<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

東京ラプソディ

b0141773_22302089.jpg

軍事上の秘密に属するが、
はたちのころ、シャンソン歌手にあこがれたことがある。
銀座の銀巴里のほか、いくつかのいうシャンソン喫茶に通い、
日本語訳の歌詞に耳を傾けた。

マダムが、若い男をベッドに誘ったものの、
途中で夫が帰宅したために、あわてて窓から逃がし、
2階からズボンを放り投げてやるという歌とか、
裏ぶれた娼婦が客引きを続けるけれど、
だれも振り向いてくれない情景とか、
人生の裏舞台を唄うシャンソンに、
大人の雰囲気を感じ、人生の深みをのぞき込んだ。
b0141773_22375969.jpg

あんな歌をステージで唄ってみたいと思って、
ひいきの歌手に歌詞を教えてもらったりしたのだが、
いま考えてみると、本気の歌手志望ではなく、
「ときどき歌手」くらいを考えていたようだ。

それを思い出話として人に話すと、
一度でも私の歌を聞いた人は、
憐れみを隠して無表情になるのがわかる。
ときに、「よかったね、ならなくて!!」
遅ればせながら、そういう温かい声をかけてくれる友人に
恵まれていることを感謝して、一曲唄いたい気持ちになる。
b0141773_22395293.jpg

が、歌手志望は、軍事上の秘密扱いにして、
わが人生の歴史から抹消しつつある。
(シャンソンは「歌う」でなく「唄う」と表記したい)

シャンソンが好きなのは、
気のきいたメロディーによって運ばれる
言語メッセージに共感するところが多いからである。
したがって、かならずしも声のよさは第一条件にはならない。
どちらかといえば、喉ではなく口蓋と唇で唄うのである。
「語る」といってもいいかもしれない。
b0141773_22385061.jpg

そのことを思い返すきっかけがあった。
数日前、真正面から喉で唄う歌手のライブに行ってきた。
里アンナという、奄美大島出身、33歳の歌手である。

この歌手の歌声を聴いたのはいまから4年前。
晩夏の新宿、都庁前を歩いていたら、
小中学生くらいの女子が、ディスコサウンドにのって
ストリートダンスを踊っているのに出会った。
「大江戸舞祭」(おおえどまいまつり)というイベントだという。
曲は、明治、大正、昭和のヒット曲メドレー。
「鉄道唱歌」「お江戸日本橋」「花」(春のうららの……)、
「丘を越えて」「東京ラプソディ」などである。
b0141773_22402895.jpg

保護者らしき人たちが都庁広場でCDを売っていたので、
思わず買って帰った。以来、週に数回、
仕事中や眠りにつく前に聞く曲のメインになった。
オクターブの高い、
まさに中学生の絶叫のようにも聞こえる歌声にしびれた。
それに、どの曲も昔なじんだものばかりである。

何回も聞くうちに、そのメドレー曲の構成のうまさに
関心が向くようになった。
洋楽器のあいだに和太鼓、三味線がうまく重なる。
歌と楽器とをからませる。
さらに、ドボルザーグやベートベンのメロディが入る。
b0141773_22405926.jpg

時代・和洋混交のごった煮的エネルギー。
こういうプロデュースは、
だれが、どういうきっかけで行なうのか、
それは、極上のおもしろさだと思った。

先日、気にしていたその歌手が
デビュー8周年のライブをする、という情報を
インターネットで知った。
島唄を歌うライブなので、
間違っても「東京ラプソディ」はないだろう。
迷ったが、けっきょくは行ってみることにした。
b0141773_22413757.jpg

原宿にあるライブハウスでビールを飲みながら
開始を待っていたら、
前の席に着席した男性のTシャツに
「OH!E-DO DANCE」のロゴがあるのに気がついた。
持っていった、4年前に買ったCDを示して、
「このCDにご関係のある方ですか」と声をかけた。
「はい、私が企画しました」とその男性。
名刺交換をしたら、なんとその祭の実行委員長とのこと。
b0141773_22424453.jpg

