<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

マスメディアによる「刷り込み」

b0141773_0461842.jpg

7月21日に衆議院選挙が終わったが、
過日の東京都都議選と同様、
今回も投票率の悪さを指摘するメディアが多かった。
b0141773_0464442.jpg

有権者の2人に1人が棄権するのだから、
わが日本国は、半ライスの定食を常食するようなもので、
ダイエットには有効だとしても、
ここ一番の力仕事には向かない「虚弱体質国家」ということになる。

ハチやアリの種には、働くグループ、ちょっと働くグループ、
まったく働かないグループによって構成される巣を持つ種があると聞く。
実験で、働くグループを除去してみると、
中間層が働く役割を果たすようになるというが、
働かないグループは、やはりまったく働かないという。
b0141773_047583.jpg

生物学的には、働かないことにもなんらかの意味、
なんらかの目的があるはずだが、
それについて解釈している専門家の意見には接していない。

選挙制度は、民主主義の大原則だが、
棄権する者が少なくなく、どこの国でも頭を悩ませている。
棄権すると罰を科する国はオーストラリアやスイスなど
9か国あり、罰はあっても適用がゆるい国は14か国があるとのこと。
どんなに厳しくしても、投票率は100%とはいかない。
よくも悪くも、人間のしたたかさを感じざるを得ない。
b0141773_0482410.jpg

日本の場合は、どちらかというと、
棄権を温かく容認する(または賞賛する?)国に
属するのではないかと思う。

その理由をあげてみよう。
b0141773_0491358.jpg

1.「無党派層」という用語の熟語化・定着化。
 マスメディアの造語だと思われるが、
 選挙に関心がなく、そのときどきの気分で投票をしたり、
 棄権をしたりする無責任層に一定のポジションを与えることになる。

 スポーツゲームを愛好する人の場合、
 「今年はジャイアンツを応援する」
 「来年はタイガースを応援する」などといったら、
 ファン扱いはしてもらえないだろう。
 海外の過激なサッカーファンだったら、
 そういうフラフラしている奴は、
 殴られるか軽蔑されるかするだろう。
b0141773_0494087.jpg

 政治もチームプレーだから、
 ひいき政党を持たない有権者は、
 最低レベルの「政治ファン」とさえいえない。
 そういう烏合の衆が思いつきで投票をすると、
 衆・参院間で「ねじれ現象」が生じたりして、
 政治が不安定化する。

 投票を罰則を設けて強要すると、
 こういう〝ファン外ファン〟を生み出して、
 かえって政治をややっこしいものにしてしまう。
b0141773_0502412.jpg

 「無党派層」はひいきチームのない人を
 スポーツファンのように錯覚させる用語だから、
 「無関心層」「低関心層」「低意識層」
 などに言い換えることで、
 少しは警告的意味を持たせることができるだろう。

2.マスメディア関係者のエエカッコ発言。
 テレビのコメンテーター、学者、解説者などの中には、
 棄権率の高さを「政治がおもしろくないから」
 「政治に期待感がない」と解説する者が多い。
 「おもしろい」とはどういうことか。
 「期待感」とはどういうことか。
 棄権者を甘やかすんじゃない。
b0141773_0504818.jpg

 おもしろさにしろ、期待感にしろ、
 それなりに政治の仕組みがわかってこそ、
 実感できるものである。
 解説者もなく、1人で見る初スポーツ試合を
 おもしろいと思う人間がどれくらいいるだろう。
 しかも政治は、スポーツの試合よりも数百倍、
 いや数万倍は複雑で奥が深い。

 テレビの街頭インタビューにも、
 「私が投票しても何にも変わらないから棄権した」
 などと、平然と語る通行人のコメントが登場する。
 これは、民度の低さからいって、
 「私は鼻をかんだティッシュを道に捨てた」
 「駅のトイレに落書きをした」というくらいに
 恥ずかしい告白である。
 それを感じない通行人、それを放送する関係者の
 衆愚傾向が如実に出ている。
b0141773_0511742.jpg

 参院選の翌日、
 2人のキャスターのおバカぶりが歴然と出た。
 TBSラジオの番組「森本毅郎のスタンバイ」は
 午前6時半から8時半まで、
 8時半からは「大沢悠里のゆうゆうワイド」が始まる。
 このとき、森本から大沢へと、
 キャスターのバトンリレーがある。

