<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

編集には「I」と愛がある。

b0141773_10221439.jpg

3月25日(日)、予定どおり、
「『給食だより』『広報メディア』を10倍楽しくする
編集 スキルアップセミナー」が終わった。

この企画は、各地で開かれた
「給食だより」「広報メディア」の編集スキルを学ぶセミナーに呼ばれ、
編集入門的なお話をさせていただいたことから生まれた。
b0141773_10231431.jpg

当然のことだが、受講者の大半が、
編集のなんたるかのレクチャーを受けることなく、
それぞれのメディアの編集をしていて、
その負担の大きさを改めて実感したからである。
この状況を「見て見ぬ振りをする」のは、
不親切というより、生きることへの怠慢である
とさえ思ったからである。

慣れない仕事に振り回されている現実、
情報ともいえない情報をばらまいている現実から
目をそらすことは、社会的責任の放棄でもあろう。
b0141773_1023343.jpg

「給食だより」についていえば、
給食の献立表をどう読みやすく組むか、
そういう基本的なことを習う機会は少ないか、
まったくないのが現状だろう。
b0141773_10342299.jpg

そういう人が、不完全な表組みに加えて、
あれこれの情報を記事にして編集メディアにする……
それはいわば、車の運転をしたことがない人に
「高速道路を走ってみろ」といっているようなものである。
b0141773_1040462.jpg

いまは、パソコンで簡単に表組みができるようになったが、
以前は「表組み5年」などといわれるほど、
編集者にとっても修練を要する技術なのである。
表と、その中にある数値や文字、表の罫との間隔、
いやそれ以前に、表に使う文字の書体や大きさにも
一定の約束事がある。
オートマチックが進むパソコンも、
そこまではソフト化してはくれない。
b0141773_1041890.jpg

表以外の記事については、ますます準備性のなさが感じられる。
車の無免許運転が危険なように、
情報発信についても、準備のない人がそれをするのは、
同じくらいの危険が伴う。
不確かな情報、怪しい思想、人を傷つける情報は、
まさしく危険物なのである。
以前はそれを「情報公害」といった。 
b0141773_10271259.jpg

かつて共産圏のある国では、
新聞記者や編集者には国家資格が必要だった、と聞いた。
体制に批判的な情報を抑える目的があったにせよ、
情報には危険が伴う。
いや、昔のことてはなく、最近のロシアでは、
大統領に批判的な記事を書くジャーナリストが、
複数人、消された!!!

そこまで大そうなことではなくても、
基本を知らぬままに仕事を続けることの苦しさは
十二分にわかっているから、なんとかしてあげたいと思った。
それを影山なお子さんに話したところ、
シリーズ研修として企画していただいた。
b0141773_10274124.jpg

従来、「編集」は職業的スキルだった。
しかし、いまはパソコンが普及し、
だれもが日常的に編集を行なうようになった。
ホームページ、ブログ、パワーポイント、各種掲示……。
b0141773_1029347.jpg

ほんとうは、手書きの時代にも「編集」は必要だった。
掲示やポスターを書く人、回覧を書く人、案内を書く人、
社会活動のリーダーなどは、
手書きやガリ版やタイプ印刷で
編集メディアを作っていた。
回を重ねるにしたがって、
それでも自己流で、編集ワザを身につけていった。
b0141773_1028457.jpg

が、いまは、編集をする人の数が違う。
社会と直結する編集メディアを、
トレーニングなしで作って、
いっきにばらまいてしまうのである。
手書きと違って、一見しただけでは、
プロの仕事かアマチュアの仕事か、区別がつかない。
そこが情報の受信者にとっても、
発信者にとってもこわいところ。

本人は、そこそこカッコがついていると思うから、
セルフコントロールがきかない。
無免許運転とそっくりではないか。
その危険は、社会にも、自分にも及ぶ。
自分に及ぶ例の1つは、
無知や不見識を全世界にアピールすることである。
b0141773_10295486.jpg

今回のセミナーでは、受講者のうち、
「給食だより」の関係者の割合が思ったより少なかったのも、
自分の危うさに気がついていないためだろう。
これでは、「食育」や食・健康情報は、
数年、いや数十年は足踏みを続けるだろう。