「大江戸舞祭」は年に1度のイベントとして定着し、
さらに地方遠征もするという。
そのイベントの発起人で実行委員長の
長谷川記一氏は、里アンナさんを
北海道のソーラン祭で見つけ、
「大江戸舞祭」のボーカルを依頼したという。
b0141773_2243378.jpg

細かいことを聞きたかったが、
ライブ前のこと、込み入った話はできない。
「よくこんな楽しい企画を思いつきましたね」といったら、
「私が音楽のことをなにも知らないからできたのでしょ」と
こともなげに説明してくれだ。

翌々日には、その後に行なわれたイベント曲の
CDとDVDを送ってくださった。
思いもかけない東京ラブソディである。
ちなみに、藤山一郎が歌った「東京ラプソディ」は
1936年の作とか。私と同い年である。
長谷川氏は、ソーラン節やよさこい節など、
地方のおとり歌が東京を含め、
各地を席巻するのに悔しさを感じ、
東京らしい曲を踊り歌にしようと思ったらしい。

この話はいずれまたとして、
歌手論を少し。
奄美大島出身の女性歌手は、
自作の島唄を何曲か歌った。
方言で歌うものは、島外の者にはまったく意味がわからない。
ところが、共通語で歌うものも
歌詞がよく聴きとれない。
b0141773_22435093.jpg

なんとか聴こえるのは、海、空、砂、光など、
自然言語中心で、のどかではあるが類型的で鮮度がない。
昔、複数のプロカメラマンから
ビーチ写真の売り込みを受けたことがあるが、
ヤシの木、穏やかな波打ち際など、
まさに「絵はがき的」でおもしろくない。
海をよく知らない人は、ユニークなビーチ写真は撮れない、
というのが実感だった。

アンナさんは島出身というが、
自分の島をうまく説明できてはいない。
空や海、砂や光は、どこの島にもあること。
内側から見た島がアピールされていない。
トークのとき、島でライブ中にスコールが来たが、
島の人は大雨の中でライブを楽しんでいた。
花火も雨の中で開いた。
……そういう話がオリジナリティのある視点である。
b0141773_22454341.jpg

アンナさんは、「MC」が苦手としきりにいう。
しゃべりが苦手を話題にしてはいけない。
プロは「緊張している」「しゃべりが苦手」などと
軽々しくいってはいけない。
(「MC」=司会者、進行係。転じて
曲と曲のあいだにはさむおしゃべり)

しゃべりが苦手をアピールする歌手が、
果たして作詞ができるのか。
日本語がダメな日本人が、
英語になると能弁になることがないことと同じ。
ここは真剣に考え直さなければいけない点だろう。
b0141773_22461330.jpg

もう1つ、喉で唄うか、唇で唄うかという問題もある。
声に自信がある歌手は、喉を中心に歌うから、
コトバメッセージは不鮮明になる。
オペラがそうであるように、細かな言語表現はできない。
シャンソンは、言語メッセージを語るように唄う。

野球では、スピードボールに自信のるピッチャーは
変化球が生きてくる、といわれる。
カーブやスライダーを投げておいて、
最後に直球で討ち取る。
b0141773_22465083.jpg

が、アンナさんは声に自信のあるから、
めいっぱい絶叫する。
終始一貫、スピードボールで攻めてくる。
歌詞はほとんどわからない。
曲の傾向も似ていて、曲が変わったのもわからないくらい。

ここは彼女にとって正念場だと思う。
しゃべりがダメだということは、
万物の情報化が苦手ということ、
それは作詞も苦手ということにもなる。
もし作詞はスラスラできるとしても、
それは〝作詞もどき〟である。
b0141773_22474155.jpg

