<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

海の上を歩いて50年。

b0141773_23322710.jpg

60余年にわたって、いろいろの写真を鑑賞してきたが、
多くの傑作の中で、
とくに印象の強いものといえば、
40~50年前に見た『ライフ』という雑誌だったかに載った、
蚊が人間を刺している様子を、
皮膚の裏側から撮った作品が筆頭にあげられる。
b0141773_23331097.jpg
b0141773_0552757.jpg

解説を読むと、
蚊が皮膚を刺した瞬間、
凝固剤の入ったスプレーで固定し、
モデルとなった人の皮膚を薄く剥ぎ、
それをマクロレンズで撮ったという。
b0141773_23332781.jpg

また、ほかの雑誌の時計の広告で、
クジラとダイバーが海面に並んでいるのを
海底から見あげて撮った遠景写真、
これもすごかった。
いまのように、クジラの水中映像がなかった時代である。
b0141773_23342259.jpg

どちらもアメリカ人カメラマンの作品。
アメリカ人のやることの徹底さ、
スケールの大きさに舌を巻いた。
b0141773_23343568.jpg

それより時代は下がるが、
動物カメラマンが岩合光昭さんが、
インド洋上を航行する船の上から撮ったという、
イカの群れが水面上を飛ぶスクープ写真もすごかった。
イカが、トビウオのように空中を飛ぶことは
知られていなかったからである。
b0141773_23351249.jpg

そういえば、以前、伊豆の海中で、
水面を泳ぐ小魚を撮っていたら、
突然その群れが消えた。
そして、数メートル先に着水した。
不確かだが、トビウオの幼魚らしい。
さっそく撮影体制に入ったが、
いくら粘っても撮ることはできなかった。
ジャンプ寸前の瞬間を撮ったら、
岩合さんの写真くらいにスクープものであったろう。

ダイビング雑誌で「半水面」の写真を見たときも、
それを合成写真と考えて、
「いいアイディアだ」と感心した。
が、そうではなく、
実際に1つのレンズを水面に当てて、
水面上と水面下を同時に撮ったのだと知って、
またまた驚いた。
b0141773_23413544.jpg

ダイビングを始めて50年目になるが、
その中心はスノーケリングである。
スノーケリングとは、
水面を歩くことだと思っている。
b0141773_0273328.jpg

スクーバダイビングがヘビ、
またはチョウの目で水中を見るのだとすれば、
スノーケリングはトンビの目で
水中を俯瞰することになる。
b0141773_23445573.jpg

私の場合、トンビの習性が身についているので、
チョウを経験したあとも、
つまりスクーバダイビングをしたあとも、
スノーケリングをやってしめないと
落ち着かない。
b0141773_23454375.jpg

半水面を撮り始めて20年くらいになるが、
この世界には、まだまだ発見があるだろう。
空気の世界と、水の世界とが
1枚の写真に記録されるのである。
「天地」ではなく「天水」の世界である。
b0141773_23383890.jpg

2009年、第49回 富士フィルムフォトコンテストの
「ネイチャーフォト」部門で金賞を得た
有田 勉氏の『餌場』という作品は、
半水面写真の近年の傑作である。

産卵のために川を遡上したサケが、
産卵後、命を終える。
その死骸を狙って、タカの仲間と思われる猛禽が集まり、
水中の獲物を狙う。
これを半水面で撮った。
空には鳥たち、水中には命を終えて横たわるサケ。
b0141773_2340717.jpg

このコンテストには私も応募し、
『フエダイ 夏模様』と題した作品が優秀賞に入ったが、
有田氏の作品と比べると、
横綱と幕下くらいの違いがある。
完敗もいいところである。

いまどきのコンテストは、
企画力、取材力などがないと、
なかなか上位入賞はできない。
b0141773_2348070.jpg

もっとも、ネーミング力は
日本のフォトコン始まって以来、
依然として夜明け前の状態。
サケの遡上の果ての最期を『餌場』とやってしまったが、
それはない。
審査員の言及がほしい。
せめて、『遡上の果てに』『天に昇る』『食物連鎖』
くらいのネーミングをしてほしい。
b0141773_23483375.jpg

