。
息子が中学に入ったとか、
18年生きたネコが他界したとか、
庭の梅の木が枯れたとか、
アベノミクス効果が、
わが家にも現われ始めているとか、
ほとんどこちらと関係のない情報、
せいぜい親戚止まりの話題を、
何十年も会っていない相手に送っても、
よい反応が得られるわけはない。
b0141773_1654781.jpg

読むほうも、そういうタイプの人の
「小さな、閉鎖的世界」の退屈さを
すでに学習ずみなので、
念を入れて読むことはあまりない。
実際、読まなくても、ほとんど支障はない。

が、個別的に見れば、
それも有効な健康行動。
年賀状の交換という、伝統的な文化活動に
参加することに意義がある。
互いに、支え合うとは、そういうことか。

ちなみに、公的な印刷物でも、
読み手を洞察しない文章は、
あまり読まれない。
編集者でも、そのあたりがわかっていない者が多い。
b0141773_011536.jpg

自分の写真を入れるのは、
近況報告としての賀状の意味がある。
それであれば、写真はしっかりしたものを使いたい。
ピンボケ、暗すぎるもの、構図の悪いものを
使わない勇気が必要だろう。
ここにあげたものは、まとまっている。
b0141773_0112854.jpg

あるママは、娘の写真をアクション写真風に撮った。
彼女はアマチュアながら、ベテランカメラマン。
「ご家族写真」から脱皮している。
b0141773_012665.jpg
b0141773_0131093.jpg

毎年のことだが、
干支にこだわる人は多い。
ダイバーの場合、午年には、
タツノオトシゴやウマヅラハギを使ったりする。
12年に一度の定番になる可能性はある。
b0141773_0132280.jpg
b0141773_0145738.jpg

年賀状に限らないが、
宛名が縦書きになっていながら、
映像は横位置、というパターンが少なくない。
なんとなくシラケる。
やはり、横位置の写真は、
切手面も横位置に使いたい。

こうなるのは、官製はがきの形式に由来する。
日本人の大半が横書きをする時代だが、
官製はがきの形式は縦書きが前提。
切手面を横に使うとき、
郵便番号の枠が邪魔になる。
b0141773_11265561.jpg

この現実を受け入れて使いこなすには、
ハガキを縦に使いながら、
文章は横書きをする、という方式を
採用するのも一案。
そういう人も増えてきている。(写真上)
b0141773_014164.jpg
b0141773_0151791.jpg

現在のところ、和風の祝語で横書きは少ない。
ここは辛いところ。
句点もないし。
そこで私は、自分の書体でゴム印を作った。
使用頻度を考えれば、
そう割高なものではない。
b0141773_016642.jpg

b0141773_0161926.jpg
b0141773_0163615.jpg
b0141773_0171946.jpg
b0141773_0172983.jpg

b0141773_11283033.jpg
セミナーのときの、
年賀状についての質疑のとき、
私がお年玉ハガキや切手を使わない理由を尋ねられた。
自分に興味がないだけだが、
「やはりお年玉はあったほうがよい」という
声なき声を聞いたような気がした。
b0141773_0175613.jpg

自分で番号をつけて、
お年玉をつけようか、一瞬考えた。
が、全員当たりにする可能性、
全員外れにする可能性の
どちらもが考えられるので、
迷いは消して、現状を続けることにした。
b0141773_0181424.jpg
b0141773_0182521.jpg

2015年、
年賀状でも、お目にかかりましょう。
b0141773_0183458.jpg

by rocky-road | 2014-01-08 00:18  

2014年は、ウフフ……♪♪

b0141773_04754.jpg

1月5日の、パルマローザ新春セミナー、
「健康支援者のための ユーモア感覚の
磨き方、活かし方」のテキストを作りながら、
紅白歌合戦を見ていたら、
昔のことを思い出した。
b0141773_0524462.jpg

年末から正月にかけて、
日本の、または海外のビーチで過ごすことが多かった。
日本にいる場合は、
12月31日には、それでも紅白を見たくなって、
民宿の家庭に交渉して、
テレビを見せてもらった。
当時、民宿の各部屋にはテレビは置かれていなかった。
b0141773_053196.jpg

小笠原島に行ったときは、
宿の予定もなかったため、
船からは下りられなかった。
「宿泊先が決まっていない人は、
船内で宿泊してください」と船内放送があった。
しかし、それでは思いどおりのダイビングができないので、
船には「宿は決まっている」とウソをいって下船した。
b0141773_05416.jpg

通りかかった車を止めて、
「宿はないか」と交渉した。
このときは、もちろん女性が交渉役。
そんなことまでして泊めてもらった家庭でも、
やはり紅白が見たくて、
家族のいる部屋に行って、
端のほうで見せてもらった。
b0141773_0541523.jpg

大晦日に、
いきなり見知らぬ人を泊めることになった家族は、
紅白まで同席されて、さぞや居心地が悪かっただろう。
シーンとした、その紅白鑑賞体験を思い出すたびに、
あの家族にお詫びしたい気持ちでいっぱいになる。
b0141773_0554728.jpg

さて、健康支援者がユーモア感覚を磨くことに
どういう意味があるのか。
b0141773_0555927.jpg

ヨハン・ホイジンガ(オランダ人 文化史研究家)による
『ホモ・ルーデンス』(遊び人類)という本には、
ホモ・サピエンスが、いかに遊びが好きかを
いろいろの事例を使って解説している。
(遊ぶのは人間だけでなく、遊ぶ動物もいる)
b0141773_0561037.jpg

選挙による票読み、株式の売買、
戦争での戦果報告などには
少なからずのゲーム感覚がある。
太平洋戦争中のアメリカ空軍は、
自分の飛行機の機体に、
落とした敵機の数のワッペンを貼って、
レースを楽しんだ。
b0141773_0563513.jpg

食事相談や健康支援は、
マジメすぎる。
悲壮でさえある。
健康って、そんなに窮屈なものなのか。

こういう世界にこそ、ユーモアが必要ではないか。
健康支援者のコミュニケーション力強化のテーマは、
いよいよ、そこにまで及ぼうとしている。
b0141773_0572872.jpg

「思えば遠くへ来たものだ」
そして、ようやく、
血も涙もある健康支援のできるプロが
生まれつつある。
b0141773_058710.jpg

2014年は、ウフフ……♪♪
知的な笑いを楽しもう。
b0141773_052385.jpg

by rocky-road | 2014-01-01 00:58