<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

あなたって、クレオパトラに似てる!!!!

b0141773_022396.jpg

前々回、このブログに
「責任と誇りのある文章を書こう」というタイトルで
一文を書いたところ、
知人から感想を伝える手紙をいただいた。

前々回の私のブログの内容とは、
ある栄養士のリーダーが、
二言目には栄養士の「専門性」を口にするが、
栄養士の専門性ってなんだろう、という趣旨のものである。
b0141773_0232374.jpg

知人は、感想に加えて、
このブログと似ている文章を見つけたと、
食の専門誌に載っている記事のコピーを
同封してくれた。

「栄養士に問う」と題するその文章を読んで
あまりの内容の粗雑さに絶句した。
b0141773_0244357.jpg

元大学教授という人のその文章は2ページ分。
内容は2つに分類できる。
前半は、「社会と文化が正常なら食育はいらない」と
ある講演会で話したという内容を補足するもの。
社会のほうを直さずに、食育という絆創膏を貼って
社会の乱れを繕おうとした似非(えせ)栄養学者が
乱立している……云々。

後半は、こんなふうに結んでいる。
「栄養学は食を通して社会の営みに関わる学問であり、
単なる生化学的知識の集合ではない。
食料の生産から摂取、排泄、汚物処理に関し、
人と社会との関わりを総括的に見るものである。
そう考えれば、栄養学を学んだ皆様には
現在の壊れかかった社会の立て直しに関与できる場面が
ごまんとある。自分にできることで良く、背伸びしてまで
やる必要はない。名誉を求めず自分らの社会を
少しでも良くしようと思うだけで、食育につながるのである」

この人は、社会がよほど壊れていると見ているらしいが、
この文章からは、どこがどう壊れているかがわからない。
壊れていない社会とは、いつ、どんな状態で存在したのか、
その例示もない、よくある嘆き節の論調。

さらにわからないのが、
社会の「壊れ」と、食育とがどうつながるのか、
一部の栄養学者は食育によって
社会を繕おうとした「似非(えせ)栄養学者が乱立している」
という話へと持っていく展開。
b0141773_0292159.jpg

自分のイメージをコトバで説明できない。
なにか憤りのようなものが内在しているらしいが、
それをコトバで表現することができない。
自分の中では、食育、栄養学者、社会の乱れとが
つながっているらしいが、3つの関係の説明がない。

結びの文章はいよいよもう分裂的で、
栄養士には「壊れかかった社会」の立て直しに
関与できる場面があるといい、
しかし、背伸びまでしてやることはないといい、
社会を少しでもよくしようと思うだけで、
食育につながる、と。

酔っぱらいの文章みたいで、
ていねいに読もうとすると、かえってめまいが起こる。
ここで文章教室や文章心理学をやっているヒマはないから
話を先に進めたいが、それにしても伝統ある専門誌が
よくもこんなひどい文章を載せるものだと、
編集者の質の低下を嘆かずにはいられない。

私のブログの文章に似ていると思われたのは、
栄養士を指導する人へのクレームである、
というところなのだろうか。
b0141773_0295790.jpg

さて、上記の文章を送っていただのと同じタイミングで、
こんなことがあった、と聞いた。

パルマローザの会員講師が「食育」に関する
セミナーを担当したところ、受講した1人から、
講師が論じた内容が、
『文藝春秋』の11月号に載っている
料理研究家の辰巳芳子さんの発言と
「ほとんど同じ」との感想を聞いたそうである。

さっそくその講師は、雑誌を買って読んでみたところ、
内容に重なる部分がほとんどなかった。
そこで講師は、感想を伝えてくれた人に質した。
「どの部分が同じなのですか」

いろいろのやりとりがあったが、
「食をたいせつにしたいという心が同じ」
というところに落ちついた。

「食をたいせつにしなくていい」という論調は皆無だから、
世の食事論は、全部似ている、ということになる。
b0141773_0305331.jpg

似ていないのに、同じように感じられる、
これは少なからずの人に共通する感覚なのかもしれない。
講演会の講師を経験した人(おもに女性)は、
受講者から「先生のお話、私の考えていたことと同じなので
自分の考え方でいいのだ、と思いました」と
感想を述べられることがときどきあるという。

言われたほうは、気分が穏やかではない。
独創的な考え方やスキルを講じたのに、
それが自分の考えていたことと似ている
などといわれたら、
プライドがおおいに傷つく。

