<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

「海、たび旅」は続く……。

b0141773_2335130.jpg

5月31日の朝刊一面の書籍広告に
『海女のいる風景』(昭和の美しい海の女たち)
というタイトルの本を見つけた。
著者は大崎映晋(おおさき えいしん)。

大崎さんが現役の著者であることに驚いた。
広告には、「著者は92歳」とある。
さっそく版元や、いくつかの書店に電話をしたりして、
その本を入手した。
b0141773_2338181.jpg

大崎さんは、私がダイビングを始めた1964年ごろ、
すでにダイビングのガイドブックを著わしていた大先輩、
大ベテランである。
1920年生まれとあるから、私より16歳も年長である。
私がバイブルのように読み込んだ『潜水教室』という本は、
1964年発行。まさに私がダイビングクラブに属して
ダイビングを始めた年次である。
b0141773_23382124.jpg

『潜水教室』は、奇跡的に書棚にあったので、
さっそく開いてみたら、扉の裏に大崎さんのサインが入っている。
「昭和六十三年五月十四日」との日付。
何回かお会いした記憶はあるが、
サインをいただいたことは忘れていた。
b0141773_23524686.jpg
b0141773_2352943.jpg

近著の『海女の風景』の新聞広告を見て、
その本を入手した日の翌日(2013年6月1日)が、
私のダイビング歴50年目を祝っていただくパーティの日
というタイミングがうれしかった。
b0141773_23581734.jpg

6月5日の誕生日を前倒ししたその日の祝いは、
当初は「喜寿」の祝いということだった。
が、昔、還暦の祝いのあと、その意味を大いに疑った。
そうした加齢にかかわる祝いは、
たぶん中国由来のものだと思うが、
それが現代にはほとんど意味をなさないことを感じている。
b0141773_23402659.jpg

赤いちゃんちゃんこを着て「おめでとう」
なんか言っている時代ではない。
自分の周囲には、さすがに赤いちゃんちゃんこをくれる人はいなかったが、
60歳ごときで「還暦」などといわれるのが恥ずかしかった。
b0141773_2340487.jpg

つい最近、義兄の家を訪ねたとき、
年齢を聞かれたので「76」と答えたら、
言下に「ああ、まだ若いんだネ」といわれた。
30歳のとき、旅行先で「大学生?」と聞かれて、
少し気分を害したことがあるが、
76歳を「まだ若いんだネ」といわれてみると、
分別としては満足すべきだと思うものの、
感覚的には「若僧」と見られた気がしないでもない。
b0141773_23544340.jpg

ということで、祝いのパーティの名称は
「大橋禄郎 『海、たび旅』50年を祝う会」
ということにしていただいた。
(有明ワシントンホテル アイリスの間)
「海、たび旅」は、『海と島の旅』という、
私が提案して創刊したダイビング雑誌に
連載をしたときの名称である。
b0141773_23431949.jpg

ふと思い立って、パーティのときに
自分のダイビング史を年表として配布しよう、と決めた。
b0141773_23424522.jpg

クラブが発足した年月、専門誌に載った先輩の論に
反論を寄せた雑誌名とその月号、
ダイビング雑誌の編集を手伝うようになった年月、
『海の世界』という雑誌に「ニッポン海底散歩」という連載を
全18回続けた期間、その他の十数本の連載記事の年月や期間、
クラブ創設者の親友が一酸化中毒で急死した事故の年月日。
b0141773_23441730.jpg

最初に立ち上げたクラブ、≪東京潜泳会≫、
そして、クラブ横断的な組織である≪ダイビングクラブ連絡会議≫や
≪水中8ミリフェスティバル≫、≪水中映像サークル≫
などの組織を立ち上げた年月、
いまも所属する≪スノーケリングピープル≫というクラブを作った年月、
いくつかのフォトコンテスト入賞の年月などなどの
リストアップを急いだ。
b0141773_23461651.jpg

作業は楽しいものだが、資料に当たっているうちに、
パーティで公開するには時間が足りないことがわかった。
それでも作業はやめられない状態だが、
ともかく、あしたのパーティには間に合わない。

