<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

日記に押される1年、引っ張られる1年。

b0141773_23305243.jpg

書店には、たくさんの日記が並んでいる。
買ったばかりの新しい日記に
記入するときの喜びは格別だが、
連用日記をつけている場合でも、
新年から、巻頭ページに戻って
再出発するときのワクワク感は、
何度経験してもいいものである。
b0141773_2332830.jpg

以前、人から、連用日記をつけるとして、
3年用がよいか、5年用がよいか、
あるいは10年がよいか、と聞かれたことがある。
私自身は年度版か、10年連用しか使った経験がないので、
3年用、5年用については
確かな答えはできない、といわざるを得なかった。
b0141773_23321949.jpg

毎年、新規のもの(年度版)に替えていた時代がおよそ40年、
「10年日記」に切り替えてから約20年というところだろうか。
後年は、歴史観のような意識が強くなり、
ロングスパンの10年間という単位で
自分の行動を見ていこうと思うようになった。
b0141773_23323229.jpg

こうした経験の範囲でいうなら、
連用日記のほうがモチベーションが高まり、
持続性へのよい条件になるように思う。
1年間をなんとか乗り切ると、
それを振り返っているうちに、
新しい年の月日を埋めていくことへの意欲が高まる。
去年の同じ日の比較というのは、
やってみるとそこそこに楽しい。

もう1つ、ときどきある質問に、
「あったことを書くのがよいのか、
思ったことを書くのがよいか」というものもある。
b0141773_23325324.jpg

答えは簡単で、「好きなように書けばいい」に尽きる。
なにを書くか、第三者としてアドバイスしたいことが
ないわけではないが、
日記を書く目的は、人によってみな違うから、
それをいっても意味がない。

寝る前に書くか、翌朝書くか、
机の上で書くか、寝床で寝そべって書くかによっても、
記入内容が変わってくる。
(ここではパソコン日記は除外する)
生物の行動は、ちょっとしたシチュエーションによって
大きく変わるものである。
b0141773_2333816.jpg

日記をどう書くかということよりも、
毎日つける習慣の意味を理解しておいたほうがよい。

多くの日記論は、書いた記録のほうにポイントを置くが、
それは日記の一面に過ぎない。
日記の記入習慣の利点には、少なくとも2つある。
1つは、「きょうも書く」という目的を持って行動する意義。
これを私は「一次目的」と呼ぶ。
日記習慣は、人を取材モードにさせる。
行動中、日記の有無など忘れていたとしても、
書く習慣は、その人にある種の動機を与えている。
b0141773_2333533.jpg

これに対して、記録したものを大切にする目的は、
「二次目的」として位置づける。 

日記の一次目的性に着目した人の1人に秋元 康氏がある。
『文藝春秋』の2007年9月号に、
「途中経過の人生論」というエッセイを書いているが、
そこで「一行日記」をすすめている。
b0141773_23341516.jpg

   

   一行だけなら無理はない。カレンダーや手帳の脇に、
   今日、起きたことを一行だけ書けばいいのだから。
   なのに、その一行さえ浮かばないことがある。
   それは、きっと、もったいない一日だ。何もしないうちに、
   過ぎてしまったような一日。そんな日にしないために、
   何かをしようと思うようになる。
   高校の友達に電話をするだけでもいい。
   いつも使っている駅のひとつ手前で降りてみるのもいい。
   遺書を書いてみるのもいい。
   一行日記のネタになるようなことをしてみれば、
   その日が意味のあるものになる。

b0141773_23345130.jpg

ここでは、生きた結果としての日記ではなく、
生きる目的としての日記の側面を指摘している。
順序が逆のように見えるが、人の動機の一面を言い当てている。

オリンピックは、勝つこと、記録を更新することに目的があるが、
金メダルを噛んでみせたりしてポーズをとったり、
国旗掲揚に涙ぐんだりしているのを見ると、
あたかもその瞬間に価値がるように見える。
b0141773_2336471.jpg

目的と結果は、しばしば転倒する。
モチベーションというものは、一筋縄ではいかない。

いずれにしろ、モチベーションのスイッチは
多いほうが有利だ。
なんのために有利なのか。
そのほうが人生が楽しいからであり、
人の役に立つ機会が多いからであり、
健康維持や向上に有利だからである。
b0141773_23363820.jpg

