<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

健康支援者よ、凹型プラス、凸型に。

b0141773_22482281.jpg

大学時代以来、今日に至るまでわが恩師である、
芳賀 綏先生(はが やすし)が、
11月26日、午後のNHKラジオの30分番組に出演されたので聴いた。
「私の日本語辞典」という4回シリーズ番組の3回と4回の放送。
先生からファックスで教えていただいたのは、この段階だったので、
1、2回は聴けなかった。
番組は司会アナウンサーのインタビューに答える形式。
b0141773_22485261.jpg

芳賀先生は、国語学者で評論家、東京工業大学の名誉教授。
NHKとは縁が深い先生で、テレビでは「視点・論点」という番組に
しばしば出演される。
ちなみに1928年生まれ。大学時代、先生は20歳代の助教授だった。
金田一春彦先生のお弟子さんでもある。

今回の放送は「日本語辞典」となっているが、
コトバの問題というよりも、比較文化論が中心の話であった。
たとえば、文化圏を凸型(とつがた)文化と
凹型(おうがた)文化とに分けて見る視点。
凸型とは大陸に住む人たち。
ヨーロッパやオーストラリア、北米などに代表される人たち。
宗教的には一神教の世界。
b0141773_225118.jpg

自然環境、たとえば空気が乾いていて、
自然が厳しく、季節の変化の幅が小さい。
ここでは牧畜が発達し、人は動物をコントロールし、
そこで強い統率力、リーダーシップが発達した。
何千頭、何万頭の動物たちを大自然の中で支配するのは、
並大抵のことではできない。
したがって、自然に対して制服的、攻撃的。

自己主張が強く、個人と個人、国と国とせめぎ合う。
自信があり、相手を言い負かすことに懸命になるが、
そもそも相手も、そう簡単にはへこまない。
これが凸型文化。
b0141773_2251427.jpg

これに対して凹型文化は、日本をはじめ、
湿潤気候の、一部のアジアの人々。
ここでは暑く湿度が高いので、とても牧畜には向かない。
ここに住む人は、自然が身近で、それを崇拝する植物性文化。
八百万の神(やおよろずのかみ)というように、
神は身近なところにいくらでいる。
神様は、困ったときには助けてくれる存在。
(大陸の凸型文化圏では、ゴッドは天にいて、人にそうやさしくはない)

凹型文化圏にある日本人は、自己主張よりも、相手を気づかう文化。
「おコトバを返すようですが……」、「至らぬ者ですが……」
「不適任とは思いますが……」「浅学非才(せんがくひさい)を顧みず……」
「以上、はなはだ簡単ですが、ごあいさつに代えさせていただきます」
などという表現を好んで使う。
b0141773_225231.jpg

日本には、「コミュニケーション」というコトバはなかった。
一時、日本語訳を試みたが、受け皿となる概念がないため、
よい訳語が見つからず、原語をそのまま使うことになった。
日本人は、コミュニケーションを「コトバのやりとり」くらいに理解しているが、
アメリカの言語学者の定義には、
「人の心を変化させること」というのもあるという。

最近は、日本人もディスカッションやディベートを好むようになったが、
凸型文化圏からやってきた留学生から見ると、
日本人のディベートは、始まりから終わりまで、
話があまり変化しないという。
みんなで話し、時間はかけるが、新しい知識が身につくものでもなく、
高度な理論に到達するわけでもない。
b0141773_22523064.jpg

……以上は、放送のごく一部だが、
このような内容が中心だった。
凸型と凹型とどちらが優れているか、という議論ではなく、
まさしく比較文化論である。
こういう知識を前提に、
自分たちのコミュニケーション風土の長短を見極め、
自分たちとは違うコミュニケーション風土の人と
どのように接していったらよいか、という話である。

先生の考察がますます文化論的になり、
ワイドレンズで人々を見るような、
広い視野に立っている、という点が勉強になった。
文化人類学や動物学など、ご専門以外の学問からの引用が多い。
ホームグランドだけで戦うのではなく、
アウェイでも善戦している、といったらわかりやすいか。
b0141773_2253279.jpg

ここからも健康支援者が学べることがたくさんある。
その一部をあげておこう。

1.専門性に逃げ込むな。
  自分のフィールドだけで戦っている人間の足腰の弱さを
  自覚する必要がある。
  昔からいわれているように、専門バカは、
  自分の世界に引きこもり、小さな穴を掘り込むことだけに熱中する。
  それがだれのための専門なのかさえ忘れて、
  あたかも自閉症のごとく、周囲に目を閉ざす。

  福島原発では、原発の専門家は、
  大きな津波が来る可能性を指摘する学者の声を無視した。

  栄養士の世界では、それほどのスキルが準備されていないのに、
  特定健診後の「栄養指導」を一手に引き受けて、
  少なからずの受診者を失望させている。
  まさしく専門バカが露呈しつつある。
  健康支援者は、これまでに、
  人間のライフスタイルや人生を考えたことがあったのか。
b0141773_22533866.jpg

