<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

「愚公移山」(ぐこういざん)の精神。

b0141773_23132764.jpg

小学校で使う「作文」というコトバ、
文字どおりの意味は「文を作る」ことだが、
小学生には、文章を書くことはすべて
「作文」であると思わせてしまうという
困った側面がある。
b0141773_23161717.jpg

社会には「作文」というジャンルはない。
大人が文章を書くときには、それは仕事文であるか、
報告書であるか、解説文であるか、エッセイであるか、
論文であるか、小説であるか、
そして小説にも、私小説であるか、時代小説であるか、
純文学であるか、中間小説であるか、
書き出す前に、そのカテゴリーを把握しておくことが求められる。
ざっと数えただけでも、そのジャンルは数百に及ぶ。
b0141773_23145496.jpg

その文章のジャンルによって、形式はもちろん、
用字用語も文体も変わってくる。
そのことを、子どものうちから
ある程度は知らせておく必要がある。
「作文」というコトバは、そうしたカテゴライズ感覚を
鈍らせる要素がある。
b0141773_23213516.jpg

実際、大人の書く文章でも、
自分の文章の目的がわからなくなっている例に出くわす。
ある社会現象の要因を分析せよ、という課題に対して、
自己反省や対策のほうに軸足を置いてしまったり、
コトバを定義せよという課題に対して、
「……ことには気をつけましょう」という
お説教になってしまったりする。
b0141773_23165066.jpg

わがロッコム文章・編集塾の遠距離クラスで、
「任意に四文字熟語を5つ選び、それを組み込んだ
まとまりのある文章を書きなさい」(600字以内)
という課題をしておいて、過日の授業で発表してもらった。
(10月27日、横浜市技能文化会館)

これが、全員、なかなかの仕上がりであった。
この課題のむずかしいところは、
四文字熟語の意味を正しく理解している必要があること、
それを適度に振り分けるだけではなく、
600字の文章に一貫性のある内容があること、
そしてもちろん、その内容に一貫性があること、である。
b0141773_2317576.jpg

四文字熟語を5語使うことは必要だが、
文章のカテゴリー、内容は自由。
こういうのを、久々の「作文」といってよいのかもしれない。

この宿題は毎月のクラスにも課題したことがあるが、
遠距離クラスでは、そろってできがよい。
2つほど紹介しておこう。
―――――――――――――――――――――――――――
b0141773_2317328.jpg

「心のドアをノックする趣味」   野村 玲子

今年も残すところあと2か月である。
ふり返ると、趣味といえるものが2つ増えていた。
 1つは、農大主催の「香りの科学と美学」という講座に通い、
香りをつくりだす楽しさを知ったこと。
 自分で、ある果物の香りをイメージし、40種類あまりの瓶を
無我夢中でかぎ、1つ1つ紙に書きだす。
その中から5種類を選び、調合し、調整するという作業が
何とも面白い。終わる頃には、脳がぐったりしている。
 それでも受講者の半数以上は、継続して通っているらしく、
皆、意気揚々としている。1滴でまったく別物になって
しまうところが、仕事とも共通していて面白い。
 もう1つは、数年ぶりにコンサートに行き、
「ポップオペラ」というジャンルを知ったこと。
 歌声と、すっと入ってくる歌詞に、涙と感動で心が浄化され、
心機一転、次へふみ出す後押しをしてもらった。
この音楽との出逢いは、自分が変わる千載一遇のチャンスであると、
CDを聴き、歌詞を見て改めてそう思う。
 しかし、香りとは、記憶の貯蔵庫である「海馬」のある
大脳辺縁系に直接届くので、その香りにまつわるいいことも
悪いことも、すべて思い出してしまうという。
音楽も、その曲を聴くと、その時代背景とリンクする。
 記憶を呼びさますものが趣味になってしまったということは、
一長一短のある趣味といえるかもしれない。
 いや、この世のどんなことにも、一長一短があるということか。

