<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

食育のゆくえ。

b0141773_22353369.jpg

このところ、食育について考えたり話したりすることが多い。
大学での講義では、脱線話ながら
食育について私見を述べたのだが、
その翌日には、
食育コーディネーターを育成している知人から電話があったり、
影山なお子さんが「食コーチングが考える食育」という演題で
セミナーを開催することになったり(2月12日に終了)、
食育に関する講義や講演を控えている複数の人からの
相談に応じたり、そして、私自身も講演依頼を受けたり……と。
b0141773_2238020.jpg

これらの状況に関連して、
「第2次 食育推進基本計画」の概要に目を通した。
そこには、こんな基本方針が示されている。
①生涯にわたるライフステージに応じた間断ない食育の推進、
②生活習慣病の予防及び改善につながる食育の推進
③家庭における共食を通じた子どもへの食育の推進

これにはさらに具体的な推進プランが示されているが、
ますます「食育戦線」が拡大していきつつあり、
「言うは易し、行なうは難し」の領域に
踏み込んでいくばかりである。
(ちなみに「共食」という用語は避けてはいかが?
 読み方を変えると「とも食い」である。
 ホモサピエンスがこんな危ないコトバを使うべきではない。
 「団らん」か「歓談」がいいのではないか)
b0141773_22383263.jpg

さて、今日の「食育」の提案は、
村井弦斎(1863~1927年)によるものではなく、
昭和50年代末から平成にかけて、
著述家の砂田登志子氏が論述したものが
基礎となっていると、私は見ている。
そのころ私は『栄養と料理』編集部にいて、
そのコトバが流布していくのを見てきた。

女性の社会進出に拍車がかかり、
その結果として、家事にかける時間が激減し、
したがって、一家団らんの機会も激減した。
文明面での社会背景には、子どもべや、
テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、電気炊飯器、
パソコン、ケイタイ機器、
コンビニ、外食・中食などの普及がある。
b0141773_2239328.jpg

こういう社会背景の中だからこそ、
子どもの食教育を見直せ、という提案は正しい。
とはいえ、家事よりも社会活動に軸足を移した大人たちには、
そういう情報は簡単には届かないのが現実であり、
子を食育する意識も知識も技能も、
ほとんど持ち合わせがない。

平成16年、私は、ある雑誌に連載していたフォトエッセイの中で、
けっきょく食育は、家庭にフィードバックされることなく、
学校や専門ビジネスにアウトソーシングされるだろう、と書いた。
食育の提案には、古きよき時代への回帰を望む感情が含まれていて、
時計の針を逆回しするようなアクションを求めるところがある。
ときどき、このブログでも指摘する、
「いまから40年くらい前の日本人の食事が
いちばんよかった」論と通じる心情論に傾きやすい。
b0141773_22421730.jpg

「内食」(ないしょく=家庭内での食事)習慣を保ちにくい
これらの社会構造の変化を直視できない人たちは、
ムリを承知か、ムリに気がつかないのか、
無心に食育運動を推進する。
そんな思いを抱きながら
「第2次 食育推進基本計画」を見ていて、
妙な連想が起こった。

ぐんと時代をさかのぼることになるが、
太平洋戦争を戦った日本軍参謀本部は
「補給」のことを軽視して戦線をアジア各地に
そして太平洋の島々へと拡大していった。
ある学者は「アメリカ軍は世界でもマレにみる、
補給を重視した軍隊であり、
日本軍は、マレにみる補給を軽視の軍隊だった」と書いていた。
b0141773_22401039.jpg

アメリカ軍が去ったあとには膨大なドラム缶やタイヤが残った。
カリブ海の島々では、アメリカ軍が残したドラム缶から
「スチールドラム」という楽器が生まれ、
ベトナム戦争のときには、アメリカ軍の廃棄タイヤで
ベトナム兵は自分たちのサンダルを作った。
沖縄の派手なガラス食器や花器は、
コーラの廃棄ビンの利用から始まったという。

さて、食育推進作戦はどうなっているか。
家庭で食教育環境を復活させるには、
まず親の再教育から、ということで、
保護者、教育関係者をターゲットにし、
生活習慣病の予防や改善のための活動も取り込み、
食品の安全性を確保する役割を果たし、
食文化の継承のための活動への支援を行なう……。
b0141773_22425095.jpg

これらの活動を展開する場所や対象者はといえば、
家庭、学校、保育所、地域、生活者、消費者、
農村・漁村などなど、
要するに社会のすべての人、すべての場面ということである。

