<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

あなたは魔女を見たこと、ありますか。

b0141773_022643.jpg

「給食だより、広報メディアを10倍楽しくする スキルアップセミナー」
の3回目 『情報は身近なところに――取材力のつけ方』が終わった。(7月29日)
第1回 「給食だよりの名編集長になるための8つのポイント」(3月25日)
第2回 「企画力で勝負!! ヒット企画はこうして生み出す!」(5月27日)
b0141773_23592066.jpg

編集スキルについては、現役時代から今日まで、
プロに対して論じてきているが、
この20年あまりは、ノンプロの人たちにも、
同時進行的に指導をしている。
わがロッコム文章・編集塾、大学での講義などである。
このところは、栄養士組織のセミナーに呼ばれて
お話しすることも多くなった。
b0141773_235953100.jpg

以前にもこのブログで書いたが、
それはパソコンの普及によって
編集が万人のスキルになった結果である。
が、そうなればなったで、今度は
生活場面のどんなところに編集スキルを
生かしたらよいのか、
それを教える人間が必要になってくる。
b0141773_014373.jpg

おそらく、人類の歴史と同じくらいに歴史のある編集スキルを
近年の健康支援者の生活の中で
どう使っていったらよいのか、
それを伝えることに少なからずの使命感をもっている。
b0141773_044462.jpg

機器の発達というのはおもしろいもので、
必要がモノを生んだはずなのに、
モノが「必要」を生み出すという順序もある。
移動手段として生まれた自動車が
雷や地震のときのシェルターとして役立ったり、
同じく移動手段である船が昼寝や密会の隠れ家として
〝活用〟されたりするがごとし。
b0141773_051283.jpg

パソコンは、地震や台風、疫病の感染範囲を予測し、
チェスや将棋の名人となって有段者と対局し、
健康支援者や栄養士の編集コミュニケーションを活性化しつつある。
b0141773_054829.jpg

b0141773_06257.jpg
が、釘をさしておかなければならないのは、
「編集コミュニケーション」は紙面上のテクニック
というレベルにとどまるものではない、
ということである。
そのことを頭に置いて、
今回のセミナーでは、こんな演習をした。
b0141773_071094.jpg

「展示するモノを観察し、それを見ていない人に文章で説明しなさい」
(文章は、小学生の子を持つお母さんを想定して書いてください)
展示物は、その瞬間まで隠しておいたピンクの魔女の人形。
b0141773_08593.jpg

5分間、みなさんに観察していただいた。
魔女人形をつぶさに観察し、衣服の模様、
頭についている真珠の数などを緻密に描写する、
つまり文章スケッチをするか、
その場にいないお母さんに、そもそも魔女とはなにか、
そこから説明するか(このあたりから編集)、
みなさんの回答にはいくつかの系統があった。
b0141773_084554.jpg

その文例は、次回にご紹介しよう。
取材力は五感を使って行なうが、
説明の文章は、説明力、言い換えれば高度の思考力、
洞察力が必要となる。
ここに編集とはなにか、についての答えの1つがある。
小手先で満足してはいけないスキルである。
b0141773_095854.jpg
b0141773_0101114.jpg
b0141773_0102538.jpg

by rocky-road | 2012-07-31 00:10  

食の窓から侵入する。

b0141773_21171796.jpg

集中講義型文章教室、「ロッコム文章・編集塾」の
13回目が終わった。(7月16日、終日)

今回の宿題(4月出題)は「『〇△はがんを予防する』、
『免疫力を高める食品はこれ』など、医師やその他の学者、
専門家による言説が、マスメディアによって
流布されているが、それはいかなる社会現象なのか、
その理由を深く、鋭く分析し、論じなさい」
というものであった。
b0141773_21254787.jpg

600字の文章を、みなさんにそれぞれに発表してもらった。
大半の人が、マスメディアの商業主義を
おもな要因としてあげていた。
予想どおりであった。
b0141773_21261149.jpg

栄養士に限らず、それぞれの専門家は、
世の中の好ましくない現象の原因を
マスメディアの影響と見ることが多い。
「過度なダイエットは、ファッションモデルや
マスメディアのダイエット企画のせい」
「アンチエージングや健康ブームは
マスメディアと医師のお金儲けのため」
b0141773_2126413.jpg

