<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

1ページの中の人生。

b0141773_2014511.jpg

わがロッコム文章・編集塾では、
10~11月の授業で
「私的な記録の形式と記述方法。」
という講義を行なった。
b0141773_20151185.jpg

メモ、日記、メディアノート、読書ノート、
ログブック(旅行記録)、受講ノート、
ライフスタイルノート、アイディアノートなどの
私的な記録の意味と、記述法について講じた。
b0141773_20154587.jpg

一般に、記録は、
「あとで役に立つ」と思って書いている人が多いが、
それは目的の一面でしかない。
そう考えるのではなく、書くこと自体に意味がある、
と考えるべきことについて説明している。
b0141773_20155799.jpg

長い間、ほとんどの人が、
記録の二次的目的(意義)のほうに意識が行ってしまい、
書くという習慣が、取材モードの人生を歩くことになる、
つまり一次的目的が大きい、という点を見落としてきた。
b0141773_201688.jpg

その理由を「メディアノート」を例に考えてみよう。
こんなノートを用意すると、
テレビやラジオ番組への集中度が違ってくる。
情報の「垂れ流し」に思えるマスメディア情報も、
必要なことをキャッチするシステムができていると、
どの情報も「宝物に思えてくる」とまではいわないが、
好奇心を刺激するものがいかに多いかがわかる。
b0141773_20442921.jpg

「鮎汲み漁」(アユくみりょう)という、
ちょっとアンフェアな、残酷な漁がある(漁はほとんどアンフェアだが)。
産卵のために遡上するアユが滝をジャンプして上るところに
竹で編んだ網を仕掛けておいて、
晴れてジャンプに成功した瞬間、
アユはそこに着地してしまう。
それをごっそりいただくという漁法。
b0141773_20444642.jpg

たとえが、きれいではないが、
メディアノートは、
目の前、耳の前を通過してゆく情報を
鮎汲み用の網のように、キャッチするシステムである。
一部に「テレビ番組はくだらないものが多い」と
感じている人がいるが、
「くだらない」のは、
ノーシステムでテレビと向き合う人間のほうである。
b0141773_20451859.jpg

念のためにいっておくが、
テレビを見るたびにメディアノートを開いて待機する、
などという、お勉強スタイルで生活することのすすめではない。
新聞の折り込みチラシなどで作ったメモ用紙を常設しておいて、
おもしろい話を聞いたら、メモをする。
b0141773_2045334.jpg

テーブルの上の湯呑みを倒したら、
さっと台ふきんのあるほうにからだが反応する、
あれと同じような反応である。
メモは、あとでメディアノートに移す。
それだけのことである。
b0141773_20455087.jpg

11月のある授業日、
「当用日記の記述ができない日があって悩む」
と、日記経験を語った人がいる。
そう、1日の終わりになにを書くか、
それで苦しむ人はいるし、苦しむ日もある。
小学生時代なら「きのうと同じ」で逃げる。
b0141773_20461845.jpg

が、大人になってそれをやったら、
自分の1日を捨てることになる、そう思ってがんばる。
辛いが、頭を使うとは、そういうことである。
b0141773_20471497.jpg

1日の活動の中から、話題をピックアップして、
数行の欄内に収める。
この作業は、雑多な言語・非言語情報を
数行に集約する思考と表現のトレーニングである。
あとで役に立つかどうかは問題ではなく、
そうした知的労作自体が目的なのである。
もちろん、話題づくり、テーマ発見のスキルは強化される。
b0141773_20474742.jpg

1食の献立が、日々の楽しみとなり、
結果として心身の健康を支えるのと同じように、
日々、記録することは、話題を作る能力、世の中を見る目、
あれやこれやを総合し、分析する能力を養い、
結果として、社会への適応力を強め、
人生を豊かなものにする。
b0141773_20483174.jpg

それは、なにかの準備なのではなく、
それ自体が人生そのものなのである。

ちょうどその日の夜、
NHKテレビの「プロフェッショナル 仕事の流儀」に
売れっ子のデザイナー、佐藤イサオ氏が出演した。
b0141773_20485759.jpg