それはそれとして、健康支援者や食関係者の中に
「編集」の必要性を感じる人が増えたことは喜ばしい。
それは、社会に向かって一歩を進めたことになるからである。
コーディネート力がリーダーシップの発露であるように、
編集力も、オピニオンリーダーとしての基礎的スキルの1つである。
社会的な仕事をしようと思ったら、
コーディネート力と編集力は、基礎体力としてつけておきたい。
b0141773_10303490.jpg

昔、『暮らしの中の編集技術』という本を
書きかけたことがあるが、
これを完成させる時間ができたら、
『生き方としての編集力、コーディネート力』
というタイトルにするのがいいだろう。
b0141773_10424168.jpg

演習に、インタビューの実際や、
自分の「売り」をキャッチフレーズ化する
文章力強化法を入れたが、
にこやかにインタビューをする表情、
真剣に原稿に向かう表情を見ていて、
改めて「編集力」は万人のスキルであることを実感した。
b0141773_10425690.jpg

受講者の中には、健康支援者以外の人もおられた。
編集力をボランティアに生かしたいという。
私も、かつて東京都板橋区のボランティアとして、
編集技術や、会報の発行を手伝ったことがある。
b0141773_10323119.jpg

さらにさらに、その方は、『栄養と料理』の
30年来の読者だという。うれしい出会いである。
昔、『栄養と料理』の編集部に問い合わせのハガキがきた。
「大橋編集長は、ダイビング雑誌のあの大橋さんですか」
ダイビング雑誌の編集を手伝っていた時代である。
b0141773_10325452.jpg

あのときの感動を思い出す出会いであった。
編集は、やはり人生を豊かにするスキルである。
「編集には愛があること」と、
講義で述べたが、キザでいったのではなく、
こういうシーンを想定して、
責任のある編集をしよう、という提案をしたいのである
b0141773_10332582.jpg

[PR]

by rocky-road | 2012-03-27 17:51  

不適なコトバの感染症

b0141773_117765.jpg

数日前、総理大臣の演説を聞いていたら、
北朝鮮や中国が不気味な動きをしていることについて触れたところで、
周辺海域の「不透明感」が増している、という趣旨の発言をしていた。

そのコトバを耳にしたときのイメージは、
足の小指を毒ヘビに噛まれたたために、
しだいにその毒が上にあがり、とうとう頭に達した、
というイメージだった。
b0141773_1183998.jpg

見通しが利かないことをいう比喩として
「不透明」というコトバを使い始めたメディアがどこか、
確かな証拠はない。
しかし、NHKのアナウンサーが
ニュースなどで頻繁に使うとことから類推して、
この比喩を日本中にばらまくことに、
公共放送が深く関与していることは疑いない。

「不透明」とは、その物質の裏側が見えない
物理的状態である。
目をあけたまま、手で目をふさぐと、
その向こうの様子が見えなくなる。
手が不透明だからである。
b0141773_1175221.jpg

しかし、日本近海を往来する中国の軍用艦は、
哨戒機からは見えるし、北朝鮮のミサイル発射基地は、
宇宙衛星などによってモニターすることができる。
その意味において、アジア周辺の緊張状態は、
かなり見えている。「不透明」という比喩は当たらない。

見えないのは、北朝鮮や中国の軍事的動きであり、
次への展開である。
人間は未来を視覚的に見ることはできない。
が、予測はできる。「心」で見るのである。
それを洞察力という。
b0141773_1193296.jpg

日本の最高権力者が、北朝鮮や中国のこれからの動きを洞察せず、
「目をふさがれて見えない」といってもらっては困る。
「これらの国の動きを緊張感をもって注視する必要がある」
というくらいには言ってもらいたいところである。

NHKのニュース担当記者たちが、
今後を予測するのが面倒なものだから、
または、予測することがこわいものだから、
なにかというと「先行き不透明」という紋切型でごまかす。
b0141773_120881.jpg

プロ中のプロがそういう手抜きをするから、
総理大臣のスピーチライターまでが
「不透明」言語障害に感染してしまうのである。

NHKの報道部に蔓延している、
感染症としての言語障害は、
放送電波によって世界中にバラまかれる。
それを抑止する役割をする放送文化研究所も、
怠慢なのか気が弱いのか、
それをチェックすることができない。
b0141773_1214041.jpg

このほかにも、
NHKが感染源と思われる病気の例を2つあげてみよう。
「寒い春が続く中、被災地の人々が困難が続く中……」
状況を説明するのに、やたらに「中」を使う。
この地球上のことをニュースにするのだから、
ニュースはすべて「この社会の中」に決まっている。

