<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

40年前の本、40年後の本

b0141773_19143219.jpg

意外にも、昔、自分が企画した新書判シリーズに
出会う機会があった。
奥付には、初版発行・昭和47年(1972年)とあるから、
40年前のことになる。

『食物のぎもん』(食品常識のウラ・オモテ)と、
『続 食物のぎもん』(「こつ」のア・ラ・カルト)
この2冊をパルマローザの会員であり、
当塾の塾生でもある人が、その昔に入手して、
それをずっと所持していてくれたという。 
b0141773_19154613.jpg

私は、女子栄養大学出版部に昭和41年4月に入り、
書籍編集課で校正係として仕事を始めた。
が、1年後には係長になり、
課の運営に関与するようになった。
以後、課の運営や企画の仕事が増えることになる。
とたんに校正マンとしての腕は落ちた。
企画の仕事と、校正の仕事とは両立しにくいことを実感した。

新書判の「栄大ブックス」は、
食や健康に関する〝岩波新書〟を作ろうと、
私が企画し、以後、数十冊を刊行した。
『気になる胃』 『食べ物とコレステロール』
『食べてやせる』 『歩く健康法』 『うす味 食事相談』
『ストレス解消法』 『長寿村ニッポン紀行』
『10代の からだのぎもん』
b0141773_19163087.jpg

『食べ物とコレステロール』や
『食べてやせる』はヒットした。
コレステロールは、
当時は「コレステリン」などとも呼ばれており、
まだ認知度は低くかったので、
営業課からは、「そんな本は売れない」と反対された。
が、結果は30万部を超えるヒットとなった。

『食物のぎもん』は、『栄養と料理』に載った
読者からの問い合わせと回答とを中心に構成した。
「牛乳とみかんの食べ合わせはよくない?」
「ゆで卵の殻はどうするとむきやすい?」
「なまで食べる肉の条件は?」
「白身魚と赤身魚の栄養比較」など、
265項目を収めてある。
執筆をお願いしたのは、専門家35人。
この本もヒットし、改訂版を出し、続編も出し、
さらに約20年後、ある出版社に版権を売った。
b0141773_19165836.jpg

これらの本は、いま手元には1冊もない。
自分の関わった本くらい、手元に置くべきだが、
各1冊ずつとはいえ、25年間にかかわった出版物の
すべてを手元に置くというわけにはいかない。
それにしても、その一部でも、
手元に置くべきだったとは思う。
まだ「断捨離」などというコトバは知らなかったが、
捨て急いだことを後悔している。

先日、『長寿村ニッポン紀行』をインターネットで検索してみたが、
すでにネット上からも消えていた。
b0141773_19171766.jpg

編集員時代は、編集部を自分の城のように思っていたから、
いろいろの資料は、そこに行けばいつでも見られる、と考えた。
しかし20年も過ぎると「ただの部外者」となり、
自分が保管したり整理したりした雑誌や書籍、
写真やイラスト、各種資料のある資料室に入るには、
面倒な手続きを要するようになり、
とても自分の書庫の分所というわけにはいかなくなった。
b0141773_19234944.jpg

ともあれ、40年前にどんな仕事をしていたのか、
振り返ることには興味がある。
時代によって考え方や技法がどう違ってくるのか、
それを検証することができる。
b0141773_19212962.jpg

卵のゆで方の項を見ると、
食品学の先生だと思うが、
新たに実験をして、その結果を報告している。
古い卵と新しい卵とのゆで結果の違い、
ゆであがりを水につけたのと、
そのままに置くのとでは、
殻の剥け具合がどう違うかなど。

これなどは、情報が一部少し古くなっていて、
いま私は、事前に丸みのあるほう(気室側)に
ヒビを入れてから、ゆでるようにしている。
テレビで卵の加工業者が行なっている方法を見て以来、
それを見習っているのだが、
こうすると片手でもツルっと剥ける。
(「尖っているほう」「丸いほう」という言い方、
そのボキャ貧の現実は悲しい!!)
b0141773_1922450.jpg

卵の殻の剥き方など、
いまは、インターネットで簡単に調べられるが、
当たってみたら、ガス会社のホームページの内容が、
意外に古いのにがっかりした。
情報は年ごとに新しくなる、というのは、
一種の固定観念で、現実は、そうは問屋が卸さない。