―――――――――――――――――――――――――――――
b0141773_23182284.jpg

「スポーツの秋に思うこと。」   山同 紀子

 ランニング、テニス、山登りなど、体を動かすことが
私の生活の一部になったのは、あるソフトボールチームとの
出会いがきっかけだ。専業主婦として平々凡々に過ごしていたころ、
団地のママさんソフトボールチームに誘われた。
半分押し切られて入ったものの、まさに合縁奇縁
チームに入ってからは汗を流す爽快感、できなかったことができる喜び、
仲間との連帯感に魅了され、無我夢中でソフトボールに打ち込んだ。
試合の流れに一喜一憂し、負けると意気消沈
もちろん勝てば勝ったで意気揚々と祝杯をあげた。
 最近では生活習慣病予防やダイエットだけではなく、
寝たきり予防やこころの健康にも運動がすすめられている。
老若男女問わず、運動する人が増え、
スポーツファッションの素材も改良され、デザインもいい。
スポーツジムではコーチングを学んだインストラクターが
モチベーションを高めてくれる。
昔のように汗や根性が運動の象徴ではなくなった。
 まさにスポーツの世界も日進月歩
病気になって病院にお金を払うよりはスポーツに
お金を使うことは大賛成。しかし、まわりを見ると、
運動をやりすぎてけがや故障をする人も意外に多い。
それでは本末転倒。より効果的に運動効果を上げ、
人生を楽しむには、ときには、専門家のアドバイスに
耳を傾け、用意周到に継続することを心がけたい。

――――――――――――――――――――――――
b0141773_23191463.jpg

こうした課題をすると、
四文字熟語を使うほうに気をとられ、
文章がぎこちなくなる場合が少なくない。
その点、このクラスでは、
大半の人が、熟語の用法にムリがなく、
文章のテーマ、構成にも著しい不備はなかった。
ここにあげたのは、その一部である。
b0141773_2325193.jpg

それにしても、四文字熟語のなんと豊富なこと。
世の中の諸現象は、これらのコトバによって
おおよそ解釈できる。
b0141773_23194191.jpg

コトバは、摂取した糖質の代謝にかかわる
インスリンのように、
自分のまわりの諸現象をしっかりとらえ、
代謝してゆく。
四文字熟語を多く持つことで、
知的健康度は明らかに高くなる。
b0141773_23254971.jpg

昨今、中国の覇権主義傾向に
近隣諸国は頭を悩ますが、
あれだけの四文字熟語を作った国、
森羅万象を4文字でまとめる言語能力、
深慮遠謀の思考力を考えると、
われわれも、切歯扼腕するばかりではなく、
千思万考し、ときに熟慮断行する対処が必要だろう。
b0141773_23201290.jpg


*タイトルの「愚公移山」の解釈を。
 怠らず、努力すれば、どんな事業でも成功する、
 というたとえ。
b0141773_23223026.jpg

 昔、愚公という老人が、家の前の山が邪魔だと思い、
 子々孫々に至るまで、山をけずって平地にせよと命じた。
 その根性に感心した神様が、山を取り除いてやった、
 という故事による。

b0141773_23225151.jpg

[PR]

by rocky-road | 2012-10-30 23:35  

栄養士にとっての知的財産とは?

b0141773_21275648.jpg

栄養士組織が発行する機関誌の最近号のいくつかに
目を通す機会があった。
それらは、労力的にも経済的にも充実しているが、
質的にはかなり貧弱で、これを発行する意味が、
どれくらいあるのか、疑った。
悲しいのは、そのことを問うことなく、
半ば惰性で発行が続けられているらしい点である。
b0141773_21283987.jpg

そもそも、読んでもらおう、という意欲が
最初から感じられない。
これを開いた栄養士の大半は、
ロクに目を通さないのではないか。
b0141773_21284535.jpg

字詰めが長すぎる、ページ中に小見出しがない、
文章が硬直していて読み手との対話が成立し得ないなど、
基本中の基本が守られていない。
これをしっかり読もうと思ったら、
乗っていた船が遭難して、
たった1人、これを持って孤島に流れ着く、
というシチュエーションが必要だろう。
b0141773_2129207.jpg

いちばんいけないのは、
学術専門誌を下敷きにしているらしく、
読者の知的好奇心やメンタリティとの接点がない点。
いくらカッコつけても、親近感を感じない雑誌では、
森に向けて矢を射るがごとく、獲物に当たる可能性は低い。
背伸びは、人間の生き方としてけっしてカッコよくない。
b0141773_2130581.jpg