若いうちは、自分を飽きっぽいと思ったことはあるが、
それはテーマ探しの時代の一面であって、
現時点で振り返ると、持続性はあるほうだと思う。
やりかけた仕事、やりかけた趣味、やりかけた青春、
やりかけた人生などを、まだ当分は手放す気はない。
b0141773_2347285.jpg

折しも、以前、発足のお手伝いをした
日本シニア―ダイバーズクラブが20周年を迎える、
というお知らせと会報とを受け取った。
発起人の方々は故人となったが、
後継者によって、より活力あるクラブに発展している。
来年1月には創立20周年記念パーティを
計画しているという。
もちろん「出席」のご返事をした。
b0141773_23471857.jpg

私の「海、たび旅」も、しばらくは続くだろう。
b0141773_23473882.jpg

[PR]

by rocky-road | 2013-05-31 23:47  

5月19日は「食事力」の日。

b0141773_23282287.jpg

5月19日、パルマローザ主催の輪読会の日、
朝刊の「三・八つ広告」で
『うつを改善する食事力』(昇 幹夫/渡辺雅美著 春陽堂)
という書物の出版を知った。
翌20日、近くの書店に行ったら1軒は売り切れ、
1軒は配本なし、ということだった。
  (「さんやつ」=新聞の一面にある
  おもに書籍の広告。「三・八つ」とは、3段×8点の広告の意、
  版元は、ここに広告を出すことで自社のステータスを示す)
b0141773_23284091.jpg

ちなみに売り切れになったのは、
配本数が少ないだけで、ベストセラーという意味ではない。

したがって、中身を見てはいないが、
内容はともあれ、「食事力」というコトバが使ってあることで
ある決断が生まれた。あたかも宣戦布告を受けたようなもの。
パールハーバーに日本海軍零式戦闘機(ゼロ戦)が襲来したときの、
ハワイに集結していたアメリカ海軍の心境かもしれない。
b0141773_23291783.jpg

「食事力」というコトバは、12年ほど前に、
管理栄養士の宗像伸子さんとの話し合いのときに生まれたコトバで、
それは人間の咀嚼力から食による健康意識までを指すものである。

以後、このコトバの定義やその補強は私が引き受け、
その普及は宗像さんが行なうこととなった。
このコトバのインパクトはあって、新聞の対談形式の全面広告でも、
宗像さんがその意味について語った。
さらに『40歳からの「太らない食事力」』という本が
講談社のα新書で出た。(宗像伸子著 2004年5月)
また、「食育」に関する講演会などでも、
宗像さんは、食事力の意味について語ってきた。
b0141773_23294339.jpg

そうした一連の活動の影響なのか、
別の人が、いま、そのコトバを思いついたのか定かではないが、
ついに別ルートから「食事力」というコトバを使った本が出た。
宗像さんの造語とはいえ、一般名詞に組み込まれるであろうコトバだから、
だれが使っても問題はない。
b0141773_23305273.jpg

「ストレス」学説は、ウイーン生まれでカナダ人となった
ハンス・セリエが唱えたことも、
カウンセリング技法が、C・Rロジャースという人の
説や技法によって、とりわけ普及が早まったという事情を知らなくても、
「ストレス」も「カウンセリング」も現代の日本でも日常語になった。
そのように「食事力」も、遅かれ早かれ日常語になるだろう。
現に、宗像さんに、前述の本が出たことを知らせたら、
「よいことではないですか」と、きわめて寛容な反応を示した。
b0141773_23311763.jpg

確かにそうだが、ここはやはり、定義をしっかりしておくべきだろう。
でないと、「食育基本法」のように、定義がないまま、
理念を示すと、行政の施策に組み込まれたとき、
末端では大きな混乱が起こる。
以下、本家(?)「食事力」本舗の定義を示しておこう。
前述の本が、「食事力」をどう定義しているか
まだ見ていないが、以下の定義との異同を確かめるのが楽しみである。
b0141773_23315474.jpg

【食事力】の定義 
人間の資質的・社会的能力の1つで、自分に適量の食事を、
一定の時間で摂取する能力、決めた時刻に摂取する能力、
食事によって健康を維持する能力、
食事をおいしく、同席する人とは楽しく食事する能力など、
食事の多様な目的に沿った食行動のすべてを指す。
歯茎がはれていて物がかめない、食欲がない、
食べたものを吐いたり下痢したりする……などの状態は
「食事力が落ちている」といえる。
b0141773_23321454.jpg