ダイエットのケースでは、
原因と結果との読み違えがある。
地域が都市化すると、スリムな体型への願望が強くなる。
オフィスで働きやすい体型、
知的で仕事をテキパキこなすイメージのある体型への
ニーズが高くなるからである。
b0141773_21271049.jpg

アフリカの一部の途上国でも、
そろそろスリム志向が始まっていて、
若い女性はファッション誌に興味を示す。
が、親は、娘にぽっちゃり体型を求め、
「もっと食べなさい」と叱る……、
そんなテレビのルポ番組を見たことがある。

マスメディアは、潜在ニーズに敏感だ。
鈍感なメディアは生き残れない。
マスメディアに限らず、
ビジネスは、潜在ニーズを掘り起こすことから始まる。
潜在ニーズがその源流にあって、
その結果としてスリムや健康情報が売れるのである。
(「健康」は現代日本人の生きるモチベーションとして機能している)
b0141773_21274535.jpg

一般には、マスメディアを過大評価しがちである。
日本の少子化や晩婚化、就職難は、
マスメディアがいくら特集しても事態は変わらない。
ニーズがないからである。
b0141773_21281565.jpg

もちろん、マスメディアが一時的なブームを
つくり出すこともしばしばある。
レバーの生食を危険視する情報が流布されると、
「自己責任で食べさせろ」という人が増えたり、
「ウナギが品不足」という情報に接すると、
にわかにウナギが食べたくなったりする。
b0141773_21283266.jpg

子どもの自殺なども、マスメディアの影響があるだろう。
学校が悪い、先生がダメ、教育委員会がドジ、
などと、マスメディアが大人たちをイジメていると、
一部の子どもは、自殺を英雄的な行為と
錯覚する可能性がある。
b0141773_21285480.jpg

「自殺ごっこ」などは、
子どもの自殺に対する潜在ニーズの現われともいえる。
戦時中の子どもたちは、「戦争ごっこ」が大好きだった。
特攻機に乗って敵艦目がけて自爆する……
そういう「ごっこ」を楽しんだ。
b0141773_21291593.jpg

なにが悪いといって、自分で死ぬのがいちばん悪い!
なのに、そういう教えも論調も皆無である。
死ぬ奴は、弱虫、意気地なし、卑怯者……、
辛いことがあったとき、なんで泣いて親に訴えないのか、
ここまでお前を育てるのに、いくらかかったと思っとるのか!!
甘ったれるんじゃないよ。
b0141773_21293745.jpg

親にもいえる。
いま元気な大人も、一度は「死んでやる」と
思ったことがあるはず。
人間は、物心つくと、生と死の近さを感ずる動物である。
イジメは引き金で、その原因はほかにある場合が多い。
学校でのイジメを単純な図式にしないことである。
授業中ならともかく、
いろいろのルートで登下校する子どもを
イジメから完全に防ぐことなどできはしない。
b0141773_21302191.jpg

子ども自身が、イジメに対して強くならなければならない。
それこそが急務の対策であろう。
b0141773_21305855.jpg

親は、イジメの可能性を想定して子と接する必要がある。
先生に気づいてもらう前に
親がいちばんに気がつかずにいてどうする?
親子コミュニケーションはだいじょうぶか。
b0141773_21331265.jpg

子どもはある種の危険物である。
どこで、なにをするかわからない。
社会に人質をとられている状態なのである。
b0141773_21333444.jpg

子の変化に気づかなかった自分を棚にあげて、
学校や先生を責めても始まらない。
もう子どもは返らない。
その責任は親により大きい。
子を守るのが親であり、家庭であろう。
社会が守ってくれる、などと気を許してはいけない。
が、残念ながら、親は子に裏切られ、
その裏切りに気づかなかった、それが現実である。

子には、そうとうのことをいってやらないと、
自殺願望からは目が覚めない。
大人たちが陥っているアンニュイな気分が、
子どもにも感染しているのだから、
ここは一発、喝を入れてやらないといけない。
ここにはマスメディアの出番がある。
b0141773_21344849.jpg

