<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

道をお教えいただく。

b0141773_23423978.jpg

過日、小雪の降る日、大学の夜の講義に自転車で向かった。
途中、預けておいた買い物を受け取ってから
大学へ向かうコースを考えたので、
自転車のほうが小回りがきくと判断したためである。

ところが、いつもと違う道を走ったために、
途中で道に迷った。
いつものように、迷いを楽しんでいる時間的余裕はない。
b0141773_23412365.jpg

道路補修現場に数人の保安員が立っていたので、
その1人に道を尋ねた。
20歳代と思われるその男性は即答してくれた。
「この坂をのぼっていただいて、突き当たりを右へ……」
天下の公道である。彼らの私有地ではない。
なのに、「この道をのぼっていただいて」ときた。
b0141773_23414477.jpg

過日の遠距離クラスで、
このフレーズについて、受講者から質問があった。
人に写真を送るとき、「お送りさせていただきます」としたら、
仲間から「送ります」でいいのではないか、と指摘されたという。
答えは「相手がだれかによって決まる」なのだが、
仮に後輩や発注先の業者であっても、
「お送りさせていただきます」で不都合はない。

……などと話していたあとだったので、
雪の路上で道を尋ねられた人が、
「坂をのぼっていただいて」と、瞬時に答えたのには感服した。
戻って、改めてそのことを言おうと思ったが、先を急いでいた。
なんとか時間どおりに買い物を引き取り、
大学の講義時刻にも間に合った。
b0141773_23471535.jpg

大学での講義を終え、自転車で帰途についた。
途中、エネルギーと温もりとを補給するために、
何回か利用したことのあるステーキハウスに入った。
《山芋フライ》でビールを飲みたかった。
アツアツの揚げ物と冷たいビール、どちらも身にも心にもしみた。
「これ、おいしいですね」と、男性店員に声をかけた。
前にも、女性店員にそんなことを言ったような気がする。
b0141773_23473676.jpg

今回は40歳代と思われる男性店員、
いや、店の責任者か、ひょっとしたらオーナーか。
その彼が、即応した。
「ありがとうございます。お口に合いますか」
b0141773_23475832.jpg

「お口に合いますか」である。
正真正銘の問いかけである。
「ありがとうございます」でも充分だが、
「お口に合いますか」と、問いかけつつも確認する。
結果的にはダメ押しするかのような受け答えである。
ここで「おいしさ」は2者間を往復し、1つのシーンが現出した。
武士の立ち合いであれば、
相手とすれ違った瞬間に「お主、できるな?」とつぶやくようなもの。

この日は、「話芸者」のような2人に出会った、快い1日であった。
ここでいう「話芸者」とは、話芸が職種のメインになっている人。
従来は講談師や落語家、漫談師などについていうが、
食事相談やカウンセラーなど、
健康相談に当たる人も、話芸または話術によって仕事をする人、
という意味で、「話芸者」または「話術師」ということができる。
b0141773_23492153.jpg

もっとも、凹型社会(受け身型/芳賀 綏氏用語)である日本では、
話し上手は、かならずしもよい評価を受けないから、
「話術」や「話芸」は、なんとなく軽く見られる懸念はある。
しかし、「武芸者」(武道で道を希求する人)のイメージを考えると、
どうしても「話芸者」といいたくなる。

この用語については、もう少し考えるとして、
保安員もステーキハウスの店員も、
職業スキルというよりも、
身についた「話力」を示したという点で評価できる。
素地がいい、ということだろう。
b0141773_23494878.jpg

スポーツ選手がランニングで基礎体力をつけるように、
話芸者も、日常会話によって基礎体力をつけておく意味はあるだろう。
日々のあいさつ、道案内、メール、手紙、
仲間との日常的な会話にも、手を抜かないことである。

気温零度の小雪の中で、
道路にあいた穴に通行人が転落しないように
保安している徹夜勤務の若者の写真を撮って、
話芸者のパワーアップおまじないにしたいくらいである。
b0141773_23502367.jpg

なのに、なのに、今回、このエピソードに関連のある写真はゼロ。
せめて「山芋フライ」の写真くらいは撮っておきたかったところだが、
それさえもない。
カメラを持っていたのに、寒さのせいか、
バッグの中のカメラのことを忘れていた。
ドジとしか言いようがない。

ちなみに、山芋フライは、スティック状に切った山芋に
粉のバジルを振った薄い衣をつけて揚げたものである。
b0141773_23524076.jpg

by rocky-road | 2012-01-25 23:53  

定番感想「この新年、楽しかった!!!!」

b0141773_1256179.jpg
2012年は、4つのセミナーや講義で始まった。
1月8日(日)は食コーチング第9期修了者へのはなむけ講義。
翌9日(月/成人の日)は、
パルマローザ主催「新春ブラッシュアップセミナー
「クリエイティブな取材力、インタビュー力をつける。」
b0141773_172291.jpg

1月14日(土)は、身だしなみセミナー、
「赤羽でのショッピングツアー」
(カジュアルウエアを選ぶ)
翌15日(日)はロッコム文章・編集塾
遠距離クラスの講義日。
b0141773_12563998.jpg