2.まぎれもなく凹型人間の典型である健康支援者は、
  もっと自己表現に意欲的であっていいだろう。
  勉強は、なんのためにするのか。
  その目的意識がないと、いくら学んでも身につかない。
  もっといえば、なんのための人生なのか。
  自分の知識や体験を世の中に還元しよう、
  という使命感がない者には、人生はあまりにも退屈である。

  「使命感」などという表現が重いというなら、
  「プライド」「幸福」「心身の豊かさ」「輝きのある人生」といってもよい。
b0141773_22541652.jpg
  
  芳賀先生はこう話した。
  「日本人は、コトバにしないことを大事にする。
  以心伝心、相手の心を察する」
  これらは美徳ではあるが、これは世界が小さかったときの話。

 栄養士も、毎日のように新聞や雑誌、テレビやラジオに登場している。
 だが、その多くは、素人が企画したものを依頼されただけのこと。
 アマチュアであるディレクターが書いた栄養論・食事論を
 復唱するだけのテレビ番組のなんと多いことか。
 「待てば海路の日和(ひより)あり」なのである。
 (待っていれば、いつかいいことがある、という格言)
b0141773_22543516.jpg

 「自分は、こんなことができる」とメディアに売り込んでいる人が
 どれくらいいるだろう。
 世の中は、政治家や行政やメディアだけが動かしているわけではない。
 1人1人のアイディアとアクションが、政治や行政、メディアを動かすことも多い。

 ロッコム文章・編集塾の得意の1つは、
 そういう人を支援することなのである。
b0141773_22545952.jpg

 ★芳賀先生の「私の日本語辞典 第4回」の再放送は、
  12月3日(土) 第2放送、午後3時ころ。(ラジオ体操のあと)
[PR]

by rocky-road | 2011-11-29 22:55  

「専門バ〇」 に縛られない体操チーム

b0141773_23143320.jpg

11月20日(日)に、
日本体操協会主催の「2011 日本体操祭」に、
パルマローザ有志が出場するので、
撮影班として参加した。
b0141773_23263936.jpg

チーム名は《メタボリックバスターズ》、
命名は不肖、大橋禄郎。
同チームは回目の出場。
ネーミングのユニークさと、衣装の奇抜さで、
そこそこの注目度をあげている様子。
b0141773_23151875.jpg

この祭のコンセプトは、「体操をみんなのものに」
ということらしく、難度の高い体操力を競うのではなく、
マスゲーム的な統一感と、一定のパフォーマンスを楽しむ。
採点などはなく、出場者も観客も声をかけたり笑ったり。
2日間で、187チームが出場するというから、
進行のテンポは速い。
b0141773_2316229.jpg

チームは100人くらいの大編成もあれば、
10人くらいのお友達グループまであり、
大体育館に展開する人の輪は大小さまざま。
それでも、かなり本格的なジャンプ、回転、
ピラミッドなどを組み込んでいるチームもあって、
なかなか見応えがある。
b0141773_231555.jpg

カメラマンとしては、1チームがどれくらいのスペースを使うのかを
あらかじめ想定して、フレーミングを設定しておく必要がある。
わがメタボリックバスターズは、今年は22人の登場という。
そこで、その人数が近いチームの演技を見て、
レンズのズームの比率を決めて待った。
b0141773_23281295.jpg

前々回は、2階観覧席から300ミリレンズで狙ったが、
思ったより近く、むしろもっとワイドのレンズでもよかったと後悔した。
今回は、一眼レフはサブとし、メインはコンパクトカメラでいくことにした。
b0141773_23172316.jpg

いよいよメタボリックバスターズ登場。
午後4時20分。
BGMは、テレビ番組「3分間クッキング」のテーマ曲。
22人が割烹着に姉(あね)さんかぶり、両手にごはんしゃもじという出で立ちで走り出る。
体操祭とはおよそ似つかわしくない衣装に、「えぇ~」という声や笑い。
レオタードや体操着など、カラフルなコスチュームにはさまって、
割烹着はおおいに目を惹く。
b0141773_23182496.jpg

統一感もある。練習不足は感じない。
ボールやリボンを使う子どもたちの演技には、
少なからずのミスがあったが、
健康支援者のお姉様方は、腹も尻も座っていて安定感ズシリ。
といって、ドタドタ感も感じない。
b0141773_2318427.jpg

演技の後半、割烹着を脱いで、それをパッと空(くう)に投げる。
と、中身はスポーツ用のブラとパンツ。
ここで一気にスポーツ感が爆発。
静から動への大転換。
タイミングも決まって、終了。
b0141773_23201039.jpg

最後でパッと決める演出はよいが、
次回は、もう少し早めに衣装を脱いで、
軽装になったところでバック転を……とまではいわないが、
デン繰り返しくらいの運動性を見せてもよいかもしれない。
出場回数に伴って、課題をふやしていいだろう。
b0141773_23202831.jpg

以前、イギリスの小学校で、体育の時間をふやしたら、
むしろ、国語や算数などの勉強の成績があがった、
というニュースを聞いたことがあるが、
全身を使ったパフォーマンスを定期的に行なう健康支援者は、
いかなる「専門分野」でも、活躍度を増すことだろう。
b0141773_23205563.jpg

