<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

自分らしく、「しだら」あり!?

b0141773_1265816.jpg

車内で横になって眠る男、
短パン姿で爆睡する中年男、
そんな姿を見ることが多くなった。
その無防備なサマを見て、
日本男子も地に落ちたな、と思う。
玄関を出たら7人の敵がある……だって?
b0141773_131645.jpg

「だらしがない」の「だらし」は
「しだら」をひっくり返したものだという(倒語)。
「しだら」とは、引き締まること。
b0141773_1315559.jpg

「しだら」ではない状態のことを
「だらし」とひっくり返すことによって、
引き締まっていることの反対、
つまり、しまりのなさ、節度のなさ、体力のなさを
表現したかったのだろう。
やがてそれが、現代日本語として定着した。
b0141773_1322437.jpg

「しだら」を「節度」とした場合、
それを支えるのは個々人の価値観だが、
生物は環境に反応するようにできているから、
内的な支えも、外界の乱雑ぶりに出会うと、
あえなくそちらに適応してしまう。
b0141773_1324962.jpg

車内での化粧は日常的な風景になり、
歩きながら、または自転車に乗ったままのケイタイもOK、
テレビやラジオ番組への匿名のつぶやきも、
局側が求めることで成立している。
公共メディアに匿名で意見をいうなどは、
便所の落書き並みで、ここにも節度はない。
b0141773_133466.jpg

また、ある週刊誌は、
しばしば「好き嫌い記事」を載せる。
8月29日号では、
「本誌恒例メルマガ読者1500人が選んだ
好きな女優 嫌いな女優 2013年夏」とくる。
b0141773_1343140.jpg

好き嫌いは、論評以前。
大人の公的メディアがやることではない。
それを聞いてどうする? なんと生産性がないことを!!
が、「公共の場」「世間の目」という概念を失った、
民度急落中の、下衆っぽい日本国民は、
こういうテーマでもひっかかる。

「迎合」というのは、自分の意向を押さえて、
相手に調子を合わせることだが、
この編集長の場合は、さほどのアイディアもないから、
そんな安っぽい企画で勝負に出ざるを得ないのである。
b0141773_1362330.jpg

老舗(しにせ)中の老舗である某出版社に席を置いても、
品性という点では、電車の中で横になる男と
さほどの違いはない。
社内でも、眉をひそめている社員がいるはずだが、
編集長に任せた以上、そこそこの売れ行きを出している以上……
などといって、しばらくは静観するしかないのだろう。
b0141773_146363.jpg

黄金時代を経験したOB編集者の多くは、
「あの会社、どうなっちゃってるの?」と
嘆いていることだろう。

そのOBの1人に、名著となるに違いない
『日本型リーダーはなぜ失敗するのか』の
筆者がおられるのは皮肉と言えば皮肉である。
b0141773_10111953.jpg

ところで、
「人様に迷惑をかけないように」は、
いまも日本人の行動規範として効力をもっているが、
その場合の「迷惑」は、行列に割り込んだり、
人に水をかけたり、人のものを盗んだりといった、
多分に物理的なところにポイントが置かれる。
b0141773_1414931.jpg

この規範は、自分の行動が社会環境の一部となる、
などという社会性とは無縁の価値観である。
人の悪口には、案外寛大。
だから女優さんが嫌がるであろう悪口を
公器を使って平気で展開する。

きわめて消極的で受け身、
最低限度の、小さな小さな規範だから
「自分らしく」「自分に正直に」
「身の丈に合った」などの言い様とも相性がいい。
b0141773_1433556.jpg

「男らしく」「女らしく」「大人らしく」
「人間らしく」「父親らしく」などの規範は、
その昔、自然発生的に「らしく排斥風潮」に追いやられ、
結局は「自分らしく」にたどり着いたようだ。
これならば、なんら手かせ足かせにはならず、
プレッシャーはゼロ。

それはつまり、「ゴキブリはゴキブリらしく」
「クモはクモらしく」「ダイオウイカはダイオウイカらしく」
ということであって、進化の拒絶のようなものである。
ヒトはヒトらしくないことを求めた結果として人間になった。
b0141773_1473469.jpg

ゴキブリだって、ダイオウイカだって、
いかに「らしくなく生きるか」に懸命である。
環境の変化にいかに適応するか、
そのことに死にもの狂いだから、
現状にあぐらをかいた「自分らしく」ではすまされない。
ゴキブリは永遠にゴキブリではないのである。