ともあれ、半水面写真には、
まだまだ未知の世界、未知の映像がある。
それを信じて、海の上を歩き続ける。
b0141773_23484560.jpg

[PR]

by rocky-road | 2013-09-28 23:49  

自然や食の名翻訳家になる。

b0141773_2334291.jpg

「地球最後の日が近づいたら、
最後になにを食べたい?」

若いときに、
こんな他愛のない会話を楽しんだ人は多いと思う。
アメリカはフロリダにある、
アメリカ人夫妻の邸宅に滞在した
日本人女性の何人かが、
こんなやりとりを楽しんでいたら、
同家の主人が興味を示したという。
b0141773_23342353.jpg

そこで、「ビルだったら?」と
その高齢の男性に尋ねた。
会社の会長でもあるビル氏が答えたのは、
サラミソーセージ入りのサンドイッチとか、
ハンバーガーとか、ホットドッグとかだったと、
そこにいた女性の1人が話してくれた。
b0141773_23343312.jpg

アメリカ人の食生活のシンプルさが
よくわかるエピソードである。

ところで、「地球最後の日」そのものも、
思っているほどシンプルなものではなさそうである。
隕石があと5日で地球に激突する、
という最後ではなく、
たとえば気候の大変動が起こり、
きょうは100人、あしたは1千万というぐあいに、
人類は徐々にフェイドアウトしていきそうである。
b0141773_23351768.jpg

つまり、最後に食べておきたいものがあれば、
来る日も来る日も好物をタラフク食いまくる、
という時間的余裕がありそうだ。
ということは、食べることに、
そう執着する必要はないということである。

ところで、きょう、このごろの気象変動は、
このような最後の日への序章なのかもしれない。
b0141773_23353382.jpg

だが、そういう予知能力のまったくない気象予報士は、
あいもかわらず、あした、あさっての天気予報を繰り返す。
ちょっと込み入った説明となると、
なんだか頼りのない口調になる。

突風が起きた理由を聞かれたのに対して
「積乱雲の下は突風が吹きやすいんです」などと
能天気なことをいっている。
視聴者が知りたいのは、
積乱雲の下で、なぜ突風や竜巻が起こるかである。
b0141773_23431587.jpg

台風が大きな被害をもたらす理由を聞かれると、
「海の温度が上がって台風が生まれやすくなっているのです」
などと、通り一遍の説明を繰り返す。
b0141773_23504651.jpg

こうなるのは、
もちろん気象予報士の専門知識不足によるものではない。
そうではなくて、翻訳能力の不足、
または翻訳能力の未開発によるものである。
b0141773_23365163.jpg

気象予報士は、
気象現象の翻訳者であることが求められる。
視聴者が気づいていないこと、知らないことを
先取りして翻訳する。
つまりわかりやすく説明する。
あしたが、晴れか雨かをいうだけなら、
気象庁が発表するデータの読み手としての
アナウンサーが1人いれば間に合う。
b0141773_2337633.jpg

翻訳家としては、
「積乱雲(入道雲)は、地上から蒸発したエネルギーの塊です。
どんどん上昇しますが、成層圏(空気層とは異なる風の流れのゾーン)の
上のほうにある温度の高いオゾン層にぶつかって、
押し戻されます。このとき、雲の中で摩擦が起こって、
電気が起こり、これが雷になります」
b0141773_23372099.jpg

「エネルギーが逆流または移動するとき、
風が起こります。
上昇した熱エネルギーのあとには
その空白を埋めようとして、別の風が疾走してきます。
満員電車の中で、1人が立ったら、すぐにだれかが
座ろうとするでしょ? それと同じ理屈です」
b0141773_2338332.jpg

「地球の温暖化が猛暑の原因だとすれば、
これからは、地上のエネルギーが空にたまりやすくなり、
たまったエネルギーは、『エネルギー保存の法則』によって、
同じ分量が、戻ってくるわけです。
水蒸気で昇ったエネルギーが、
水というエネルギーで戻ってくる。
梅雨のように毎日、少しずつ戻してくれればいいけれど、
一気に戻そうとすると集中豪雨やゲリラ豪雨にならざるを得ないのです」
b0141773_23383368.jpg

