<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

「食事相談」が、これから動き出す。

b0141773_1583885.jpg

11月25日の「食ジム」、「よい食事相談、悪い食事相談」に
参加して、食事相談の現状の一端を知ることができたのは
大いなる収穫であった。
(詳細は「スタンバイスマイル」 http://www.palmarosa.jp/

食事相談は、通常、密室内のやりとりだから、
その方法やスキルの長短を評価したりされたりする機会がない。
職場によっては、先輩の食事相談を傍聴したり、
勉強会によってスキルアップを図ったりする例はあるだろう。
が、いろいろの職場のそれを横断的にたどる機会は少ない。
b0141773_1595561.jpg

栄養士にとって、食事相談スキルは、
専門スキルのメイン中のメインのはずだが、
きわめて閉鎖的な状況が続いてきた。
門外不出の秘伝であればやむを得ないが、
実際には、先輩が自己流を押しつけ、
それを無反省に踏襲する場になりがちだった。
b0141773_1510783.jpg

30年以上前に、栄養士の集まりで、
食事相談のためのマニュアル作りを提案したことがあるが、
年配の栄養士から言下に却下された。
「うちにはうちのやり方があります。
1年くらいかけて、からだで覚えてもらうしかありません」
b0141773_15103774.jpg

これではワザは磨かれない。
スタンダードがなければ、それを座標軸にして
バリエーションを展開してゆくことはできない。
あるのは自己流の乱立。
それはつまり、スキルがないということにほかならない。
そういう状態で特定保健指導の仕事を引き受けた度胸は、
立派というほかはない。
知らないということは大したもので、
「怖いもの知らず」なのである。
b0141773_15114020.jpg

今回、各自がいろいろの食事相談事情を公開してくれたことで、
この先の食事相談スキルのあるべき方向が
いくつも見えてきた。
その1つがトークショーとしての食事相談。
ステージ上で、著名なだれかに(著名でなくてもいいが)
食事相談的インタビューをする。
そのやりとりのおもしろさを観察してもらうのである。
b0141773_15105791.jpg

雑誌などでは、著名人の献立診断を記事にすることがある。
それのステージ版である。
しかし、献立について話してもおもしろくない。
食や健康の話題を展開しつつ、
著名人と聴衆または視聴者の健康意識を高めてゆく、
という企画である。
もちろん、「指導的」スタンスでは、おもしろくもなんともない。

もっとも、これは実現を目指すというよりも、
それくらいの公開性、おもしろ味をもってほしい、
という程度の比喩である。
b0141773_15115217.jpg

食事相談の今後について、もう1つ予想できるのは、
医師と栄養士との、もう少し顕著な激突、または対決だろう。
アンチエージングに代表されるように、
多くの医師は、自分の専門とは無関係に、
予防医学に触手を動かしてきている。
b0141773_1512699.jpg

「何々を食べるといい」と、時代遅れの栄養学を武器に
ビジネスチャンスを広げつつある。
数年前には、栄養士を巻き込もうとした医師もいたが、
自由にコントロールできないと見て、
自分で、にわか仕込みの珍説を展開している者もいる。

医療現場では、こういう行き詰まり医師の
浅学菲才に悩まされている栄養士が少なくないことが、
今回の食ジムでの発表でもわかった。
ここでは激突し、敗退ではなく、仲介者を得て、
勇み分けをした例が紹介された。
天晴れ(あっぱれ)というほかはない。
b0141773_15123527.jpg

が、医師が、クライアントの生活習慣の改善、向上へと
歩を進めるまでには早くて10年、普通にいったら20年以上はかかる。
いやいや、たぶん追いつくときは来ないだろう。
上から目線の伝統を引き継いできた多くの医師には
カウンセリング型コミュニケーションは身につかない。

したがって、クライアントのライフスタイルの見直し、
生きがいの支援をスキルに取り込んでいる栄養士にとっては、
医師の健康支援市場への参入など、いかほどのものでもない。
b0141773_15124944.jpg