身の丈に合った、自分らしい生き方は、
向上はもちろん、変化さえも好まない。
b0141773_149086.jpg

そういう社会が、日本では当分続く。
「安心・安全♪」と念仏を唱えることで
安心・安全が保障されると思う信仰を持てば、
地震は来ないし、放射能汚染の地下水は
海水にもまれて浄化されるかもしれないし、
尖閣列島も竹島も、自然にみんなが忘れるかもしれないし……。

いやいや、そんな大きな話ではなくて、
「車内の座席のクッションが、もう少し柔らかいと、
チッタァ寝心地がいいのになァ……」
そういうレベルの退化人間の健康度は、
果たして上げることができるのだろうか。
b0141773_1493528.jpg

健康支援者のビジネススキルは、
すでにそういう現実に迫られているのではないか。

平和ボケで、ストレスを感じなくなった人間に
一定のストレスを与えるには、
そうとうのシタタカさが求められる。

まだ品格を保っている
月刊誌のほうの『文藝春秋』の8月号で、
塩野七生氏が「悪質さのすすめ」という
あいかわらず、切っ先鋭いエッセイを書いている。

昔、ある人から聞いたというアメリカのジョークを紹介して、
「世界に4つ、絶対にないものがある、
アメリカ人の哲学者、イギリス人の作曲家(クラシック)、
ドイツ人のコメディアン、日本人のプレーボーイ」と。

塩野氏のプレーボーイの定義は、
「少なく与えて多くを取る能力に長じた人」である。

これを健康支援者に当てはめたらどうなるか。
あれやこれや、栄養学の知識を押しつけて、
相手の行動を1ミリも変えることもできないようなのは、
プレーボーイでもプレーガールでもなく、
ただのお人よし、ただのド素人以外の何物でもない。
b0141773_1532966.jpg

クライアントの中には、
電車の中で寝転んだり、
「自分らしく生きる」ことに
精いっぱいだったりする連中も多いから、
ここは低俗週刊誌に倣って、
「ご飯とパンとどちらが好きですか」
「車内でカップラーメンを食べる人を見た人がいますが、
どのようにお考えですか」
「地球最後の日に、最後に何を食べたいですか」

時間がないのに、遊んでなんかいられない、
などといってはダメ。
問いかけは、答えを引き出し、
その答えは、自分を縛るものである。

食事相談における問いかけは、
女優の好き嫌いを聞くよりも
はるかに生産的である。

by rocky-road | 2013-08-26 01:51  

語るように書く。

b0141773_0325934.jpg

昭和47年に出版した2冊の本が
ようやく手に入った。
『長寿村ニッポン紀行』(近藤正二著)
『食べ物とコレステロール』(五島雄一郎著)
ともに女子栄養大学出版部刊で、
私が手がけた本である。
b0141773_0335866.jpg

「栄大ブックス」とネーミングした。
岩波新書にならって、それの食・健康版を
作ろうと企画・提案して生まれたシリーズである。
全部で20点くらいは出しただろうか。
そのトップを切ったのが上の2点であった。
b0141773_0341249.jpg

どちらもインタビュー取材をして
それを編集部(私)がまとめる、という方法をとった。
内容は著者の論述であり、思想である。
が、自分がまとめた本だけに、
副・副・副筆者という気分も少しはあって、
思い入れがあった。
当時(36歳)、どんな仕事をしていたか、
どんな文章を書いていたかを知りたくもあった。
b0141773_0443884.jpg

発行日を見ると、どちらも昭和47年6月となっている。
当時のことは思い出せないが、
シリーズのトップバッターとして、
まず2冊を出したい。
それには筆者に依頼してから
1年も2年も待っている時間はなかった。
b0141773_0351579.jpg

そこで、著者に会って、直接インタビューをしよう、
と考えたのだと思う。
当時、東北大学の名誉教授であられた
近藤正二先生は、衛生学者でフィールドワーク専門の人。
執筆をお願いするのはムリと思った。

五島雄一郎先生は慶応大学医学部助教授。
多忙であったため、
インタビューでないと受けられない、といわれた。
b0141773_036470.jpg

まだコレステロールについて理解の浅い人が多く、
現に、内部の営業課からも、
「コレステロールなんて知らない人が多いから
売れないと思う」といわれた。
b0141773_0362360.jpg