著述家にとって、人の論説を転用することは、
資格を問われるほどの大罪である。
雑誌や新聞記事にも、
人の記述を丸写ししたものがあり、
それが露見して、大きなトラブルになったことは何度もある。
大手の新聞社などは、剽窃をした者を即クビにする。
(ひょうせつ=人の文章や詩歌を
自分のものとして利用すること)

それが社会通念だから、
「似ている」とか「同じ」と言われたほうは、
緊張するし、まさか、とも思う。
そんな悩みを植えつけるほうは、
あっけらかんとしている。悪気はない。

その原因は、本人の「浅読み」、理解不足にあるが、
それでも本人にしてみれば、
接した文章や講話に共感した、
という好意的な表現のようである。
b0141773_0312024.jpg

だから著述家よ、
「似ている」「そっくり」と言われてもがまんをしよう、
彼らにとっては最高の賛辞のつもりなのだから……
というのが結論だとしたら、救いがなさすぎる。

やはり、面倒でも、
「どこが、どんなふうに似ているのですか、
私にはわからないので、説明していただけますか」と
問いかけることだろう。
詰問ではなく、穏やかに、穏やかに……。

もちろん、浅読み人間には説明はできないだろう。
それでも腹を立てずに、できる範囲の説明を聞こう。
コトバに窮して、自分の不用意な直感が、
相手を傷つけたことに気がつく可能性は低いが、
それでも、説明を求めることによって、
相手の読解力、話を正確に聞く能力、
説明する能力を、
数ミリにしろ前進させるほうに賭けてみようではないか。
[PR]

by rocky-road | 2011-10-29 00:31  

あなたにとっての人間学とは?

b0141773_2354493.jpg

去る10月9日に、パルマローザ主催で行なわれたセミナー、
「健康支援者に求められる『人間学』」の終了後、
受講者にお願いしたアンケートの回答を拝見した。
さすがはパルマローザが行なうセミナー、
アンケートにも、きっちりと記入をしていただいているので、
精読するのに時間がかかった。

質問項目は次の5点。
1.このセミナーに参加された理由をお聞かせください。
2.本日のセミナーで、学んだことや、印象に残ったことをお示しください。
3.あなたにとって「人間学」とはどんなことですか。
4.講師、大橋禄郎先生にひとこと! お願いいたします。
5.今回の企画について何かご意見やご感想などがございましたらお示しください。
b0141773_2365550.jpg

アンケートは、主催者であるパルマローザが作ったものだが、
私からは「3.あなたにとって『人間学』とはどんなことですか」
という項目をリクエストさせていただいた。
おそらく、人生で最初で最後に受ける質問ではないかと思うが、
さすがに人間学の受講者、大半の人が3つの空欄を埋めてくださった。
         (空欄のまま1名、1~2項目のみ回答、3名)
この欄の回答の一部をあげてみよう。

◆「あなたにとって「『人間学』とはどんなことですか」
 *人間の本質を見抜いてサポートすることに必要なもの。
 *人間関係、コミュニケーションをよくするもの。
 *自分自身を客観視し、みがくために必要なもの。
 *ヒトと人間の行動を理解し、よりよい人生を生きる手段となるもの。
 *相手に寄り添った健康支援ができること。
 *無意識の発現をニードとしてとらえ、供給するもののヒントにする。
 *個性、言動のすべて。
 *まだまだという「謙虚」な気持ちを持ちつづけること。
 *人間っておもしろい。
 *まず自分自身を知ること。
 *「なぜ、その行動をとるのか」を思考し、物事を深くわきまえ、
  観察、分析して、解釈する。
                          (以下、割愛)
「自分を知る」というとき、
多くは自分の性格や行動様式、
クセなどの把握にとどまる場合が多いが、
今回のセミナーでは、「ヒト」であり、動物である自分について
観察する必要と方法についてお話しした。
b0141773_2381088.jpg

近代人の思考力は、自分が神の子ではなく、
動物の一員であることを理解し、
しかし、「しょせん動物」という見方を避け、
動物との境界を冷静に見極める、というところまで深まってきた。
(まだ、万人がそこまできた、とまではいかないのだが)

病気の治療や予防に軸足を置いて発展してきた栄養学は、
ともすると医師が冒してきた失敗……「病気を診て人を見ない」の
轍を踏みがちである(「てつ」をふむ=失敗を繰り返す)。
b0141773_2393098.jpg