その一方で、「メタボにはこれ」「免疫力をつけるにはこれ」
などとやっている栄養士には脅威になるだろう。

そういうヘボい栄養士や医師は、
社会にとってさほど貴重ではないから、
共食いになろうが激突しようが、知ったことではない。
いや、そうなってほしいくらいである。
b0141773_15131839.jpg

[PR]

by rocky-road | 2012-11-29 15:13  

「インタビューはお好きですか」と聞かれたら……。

b0141773_0225345.jpg
               屋外写真は昭和記念公園。(平成24年11月18日

インタビューは、マスメディア関係者が、
取材の一手段として対象者から話を引き出す
コミュニケーションスキルであるが、
今日では、インタビューは、
かならずしもプロのスキルではなくなり、
メディア関係者のスキルともいえなくなっている。

結婚披露宴などで、司会者が新郎新婦や、
参列者からおもしろい話を聞き出そうとする場面があるが、
あれもインタビューといっているし、
「おれおれ詐欺」らしき電話がかかってきたとき、
「うちのワンちゃんの名は、なんだった?」と
怪しい相手に尋ねるのも、
イベントへの来場者にアンケートをお願いするのも
インタビュー(筆記式インタビュー)である。
もちろん、食事相談や健康相談には
インタビュー技術は欠かせない。
b0141773_0231994.jpg

栄養士にインタビュー力が求められるようになったことは、
時代が「栄養指導」の時代から「食事相談」時代へと
推移し、その技術が進化していることの証左である。
指導しか知らない栄養士にとって、
インタビュースキルなど、どこの世界の話?
ということになるのだろう。

栄養士にとってのインタビューは、
医師の問診以上の意味を持つが、
そもそも近年の医師は、
問診にあまりウエートを置かなくなった。
医療機器の発達で、四の五のいっているよりも、
血液検査や電子機器による検査のほうが
正確だし、流れ作業によってスピードアップを図れる。
b0141773_024616.jpg

だが、検査数値は、体内環境の現状を示してはいても、
そうなった原因を探り当てるものではない。
生活習慣病に限っていえば、結果がわかっても、
その原因を突き止めなければ、真の対策は生まれない。
そこを埋める有力なセクションが栄養士による食事相談である。
が、いまもなお、「栄養指導」しか知らない栄養士が
なんと多いことか。

そういう現状も頭に置いて、
ロッコム文章・編集塾では、
11月は、インタビューのスキルアップを図る授業を
行なっている。
インタビュー力は、日常会話に活用場面が多く、
少し大上段に構えれば、生涯のコミュニケーション環境を
豊かにすることを伝えたいと思う。
b0141773_0243739.jpg

ところで、過日、民主党政権が総辞職したが、
これにちなんで、テレビ番組では、
「街の声」を取材して放送していた。
「次の政権に何を期待するか」というインタビューに対して、
「街の声」はこんな具合である。
「どの政権になっても変わらないと思う」
「子育てを支援する政治をやってほしい」
「将来、私たちの年金が心配。そこのところをちゃんとやってほしい」
「私たちはもう歳だからいいけれど、
若い人たちが幸せに暮らせる社会にしてほしい」

これらの〝一声〟に共通しているのは、
政治に対してシラケていたり、
ないものねだりしていたりする点。
b0141773_0245559.jpg

政治に対する知識や意見が幼く、リアリティがない。
日本の政治が不安定なのは(日本に限らないが)、
こういうおバカな国民に支えられているから……、
そういう結論に行きつくしかない。

が、ここで気をつけたいのは、
街の声のインタビュー手法にトリックがある、
という点である。
政治は、一般国民の日常生活の最周縁部に属する分野だから、
街ゆく人に「次の政権にどんなことを望みますか」と問いかけても、
うまい即答は期待できない。
その結果、前掲のような、小学生レベルの、
おバカなコメントばかりが拾われることになる。
b0141773_0252811.jpg

サッカーや野球の大ファンでも、
街を歩いているときに、
突然テレビカメラを向けられて、
「ひいきチームの改善点は何か」と聞かれて
適切なコメントを即答できる人はそうそういない。