「箱もの」の企画と同様、入れ物を作っても、
中に入れるものがないと、その箱は「死に体」である。
b0141773_21301923.jpg

雑誌の存在理由の大きな1つは、
その読者間のコミュニティづくりをすることであり、
それによって培われるアイデンティティを支えることである。
それは知的であること以前に
情緒的であり、温かいということである。
といっても、各職場の紹介ページを設定すれば
温度があがるというものではない。
b0141773_21322168.jpg

特集で「ストレス」をとりあげるなら、
栄養士だからこそのストレスの視点を見つけたい。
それは医師のストレス観でもないし、
心理学者のストレス観でもない。
b0141773_21322848.jpg

畑にあるストレス野菜を収穫してきただけでは、
「私たちのストレス知識」にはならない。
編集とは、別の世界にある情報を
カスタマイズ(最適化)することであり、
受益者に対して翻訳することである。
b0141773_21323839.jpg

編集されていない情報は、
洗浄も選別もされていない
食材以前の農作物止まりである。

こういう砂漠のような雑誌を作って、
それで日本の栄養士のレベルの高さを
誇示しようとしているのだとすれば、大きな料簡違い。
そういうポーズこそが、栄養士の社会的地位を低くするのである。
地に足がついていないことが見え見えだからである。
b0141773_2133271.jpg

それどころか、
「こんな知的財産しか持っていないの」と、
宣伝しているようなものである。
b0141773_21343936.jpg

編集のような緻密な作業は、
それに慣れていない栄養士だけで作るのはムリかもしれない。
「外注」が慣例になっているかもしれないが、
そうだとしても、発注する人間がしっかりしていないと、
軸足の定まらない、無国籍雑誌ができてしまう。
コンセプトもないままに雑誌を作るなんて、
世の中、そんな甘いもんと、ちゃう。
b0141773_21344841.jpg

ムダにしてはいけないのは電気や水ばかりではない。
紙という資源、人材という資源、
労力という資源……などである。
もっと、読者と対話が成立する雑誌を作らないと、
多くの栄養士の可能性さえムダにすることになる。

社会活動を活発化させる栄養士にとって、
編集力は「専門性」の一部となることは、
このブログでも何回か書いた。
b0141773_2135131.jpg

そんなことを部外者から言われていてはいけない。
食事相談で、クライアントに気づきを促している栄養士には
自分の編集力の貧弱さにも気づいてほしい。
とくに栄養士組織のリーダーたちに、
それを言いたい。

編集は、紙面やディスプレーを通して行なう
双方向コミュニケーションであるから、
食事相談ができる人なら
できないはずはない。
b0141773_21352482.jpg

[PR]

by rocky-road | 2012-10-17 21:35  

生前葬、ふたたび、みたび。

b0141773_23271716.jpg

10月4日、東京都に勤める栄養士さんたちに、
「フレッシュな栄養・健康情報 受・発信のための
取材力・インタビュー力のつけ方、磨き方」
というテーマで3時間セミナーの講話をした。
この件で最初に依頼の連絡をくださった方は、
管理栄養士であるとともに、
私的には現役のダイバーである。
b0141773_2337649.jpg

日時の覚えはないが、30年くらい前に
東京都の職員で構成されるダイビングクラブに
ダイビングだか水中写真だかの話をしに行ったことがある。
そのとき、受講されたお1人が、
今回、まったく別件で、ご依頼をされた方だった。
b0141773_23283911.jpg

ことしは、執筆本に専念するために、
ダイビングはあきらめることにしたが、
それでも、海関係のアクションがいくつかあった。
b0141773_2329152.jpg

29年前に発足した《水中映像サークル》の
発足事情についてのビデオ取材への対応
(30年史として2013年4月に水中映像祭で公開)、
世界に唯一の海底ハウスの創設者の他界に関係して、
海底ハウス体験についてのビデオインタビューへの対応。
b0141773_23294052.jpg