糖尿病を患っている未亡人に、
亡夫の仏壇に供えるまんじゅうを、
「フードモデルに代えなさい」と提案する
ドクターの人間知らずはその典型である。

人間学は、いろいろの専門学問に分化した結果、
その本流に目を向ける機会は少なくなった。
医学や栄養学、分子栄養学、生物学や脳科学、物理学や天文学……
支流は広がるばかりで、その細い流ればかりを見ているうちに、
本流、つまりもともとは人間のための学問である、
ということを忘れてしまった。
人間学が、ずっと進展、充実し続けているジャンルの1つは
文学かもしれない。
「理系」には、その文学にも関心を示さない人が多い。
「病気を診て人を見ない」現象の一因はここにある。
b0141773_23103753.jpg

アンケートの中の「ご意見・感想」欄への回答に、
*「テーマとしてずっと栄養士がほしかったけど、
 ばくぜんとしていたので、もう少し深め、いろんな人に伝えていきたい」
*「シリーズ化されるとよいと思います」
*「理系の科学者、化学者にも学んでいただきたい」
などがあった。
このセミナーの趣意をしっかり理解している方が多く、
大いにやり甲斐を感じた。
b0141773_23113874.jpg

ここで、関連付録の話題を1つ。
世間で行なわれているアンケートについて書いておきたい。
一般的なアンケートには定番があって、
その1つは記述式ではなく、項目選択式である。
いわく、①よかった  ②普通  ③よくなかった

この形式は、筆記習慣のない人、記入意欲がない人、
記入時間や記入場所がない場合を前提としたものである。
全国の健康支援者関連のイベントでも、
少なからずの主催者が、○×式を踏襲している。
セミナーのような、場所も時間も確保され、
知的レベルの高い人が集まった場で、
「①よかった ②普通……」式のアンケートを行なうのは
きわめて場違いのことであり、
集まった人をバカにした対応でもある、といわざるを得ない。
b0141773_23123315.jpg

「よい・よくない」「満足・不満足」の判断は、
その日の天候、体調、家族との関係などで
左右されがちだから、あまり参考にはならない。

そもそも、アンケートを「調査」とだけ解釈すること自体、
考え違いをしている(不特定多数を対象とした大規模調査は別として)。
b0141773_23131414.jpg

セミナーやイベントなどのアンケートは、
受講者の参加意識を高めること、
受講したことを記入者自身が自分にフィードバックすること、
そしてもちろん、主催者が自分の企画が
どのように受け取られたかを把握すること、などにある。

きょう学んだことを記述することは、
その情報がどれだけ受講者の脳裏に強くインプットされるか、
書くか書かないかでは、大きな違いがある。
b0141773_23135749.jpg

さらに、自分の企画したイベントを、
「よかった」「普通」「よくなかった」というようなアバウトな評価で
切って捨てられることに何も感じないような姿勢ではだめ。
アンケートの意味を考えず、惰性でやっていると、
このように無意味なものになってしまう。
b0141773_23142789.jpg

どうしても点数がほしければ、
「満足度は何㌫?」とやる方法があるにはある。

アンケートを行なうにも、それ相当の人間学は必要。
問いかけは、無から有を生む思考システムであり、
自分と自分、自分と人とをより深く結びつける
創造的コミュニケーションである。
b0141773_23144269.jpg

[PR]

by rocky-road | 2011-10-21 23:14  

責任と誇りのある文章を書こう。

b0141773_164231.jpg

ある栄養士組織の会報に目を通していたら、
代表者が「責任と誇り」という小文を書いているのに目がとまった。
その要旨は次のとおり。

「いうまでもなく栄養士は専門職である、
その専門性を生かして社会に貢献してきた
公益性のあるプロである。
b0141773_175665.jpg

どの科学分野も近代化し、
それに伴って専門性はますます分化していった。
より高度な知識や技術を求めていったが、
いつの間にか、その目的を忘れてしまった感がある。
(この部分の論旨不明)

その専門性を自分たちの地位や、
社会的レベルをあげるための専門性であると、
勘違いするようになってくることは心配である……」
b0141773_184034.jpg

なんとも歯切れの悪い文章で、
だれに、何をいおうとしているのか、肝心のところがボカしてあって、
本意がなかなか読みとれない。
組織のリーダーがこんな文章しか書けないのかと、
おおいに失望した。
これは「専門」ではないからいいのかしら?