関連書を調べたところ、超カタイ専門書が1~2冊。
しかもそれらは「コレステリン」と表記していた。
営業課を説得するために、
3択選びの調査票を作って、警備員とかボイラーマンとかの
予備知識のなさそうな人の認知度を調べた。
いま考えると、多分に誘導的な質問であった。
b0141773_0365674.jpg

ちょっとセコイ調査によって、
これなら売れるかも、と営業に思わせて、企画を通した。
が、コレステロールブームは、このあとにやってきた。

『長寿村ニッポン紀行』は、
仙台の東北大学医学部にある先生の研究室に
2日間押しかけて、朝から夕方まで、
インタビューを続けた。
初日の段階で、ホテルに帰って寝ようとすると
先生の残像がシルエットとなって浮かんだ。
約7時間、じっと先生を見つめていたのだから、
そういうことも起こるだろう。
b0141773_0373753.jpg

近藤先生の研究は、長寿と食物との関係、
「長寿村」では野菜のとり方がよく、
「短命村」では米を多食し、野菜のとり方が少ないという、
いかにもシンプルな結論だった。

今日の視点からいうと、
そもそも「長寿村」と「短命村」の区分が
ややラフであったり(人口に占める70歳以上の割合)、
食事内容の把握が短期間すぎだり、
献立の記述法や精度に不足があったり、
ライフスタイルに関する調査が少なかったりと、
いろいろと不備があったことを認めざるを得ない。
b0141773_038180.jpg

とはいえ、昭和初期の、日本各地域の食生活の一端は観察されていて、
資料価値はある。
また、貧しい弁当持参の学童(当時はみんな貧しい)に対して、
別に魚を食べさせたクラス、大豆製品を与えたクラス、
なにも与えなかったクラスとの違いが身長に現われた、
というような、今日では問題になるような研究も紹介されている。

こうした内容を、いま改めて振り返ってみたいと思ったが、
ネットで探してみても、その本は入手できなくなっていた。
40年前の本だから、やむを得ないだろう。
「自分の作った本を持っていないの?」といわれそうだが、
自分の手がけた数百種の書物や雑誌を
個人が保管するなんていうことはとてもできない。
b0141773_0381880.jpg

そこで、元編集長に
「見つけられないだろうか」と
お願いしておいたのだが、ずいぶん時間がかかったが、
ついに保管している人を見つけてくれて、提供を受けたとのこと。

あれやこれやで、いまは5冊の「栄大ブックス」がそろった。
うち3冊は、学生時代に購入した人からお借りしたもの。
これもまた価値のあるルートである。
自分の作った本を、当時読者だった人から提供してもらう、
幸運を深く深く感ずる。
b0141773_0383149.jpg

自分では、ノスタルジーによる興味ではなく、
栄養・健康史の再評価の機会であり、
編集力の自己診断の機会であると思っているが、
他人にとっては、動機にさほどの違いがあるとは思えないだろう。

話が少し変わるが、
この夏は、
半藤一利氏の『日本型リーダーはなぜ失敗をするのか』
(文春新書)をシビレながら読んだが、
内容に加えて、その談話調の文章にも感服した。

  「『彼はその頭に、こんこんとして湧いて尽きざる天才の
  泉というものもっていたのです』といっています。
  ま、秋山のことは、いまはあまりにも有名になったので
  語る元気が出ません」
b0141773_039976.jpg

語りそのものの文体である。
しゃべるように書くとは、こういうことなのかな、
などと思いながら読んでいたら、
「あとがき」に、「ふたりの美人に心から
『ありがとう』とお礼を申しあげる」とあった。
この本も、口述筆記だったのである。

『長寿村ニッポン紀行』では、
お相手が衛生学の名誉教授だから、
半藤さんのような軽妙なタッチの文章にはできなかった。
しかし、末尾には「私の半生・私の健康」という
インタビュー記事を約50ページ載せた。

「これまでお話したように、発育期に動物性タンパク質が
不足すると、身長の発育が妨げられて、小さい体格になりますが、
よく調べてみると、胴よりも足のほうがよけいに被害を受けるのです」

甲乙論、勝敗論はともかくとして、
インタビュー記事の比較論を楽しむことのできた、
快い夏になった。

by rocky-road | 2013-08-17 00:39  

青いマイウェイ

b0141773_23351831.jpg

『最後のマイ・ウェイ』というフランス映画を見た。
フランスの原題は『CLOCLO』(クロクロ)、
英語版では『MY WAY』。
『CLOCLO』は、クロード・フランソワという
フランスのスーパースターの愛称とのこと。