定義のないコトバの悲しさで、
「食育」の範囲は広がるばかり。
ニワトリが先か卵が先かの議論どおり、
「まずは親から」となるのは当然の成り行きだとしても、
ここでも「補給」の問題が生じる。
b0141773_22442696.jpg

まずは人員、人材。
兵隊さんには、それを束ねる小隊長、中隊長、
大隊長が不可欠。食育戦線では、それをだれが担うのか。
現状は、行政の一部の職員や、小学校の栄養教諭や、
それらの人を介して外部組織に丸投げしてしまっている状態。
いわば「雇い兵」によって戦線を世界規模に拡大しつつある。
現場は武器の補給も受けられず、「最後の一兵まで戦え!」と
叱咤激励されっぱなしである。

「情報」は、戦争でいえば武器に当たる。
武器を充分に配布しているのか。
食生活の改善は、ライフスタイルの改善を意味するが、
それほど大規模で、長期化する戦いなのだから、
相当な大作戦になることを覚悟しなければならない。
b0141773_22445465.jpg

こんな大戦には大戦略が必要だが、
現状は、戦線拡大の方向に向かうばかりで、
「補給」のことは忘れられている。
というより、無制限に戦線を拡大してしまうと、
補給が追いつくはずもない。

戦争の場合、勝利がムリなら、
停戦するタイミング、休戦するタイミングを
考えて戦略を立てるが大原則。
b0141773_22454069.jpg

しかし、「第2次 食育推進基本計画」では、
当面の着地点さえあいまいで、
理想的なイメージばかりが列挙されている。
それはそうだ、ライフスタイルの着地点など、
無限といえるほどで、中国の広大な地域に
踏み込んでいった程度の規模ではないのである。

どう攻めればわからなくなった挙句、
子どもたちを畑や海に連れて行って、
農業体験や漁業体験をさせたりする。
やることに意味がないとはいわないが、
一次生産者になるのならともかく、
都会生活をする子たちに、
それを家庭の食卓とどうリンクさせるか、
それをつなげるには、絶大な指導力が必要になるだろう。
b0141773_22472593.jpg

それはそれでいいとして、
ファミレスやファストフード店や、
スーパーマーケット、コンビニなどで、
好ましいメニューを選ぶことを学ぶ
「外食や中食、食体験」というのも、
やっているのだろうか。
もちろんやっていると思うが、
そういう話はあまり聞かない。

戦線を無限に広げていくに当たって、
たぶん企画の中心部にいる人は、
「食育」というコトバと、
その活動とのギャップに気がついているはずである。
「成人や高齢者への食育」なんていう表現が
日本語として成立しにくいことは、
30秒考えればわかるはず。
b0141773_2253392.jpg

家庭内の食事を考えるはずの食育を
農業・漁業体験にまで広げてしまうのは、
公園でのサッカー遊びを、
大スタジアムでのサッカー試合に発展させるようなもの。
人数も足りないし、経験も足りないし、
そもそもコーチも監督もいないし……。
それ以前の問題として、
出場する選手は試合のルールさえ知らなかったりする。

こんな現状を考慮して、
影山さんの「「食コーチングが考える食育」セミナーのために、
「食生活のデザインブック」というものを作った。
(大橋禄郎/影山なお子)
これは、食行動のいくつかをとりあえずの着地点とし、
そのための指針を描いてみた。
b0141773_2254318.jpg

ここでは、食事の意味を「栄養補給」に限定せず、
健康行動や人間性を支える基本行動と位置づけ、
献立のデザイン、日々のリズムの作り方、
買い物の仕方、外食店の選び方、
トイレタイムの決め方など、
実行可能な行動指針を12項目で示した。

その目的は「食育」のためではなく、
人間の健康的な食行動の軸になる指針を描くことにある。
対象を大人、子どもと分けてはいない。
b0141773_22584213.jpg

着地点のあいまいな行動は、
達成感が得られず、効果が確かめられない。
それよりもなによりも、
スタッフの心身の健康上よろしくない。

立場により、仕事の内容により、地域により、
その指針は異なるだろうから、
それぞれのコミュニティに合った「指針」なり
「デザインブック」なりを作ってはどうだろう。
b0141773_22591174.jpg

ウエートコントロールと同じで、
短期目標を立て、それをプログラムにし、
1歩ずつ前進することが必要だろう。

いまは、際限ない戦線拡大でヘトヘトになっている
食育戦線の兵士たちに、
わずかとはいえ休息をとらせてあげたい。
そして、食育参謀本部の人たちにいいたい。
「あまり欲を出すな、見せかけの〝結果〟ではなく、
地味に見えても、日々の生活習慣の基礎固め作戦に重点をおけ」と。
[PR]

by rocky-road | 2012-02-23 22:59  

あなたは語る人? 聴く人? 読む人?