1行日記は、簡単に書くことのたとえである。
1行で1日を書くのはムリ。
大事なのは、書く時間(5分? 10分?)を
定期的にとること。
それは考える習慣、書く習慣を
自分の人生に組み込むことにほかならない。
b0141773_23365315.jpg

by rocky-road | 2012-12-29 23:37  

ダメ出し栄養士と、ダメ出しメディア。

b0141773_23435039.jpg

この16日に行なわれた衆議院議員総選挙における
投票率は、59.32%であったという。
アメリカの大統領選挙の投票率も似たようなものだというが、
日本の衆院選では戦後最低の投票率だったという。
b0141773_23444459.jpg

韓国の大統領選挙では70.1%という高率だから、
その差の大きさがやけに目立つ。
国にも精神年齢というものがあるようで、
老いて活力を失った国と、
将来に向けて期待を持っている国とは
投票率にも差が出るというものだろう。
b0141773_2344432.jpg

多くの電波メディアが、棄権した人の声を拾っていた。
「どうせ政治は変わらないから」
「1日中寝ていた」
「お友達と会う予定があったので」
こういうコメントに対するコメンテーターの解説は、
「政治に期待できなくなっているからでしょう」
「政治不信の現われ」
b0141773_23453651.jpg

投票行動にしろ、マスメディア情報の受信者にしろ、
その人の資質や熱意のレベルとは無関係に
1人が1票であり、1人が1視聴者である。
ここからポピュリズム(大衆迎合主義)が生まれる。
b0141773_23452589.jpg

棄権した人間の言い分を聞いていると、
悪いのは本人ではなく、政治のほうだ、
という理屈になる。
b0141773_23461256.jpg

この論法でいくと、
自分が肥満したのは食品を作ったヤツ、売ったヤツが悪く、
寝坊して勤めに遅刻したのは、
目覚まし時計の音が小さすぎるからだ、ということになる。
そしてマスメディアは、「それもそうだ」と、
調子を合わせるのである。
b0141773_23464871.jpg

新しい政権が生まれようとすると、
今度は、多くのメディアが、新政権の不安部分を指摘する。
食コーチングは、
「肯定的指摘」をコミュニケーションスキルの
ポイントの1つと位置づけるが、
マスメディアは「否定的指摘」を売れ筋商品として大事にする。
その一方で、読者や視聴者を徹底的に甘やかす。
b0141773_2347192.jpg

情報にも、もちろん鮮度が絶対必要だが、
企画力がないメディア関係者は、
ホットな情報をつくる能力が低いから、
どうしても「否定的指摘」で稼ごうとする。
「ダメ出し栄養士」のやり方とまったく同じである。
b0141773_23474421.jpg

「ダメ出し栄養士」は、その人の自発性を促す
サポートスキル(育てるスキル)を持っていないから、
人のアラ探しをして、敵失(相手の失点)を待ち、
あいた穴を責める(攻める)というセコイ戦術をとる。

同様に、ダメ出し記事の多いメディアは、
やはり「三流メディア」だと思って間違いない。
日本の新聞は、自由民権運動の中で育っていった経緯もあって、
硬派を装い、政治批判を使命と考えるところがある。
テレビも、新聞から育ったようなところがあって同様。
b0141773_2348126.jpg

批判はよい。が、それなら実名で論ずべきで、
自分の名を隠して、相手の名をあげて批判するのはフェアではない。
そんなアンフェアが、100年も続いたことによって、
選挙を棄権しておいて政治のせいにする、
甘ったれ人間を生み出した。
b0141773_23484950.jpg

さらに、マスメディア自体が、
甘ったれ体質を持っていることは、
記憶しておいたほうがよい(例外も若干あるが)。
b0141773_2349015.jpg

こういう、心理的に荒れて淋しい人生を
歩いている人の健康を支えるには、
やはり肯定的指摘から始めて、
生きることの楽しさ、食べることのたいせつさを
実感してもらうことである。
「アラ探し」よりも「よいところ探し」のほうが、
はるかに高度なスキルであることを
一部のマスメディアを反面教師にして、
学んでおいたほうがよい。
b0141773_23492739.jpg

by rocky-road | 2012-12-19 23:50  

「健康」は、こんなにも見えるもの。

b0141773_15324248.jpg

知人のドクターが、在宅で死ぬことの意味を説いた本を上梓した。
『風になった医師』《在宅で死ぬということ/在宅医師のカルテから》
(田村 学著 (株)MZSブレーン発行)
b0141773_15335041.jpg

田村医師は、大学勤務やアメリカの大学病院での勤務を経て、
今年の7月に自営の「おおさか往診クリニック」を開設した。
ここは「自宅で死にたい」と願う人の終末ケアを中心とする医院である。
著書は、医療関係者や、自宅での死を考える人を対象としている。