さて、昔、自分がかかわった仕事を振り返ることの
もう1つの意義は、30歳代、40歳代とは、
どういう年代なのか、それを現在の塾生の方向性と
合わせて考えるときのヒントとなることにある。
自分のその年代にしたことを
人に押しつけるほどヤボではないが、
自分の行き方を考えていない人、
なかなか発火しない人を刺激するときには、
材料の1つになる。
b0141773_19223617.jpg

ところで、
自分の作った本の風化程度をチェックした直後に、
〝いまどき〟の健康本の何冊かに目を通している。
これらの本の5年後を考えれば、
それは間違いなく消えている。
「空腹は人を健康にする」とか、
「自分の好きなものだけを食べれば
病気は治る・防げる」とかの書名を見れば、
5秒もあれば、その行く末は予想できる。
b0141773_19192750.jpg

なのに、
なぜ、そんな無意味なことをしているのか、といえば、
パルマローザのブラッシュアップセミナーで、
「栄養記事・健康記事の正しい読み方」
という演題の話をするためである。

*栄養士・健康支援者サークル「パルマローザ」主催による
 上記、大橋禄郎先生のセミナーは、
  2012年6月3日(日)に横浜で開催いたします。
 (開催場所:横浜伝統技能会館特別会議室
 最寄駅:JR関内駅徒歩8分
 開催時刻:午前10時30分~午後5時30分)
 ご参加ご希望の方は、メールにて承ります。
 
 当日は、パルマローザ会員の栄養士が
 JR関内駅(元町側改札口)に、午前10時10分にお待ちしています。
 開催場所までのアクセスにご不安な方はこのお時間にご集合ください)
 
 
上記のような本の影響は、食事相談にも現われるはず。
クライアントから「1日1食がいいのですか」
などという質問は、きっと出るだろう。
b0141773_1925958.jpg

食わず嫌いではなく、
どこに問題があるのか(あるいは、ないのか)
論理的に、文章論的に分析してみる意味はある。
一部の医師のいかがわしい健康本は、
栄養士への挑戦と考えることもできる。

栄養学や健康論の素人が(医師の少なからずが含まれる)、
怪しげな健康論を展開する現実に、どう対処するか、
それは栄養士、健康支援者という職業の
プライドにかかわる問題である。
b0141773_19254894.jpg

つらいが、分析して、一定の対処法を見出すのは、
「ヘルスコミュニケーション論」を
提唱する者の使命でもあろう。
b0141773_19242785.jpg

by rocky-road | 2012-05-31 19:25  

スカイツリーを見たら生物を大切に。

b0141773_19154495.jpg

東京スカイツリーが5月22日にオープンしたことで、
1人の写真愛好家の被写体リストからは、
スカイツリーはひとまず消えた。

被写体探しにポイントを置くカメラマンにとって、
みんなが撮っているものを一緒に撮るほど
おもしろくないことはない。
b0141773_19163031.jpg

スカイツリーは最初からみんなの関心の的、
つまり「追っかけ」の対象だから、
それをどう撮ろうが、「同じ穴のムジナ」ではないか、
そう突っ込まれるに決まっているが、
ニーズにしろ企画にしろ、
半歩前進くらいが、対象者の関心の引きどころである。

ツリーつながりだからといって、
今年切られてクリスマスツリーとして
使われるであろうモミの木とか
オーストラリア原住民が重用してきたオイル、
「ティーツリー」のビンとか、
近畿日本ツーリスト(略称「近ツリ」)の社屋とかを
撮っても、写真コミュニケーションは成立しにくく、
今日的モチーフとはならない。
b0141773_19185137.jpg

私の関心を引いたのは、
東京といえども、まだ戦後の風景が残っている
超下町に、場違いにも、世界一の電波塔が立つという
このミスマッチのほうである。
そのギャップを記録しておきたいと思った。
街は変貌し、普通の観光地になる。
つまり地元ではない、
よそ者中心の街になる。