b0141773_141332.jpg

NHKラジオの「ラジオ深夜便」は、
就寝前に聞くのを楽しみにしている番組である。
午後11時20分から翌日の午前5時まで、
「アンカー」と呼ぶベテランアナウンサーが
いろいろのコーナーを夜通し進行する、
ご苦労の多い、しかしやり甲斐があるであろう番組である。

11時20分のスタート部分は、
アンカーのアドリブで、
季節の話題などを語る。
14日、バレンタインの夜のアンカーは、
バレンタインデーの日の街の様子などを語っていた。
b0141773_1432496.jpg

要旨はこんな感じである。
「バレンタインデーを日本でだれが始めたか、
いまとなってはわからないが、
そんなことをだれも問わないくらい定着している。
『そういうお前はどう考えているのか』といわれたら、
去年いただいたチョコレートをまだ食べずに
(手をつけずに?)います」

公共放送で、なんとも無用な発言をするものだ、と思った。
語り口からして、バレンタインデーの風習に対して
あまり好意的ではないことがうかがわれたが、
それを決定づけたのが、「去年のチョコ」発言である。
チョコ嫌いを言いたかったのではなく、
バレンタインデーに無関心であることを
事例をもって強調したかったものと思われる。
b0141773_1422189.jpg

人として、好き嫌いがあるのは自由だが、
数百万、あるいは千万台のリスナーのある公共放送で、
自分の好悪を吐露する利点がどこにあるのか、
そんなところで斜に構えた言い草に、
むしろ幼さを感じた。

かねがね、アナウンサーは「読む人」であって、
「語る人」ではないと思っているが、
だから、自分の意見を言おうとすると、
そんなミスを冒すのである。
b0141773_1424948.jpg

なぜミスなのか。
こういう発言になんら実効性がないからである。
「バレンタインデー好きでない論」をぶったところで、
この風習にブレーキがかかるはずもない。
それがわかっていて言わずにおれないのは、
それで、自分の分別あるところを見せたかったのだろう。

が、その程度の軽評論で目立とうとする器の小ささが、
むしろあからさまになった。
この風習を楽しんでいる人や、
チョコレートなどを作っている菓子メーカーからは
睨まれるくらいの結果しか得られないとすれば、
それはミスといわざるを得ないだろう。
b0141773_1434466.jpg

「読む人」から「語る人」になる年代のアナウンサーには、
こうした、ちょっとした危険があることを指摘しておきたい。

話変わって、健康相談を担当する健康支援者は、
「話す人」である以前に「聴く人」である。
この場合も、語りすぎるとつまずくことはある。
相手の事情も確かめることなく語りすぎると、
それはお説教になって、
いろいろのおすすめも、実践に移される可能性は小さくなる。
b0141773_1441319.jpg

むずかしいのは、「聴く人」を仕事とするとする健康支援者が、
セミナーや教室で「語る人」になる場合である。
話をするための、正確で、新鮮な情報を入手するのは、
それほど簡単ではないからである。
正確な情報自体は、いろいろのデータに目を通せば、
それでも、入手困難とまではいえない。
が、その多くは、すでに情報化されていて、
鮮度が落ちていることが多い。

食材だったらどうするか。
新鮮な食材でも、毎日食べさせれば飽きられるから、
調理法を変えるだろう。炒め物が続いたら、
当然のこととして、焼いてみるか、煮てみるか、
炒め煮にしてみるか……。
情報発信も、これとまったく同じである。
b0141773_1462035.jpg

健康向上のための情報も、
つねに調理法を変えて発信する必要がある。
ここでは詳細を語る余裕はないので、
もう1つの失敗例をあげておこう。

著名な大学教授で、彼の一般向けの講演は、
専門の学問のことではなく、
いまから40年ほど前の日本食のすすめである。
米、海藻、山菜、大豆など、
植物性食品をとっていたころの日本人は健康だった、
と繰り返すのである。
b0141773_151422.jpg

40年前といえば1970年、
当時の日本人の平均寿命は
男が69.31歳、女74.66歳。
死因の1位は脳血管疾患、2位はがん、3位は心疾患。
平均寿命や死因は、すべて食生活によるとはいえないが、
因果関係は大きい。

データを見ていないのか、
無視しているのか、彼はいつもいつも
「昔の日本人の食生活はよかった」と繰り返すのである。
「語る人」のプロにも大きなミスがあり、
きようも、ミスを続けているのが現実である。
b0141773_1455932.jpg