 ほんの1分間ほどだが、
 フリートークで軽口をたたいて、
 次の番組を担当する大沢に「ではよろくし」といって
 バトンタッチをする。
b0141773_0513849.jpg
 
 7月22日、ここで森本がいった。
 「それにしても、きのうの選挙は感動のない選挙でしたね」
 大沢もこれに同調した。
 軽薄キャスターのそろい踏みというところである。

 およそ1億4,000万の有権者のうち、
 約5,500万人の人が投票行動をした、
 この一大イベントを「感動がない」と
 さらっと切り捨てるマスメディア人としての低センスにあきれる。
b0141773_0521033.jpg

 当選した人、それにかかわった人、投票をした人、
 落選した人、それにかかわった人、投票をした人など、
 それぞれにそれ相当の感慨があったはず。
 人によって、スポーツゲームを上回る「感動」もあったろう。
 実際、生きるか死ぬかの瀬戸際の人も少なくないはずである。

 1ラジオ番組のキャスターごときが、
 あたかも5.000万人を代表しているかのような
 したり顔で、「感動がない」などといってほしくない。
 なんと尊大な、思い上がった態度だろう。

 察するところ、この男は棄権したか、
 自分の投票した候補者が落選したか、
 系列新聞社が意味不明な支持をする党首の一派が
 政党とはいえないくらいの得票しか
 得られなかったことが悔しいのか、
 〝乗れない〟理由があるのだろう。
b0141773_0523397.jpg

 いや、そうではなく、
 そうやって冷めた感想をいうことで、
 自分のイメージをあげようとする、
 なんとも軽い、屈折した動機が見えてくる。

 このタイプがもっとも性質(タチ)が悪い。
 マスメディアが政治と一定の距離を置くことは必要である。
 が、それは、民主主義の根幹をなす選挙をまぜっ返すことではない。
 そのへんのことがわかっていない。

 こういう不真面目、不謹慎、軽薄なメディア関係者によって、
 「無党派層」や棄権者が助長され、
 民度の低い国民がつくられてゆく。

 ローレンツによる「刷り込み」(インプリンティング)
 というコトバは、本来の意味とは違う意味で
 使われる昨今だが、こんなケースでは、
 やはり便利なコトバである。
 マスメディアまたは軽薄なキャスターによって、
 おかしな感覚を刷り込まれないように
 油断なくマスメディアとつき合いたいものである。  

by rocky-road | 2013-07-27 00:52  

ハワイ・マウイ島、カメラウォーキング。

b0141773_0262111.jpg

最初に「マウイ島」に関心を持ったのは、
海仲間のA・方子さんという人が、
同島の人気の街、ラハイナの写真を見せてくれたときである。
彼女の撮ったラハイナの街の様子が、
なんとも風情があって、旅情をそそった。
もう30数年前のことだと思う。(上の写真のみ井出哲哉氏撮影)
b0141773_0265878.jpg

その直感は当たっていた。
数年前、初めて訪れてみて、その知的な雰囲気に魅せられた。
シーサイドぎりぎりに並ぶ土産店やレストラン、
その店の前に連なるアーケード、手掘り風の木製の看板、
ピカソの絵から観光的風景画、ポスター、写真まで、
美術的な店が多く、客層からも大人っぽさが感じられる。
b0141773_0273064.jpg

超観光地を除けば、
欧米の観光地というのは、日本人からすると、
概して大人っぽく、知的な印象を受けるが、
温暖なハワイの一離島にもそれがあるのを知って
うれしかった。

以下はこの7月に訪れたマウイ島のカメラウォーキング。

1.花各種
 ①プルメリアにもいろいろの色や形がある。
  ちなみに、この花の花言葉は「恵まれた人」「風刺」
  「内気な人」「情熱」「気品」だという。
  多すぎないか、どれかに絞れよ。
b0141773_0445589.jpg
b0141773_0293220.jpg
b0141773_030526.jpg

  花の位置にもよるが、コンパクトデジカメでは、
  「+」補正よりも「-」補正のほうが成功率が高い。
b0141773_0302087.jpg

 ②この季節に訪れたのが初めてだったので、
  シャワーツリーという花にもレンズを向けた。
b0141773_0305127.jpg
b0141773_031886.jpg
b0141773_0313836.jpg