ましてや政治の話、いちばん苦手な話題。
テレビカメラの前でアガッてしまうこともあって、
思わぬことを口走ったり、
メディアでいっていることをなぞったりすることになる。
b0141773_0255095.jpg

まともな街頭インタビューをするつもりなら、
インタビューをすることを告げてから、
5分か10分、準備時間を与えて、
考えをまとめさせてからインタビューを開始すべき。
できれば、エンピツと紙を預けて、
下書きをさせてもいいくらいである。

有識者が、適切な発言をするのは、
事前に取材依頼、インタビュー依頼をして
充分に発言の準備時間を与えるからである。
b0141773_026558.jpg

アマチュアにそれをやると、
「自然な声が聞けない」「作りすぎる」と感じ、
番組的に「カタくなりすぎる」と考えてしまうから、
安値安定の、おバカ発言集を選択することになるのである。

薄利多売の情報商品としては、
単純で、聞いたような意見であることが
必要条件なのかもしれない。
b0141773_026335.jpg

かくして、日本人の政治的センスは、
幼くて、〝天然〟で、
何年たっても成熟することがない、
万年少年・少女を続けることになる。

選挙のとき、「無党派層」が勝敗のカギをにぎる、
などというが、ひいきのチームがないということは、
スポーツでいえば、ファンでもなんでもない、
ただの部外者でしかない。
b0141773_0264640.jpg

スポーツのファンなら、それでもいいが、
無党派層の多くは、選挙にも関心がなく、
「今度の選挙に行くか」と聞かれて、
「行かない」「わからない」と堂々と答える。
つまり国民の義務を果たしえない、
これぞまさしく「非国民」である。

それを「層」とくくると、誤解が生ずる。
「中間層」「読者層」のように、
互いに関係のない者同士でも、
グループとしてくくられることはある。
b0141773_0271152.jpg

「読者層」などは、それでも、
ある程度の持続的意志を持つ人のグループだが、
「無党派層」ともなると、職場、地域、
コミュニティなどへの参加意識が薄く、
ほとんど自分のことで精いっぱいの、
トカゲやドジョウ並みの生き方でしかない。

なのに「無党派層がカギを握る」などとおだてるから、
行き当たりばったりの、
持続性ゼロ、思いつきでチーム選びを続ける者が、
いつまでものさばるのである。
「でも、票を左右するのは投票行動の結果ではないか、
ちゃんと国民の義務を果たしているではないか」
との反論があるかもしれない。
b0141773_0272493.jpg

スポーツチームだって、国家だって、
思いつきでファンになられては困るのである。
そんな連中によって生まれたのが現政権ではないのか。
「いまの政権はなってない」とはよく聞くが、
それを選んだ人の悔恨や反省を聞いたことがない。

政治や国の運営、国家の維持は、
思いつきでは困るのである。
準備性が求められる。
街頭インタビューのとき、
いきなりマイクを向けたのでは、
シビレルような回答が得られないのと同じで、
国づくりは、ぶっつけ本番ではできるはずはない。
b0141773_0274716.jpg

そこで、インタビューの予告を1つ。
「あなたは国づくりに参加しますか」
近々、インタビューをさせていただくかもしれません。
そのときは、よろしく。
[PR]

by rocky-road | 2012-11-20 00:27  

「〇〇用ノート」はどこで買いますか。

b0141773_2292937.jpg

日本栄養士会・滋賀県栄養士会主催、
カルピス(株)後援のセミナーで、
「パワーアップする、栄養士の表現力 バート2
栄養士が文章力を磨くためのチェックポイント」という
講義をさせていただいた。(11月4日 大津市内)
b0141773_2210264.jpg

初めての人に文章力に関する講義をするときには、
「きょう、受講用のノートを持ってきていますか」と聞くことが多い。
というのも、今後、文章力を強化するためにも、
そして、情報収集力を高めるためにも、
これは欠かせない「調査」であり、「問いかけ」だから。
b0141773_22102825.jpg