それはともかくとして、「専門性」を振りかざして
栄養士を脅すというパターンは、
この40年以上、変わっていないようである。
私が大学の出版部にいた1970年代から、
少なからずの教員たちが、この論を展開していた。
b0141773_191075.jpg

この場合の「専門性」とは、病院勤務の栄養士をイメージしたもので、
つまりは医学的な知識や栄養知識、技術こそが、
栄養士にとって、もっとも高度な専門性である、という位置づけである。
この教育の結果、これだけ栄養士の職域が広がったのに、
病院栄養士は依然としてピラミットの頂点にいる。

それにしても、「専門性」とは何かについて、
栄養士のリーダーたちは、真剣に議論したことがあるのだろうか。
給食サービスの最前線で働く栄養士にとっての専門性、
保健所、学校、福祉施設、産業界、スポーツジム、教育機関、フリー、
それぞれに専門性はある。
だから、それらの専門性は、現場ごとに徹底的に教え込まれているはずである。
b0141773_195717.jpg

経済学部卒、法学部卒、文学部卒などの人たちが、
すべて大学で学んだことと直結する職場で働いているわけではない。
証券会社に就職した文学部卒の人物に「専門性」を求める場合、
夏目漱石の作品論ではないし、『源氏物語』の鑑賞力ではない。
「東証1部」とはなにか、「ジャスダック」の対象となる会社とは……
といった知識がまず求められるだろう。
それがやがて専門性になる。
しかし、文学部で学んだ知識や、それらによって培われたセンスは、
組織の多様性を保つうえで、おおいに役立つはずである。

ベースボールでいえば、ピッチャーの専門性、
キャッチャーの専門性、外野手の専門性などと、
ポジションによって専門性は異なってくる。
各選手に求められるのは、その場に必要な専門性と、
基礎体力やベースボールの基本的なルール理解、
そして、場面場面に適応するセンスなどであろう。
b0141773_1102322.jpg

そう考えてみると、
彼ら(栄養士をミスリードしてきた多くの教員やリーダー)がいう「専門性」とは、
むしろ、栄養学の基礎のことを指しているのではないかと思えてくる。
もちろん、基礎にも、時代とともに変化するところはある。
それでも、基礎さえしっかりしていれば、
いろいろの変化やケースバイケースに対応できる。

たくさんある現場に必要な専門性など、
教育機関で教え込むことができるはずもなく、
現場で身につけるしかない。
実際、そのように進んでいるから、
部外者は、それぞれの職場の専門性など、心配しなくてよい。
b0141773_118184.jpg

心配なのは、40年1日のごとく、「専門性」を掲げて
栄養士に無用な緊張を与えている「ミスリーダー」(ミスリードする人たち)の
愛情不足と思考力不足であり、それを誤魔化すための悪意である。
本人は、栄養士養成の基礎教育に欠けるところがある、
といった着眼はないから、
養成校のカリキュラムの見直し、というようなアイディアも出てこない。

これは、宗教に伴う「原理主義」に似ている。
原理主義とは、原点となっている教典に書かれていることを絶対とし、
それと矛盾する思想や生活習慣、文化や文明を排斥する主義である。
女性は外出するとき、顔を隠さなければならないとか、
自動車を運転してはいけない、とかといった類(たぐい)である。
b0141773_1183957.jpg

原理主義とそっくりなのは、
「専門性」を説くミスリーダーが、実は、時代や現場に適応することを嫌い、
栄養士になるために学んでいたころのマジメな態度に戻れ、
と言っているところである。(……のように思える)

国家資格を持っている栄養士の年収が、
一般事務職のそれと、トントンか、どうかするとそれ以下という現状は、
そうした専門性強調主義の結果である、といえそうである。
事あるごとに「専門性」を説かれた人は、
手紙を書いてほしい、会場係をやってほしい、といわれると、
「それは私の専門ではありません」などといって、
守備範囲を狭めてきた。
雇用者にとって、こういう人材はコストパフォーマンスが悪い。
だから、気がつけば、年収が安値安定してしまったのである。

もう40年以上も同じことをやっているのだから、
「専門性」議論から目覚めなければならないだろう。
まず、すぐにこれを口にする人は、
栄養士を応援し、尊敬度の高い職業へとステップアップさせる
アイディアのない人であって、そのアイディア不足、
能力不足を隠すために(本人にその気はないにしても)、評論家に回って、
よそ事のように、栄養士を叱咤し、ときにいじめにかかる小者である、と見てよい。
b0141773_1195562.jpg