 ③ストレチア、別名、極楽鳥。英語名はバードオブパラダイス。
b0141773_032671.jpg

 ④おなじみのハイビスカス。沖縄のとは風情が違う。
b0141773_032249.jpg

2.もう1つのマウイ。
ラハイナの街から離れたビーチを歩いていたら、
日本人が建立した寺に出会った。
「ラハイナ浄土寺」とあった。
日本人がハワイに渡って100年を記念して、
1968年に建てられたとあった。
b0141773_0364715.jpg
b0141773_037079.jpg
b0141773_0372097.jpg

墓石を見ると「大正八年二月七日永眠」などと書かれていた。
昔からハワイに赴いた日本人の生活を
取材した人はいるはずで、記事や本にもなっていることだろう。
セルフタイマーで入れ込みも撮っておいた。
b0141773_0381835.jpg

3.半水面での試み。
カアナパリという地域のビーチから見える岩場は
「ブラックロック」と呼ばれ、そこからジャンプして
勇気を示す伝統があるらしい。
b0141773_039236.jpg

観光ガイドにもジャンプ写真が載っているので、
海水浴客の多くはダイビングを試みる。
頭からのジャンプばかりでなく、
鼻をつまんで足から行く者も少なくない。
b0141773_0393723.jpg

それを撮ってもおもしろくないので、
スノーケラーとジャンパーとを
1カットに収めてみようと、いたずら気分でやってみた。
成功とはいえないが、
たぶん、あまり撮られたことのない写真だと思う。
(飛び込む人は、よく見ないと見えない)
b0141773_0401619.jpg
b0141773_864990.jpg

バブルリング
ダイバーが水面に向けてじょうずに息を吹くと、
泡がリング状になって水面まで上がってくる。
ガイドのダイバーが、だれに対してというわけでもなく、
このワザを披露していた。
ワイドレンズで撮ったので、
海底景観も含めて描写できた。

4.読書のカタチ
旅行地で読書をするのは欧米人の文化の1つ。
異文化の者から見ると、
「ふだん、読んでいれば、旅行先でまで読むことはないだろう!」
となるが、絵柄としては美しい。
b0141773_0404974.jpg

ラハイナの街の見えるこの場所は、
以前にもウクレレを弾く女性がいて、カメラマンをしびれさせたが、
今度は、絵に描いたような読書のカタチ。
ビーチを撮る振りをして何枚も撮った。
b0141773_04114100.jpg

不思議なのは、それから30分後、
その女性が別の公園にやってきて、そこでも読書を始めた。
ここに植えられている「バニヤンツリー」には
動物に感じるような生気を感じる。
ここでの読書は絵になると思った。
b0141773_0414224.jpg
b0141773_871083.jpg
b0141773_872496.jpg

5.最後にスナップをいくつか。
①太鼓橋の行列
②ロッキーブル各種
魚の絵は、ラハイナの街のレストランの壁に描いてあった。  
b0141773_042328.jpg
b0141773_042284.jpg
b0141773_042407.jpg

今回はここまで。

by rocky-road | 2013-07-19 00:26  

トラ、トラ、ネズミ……。

b0141773_2244247.jpg

(「トラトラトラ」は1941年12月、
日本海軍機動部隊が、ハワイ真珠湾奇襲攻撃に
成功したことを自軍に連絡した暗号電報)
b0141773_2245267.jpg

ハワイの海の中を初めてのぞいた。
スノーケリング歴50年目にしての体験である。
ダイバーにとって、またはスノーケラーにとって、
ハワイは憧れのダイビングスポットではなかった。
b0141773_22465376.jpg

私の記憶が正しければ、
ダイビング雑誌でハワイ特集を見たことがない。
ベテランになるほど、
「ハワイで潜った」とは言いにくくなる、
そういう雰囲気があったかもしれない。
b0141773_22471293.jpg

モルディブとかパラオとか、
フィリピンとかインドネシアとか、
そして沖縄とか伊豆七島とか、
魅力的なダイビングスポットがあまりにも多く、
とてもハワイになんかかかわっていられない、
ということかもしれない。
b0141773_22474088.jpg