「注目を集める」もNHK発の感染語であり、誇張表現。
ある地域の動向を注目している人はいるだろうが、
「注目」を「集めている」かどうかは、確証がない。
注目なんか、いくら集まっても、
山になって道をふさぐことなどないから、
集まっているかどうかがわかるはずもない。
「注目される」では弱いと思うのか、
「集める」と誇張するのである。
b0141773_1221124.jpg

そのNHKも、所属外の人の好ましい意見を伝えて、
罪の償いはしている。
近日のラジオに出演していた作家の山本一力氏が
マスメディアが省略語を不用意に使うことを戒めていた。

「スマホ」「婚活」……なんと品格のない略語だろう、と。
人間は、コトバによっても、
中から崩れる、あるいは壊れる。
b0141773_122544.jpg

「人々が、スマホだ、婚活だ、就活だと、
だらしのない用語を使い続ける中、
それにマスメディアも便乗し続ける中、
これからどういう展開になるか不透明な中……」
などと日本語を崩すことは、
人間を壊すことになり、
やがては自分の人生を壊すことになるはずである。

国営放送が使うコトバにも不適なものがある。
感染しないよう、ときには耳にマスクを使う必要もあろう。
[PR]

by rocky-road | 2012-03-21 01:20  

「ぽっちゃり」が輝くだって?!

b0141773_051937.jpg

たまたま手にした2冊の書物の記述に目が止まった。
1冊は理学博士が著わした、
「女性と子どもの生命科学」という副題のついた書物。
この本の第5章「健康に美しく生きるために」の中に
こんな一節があった。
b0141773_054135.jpg

「昨今は〝ダイエット〟ばやりで、
小学生女児や若い男性にもその影響が出ています。
太っていないのに、マスメディアの大宣伝によって、
多くの人々が間違った食事制限を行っています。
(中略))(男性も女性も、伴侶として太り気味を好む人、
やせ気味を好む人などいろいろだが)
ルノアールやポッチィチェリの絵画の裸婦は、
ぽっちゃりと美しく輝いています。痩せこけた裸婦は
一人もいません」

ここには毎度おなじみの視点がある。
1.スリム志向はマスメディアの「大宣伝」によるものである。
2.スリム志向は「間違った食事制限」によるものである。
3..女性は「ぽっちゃりが美しい」
b0141773_065597.jpg

別の1冊は、NHKテレビのテキストの2010年10~11月号。
特集名は「歴史は眠らない」
教育テレビで放送したもののペーパー版である。
10月の放送は「日本人の〝健康〟」で、
「身体論も専門の1つ」という、著名な明治大学教授が論じている。
日本人の健康観とは、興味あるテーマであるが、番組は見損なった。
テキストには放送の4回分が収載されている。
第1回 江戸時代の養生
第2回 明治の〝健康維新〟
第3回 飢餓から飽食の時代へ
第4回 健康ブームの彼方に

どこの国も似たようなものだろうが、
日本でも、昔から健康(養生)については関心が深く、
加持祈祷(かじきとう)の時代から中国の医学思想の影響、
そして、江戸時代の貝原益軒や杉田玄白の活躍などに至る
健康に関する日本人の知識や意識について歴史的解説である。
b0141773_075618.jpg

そして、現代の「健康ブーム」へと至るのであるが、
このあたりから雲行きが怪しくなる。
健康意識の高まりを「健康ブーム」と見てよいのかどうか。
その裏には、健康関連ビジネスへの批判的な見方が感じられ、
さらに、それをマスメディアが煽っている、という解釈がある。
その結果として、次のような論調になる。

「健康ブームの原因をもう一度考えてみましょう。
大きな要因を三つ指摘します。
①医療依存からの脱却
②健康情報の爆発
③対他者的な身体の突出」

こうなれば、こんなふうに続かざるを得なくなる。
b0141773_0132251.jpg

「③については、説明が必要でしょう。
これは、見られる身体、
すなわち見た目のきれいさの偏重のことです。
現代日本では、なぜか『細い』ということが
もてはやされる傾向があります。
過剰なダイエットなどは、明らかにこうした
『健康よりも見た目の美しさを喜ぶ』身体観」の産物です。
(中略)こうした歪んだ身体観や健康意識と
密接な関係があるのです」