歌の「マイウェイ」はフランク・シナトラや
布施 明の歌だと思っていたが、
実は、1960年代にフランスで人気を集めた
クロード・フランソワという人であったという。
b0141773_233848.jpg

39歳で事故死した、フランス人歌手の短い人生をたどる
一種の伝記映画だが、
私の関心は「マイウェイ」誕生の秘話のほうであった。

この曲は、クロードによって作詞・作曲されたという。
曲のタイトルは「Comme d’habitude」、
(コム ダビチュード)、和訳で「いつものように……」。

「君はきょうも出かけていって、帰ってこない。
朝まで帰って来ないだろう、いつものように、いつものように……」
冷めて、遠のいてゆく彼女への思慕を男が歌う。
「マイウェイ」に漂う切ない雰囲気は、ここからきているのだろう。
b0141773_23384453.jpg

これをラジオかなにかで聞いたポール・アンカが、
引退をささやかれていたフランク・シナトラのために
歌詞を変えて提供したという。

ポール・アンカ(1941年~)は、カナダ生まれで、
アメリカに帰化したロック歌手。
彼の歌う「マイウェイ」はインターネットでも聴くことができる。
b0141773_233928.jpg

一方、フランク・シナトラ(1915~1998年)は
アメリカのビッグ歌手。
映画にも多く出演しているので、
私の世代には忘れられない人物。

そのシナトラが歌う「マイウェイ」は、
自分の人生を振り返って、
「いま、終わりが近づき、最後の幕に直面している」と歌う。
b0141773_23405685.jpg

この設定は、日本の中高年の男性の共感を呼ぶ。
自分の人生と重ねることが可能だからである。

そのせいか、かつてはカラオケ店では
上役の何人もが「マイウェイ」を歌うので、
ときにはうんざりされる曲の1つになったりした。
b0141773_23413762.jpg

幸か不幸か、私は部下とカラオケに行く習慣はなかったが、
この曲が好きで、いろいろのバージョンを録音し、
自分の作る映画やスライドショーのBGMに使った。

女子栄養大学の創設者、香川 綾先生が
80歳でジョギングをする姿を
8ミリフィルムで撮ったことがあるが、
このときもエンディングで「マイウェイ」を使った。
b0141773_2342637.jpg

私のスノーケリングクラブに、音大声楽科卒の女性がいたので、
海バージョンの歌詞を書いて歌ってもらった。
「青いマイウェイ」とした。
b0141773_23422718.jpg

青い マイ ウエイ          
ポール・アンカ原詞 大橋禄郎作詞(替え歌)


青い渚に たたずみ いま想う
海の広さと とこしえの安らぎを
波に漂い 旅した年月
海は果てない 私の旅路
               
b0141773_23431010.jpg

ときには波立つ 潮路にさまよい 
熱い浜辺を しのんだこともある
けれどわたしは 続けた この旅を
海が息づき 輝くかぎり


光があふれて 波はほほえむ 
続けようあしたも 君も行く海原
青い 旅路は この道 マイ ウエイ


b0141773_23433284.jpg

波に漂い 旅した年月
海は果てない 私の旅路

光はあふれて 波はほほえむ 
続けようあしたも 君も行く海原
青い旅路は この道 マイ ウエイ
      
         (昭和55年頃)


b0141773_2344522.jpg

この曲は、ほかにも役に立った。
スノーケリングを楽しみ、帰りに海から岸に向かうとき、
ライフベストに上半身を預け、
水面で大声で歌う楽しさである。

この録音テープ、仕事で使い、
ラジカセに入れたままにしておいたために、
それをいじった孫に跡形もなく消去された。
テープのツメを折る、という
基本的なことをしておかなかったためのミスである。
b0141773_23442872.jpg

歌手の揚原明子さんとは別れて久しい。
行方を知りたくてインターネットで調べたが、
見つけられなかった。
どこかで音楽にかかわっていてほしい、と願う。

さて、映画、『最後のマイウェイ』を見て、
初めて、この曲のルーツを知った。
ずっとポール・アンカの作曲と思っていたが、
替え歌とはいえ、作詞者であって、
作曲は、クロード・フランソワであったことを知った。
b0141773_23445679.jpg

