<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

「余暇」から「予暇」へ48年。

b0141773_054378.jpg

1964年にダイビングを始めたときからの仲間である
鷲尾絖一郎君が、『評伝 増田萬吉(潜水の祖)』という本を出した。

増田萬吉という人物のことは
私を含め、レクリエーションダイバーのほとんどが知らない。

天保7年(1836年)に生まれ、
西洋式のヘルメット潜水の技術を身につけ、
アワビの養殖や真珠貝の養殖、
沈船の調査や引き揚げなど、
日本の水産業、建設業、潜水医学などの分野で
大きな足跡を残したという。
b0141773_0542769.jpg
★写真右、若かりし頃の鷲尾君

レクリエーションダイバーとは
まったく接点のない人物である。
そういう人の評伝をなぜ書いたのか、
鷲尾君からは詳しい経緯を聞いてはいないが、
要は、隠れた歴史をたどるのが好きな
ルポライターとしての探究心によるものだろう。

商業ベースで考えた場合、
主たる読者をレクリエーションダイバーとするか、
プロダイバーとするかで、売れ行きに大きな差が出る。
b0141773_0551027.jpg

増田萬吉という人物をとりあげた以上、
読者は当然プロダイバー、
つまりヘルメット潜水を業とすることになる。
プロのヘルメットダイバーが全国にどれくらいいるのか
想像するにも、まったく手がかりがないが、
少数であるがゆえに購買力がある可能性はある。

そうだとしても、
レクリエーションダイバーを相手にしたほうが、
リスクは少ないことは想像できる。
b0141773_056367.jpg

本や雑誌が売れたか売れなかったかだけで
評価され続けてきた人間には、
『評伝 増田萬吉』のような本は、
とても企画できるものではないが、
出版物の制作動機は1つだけではない。
b0141773_056557.jpg

自分史などは、自分のため、家族のため、子孫のために作る、
ということが動機になっている。
いまは自費出版を引き受けるの会社は少なくない。
フォトブックも一種の出版だとすれば、
出版文化もまた、アマチュアが担う部分が大きくなりつつある。
b0141773_101176.jpg

『評伝 増田萬吉』の中に、
私が続けているレクリエーションダイビングの歴史が
突然出てきたのには驚いた。
プロの歴史とアマチュアの歴史、それを対比する意味はあるが、
個人の評伝に、その人の100年後に生まれた人間がかかわる
レクリエーションダイビングの歴史が挿入されているのには
やはり驚く。自由意思で作る書物のおもしろさは、
こういうところにある。
b0141773_101485.jpg

本書の後半に、
私が発足にかかわった東京潜泳会のこと、
そして、日本では最初に用語した「フィッシュウオッチング」や
「スノーケリング」などの話が出てくる。
鷲尾君は、このあたりの歴史を
日本の「レクリエーションダイビング文化」と位置づけている。
b0141773_103873.jpg

その記述に少しつけ加えるとすれば、
そうした文化を日本中に伝播した舘石 昭さんを
忘れてはならないだろう。
舘石さんについては、前回のブログで訃報を書いた。
舘石さんは、発行していた『マリンダイビング』によって、
私たちのアクションや言説を多くのダイバーに届けてくれた。
b0141773_0583041.jpg
★写真右 舘石 昭氏

鷲尾氏もこの編集部に属していた時期があり、
ほかにも数人の編集者が、私たちの提案や活動を支援してくれた。
人はだれでも「文化」に参画できるが、
それを広め、伝承してくれるのは印刷文化である。
パソコンは、まだそれを任せるメディアにはなっていない。

『評伝 増田萬吉』が出たおかげで、
1964年に、小学校以来の友人、畠山八朗(故人)と立ち上げた
東京潜泳会のことが思い出された。
b0141773_112948.jpg

そこで、当時の仲間と、この本を鑑賞しつつ、
「あのころ」から「このごろ」を語り合ってはどうかと考え、
連絡のとれる何人かに声をかけた。
「お互い、生前葬みたいなもの」と冗談にいったが、
冗談は20%くらいのものである。

東京潜泳会は1980年代後半に休会となるまで、
およそ20数年間活動を続けた。
私自身は、東京潜泳会を後輩に任せ、
1978年に「スノーケリングピープル」を発足させ、
こちらに移って今日に至っている。
b0141773_12019.jpg

自分のダイビング歴を数えるときは、
東京潜泳会発足の1964年から数えている。
現時点で48年となる。
海へ行く回数は減ったが、それでもダイバー現役である。
「生涯現役」は仕事だけを指すものではない。
舘石 昭さんはがんが発症してからも、
抗がん剤を使いながら海へ行き続けたという。
b0141773_124910.jpg

余暇活動が健康に及ぼすプラス効果は、
改めてエビデンスを示す必要がないほど自明なことだが、
かといって、健康や延命のためだけにする余暇は気味が悪い。
余暇活動の最中に事故で亡くなることがあっても、
それだけで余暇活動を否定的に見るのは好ましくない。
b0141773_142551.jpg