「女性と子どもの生命科学」と「NHKテキスト」に共通しているのは、
というよりも、この問題をとりあげる、
ほとんどの論者に共通しているのは、
健康志向はマスメディアによって煽られているという見方、
女性がスリムな体型を望むのは好ましくないという論点、
その前提として、「ぽっちゃり」や「ふっくら」がよい
とする潜在的なイメージがあり、
「スリム」は「間違った食事制限」によるもの、という断定があり、
「やせる」という動詞に「必要以上な……」という形容詞をつけたがったり、
「やせこけた」「やせすぎ」などと、複合語にして冷たく表現したり、
などなどのクセが身についているという点である。
(ちなみに、スリム志向は日本だけの現象ではなく、
世界の先進国に共通の文化現象である)
b0141773_018148.jpg

健康やウエートコントロールを論ずるプロとしては、
次の認識を持っていただきたいと思うので、少し論じてみる。

1.「スリム志向はマスメディアが煽る」という見解は、
 明らかなる原因と結果の見間違えである。
 マスメディアは、都市生活をする女性がスリム志向だから、
そのニーズに応えてウエートコントロールに関する記事を作るのである。
女優やファッションモデルがスリムなのも、
対象者のニーズに沿いたいからである。
b0141773_0184224.jpg

女性のぽっちゃり体型は、
女性が家事を専業としていた時代のものである。
しかし、近代化して、都市のオフィスで働くようになると、
キビキビと動ける体型への適性が求められる。
それは、仕事への適性の証(あかし)になる可能性があり、
ライフスタイルを創造する要因にもなる。
(そうして努力しても、加齢とともに体重は増加しやすい!!)

以上のような現状を無視して、
古き良き時代(?!)の基準を持ち出す、
男の感覚の古さは、見方によっては女性蔑視にも通じる。
ボディランゲージとしての体型を
「見た目の美しさを求める」とか、
「歪んだ健康観」とかと、好きなことを言ってくれる。
「見た目の美しさを求める」ことに文句をいう権利が、
男にあるのか。そんな軽薄理屈は男の恥だ。
b0141773_019289.jpg

スリム志向をマスメディアやモデルの影響とする論調は、
50年以上ものあいだ、1ミリも前進しない化石理論。
一般に、社会的論者は、
マスメディアの影響を過大に考える傾向がある。

いっときの流行は別として、
50年以上も続く「スリム志向」を
マスメディアの影響とするのは、
マスメディアへの過信である。
そんなに影響力があるのなら、
世界中のメディアが「戦争反対」「犯罪反対」
「タバコ反対」「飲酒運転反対」「自殺反対」の
キャンペーンをやればよい。
b0141773_0194273.jpg

が、そうは問屋が許さない。
ニーズのない場面では、キャンペーンを打っても効果はない。
原因と結果を見間違えてはいけない。

世界中の女性が近代化の波の中にあり、
体型を家事専業型から都市型、職場型へとシフトしつつある、
それだけのことである。

2.同じことが「健康ブーム」論や「健康爆発」論にもいえる。
 健康志向は悪いことなのか。
 長期的な健康志向によって、なにか著しい弊害が起こっているのか。
 世界のトップクラスの長寿国になったことに、
 「なにかご不満でもおありでしょうか」と問いたくなる。
 「スリム志向」や「健康志向」を捨てると、
 もっと健康になれるのか、それを保障できるのか。
b0141773_0222864.jpg

男性に比べて女性の寿命が長いのは、
生物的な理由もあるが、高い健康志向とも関係があろう。

人は、モチベーションを食べて生きる生物である。
億万長者になるとか、国外に向かって覇権を求めるとか、
どでかいモチベーションを抑えてる人が、
自分の健康にモチベーションを注ぐことに、文句があるのか。

ランニングのし過ぎで障害を起こすとか、
怪しげな健康補助食品で体調を崩すとか、
健康志向にもリスクがないとはいえない。
それを私は「平和に伴うリスク」と呼んでいる。
アラブ世界に見られる暴動や内戦など、
暴力的なモチベーションに比べれば、
そのリスクはずっと小さい。
b0141773_0225847.jpg

熱心な「健康志向」は、
こういう地政学的条件から生まれている。
つまり「平和の鎖国状態」が60年も続いているのである。
たまたま、そうなのであって、
かならずしも努力の賜物ではない。
それが地政学の基本である。
それをマスメディアの煽るブームと考えてはいけない。