【補足・解説】 
人間の能力には、「気力」「体力」「活力」「視力」のように、
多分に資質的(生まれつき)のものと、
「学力」「経済力」「指導力」「影響力」のように
社会に出てから身につける社会的能力とがある。
さらに、資質的な能力と社会的な能力との中間くらいの能力としては
「脚力」「記憶力」「忍耐力」などがある。
b0141773_23324299.jpg

「食事力」も、このあたりに位置づけられる能力。
食欲は本能であるが、自分に合った食事の量や、
味覚的・栄養的なバランスを考えて食事をする能力などは、
成長とともに身につけてゆく能力である。
「食事力」は、人間の生存を左右するほどの大事な能力だが、
このことばは、国語にはなかった。
宗像伸子によって2002年に造語され、
雑誌、書物、講演などで提案された。
b0141773_23331068.jpg

さらにいえば、「食育」の目的は、年齢に関係なく、
個々人の食事力をつけることではないのか。
もし、「食育基本法」が生まれるずっと前に、
このコトバが提案されていれば、「食育」の目標は、
ずっと明確になっていたのではなかろうか。
「要介護にならないための食育」などは
なんとも不釣り合いな用語であろう。
高齢者に「食育」はおかしい。
b0141773_23335051.jpg

これも「食事力をつけて、要介護になるのを遅らせよう」ということで
大人のテーマとしてしっくり収まるのではないか。
b0141773_23341034.jpg

2013年5月19日は「食事力」解禁の日。
私の中では、そう記憶されることになるだろう。
宗像さん経由の普及を考えていたが、
きょうからは、日本語の新語として、登録することになるだろう。
いや、すでに、一部の関係者の中では、
とっくに日本語になっていたのだから、
「いまさらそんなことをいうのはおかしい」といわれることだろう。
b0141773_23344676.jpg

では、きょうからは、全栄養士、全健康支援者の用語として、
どうぞお使いください、と宣言してはどうだろう。
ただし、定義の更新は思慮深く、ていねいに。

これとは別に、
一部の学者は、いよいよ「うつ」を栄養障害、または、
食事性の病気として位置づけようと動いているようである。
だとすると、戦中・戦後の飢餓状態の日本では、
「うつ」が蔓延していたことになるし、
世界に分布する数億人といわれる飢餓状態の人々にも
「うつ」が蔓延していることになる。
WHOは、いずれ「うつ予防にヨウサンを」などと宣言するのだろうか。
b0141773_2335133.jpg

食事で「うつ」を防ぐとか、改善するとかといっている学者諸氏、
大丈夫ですか。
よ~く考えてから、いや、しっかりエビデンスを示して主張しましょうね。
[PR]

by rocky-road | 2013-05-21 23:35  

「入選??!!! オーマイゴッド!!!」

b0141773_2333269.jpg

恒例の、4月29日のパルマローザ写真教室、
選評結果を見た方々のご感想を
ブログ上や直接のメールなどで拝見した。
入賞者のコメントに漂う高揚感が楽しい。

授賞の喜びは格別なもので、
私自身、いくつかのフォトコンで上位入賞の連絡を受けたとき、
「ウソでしょ」とヤボな反応をしたことを覚えている。
喜びや悲しみが強いと「ウソでしょ」となるのが
日本人の一般的な感動表現だろう。
今後、そんな機会があったら「オーマイゴッド!!」と叫ぼうと心に誓う。
b0141773_23344894.jpg

フォトコンは、一種のゲームである。
自作に自信があっても、発表までは入選と落選の両方に針が振れる。
この感覚がたまらない。とはいえ、
「第29回 よみうり写真大賞」(テーマ部門第一席)のときだけは、
自信満々で、作品を送って1週間もたたないうちに、
「まだ連絡ない?」と家族に何回も尋ねたものである。
作品に加えて、そのタイトル「わんマンショー」に
手応えを感じていた。
b0141773_2336961.jpg