ここで改めて、専門性と基礎性を考えてみてはどうか。
コミュニケーション力は専門性なのか、基礎性なのか、
ていねいな話し方、聞き方は専門性なのか、基礎性なのか、
最新の情報を書物や雑誌、セミナーなどで学び続けることは
専門性なのか、基礎性なのか、
社会人として、職業人として「責任と誇り」を意識することは
専門性なのか、基礎性なのか、
公私にわたってアクティブな生活をすることは
専門性なのか、基礎性なのか……。

機会があれば「ミスリーダー」に聞いてみたいが、
栄養士個人としても、
このあたりのカテゴライズを自分なりにしてみるとよい
[PR]

by rocky-road | 2011-10-14 01:20  

君はちゃんと勉強してよ。

b0141773_0141190.jpg

切歯扼腕(せっし やくわん)というコトバがある。
激しく怒ること、くやしがることをいう。
「切歯」は歯ぎしり、「扼腕」は、腕を握りしめる状態。
要するに歯ぎしりして悔しがる状態。

いま、日本一、この思いを味わっている1人は、
小沢一郎氏が4億円疑惑で初公判に出廷したあとの記者会見で、
「野党から国会で説明するように要望が出ているが、応じる気はないのか」と
質問をした記者ではないか、と思う。
b0141773_0154484.jpg

口べたの小沢氏にとって、数少ない話術の武器の1つは
逆質問である。
おおぜいの記者が集まっている中で、逆質問された人は、
自分の意見を展開しなければならない。
それにはヒビって、沈黙する。
b0141773_0201812.jpg

小沢氏はいう。
「なにもやましいことはしていないので、
そのようなことを考えるつもりはまったくない」と。
そして逆質問。「三権分立を君はどう考えているの?
ちゃんと勉強してよ」
b0141773_0205911.jpg

ああ、なんという不甲斐なさ。
ディベートのトレーニングをするか、
食コーチングプログラムスの「食ジム」にいらっしゃい……、
テレビを見ていて、思わずそう思った。
政治記者なら、小沢氏のこういう手法は知っているか、
先輩記者から聞いていたはず。
b0141773_018069.jpg

逆質問には、さらなる逆質問……これがディベートのセオリーである。
「三権分立とおっしゃいますが、
あなたはその1つの検察や裁判を不当とおっしゃる、
だったら、あとは立法府の国会で立場を明らかにするしかないのではありませんか。
三権分立をおっしゃる以上、まだ一連の司法手続きを信じておられるわけですね?」
「だとしたら、あなたを起訴したことは、適正な判断といえませんか」
b0141773_023361.jpg

例の記者は、仲間や、メディアからそんな指摘を受けて、
いたたまれない気分だろう。
記者は、文章を書いてナンボの職業だから、
公共の場での、ナマ身の人間とのぶつかり合いは得手ではない。

では、健康支援者はどうか。
食事相談は、まさにナマ身の人間のぶつかり合い。
しかも、相手には自分の生き方に
絶対の自信を持っている現役パリパリのおっちゃんがゴマンといる。
だからこそ議論やディスカッションのトレーニングが欠かせない。
口べた政治家に逆質問をされたくらいでオタオタしていてはダメ。
b0141773_0235781.jpg

日本人はシャイだから、その場では黙っていても、
あとから「ああ言えばよかった」「こう言えばよかった」と後悔する。
問いかけにしろ議論にしろ、それは反射神経、
からだに覚えさせておかないとイザというときに役に立たない。

トレーニングの機会はいくらでもある。
駅で気味の悪い男が近づいてきて声をかけたり、
じろじろ見つめたり……。
こんなときは「通報していいですか」(これも問いかけ)
いきずりの痴漢や変質者なら、たいてい、これで撃退できる。
b0141773_0242226.jpg

小沢さんの功績は、日本人に「逆質問にナヨナヨするな」という
教訓を与えたこと、これは彼の数少ない業績かもしれない。
それと、健康支援者には、
「食ジム」でトークの瞬発力を磨く意義を教えてくれた。
「ハイ、勉強します!!!」
[PR]

by rocky-road | 2011-10-09 00:30  

やっぱり、郵便でしょう。

b0141773_15794.jpg

先日の「東京スティ2泊3日」の参加者から、
手紙やら写真やら、ハガキやらメールやらをいただいている。
それぞれに、体験を熱く復唱していてすがすがしい。
和紙に筆でしたためる人もいて、
当分は余韻を楽しむことができる。
b0141773_112431.jpg

自分の写真をポストカードにして送ってくれる人もふえた。
建設中のスカイツリーを通勤途中で撮って、
絵ハガキにして、シリーズ化して送ってくれる人もいる。
b0141773_115845.jpg
b0141773_121481.jpg