スカイツリーのオープンの様子を
テレビ局が中継していたが、
雨で尖端が見えないツリーを撮るカメラマンには同情した。
報道カメラマンは、ベストコンデションは選べない。
プロカメラマンとはそういうもの。
いい写真は、アマチュアだから撮れることが多い。
テレビ画面の中にばかりいる「戦場カメラマン」よりも、
戦場となっている街や村には
名カメラマンがたくさんいるだろうが、
その作品が世に出るのはずっと先のことである。
b0141773_192191.jpg

スカイツリーに入場したトップグループに
ねじり鉢巻きをしたおっさんがいたが、
この人こそ、私の被写体だったが、
テレビ局はおっかながって、
しっかり取材はしていなかった。

辛いのは、トップ中のトップ入場者は、
名古屋から来たというカップル。
スカイツリーには興味はなく、
水族館に最初に入るのが目的だったという。
みんなの目が空を向いているとき、
あえて地の底の海に目を向ける、そのへそ曲がり度は立派。
b0141773_19213313.jpg

が、そこに水族館など作ってくれるから、
ついで水族館ファンが生まれてしまうのである。
名古屋にも立派な名古屋港水族館のほか、
竹島水族館(淡水魚)、碧南海水族館、
南知多ビーチランドなどがある。
が、あのカップルのモチベーションは、
東京まで来て、スカイツリーには目もくれず、
水族館に一番乗りする、というものだった。

今後は、水族館だけ派は減って、
スカイツリーやソラマチでのショッピングついでの
ついで水族館派がしばらくは続くだろう。
b0141773_19222870.jpg

ところで、名古屋からの水族館一番乗りカップルが
大の水族館通であったのかどうか、
テレビでのインタビューからは判断できなかった。
b0141773_192375.jpg

へそ曲がり度という点で見ると、
スカイツリーという新名所に興味を持たず、
古い下町と新名所のミスマッチのほうに関心を示す
カメラマンの発想と似ているように見えるかもしれない。

が、私の場合、ツリーの中身には興味はないが、
ツリーのルックスには大いに興味がある。
というより、それがなくては絵にはならない。
b0141773_19233190.jpg

そのあたりのニュアンスを論ずる場は、
この5月27日に食コーチングプログラムス主催の
「『給食だより』『広報メディア』を10倍楽しくする
編集力スキルアップセミナー」

があるので、そこで触れてみたい。

今回のテーマは『企画力で勝負!! 
ヒット企画はこうして生み出す!』 
である。
b0141773_1924615.jpg

よい企画とはなにか。
名古屋から一番乗りしてくれた人がいたからヒットか。
冗談ではない。

スカイツリーやソラマチを名乗りながら、
海に助けを求める関係者の企画力の脆弱さ、
その程度の頭脳が日本の一部を動かしている現実。
企画には独創性、提案性、高い理念などが求められるが、
スカイツリーの水族館は、
「他人のふんどし」以外の何物でもない。
b0141773_19243516.jpg

遠からず、収支バランスが釣り合わなくなる、
非採算部門になること間違いない。
海に行って、いろいろの魚を採取し、
運び、餌を与え、水を管理し……ということを
年から年中、繰り返すだけではない。
海洋生物を水槽に入れて
泳がしておきさえすればお客は喜ぶなどと
思ったら大間違い。

「やっぱ、ここはショーが必要でしょう」となり、
「マンタがほしい」「ジンベイザメがほしい」
「ジュゴンが来ればもっと人気が出るかも」
「いや、シャチでしょう」……。
こうして、水族館競争は続き、
自然へのインパクトは助長されるのである。

よい企画とは、その先に続く展開をも含んで
評価されるものである。
スカイとアンダーウオーター、
それはイメージとしては対照的でおもしろいが、
「お上りさん」とナチュラリストとは、
属性が違いすぎる。
b0141773_1925969.jpg

スカイツリーを見るとき、
そこの下には貧困な企画力がある、
それを連想し続けることだろう。
ヘボ企画の象徴としてそびえ続けるスカイツリーに
深い同情を禁じ得ない。

救いがあるとすれば、
その水族館見物から、
生物の多様性のおもしろさを感じ、
ヒトとしての生き方に喜びを感じる人が
何人か生まれる場合であろう。
b0141773_19275285.jpg

