<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ミイラ取りとオオカミ少年

b0141773_23335687.jpg

新聞広告で見つけた「コミュニケーション・スタディーズ」
というお初にお目にかかるジャンルの入門書を読み始めたが、なんとも読みづらい。
効果的なコミュニケーションのあり方を解説する書物が、
こんなに読みづらいのはどういうことか、と首をひねった。

8人の学者が共同執筆している本なのだが、
いま読んでいる章に限っていえば、読者との向き合う意欲が弱く、
自分の知識を説明すること、いやそれ以前に、自分に言い聞かせることに
追われる筆者であることが一因のように思われる。
b0141773_23342523.jpg

こんな文体で解説されるのである。
「トレンホルム(Trenholm,2011)は,対人のやり取りは
非個人的なものから始まって,互いについての情報が深まるにつれて
いくつかの発展段階を経ながら一定の対人コミュニケーションに
なると考える。本章でも,広く『二者』によるやり取りを
対人コミュニケーションとするが,ミラー(Miller&Stenberg,1975)は,
『関係』の質が最も高い,互いの個人的な特徴が交わされるようなレベルだけを
対人コミュニケーションとする」

自分または同業者に説明することに精一杯で、
読者の反応、読者の理解度など考えている余裕はない。
自分のコトバ、自分の考えを押しやって、軸足を「諸説」に移す。
だから、なんとなく上の空の文章になってしまう。
なおかつ、追い込むように欧米系学者の名を出してくる。
外国の諸説を紹介してくれるのはありがたいが、
一説一説を噛んで含めるように説明しないと、読者はついていけない。
b0141773_23351713.jpg

おもしろいのは、8人中、6人が、ノースウエスト大学とかイエール大学とか、
フランクフルト大学とか、海外の大学で勉強したり、学位を取ったりした人だという点。
アメリカを中心に欧米諸国にはコミュニケーション先進国が多いから、
それらの国々の学説を紹介してくれるのはうれしい。
が、外国帰りの人たちの軸足は、とかく滞在した国のほうに置かれることは、
戦後66年間、変わっていないようである。

終戦直後、著名な小説家までが、
日本はフランス語を採用するとよい、とまで言った。
敗戦で大きなダメージを受けた日本人は自虐的になり、
日本的なものをひどく嫌う半面、欧米の文明や文化を「無条件に」
といいたいほどの勢いで採り入れた。
b0141773_23355284.jpg

以前、担当していた雑誌の座談会に招いたある教育評論家が、
フランスの教育制度をあまりにも絶賛するので、
しまいには腹が立ってきて、「なぜ文部大臣に進言しないのですか、
そんなに優れているフランスの教育制度をそっくり輸入すべきことを。
それをしないことは、教育評論家の怠慢ではないのですか」と、
きわめてマジメな表情で嫌みをいった。

外国で学んだことを、外国人のつもりで日本人に言い聞かせるタイプを
「在日日本人」だといった人がいるが、
私は「ミイラ取りがミイラになった」という言い方をしている。
戦後、何年たとうが、外国の優れた文化・文明を採り入れる作業は必要だから、
「日本人は、もっと自分の文化に自信を持て」と、
ジャンルにかまわず頭から決めつけるのはよろしくない。
b0141773_2336271.jpg

とはいえ、外国で生活したり学んだりした人は、
その知識やスキルを日本に紹介するとき、日本人になりきって語ってほしい。
でないと、外国人による日本語訳みたいな言い回しになって
理解しにくいし、説得力も弱くなる。

仮に、アメリカで、糖尿病患者に対して糖質を極端に制限する療法があるとして、
それを日本人にそのまま当てはめようとしても、ムリがある。
ご飯やパンを「主食」と位置づける日本人が、
糖質を極端に抑制した生活を10年も続けたら精神的におかしくなる。
糖質の代わりに良質たんぱく質含有の食品でエネルギーをとろうとすれば、
ほかの病気を発症する可能性が飛躍的に高くなる。
b0141773_23365651.jpg