論者を探すのがマスメディアの仕事。
いまは、ちょっと怠慢かもしれない。

さて、今回の授業では、死生観にまで話が及んだ。
「抹香くさい」というなかれ。
(まっこうくさい=お線香くさい、陰気)
健康支援者のクライアントは、
みんながみんな、ピンピンしているわけではない。
病んでいる人、死期が迫っている人、
「酒が飲めないくらいなら死んだほうがまし」と、
ウソぶく人などなど、
いろいろの人と対面しなければならない。
b0141773_2135985.jpg

きれいごとではすまないこともある。
リアリティを重んずる論理性、洞察力、科学性を
磨いておく必要があるのではないか。

栄養士が「食の窓から侵入する哲学者」を自認するには、
世の中のいろいろの現象の表と裏を見極める
眼力を持つ必要がある、
そんなことに気がつく人が1人でもいたとすれば、
今回の授業もムダではなかったか、と思う。

b0141773_21435587.jpg

by rocky-road | 2012-07-18 21:38  

編集力をどう鍛えるか。

b0141773_238997.jpg

健康支援者や教育関係者に編集スキルについて
お話しする機会がふえている。
b0141773_2391427.jpg

7月5日には広島県市町保健活動協議会栄養士部会/
広島県国民健康保険団体連合会共催による
「食情報・健康情報発信者のための 
企画力・表現力強化法」
b0141773_2395782.jpg

7月8日には、山口県栄養士会 生涯学習研修会主催による
「栄養士の媒体づくり いまより3倍は楽しくする編集力」
というテーマのお話をさせていただいた。
b0141773_23105297.jpg

自分の執筆予定ノートには、30年以上前に
『暮らしの中の編集技術』を記載した者としては、
いま、一部の健康支援者、食関係者から、
編集スキルを基本から学びたいという声があがったとしても、
意外に思うことはない。

健康支援者に限らず、もともと編集技術は、
万人の生活技術として身につけておききたいものの1つ。
ましてやいまは、パソコンの時代。
30年以前とは社会環境がまったく違っている。
b0141773_23123155.jpg

現在なら、「ビジネスマンのための編集技術」から
「主婦のための編集技術」「飲食店経営者のための編集技術」
「グループリーダーのための編集技術」まで、
あらゆる職種、あらゆる階層向けの編集入門書が可能であり、
それなりの部数を確保する自信はある。

名刺も年賀状も、表札も、手紙やハガキも、
ガーデニング愛好家が草花につける名札も、
写真をアルバムに貼る方法も、
もちろんメールもホームページも、
編集作業そのものといってよい。
b0141773_2312549.jpg

もっとも、編集物という自覚のないホームページは多く、
これがネット世界のゴミとなって、
少なからずの人に迷惑をかけるばかりか、
低々教養社会を安値安定させている。

公的に配布する印刷物(新聞、チラシ、パンフレットなど)
ともなれば、単に個人の趣味だから、ではすまされないほどの
重い社会的責任を負うことになる。
b0141773_23131443.jpg

「公器」とは、かつては大新聞についていったが、
いまは、情報提供者が分散し、分野別に責任を果たす時代、
ミニ・メディアといえども、「公器」の一翼を担っている。
「給食だより」などを、各担当者に一任している現状は、
無免許運転を黙認しているのに等しい。

さすがに大手の業界連合組織では、
健保組合ニュースや社内報担当者に、
外部講師による編集入門講義を受けさせている。
何十年も前から、そうしているから立派。
b0141773_23141236.jpg

栄養士の世界では、
各地域の栄養士会などが、メディアの重要性に気づいて、
自主企画を立てて、今回のように
セミナーを開くようになった。

それは、各職場で発行するメディアの
質を向上させるためであることはいうまでもないが、
それ以前に、担当者のストレスを少しでも軽減させるという
医学的目的もあるように思う。
b0141773_23142930.jpg

自分の作るメディアに責任を感じ、
その内容を吟味する習慣が定着すると、
提供する情報の質が向上する。
たかが数百部、数千部の広報メディアでも、
連続的に提供する情報は、
かならず個人を変え、社会を変える。
b0141773_23152041.jpg