予選通過しなかったことは、もちろん何回もある。
なんとか入選しても、上位入賞者の作品を見て、
「参りました」とつぶやいたこともある。
スポーツの試合で負けたときの悔しさはない。
悲壮感が伴わないところが、フォトコンというゲームの楽しさである。
b0141773_23362671.jpg

写真仲間には妙な説があって、
「フォトコンばかりを狙っていると写真が堕落する」
「ライブラリー写真を撮っていると職人写真になる」
(ライブラリーとは写真のレンタル会社。
世界中からいろいろの写真を集め、貸し出しをするビジネス)
b0141773_23372413.jpg

そんなことはない。
写真には美術工芸品の記録から、報道写真、
芸術性を求める写真など、そのジャンルは数千、数万に及ぶはず。
それぞれに専門家がおり、その人たちは、
本業に追われて、それ以外の写真を撮るヒマはない。
しかし、仕事では料理写真を、自由時間には水中写真を、
仕事ではレントゲン写真を、プライベートでは風景写真を……
と、別のジャンルを楽しんでいるカメラマンを知っている。
b0141773_23373859.jpg

長期間、多忙続きのプロカメラマンは別として、
普通のペースで仕事をしているカメラマンなら、
二兎追うことは不可能ではない。
ましてやアマチュアだったら、小説と写真、
油絵とサッカーなど、5兎でも6兎でも追っている人はいる。
b0141773_23425271.jpg

「1つのことを追求すると一方が堕落する」
などという表現自体に品格がない。
「堕落」に見えるのは、「この写真、売れるよ」などと、
すぐに価格評価をする、その卑俗な交際術のせいだろう。
b0141773_2338123.jpg

とはいえ、写真愛好者にもいくつかのセオリーはある。
b0141773_23434598.jpg

その1 自作のよさを、撮ったときの苦労やタイミングを添えて自慢しないこと。
 四の五のいわず、作品自体に語らせる。
b0141773_23441381.jpg

その2 撮りそこなった写真を「撮れていたら傑作だった」などと
 コトバで説明しない。「釣り落とした魚はデカイ」という先人の教えがある。 
b0141773_2345044.jpg

その3 よい写真は、タイトルをつけなくてもよい写真であることに変わりはない。
 フォトコンでタイトルが悪いために落選することはあまりない。
 が、タイトルを変更することを条件に当選させた例はある。
 作品を発表するとき、あまり下劣なタイトルでは、
 主催者の知性や品位が疑われる可能性があるから。
b0141773_23451342.jpg

その4 写真を撮るとき、早くもタイトルが頭に浮かぶときがある。
 が、それは人にはいわない。いうと、自画自賛になりやすいから。
 まずはよい写真を撮ることに集中すること。
b0141773_23455845.jpg

その5 よい写真を鑑賞している人は上達する。
 作品について論評してくれる人がいるとなおいい。
 写真展や美術展には行ってみたい。
b0141773_23461728.jpg

その6 カメラの高級性、レンズのよさが
 よい写真を生む第一条件のようにいう人は
 写真はあまりうまくない。
 こういう人には習わないほうがよい。
b0141773_23464348.jpg

最後に大事なセオリーを追加。
その7 写真に熱中することで、あなたの仕事、あなたの人生を
 劣化させることはない。むしろ、感性を磨くことになり、
 プラスになることが多い。
[PR]

by rocky-road | 2013-05-15 23:46  

やっぱり「私だけ」は気づけない。

b0141773_2331052.jpg

ゴールデンウイークの前半の3日間は、横浜に滞在した。
27日は、ロッコム文章・編集塾の「遠距離クラス」。
28日は、「食ジム」で「健康をカタチにする
     写真コミュニケーション力強化 大公開」
29日は、横浜、山下公園界隈での撮影会。
b0141773_234427.jpg

これらのうち、
今回は「遠距離クラス」の宿題に関して、
もう一度書いておこう。
b0141773_2345391.jpg

遠距離クラスや毎月のクラスでは、
宿題として、「いま、私だけが気がついていること」というテーマで
一文を書きなさい、という出題をしたところ、
大半がギブアップした。
出題の仕方が悪いのかと思ったが、
きちんと対応している人もいる。
b0141773_2354943.jpg