「海辺、川岸、山の暮らしは、
従来と変わってくるかもしれませんね。
のどかな環境としての安定性が
揺らいでくる可能性があります」

文系の悲しさ、この説明の精度は保障できないが、
感じとしては、こんなふうに説明してくれると、
もう少し気象がおもしろくなるだろう。
b0141773_2338555.jpg

以上のことを一気に説明する時間はない、
といってはいけない。
その精神があれば、数秒でも、翻訳的説明はできる。

翻訳者は、「I love you」を
「私はあなたを愛している」と訳したのでは、
おもしろくもなんともない。
「だ~い~好き」
「仲良くしない?」
「いっしょに住まへん?」
などとやるから生きてくる。
b0141773_23391767.jpg

では、健康支援者や、
食情報を発信する食情報や健康情報はどうか。
「1日2食で20歳若返る」
「玉ねぎ水で血糖値を下げる」
「トマトのリコピンはがんや動脈硬化を予防する」
などは、翻訳のし過ぎ、つまりは誤訳である。

翻訳力の足りない職種、
ムリな意訳や誤訳の多い職種、
それが現実というものだろう。
b0141773_2350049.jpg

[PR]

by rocky-road | 2013-09-19 23:39  

旅の宿でコーチングを学ぶ。

b0141773_16585291.jpg

夏の、それなりの多忙と暑気による疲労とを癒やすこと、
そして、広島周辺の健康支援者と交流することを目的に
広島のコテージで過ごす、という旅行にお誘いいただいた。
b0141773_1659469.jpg

日中はコテージ界隈の緑に包まれ、
時間があればプールで泳ぐつもりだったが、
ただただぐったり過ごすことに徹し、
水着を持参はしたものの、泳ぐこともしなかった。
b0141773_170252.jpg

なか日の10日の夕食から、
みなさんとご一緒し、楽しく語り合った。
どこにも輝きのある人はいるもので、
そういう人たちのライフスタイルの一端をうかがえることは、
楽しく、有意義であった。
b0141773_1792861.jpg
b0141773_1704477.jpg

メンバーには10月初旬に沖縄の座間味島に
スノーケリングを楽しみに行く人が4人もいて、
やや海の話が多すぎたかな? と少し反省はした。
b0141773_17101591.jpg

それにしても、健康支援者のみなさんと
こんなにも海の話をする機会があるのは意外。
わがダイビング歴50年目にして初めてのことである。
「海と島の旅」に終わりのないことを改めて知る。
b0141773_172184.jpg

その旅先で、9日の夜、
NHKテレビの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を
ゆっくりと見た。
たまたま、広い意味での「コーチング」のダイジェスト版。
5人のコーチの流儀をじっくりと見た。
午後10時の番組なので、
栄養士のみなさんと一緒に見る機会はないが、
今回は、旅先のこと、
みなさんと、この関連深いテーマの番組を見た。
b0141773_1724699.jpg

登場した5人は、
プロ野球、楽天イーグルスのピッチングコーチの佐藤義則氏。
「マー君」こと、田中将大投手らのチームコーチ。
水泳コーチの平井伯昌氏。平泳ぎの北島康介のコーチ。
宮大工の菊池恭二氏。師匠の西岡常一氏(故人)の教えを紹介する。
小学校教諭の菊池省三氏は学級崩壊状態のクラスを立て直す。
定時制高校の教諭、岡田倫代氏は、不登校気味の女生徒を
立ち直らせる。
b0141773_173594.jpg

佐藤氏は、ピッチャーをコーチするとき、
「悪いところを修正するよりも、いいところを伸ばしながら、
悪いところを直すほうがよい」という。
b0141773_1732429.jpg

平井氏は、「むやみにほめず、簡潔にポイントを示す」という。
菊池氏は、宮大工の師匠・西岡氏にいろいろと尋ねると、
「お前はどう思う?」と聞き返されたという。
そしていう。
「わしはな、学校の先生やあらへんのや。自分で考えなはれ」
といわれた、という。
b0141773_1734045.jpg