[PR]

by rocky-road | 2012-02-16 01:50  

ヘンな医師のおかげで……。

b0141773_22331068.jpg

いまからおよそ40年以前、
つまり昭和40年代のころには、
栄養士が生活習慣病(当時は成人病)関連の著書を
単独で出版することは、きわめて少なかった。

医師がほんの数ページを書き、
残りの90パーセントの料理ページを栄養士が担当する、
というような場合でも、表紙には医師名が大きく印刷され、
栄養士の名は、その半分くらいの大きさになることがよくあった。
雑誌の特集ページなどでも、似たような状態だった。
b0141773_2234041.jpg

それくらい医師の権威が高かった。
ところが最近、医師がマユツバ本を出す頻度が高くなった。
いや、正確にいうと、以前にも、
いかがわしい医師本がなかったわけではない。

しかし、状況が変わってきたのは、
その内容の真偽にについて、
栄養士に尋ねられる機会が増えてきたという点である。
b0141773_22342267.jpg

「牛乳は飲まないほうがいいのですか」
「1日1食だと20歳若返るってほんとうですか」
「サケ(鮭)は認知症予防にいいそうですね」
「かいわれ大根には抗がん作用があるんですか」

そういう珍説を説く書籍の新聞広告を見た人が、
こんな話題を持ち出す……などというシーンが、
日本中の食事相談室で展開されていることだう。
b0141773_22345457.jpg

栄養士の歴史として見たとき、
これは記憶にとどめておきたい現象である。
かつて、断然上位に位置していたはずの医師の言説を
栄養士が評価する、チェックするという時代になったのである。
立場の逆転である。

なぜそういうことになったのか。
1つには、治療を守備範囲としてきた医師が、
予防にも参戦してきたということ。
2つめに、それに伴って、不得意だった栄養学を、
ほんのちょっぴりかじるようになったこと。
3つめに、人々の関心が「健康」から
「長寿」へと発展してきたこと。
b0141773_22353075.jpg

しかし、残念ながら、臨床の医師は
予防に関しては経験が浅いうえに、
栄養学は初歩の初歩のレベル。
まともな栄養士だったら、
鮭は認知症予防にプラス、
しょうがは生活習慣病に効果的……などという乱暴な知識を
公然と披露するようなことは恥ずかしくて
とてもできることではない。
栄養学をかじった医師は舞い上がっているから、
食品の1つ1つ、料理の1つ1つに
薬事効果があるかのように、本気で思っているのだろう。

栄養素にしろ食品にしろ、薬ではない。
その1つ1つの生理効果を過大にいうのは、
フードファディズム以外の何物でもない。
おそらく、フードファディズがなんたるかも、
考えたことがないだろう。
b0141773_2235527.jpg

食生活雑誌の編集者時代、
生活習慣病に関する原稿を医師に依頼すると、
まとめのコトバは「ライフスタイルを見直しましょう」
というところに落ち着くのがお決まりコースだった。

20年以上、同じ結論になることに気づき、
そうか、医師はライフスタイルの専門家ではないし、
病気でない人への対応は不得手なのだ、ということを知った。
ライフスタイルをテーマとする「大橋予暇研究所」を
設立した理由の1つはそこにある。
b0141773_2236382.jpg

健康にしろ長寿にしろ、
素質に加えてのライフスタイルと、
その中にある健康的な習慣や食生活などによって
支えられるものである。
そのあたりを無視して、食材の効果を過大に謳うのは、
知らないことを装った、やや悪質な単純振りともいえる。

誤解がないようにいっておくが、
医学には「予防医学」というジャンルがあって、
絶大な研究成果をあげていることは周知のとおり。
b0141773_22365784.jpg

いま問題にしているのは、そういうレベルの医師のことでなく、
治療経験とささやかな知見を根拠にして
フードファディズムをまき散らす、
ごく一部の医師である。

そういう連中のおかげで、
それをチェックする立場になった栄養士は、
対応に困っているかもしれない。
「医師は栄養学には素人だから、
そんなたわいのない説に惑わされてはダメ」
ともいえないだろう。
b0141773_22372569.jpg

「傾聴に値する説ですね」といってお茶を濁すか、
「ノーベル賞ものの発見かもね」と茶化すか、
「信じる者は救われるというから、試すのもいいかも」と
心理的効果を指摘するか、
「私たちが習ってきたのは、
食材はいろいろと組み合わせることで相乗効果が出る、
ということでした。常識的な量であれば、
これを食べると〇〇に効く、という考え方はしないのですがね」と
少しまじめに答えるか、相手にもよるし、時と場合にもよる。

いずれにしろ、病気でない人や、
生活習慣病を在宅で治療中の人の
食生活やライフスタイルについては、
栄養士のほうが経験を積んでいるし、
それなりの勉強もしているから、
自分のところで食い止めるという自負が必要だろう。

