<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

私は、見つけました!!!

b0141773_23571192.jpg

ロッコム文章・編集塾の遠距離クラスは
2008年9月に開講したが、
この1月26日で18回を迎えた。
3か月に1回のペースで5年がたった。
b0141773_23573937.jpg

私が機会あるごとに話しているのは、
文章がうまくなるというのは、
美文調を身につけることではなくて(それを全面否定はしないが)、
最優先すべきは、情報のオリジナリティであり、鮮度である。
b0141773_002292.jpg

「文章力」というとき、国語的表現力を気にする人が多いが、
それ以上にたいせつなのは、オリジナリティや情報の新しさである。
日本語にやや不足があっても、
考え方や話題に趣(おもむき)のある外国人の書く文章のほうが
読み応えがある、ということは少なくない。
日本の大学に留学中の中国人、韓国人の文章を読んだことがあるが
(宿題として提出されたもの)、日本人学生の書いたものよりも
視点がしっかりしていることがしばしばあった。
b0141773_001020.jpg

すぐれた着眼や考え方は、ほかの国のコトバに翻訳しても、
その主意は伝えられるものである。
「文章が苦手」といって逃げていると、
「考え方が平凡」である自分に気がつくチャンスを逃すことになるだろう。
考え方が平凡では、オピニオンリーダーにはなれないし、
社会参加の範囲も限定的にならざるをえない。
b0141773_003862.jpg

そういうことがあるので、
すでに社会の第一線に立つ大人たちには、
自分なりの視点を持ってほしいと思っている。
以前、このブログにも書いたが、
「『いま、私だけが気づいていること』をテーマに、一文を書きなさい。
タイトルをつけてください」という課題も、
みなさんの「発見力」を強化するためである。
b0141773_01337.jpg

18回の遠距離クラスでは、
出題者の期待に応え得る文章が提出されたので以下にあげておこう。
多くの人が手こずったテーマではあったが、
ハードルに引っかからずに飛び越える人もいるのである。
b0141773_052884.jpg
b0141773_055248.jpg

出題した「いま、私だけが……」については、
家族の様子や、自分の体調について述べた人も少なくない。
家庭内のことであれば、自分だけの発見はいくらでもあるだろう。
しかし、「台所の水道の蛇口の具合が悪くなりかかっている」
「母に妙な癖があることを発見した」などでは、
公的な発見とはならない。
b0141773_062996.jpg

結果論ではあるが、口頭でだけではなく、提出用紙にも
「みんなが見聞していることでありながら、私だけが気づいていること」
と書いておいてあげればよかったとは思うが、
ちゃんと答えられる人がいるのだから、
かならずしも出題者の不親切とはいえないだろう。
b0141773_064184.jpg

さて、執筆者・谷口佳津子さんの「私だけが気づいていること」とは……。
b0141773_04428.jpg

不思議発見

 
昨年のロンドンオリンピックでは、
 多くの感動に心を熱くしたことが蘇ります。
 みなさんが感動した場面は、男女どちらのアナウンサーが伝えていましたか?
 私はあるとき、女子アナがスポーツ試合の実況中継をしていない不思議に気がつきました。
 
 解説やアシスタントが女性であるのは常ですが、
 オリンピック、駅伝、野球、サッカー……、どれも女性アナの中継はありません。
 職種選択のほうでは、ジェンダーフリーの状態で、男性看護師や保育士がいて、
 その逆に、トラック運転手、工場現場などにも女性がいる近年です。
 実況中継なるものが、それほど男女差が出てしまう仕事なのかは疑問です。
 もし私が女子アナであったとすれば、できない理由は納得します。

 白熱した試合では、声が上ずり、聞きづらくなってしまいそうですし、
 御贔屓チームの試合では、冷静なコメントなども到底無理。感動の涙で、
 放送トラブルかと間違われるほどの沈黙が起こりそうです。
 
 その程度に身のほどを知る私ですが、
 冷静で的確な中継のできる女子アナはかならずいるはずです。

 放送業界の無意識の『差別』なのか、はたまた意味のない『ならわし』なのか?
 私の不思議発見に対する答えは、どこにあるのでしょう。
 季節はフィギュアスケートのシーズン真っ盛り。
 
 男性アナのかなり装飾的で、 オトメチック路線まっしぐらの中継に、
 クスリッ!としてしまう私なのです」

                       (一部、添削。大橋)