氏のプロフェッショナル論の1つは、
大事なのはセンスとか才能とかではなく、
1つのことを考えて考えて考えること、
その情熱がないと、どうにもならない、
という意味のことを言っていた。
b0141773_2049759.jpg

そうなのだろう、
考えることは発見であり、創造であり、
ボキャブラリーの獲得であり、
そのボキャブラリーが、意外な概念を引き出してくる。
b0141773_20491686.jpg

苦しくても、きょう1日、なにがあったか、
考えて考えて、考え抜くことである。
その集中力、想念のスクランブルは、
単に1日の成果ではなく、
これまでの人生の成果にほかならない。
[PR]

by rocky-road | 2013-11-28 20:16  

人は情報を食べて生きている。

b0141773_1610531.jpg

学生や社会人を対象に、
コミュニケーションスキルや言語表現、
編集技術に関する講話や講義を始めて20余年が過ぎた。
コミュニケーションスキルは
動物の基本中の基本というべきスキルだから、
「だれ向け」と限定する必要はなく、
国会議員にもサッカー選手にも欠かせない能力である。
b0141773_167867.jpg

40年くらい前に、
『暮らしの中の編集技術』という本を企画したことがあるが、
まだパソコンのない時代でも、
一般向けに、そんな本の可能性が考えられた。
そして、いまはといえば、
正真正銘、編集技術は、
快適に生きるための基本スキルの1つになりきっている。
b0141773_167194.jpg

もっとも、そのことに気づいている人は、
日本人の数パーセントというところではなかろうか。
b0141773_1675662.jpg

私の場合、前職との関係もあって、
栄養士または健康支援者に向けてお話をする機会が多い。
栄養士や健康支援者のように、
健康をサポートする仕事では、
ますますコミュニケーション力や文章力は
職業的にも個人的にも、
その方向性を左右するほど重要なものになってくる。
(ドクターに限っては、手遅れの観があるが)
b0141773_1685478.jpg

が、この場合も、その必要を感じる人は少なく、
または、講師への人脈がつながらないためか、
手つかずになっている場合も多いのではないかと思う。
b0141773_1691338.jpg

時代の渦に巻かれていると、
自分が置かれている位置や状況は把握しにくいものだが、
その渦から物理的に、
または心理的に抜け出すことは、
口でいうほど簡単ではない。
b0141773_16101898.jpg

「時代の渦」とは何かといえば、
それはトレンドであり、風潮であり、
流行であり、施策などなどである。
b0141773_1610502.jpg

食の世界についていえば、
古くは戦時中の栄養失調対策、
健康優良児の促進、
前回・東京オリンピック後の日本人の体力アップ推進、
「成人病」を「生活習慣病」と呼称を変えての対策、
食育の法律化、スローフード運動、
特定保健指導、行動変容の促進、
そして近頃は糖質コントロールであり、災害食であり……。
b0141773_16111535.jpg

こういう渦に巻かれていると、
コミュニケーション力の強化などに
時間や頭を使っている余地はないと思えてくるのは当然である。
b0141773_16113742.jpg

が、見方を変えると、
動物として、人間として、社会人して、プロとして、
基本的なスキルについて自信がないと、
むしろ目先の変化に幻惑され、
これについていかないと遅れてしまうのではないか
という危機感を強く感じるようになる。
b0141773_16115238.jpg

コトバにしろ文章にしろ編集にしろ、
相手とペースを合わせることを大前提にして発信するものである。
「情報発信」というコトバが流行気味だが、
ここでいう「発信」には「問いかけ」も含む。
相手に情報を発信させる問いかけが、
なぜ「発信」なのか……
このあたりがコミュニケーションの
おもしろいところである。
b0141773_16123153.jpg

コミュニケーション力をしっかり身につけた人にとっては、
いま、栄養士がどういうポジションにあるのかが
少し考えれば理解できていることだろう。
少なくとも、「栄養素士」では、
社会のニーズには応えられないこと、
自分の達成感は得られないことは、百も承知のはずである。
b0141773_1612436.jpg