そのポイントは、病院での死は、患者数が多いこともあって、
一種のベルトコンベア的な対応になってゆく。
患者1人1人に向き合っているヒマはなく、
検査データ中心に治療が進められる。
これを「EBM」(Evidence Based Medicine)と呼ぶという。
(データ至上主義とでもいうか)
b0141773_15344253.jpg

これに対して、心理学者の河合隼夫氏(はやお)が提唱した
NBM(Narrative Based Medicine)は、
その人の生き様(物語)に沿った、
言い換えれば患者と向き合う医療という概念である。
(ライフスタイル尊重主義とするか)
昔からいわれている、「病気を診て、病人を見ない」医療に対する
アンチテーゼである。
b0141773_15343969.jpg

田村医師のスタンスは、
もちろんNBM型アプローチ。
患者と向き合い、その人が発するコトバを聞き取り、
患者の家族や医師、その他の、周囲の人からは温かく見守られて、
穏やかにこの世を去った人たちの事例を紹介している。

医療の世界のこうした潮流は、
かなり前から起こっているが、「言うは易し行なうは難し」で、
それを実行できる人は多くはない。
人の話をていねいに聞くというスタンスは、
小手先のスキルでカバーできるものではないからである。
b0141773_15353136.jpg

NBMを思想とし、理念として自分のものにするには
それ相当の時間がかかるものだが、
ようやく医療界にも、それが浸透してきたように思う。
もっとも、それは医師によるワンサイドゲームではなく、
患者自身も、自分の物語をつくる(意味を考え、総括する)能力を獲得する必要がある。

このあたりから、健康支援者にも出番が回ってくる。
「自分の物語をつくる」のも、口でいうほど容易ではない。
それを食や健康の面からサポートするのが栄養士であり、
健康支援者ではないかと思う。
b0141773_1536535.jpg

社会通念として、国民の多くは、
依然として「早期発見・早期治療」に軸足を置いている。
「ここ何年も病気をしたことがない」
「スポーツ万能のタフ人間」
そういう過信は禁物……それが常識になった。
b0141773_15362043.jpg

それは誤りではないが、
医学的データだけが健康状態を把握する方法ではない。
「健康」や「幸福」は目に見えない抽象概念ではあるが、
それをカタチとしてとらえようとしている人は、すでに存在する。
手相を見る人は、手の形や平の筋によって健康度を言い当てたり、
幸福度や、これからの運命までをも予測したりする。
b0141773_15363673.jpg

幸福をカタチにするのは宗教関係者だろう。
主観的な「不運」や「不幸」を神との関係で見直し、
「でも、まだできることがたくさんある」という見直しによって、
感謝の気持ちを人や社会への貢献というカタチにして示す。
b0141773_15372562.jpg

健康支援者は「健康が大事」といいながらも、
どういう状態が健康な状態なのか、
そのあたりのイメージが確かではない。
それは、山岳ガイドやマラソンのペースメーカーが、
山頂がどこか、ゴールがどこかがわからずに
ただただ、やみくもに対象者をサポートするのと同じで、
サポートを受ける人にしてみれば、
スタミナのペース配分ができるものではない。
b0141773_1537465.jpg

栄養士も、検査データ主義の影響を少ならず受け、
医師に従属する形で仕事をしてきたが、
病人であれ健康人であれ、社会生活を送っている限り、
その支援の主体は、健康支援者であり、栄養士である。
その人たちに問われるのは、健康とは何か、について、
しっかり認識し、それを支援する意味を思想として確保しなければならない。
意外にも、この分野は、そう先には進んでいない。

健康は、医学データ以外にも、確かめることはできる。
いかに視覚的に確認できるものなのか、それを示してみたいと、
かねがね考えてきた。
b0141773_1538623.jpg

2013年1月6日(日)に、
パルマローザのセミナーの講師に招かれたので、
ここ数年、ずっと考えていた、目に見える「健康のカタチ」を
示してみたいと思っている。
「感じ方の健康」「考え方の健康」「表情の健康」
「態度の健康」「動作の健康」「コトバづかいの健康」
「情報のとり方の健康」「情報発信の健康」
「人づき合いの健康」「生き方の健康」などなど、
医学テータ以外にも、健康がこんなにも目に見えるものなのかを
知っていただく機会になると思って、
その準備に入ったところである。

パルマローザサークル恒例となりました、
大橋 禄郎先生
による新春セミナーは、2013年1月6日に開催します。 
■テーマ「健康をカタチにする」ための21のアクションポイント」。
  