また、いまも歌う布施 明の「マイウェイ」は、
中島 潤作詞で、フランク・シナトラの曲を
かなり意訳したものであることも知った。

不思議な連想だが、
映画を見終わった直後、
突然、海面に漂いたくなった。
「洋上でマイウェイを歌いたくなった」
などといったら出来過ぎで嫌味だが、
なぜか、海に行きたくなったことだけは事実である。
b0141773_23451172.jpg

そして、その海は沖縄と定め、
きょう、最初の問い合わせの電話を入れた。

by rocky-road | 2013-08-08 23:45  

コミュニケーション障害の治療法。

b0141773_02998.jpg

「為せば成る」とはいうけれど、
まったくそのとおり、と実感したのは
7月27日の、ロッコム文章・編集塾、遠距離クラスでのこと。
(横浜/神奈川県文化体育館)

その話に入る前に、「為せば成る……」について補足。
「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の
為さぬなりけり」は、江戸後期、米沢藩主、上杉鷹山(ようざん)
によるという。(広辞苑)
b0141773_023148.jpg

さて、ことし1月の遠距離クラスの宿題で、
「『いま、私だけが気がついていること』をテーマに、
一文を書きなさい。タイトルをつけてください」と課題したところ、
1人を除いてあとの人は惨敗だったとことは、
このブログの5月のページに書いたことがある。
しかし、全員が再挑戦することを希望したので、
再度課題してみた。

その結果、驚くことに、ほぼ全員が満足のゆく回答をした。
いくつかを要約してあげておこう。
b0141773_03449.jpg

*「リスク回避は問題解決にならない事」
 給食で出したプラムのタネをのどに詰まらせて
 亡くなったという不幸な事故があったが、
 そのたびに〝危険な〟食品を避けていったら
 魚は骨のないもの、野菜や肉は細かく切ったものを、
 いや、流動食しか出せなくなるだろう。
 (中国の格言にいう。
 「角(つの)を矯(た)めて牛を殺す」 大橋)
b0141773_033333.jpg

*「少数派からの脱脚?!」
 足のサイズが大きい女性が増えているが、
 その理由として、体格の向上、
 運動する女性の増加などがあるが、
 靴やその他の履き物などを供給者側は、
 この現状について、
 充分な対策をしていないのではないか。
 (タイトルがおもしろい)
b0141773_034756.jpg

*「行方はいずこ」
 ペットボトルや、職場では「給茶機」が普及したことによって、
 生活の場から「急須」(きゅうす)というものが消えつつある。
 急須は、コミュニケーションを支える生活器具でもあり、
 それは「お茶コミュニケーション」の機会が減ることを意味する。
b0141773_041379.jpg

*「男女の平均寿命の差は昼食にも……」
 男女の平均寿命の差の一因として、
 食事の仕方に着目する必要があるかもしれない。
 職場での食事時間や食事代に男女差はないが、
 男性は、より安い昼食を選んだり、
 立ち食いをしたりするなど、
 要するに食コミュニケーションを楽しむ習慣が弱い、
 そこにも問題がありはしないか。
b0141773_044352.jpg

*「声に癒しの効果」
 カーナビの音声は女性であるのが普通だが、
 車を運転しない男性が増えている今日、
 女性ドライバーを対象として、
 男性のナビゲーションがあってもよいのではないか。
 〝地図の読めない〟女性ドライバーには、
 包容力のある男性の音声案内へのニーズがあるはず。
b0141773_085231.jpg

などなどである。
「私だけが気がついていること」という、
この課題を繰り返すのは、
文章というものは、単に国語を綴るだけではなく、
森羅万象の中からアイディアを生み出す道具だと考えるからである。
どんな分野にしろ、プロであることを続けるには、
アイディアは不可欠である。

アイディアのないプロは、
プロであり続けにくい。
2流か3流のプロに甘んじて、
〝プロふう〟に生きてゆくことになるのだろう。
b0141773_09748.jpg

日々の生活には、多くの記事につけられる「小見出し」はない。
しかしプロとしては、
自分の生活圏でどういうことが起こっているかを
洞察しなければ変化に対応できない。
日々の生活にも小見出しをつけるくらいの客観性が求められる。

そういう能力を自分の中に開発してほしいので、
あえて同じ課題をしたしだいである。
その経験、その能力は不可逆的である。
まぐれではこの着眼、この論述はできない。
だから逆戻りすることなく、自分のスキルとして定着する。
もちろん、これにもレベルの高低はあるから、
一生スキルアップの必要はあろう。