その例として、谷口佳津子さんが書いた
「不思議発見」という文章を、このブログの1月29日でも紹介した。
テレビやラジオのスポーツ中継では
女子アナによるものはゼロではないか、という指摘である。

しかし、ほとんどの人は、惨敗しているので、
遠距離クラスでも、再度このテーマで出題し、
リベンジの機会を与えた。
辛いだろうが、このハードルを乗り越えないと、
オリンピックはおろか、地区予選にも出られないのである。
b0141773_23792.jpg

あえてこの課題にこだわるのは、
みんなが知っていることのうち、
その事象の原因や事情、解釈において、
自分だけが気がついていることをあげて指摘し、
分析する能力を養うことにある。
これは、オピニオンリーダーにとって欠かせない能力である。

リンゴが木から落ちることは、だれもが知っていた。
が、その現象には万有引力の法則があることを指摘する人は、
ニュートン以前にはいなかった。
b0141773_2372536.jpg

そんなデッカイ話ではなくても、
谷口さんの指摘に倣えば、
①ニュースキャスターにも女性が1人で担う例はごくマレなこと、
②アナウンサーはインタビューがとても下手なこと、
などに気づき、分析をすれば、「私だけ」の気づきになりうる。
(アナウンサーは、インタビューのトレーニングなどしないから、
当然と言えば当然)

今回の宿題に、これから取りかかる人へのヒントにもなりそうだが、
あえて、もう少し続けよう。
③NHKニュースでは、外国の事件の時刻を日本時間でいう伝統があるが、
5W1Hの原則からいって、いかにも不自然。
オランダ国王の即位式が日本時間の21時ころ行なわれた、
という情報をもらっても困る。
こんな情報提供では、インターネット情報に負けるだろう。
b0141773_2374699.jpg

あるいは、⑤女性が乗っている自転車の多くは、
1キロ先で曲がるにしても、曲がる側の道路を走る傾向がある。
(左側通行には無頓着)
⑥飲食店の従業員の中には、前の客が帰ったあと、
その客が使ったおしぼりでテーブルを拭くヤツが少なくない。
⑦「世界のユニクロ」を目指す会社の新聞やチラシ広告では、
衣服の素材を意図的に表示しない。
b0141773_2381798.jpg

などなど、みんなが見てはいても、
それらの原因や問題点を洞察する例は少ない。
情報化とは、みんなの知らないこと、考えていないことを
記号化することにほかならない。
そこから改善への糸口が見つかることはよくある。
b0141773_2391758.jpg

「世界のユニクロ」についていえば、
新聞広告やチラシを目にする消費者は、
衣服の素材に関心を持つタイプは多くない、と見ているようだ。
素材表示を忘れているわけはない。
すでに数回、本社宛のアンケートに書いて出した経験がある。
それでも、なんの反応もないのは、
広告に素材を入れることをあえて不要としているからである。
b0141773_2393698.jpg

これは創業以来の伝統と思われるが、
インターネットの普及に伴って、
ホームページでは、一般的な、詳細な素材表示をしている。
商品説明の詳しさでは、インターネット専門のアマゾンなどよりまさっている。
b0141773_2310745.jpg

もっとも、素材を表示しないがために、
独自のアピール表示を生み出してきたという実績はある。
「ドライTシャツ」「ヒートテック」「フレンチリネン」
「コットンリネン」などである。
これらは、一種の翻訳表現だろう。
b0141773_23102744.jpg

栄養素表示でこれに匹敵するのは
「ヘルシーランチ」「ダイエットメニュー」というところである。
衣服の素材や栄養素の含有量などに予備知識のない消費者には、
馬の耳に念仏、ネコに小判と考えるのは、
一種の驕り(おごり)である。
b0141773_23104255.jpg

ビジネスの大原則は、クライアントに有効な情報は、
可能な限りオープンにすることである。
地図を出版する企業は、国土地理院のデータをそっくり提供する。
その地図をドロボーが利用する可能性があるとしても。
b0141773_2311335.jpg

さて、「世界のユニクロ」は、
消費者の潜在ニーズをどこまで洞察するか。
連戦連勝気分のユニクロに、
眼を細めて視界を見極める余裕があるだろうか。
b0141773_23112555.jpg

[PR]

by rocky-road | 2013-05-01 23:11