<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

3歩進んで5歩戻る。

b0141773_19422813.jpg

厚生労働省が、
「健康な食事」のあり方を考える検討会を発足させた、
というニュースに接した。
「長生きするための食事」について、
わかりやすい基準を作るのが目的だという。
検討会のメンバーには、「ローソン」の部長や、
「つきぢ田村」の社長、
「タニタ」の管理栄養士などが入っており、
座長は中村丁次氏だという。
b0141773_19431136.jpg

この記事を読んで、
「長生きするための食事」は、
またもや新聞記事のフライングだと思ったら、
そうでもないらしい。
厚生労働省も、ホンキでそう思っているらしい。
b0141773_19433875.jpg

この情報に接して、いろいろのことが頭に浮かんだ。
それをあげておく意味はあるだろう。
b0141773_19435714.jpg

1.数年前に旗揚げした「食事バランスガイド」は、
  けっきょく看板を下ろすことになった、ということ。
  この施策は失敗だった、
  それを認めたという点では歓迎したい。
b0141773_19444461.jpg

2.時代は、なんとゆるやかに進むのだろう、
  ということ。3歩進んで5歩戻る、
  そういうことの繰り返し、それが文化であり、
  文明というものだろう。
  「なにを、どれだけ食べるか」という食の地図は、
  数十年前に、いくつかが示されているのに、
  歴代の施策者には、それを活用する気がまったくない。
  またまた新規まき直しである。
b0141773_19451867.jpg

3.近年の国家行政は、
  しっかりジャーナリスティックになってきている、
  ということ。
  中身よりもウケ狙いの人選をしがち、としか言いようがない。
  話題性や知名度優先になり、軽い内容になる。
  こんなところで「ジャーナリスティック」といったら、
  ホンモノのジャーナリストは怒るだろう。
b0141773_19453660.jpg

  たとえば座談会の人選。
  意表を突くような分野から、知名度よりも
  一級品を選んでくるとおもしろくなる。
  その人選をする人物も、もちろん一流である必要はあるが。
b0141773_19454543.jpg

  アメリカのマサチューセッツ工科大学にある
  「メディアラボ」のように、
  なぜもっと他分野から人を集めないのだろう。
b0141773_19461342.jpg
b0141773_19485341.jpg

  食の専門家と称する人間だけの議論など、
  方向性はやる前からわかっている。
  健康科学、人間学、生物学、社会学、認知科学などの分野から
  人選しようとしない日本の「健康プロジェクト」は、
  またしても5歩戻ろうとしている。
  疑うなら、2~3年、ウォッチしてみるとよい。
b0141773_19471318.jpg

4.「長生き」いや、「健康寿命」は、
  食事だけで延ばせるのか。
  こういう言い方も、
  度が過ぎると一種のフードファディズムになる。
  「長生き」などといわずに、
  「健康を支える食事」くらいでいい。
  食事に過剰な期待を寄せることは、
  食事の尊さを維持するためにも適当ではない。
b0141773_1948077.jpg

 世の栄養士、健康支援者は肝に銘じておきたい。
 寿命は、食事だけでは、延ばすことは不可能、と。
  
b0141773_19481149.jpg

by rocky-road | 2013-06-27 19:48  

海、たび旅……山、久びさ。

b0141773_22332818.jpg

富山県と石川県の有志の栄養士によって
結成された「能越・栄養士会」のお招きで
2講師による2日間のセミナーに参加した。
6月15日、16日。
初日の会場は、高岡市にある厚生連高岡病院会議室。
講師は影山なお子さんによる
健康を支えるコミュニケーション力を磨く。
 ――食コーチングによるアプローチ――」

(くわしくは影山さんのブログ)
http://palmarosa.exblog.jp/
b0141773_22335371.jpg

最近、いろいろの栄養士さんと話をしていて、
日本人として普通の日常会話が充分とはいえない人に
食事相談ができるのだろうか、ということが話題になる。
b0141773_22391783.jpg

日本語で魅力的な話ができない人が、
外国語を習ったからといって急に雄弁になったり、
人を引きつける〝なにか〟が出てきたり、
などということがないのと同じである。
b0141773_22343774.jpg