うれしいのは、再課題をしたことへの
感謝のコトバがあったこと。
これは、新人選手がコーチに千本ノックを頼むような図である。
b0141773_073957.jpg

話は変わるが、
もう1つ、「やればできる」ということがあった。
日本テレビの午後の「情報ライブ」と称する番組、
司会者が明らかに「いわゆる病」にかかっていたので、
そのことを番組宛に指摘した。
前2回は電話だったので、
今度はファクスにしてみた。

「司会・進行のキャスターの『いわゆる』の連発には
病理的な関心があります。『いわゆる6人』『いわゆる21歳』
『いわゆる大統領』……(全熟語につけたいらしい)
 電波媒体関係者にはこの『いわゆる病』が多いように思います。
悪影響という点では1つの犯罪事件よりも問題が多いのではないでしょうか。
国語の誤用、セルフコントロールの不全……
こういう言語能力の低い人しか司会者はいないのですか。
これをノーチェックで放置するスタッフの鈍感。
一度、この病理を番組でとりあげてはいかがですか」
(2013.7.13)
b0141773_23542472.jpg

投書後の番組を見たら、なんと「いわゆる」がゼロ(?!)。
まさかと疑って、しばらく見続けているが、
激減した。いままで20回以上、30回くらいは
ふつうだったのが、1~2回のレベルへと急降下。

どうやら「病理」ではなく、
セルフコントロールの不全であったようだ。
b0141773_010470.jpg

こういうタイプは、簡単に言えばお調子者なのだが、
言語心理学的、またはヘルスコミュニケーション論的に分析すれば、
内気や話しべた、ボキャ貧、平凡なことしかいえない、
話題の展開が苦手など、いくつかの潜在的性向があるため、
「いわゆる」という文語的表現、
要約力を示すコトバを多用して虚勢を張りたいのである。

それについてだれも注意しないと、
ブレーキが利かなくなる。
セルフコントロールが利かなくなるのは、
本人の思い上がりや、エラくなって(?)
周囲に注意する人がいなくなるためである。
b0141773_01024100.jpg

アナウンサーは「読む人」であって「語る人」ではない。
そこで、少し話せる人が現われると、
司会者とかキャスターとかに抜擢される。
それはよいが、話す内容の仕込みをしっかりやらないと、
空虚なおしゃべりになり下がる。

話す内容は、話す・聞くことからだけでは仕込めない。
これに「読むこと」「書くこと」が加わると
話す内容が濃くなる。
謙虚にもなり、用心深くもなる。
書物の情報の質と量は万年、数百万年分にもなるし、
宇宙規模にも広がる。
それが人の重しとなって、その人に思慮をもたらす。
b0141773_0105772.jpg

「いわゆる」つながりの偶然だが、
前回、参院選の翌日、
「感動がない選挙だった」と決めつけたM・毅郎という
ラジオ番組のキャスターも、
NHKをやめて独立したあと、
かなり長いあいだ、「言ってみれば」を連発していた。
b0141773_0111685.jpg

「言ってみれば」は、「いわゆる」の口語版と見てよいが、
言語感覚からいうと、なんともだらしのない言いようである。
彼が連発していたのは30年くらい前だと思うが、
先日、ラジオでしゃべっているのを耳にして、
まだ「言ってみれば」が少し出てくるのに驚いた。

ますますエラくなったのだろうが、
軽薄というのは罹ったり治ったりするものではないから、
彼の場合は100歳になっても、
「言ってみれば」とやっているだろう。
軽薄は死んでも治らない。
b0141773_0124765.jpg

だとすると、日テレの「いわゆる」君の場合も、
もうしばらく予後を看ないといけないかもしれない。
b0141773_0131497.jpg

ロッコム文章・編集塾塾生の表現能力は安定的だが、
放送業界の著名コメンテーターの表現能力は不安定である。
アナウンサーのための文章教室も、
必要になってきたように思う。
b0141773_0132662.jpg

それは国語や表現力の問題という以前に、
「ヘルスコミュニケーション論」の問題である。
「ヘルスコミュニケーション論」とは、
言語行動の面から健康度をあげる理論である(大橋提案の範囲で)。

摂食障害も不登校も、うつ病も、ネット依存症も、
まさしくコミュニケーション障害である要素が大きい
b0141773_23544614.jpg

by rocky-road | 2013-08-03 00:05