<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

嵐の川を見に行って亡くなる人の人間学

b0141773_137056.jpg

先日の台風(15号)によって、わが家の近くにある、
赤羽緑道公園入り口の桜の老木が、
根本近くから裂けるように、あるいはねじ伏せられるように折れていた。
だれかが通報したのだろう、区の係が来て、
わずかな時間に、いくつかに切り分け、クレーンで引き抜き、
トラックで運んでいった。何年間の寿命なのか、
かくして、1本の桜の老木の一生は終わった。

「千の風になって」の編・訳詞者、新井 満氏が、
津波から免れ、1本だけ残った松のことを詩に詠んでいた(ラジオ深夜便)。

その詩は、松林のほかの松たち(親や兄弟たち)が、子孫を残すために、
懸命に小さな1本の木を守り、自分たちの意志を後世に託した、という設定になっていた。
b0141773_2112750.jpg

赤羽緑道公園前の桜の場合は、
並木から1本だけが離れたところに立っていたために、
だれからも助けられなかった、ということなのかもしれない。

生物の生存にとって、群れることがいかに大きい意味をもつのか、
ということを改めて深く感じさせる環境異変であった。
(群れることを選ばない生物も少なくないが)
b0141773_139446.jpg

ところで、この台風でも、「川の様子を見に行った」人が
水に呑まれて亡くなった。
1回の台風で、かならずといってよいほど「川を見に行った」人が亡くなる。
なぜ、こういうことを繰り返すのか、
これを動物行動学的に考えてみた。

俗なコトバでいえば、「怖いもの見たさ」ということになるが、
もう少し根元的な行動ではないかと思う。
自然が暴れ出したとき、その様子を見ずにはいられない、
という衝動が起こるように思える。
b0141773_140046.jpg

川を見に行って亡くなるのは、行った人のすべてではない。
台風のあと、実態調査でもやればすぐにわかるだろうが、
若い人も若くない人も、風や波や激流に引き寄せられるように
見に行っているはずである。
おそらく、亡くなった人の何十倍か何百倍かの人が見に行っているはずである。
その大半は男性だろう。嵐の怖さを感じる感度は男性のほうが低いに違いない。

いずれにしろ、台風のときにも、「これは危ない!」というスイッチが入るのが一様に遅れる。
もっと見たい、もっと確かめたいという衝動のほうが大きいからである。
津波が襲ってくるときの映像を見ても、逃げる人は、
驚くほど落ちついていて、走り方は全力疾走とはほど遠い。
川の様子を見に行った人も、川に呑み込まれる瞬間は、
あのように緩慢な動きをしているように思える。
b0141773_1424980.jpg

ここで、高齢者のリスクがぐんと高くなる。
逃げるタイミングを見誤ったり、そもそも危機感を感じたりする感度が、
高齢者は鈍くなっているのかもしれない。
横断歩道のない車道を、ゆっくりと渡っていく高齢者を見ていると、
危機感の感度も、やはり落ちるように思う。

その年まで、何十回となく耳にしてきたはずの
「川の様子を見に行った人が亡くなった」というニュースも、
彼の行動に、ほとんどブレーキをかけていないようである。
それはつまり、理性では抑えきれない衝動が起こるのではないか。
b0141773_1432631.jpg

都会で生活している者には想像しにくい状況だろう。
家には海や川を渡ってきた風や水しぶきがビシビシと当たる。
隣家はなく、いざとなれば、だれかに助けてもらうという心の支えもない。

そんなところに、玄関先に得体の知れぬ者が立って、ドアを乱暴に叩いている。
ドアを蹴破られかもしれない、風が家の中を通り抜けるかもしれない、
男として、こんな状況下にあって、見て見ぬ振りはできない。
「そこまでいうなら、出ててやろうじゃねぇか!!」
このあたりから、男は雄に変わる。
恐怖は攻撃性に変わり、「ちょっと様子を見に行ってくる」となる。
b0141773_143481.jpg

人間行動を見るとき、社会化された人間の面だけを見ていても、
人間を知ることはできない。
ヒトもしくはホモサピエンスの部分をも洞察しないと、人間はよく見えない。

肥満比率が男性では上昇を続け、女性では横ばいや下降気味という現象も、
人間だけを見ていては、それ以上の洞察はできない。
健康支援者にも人間学が必要と思う一例である。

10月9日(日)に、「健康支援者のための 人間学入門」の講義を控えているせいか、
いつもにも増して、人間学づいているように思う。

10月9日、パルマローザでは、講師・大橋禄郎先生による
「健康支援者のための 人間学入門」セミナーを開催いたします。
ご参加ご希望の方は、メールにてお問い合わせください。
追ってご連絡させていただきます。(残席5)
パルマローザ主宰 影山なお子