ご参加ご希望の方はpalmarosa@yours.biglobe.ne.jp 影山なお子
ご連絡ください。折り返しこちらからご連絡させていただきます。
開催場所神奈川近代文学館 中会議室
 (港の見える丘公園の奥にある建物です。
■最寄駅:みなとみらい線の最終駅・「元町中華街駅」から徒歩15分) 
 みなさまのご参加をお待ちしています。 パルマローザ主宰 影山なお子

by rocky-road | 2012-12-14 15:39  

食シーンは、人を支え、作品を支える。

b0141773_2120441.jpg

フリーマーケットで、おもしろい本を見つけた。
『食の名文家たち』(重金敦之著 文藝春秋 1999年)
b0141773_21201753.jpg

小説家を中心に、著名人の書いた文章の中から、
食に関する部分を抜粋し、前後の事情を解説する本である。

紹介されているのは、松本清張、向田邦子、
谷崎潤一郎、渡辺淳一、吉田健一、吉行淳之介、高見 順、
川端康成、森 鴎外、内田百閒、志賀直哉、三島由紀夫、
夏目漱石、永井荷風、太宰 治などなど41人。
b0141773_21205250.jpg

料理そのものであったり、飲食店の話であったり、
酒の話であったり……。
b0141773_21221992.jpg

向田邦子の食通はよく知られているから、
もちろんこの本にも登場する。
b0141773_21223173.jpg
 
酒と惣菜の店、「ままや」を紹介する文章は、こんなくだり。
b0141773_2123154.jpg

   おいしくて安くて小奇麗で、女ひとりでも気兼ねなく入れる
  和食の店はないだろうか。
   生まれ育ったのが食卓だけは賑やかなうちだったこともあり、
  店屋ものや一汁一菜では気持までさびしくなってしまう。
   吟味されたご飯。煮魚と焼魚。季節のお惣菜。出来たら、
  精進揚の煮つけや、ほんのひと口、ライスカレーなんぞが食べられたら、
  もっといい。(「
ままや」繁盛記 『女の人差し指』)
b0141773_21235969.jpg

(食を話題にするときの「吟味されたご飯」なんていう
 意味のない枕詞は、この時代あたりからはやり始めたのか/大橋)
b0141773_2123483.jpg

志賀直哉の項では、『暗夜行路』にある食シーン。
主人公の時任健作は、旅先で見かけた直子という女性を見染める(ママ)(見初める)。
縁談の根回しをするために、縁故のる人に会って下交渉を始める。
その場所に選ばれたのがすっぽん屋。

すっぽん料理へ行く事にして三人はその宿を出た。
ある所から電車に乗り北野のほうへ向かった。
すっぽん屋は電車通りからさびしい横丁へはいり、
片側にある寺の土塀の尽きた、突き当たりにあった。

b0141773_21252411.jpg

しかし、この本は、食シーンの抜粋集ではなく、
前後の解説で読ませる。
紹介される作家の生きざま、作品の紹介などによって知識が広がる。
書かれている店などは、その後、どうなったか、
道路拡張のために閉店したとか、ビルが建っていまはないとか、
昭和24年、永井荷風が浅草にあった「アリゾナ」という店の
シチューは150円で、「価亦廉価なり」と書いているが、
当時の値段としてどれくらいのものか、とかを検証している。

それにしても、文学作品で、なぜこうも食シーンがていねいに記述されるのか。
理由の1つは、登場人物のライフスタイルの一端が、
そこに如実に現われるからだろう。
したがって、知らないで適当に書くわけにはいかない。
作家の誇りもあって、そこはバカていねいに描写される。
そういうディテールが、作品にリアリティと、鑑賞物としての味わいを添える。
b0141773_21253024.jpg

さて、栄養士の中には、食の話題となると、
栄養効果を列挙するのが仕事と思っている人が多いが、
それだけに頼っていると、話が単調になるばかり。
それの悪しき影響を受けているのがテレビの食番組で、
ちょっぴり使う玉ねぎやワカメまで、
生理効果を真っ先に強調するのが定番となった。

「ウナギといえば、夏目漱石はウナギが好きだったようですね。
『吾輩は猫である』の中で、銀座にあった「竹葉亭」へ
ウナギを食べに行く場面がありますね」
なんていう話題がさっと出るようになったら、
食事相談や講話、料理教室がおもしろくなるだろう。
b0141773_21262474.jpg

食事相談も、究極的にライフスタイルを支援することにあるとすれば、
栄養素から離れた話の展開も、
食事相談の「作品」としての価値を高めることだろう。

★『食の名文家たち』の著者、重金敦之氏は、元朝日新聞編集委員。
 常盤大学人間科学部教授。(発行当時)
 アマゾンで入手可能のようだ。
b0141773_21263169.jpg

by rocky-road | 2012-12-05 21:26