このところ、文章や身だしなみ、写真教室など、
パルマローザや食コーチング発の研修が、
そのほかの栄養士グループの企画に採用されることがあるが、
ひょっとしたら、数百人規模の体操チームが編成されるかもしれない。
b0141773_23212565.jpg

「そんなこと、ありえない?」
b0141773_23244464.jpg

そうね、二言目には「栄養士は専門性を忘れずに」なんて、
意味のない権威主義を振りかざして煙に巻く
未熟なリーダーに率いられていては、
体育館で体操力をアピールする、などという発想は出てこないだろう。
b0141773_2323182.jpg

[PR]

by rocky-road | 2011-11-22 23:30  

全国ユーモリスト健康支援者ランキング

b0141773_145978.jpg

作家の北杜夫氏が、10月24日に他界された。
享年84歳であったという。
作家として40歳のときに「躁鬱病」(そううつびょう)を発症し、
それを公表した。
あのユーモアあふれる作家のかかる病気なのかと、
当時は意外に思った。

氏が『どくとるマンボウ航海記』を発表したとき、
その文章に惹かれ、読んだり、部分的に書写したりして、
ユーモア感覚を身につけたいと思った。
この作品は1960年に発表されたもの。
私が大学を卒業した年である。
b0141773_161392.jpg

歌人・斎藤茂吉の子であり、
ドクターでもあった北杜夫氏は、
船医になってアフリカのマダガスカル島などへ出かける。
船医になった理由は、その島に興味を持っていたので、
島に上陸したら、そこから「スタコラさっさと逃げてしまおう」
という計画があったからだと、同書に書いている。
もちろん冗談だが、ホンキで書く文章のおもしろさは、
教材としては申し分なかった。

人間には眼力というものがあって、
それなりの力を持っている。
たとえば、フランスのルーブル博物館では、
みんなに見つめられる名画の表面の絵の具は
その人たちの眼力によって剥離が起こる。
とくに裸体画の剥離が著しく、下に散った絵の具の粉を
チリ取りで掃除する専門の係官を置いている……などと書く。
b0141773_17377.jpg

(原書で確かめようとしたが、本棚を何回点検しても、
見つけることができなかった)

日本には「洒落本」や「滑稽本」というジャンルがあり、
『東海道中膝栗毛』(十返舎一九)が知られるが(1802~1822年)、
明治以降は、さほどの傑作が出ていない。
夏目漱石の『坊ちゃん』もユーモア小説の1つといえるが、
日本は、ユーモア文学の盛んな国とは、とてもいえない。
b0141773_174329.jpg

1961年、筑摩書房から「世界ユーモア文学全集」全15巻が出たので、
何冊かを買って、読んで、写して、その心を学び取ろうと思った。
イタリアの作家/ジョバンニ・グァレスキの『ドン・カミロの小さな世界』や、
イギリスの作家/ジェローム・K・ジェロームの『ボートの3人』からは
とくに影響を受けた。

「ドン・カミロ」は、イタリアの寒村に住む牧師の話で、
教会の祭壇に掲げてあるキリスト像と会話ができる設定。
俗物の要素を多く持つカミロは、
牧師でありながら銃で密猟をしてキリストにとがめられたり、
共産党員である村長(幼なじみ)と殴り合いのケンカをしたりと、
事件を起こしてばかり。
b0141773_182074.jpg

僧衣の下に銃を隠して密猟に出かけようとすると、
祭壇のキリスト像に見つかってとがめられる。
キリストに言い訳をするドン・カミロ、
それをやり込めるキリスト像、
2人のやりとりが知的でなんとも楽しい。

わが才能と、諸般の事情で、
ユーモア作家にはなれなかったが、
海洋雑誌やダイビング雑誌、海の旅雑誌に25年あまり
エッセイを連載する機会を得て、
ユーモアセンスを試し、磨くことはできた。
b0141773_185369.jpg

さて、健康支援者にユーモア感覚が必要かどうか。
ユーモアは、人を馬鹿笑いさせればいい、という
ギャグやオチャラケとは違う。
穏やかなおかしみ、悲哀、人間性の真実などを含む
まさしく人間学の一滴(ひとしずく)である。

「長生きしたかったら、お酒はきっぱり辞めるべきです」
「食欲をコントロールできない人に話してもムダかな?」
……クライアントに向かって、
こんな決めつけをする健康支援者には、
ユーモア感覚のカケラもない。
こういう人にユーモアをすすめてはいけないことになっている。
b0141773_191828.jpg

ユーモアセンスのない人がユーモラスであろうとすると、
それは悲劇、惨劇以外の何ものでもないから、
厳に慎むべきである。
野暮や生真面目は、それ自体ユーモラスだから、
それなりの存在価値はある。

いつか、健康支援者を対象とした
全国ユーモリスト健康支援者ランキングを
作ってみたいと思っているが、
5人をリストアップするのに、
短く見積もっても100年はかかるだろうから、
わが一生には実現できないだろう。
b0141773_193855.jpg

[PR]

by rocky-road | 2011-11-11 01:09