<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

「いわゆる病」にご用心。

b0141773_13135045.jpg

午後のニュースショー、なんとか屋という、
妙な屋号のついたテレビ番組を見ていて、
飲みかけのお茶を吹き出しそうになった。
この番組を仕切る男性キャスターが、
「いわゆる……」にブレーキがかからなくなって、
「いわゆる大統領」「いわゆる親書」などと
口走りだしたからである。

ヘルスコミュニケーション論的にいうと、
「いわゆる」の連発は、病理学の対象になる。
単なる口癖ではなく、
けっこう強い内的動機が、
かれを動かしていると思われる。
b0141773_150193.jpg

目をこするとか、あごをさするとかの癖は、
自他にさほどの悪影響を及ぼさないが、
「いわゆる」は、それを真似る者、いや
それに感染する者があり、
社会に少なからずの迷惑をかける。

「いわゆる病」の感染は圧倒的に男性に多い。
「いわゆる」とは、「世間でいわれている」
「俗にいう」の意味で、昔は「所謂」と書いた。
平安時代ころから使われている
古来の日本語表現である。
b0141773_1316081.jpg

あるコトバが、完全に一般化していない段階、
または、流行語や造語のように、
自分は使いたくないが、
世間が使うのでそれに従って使う、
というニュアンスで使うのが一般である。
「いわゆる在日二世に当たります」
「いわゆるマニフェスト政党の特徴は……」などと。

したがって、「大統領」や「親書」にまで
「いわゆる」をつけ始めると、
使うコトバのすべてに
「いわゆる」をつけなければならなくなる。
b0141773_13164567.jpg

そういえば、以前、NHKラジオの深夜放送で、
新米らしい気象予報官が、「いわゆる低気圧が……」
「いわゆる日本海に……」と口走っていた。
アガッてしまって、
自動制御が効かなくなったようだ。

くだんの屋号クンの場合は、
アガるほどウブではないかわりに、
むしろ本来のお調子者気質が前面に出てきて、
「エエカッコシー」が露骨になる。
一定の分別や教養があれば、
「いわゆる」の乱発がどれほど恥ずかしいことか
自覚があるものだが、
勢いだけでやってきた人間には、
それに気づくことを求めるのはムリだろう。
b0141773_1317036.jpg

不思議なのは、番組関係者や家族が、
それを指摘しないらしいことである。
テレビ、ラジオとも、人気番組のキャスターや、
人気番組に常連出演するコメンテーターにも、
「いわゆる病」患者は少なくない。
これをチェックする(「いわゆる」をつけずに)
自浄作用は、
民放にはなさそうである。
つまり「校正マン」がいないのである。
怖いといえば怖い組織である。

では、なぜ「いわゆる病」が
病理学の対象になるのか。
b0141773_13174487.jpg

1.強い虚勢癖は、ウソに近い誇張表現をしたり、
  その場の雰囲気で思わぬことを
  口走ったりして、
  周囲や、自分自身を傷つけたりする。

2.もともと知的レベルや言語能力が
  低いわけではないが、
  公の場に出ると、必要以上に自分を大きく、
  または知的レベルが高いかのように
  見せたくなり、
  コトバのハンドリングが効かなくなる。
  その一面によって社会的信用度を損なわせる。
b0141773_13183239.jpg

3.コトバ表現は、
  比較的セルフコントロールがしやすい、
  自分サイドの行動だが、
  それさえも
  コントロールできないということは、
  ピンチに弱いということでもあり、
  情緒的に不安定で、
  今後の行動の不確実性が大きい。

 ちなみに、この病気、30歳代くらいから発症し、
 遅くとも50歳代くらいで自然に治癒する。
 が、例外もある。
 50歳を過ぎても持続するようであれば、
 ホンモノのアホということになる。
b0141773_13184651.jpg

そこまでいかなければ、
何回かのセッションで改善する。
まだ病気としての
コンセンサスが得られていないので、
病院では扱わない
(場合によっては精神科で扱ってくれるかも?)。

ところで、
「ヘルスコミュニケーション論」とはなにか。
すでに、そういう学会もあるらしいが、
私が提案するものは、
言語行動から、
その人の困った性癖を早期発見したり、
社会的言語現象の
好ましくない点を指摘したりして、
是正し、健康度をあげることを目指すものである。
b0141773_13192566.jpg