--------------------------------
b0141773_1441955.jpg

《情報》 赤羽経由でロッコム文章・編集塾に通塾する方へ
 駅構内の《エキュート》の飲食店エリアが9月23日にオープンしました。
 55店が営業を始め、活況を呈しています。
 ここにひっかかる時間を考慮してお出かけください。
b0141773_1443247.jpg

[PR]

by rocky-road | 2011-09-25 01:47  

人生の旅は夜つくられる。

b0141773_0515156.jpg

沖縄での水中撮影の旅に続いて、
《食コーチングプログラムス》主催の東京スティに参加し、
体力の限界まで消耗した。
からだのどこかが痛いというのではなく、だるさと眠気が残っている。
完全燃焼した手応えのせいか、燃え尽き症候群の自覚症状はない。
b0141773_052179.jpg

東京に生まれて75年、戦時中、
学童疎開で1年半くらい東京を離れたこともあったが、
ほぼ東京の栄枯盛衰を見てきたように思う。
その東京で、各地の健康支援者のみなさんを案内するとなれば、
役どころとして不足はない、とひそかに思う。
b0141773_0534845.jpg

といって、名所旧跡や《はとバスコース》をたどる気はない。
若いときから今日まで、自分用東京旅コースとして慣れ親しんでいるコースを考えた。
それでも、隅田川からスカイツリーを見るロケーションは初体験である。
おそらく、この船旅は今後、超人気コースになるだろう。
b0141773_054821.jpg

コースの詳細は、影山なお子さんのプログ(スタンバイスマイル)に譲るとして、
http://palmarosa.exblog.jp/ここでは夜通しトークについて書いておこう。
夕食後、そろそろ就床時刻というときに、
一室に集まって、ゆっくり語り合うという趣向。
旅に出れば、同室の人とじっくり話し合うことはよくあること。
夜通しトークは、これをもう少し組織的にしたもの。
成り行き任せの雑談ではなく、一定の方向性を維持する。
b0141773_0552747.jpg

とはいえ、ディスカッションやシンポジウムのように、
話の展開にこだわるとカタくなって、眠気促進をしてしまう。
まとめ過ぎず、流れすぎず……というのが、進行役の留意点。
ここは旅のスタイルと似ているかもしれない。

私は、自分の旅を「創る旅」と称してきた。
地図と対話しているような旅は好まない。
そのために、しばしば帰り道を見失うが、それをも旅の楽しみとしている。
夜通しトークも、ある程度、成り行き任せ。
展開の予測不可能なところが楽しい。
b0141773_0575490.jpg

今回のトークのテーマの1つは「5年後の私」。
20代の人の5年後、50代の人の5年後のイメージを聞くのが楽しい。

近年、将来の夢や希望を書き出すという習慣を持つ人は
減ったと思われるので、具体的に予定を立てている人は少なかろう。
坂本龍馬のそれは、野心的。自分をデッカく、デッカく書いている。
不肖大橋禄郎も、青年期以来、しばしば「計画」を書き出してきた。
書いたことさえ忘れたほど、いろいろと書き出し、そのほんの一部が実現した。
b0141773_059243.jpg

予想どおり、今後を具体的に書いている人は少なかった。
頭に中で考えているだけでは、1歩も踏み出したことにはならない。
次に起こるいろいろの想念によって「上書き」されてしまう。

書いたものは、手元に置きたいし、携行もしたい。
閉じたノートからも、情報は自分に情報を送ってくる。
これはイメージではなく、科学的に説明できる。
このアナログの意味を忘れてしまった人は、
生物のなんたるかを見失ったかわいそうな人である。

夜通しトークでは、これといった結論は出さない。
各自が自分で結論を出すから……。
結婚、夫婦の距離の置き方、子どもをどうするか、
趣味と仕事の区別、ビジネスの基本などなど。
b0141773_11222.jpg

2夜にわたる夜通しトークは確かに骨身に応えたが、
楽しさがそれを上回った。
考えてみれば、海への旅先で、
しばしば似たようなことをやってきた。
28歳ころからの生活習慣、旅習慣の1つになっていた。

いまも、それを持続している幸運を思う。

さて、東京スティ後、全国の文具店で、
いつもより余分に、ちょっと高級な何冊かのノートが売れたはずである。
いまごろは、彼女たちのこれからの旅のルートが
記録され始めていることだろう。
b0141773_0562812.jpg

[PR]

by rocky-road | 2011-09-21 01:01  

See you again!!

b0141773_2346333.jpg

沖縄の座間味島で潜ってきた。
あいかわらず、水中は世界一のロケーションを保っているが、
それでも魚はだいぶ減った。
かつては自動車くらいの岩を完全に覆っていた魚群(キンメモドキやネンブツダイ)を
見つけることはできなかった。
そういうロケーションのエリアは、ダイバーが訪れ、
魚群の中を横断したりするので、魚たちは、そんなところを避けるようになった。
b0141773_23545880.jpg