その「百」の中には、こんなことが含まれていることだろう。

1.食事相談は、従来のように病院や保健所、
  スポーツ施設など、特定の場所で行なう
  ものだけではなくなっている。
  学校、職場、家庭など、
  日々の生活圏の中で行なわれるようになった。
b0141773_16233246.jpg

2.それは、先手必勝を原則とする病気予防の形である。
  かつて、早期発見・早期治療が叫ばれたが、
  いまは、病気の発症を遅らせること、
  そして、仮に病気を持っていても、
  それを抱えながらも豊かな人生を送ること、
  そちらへと重点を移しつつある。

  それはつまり、「栄養素士」が
  「ヘルスサポーター」へと転身することが求められる状況である。
  相手が病人であるかないかにかかわらず、
  食行動を通じて、相手の生きることへのモチベーションを高めること、
  それが栄養士の重要な仕事になりつつある。
b0141773_16142145.jpg

3.それに伴って、使う言語やコミュニケーションスキルを
  変える必要が出てきている。
  従来のように、病院という自分の城で、
  やってくる患者に対して、
  ことさらに医学用語を使い、
  ときに威圧的、ときに上から目線で栄養指導していればよい、
  というわけにはいかなくなった。
  日々の生活に追われている健常者にとって
  耳の痛い話に関心を示す心の余裕はない。
  人生を前向きにとらえ、
  目の前のハードルを突破してゆくための
  心理的パワーを求めている。
b0141773_16145047.jpg

4.これを支援するのはだれなのか。
  街頭の手相診断占い師なのか、
  保健師なのか、臨床心理士なのか……。
b0141773_1615027.jpg

  「いえいえ、それは私でしょう」と
  つぶやいている栄養士、健康支援者が、
  あちこちに生まれ始めているのではなかろうか。
b0141773_1615316.jpg

というわけで、栄養士、健康支援者の仕事は、
「ヘルスサポーター」を超えて、
「ライフスタイルサポーター」
または「モチベーションサポーター」の領域へと入りつつある。

11月10日の富山県栄養士会生涯学習研修会では、
文章力や編集力の強化を促す前に、
人間のコミュニケーションパターンそのものを見直しておこうと、
ノンバーバル(非言語)コミュニケーションの基礎からお話しした。
性別の意味、年齢や身長の意味、眼の色、
髪の色の意味、沈黙の意味、身体接触の意味、
そして、料理という、五感をフル活用する
コミュニケーションスキルについて考えていただいた。
(演題「人を引きつける文章力と編集力を
どう強化し、どう実践するか」 富山短期大学内)
b0141773_16161317.jpg

また、人を引きつける文章を書くためのトレーニング法を示した。
受講用の専用ノートを持つこと、
整った事務文書を書くためにはマニュアルが必要なこと、
セミナー後のアンケートなどを、単純に「調査」とは考えず、
参加者の参加意識を高め、当日の振り返りを促すなど、
より大きな意義のあることなどをお話しした。

終了後、Eメールで数人の方から問い合わせをいただいた。
それらには、コミュニケーショントレーニングをしている人だからこその
問いかけがあった。
「日記を読み返すとモチベーションが下がる、どうしよう?」
「不慣れな問いかけ技法を上達させるコツはないか」
「ログブックの書式について教えてほしい」
b0141773_16195297.jpg

前日の9日には、
石川県栄養士会能登支部生涯学習研修会で、
「コトバを磨くと栄養士活動が3倍楽しくなる」という演題の
お話をさせていただいた。
ここでは、栄養士活動の方向性、
それとコミュニケーション力との関係、
人間にとって食の多様性、
健康や幸福の定義、
私の提案している「健康の6大要素」などについて
ご紹介した。
「6大要素」の1つには、生きがいがある。
人は情報(生きがい)を食べて(パワーにして)生きている。
それは、栄養と比べて甲乙つけがたいほど重要な要素である、
ということについて話した。
b0141773_16214541.jpg