年に数回行なう、住民対象の料理教室や講演会によって
動員できる人数は数百人。
しかし、魅力的な情報を提供すれば、
数千人の読者がついてくることになる。
上層の責任者は、このあたりの原価計算をしてみるとよい。
b0141773_23154469.jpg

編集技術に関して、
山口県のセミナーでは、ホームラン級の質問が出た。
「私も〝おたより〟を作っているのですが、
あれもこれも盛り込みたくなって、
わかっていながら、つい盛りだくさんになってしまう。
これを抑えるコツのようなものはないでしょうか」
b0141773_23162055.jpg

たったお1人のこの質問によって、
集まった人たちの知的レベルの高さを
アピールすることになった。
「情報の威力、ここにあり」か。
b0141773_11581942.jpg

私は、こう答えた。
「献立を考えてみてはいかがですか。
きょうはカレーだけど、お刺身をつけて、
ついでにギョーザもご一緒に……。
これでは食事が台無し。
b0141773_23164651.jpg

一汁一菜でいくか一汁三菜でいくか、
そこが判断のしどころ。
食事は適量でこそおいしいのだから。
でも、地球がきょうで終わるという日には、
あるものなんでも食べてしまいたくなるかも」

いただいた3時間のセミナー自体、
やや盛りだくさんではあったが、
なんとか時間どおりに終わった。
b0141773_23171460.jpg

帰りの飛行機内で読むつもりで、
週刊誌を買ったら、その中に、
講義で話した「品格のない記事」を見つけた。
女優の人気序列を示した記事なのだが、
嫌いな女優のリストも示している。
好き嫌いはだれにでもあるが、
嫌いのリストアップまでして、
どこのだれともわからない人の
声なき声を紹介する意味がわからない。

アンケートの集計らしいが、
なんと生産性のない、低俗な企画だろう。
「いけないビジネスマン」のリストアップなら、
そこから学ぶこともあるが、
女優さんのマイナス要素を聞いても、
なんの情報にもならない。
b0141773_23174695.jpg

娯楽雑誌では、ストレス緩和目的で、
そんな企画もするが、超老舗の出版社の週刊誌でも、
こんな無意味なことをするのである。
(人の悪口は、努力しないで偉くなったような気分になる、
一過的ストレス緩和法。
「貧乏ゆすりも運動」と同列のお手軽主義)

これは、編集長の好みであって、
出版社の意図ではないが、
日本人の品格は、こういうところからも低落する。
この週刊誌、例の1日1食論のマユツバドクターの
「ガンにならない生き方」を連載しているが、
もちろん、そんな生き方を、
そのドクターが保証できるわけはない。
b0141773_23181853.jpg

編集長が、この連載をしたことを恥じる日は、
おそらく3年以内にくるだろう。
3年もすればこのドクターのマユツバ度が
世間に知れ渡るだろうから。

健康支援者への教訓。
知的レベルの高いものを多く出す出版社でも、
こと、健康論、食事論になると、
ほとんど素人のスタッフが多い。
それを肝に銘じておくことである。
b0141773_23183367.jpg

いずれにしろ、編集力は一朝一夕には身につかない。
「編集力は生活技術、ハッピーに生きる環境づくり」
そう信じて一生、スキルアップを心がけることである。

by rocky-road | 2012-07-09 23:18  

私だけが知っていること。

b0141773_1835177.jpg

わがロッコム文章・編集塾の6月の授業では
「非言語記号のリテラシー」を取り上げた。

急に風が出てきたから夕立を予想して洗濯物を取り込む、
同僚の不機嫌な顔を見て相手の内面の不満を感じる、
リンゴが木から落ちるのを見て引力の法則を知る……、
それが「非言語記号のリテラシー(読み解き能力)」である。
b0141773_18353715.jpg

この授業のあと、さっそく実践してもらおうと、
「いま、私だけが気がついていること」
という課題で宿題を出したが、
提出された文章の成績はきわめて悪い。

かつてないほど不出来の人が多いのである。
ある人は「夫がいつからか結婚指輪を外したことに
気がついている」と書いた。
ほほえましいが、いや危機かもしれないが、
課題の答えとしては「ブー」である。
b0141773_18361487.jpg