もう1人の菊池氏、
菊池省三氏は、「啐啄」(そったく)というコトバを
行動規範の1つとしているという。
親鳥が卵の周囲をつつきながら、
卵の中の雛鳥とコミュニケーションをとるように、
生徒にもこれを当てはめ、
生徒の潜在意識になにがあるかを
日記を書かせるなどして察知し、
それに呼応するように支援をする、という流儀。
b0141773_1743591.jpg

岡田倫代氏は、目的もわからず教員室にやってくる
女生徒の話を何回も何回も聞く。
先を急がず、結論を求めない。
促すことなく耳を傾ける。
「寄り添う」というコトバが何回か使われた。
b0141773_1745889.jpg

それぞれの「流儀」に共通するのは、
怒鳴ったり貶(けな)したりすることがない。
佐藤氏の場合、ときどき小さく叱るが、
そこが修正されると「ほら、できるだろう」と
しっかりほめる。
b0141773_1751279.jpg
b0141773_17111034.jpg

分野の違う一流コーチの「流儀」を見ていて、
食事相談との大きな違いを感じた。
チームコーチや教諭の場合は、
対象者と持続的な関係ができていること。
いわばチームの仲間でいられる。
b0141773_1753415.jpg
b0141773_1755018.jpg
b0141773_176017.jpg

それに比べて、食事相談の場合、
とくに「特定保健指導」のような形では、
栄養士とクライアントの関係は、一過的。
組織や規則によって2者の関係がくくられているわけではない。
ほとんど「行きずり」といってもよい。
b0141773_1764051.jpg

この状態で相手のライフスタイルを向上させるのは、
並み大抵のことではない。
が、ここにも「名人」が生まれるはず。
栄養士が「プロフェッショナル」に出演する日は
きっとくるだろうが、
それはだいぶ先になるだろう。
b0141773_1765344.jpg

すぐに到達できないということは、
うれしい状況ではないだろうか。
b0141773_1773675.jpg

旅先でテレビ番組を真剣に見る機会は少ないが、
今回の旅では、そのゆとりがあった。
「する」ことが多い、わが旅のスタイルだが、
「する」ことの少ないこの旅では、
別の収穫があった。
b0141773_1775622.jpg

[PR]

by rocky-road | 2013-09-12 17:11  

宵待草はいずこに……。

b0141773_21185926.jpg



待てど暮らせど 来ぬ人は
宵待草の やるせなさ
今宵は月も 出ぬそうな


これは、竹久夢二作詞の『宵待草』の
一番の歌詞。(昭和13年)
b0141773_21225897.jpg



宵闇せまれば悩みは涯(はて)なし
みだれる心にうつるは誰(た)が影
君恋し唇あせねど
涙はあふれて今宵も更け行く

b0141773_21233840.jpg

これは、私の世代ではフランク永井の歌で聞いた
『君恋し』という歌謡曲の一番。
時雨音羽という人の作詞。(昭和3年)

これらに歌われた「宵」というコトバが
日本語から消えつつある。
b0141773_2124437.jpg

「宵」とは、「日が暮れてからまだ間もない時。
また、ゆうべと夜中の間。初夜。初更。
また、よる。夜間。」(広辞苑)のこと。
b0141773_21255232.jpg

「宵の口」とか「宵っぱり」とかという
言い方は、かつては日常会話の中に普通に存在した。
b0141773_21253156.jpg

「宵」には「日が暮れて間もない時」という意味と、
「宵っばり」のように、一晩中という意味もあるので、
時間を限定するにはあいまいなところがある。

そこでNHK(または気象庁)は、
天気予報でこの時間帯をいうときには
「夜の初めころ」と言い換えた。
昔の日本人は「宵」と「夜」「真夜中」とを
「宵」の使い方で区分してきた。
b0141773_21262882.jpg

天気予報でも「宵のうちに小雨があるかもしれません」
といえばわかると思うが、若い世代を念頭において、
正確さを期して「夜の初め」と言い換えた。
「夜の初め」とは、なんと無粋な言い方。