食コーチングプログラムスからのご案内
*大橋禄郎先生のブログ、
「ロッキー・ロード」でもお示しされておられるように、
5月27日(日)に、
「『給食だより』『広報メディア』を10倍楽しくする
編集力スキルアップセミナー」を開催いたします。
このセミナーにご参加ご希望の方は
ご住所、お電話番号、ご所属を明記の上、
食コーチングプログラムス主宰 影山なお子宛に
palmarosa@yours.biglobe.ne.jp
お申し込みいただけますようお願いいたします。

前回(3月25日)開催した
第1回「『給食だより』『広報メディア』を10倍楽しくする
編集力スキルアップセミナー」の様子は
影山の「スタンバイ・スマイル」にアップさせていただいております。
お目通しいただけましたら幸いです。
http://palmarosa.exblog.jp/15633341/
*開催場所:神奈川近代文学館 中会議室
*開催時間:10時30分~午後5時
*参加費:1万円
(ランチ代別途)
*この研修会は5回シリーズとなっています。
 単発でのご参加も歓迎いたします。
 お尋ねください。

by rocky-road | 2012-05-22 19:27  

お料理評論家になりませんか。

b0141773_2317583.jpg

パルマローザが行なった
4月29日の写真撮影会に続く
フォトコンテスト(フォトコン)の選評が終わった。
(このホームページの「スタンバイ・スマイル」参照)
http://palmarosa.exblog.jp/
大好きな仕事であるがために思いきり力が入り、
終わったらぐったりした。
b0141773_23182760.jpg

その理由の1つは、
日本でもっともメジャーなフォトコンで
「第一席」を受賞し、授賞式に出席したが、
選者の著名カメラマンたちの選評が
あまりにもたどたどしいので、がっくりした経験があるからだ。
途中で「私が代わりましょうか」と、
出ていきたい衝動を抑えるのに苦労した。

また、テレビ番組で見るデジカメ写真教室でも、
指導するカメラマンは「いいですね」「いいですよ」を
繰り返すばかりで、改善すべき点をまったく指摘しない。
b0141773_23191790.jpg

非言語的な創作活動をしている人たちだから、
ハレの舞台で、作品評を論理的に展開するのが不得手なのだろう。
仲間と、酒でも飲みながら論じれば、
もっとイキイキした論評ができるのだとは思うのだが。
b0141773_2320733.jpg

そんな実情を考えると、
私が50年近くかかわっている水中写真の世界は、
なかなか作品評の水準が高いところだと改めて思う。
正確にいえば、水中写真家・舘石 昭氏が主宰する
『マリンダイビング』(水中造形センター)の
長きにわたるフォトコンテストである。
b0141773_23202963.jpg

ここでは、その回ごとに
作家や漫画家、海洋生物学者などを選者として招き、
発表会場でも、誌上の座談会でも、
その人たちに多角的に論評を求めている。
b0141773_2321251.jpg

私がグランプリを受賞した、
第11回 水中写真コンテストについては、
1982年2月号に、3名の審査員による座談会を載せている。
私の作品についてのコメントを引いてみよう。
b0141773_23213496.jpg

審査員は、作家の畑 正憲氏、村上 龍氏、
水中写真家の舘石 昭氏である。
b0141773_23222130.jpg

編集部「まずグランプリを獲得した『イワシの春』は、大橋禄郎さんの作品です。
     この作品を推薦された畑さん、いかがですか?」

 「この人、さすがにキャッチフレーズのつけ方がうまいですね。
  それと、この作品は奇をてらったものではなく、ごく平凡な風景を
  さりげなく撮って表現力を持たしていますね。
  だから見ていて見飽きないし、多くの人に愛される作品じゃないかと思います。
  また、色彩のバランスも実にいいですね。ただ、ちょっと魚の群れが乱れているのが
  気になりますけれど、すぐれた作品だと思います」
b0141773_23225999.jpg

村上 「ひと口にいうと印象派の作品みたいですね。
   ドキッとするような写真ではないけれど、
   壁に貼っていつまでもながめていたくなるような作品ですね。
   今回のコンテストの中では、一番見飽きない作品だと思いますね」