ここでも見極めなければならないのは、
健康産業や健康情報が「健康志向」を生み出しているのではなく、
人々の意識の中に同時多発的に
「健康志向」が生まれているのである。
その底には「人様に迷惑をかけないように」という
日本人に共通する価値観もあるかもしれない。

身体論を専門とする学者までが、
こういう背景を見ないで、
「歪んだ…」とか「見た目の美しさ」とかと、
女性を低く見る、定番的視点を維持している現状を悲しく思う。
b0141773_0232538.jpg

健康支援者が、こういう俗説を真(ま)に受けることを心配する。
人を見る目が浅い。
生物的、動物行動学的現象を
社会学的視点で終わらせてしまう。
(そんなこをいったら、社会学者から叱られるかも)

「やせたい」「もっとスリムになりたい」
そういう人々を門前払いしてはいけない。
スリム志向は危険ではないし、歪んでもいない。
栄養士は、他分野の学者からも、
有識者といわれる人々から挑戦を受けているようなものである。

売られたケンカは買うべきではないのか。
栄養士は、まだ自分の得意ワザを
充分に発揮しているとはいえないのではなかろうか。
[PR]

by rocky-road | 2012-03-13 00:20  

高い塔と、低い発想。

b0141773_2238315.jpg

先日、東京に雪が降った。
すぐに頭に浮かんだのは、
雪の日の東京スカイツリーや、
その周辺を撮ることだった。

その日の仕事の優先順序を変えて、
地下鉄で「押上駅」(おしあげ)へ向かった。
写真歴60年、シャッターチャンスに向かって動き出す、
そういう習性ができあがったようである。
b0141773_2239225.jpg

しかし、着いてみると、
雪はみぞれへ、さらには雨へと変わっていた。
予想はしていたが、ツリーの上半分はモヤの中。
思ったようには撮れなかった。
しかし、ツリーを中心に、時計回りに半周くらいは歩き、
街の様子を観察した。
b0141773_22404494.jpg

新しいもの好きではあるが、
スカイツリーに特段の興味があるわけではなく、
街が観光地へと変貌していく様子のほうに関心がある。
b0141773_2242136.jpg

空襲下の東京、米兵がジープで走る東京、
復興して近代化していく東京などを見てきた。
墨田区押上の人には悪いが、
あのあたりは終戦直後の東京が残っていて、
それと634メートルという、「世界一」電波塔との
ミスマッチに大いに興味がそそられる。
b0141773_2242235.jpg

ひと息つくためにファミリーレストランに入ったら、
『日刊スポーツ』紙の号外がテーブルに置かれていた。
「東京スカイツリー完成!!」を告げるものである。
それには新名所となる施設や店が紹介してあった。
b0141773_2365484.jpg

それを見ていて、信じたくないことが、現実であることを知った。
プラネタリウムはいいとして、水族館もできるという。
この話は、前にもちらっと耳にしたが、
信じたくないので、確かめなかった。
b0141773_22432349.jpg

世界一の電波塔と水族館というミスマッチはいけない。
「すみだ水族館」という名称になるらしい。
記事には「魚に人に環境に優しく」とのタイトルが冠してある。
魚にやさしくしたいのなら、
こんなところに水族館を作らないでほしい。
b0141773_2244854.jpg

東京にはすでに4つの水族館がある。
品川には「エプソン品川アクアスタジアム」と
「品川水族館」の2つ、
池袋には「サンシャイン国際水族館」、
葛西には「葛西臨海水族園」がある。
b0141773_22443953.jpg

都内にそんなに水族館を作ってどうするのか。
しかも、空に伸びていく塔と海とはなんとも不釣り合い。
b0141773_22445770.jpg

ツリーは、ハードウエアの点では、
過日の大震災という強烈なストレステストに
合格したように見えるが、
ソフトウエアのほうは、なんとも貧弱な発想。
b0141773_2245211.jpg

チョウとか小鳥とかの展示施設なり、
3Dによって、スカイツリーから飛び立った空飛ぶ人が、
東京の名所を鳥瞰図で訪問するなり、
もっと空に接する要素を採り入れられたはず。
そのうえ、水族館の維持費よりもはるかに安くあがるはず。
b0141773_22455175.jpg

つくづく、発想というものは、
空に向かってどんどん伸びていく、
というわけにはいかないことを改めて実感した。
b0141773_22465729.jpg

これは、どの世界にもある発想の委縮。
健康支援の世界にもある。
それについては、次回に書くことにしよう。
[PR]

by rocky-road | 2012-03-05 22:46