それぞれ、内容は異なるが、
これを社会性のある立ち位置の決め方、という観点から振り返ってみよう。
これらのセミナーで感じたことの1つは、
社会人としての軸足をどう支えるか、という問題。
b0141773_12573919.jpg

取材の講義では、演習として、
「きょう、会場に来るまでに見聞したことを書きなさい」
(あと取材、思い出し取材)を出題した。
数行の文章だが、描写と感想とが混濁する文章が少なくない。
車内での乗客の様子を「取材」するとき、
描写しながら、自分の感想を述べる。
b0141773_1258536.jpg

全体の文章をジャンル分けすると「感想文」。
ふと思った。学童期に読書感想文などを書かされた人が多かろうが、
この「感想文」という学習には困ったところがある。
b0141773_12582542.jpg

というのは、読書感想文では、
「素直な感想でよろしい」という評価になりがちだからである。
「素直」は、基本的には美徳だが、熟考しないという側面を持つ。
そこで「よかった」「感動的だった」「偉い人だと思いました」
「……のところで涙をこらえきれませんでした」となりがち。
つまり、生徒は、素直に、言い換えれば反射的に出た表現で
感想を伝える技術を身につける。

「主人公の名前を間違えている」
「筆者は、そうは言っていないはずだよ」などと、
正確な読み解きができていないことを指摘する教員は少なかろう。
「そんな平凡な感想では読んだ意味はないじゃないか」とまで
ダメ出しをする教員はさらに少なかろう。
b0141773_12585373.jpg

こういう学習法は、
文章には「感想」が入らないといけないかのような文章スタイルを生み出す。
若いときに刷り込まれた文章法は、
大人になり、社会人になっても、滅多なことでは消えることはない……。
そういうことなのではないか、と思った。
b0141773_13175367.jpg

手紙などは別として、
公的な場面に、あることへの評価を伴う文章を書くときは、
原則として、まずは、より客観的、詳細、正確に事実を描写すること。
それから、感想または評価を行なう。
描写の部分と感想または評価の部分とは分ける。

塾生にはしばしば伝えているが、ひとくちに「文章」といっても、
そのアイテムは大別しても100は超える。
(エッセイ、小説、ルポルタージュ、報告書、手紙、ビジネスレターなどなど)
b0141773_130567.jpg

「評論」は、「感想」の発展型といえないこともないが、
この場合の感想は、自分の感想ではなく、
自分の意見に共感または同意できる
不特定複数の人々を想定したものであることが求められる。
b0141773_1304265.jpg

つまり軸足を社会のほうに移す。
社会の側に立って論ずること、それが社会人である。
社会現象を論ずるのに個人的な感想や素直さはいらない。
求められるのは、少しユニークな視点、
社会の財産になりうる論理である。
b0141773_1353429.jpg

遠距離クラスでは、
社会性のある文章を書くトレーニングに時間をかけた。
「感想型文章」から脱却するには、
もうしばらくは、反復する必要がある。
b0141773_1332715.jpg

軸足を社会に置く必要は、文章に限らない。
赤羽でのウエアのショッピングツアーに参加するに当たって、
「職場に着ていけるような服があるのなら行きたい」
というような意味の問い合わせがあったと聞いたが、
職場環境を知らない者には判断ができない。
b0141773_133455.jpg

社会にはいろいろの環境がある。
自分もその社会環境の一員であり、
したがって、自分にも環境をつくる権利と義務とがある。
とすれば、社会環境にピッタリカンカンの服などありえない、
環境はつねに変貌を続けているのだから……。

社会人としての軸足がしっかりしていれば、
どんな店に入っても、自分なりの環境提案はできるだろう。
このときの選択基準は、
社会または職場、または同業者にとって適度に提案的であること。
b0141773_1342819.jpg

自分の好き嫌いの中には、
自分の社会環境は「かくあるべし」という提案が含まれなければならない。
衣服に「無難」や「一生もの」を基準にするのは、
文章における個人的感想、読書感想文に当たる。
社会は言う。「そんなこと、知ったことか!!」

では、こんな場合はどうだろう。
「〝ら〟抜きコトバ」(「寝れる」「見れる」)や
「〝で〟抜きコトバ」(「あした、早いんすよ」)が不快だという。
中高年女性に多い「アメリカの? ニューヨークの?
ハンバーガーショップの?」という、
尻上がりの問いかけ調にはうんざりだという。
「いわゆる」を乱発するバカがいる……。
b0141773_137269.jpg

これを大新聞や部内報に書く場合にも、
感想文的な書き方では、意味のある文章にはならない。
快・不快、好き・嫌いを表出するだけでは、社会は1ミリも反応しない。

もし、そんなに不愉快であれば、
そういうコミュニケーションの不都合を、
いくつかの例をあげて、それに同意した人には、
それを改善する方法を何項目かあげて、
実効性のレベルをあげる。
b0141773_13185382.jpg