あるいは、パソコンやスマートフォンを与えれば、
みんなが文章を書くのがうまくなる、
というわけにはいかないように。
b0141773_22393891.jpg

栄養士が、
人間対人間の基本的なコミュニケーションスキルを磨くことなく、
ここまでやってこられたのは、
業務の中心が、厨房とか病室とか、自分のデスクとか、
いわば楽屋裏の仕事にウエートがかかってきたからにほかならない。
その結果、栄養士の仕事は「地味だ」などと、自身が思うようになった。
b0141773_22402218.jpg

が、健康前線が予防領域へと展開することによって、
相手が有病者とは限らず、フツーの生活者の割合が多くなった。
この段階で、一部の栄養士は、
フツーのコミュニケーション力不足に気がついた。
気がついたのは、それでもごくごく一部に過ぎない。
b0141773_22403582.jpg

気づいていない人は被害者ともいえる。
養成校の教員や先輩たちから、
意味のわからない「専門性」を叩き込まれ、
いわば洗脳されてしまっているからである。
b0141773_22411743.jpg

その洗脳を解く意味でも、
コミュニケーション力を見直すことは賢明である。
一部に「伝える力」を説く書物もあるが、
相手かまわず伝えようとするから、
話が伝わらなくなるのである!!!
b0141773_22422163.jpg
b0141773_22415530.jpg
b0141773_22433413.jpg

「伝える前に問いかけよ」
「問われたら問い返せ」
食コーチングはそこを大事にする。
乗り物に乗るのに、行先を決めずにキップを買う人はいない。
「発券者」たる栄養士は、
まず相手の行き先を確かめる。
「北に行きたいのですね。
北とは、東京の北ですか、富山の北ですか」
b0141773_22442671.jpg

「コーチ」とは、もともとはヨーロッパの某国にあった
「コーチ村」の乗合馬車だったとか。
そして馬車の「御者」からスポーツの「コーチ」の意味が生まれ、
馬車からは「バス」や「客車」の意味が生まれた。
b0141773_22471630.jpg

「指導駅」に向かっていた栄養士のごく一部は、
「支援駅」へと方向を転換しようとしている。
b0141773_22473932.jpg

コミュニケーション力を磨くと、
大事にしていた「専門性」は薄まる?
まったく逆である。
コミュニケーション力とは、
究極的には相手のニーズを察することであり、
自分の思考力を深めることである。
見たことがない「病気」や「健康」が見えるようになるはずである。
b0141773_22484249.jpg

食コーチングは、結果的に栄養士の「専門性」を
深めるとともに、広げることにも、なるだろう。
b0141773_22501630.jpg

2日目は、場所を南砺市の庄川峡にある長崎温泉「北原荘」に移し、
午前は「栄養士のライフデザインをどう描くか」という演題で講義。
午後は食材、献立の撮影実習。
いずれも私が担当した。
b0141773_22573279.jpg

セミナーでは、今回初めて、「栄養士は地味」の意味を分析した。
「理系だから地味」「もともと地味な人が栄養士に……」
などは、俗説であり、原因と結果の取り違えである。
先輩たちが仕事の多様性を説かず、生きることへの動機づけをしない
といったミスリード(主要な原因)をしたから、
おかしな思い込みを招いたに過ぎない(結果)。
b0141773_2258125.jpg

もっとも、「地味」の反対語は「派手」では困る。
せいぜい「明るい」「快活」「より健康的」とするか。
b0141773_22584480.jpg
b0141773_22592377.jpg
b0141773_22595227.jpg

写真教室は、初めて献立撮影のトレーニングをした。
写真は「真実」を撮るとは限らない。
出てきた献立をそのまま撮っても、おいしそうには写らない。
写真的なコーディネート、いわば演出が必要である。
その実践をした。
b0141773_2302811.jpg

栄養士業務も撮影技術も、
トレーニングが必要。
そうか、からだを使ったトレーニングをしなさすぎる。
トレーニングを怠る名選手は少ない。
新しいスキルはどんどん磨こう。
b0141773_2311824.jpg

初めての富山。
半世紀は「海、たび旅」だったので、
以前から見てみたかった合掌造りの古民家集落を
訪れたことはうれしかった。
日本海には何回か潜ったが、富山の海は未経験。
太平洋とは明らかに違う、
奥ゆかしい海岸風景を久々に鑑賞した。
b0141773_2315052.jpg
b0141773_2321077.jpg
b0141773_234948.jpg
b0141773_2353336.jpg
b0141773_2355043.jpg
b0141773_2364057.jpg