舘石 「この作品は、最初見たときからいいなと思ったんだけど、
   何回も見ていくうちにますますよくなっていくんですよ。(中略)
   それと、この作者は、肩に力を入れないで淡々と水中写真を撮って
   楽しんでいる。その姿勢がいいですね。
   技術的には充分なところまでいっているのだから、
   その達観した感じがいいんじゃないかな。
   見ていて心が休まるというか……」(中略)
b0141773_23233042.jpg

「こういっちゃ作者に悪いかもしれませんが、
  ぼくはこの作品にアマチュア精神を感じるんですね。
  ベテランダイバーが計算しつくして、色がどうだ、
  光がどうだといって撮った作品でなく、ホンダワラのところを潜ったら魚が来た、
  それをたまたま撮った。そういう、計算しない感じが、
  ぼくたちの心を慰めてくれる作品になったような気がしますね。
  プロだけでなく、アマチュアでもよい仕事をやる人がいる。
  その典型のような気がします」

村上「精神がすごく素直だというのがピタッときますね」

舘石「うん、そのへんがスゴイんだなあ」(以下略)
b0141773_2324883.jpg

一部の引用だが、ほとんど絶賛である。
これだけの豪華メンバーが、
一作品にこれだけのコトバを使い、これほどの賛辞を送ってくれる、
思えばよい環境の中で水中写真を楽しんできたものである。

それに比べると、
「お前の選評は冷たい」といわれるかもしれない。
反省点の1つではある。
が、やはり弱点、改善点を指摘しないと、
技術は進歩しないと思うので、
黙っているわけにはいかない。
b0141773_2325488.jpg

写真にしろ絵画にしろ、
音楽にしろスポーツにしろ、
非言語的な世界にも、それらの鑑賞論や評論は必要。
評論のない文化や文明は、まだ未熟といわざるを得ない。
b0141773_23254785.jpg

料理や食事に評論家はいるのか。
「料理研究家」はいても「料理評論家」はいない。
フランスには「ミシュラン」があるが、
星の数では「評価」はできても「評論」にはならない。
辰巳芳子さんあたりは、
無意識的に評論家の役割を果たしているかもしれない。

飲食店の料理などは、客が評論家といえなくもない。
しかし、言語能力、評論精神のない者の評価は、
「スゴ~イ」「カワイイ」「どうやって作るんですか」
程度のものだから、板前やシェフは堕落する。
軽口をたたく程度の料理人が、
「軽妙な語り口で人気の……」と持ち上げられて
舞い上がってしまっているのが現状である。
b0141773_23262014.jpg

以前、「外食・中食評論家」の仕事を
してみたいと思ったことがあるが、
いまは、そういう時間もなくなった。
だれか希望者があれば後押しをして、
10年以内には看板を掲げるくらいのプロに
仕立てる自信があるのに、手をあげる人はいない。
b0141773_0152540.jpg

さて、フォトコンの話に戻る。
今回の受賞のコトバを読んで、
この撮影会に参加した人たちの言語表現力も
ナミでないことを再確認した。
b0141773_2328630.jpg

撮影会やフォトコンテストの規模の大小と、
作品のレベル、論評や受賞のコトバのレベルを
過小評価しないことである。
日本は、いや世界は、
思っているほど大きくはないのだから。

by rocky-road | 2012-05-11 23:28  

いま、同業者に言いたいことは?

b0141773_9332192.jpg

ゴールデンウイークの前半は、
横浜での連続3日間のセミナーに参加した。
28日は、ロッコム文章・編集塾の遠距離クラス、
29日は、山下公園、大桟橋を中心とした撮影会、
30日は、食コーチングプログラムス主催の「食ジム」
みなさんの高い参加意識と向上心を感ずる、
爽快な3日間となった。

今回は、ロッコム文章・編集塾の
遠距離クラスについて書いておこう。
遠方のため、毎月通えない人のための、
3か月に1回開くクラスである。
b0141773_9345695.jpg

この教室のコンセプトは、「勉強のための勉強」ではなく、
日々の生活、今後の生活に使える思考力、文章力を磨くこと。
「作文教室」ではなくて、
「文章で考える」スキルを身につける教室である。

これを実践するために、宿題を重視し、
全員にご自分の文章を音読で発表していただく。
b0141773_9354759.jpg

前回の課題は「栄養士(ケアマネージャー)の専門誌から
『いま全国の栄養士(またはケアマネージャー)に
言いたいこと』という原稿依頼があった
ことを想定して一文を書きなさい」