人生が長かろうが短かろうが、
余暇は、自分が主体となれる持続的なモチベーションである。

生きるとは、自分の居場所を多様に持つことであり、
その居場所を持続するように働くことである。
そういう人生に退屈はない。
b0141773_135451.jpg

[PR]

by rocky-road | 2012-09-23 01:04  

心に海を持つ人へ。

b0141773_02758.jpg

9月9日に、82歳で他界された舘石 昭氏のご葬儀に
参列した。(13日11時 東京都芝/増上寺)
b0141773_041063.jpg

わがダイビング人生にもっとも影響を受けた人物である。
水中写真家として、
海関係のフォトライブラリーのオーナーとして、
海関係の出版社の創設者として活躍され、
日本文化に多大の足跡を残した。
b0141773_071136.jpg

ちなみに、舘石さんは千葉大学の工学部工業意匠学科卒で、
のちに画家としてスタートし、
海の中にモチーフを求めているうちに
水中写真に転向した。
b0141773_043915.jpg

私がダイビングを始めた1969年ころは、
これといった情報もなく、自己流で海への旅を楽しんでいた。
そこへ1971年、『マリンダイビング』という雑誌が登場してきた。
b0141773_0382159.jpg

のちに、その雑誌の編集を手伝うことになる。
そのときの舘石さんのコトバが忘れられない。
「出版物として世に出す以上、
国語的におかしいところがあってはよくない。
やはりプロの目を通したものにしたい」
見事な殺し文句である。
b0141773_0385419.jpg

以後、30年あまり、書籍出版、雑誌の創刊、
写真展の開催などイベントのお手伝い、
ときには人事についても意見を述べたりさせていただいた。
『海と島の旅』『マリンフォト』の創刊には
とくに大きくかかわった。
b0141773_074378.jpg

『海と島の旅』のキャッチコピーとして
私は「心に海を持つ人へ」を提案した。
ダイビングや海への旅を好む人は、
海辺に住んでいない人、つまり都会の人であることを
想定してのコピーだった。

女子栄養大学の仕事が終わってから、
2つ先の駅にあった水中造形センターに行き、
編集会議を行ない、そのあと飲んで、
帰りは舘石さんが運転する車で自宅まで送っていただいた。
そこでまた話が始まって、車中で朝まで
語り合ったことも何度かある。
b0141773_081010.jpg

警察官に安否を確かめられたり、
豆腐屋さんの笛の音で、もう朝が来たのだ、
と気づいたりすることもあった。

舘石さんから受けた影響の最たるものは、
水中写真についての作品評だろう。
毎年行われる「水中写真コンテスト」では、
作品発表会とパーティが開かれる。
入賞作品は、著名な審査員と舘石さんが講評をする。
b0141773_092814.jpg

もちろん、舘石さんの講評がダントツ勉強になった。
「ムリだとは思うけれど、この魚は、コンマ何秒か早く
シャッターを切ったら、もっとよくなったでしょう」
今日のわが写真評には、少なからずの「舘石流」が入っている。

海の中で撮影中の舘石さんを観察したことがある。
クエスチョンマークのような形をした
つる状のサンゴの中を魚が通り抜けるのを
じっと待っている姿を見て、
プロの集中度の高い仕事ぶりを知った。
b0141773_092762.jpg

いま、魚のアップ写真は珍しくなくなったが、
舘石さんの水中写真は、構図をつくって撮るものだった。
透明度数十メートルといった海中に魚の群れ、
そこにスノーケラーが潜ってくる。
そういう構図が得意だった。

こんな写真はチームで動かないと撮れない。
潜ってくるスノーケラーの泳力、
その周囲に魚群を留めさせる複数のアシスタント。
それはプロらしい仕事であり、
リーダーシップが問われる仕事である。
b0141773_010168.jpg

陸上のカメラマンは、
ジャンルによってはアシスタントを使って撮るのが普通。
が、いまは、水中カメラがよくなって、
アマチュアでもそこそこの写真が撮れるようになったので、
わざわざ手間暇かけて舘石流の写真を撮る人が途絶えた。
b0141773_0132384.jpg

見方によっては、
「舘石さんが、ほとんど撮りつくした」
と、いえなくもないが、
「それをいっちゃ、創作はおしまいよ」である。
創作に終点はなく、水中のチーム写真にも終点はない。
アマチュアの私でさえ、
チームで撮る水中写真のアイディアはある。
b0141773_014880.jpg

パイオニアとしての舘石さんから見たとき、
後輩たちが小物に見えたことだろう。
「チャレンジ精神が足りない」
そんなコトバを引き出してみたかった。

「伝記を書いては?」「評伝を書いてもらっては?」と
何回か提言したこともあるが、
シャイな人だから、「ぜひ」とはいわなかった。
書き手は、何人もいたし、その準備のある人もいた。
b0141773_0144730.jpg

これから書く人が出ないとは言い切れないが、
「やっぱり、出しておくべきでしたね」と、
最期のご対面のときに、
急に、そうつぶやきたくなった。
訃報を聞いたときから、
頭に浮かんで離れない感慨だった。
b0141773_0144117.jpg