翻訳とは、単にコトバをA国からB国に移すことではなくて、
B国の文化、歴史、人間性に適合するように移すことをも含む。
たまたまアメリカで学んだり、アメリカの文献を学んだりした人間が、
たとえば日本人や日本文化を知らないままに、
直訳、逐語訳的に日本中にその知識を流布しようとしている姿を見ると、
「ミイラ取りがミイラに」などとノンキなことをいってはおれず、
むしろ「キチガイに刃物」と言いたくもなる。
その一方で、それをありがたがる受け手もいるわけだが。

医療関係者の中には、病気を診て、人を見ないタイプが多いから、
(忙しくて人など見てはおれない現状もあるが)
これからも外国ネタを自分の「売り」にしたがる人物は出現し続ける。
わけのわからない微量成分をアンチエージングの決め手のようにいう
在日日本人には、一生、注意を怠らないことである。
b0141773_23371577.jpg

それと同時に、日本人の食事が「欧米化」に汚染されきったかのように
悲観して見せる「オオカミ少年・少女」(「オオカミが出た」といって、
人を脅かし、自分のアイディア不足を誤魔化すタイプ)も、
しばらくは生息を続けるはず。
これは、「在日日本人」とは反対に、極端に外国文化を恐れるタイプ。

こういう、いろいろの人間の諸行動を正しく把握するためにも、
健康支援者には「人間学」の知識が求められている。
b0141773_23373174.jpg

[PR]

by rocky-road | 2011-08-23 23:33  

自分の頭で、もうちょっと考える習慣。

b0141773_2363351.jpg

以前、フードコーディネーターを目指すスクール生たち(大半は社会人)に、
こんな宿題を出したことがある。
「気に入っている飲食店1店を選び、
よいところを評価し、今後のさらなる発展を願って
改善点を示しなさい」

文章量は800字。
ところが、大半の学生は、その店の利点や気に入っている点をあげるのに熱心で、
改善点に使うスペースは1~2割程度。
改善点の中には、「分煙ができていない」といった
当時としては、なかなかの着眼のものがあったが、
多くは「いつも混んでいて落ち着けない」
「京都に本店があるが、最近東京に支店を出したのは残念」といったもので、
まるで繁盛してはいけないような指摘が少なからずあって苦笑した。
b0141773_238316.jpg

なぜこういうテーマの課題をしたかというと、
将来、自分が経営者になる可能性を想定し、
アイディアを引き出すトレーニングをしたいと考えたからである。
現状への批判、改善への提言、平たくいえば「ないものねだり」は、
クリエートの第一段階になることが多い。
現状に満足していては、新しいものは生まれにくい。

この考えは、いまも同じで、ロッコム文章・編集塾でも、
この種の課題はしばしばしている。
b0141773_2382539.jpg

最近では、ある新聞に載った、科学部次長によるコラムの文章。
「ランニングと心の健康」について論じたものだが、
マラソンが好きで、いきなり42.195kmを走って下痢や発熱を起こし、
以後、懲りもせず、同じことを繰り返す。
2人の専門家にランニングは健康や長寿にプラスになるか、
などと、とってつけたような取材をしているが、
この筆者には根本のところに健康効果とフルマラソンを直結させる
超短絡思考があるために、どう論じてみても健康論にはならない。
自分でもヤキモキしてきたのか、
「空の青さや雲の白さが実感できる」などという実践者の声を引用して
お茶を濁している。

この宿題に対する塾生の反応は、やはり寛容で、
要約のほうにスペースがとられ、論評は押せ押せになってしまう。
よく指摘することなのだが、
論じようという気合いが弱かっり、
論点の準備性が弱いと、前置きとなる要約部分が必要以上に長くなる。
b0141773_2394410.jpg