たとえば、人と話していて、自分が発言するとき、
かならず「でも……」「っていうか……」
で始める現象、
歩きながら(階段の昇降時にも)
ケイタイ機器をいじる行動、
全党員が社会的発言をするとき
「しっかり」というコトバを
ほぼ100%使う政党の虚言性、
トレーニング不足で、できもしないくせに、
対象者の「行動変容」を迫る栄養士など、
それらの人や現象を見つけ、
改善する理論および技法――
それがヘルスコミュニケーション論である。
b0141773_14585691.jpg

その病気性、
リスクの大きさに気づいている人は少ないから、
治療を望む人も治療機関もない。
当面は、わがロッコム文章・編集塾のメニューに
加えてもよいかもしれないと思っている。
b0141773_1320868.jpg

by rocky-road | 2012-08-29 13:20  

あなたは魔女を見たこと、ありますか。(その2)

b0141773_0203230.jpg

間があいたが、前回書いた
「給食だより、広報メディアを10倍
楽しくする スキルアップセミナー」3回目、
『情報は身近なところに――取材力のつけ方』
(7月29日)の続きを書いてみよう。
b0141773_0302059.jpg

「ピンク色の魔女人形を観察し、
それを小学生くらいの子を持つ母親に文章で説明する」
という課題である。
その場で発表していただいた、受講者の文章を3つ、
ご紹介しよう。
b0141773_0303492.jpg

その1
「それは、ほうきにまたがった魔女のお人形です。
大きさはちょうど生まれてひと月の子くらいでしょうか。
 魔女といっても、こわーい魔女ではなく、
まるで少女のような愛らしい表情をうかべています。
(表情は浮かべない。「表情をしている」か)

 まずピンクの色が目にとびこんできます。
ピンクのふわふわの綿のような髪が花のようにふくらみ、
ちょうどおしべのように、丸いビーズが5つかざられています。
 ピンクの大きな水玉のドレスに、肩からポプリの香り袋をつけ、
ピンクのボーダーのソックスをはいた、
細く長い脚には(は)ピンクのリボンがついたまっ赤な靴をはいています。
またいだほうきには、ハーブを生やしたバケツをかけ、
『さあ元気になりましょう♡』と魔法をかけてくれるようです。
 ヨーロッパでは、キッチンにかざり、大きな事故が
おこらないように守ってくれるキッチンウィッチといわれるもので、
天井から吊るすように、白い糸がついています。
まるで空を飛んでいるかのようです」 (加納陽子さん) 

課題のとおり詳細に説明している。
が、小学生の母親が求める情報を想定して、
興味を引くような情報にまではしていない。
「少女のような」「綿のような」「花のように」
「おしべのように」など、直喩(ちょくゆ)表現が多い。
詩的表現を意識したのかもしれない。
用途についての説明があって、
人形の存在意義を伝えている。


その2
b0141773_031674.jpg

「魔女の宅急便というアニメーション、知っている?
黒ねこと、女の子がほうきにのって、空を飛んで
荷物をはこぶ話があるよね。魔女のお洋服、今日、見た子は、
全身がピンク色の、かわいいお洋服をきていたよ。
髪の色もピンク、ほうきの色もピンクでキラキラしている。
みどりのお花ももっている。なんだか楽しい世界に一緒に
飛んでいくみたいだね。
 赤いくつ、ピンクのしまのくつ下、ピンクのかみの毛が
奇抜ですね。ほうきに腰かけて飛んでいる姿は、
ちょっと異常かも」(楠崎聡子さん)

母親に向けての文章というよりも、
子どもに向けて書いているように読める。
「給食だより」などにも、子ども向けの記事なのか、
保護者向けの記事なのか、書いているうちに
あいまいになっている文体のものが多い。
 

b0141773_0312672.jpg

その3
「魔女って知ってる? しらゆき姫にでてくる魔女は
黒っぽい服を着たこわ~いおばさんだけど、
今日見た魔女は違うんだよ、髪はピンクにそめていて
化粧もしているの、目にはマスカラ、こ~んな風に
チークをつけて口紅もつけているの、服はピンクの水玉模様、
靴もピンクのリボンのついた赤い靴をはき、
ピンクのホウキにのっていてとってもおしゃれ、
そして何とハーブももっていてとてもいいにおいがするの 
この魔女はキッチンを守る神様なんだって、
やっぱりキッチンを守る人は明るくおしゃれで
いないとね ママが服や化粧品をよく買うのは
キッチンをしっかり守るためでもあるんだよ、必要経費よね」
(近藤むつみさん)
これも子ども向けの記事として書いている。
課題を見落としたか。
しかし、キッチンを守るママのおしゃれの意味にまで
話題を広げていて、読み手の共感を呼ぶように仕上げられている。
いわゆるオチである。
これによって、素描(デッサン)から記事にまで昇華されている。
句点「。」は使わず、すべて読点「、」で綴っている。
 