★写真の切手は、水中写真を使った世界初の20円切手
[PR]

by rocky-road | 2012-09-14 00:15  

集合写真の撮られ方テクニック。

b0141773_12523158.jpg

9月1、2日、2日間の軽井沢/写真教室でも
少なからずの集合写真を撮った。
パルマローザ関連のイベントにしろ、
ロッコム文章・編集塾の遠距離クラスにしろ、
集合写真を撮ることが多い。
b0141773_12533159.jpg

いくつかのパターンができてきて、
階段、坂道、橋での集合写真がやたらと多い。
集合写真オリンピックがあれば、
金メダル級に達していること間違いなし。
b0141773_12171817.jpg

集合写真を撮っていて、ふと思った。
フォトテクニックの中には、
「撮られ方テクニック」も含まれるのではないか、と。
b0141773_12542826.jpg

生涯、撮られるだけの人はともかく、
撮影テクニックを学ぶ人としては、
撮られ方テクニックも磨いておきたい。
b0141773_12545512.jpg

自分が撮られる段になると、
にわかに非協力的になるようでは、
写真がほんとうに好きなのかどうか、疑わしい。
b0141773_12564356.jpg

「さあ、みなさん、集合写真を撮りましょう」となったとき、
なぜかどこかに行っている、人の影に隠れる、
目をつぶる、前にある花や石や垣根などの影になる、
コケる、隣の人と話をする、
アクビやクシャミをする、アゴを外す……などである。
b0141773_12565739.jpg

多くの被写体人物の中には、
写真に撮られると、なぜか動物顔になってしまうとか、
ヘン顔になってしまうとかと、
気の毒な人もないとはいえないが、
それとても、対策がないわけではない。
b0141773_1257341.jpg

これから社会人としてハッピーに生きていくためには、
「写真は苦手」といっていたのでは、
自分のポジションは安定しない。
集合写真にも、その人の社会参加意欲が
意欲度数計のようにはっきりと出る。
b0141773_12575646.jpg

撮られるほうの心得としては、
体型が気になるならば斜に構える、
人の影に入ろうとしないで、
最前列か最後列かにポジショニングして、
手なり足なりをあげる、さらに過激なアクションをする、
にこやかに笑うなど、攻め続けて弱点をカバーする。
b0141773_12581177.jpg

棒立ちの人は、だれかが予想外のアクションをすることもあるので
自分の顔やからだの大半が覆われてしまわないように、
周囲の気配を読んでおく必要がある。
b0141773_12582191.jpg

集合写真を棒立ちで撮られる、という時代は終わった。
サッカーの試合同様、パフォーマンスの試合である……
くらいの勝負魂で臨み、
しかし表情は「チーズ」ばかりでなく、「モナリザ」も試みる。
b0141773_1259464.jpg

目をつぶりやすい人は、
シャッターが切られる瞬間まで目をつぶっていて、
「撮るな」というタイミングで目を開く。
しばしば目をつぶって写る人に対する人々の評価は、
「この人、頭の回転が悪いかも」となっている可能性がある。
そのくらいに真正面に考えておいたほうがいい。
たかが写真ではない。写真は社会参加へのパスポート。
b0141773_1312592.jpg

ところで、「集合写真」とはなにか。
定義しておこう。
「集合写真とは、そこにいる、だれかの提案によって
複数の人員が所定の場所に集まり、
全員がカメラのレンズを見つめる状態で撮る写真。
その目的は、そこに集合した人たちの健在を
記録し、参加者に配り、全員の思い出にすることにある」
b0141773_1313711.jpg

では、道を歩いている人々を、
全員が写る位置から撮る写真を集合写真というのか。
従来、こういう写真は「スナップ写真」といった。
しかし、パルマローザ関係では、
集合写真をスナップ的に撮り、
スナップ写真を集合写真的に撮ることが多くなっているので、
その区別がむずかしくなっている。
b0141773_132018.jpg

これは、デジタルコンパクトカメラの普及と関係がある。
デジタルコンパクトカメラは、「被写界深度*」が深いので、
短距離走のスタートラインのように、
みんなが横一線に並ばなくても、いや、並ばないほうが、
動きのある、おもしろい写真が撮れる。
b0141773_1321497.jpg

つまり、集合写真をスナップ写真的に撮る方向へと
シフトしつつある。
若い人たちは、とっくにそういうことをやっていて、
それぞれが役割や演技を決めて撮ったりしているのを
よく見かける。
b0141773_1325826.jpg

「写真は真実を写す」と定義したプロカメラマンは多いが、
「写真は錯覚を楽しむ」という一面もある。
旅先の写真などは、非日常の記録のおもしろさを楽しむ要素も強い。
集合写真で〝はじけた〟自分を記録することは、
長い人生の楽しみであり、
おそらく「生涯現役」を下支えする要素の1つにもなるだろう。
b0141773_1324384.jpg


*「被写界深度」=ピントの合う範囲のこと。
「被写界深度が深い」とは、
被写体の前やうしろのピントが比較的合うこと。
カメラのレンズの特性として、
ワイド側で深くなり(合いやすく)、
望遠側で浅くなる(ボケやすい)。
[PR]

by rocky-road | 2012-09-04 13:04