放送関係者に一読をすすめたい「発見」ではなかろうか。
b0141773_043589.jpg

by rocky-road | 2013-01-29 00:07  

「健康」が見える人、見せる人になる。

b0141773_233216.jpg

新年のブログスタートが遅れた。
特別の理由はないが、予定より遅れた。
ここから、2013年のブログを始めたい。
b0141773_23324987.jpg

新年は、1月6日のパルマローザ 新春セミナー、
「『健康をカタチにする』ための
21のアクションプラン」から始まった。
b0141773_23332967.jpg

一般論として、「自分は健康だと過信してはいけない、
定期的に医療検査を受けて、異状があれば早く治療することがたいせつ」
といわれる。これが社会通念となって久しい。
いわゆる「早期発見・早期治療」である。

しかし、しばらくたつと反論が出るのが世の常で、
人によっては「無理やり病気を見つけ出すことはない、
早く見つけた病気を完全に治療できるのならともかく……」などという。
b0141773_2334174.jpg

早期発見・早期治療のタイミングや方法について
多少のニュアンスに差はあるにしても、
目には見えない体内環境を、
医学的にチェックすることを否定する人はいないだろう。
それはすでに日本人の常識となったといえる。

医学的水準の高い日本だからこその誇らしい常識だが、
それを金科玉条とするあまり、
今度は、機器を使わずとも、人間力で見ることができる健康をも
見ることに不熱心になる、という反動も生まれた。
b0141773_23353214.jpg

ウオーキングの習慣、トレーニングジムに通う習慣などは、
だれの目にも見える「健康のカタチ」だが、
著しい無表情、配慮のない身だしなみ、
歩道を暴走する自転車、肉筆がまったくない年賀状などは
すぐに目につく「不健康のカタチ」である。
b0141773_23355337.jpg

「食コーチング」が提案する「健康のカタチ」を
私なりにリストアップしてみようと考えて、
新春セミナーのテーマにした。
21項目をリストアップするために、2か月前から準備を始めたが、
21項目に絞り込むのに時間がかかった。
b0141773_23364419.jpg

単にあげるだけなら、「くしゃみの健康度」「テレビ番組の選び方の健康度」
「パソコンとの向き合い方の健康度」「食器洗いの健康度」など、
時間さえあれば2万でも20万でもあげられるが、
優先順序の高いものを選ぶのには、そこそこの思考がいる。
b0141773_23362518.jpg

終わってみれば、
「これも入れたかった」「あれを落とした」というものが、
頭に浮かんだ。ロッコム文章・編集塾生の三上さと美さんが、
以前、提出した短文の中で、観戦したサッカー試合を評して
「ヘルシーな試合だった」と表現しているのを読んでシビレたことがある。
21のリストに入れないまでも、エピソードとして紹介したかった。

ランクに入れるべきだと思ったのは、
「スケジュールの立て方の健康度」である。
「健康のカタチ」には、心の目で見るものも少なくない。
人生設計などは、視覚では見えないが、
心の目を鍛えれば視力はどんどん上がる。
b0141773_23372620.jpg

人の健康は、きょうの午後の予定、あしたの予定、
週末の予定、1年後、10年後の予定の立て方によって
左右されるところが大きい。
だから、「健康な予定」「不健康な予定」について分析したかった。
それを影山なお子さんに話したら、
「いずれ第2弾を考えては……」といっていただいたので、
後悔の念はうすれた。

このセミナーの後日談を1つ。
このセミナーに出席できなかった塾生の1人に、
その21項目を見せて概略を話したら、
「服装の健康度」のところで大きく共感された。
b0141773_233810100.jpg

彼女の義母は、孫(女児)のために
衣服をしばしば送ってくれる人なのだそうだが、
去年のある時期から、送ってくれるベビー服の色が、
カラフルなものから灰色のものへと変わってきた。
「おかしい」と思っていたところ、
この正月、義母が心の病を発症していたことがわかった。
心の病は、孫に送る衣服の色を地味なものに変えるという症状(?)を
発現させる場合もある、ということかもしれない、と彼女は語る。

健康支援者のスキルとして、
クライアントには見えていない健康のカタチを、
見えるカタチにしてクライアントに提示することは、
職業的スキルとして、小さくないポイントになるだろう。
b0141773_23382536.jpg

表情や衣服のように、視覚や視力が絶対的にモノをいう場合もあるが、
「感覚の健康度」「思想の健康度」などは、
コトバのトング(食品をつかむピンセット状の器具)でつかみ出して、
「健康のカタチ化」するしかない。
理系であろうとなかろうと、もともと目には見えない「健康」を、
カタチとしてとらえようと思ったら、
コトバのトングを各種用意する必要がある、ということだろう。

by rocky-road | 2013-01-12 23:40