b0141773_0355458.jpg

その4
「きょう、横浜で受けたセミナーの演習で、
ピンクの魔女を見て説明せよ、という課題がありました。
ご存じのように、魔女はヨーロッパでは薬草を煎じたり、
お産婆さんのルーツだったりしましたが、いつからか
人に呪いをかけたり、悪魔と交流する、怪しい人として
位置づけられるようになりました。魔女狩りなどという
恐ろしい人権侵害もありました。
しかし、現代は、魔女を物知りでチャーミングな人と
思う人も多くなったようです。
日本では、たとえば横浜の元町に魔女グッズのお店があって、
けっこう繁盛しているようです。
きょう、課題として提示された魔女も、
そこのお店で購入したものらしく、髪の毛から靴の先まで、
そして、またがっているホウキまで、ピンクづくめの魔女でした。
現代の薬局の薬剤師さんも最近はピンクのユニフォームを
着ているように、伝説上の薬剤師さんも、
真っ黒からピンクのユニフォームにモデルチェンジしたのでしょう」
(大橋禄郎)

スケッチであることよりも記事としての内容を選んだ。
説明であれ記事であれ(記事も説明だが)、
相手の興味を引くことが先決。
取材は、情報発信のための材料集めだが、
それは情報の受け手を想定したものでなければならない。
この文例では、ピンク魔女について、
さほどくわしくは説明していない。
児童の母親にとって、
ピンク魔女のコスチュームの細部まで必要かどうか、
そのあたりの判断で説明内容が変わってくる。

b0141773_0361092.jpg

演習をした人は、そういうことなら最初にいっておいて、
と感じる人があるかもしれないが、
説明は相手に合ったものを、ということを実体験して
いただくのがこの演習であった。
b0141773_0364193.jpg

次回は、新聞や掲示などの紙面を
魅力的に見せるデザインについて勉強していただく予定。
(開催日:8月26日 開催会場:神奈川労働プラザ特別会議室
開催時刻:10時30分~午後5時)

b0141773_0365617.jpg
b0141773_0373762.jpg
b0141773_038341.jpg
b0141773_0382212.jpg
―――――――――――――――――――――――――
b0141773_0383541.jpg

ところで、先日、はからずもこんな取材をすることになった。
都内の公園の池で釣りをしている人の前の杭に
カメが裏返しのまま置かれ、もがいている。
平地ならば頭をテコにして起きあがれるが、
甲羅より小さい円形の杭なので、頭が使えない。

つり人に声をかけて、わけを聞いた。その人の答えは、
「釣りをしているとすぐに餌にかかってしまう。
何回逃がしても、また戻ってくる。しかたがないので、
こうしておいて、何度も釣り糸にかからないようにしているんだ」
b0141773_039341.jpg

それを聞くと「逃がしてやりましょうよ」とは言いにくい。
釣を公認している池である。
動物愛護の観点から、どう対処すればよいのか。
カメを正位置に置けば、すぐに池に戻る、
そしてまた釣られてやってくる。口にケガをするだろう。
管理事務所に申し出れば駆除される可能性がある。

ここは判断に困って、黙認してそこから離れた。
釣り人は「これは外来種なんだよね」と。
弁解なのかもしれない。
が、彼が自らそのカメを駆除しないことをよしとした。

この記事は、ここまでである。
ここからいろいろの話ができるが、
あえで未加工のまま、ご提示しておこう。

by rocky-road | 2012-08-11 00:39  

海の中でカレーを食す。

b0141773_025397.jpg

前回ここで予告した
「給食便り・広報メディアのための
編集力スキルアップセミナー」
第3回、『情報は身近なところに――
取材力のつけ方』(7月29日)の
ご報告の第2弾は次回にさせていただいて、
今回はダイビング関連の話をしてみたい。
しかし、編集とは無関係な話ではない。