決定的なのは、
ハワイはあまりにも観光地としてメジャーになり過ぎ、
ダイバー好みではなかったということになろう。
ダイビングスポットというのは、
自然に囲まれている、ということが
かなり優先度の高い条件になるようである。
b0141773_22475890.jpg

今度、海をのぞいた2つのスポットから類推して
ほかにも不人気理由がありそうな気がした。
その1つは、真夏でも意外に水が冷たいこと(23度前後か)、
2つめは、ベタなぎ状態でも、
波が曲者で、押しも引きも強い。
ビーチで寝転んでいると、押し波、引き波に持って行かれる。
これはビーチエントリーにはふさわしくない。
b0141773_22481767.jpg

第3に、スポットの開発があまり進んでいない。
そんなことをしなくても、
海にはあまりにも「売り」が多い。
サーフィン、クルージング、フィッシング、パラセーリング、
そして、体験のない人向けのダイビングやスノーケリング。
b0141773_22505663.jpg

ダイビングやスノーケリングに関していえば、
日本人のそれはいかにもマジメ、つまり本格化したがる。
泳力を試し、レクチャーを重ね、
器材をそろえ、そこでようやく海へ……となる。
b0141773_2251754.jpg

だというのに、ハワイでは、
スノーケルを使ったこともないような一般客に、
浮き輪や浮力の弱いスポンジの棒を渡し、
深い海に入れてしまう。
長年、それでやってきたのだから、
事故はないのだろう。
b0141773_22513527.jpg

性善説・性悪説的な対比法に従えば
アメリカ人は「性強説」--人はみな自己管理ができ、
ピンチにも適切に対処しうると考えている。
これに対して日本人は「性弱説」--
人はみな弱く、最悪のことを考えておかないと
パニックを起こしたり、人に迷惑をかけたりする。
b0141773_22515147.jpg
b0141773_22583323.jpg

ホテルの高層階のベランダの手すりの低さ、
ハイウエーのセンターラインのあいまいさ、
道路の崖ぶちにガードレールを設けないおおらかさ、
それらはまさしく
アメリカ人の「性強説」の現われではあるまいか。
b0141773_22524821.jpg

マウイ島やオワフ島のビーチを見ていて、
潜ってみたいところをいくつも見つけた。
昭和40年代、よいダイビングスポットを求めて、
伊豆半島のあちこちを潜って歩いたが、
あのころを思い出した。
b0141773_22525949.jpg

ダイビングやスノーケリングに関しては、
そろそろ晩年かとも思っていたが、
ハワイの海を見ていて、
もう一度、あの40年代をやってみたいと思った。
b0141773_22532286.jpg

と同時に、ハワイを甘く見ていた自分を戒めた。
久々の水中撮影(2年ぶり)だというのに、
家でウオーミングアップをしてこなかった怠慢、
フィルム3本分を潜ろうと、
決めていた欲のなさなどに腹がたった。
b0141773_22533160.jpg

昔は、部屋にミニチュアの魚などを置いて、
フィルムを入れないカメラで
何回もシャッターを切ってコツをからだに覚え込ませた。
浴槽に水を張ってカメラテストなどもやった。
池にカメラを入れて鯉や亀の写真を撮ったりした。
b0141773_2254280.jpg

ここ何十年か、そういう基本を忘れていた。
といって、ハワイでは、
「釣り落とした魚は大きかった」ほどの
残念な場面があったわけではない。
ただ、もっとうまく撮れたはず、
というショットはたくさんあった。
b0141773_22552993.jpg

いやそれ以前に、
本当にハワイを攻めよう、というモチベーション自体に
不足があった。
海は、そのつど、違った表情を見せる。
そう信じているのならば、
なぜにもっと情報を集めなかったのか。
b0141773_22554554.jpg

ダイビング雑誌の編集にもかかわってきたが、
ハワイのことを知らな過ぎた。
これでは真珠湾攻撃はとてもできない。
b0141773_22564088.jpg

仕事であれ、趣味的な技術や知識であれ、
そして、生きること自体、
「これでよい」はない。
「もう充分やったから」は、
達観というよりも、
モチベーションを失った人間の自分への説明だろう。
そうならないためには「現場」に身を置くことだろうか。
b0141773_2257773.jpg
b0141773_22575554.jpg

by rocky-road | 2013-07-09 22:58