ここで手をあげたのはお1人くらいであったか。
ゼロでなくてホッとした。
約100人中の1人。
それに驚くことは何もない。
b0141773_22105918.jpg

そもそも、社会人が講義受講用のノートを持つ、
という文化が、それほど行き渡ったてはないから、
専用ノートを持ってきた人が1人でもいたという事実は、
喜ぶべきデータである。
b0141773_2211551.jpg

そうした現状を前提にして、
10年以上は利用できる、堅牢でデザインのよい、
やや高価かもしれないノートを持つことの意義をお話しする。
b0141773_22113726.jpg

日本人に限らず、人々の通念として、
体験を記録する目的を「情報を保存するため」
と、効用を小さめに規定する傾向がある。
しかし、私にいわせれば、そういう目的は「二次的」である。
記録は、もちろん重要な目的の一部だが、それ以前の段階として
「一次的目的」というものがあることを忘れてはならない。
b0141773_22113391.jpg

しかるべきノートに、受講内容を記録しよう
という準備をすることは、セミナー参加への意欲を高め、
講義に集中しよう、というモチベーションを誘発する。
このとき、良質のノートを準備していると、
いっそう「強化因子」としての効果が大きくなる。
100円のノートと、1000円のノートとでは、
モチベーションに多少の、いや大きな差が出る。
気に入った衣服や装身具、高級車、各種グッズ、
みな同じである。モノは、常に情報を内包している。
b0141773_22121753.jpg

いいノートを持つと、セミナーなどでは、
より前のほうに席を取ろうとするし、
居眠りをしたり、人とおしゃべりをしたりという、
情報取集にマイナスとなる行動はとりにくくなる。
そういうシステムを自分に刷り込むと、
結果として、日々の行動に積極性が増す。
それも、活力ある人生を支える地盤の1つとなる。
b0141773_22121343.jpg

受講者のみなさんに、県内に気の利いた文具を売っている店、
「たとえば東急ハンズのようなお店はありますか」と聞いたら、
あまり反応がなかった。
「そういうノートは、本屋さんに置いてある」と教えてくれる人がいた。
b0141773_22131282.jpg

なるほど、地域によっては、文房具屋さんや本屋さんは
〝よろず屋さん化〟して、
洗剤やら電気のソケットやらを売っていたりする。
滋賀県人の名誉のためにいうが、
同県がそうだ、とはいうつもりは毛頭ない。
b0141773_22135100.jpg

現状はどうあれ、上質ノートを必要としない人にとっては、
文房具屋さんの有無は、さほど大きな問題ではないだろう。
しかし、終了後、ご当地の方から、
「これまで使っていたノートを見直したい」
とのメールをいただいたりしたので、
近隣の文房具屋さんに、小さな変化が起こる可能性はある。
b0141773_22135557.jpg

脳という臓器は、万能であろうとするがために、
普段は努めてフレキシブルであろうとし、
ゆえに一見怠慢なところがある。
しかし、いちど刺激を与えると、俄然、能動的に働き始める。
ノートは、脳の積極性を引き出すとともに、
脳内の複雑な情報素材を有形化したり、
ホルダーとして情報を固定化したりする。
b0141773_22134798.jpg

私は、「手は脳の支店であり、
ノートは手の支店の分所である」とたとえている。
「文才」などという、所在不明な才能に頼るよりも、
情報収集に有効なシステムを1つ採用するほうが、
文章力の強化、洞察力強化には、よっぽど確かである。
ノート~手~脳というネットワークは、
無限の力を秘めたシステムである。
b0141773_22142383.jpg

日記、ビジネスダイヤリー、各種ノートなど、
すでに「来年」は始まっている。
準備は、よろしいか。
b0141773_22142650.jpg

旅行用ノート、ガーデニングのノート、
水虫治療用ノート、婚活ノート……。
ノートの数だけは……とはいえないまでも、
作ったノートの何分の1かのモチベーションは
得られるはずである。
b0141773_2215089.jpg

[PR]

by rocky-road | 2012-11-08 22:14