それは、栄養士の社会的地位が
少し上昇したことを意味するのかもしれない。
b0141773_22385173.jpg

[PR]

by rocky-road | 2012-02-12 22:38  

リーダー不足は会議力に一因

b0141773_1716054.jpg

去る1月21日(土)、NHK総合テレビで、
「シリーズ日本新生 生み出せ!“危機の時代”のリーダー」
という討論番組をやっていた。

震災の被害を受けた地域では、若者たちが活発に救助・支援活動を
行なっている状況をレポートし、その「現場力の高さ」を賞賛していた。
しかし、国のリーダーは弱体で、海外メディアからは「リーダーレス ジャパン」と
いわれているという。
これらのレポートに続けて、著名な論者がいろいろと語り合うという形式だった。
b0141773_17164127.jpg

有益な議論だと思っていたが、エンディング近くになって、
もっと若い人が前に出てこないとダメだ、という話に集約されていった。
「待てよ! そこに行くわけ?」と思う。
若い、若くないという線引きはどうなっているのか。
結局は世代論へと持っていくところが、これまた日本的といえる。

私は、リーダーシップを左右する資質の1つは
話し合いや会議の進め方にあると思っている。
ここで意見をスクランブルできれば、年齢はどうでもよい。
この会議力に限っては、年齢にはまったく関係ない。
ある程度の資質と、トレーニング次第であろう。
b0141773_17165624.jpg

終戦後、会議の進め方の本が多く出版された。
会議らしい会議の経験がなかった日本人は、
アメリカ型の会議の進め方を一所懸命学んだ。
「ブレーンストーミング」などというコトバを聞いたのも、
昭和30年代だったように思う。

以後、いろいろの時代に会議を経験してきて、
いままた、居住マンションの理事会を経験している。
従来は、ほとんど自分が進行役だったが、
いまは、書記役なので、傍観者的に進行を見守ることができる。
コミュニケーション論として、
分析的に観察する機会を得たことに大いに感謝している。
b0141773_17172736.jpg

職歴もいろいろ、年代は40~70代まで、
まあ、日本の縮図のようなところと考えていいだろう。
おそらく、日本のあちこちで、こんな会議が行なわれているに違いない。
その実態は、会議というよりも雑談会に近い。
会議技術を忘れたのか、それを無視しているのか。
戦後60余年、日本人の会議力は1ミリも進化していないようである。

問題点をいくつかあげてみよう。
1.話題を共有しようという意識がうすい。
  視線、音声のボリューム、話のテンポなどに公私の差がない。
  1対1の対話のレベルで発言するので、
  つぶやきなのか発言なのかの区別がつかない。
b0141773_17175246.jpg

  そもそも、自分の発言を社会的発言に位置づけようという自覚がない。
  1つの話題を出席者の中に転がして、
  雪だるまのように大きくしていこうと思ったら、
  全員に目配りをし、全員に関心を持たせる必要がある。
  そもそも、どこまで聞いてほしいか、その意欲が感じられない。

2.議長(進行係)に会議運営法がない。
  挙手しないで発言する人を許す、板書をしない、
  発言しない人、内容を十分に理解していない人への問いかけがない、
  まとめをしないなどなど。
  要するにリーダー不在のまま、低調な話し合いが続く。
b0141773_17182137.jpg

日本国のリーダー不在は、こういう実態の反映だろう。
現政権には松下政経塾の出身者が多いというが、
重要な会議の議事録を残さなかったという話を聞くと、
ミーティングの技術までは学んでこなかったのかもしれない。

再度、NHKに言いたい。
リーダーシップは年齢とは関係ない。
リーダーシップの原点はコミュニケーションスキルにある。
会議やミーティングは、リーダーを育てる培養器といえる。
b0141773_17183611.jpg

そもそもリーダーにも「引っ張り型」と「後押し型」があることを
認識している人は多いとはいえない。
災害現場で「現場力」を発揮するのは引っ張り型である。
こういうリーダーは、緊急事態が起これば自然に生まれる。

これに対して「後押し型」リーダーは、人の意識が生み出すリーダーである。
「引っ張り型」リーダシップがアッパーカットのように即効性があるのに対して
「後押し型」リーダーシップはボディブローのように、
ゆっくりと、長期的に効いてゆく。
b0141773_16582215.jpg

健康支援者は、もちろん後押し型である。
それは社会を温かくするリーダーシップといえる。
これにも高い理念と高いスキルが必要なことはいうまでもない。
[PR]

by rocky-road | 2012-02-03 16:44