そして、関係者の方々のおもてなしの心のレベルの高さに感動した。
日本はいい国だと思った。
b0141773_2371328.jpg

6月1日から始まった「バースデーウイーク」は、
15日の北原荘でのサプライズで、
いよいよエンディングとなった。
「バースデー2ウイーク」の終焉である。
b0141773_2374261.jpg
b0141773_2375667.jpg
b0141773_2323526.jpg

by rocky-road | 2013-06-22 23:08  

バースディウイークが終わった!!……かな?

b0141773_2322070.jpg

6月1日からの「バースディウイーク」が
一段落したところで、いきなり発熱し、
2日間寝込んだ。
どの集まりも、主体は主催者にあり、
自分は、ただお呼ばれで出向けばいいだけなのに、
一段落したところでガタンときた。
b0141773_232245100.jpg

b0141773_23264414.jpg
心身の疲れはまったくなくても、
1つの山を越えると脱力するという経験は、何度もしてきた。
母親が亡くなったあと、葬儀が終わったその夜、
今度は父が危篤状態になったことがある。
遠方に帰った親戚・縁者は、すぐに「チチ、キトク」の電報を受けて
ふたたびわが家に戻ってこなければならなかった。
なんとか命は取りとめたが、親戚にしてみれば、大きな迷惑だった。
b0141773_23271161.jpg
b0141773_23272869.jpg

1974年に伊豆七島の三宅島で、
日本初の「ダイバーズフェスティバル」を開催した。
東京潜泳会というダイビングクラブの10周年記念のイベントだった。
1年前から準備し、当日を迎えた。
なのに、イベント中の2日間は体調不良で、
民宿の部屋で寝て過ごした。
このときは、準備の疲れがあったから、納得せざるを得なかった。
b0141773_2328918.jpg
b0141773_2328285.jpg
b0141773_23285196.jpg

今度の場合、77歳の誕生日ということで、
周囲の人たちは、やや気合を入れて祝ってくれた。
しかし、それはこちらにはまったく負担にはなっておらず、
疲れようもない。
気疲れでもなんでもないこの現象の分析は、
もう少し時間をかけて考えてみたい。
単純な真理は、「山は登りよりも下りがむずかしい」ということか。
b0141773_23294992.jpg

ともあれ、みなさんに温かく祝っていただいた。
「『海、たび旅』50年を祝う会」では、
20歳代、30歳代で出会った仲間たちと楽しく語り合った。
大半は幹事や「リーダー」(フィールドでの全責任者)の経験者で
グループ活動の運営にたずさわった経験を持つ。
その経験が仕事にも生かされたと、何人かがスピーチで語った。
b0141773_23304194.jpg

b0141773_23305553.jpg

このころ、私は「たかが遊び」のダイビングクラブ活動が、
実は予防医学的活動であることを感じ、
のちに「余暇」(あまったヒマ)ではなく、
「予暇」(あらかじめのヒマ)を提案することになる。
(「余暇」と書く場合も、本来の意味は「ゆとり」の意味)
b0141773_23313949.jpg

「『海、たび旅』50年パーティ」のあと、
今度は、健康支援者のネットワーク、
《パルマローザ》のみなさんからも祝っていただいた。
このグループ活動は、「健康をカタチにする」ことを
テーマの1つとしているので、
そこでの経験は、あと10年後、20年後に
顕著に現われることだろう。
b0141773_23321688.jpg
b0141773_23323599.jpg

どんな健康法にもそれだけの意味はあるが、
それに自発的なグループ活動を加えることは、
心身の若さと健康にどれだけの効果をもたらすか、計り知れない。
「情報の時代」とはいえ、人と人との情報交換ほど
多様で密度が高いものはない。
b0141773_23325041.jpg
b0141773_23332076.jpg
b0141773_23375312.jpg
b0141773_23381126.jpg

その貴重な時間をデジタル機器に奪われている現状は、
病理学的な問題である。
そのことに気づく人と気づかぬ人の10年間の差を
研究してみたいものである。
b0141773_23395679.jpg

by rocky-road | 2013-06-13 23:40