この課題の目的は、不特定複数の仲間に向けて
いま、いちばん伝えたいメッセージを考え、
それを最適な文章で伝えること。
同業者を想定するとき、後輩なのか先輩なのか、
あらゆる年代なのか、
それが文体を決める出発点になる。
b0141773_937164.jpg

不特定複数の人に向けて文章を書こうとすると、
まず対象者のイメージが浮かばない。
大ベテランが読む可能性があるのに、
新米栄養士に向けて語りかけるような、
ちょっと上から目線の文体になってしまう。

「いま、言いたいこと」は何なのか、
それも、そう簡単には浮かばない。
問題意識を持つことなく、
ついでみたいな生活をしていると、
ここ一番の発言ができない。
b0141773_938021.jpg

栄養士、健康支援者に限ったことではないが、
自分が社会に向けて何かを発言する機会が
あるとは思っていないから、
社会性のある発言の準備などしていない。

それでも健康支援者の場合は、
研究発表や地域のメディアへの寄稿などの機会があるし、
料理教室や食育、生活習慣病などに関する
セミナーの講師を務めることもある。
b0141773_9383998.jpg

そういう経験をベースにして、
もう少し多くの人に向けて発言する機会を
ふやしてゆくとよい。
地区予選から始まって全国大会に出場するようなものである。

それは、社会に向けて、
栄養士の存在意義を知らしめることになるし、
もちろん、社会の健康意識を高めることにもなる。
また、一部のドクターによる
フードファディズムの伝播を抑止する効果もある。
「悪貨は良貨を駆逐する」(グレシャムの法則)は、
健康情報にも当てはまるところがある。
b0141773_939367.jpg

いや、一部の栄養士自身もマイナーなメディアで、
首をかしげたくなるような情報を発信しているから、
栄養士のすべてが良貨の流通促進人とはいえない。

「栄養士に向けて一言」は、
良貨流通人としての基礎体力作り、
という意味もあって課題をしている。
b0141773_9393237.jpg

塾生から提出された文章の多くは、
コミュニケーション力の強化の必要性を説いている。
では、そのコミュニケーション力を
どこで、どう学べばよいのか、
そこまでは書ききれていない。

「いま、自分が学んでいるように……」
といってしまえばすむのだが、
それがいえない。
日本全国の栄養士に、
「ここに来ればなんとかなるのに」といっても、
それぞれに事情があって、
そうは問屋が卸さない。
b0141773_940560.jpg

では、健康支援者が、
コミュニケーション力を学ぶ場所や機関があるのか。
それは確かめようがないが、
その可能性は高くはない、とは想定できる。

であるとすれば、北海道の栄養士にも沖縄の栄養士にも
実現可能なコミュニケーション力強化法を
提案する必要がある。
ここで、自分の体験を語る文章ではなく、
アイディアを示す文章表現文と
シフトする必要に迫られる。
b0141773_9405481.jpg

「人は文章で考える」のだから、
原稿用紙に向かいながら(宿題は手書きで提出)、
考えなければならない。
「コミュニケーション力をつけましょう」
「文章を学びましょう」程度では、
人は動かない、動きようがない。

考えて、考えて、考え抜く。
新緑の並木の下を歩きながら、
あるいは海岸の砂を踏みしめながら、
そしてもちろん、本を読みつつ、
考え抜く。
b0141773_942094.jpg

そうした「1人プレーインストーミング」が
一流の健康支援者をはぐくむ。
それは、地方予選から全国大会に進出するための、
避けては通れないプロセスである。

ゴールデンウイークの後半は、
提出された原稿に目を通しながら、
さわやかな季節を楽しみたいと思っている。

★写真は、3日間の中からの〝無難な〟ものをピックアップした。
 というのは、撮影会のまとめとして、久々にフォトコンを試みることにした。
グランプリ1点、推選2点。受賞者には賞品を出す。
また応募全作品(1人1点)に作品評をする予定。

そのため、応募作品と類似カットになりそうな写真は、
意識的に避けた。私が撮った写真のうちの報告的写真に限ってある。

by rocky-road | 2012-05-02 09:42