7月は、タイピングの歴史に関するビデオ取材を
2か所から受けた。まったくの偶然である。
b0141773_025508.jpg

1つは、海底ハウスに関して。
20数年以上前までのことだが、
伊豆の三津浜(みとはま)というところの
海底9メートルのところに
家を建てた人がいた。

いろいろの人にクイズ的に尋ねるのだが、
「海の中にある家の玄関はどこにあるか」である。
①天井 ②壁面のドア、 ③縁の下
b0141773_0382575.jpg

正解は③の縁の下である。
台所仕事のとき、桶の中につけた茶碗やお椀を
伏せて沈めると、中にできた空洞はそのままで、
水が入らない状態を保つ。
あれと同じ原理で、気密性の高い家を海底に伏せて、
中にその深度の水圧よりも高い圧力の空気を送ってやれば、
屋内の空間は保たれる。

スノーケラーは、水面から〝そこの底〟まで潜って、
縁の下から「コンニチワ」と入室する。
そこは水深9メートルの空間である。
ウエットスーツを、備えつけのTシャツに着替える。
b0141773_0384916.jpg

コーヒーもある。カレーライスもある。
マージャンもオセロゲームもできる。
海の外には魚、家の中はゲームを楽しむ人。
b0141773_14310.jpg

この世界的な建造物を造った人は田中和栄(かずひで)氏。
出身地の愛媛県宇和島でみかん畑ををやっているとき、
眼下の海を見下ろしながら、
海底居住を思いついた。
小さな住空間から始めて、2度目に
50㎡くらいの家を作ることに成功した。
b0141773_0345952.jpg

私はここには3度訪れた。
最初の訪問は1976年だった。
このとき撮影した8ミリフィルムから、
いくつかのカットをデジカメで撮ったので見ていただこう。

このとき撮った8ミリフィルムを
2回目の訪問のとき持っていき、
その映像を室内の映写機にかけ、
水中に張ったスクリーンに映した。
「これぞ世界初の水中映写会だ」と喜んだ。
b0141773_0392853.jpg

3回目は、閉鎖後の海底ハウスだった。
経営難と潜水事故とが重なって、閉鎖に追い込まれた。
閉鎖後は、空気を送ることをやめたので、
室内には海水が満ちていた。
先導してくれた田中さんは、
「こんなみじめな様子は見せたくない」
と嘆いていた。
b0141773_123586.jpg

その田中さんが、去年(2011年)亡くなった。
そこで、田中さんの業績を、
海底ハウス訪問者へのビデオインタビューという形で残そうと、
科学ジャーナリストの工藤昌男さんが
発案し、自らがカメラを持って拙宅に来られた。
b0141773_0325258.jpg

ビデオ取材はいろいろの人に対して行ない、
当面は編集をせず、記録として保存するという。

さて、もう1つのビデオ取材は、
水中映像サークル発足30周年(2013年4月)の
ための特別出品作品用。
このサークルは、1983年5月に発足した。
私が発案し、数人の発起人の協力を得てスタートした。
b0141773_04021100.jpg

月1回の例会、年1回の映像祭(発表会)というパーターンで
私は20年間、運営に携わった。
取材内容は、発足の動機、その後の経緯などについてであった。

クラブやグループの運営論については
論じたいことはいろいろあるが、
ここでは深入りしないでおこう。
b0141773_204284.jpg

今回のまとめとしては、
まず「編集」は、しばしば指摘するように
プロだけの仕事ではなくなっているということ、
そして「取材」は、文章にすることだけが目的ではない、
ということである。
映像取材もあるし、録音取材もあるし、
美術的取材もある。
写真アルバムを作ることは編集だし、
フォトブックともなれば、正真正銘の編集物である。
b0141773_213917.jpg

ことほどさように、仕事であるかないかは別として、
「編集」や「取材」(したり、されたり)は、
人生の中で何度も経験するということ。
b0141773_029585.jpg

前回も書いたが、編集は「人間の歴史が始まって以来」
育ててきた表現技術であるということ。
コトバが生まれる前に、すでに編集的なことは、
してきた、ということである。
b0141773_041062.jpg

そして、これからはますます、
編集は、人生を充実させるスキルとして、
人々に活用され続けるであろう。

by rocky-road | 2012-08-06 00:41