言語メッセージ不足を大音量の美声でごまかしてはいけない。
「島」を売りにするのなら、
だれもが歌うような定番的な島唄から脱皮する必要がある。
栄養士が栄養素の話をしているだけでは、
ドングリの背比べで、なんらユニークな存在とはなれない。
みんな同じである。

アンナさんは、まさか、島の歌手としてローカルな道を
選ぼうとしているわけではなかろう。
だとしたら、ときにシャンソンのように語り、
ときにオーロラのように大空に美声を響かせ、
言語メッセージにも音声メッセージにも強い歌手を目指してほしい。
b0141773_22493283.jpg

もちろんチームで仕事をしているのだろうが、
この際、作詞は人に任せて、基本から学び直したほうがよい。
その間、各地にある古い歌を掘り起こすことも一法だろう。
すでに島に土着している島歌を歌っている。
民謡だろうが歌謡曲だろうが軍歌だろうが、
ストリートダンスバージョンで自分の歌にしてしまえばよい。

プロデュースを長谷川記一さんにでも依頼したら、
もっとスピーディにメジャー化するだろう。
「音楽がわからない」という人のほうが、
聞く人のニーズがわかっていることだろう。
b0141773_2249454.jpg

アンナさんにとっても、
彼女のファンにとっても、
これは大きな問題である。
ライブステージに出かけたばかりに、
またしてもやっかいな難題を持ち帰ってしまった。
[PR]

by rocky-road | 2012-06-23 22:51  

あなたのシャツの素材はなに?

b0141773_12572512.jpg

誕生日のプレゼントを送ってくださった人から、
事前にメールをいただいた。
「ポリエステル65%のYシャツを発見しました」
それを送りました、というお知らせである。

シャツのデザインよりも先に、
素材の割合を示してあるのがおもしろかった。
厳密にいうと「ワイシャツ」ではなく、
「カジュアルシャツ」であった。
(写真、白地に紺の水玉。ボタンは赤)
b0141773_1258891.jpg

その翌日、あるクラスからポエステル100%の
アロハシャツをいただいた。
このクラスは、3年間、ポリ100アロハを
贈ってくださる。
(これも厳密にいうとアロハ風開襟シャツかもしれない)
b0141773_12584830.jpg

衣服の素材に関して「こだわり度」というものがあるとすれば、
日本人の「素材こだわり度」はどれくらいなのか、
推測する基礎データをまったく持たないが、
おそらく20%以下だろう。

それでも、アメリカ人やフランス人に比べれば、
高いかもしれない(両国は5%くらいか)。
唯一、日本人よりも素材こだわり度が高い国民があるとすれば、
ヨーロッパのどこか、スイスかオーストリアか、
あるいはドイツかもしれない(それでも25%以下)。
b0141773_12592079.jpg

論拠といえるほどのものではないが、
アメリカのボストン、カリブ海のアメリカ領の島で、
ポリエステル素材の衣服が極端に少ないことを感じた。
日本に進出しているアメリカ系の衣服店の品ぞろえからも、
そんな印象を受けている。
それに比べると、スイスやオーストリアでは、
ポリエステル素材の衣服が少なからずあった。

といっても、ひと昔前のデータだから、
現状はわからない。
b0141773_1313433.jpg

こうした印象から、なんだかんだいっても、
日本は世界一のポリエステル活用国てはないか、
と、ひそかに思っている。

なぜポエステルにこだわるのか。
このブログでも何回か書いているが、
ひとことでいえば「丈夫で長持ち、手間いらず」である。
シワになりにくい、汚れが落ちやすい、耐久性がある、
発色がきれい、吸水しにくく、
汗がベタベタしない……などなどの利点がある。
b0141773_1315814.jpg

吸水性の低さを弱点と見る人も多いが、
汗を吸いこんでベタベタになった綿素材の服、
脇の下がびっしょり濡れているシャツや服を見ると、
近くに寄りたくなくなる。
通気性が悪いように思う人もいるが、
それは織り方、編み方でどうにでもなる。
b0141773_133038.jpg