この結果、「マツヨイグサ」(俗称「宵待ち草」)という
植物の名前の意味はわからなくなる。
まさか「夜の初めころ草」と言い換えるわけにもいくまい。
b0141773_21265577.jpg

マツヨイグサは野生化した黄色い、
弱々しい花を咲かせる、南米あたりからの帰化植物。
「月見草」と似ているので、よく間違えられる。
両方とも、夕方、夜や月を待つかのように花が咲く。
この時間帯に媒介するムシ(蛾だともいう)を引き寄せる。
(使っている写真の花はすべてマツヨイグサにあらず)

コトバは「見れる」「寝れる」「食べれる」のように
多数決で採用されていくものだが、
「夜の初め」は、意図的な造語である。
将来、「宵」というコトバを排除した責任者を
追求する日が来たときには、
気象庁かNHKの中から
首謀者を見つけ出すことになるだろう。
b0141773_21273910.jpg

日本は四季があり、昼夜の差がはっきりしており、
方言も多様なので、気候、天候を表わすコトバが多い。
たとえば「雨」。
「朝雨」「丑雨」「梅の雨」「寒の雨」「霧雨」「時雨」
「紅梅の雨」「こぬか雨」「五月雨」「鉄砲雨」など、
あげきれないほどある。
しまいには「血の雨」が降ったりもする。

これらは誇るべき言語文化であるが、
このところ、気象用語にカタカナ語が入り込んできている。
上昇気流が固まって、熱い空気のかたまりができる。
この上昇気流域を「スーパーセル」という。
それが大きな雲、積乱雲となると、エネルギーが凝縮される。
そのエネルギーが地表に勢いよく逆流してくる
「下降噴流」のことを「ダウンバースト」という。
b0141773_21282734.jpg

わが気象用語大国も、「入道雲」なんていう
味のあるコトバを使う一方で、
「スーパーセル」や「ダウンバースト」なんていう、
アメリカ語をそのまま採用しつつある。
訳語の達人はいないのか。

気象関係者には、和製の気象用語にくわしい人が多いが、
「スーパーセル」や「ダウンバースト」を
「天熱(あまねつ)」とか「熱風滝(ねっぷうたき)」とかと
メモ用紙に、訳語の候補を50や100くらいは
書き出してみたはずなのだが。
b0141773_21285225.jpg

ここで改めて、福沢諭吉のように、
「フィロソフィー」を「哲学」、「カンパニー」を「会社」
「スピーチ」を「演説」などと訳語にした人たちの偉さがわかる。

ちなみに、「ダウンバースト」という現象は、
アメリカ国籍の日本人、
藤田哲也という学者によって発見されたという。(1973年)
着陸直前の飛行機がこの「噴流」を受けて墜落したこともある。
藤田先生はアメリカでこれを発見したので、
当然のように英語名をつけたのだろう。
b0141773_21293055.jpg

地球温暖化が始まる前の日本でも、
竜巻はあり、それが「龍」に見えたのだろう。
が、地域の家々をごっそりさらっていくほど大きなものはなかった。
平地が広いアメリカのスケールとは違う。
そのせいか、「竜巻」関連の学術用語は、英語中心になる。

雨用語があんなにも多い日本にも、
さすがに「ゲリラ豪雨」というコトバはなかった。
遠からず、
「竜巻」を「トルネード」と言い換える日が来るかもしれない。
野茂投手の復活である。
そして、「夜の初めころ」は「アーリー イブニング」に
言い換えられるかもしれない。
b0141773_212948100.jpg

と、そこで気がつく。
「宵」を「夜の初めころ」という具合に、
和語ふうに訳したことは、評価すべきかもしれない。
英語や漢語にしなかっただけでもほめてあげるべきで、
主犯者としてしょっぴくなんて、とんでもない。
b0141773_21301284.jpg

「宵」を漢語風に「初夜」と訳していたら、
困ったことになっていただろう。
天気予報で「初夜におしめりがあるでしょう」
などとやったら、放送禁止予報になっていたことだろう。
b0141773_21302556.jpg

[PR]

by rocky-road | 2013-09-04 21:30