コミュニケーション力をつければ、
万事うまくいく、とまではいえないが、
それらのスキルを磨き続けることは、
国民の健康につながり、
栄養士や健康支援者自身も、
生涯、モチベーションを持続できることを強調した。

「将来を見据えて」とはよくいうが、
将来は、もちろんコトバによってプログラムされ、
促進されるものである。
そういう意味では、「将来」も「健康」「幸福」も、
コミュニケーションスキルにほかならない。
b0141773_16215688.jpg

[PR]

by rocky-road | 2013-11-21 16:24  

記号の現実、私の現実。

b0141773_174470.jpg

『読売新聞』は、11月5日付朝刊で
「論点スペシャル 食材虚偽表示」を特集した。

ここでは3人の論者のコメントを紹介している。
伝承料理研究家の奥村彪生(おくむら あやお)氏、
全国消費者団体連絡会事務局長の河野康子(こうの やすこ)氏、
国立民族学博物館名誉教授の石毛直道(いしげ なおみち)氏。
b0141773_1742468.jpg

石毛先生のコメントを興味深く読んだ。
いわく、
日本の食は持ち味主義だ。持ち味を大切にする。
料理名人ほど「料理のし過ぎはだめだ」という。
食材を吟味し、それを生かす。
b0141773_1781192.jpg

フランス料理は、「ブルゴーニュ風エスカルゴ」とか
「アルザス風牛タン」とかと、料理のスタイルを示す。
また、「ニンニク風味ソース」などと、ソースの内容まで書く。

中国では、食材以前に、「炒」(チャオ/いためる)、
「炸」(ヂャ/揚げる)、「紅焼」(ホンシャオ/醤油煮)などと、
火の使い方にこだわる。

英語では、エビは大きければオマールかロブスター、
車エビ程度なら「プローン」、小さいのは「シュリンプ」

さすがは食文化の権威、
広い視野でこの問題の本質を指摘している。
b0141773_175464.jpg

先生の著書で、英語の「クッキング」には
刺身などは入りにくい、と書いてあった。
過熱しないものは料理とは扱わない、との定義だという。

しかしいまは、世界の食のデパートとしての日本の食文化は、
知らず知らずに世界の食文化の中に
とっぷりと漬かっていたのだ。
ダブルスタンダードどころか、
地域ごとの、ワールドスタンダードの上に立っていたというわけ。
b0141773_1755799.jpg

食材ごとに、料理ごとに、店ごとに、
調理人ごとに、それなりの基準を設け、
それに従って料理を提供していたということだろう。
それが日本国の「常識」とズレているかどうかは、
現場では考えたこともないテーマだった。
b0141773_1771592.jpg

各関係者の謝罪会見を見ていて、
あまりにも罪の意識が感じられないのは、
自分の文化を疑わないからであろう。
b0141773_1773553.jpg

以前は、「きょうは茶色の服だから、
赤い靴を出しておいて」などと言った。
この場合の「赤」は、もちろん「茶」である。
5月という季節を形容するとき、
「青々とした緑の季節」などという。
「青」なのか「緑」なのか、はっきりして……。
b0141773_1784189.jpg

そもそも、日本語には「茶色」という色の単独名称はない。
「茶色」は、「お茶」の色のこと。
でも、茶の抽出液は緑に近いのでは?
「空色」も「だいだい色」も「こげ茶色」も、
借り物の名称である。日本語には、それらの単独名はない。
虹が7色ではなく、3色や5色である国があり、
そういう言語世界もある。
b0141773_179418.jpg

昔、「イセエビ」を「伊勢エビ」と表記するか、
カタカナで表記するかで論じ合ったことがある。
「関サバ」はどうするか、「三浦大根」をどう書くか……。
それらは、かならずしも産地を指すものではなくなっていた。

魚の和名には、タイでないタイがあまりにも多い。
「スズメダイ」「ニザダイ」「イシダイ」「イシガキダイ」
「タカノハダイ」「ネンブツダイ」……。
みんな疑似名称である。
b0141773_1792519.jpg