弱点は、人によってはカブレやアセモの原因になること、
マジックテープなどに触れるとほつれること、
そして、自然には還らない、つまり土にはならないこと。
しかし、綿や麻、絹でも、土に捨てているわけではないから、
致命的な弱点とまではいえない。
ついでにいえば、メーカーにとっては、
繊維生命が長いので、回転率が悪い、
どんどん消費されない、ということがあるかもしれない。
b0141773_1332469.jpg

こんなに利点の多い素材のことを、
日本人の約80%は知らない。
その根拠の1つをあげよう。
世界的に展開中のユニクロは、
広告の中で、素材の表示をしない。
「ドライ」とか「シルキードライ」とかと造語し、
それを使っている。
b0141773_1342250.jpg

ユニクロの店内で、
店員に「ドライって、どういう定義ですか」と尋ねたら、
「乾きやすいのです」ときた。
店員教育の現状である。
b0141773_20332727.jpg

以前、ユニクロの本社に、
「広告にも素材の表示をしてほしい」と
意見を送ったことがあるが、
2回とも無反応。
後日、この会社が社内の公用語を英語にする、
という方針を決めたことを知ったが、
「日本語もまともにできない会社が、
なにが英語を公用語にする、だよ!!」と思った。
b0141773_1345948.jpg

数学者の藤原正彦氏(『日本人の品格』の著者)は、
「ユニクロ英語公用語事件」に触れて、
いったん決めたらずっと続けてほしい、と熱弁していた。
理由は「日本の中で英語を公用語にすれば、
企業は潰れるということがわかるでしょうから」
とのこと。(『文藝春秋』2011年新年号)
人材が限定され、価値観が偏って固まってしまうというのである。

衣類に素材を表示したタグをつけることは、
国際的に義務づけられているが、
その情報を広告に使わないということは、
消費者に対する意図的な情報遮断である。
それは消費者の知的関心レベルを低下させる作用がある。
b0141773_1352368.jpg

ユニクロの影響はすでに出ていて、
アパレル業界は「ボディクーラー」だとか「涼感」だとか、
抽象度の高い用語を常用するほうにシフトしつある。
「情報化」時代は、より詳細な情報を提供するほうに傾くとは限らず、
「あいまい語」に軸足を移して情報化する選択もある。
「ボディクーラー」は、いくらなんでも誇張を超えて虚偽だろう。

「どうせ若者は素材のことなんかに関心はない」
もし、業者がそう考えているとしたら、それを迎合という。
「ニーズはつくるもの」とドラッガーいったそうだが、
低いほうにニーズを下げていくビジネスは、
やがて大地に激突する。
b0141773_1355264.jpg

商品であれ情報であれ、
受益者のライフスタイルを向上させるだけの見識や洞察がないと、
長距離飛行は不可能である。
生物は、継続性、永続性へ向けて進化してきたし、
それは今後も変わらない。

食の世界についていえば、
かつて外食店の商品に栄養表示をする機運が高まったが、
いまは、かなりトーンダウンした。
よくも悪くも「食事バランスガイド」に関する情報提供も
降下体制に入りっぱなしである。
b0141773_136241.jpg

ポエステルだ、綿だといっている場合ではないのかもしれない。
「1日1食でいい」とか「レバーの生食は消費者の自己責任に任せるべき」とかの
あまっちよろい主張が、いっとき、もっともらしく扱われるのは、
国民の食の教養が落ちている証拠。

「安心・安全」をお念仏のように唱えていることは好きでも、
「レバーを生で食べられないのはイヤ」という、
この思考停止は、ユニクロ商法以上に問題が大きい。
レバーを生で食べて食中毒になるのは本人の勝手だが、
家族への感染、近隣への感染を考えたら、
「自己責任」などとノンキなことはいっていられない。
b0141773_136451.jpg