そして、10月7日は、
1964年に発足した東京潜泳会の仲間の1人が
プロ潜水士の評伝を出版したので、
それを記念して、何人かで集まった。
初案では、近くにいる5~6人で、
と思ったが、結局は11人が集まり、
狭いロッコム文章・編集塾の部屋で
語り合った。
b0141773_2330659.jpg
b0141773_23431950.jpg

みんなに見せたいと思って、
保存してあるアルバム、8ミリフィルム、
ビデオ、DVDなどを何日かかけて用意しておいたが、
久々の再開のために話がはずみ、
じっくり見てもらうことができなかった。
b0141773_23304096.jpg
b0141773_23302380.jpg

自分では、そろそろ処分したい思っている資料なのて、
最後にみんなに見ておいてもらおうと思ったが、
その想いは通じなかった。
話し合いと映像鑑賞……一度に2つのことはできないことは、
想定してはいたが、
資料というものは、保存している者には貴重でも、
そうでない者には、ほどほどのものである、
ということも再認識した。
b0141773_23414358.jpg

しかし、だからといって断捨離に傾斜するつもりはまったくない。
おもしろいもので、30年もご無沙汰していた者同士でも
「また会いましょう」ということになったし、
こちらとしても、保存した資料を、
「絶対に見せてやる!」という気負いが生まれた。
お互い「生前葬のつもりで」と言い合ったが、
もう何回か、「生前葬」をする必要が出てきた。
b0141773_23313217.jpg

b0141773_23332624.jpg

古いアルバムを見ていたら、
自分でも忘れていた写真がいくつか目にとまった。
その1枚が上で、1960年、私が《京映》という
映画プロダクションに初就職したときのもの。

《寿屋》(現 サントリー)の多摩川工場に
ジャイアンツ一行が訪ねる、という
コマーシャルフィルムの撮影で、
受注会社のスタッフとして参加した。

このとき、やはり大学を出たばかりの長嶋選手と
集合写真に収まった。
フィルム(ビデオにあらず)撮影用のライティングを任され、
一行が工場に入ってくる場面を撮った。
スターと平社員、その差を感じないわけにはいかなかった。
b0141773_23391252.jpg

意外だったのは、当時評判になっていた『江分利満氏の優雅な生活』や
『江分利満氏の華麗な生活』の作家、山口 瞳氏が
写真に写っていることだった。(私のうしろで立っている人)

作家、山口 瞳氏とは、このあとにも出会っている。
女子栄養大学出版部野球部時代、
サントリーと試合をすることになったが、
そのときに、観戦に来られていた。

次の写真は、同じ寿屋の仕事で、
南海ホークス(現 ソフトバンク ホークス)一行が
京都にある山崎工場を訪ねるというものだった。
ここには、長嶋選手と同期に南海入りした
杉浦 忠選手も来ていた。
b0141773_23395175.jpg

しかし、小学生時代からファンだった(当時は山本姓)
鶴岡一人(かずと)監督を見かけたことのほうが印象に残る。
後列の左から2人目が私(冴えない顔)、6人目が杉浦、
9人目が鶴岡監督。

こういう出会いは、「会った」ではなく、
「見かけた」という程度のものだが、
それなりのモチベーションにはなる。
アルバムを開くまで、
長らくいまは忘れていたとしても……である。
b0141773_23404264.jpg

人間を定義するとき、生物、動物、人間、東洋人……
などと具象化してゆくが、
どこかに「無限の情報受・発信体」という定義も加えたい。
人生において出会った人から
大きな情報(モチベーション)を得ると同時に、
相手にも多かれ少なかれモチベーションを与える可能性がある。
b0141773_23424522.jpg

生きている限り、
よい情報を発信できる情報体であろうと意識したいし、
よい情報を受信し、それを活用し続ける情報体であろうと思う。
[PR]

by rocky-road | 2012-10-08 23:43  

食とライフスタイルの交差点。

b0141773_23131111.jpg

「食ジム」の第7回「人間関係の幅を広げる
余暇活動のあり方」の進行を担当させていただいて、
「インタラクティブ」というコトバが頭に浮かんだ。
b0141773_2326714.jpg

Interactiveとは①相互作用の。②双方向の。
という意味だが、
一方通行だったテレビが、
受信者からのフィードバックが可能になり、
双方向性を持つようになったと、
しきりに使われた、かつての流行語である。
b0141773_23254064.jpg