「谷中銀座」や「霜降り銀座」など、
各地に銀座があるのと同じで、
魚の王座を占める「真鯛」にあやかって、
類似のネーミングをする。それが日本人の、
いや多くの人間の心理である。
b0141773_171113.jpg

英語の魚の名称はもっと大胆で、
クラゲを「ゼリーフィッシュ」とし、
「ミノカサゴを「ライオンフィッシュ」だという。

「一般意味論」や「認知言語学」では、
コトバと実体との間には隙間がある、
それを前提として研究や論を深める。
食材と名称、産地と食材の関係など、
昔から問題が絶えない。
牛乳の定義、アイスクリームの定義など、
その都度、定義をし直してきた。
b0141773_17124473.jpg

コトバは、事物や現象の地図だから、
道ができてから地図に記載される。
いつも後追いになる。
今後もこの種の問題は起こるし、起こることで、
定義力が高まってゆく。

少なくともプロは、そのズレにいち早く気づき、
それを指摘する義務と責任を負う。
食関係者、とくに外食産業に知識を持つ専門家は、
いまになって「道義的に許されない」なんて、
後知恵で言ってほしくはない。
「あんたが早く気がつけよ!!」
b0141773_17133184.jpg

少し話が変わるが、
知人の林 公義(はやし まさよし)氏は、
自然博物館学芸員時代、
展示物についての解説ボードをつけておくと、
見学にやってきた小学生たちは、
しきりにその記述をノートに写す。
それに集中し、実物を見ない、と指摘していた。

実物よりも記号に反応するという習性が生まれるのである。
大学生も同じで、講師が何日もかけてテキストを作っていくと、
講師の話は聞かなくなり、私語が多くなる。
そこで、文章を音読し、それを書き取らせると
真剣に取り組む。「スリリングでよかった!」などという。
b0141773_1714395.jpg

11月3日の食ジムの帰り、
車内に、足を少し引きずる女性が乗ってきた。
場所は優先席のある車内の端のコーナー。
そこは優先席ではなかった。

椅子に座っていたのは私を含めて6人。
私は、その女性に席を譲った。
ご本人は、すぐ降りるから、と言ったが、
私の降りる駅の1つ手前。
荷物の多い私に気をつかいながらも座ってくれた。
b0141773_1715096.jpg

私を除く5人は、若者で、全員、デジタル機器に熱中。
不親切という以前に、周囲で起こっていることに無関心。
小さな機器の中に展開する記号に釘づけになっている。
「視野狭窄」という症状があるが、
自分の環境に注意を払う、動物としての感覚が薄れ、
人間の作った記号にぐいぐいと引きつけられる。

信号を渡りながら、ケイタイに集中する。
左折する車が待っていても、われ関せず。
「安心・安全」という記号を信じているから、
わが身は安心・安全。
横断を待っているバスなどの存在は意識にない。
b0141773_17152730.jpg

こういう記号優先行動と、
食品の疑似表示とはセットになっているのだろう。
「シバエビ」と書いてあるから、シバエビであり、
「絞りたてジュース」と書いてあるから、生ジュースなのだ。

いま、日本人にとって、
記号と実物との間には、常に隙間ができる
ということを認識する機会になったとすれば、
認知行動学的な進歩である。
b0141773_17153917.jpg

レストランで、「このステーキには、何か注入なさっていますか」
「このカワハギ、ウマヅラハギに似ていますね、
調理前のものを見せていただくこと、できるかしら?」

安心・安全は、
最終的には自分の「動物的勘」によって維持される。
「日本人よ、もっと動物であれ!」かな?
b0141773_17155814.jpg

もっとも、いまや「勘」は
野性的な生活から蘇るのではなく、
皮肉なことに、知的作業によって……
つまり、読書や人との直接的なコミュニケーションによって
回復されるのであろう。
[PR]

by rocky-road | 2013-11-07 17:16