世界で第1級の健康国、長寿国のプライドを維持するには、
国民の食教育のレベル維持、レベルアップへの努力の手を
少しも抜くことはできない。
その当事者は、国でも地方自治体でもなく、
栄養士、健康支援者にほかならない。
[PR]

by rocky-road | 2012-06-13 13:06  

心貧しい人の貧乏ゆすり

b0141773_0542310.jpg

タイミングというのはおもしろいもので、
パルマローザブラッシュアップセミナーで
「栄養記事・健康記事の正しい読み方」という
タイトルで、健康支援者に向けてお話をした翌日、
文例の1つにあげた書物の広告が新聞に載った。

それに加えて、正午に始まる「笑っていいとも」にも
著者が登場し、書物には書かれてはいない、
いっそうおバカな発言をしてくれた。
書物に書いたことは背伸びした理論などではなく、
天下御免の素地。無知・浅学であることを自らが証明してくれた。
b0141773_0534199.jpg

人さまの無知や無教養を責めるのは
あまり品のよいことではないが、
相手は国家資格を持つ医師であることを考えると、
そして、被害者が出る可能性を考えると、
配慮や遠慮は無用のように思う。
b0141773_112821.jpg

テレビでの、その医師の発言に従うと、
スポーツをしなくても、貧乏ゆすりをすれば
同等の効果が得られるといい、
食事は1日1食の食事を続けることで
20歳若く見えるようになるといい、
動物性食品は丸ごと食べることで
栄養効果が高くなるといい、
牛や豚の部位だけをとることは
サプリメントと同じだという。
b0141773_115736.jpg

本人は56歳だそうだが、テレビで見る限り年相応、
とても56歳-20歳=36歳には見えない。
それ以前の問題として、なぜか健康的な表情ではない。
この弱々しさで、というより病弱さを思わせる風貌で、
よくも「若く見える」ことを売りにするものだと思う。
b0141773_121839.jpg

テレビでは、
私がテキストにした本(空腹が人を健康にする)に
載っていなかった1日1食のメニューが
ほかの自著からの引用ということで映し出された。
b0141773_13762.jpg

ご飯は小さな茶わん1杯、目刺しが3尾、
ふろふき大根1切れ、ほかに副菜2皿。
修行僧の献立のようにも見えるその1食のエネルギーは、
先日のセミナーでも、栄養士さんが推定したように、
多めに見積もっても800~600Kcal、
これで1日をまかなえという。
b0141773_141032.jpg
b0141773_143371.jpg

食後はすぐ寝るのがいいというが、
朝・昼食を食べず、夕食でようやく800kcal以下の
食事にありつくのだから、
爬虫類のように、じっとしているしかないだろう。
b0141773_144573.jpg

6月4日の新聞広告には、
読者からの「感動・感謝のお便り」が紹介されている。
「食べないとダメという固定観念が吹っ飛んだ」
「今の私に合うダイエットだと思いました。
本気で、食の大切さなどが勉強になり、
自分の体と向き合う機会にさせる本だと思います」
「出会えてよかった! よくぞ出版してくれた!」
b0141773_152034.jpg

早くも被害が出始めているように読める。
広告には「55万部突破」とあるから、
それなりの存在意義はあるのだろう。
800kcalの食事のリバウンドが起こるのは
もう少し先だろうから、当分のあいだは
肯定的な話題にはなるだろう。

医師による多くの健康本に共通しているのは、
栄養学への著しい理解不足である。
それは「栄養計算は面倒」と言い切る姿勢によく出ている。
病院での重篤な患者への治療食ならともかく、
日々のウエートコントローを心がける人が、
毎日「栄養計算」なんかしているだろうか。
そんなことをしなくても、
食事の質と量とをコントロールする方法はある。
b0141773_15452.jpg