妻が美容院を変えたらしいとか、
おじいちゃんが行きつけの飲み屋で
牛乳ハイを飲むようになったとか、
そういうローカルな話題ではなくて、
もっとスケールの大きなことに気がついてほしい。

写真は、みんなが見ている風景から、
自分の発見を切り取る技術である。
俳句は、それを五七五の17音で切り取る。
これに対して散文の宿題では、
600字も与えられるのだから、
発見に加えて、いろいろの考察ができる。
コトバは写真と違って心の中まで描写できる。
b0141773_18363751.jpg

小沢一郎のインタビューを受けるときの口調が、
ここ数日、急にていねいになったが、それはなぜかとか、
なぜ道の接合地点を「ジャンクション」と
英語準拠の名称を使うのか、その理由は……とか、
そういう社会性のある発見や考察を書いてほしいと思う。
これは、オピニオンリーダーになるための
避けては通れない道だと思うからである。
b0141773_1840366.jpg

休日の銀座を歩いていたら、
一か所に人だかりが……。
見ると、「みゆき通り」という道路標識の上に、
首にリボンを巻いたネコがうずくまっている。
b0141773_18373361.jpg

いまは「一億総取材カメラマン時代」だから、
それを〝取材〟している人たちのふくらみだった。
「なぜ、そんなところにネコがいるのか」
そのことに首をかしげている余裕はない。
前後を考えず、とにかくケイタイカメラで取材モードに。
b0141773_18381693.jpg

その即応性は、カメラマンとして合格である。
理屈じゃない、とにかく「いい絵を撮れ!」である。
が、書き手の取材者としては失格である。
「なぜ、そんなところにネコがいるのか」
その自問自答に答えを出さなければならない。
b0141773_1839999.jpg

足場もない、そん高いところに、
ネコといえども、よじ上れるはずがない。
それよりもなによりも、そんなところに上る動機がない。
とすれば、だれかが乗せたのだろうか。
しかし、それにしてもネコはじっとし過ぎている。
華の都の、銀座のど真ん中で
うたた寝をするネコとは、こりゃいったいナンダ。
b0141773_18392772.jpg

ここから取材を始めるべきだろう。
周囲を見渡すが、飼い主と思われる人物はいない。
どこかにいるはずなのに、姿は見えない。
それはそうだ、本人は、そこにネコを置いて、
自分は思い切りフェードアウトするのである。
b0141773_18465110.jpg
b0141773_18412929.jpg

「パフォーマンス」とは自己アピールを表わすコトバだが、
「他己アピール」ということもある。
自分の置いたネコに人々が群がる様子を見て、
ある種の快感を得る、人間の心理の深い一面である。
彼は心の中でコトバでないコトバで
「私だけが知っている」と、
つぶやいているはすである。
b0141773_184261.jpg

「自分はいないのに、居る」
この境地は、フルへフェイスのサンバイザーをかぶって
街をゆく女性の心理にも通じるものがあるかもしれない。
相手からは見えない自分の目の動き、
その目で、周囲の視線を見据える快感(!!??)、
b0141773_18422647.jpg

さらに、そのフルフェースレディの心理を
あれこれ考察する楽しさも、
夏の楽しみの1つにはなる。
考える快感を得る対象物は、街のあちこちにある。

何匹もの犬を連れて歩く人、
人の集まる場所にペットを連れて行ってご披露する人、
花火をあげる人、歴史に残る建造物の建設にかかわる人、
ヒット商品を企画する人……
いくつものクションを置いて自分をアピールする心理。
これもまた、人類の文化、文明を発展させる
強い強い動機の1つということだろう。
b0141773_18425129.jpg

ところで、銀座のみゆき通りのネコ、
同じ人と思われる初老の男性が、
数年前に、原宿の人通りでも、
「他己パフォーマンス」をやっていた。
銀座で、その人にインタビューをするつもりで粘ったが、
ついに直撃できなかった。
b0141773_20235977.jpg
b0141773_20241019.jpg

少なくとも彼は、私のターゲットとして、
しばらくは狙われ続けることになる。
b0141773_184372.jpg

by rocky-road | 2012-07-02 18:43