一種のマニュアルである。
楽器の教則本も、パソコンの「取説」も、禁煙プログラムも、
社会の財産となっているからこそ意味を持つ。
マニュアルは、反射的には書けない。
じっくり考え、何度もシミュレーションをする必要がある。

というところまで読んできて、
この文章を読んだ感想が思い浮かぶかもしれない。
その感想の評価基準の1つは、
「このブログは、社会にどの程度有効なのだろうか」
ということかもしれない。

by rocky-road | 2012-01-17 01:22  

栄養士の再生はできるか。

b0141773_0304346.jpg

正月のテレビ番組、
NHKスペシャル「目指せ! ニッポン復活
閉塞感打破の処方箋」というビジネス番組を観ていて、
健康支援者、とりわけ栄養士にも、
大いに参考になることがあった。

薄型テレビや自動車など、日本の得意分野が
次々と韓国や中国に奪われているが、
まだまだ日本の「売り」はたくさんあるという、
沈滞気味の人にはカンフル注射のような番組内容だった。
b0141773_0353480.jpg

その中で、円高対策として、
工場をアジアに移す日本企業の事例が紹介された。
しかし企業の中には、日本式を現地に押しつけるがために
失敗する例があるという。
日ごろ「消費者ニーズ」「消費者の目線」といいながら、
現地の事情に適応できない会社があるとは、
ありそうなことである。

普段から、消費者ニーズを考えている者、
この世の中に「安心・安全」などありえないと考えている者は
軽々しく、そういうコトバは使わない。
ビジネスや企業といえども、その程度の常識をわかまえず、
ヒョコヒョコと海外に出かけていく現実、
これも日本の一面である。
b0141773_03668.jpg

もっとも、この番組は、そういうお馬鹿企業をけなすのが目的ではなく、
各地にある地場産業などの技術を使って、
グローバル化時代に適応し、勝ち抜いていく可能性があることを
実証する内容である。
自動車メーカーが小型飛行機の開発で可能性が出てきたとか、
製材所では、木くずを燃料に変えることで電化代を抑え、
マイナス経営をプラスに変えたとか。
b0141773_0362814.jpg

さて、健康支援者との関係。
健康支援者は、
本当に自分のクライアントを理解しているのか、という問題。
健康支援者の代表、ドクターの多くは「してやっている意識」が強く、
クライアントの病気は理解していても
病人を理解している人は多いとはいえない。
もっと困るのは、そういうドクターの権威主義だけを
まねる医療関係者は少なくないという現実である。

そんなドクターでも、人体の解剖図は頭に入っているはず。
腹部を押して痛い部分を探るとき、
彼の頭には臓器の1つ1つが浮かぶことだろう。
栄養士にとって、解剖図に匹敵するのは、
その1つは食事の物差し(摂取基準)ではなかろうか。
b0141773_0365192.jpg

「食生活の地図」にもたとえられる。
ただし、クライアントにこの地図を示して、
正しい道を教えるという使い方ではなく、
「卵は週にどれくらいあがりますか」
「お肉は、週にどれくらい召しあがります?」のように、
相手の食習慣の利点を見つける手順、道筋として使う。
b0141773_0384356.jpg

食材を思いつきであげてゆくのではなく、
一定の体系に沿ってあげてゆく。
この場面では、栄養士は対面するクライアントの
食習慣の利点発見者となる。
b0141773_0391156.jpg

多くのクライアントに接している人なら理解しているはずだが、
人々は食生活を改善するという願いを
かならずしも最優先しているわけではない。
それ以前に、自分の話を聞いてほしい、
通り一遍の話ではなく、いままで聞いたこともない質問によって、
自分を知ってほしい、
そして、その中のどれかを支持してほしい……。
b0141773_0403678.jpg

「そんなの、本来の栄養士の仕事ではない……」といっているのは、
アジアに移転しながら、現地事情に適応しきれない、
マンネリの「円高苦企業」と同じ。
時代により、場所によって、切り口は変わる。
栄養士が人生相談をやる必要はない。
しかし、人は正しい食事をするために、
健康を維持するために、
この人生を選んだわけではない。

そのことを頭に置いている栄養士と、そうでない栄養士とでは、
食事相談の入り方、進め方はだいぶ違ってくる。
食生活の地図は、相手に押しつけるためにあるのではなく、
相手の中にある宝物を探り当てる探索器具のようなものである。
なのに、どうも「食生活の地図」を
使いこなしていると思われる人は少ない。
この食事法を提案している大学でさえ、
これの適切な使い方がわかっていない。
b0141773_041631.jpg

その理由は、栄養素や食生活の地図が
終点であるかのように誤解しているからである。
栄養学や食生活の地図は、いまではハードウエアである。
いま求められているのはソフトウエア、
あるいはコミュニケーションにおけるコンテンツ。

2011年~2012年の日本のスローガンの1つは、
「日本再生」であるようだが、
健康支援者の1人、栄養士の再生も、
ニーズに気づく感性と、
食や健康をベースにして
人々の幸福感を強化することによって
実現できそうである。
b0141773_0423786.jpg

by rocky-road | 2012-01-04 00:42