そういう実際を知らず、27年前に旧厚生省が提唱し、
2000年に撤回した「1日30食品」という指標を持ち出して、
栄養的なコントロールがむずかしいとか、
栄養計算が面倒だとかいう。
b0141773_181517.jpg

1日1食主義の医師は、
かつては身長160センチ台(目測)で体重80キロにまで
太ったと告白している。そして強度の便秘、それに伴う不整脈。
そういう身体コントロール歴を聞くと、
この人物は、もともと自分のからだを見つめる眼力が弱いと思える。

ようやく目覚めて、いまはセルフコントロールを
10年間ほど続けているとのこと。
自分の治療食を普遍的な食事法として人にすすめているらしい。
「栄養計算は面倒」を強調している「栄養学オンチ」だから、
性別・年齢別栄養所要量の存在など眼中にはない。
b0141773_184568.jpg

遠からず、リバウンド障害を起こす人が多発するだろうが、
それ以前に、栄養失調、エネルギー不足も
一定の比率で起こるはず。
こうなると、医師としての責任が問われることになるだろう。

とはいえ、こういう珍説医師、暴言学者は、
何年に数人という頻度で現れることを、
健康支援者としては想定しておいたほうがいい。
b0141773_19970.jpg

もう50年も前になるが、
「日本人は白米を食べているとバカになる」と
自著で主張した大脳生理学者がいたし、
ある著名な栄養学者は、赤軍派がいろいろの破壊活動ののち、
警察に追われ、その途中で仲間内のリンチ殺人が起こったとき、
「カルシウム不足が原因の1つ」などといった。
さらに、環境汚染が進む日本を嘆き、
「41歳寿命説」を唱えた食生態学者がいた。

かれらはれっきとした知識人として活躍した人たちだが、
かれらの説は、その後の現実によって否定された。
素人の常識のほうが正しかったことになる。
(白米食をやめた人はいなかったし?
日本人の寿命は延び続けた)
b0141773_194132.jpg

なぜ、こういうおかしな言論が現われるのか。
いくつかの推測ができる。

1.自分の専門性に対する過信。
この道では自分こそ第一人者との自負が、
論理的な地盤固めに手抜きを起こさせる。

2.持って生まれた軽薄タイプ、早とちり、目立ちたがりタイプ。
b0141773_110779.jpg

3.人間知らず。
動物学的、心理学的、精神医学的、
  社会学的な考察ができず、
結果としてスッピン状態の自説を人に押しつける。
そこには自戒や自制、警戒心もない。
浅学菲才、無知とは、そういう人をいう。
(1日1食説についていえば、
1日800kcal程度で普通の生活ができる人が
どれくらいいるのか、考えた形跡がない)

4.医師は、問診ではなく、
薬中心で治療するようになり、
製薬会社にオンブにダッコ状態。
自発的なモチベーションが低下気味で、
治療よりも、予防に熱意を感じるようになった。
アンチエージングは、その典型。
珍妙な学会が次々に生まれることだろう。
b0141773_1102450.jpg

この部分で栄養士と一部がバッティングすることになるが、
栄養学に目覚めた医師は、
かつての栄養士がそうであったように、
栄養素過信のフードファディズムに感染中。

免疫がないうえに、健康についても第一人者という、
根拠のない自尊心を土台にして、
二流以上の栄養士には恥ずかしくて書けないような
論述を繰り返している、ということだろう。
b0141773_1122634.jpg

心ある栄養士よ、
あなたがサービスすべきクライアントには、
医師も含まれるようになったことをお忘れなく。

それは下剋上ではなく、自分の専門を大事にするための
アクションにほかならない。
栄養士は、栄養素士からとっくの昔に進化して、
ライフスタイル、ライフデザインをもサポートする
プロフェッショナルになっていることを、
医師に直接話をするか、
しっかりとした本を書くかして、
教えてあげることはできないだろうか。
[PR]

by rocky-road | 2012-06-07 01:12