その一方で、古座間味(ふるざまみ)という海水浴場のような海には
魚が寄っていて、むしろ年々ふえている。
おととし、ここで撮ったハマフエフキの写真が富士フイルムのコンテストで入賞したが、
ことし、彼は(かどうかは不明)、仲間数匹を連れてあいさつにやってきた。
水面に浮かぶ人間に近づくはずのない
コトヒキやツマグロモンガラという魚までもが、親愛の表情で寄ってきた。
b0141773_235858.jpg

            第49回富士フィルムフォトコンテスト ネイチャーフォト部門 優秀賞

そう思うのは人間の勝手で、つまりここの魚たちは
完全に餌づいているのである。
人が来ると、なにかくれると思うので、寄ってくるだけのこと。
b0141773_23583042.jpg

以前は、このビーチの売店で、魚肉ソーセージを売っていた。
が、食品添加物の入った人間向けの食品を野生の魚にやっていいのか、
という問題が起こり、いまは完全に販売を控えている。
ソーセージの包装材が海面に浮いていて、それを魚が食べることも心配だった。
b0141773_23585645.jpg

いまは、一部の人が、パンや菓子などを持っていって与えている。
少なからずの人がそうするので、あいかわらず魚たちは寄ってくる。
中には手を噛まれて出血する人も少なくない。
魚種によっては、人の指の一部を食いちぎることもある。
b0141773_23592722.jpg

餌づけがなぜ問題になるのか。あらゆる動物に共通することとして、
第1に、摂食量が増えると、繁殖が活性し、そのエリアではまかないきれないほど個
体数が増える。
その結果、自然の生態系が崩れる。
さらに、どこかで限界に達し、相当数の餌不足死が起こる。
海や川の場合は、餌づいた魚はすぐに釣られ、結局は食用にされる。
b0141773_002398.jpg

第2に、野生動物が「野性」を失う。
食べ物は人がくれるもの、という習性が刷り込まれることになる。
クマやサルなどの場合、人間の住む地域に平気で出没するようになり、
畑を荒らしたり家を荒らしたり、人を襲ったりする。
結果として、人が彼らを駆除することになる。
「動物がかわいい」という思いが裏目に出る。
b0141773_014887.jpg

ことほど左様に、餌づけは、動物、人間双方にとって「百害あって一利なし」。
それが専門家間の常識だが、私はやや異なる意見を持つ。
餌づけを禁ずることには賛成だが、その不徹底は好ましくない。
b0141773_042930.jpg

動物には、畑と、野生の植物との区別はできない。
ゴミ捨て場のゴミと、自然が与えてくれる恵みとの区別はできない。
動物の接近を完全に防げない畑やゴミ捨て場は、
なんだかんだといっても、餌づけにほかならない。
餌づけに反対なら、畑の周囲には、数メートルのネットを張らねばならない。
ゴミ箱には、ちょっとやそっとでは開かないフタをしなければならない。
ずいぶん金はかかるが、田畑を荒らされる被害額よりは少ないはず。
b0141773_053757.jpg

それができないのなら、自然の中へ中へと進出していく人間側が、
動物たちに一種の通行料を支払う必要があるだろう。
自然界に明らかに餌が不足したときには、一定量の「給餌」(きゅうじ)をする。
「餌づけ」も「給餌」も、国語的には大差はないが、
「給餌」は管理された餌づけ、「餌づけ」は情緒的な、無制限の餌やりである。
b0141773_09150.jpg

古座間味の例でいえば、餌づけは1人1パック(容器も食材製に)、
もちろん低エネルギーで、添加物のないもの、そして、海を汚さないもの。
意識の改善を待つのではなく、ルールの徹底を図る。
規格の餌以外のものを与えることは厳禁する。
もちろん、餌づけの数は1日何㌔と決めておき、場合によっては一時休止もする。
b0141773_092410.jpg

場所は変わるが、去年、モルディブのファンアイランドで、
夜になるとサギがレストランの厨房の裏手にやってきて、
従業員が廃棄物を持ち出してくるのをじっと待っているのを見た。
ビーチでは10メートルまで寄るのもむずかしいが、
ここで30センチまで寄れるのだった。
これも共生のカタチなのかと思った。
b0141773_0134523.jpg

徹底しない餌づけ禁止を唱えているよりも、
ルール化し、管理された餌づけ容認のほうが、結果はよいように思う。
精神論や机上論よりも、前向きで、人々の思考力を深めることになると思う。
b0141773_0101444.jpg

古座間味の魚たちの、妙にフレンドリーな表情を見ていて、
彼らの健康を強く願った。
エラのあたりに茶色いコケのようなものがついてハマフエフキをよく見ると、
釣り針が突き出しているのだった。
今回も、動物と人間との共生のむずかしさを強く感じた。
[PR]

by rocky-road | 2011-09-05 00:13