私が属していたスノーケリングクラブの《東京潜泳会》でも、
現在の《スノーケリングピープル》にしろ、
出かけた海から絵ハガキを書くのが半ば習慣化していたから、
わが絵ハガキ歴は40年あまり、ということになる。
もちろん、仲間にも絵ハガキ派が生まれ、行く先々から絵ハガキをくれる。
個人別に作ったファイルが何冊かあるし、
水中写真の年賀状は、1年ごとにファイルする習慣もできた。

こういう環境に長く生存していると、
ある人と一定のやりとりがあったあと、
その人から手紙や絵ハガキはもちろん、メールでさえも
あいさつや連絡がないと、妙な残存感が残る。
余韻とはまったく反対の、落ち着かない感覚である。
b0141773_154665.jpg

先々月、数年前に卒業した大学での教え子2人が、
たまたま私の話が出たのをきっかけに、
「会いたい」といって訪ねてきてくれた。
一緒に食事をして、楽しいひとときを過ごしたが、
1人は名刺を持っていなかったので、
後日、送るといっていた。

が、それから1か月以上もたったが、いまだに連絡がない。
近県から、おみやげまで持って出てきてくれたので、
いただいたくだものをモチーフに絵手紙を書いて、
住所がわかりしだい出そうと待機中である。
もう1人も、こちらから連絡したのに応じて、
お礼のハガキをくれた。
大学当時「コミュニケーション論」の受講者なのだが、
これが卒業後7年目の現実である。
b0141773_135175.jpg

一般には、こういう問題をマナー論として扱う。
時間をとってもらって、食事をごちそうになったり、
相談に乗ってもらったり、今後の生き方について
わずかとはいえアドバイスをもらったりしたのだから、
礼状の1つも出すもんだ、と。

が、この発想は、あまり実効性がない。
世間の枠にはめようとすると、
たいていの若輩は潜在意識で反発するからである。
b0141773_164894.jpg

行動科学的に見ると、
これは、その個体の脳内地図のサイズの問題であって、
これから進む人生の地図が、はじめから小さいのである。

たとえていえば、《なでしこジャパン》の佐々木則夫監督もいっていたように、
かつての《なでしこ》は、分相応に、3位、4位を目指していた。
が、アジアのチームは、みんな世界1を目指している。
「そうか、1位を狙わずに、最初から2位や4位狙いでは勝てるわけがない」

同様に、人生のスケールを考えていない人は、
あるいは考えられない人は、
1つの小さな物語(出会い)の始まりを意識できず、
世界が広がるかもしれない可能性をイメージできないのである。
それは「この人は利用できる」といった世俗的な発想を指すのではない。
b0141773_18062.jpg

それ以前の問題として、きょうの体験を整理し、
感想や解釈を記すという生活習慣があるかどうか、ということがある。
これは基本的に脳内の作業である。
つまり脳内環境がどうなっているか、という問題である。
もちろん、コトバを使う能力、文字を書く能力、
日記を書く経験や能力、人との話し合いをフィードバックしたくなる動機の強弱、
もしくはそうする習慣の有無などが問題になる。

そうした準備性のない人間に、
外的な刺激、それも社会に軸足を置いた刺激を与えても、
そう簡単には受け入れられない。
最悪なのは、マナー論である。
「常識のある大人っていうものは、そういうもんじゃない!」
これがいちばんいけない。
b0141773_185035.jpg

ではどうするか。
それは個々人の器(うつわ)というものだから、
放っておくしかない。
そうなのだが、「それをいっちゃあ、おしまいよ!」
だから、こちらの習慣を淡々と、政治家的にいうと粛々と
続けるしかない。結果を期待せずに。
ここが我慢のしどころ。
スポーツ界では「我慢のゴルフ」「我慢のピッチング」などという。

日本の「カワイイファッション」が、世界中に伝播したように、
文化は、伝わるときは伝わる、
伝わらないときは伝わらない。
b0141773_1204316.jpg

ときあたかも、アメリカでは郵政省にあたる政府機関が
郵便物の減少から存続の危機に見舞われているという。
世界の郵便物の半分近くはアメリカ人によるもの、
といわれるほどの郵便王国にして、これである。世界から、郵便物はなくなるのか。

そんなことを予想するヒマがあったら、
きょういただいたハガキの返事を書こう。
より広い世界に住みたいから、
より刺激の多い人生を送りたいから……。
[PR]

by rocky-road | 2011-10-02 01:10