私が感じた双方向性とは、こうである。
女子栄養大学出版部時代、
生活習慣病の予防や治療に欠かせないのは、
「ライフスタイルの見直しである」と、
多くの医師から教えられた。
b0141773_23272682.jpg

それは理解できたが、では、ライフスタイルを見直すとは、
どういうことなのか、その情報を知りたくなった。
が、20年以上、それ以上の方策は得られなかった。
「そうか、医師はライフスタイルや余暇活動の専門家ではないから、
そこに答えを求めるのはムリだ」
それに気づいたのは20年もたってからである。

当時、東京大学医学部助教授(公衆衛生学)でいらした
豊川裕之(とよかわ ひろゆき)先生の講演で、
「健康は目的ではなく、手段ではないか」とお聞きし、
大きなヒントを得た。1987年(昭和62年)のことである。
b0141773_23274858.jpg

「食事で健康を」を提唱している食生活誌としては、
ゴールラインをいっそう遠くに変更された感じで、
心穏やかではなかったが、私としては方向性が見えてきた。

「ライフスタイルの専門家がいないのであれば、
自分がその専門家になろう」ということになった。
「専門家がいない」なんて、もちろん大きな錯覚である。
ライフスタイル、言い換えれば生き方の専門家といえば、
3000年以上のキャリアを持つ哲学者がいる。
b0141773_23281657.jpg

そこで、何冊かの哲学書を読んだが、
学生時代と同じで、大半は哲人の言説の解説書であって、
現世をいかに生きるか、という問題には、
ほとんど触れていない。
b0141773_23194873.jpg

そういう現状を知って、「予暇」を考えてみよう、
というところに落ち着いた。
『「予暇」で自分を組みかえる』(三五館 1995年)は、
プライベートのライフスタイル論を実務的に書いたものである。
b0141773_23222587.jpg

「予暇」と造語したのは、
多くの人が「余暇」を「仕事から余った暇」と
理解している人が多いからである。
b0141773_2330128.jpg

「そうではなくて、仕事をしていてもいなくても、
ヒトには一定の休養、一定のグループ活動、
一定の学習などが必要」(保健的・文化的活動)ということを
強調したかったからである。
「予暇」とは、「予め確保しておきたい暇」という意味である。
b0141773_23304041.jpg

食事相談は、遅かれ早かれ、
対象とする人のライフスタイルをも支援することなる。
ライフスタイルを視野に入れることなく
食生活だけを支えるなどということは不可能だろう。

おにぎりのメシの部分に触れることなく、
具だけを、もっとおいしいものと差し替える
などということができないのと同じである。
b0141773_23311015.jpg

それは自分の経験からも明らかである。
食事相談担当者のすべてが、
クライアントのライフスタイルを視野に入れて
サポートをするようになるのは、
まだまだ先のことだろうから、
先回りして、ライフスタイルとはなにかについて、
知っておいていただいたほうがよいと
考えた次第である。

ビラミットでもスカイツリーでもいい、
下から積み上げて建造物を作っていくとき、
それはそれとして、
上空からもヘリコプターによって
資材を補給しようという作戦である。
b0141773_23333479.jpg

インタラクティブ(双方向)とは、
そんなイメージである。
(「〝インタラクティブ〟は
そんなふうには使わない!」だって? あっ、そう)

いまは、栄養士を中心とした健康支援者に
ライフスタイル論を伝えているが、
同時進行的に啓蒙したいのは、
まだ1日1食で20歳は若返る、寿命が延びる、
運動などしなくても、貧乏ゆすりをすればいい、
などと訳のわからないことをいう
ヘンテコドクターである。
b0141773_23342260.jpg

1日1食で貧乏ゆすりをしているような奴と
「仲よくしよう」などと思う仲間はそうそういないから、
心身ともに豊かな人生を送れるとは思えない。
つまりはライフスタイルがとてもよろしくない。

本人はそれでいいとしても、
珍説を真に受ける人の被害を考えると、
けっこう緊急性のある話ではあるまいか。
b0141773_23343014.jpg

[PR]

by rocky-road | 2012-10-02 23:13