なぜこうなるのか、それは文章力以前の問題といってよい。
日本人の穏和さ、批判嫌いによるところが多い。
論評や批判を「悪口」などと表現するように、
あまり道徳的でないように感ずる文化がある。

その限りにおいてはうるわしいが、その副作用として、
論理性が鈍る、という問題がある。
無風状態を「よし」としてしまうことは、不適切な情報を野放しにすることに通じる。
b0141773_2321436.jpg

そういっているそばから、食生活誌が送られてきて、
その特集は「長寿の食習慣」だった。
その習慣には8つあるそうで、それは以下のとおり。

1、体力づくり体温づくりのたんぱく質食品をとる
2、たんぱく質といっしょに野菜をたっぷりとる
3、米・パン・めんを一日3食
4、BMI 19以上を目標に、できれば一日1600kcal
5、骨を意識してカルシウム、マグネシウム、ビタミンD・Kをとる
6、塩分・油脂・砂糖をとりすぎない
7、サプリメントに頼らない
8、脱水状態にならないよう水分をたっぷりとる
b0141773_23111867.jpg

「食習慣」といいながら、その大半は栄養素か食品の摂取基準(量はアバウトだが)である。
四群点数法で説明すれば、1、2、3、4、5、6は、1つの項目ですんでしまう。
情報提供者となった人物は四群点数法を知らず、
編集部までもが四群点数法を忘れてしまっているらしく、
わざわざ分解して、8つの項目の8割弱にまでばらまいた感じ。

この程度の食習慣で「長寿」が実現できると、ホンキで考えているのだろうか。
食事の習慣だけをとっても、
たとえば、1日に何をどれだけ食べるかという物差しを持つこと、
定刻に食事をとる習慣、メニュー構成のあり方(一汁三菜)、
少なくとも20分以上をかけて食事をとる習慣、飲酒習慣のあり方、
家族や知人と談笑しながら食事をする習慣、
定刻の排便習慣、外食や中食を楽しむ習慣、
調理を楽しむ習慣……。
(生活習慣だってゴマンとあるぞ!!)
b0141773_23131994.jpg

ニュートンがゆで卵を作るつもりで時計(懐中)をゆでた、
というエピソードがあるように、
1つのことに夢中になると、ほかのものが見えなくなる。
「栄養」の効果を謳う者は、
長寿や健康は、栄養素の充足だけで実現できるかのように思ってしまう。

人は、情報も食べている(モチベーション、生きがい)、
人間関係によって生かされている……、
そういうことがわからなくなっている専門家や専門誌は、
時代をリードすることなどできない。
b0141773_23124282.jpg

この文章は、専門誌への悪口が目的ではない。
このプログを読んでいる人は、いつの間にか、
一部の専門家や専門誌のレベルを追い越してしまっていることを自覚してほしい。
知識が、というよりも、センスが、思考力が、バランス感覚が、
不勉強の専門家のレベルをだいぶ超えてしまった、ということを。

「専門バカ」は、視野狭窄や歩行停止という副作用があるから、
その間に、数歩先に出てしまったのである。
b0141773_23141740.jpg

ほんとうは、あなたこそ、情報提供者になるべきなのだが、
さて、それを人々に正確に伝える発話力、文章力の準備はよろしいか。
[PR]

by rocky-road | 2011-08-13 23:14  

松下村塾とロッコム文章・編集塾

b0141773_23271928.jpg
NHK総合テレビに「セカイでニホンGO!」という番組があるが、
8月4日に放送した「最新ニホン教育事情」というのを見た。

OECDでは、加盟する国々で義務教育が終わるころの15歳の生徒を対象に、
読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシー、問題解決能力について
3年に1回、「生徒の学習到達度調査」を行なっている。
(略称「PISA」Programme for InternationalStudent Assessment,)
b0141773_23274949.jpg

この話はニュースなどで知ってはいたが、
かつて世界一(数学部門)になったこともある日本も、
2009年の調査では、3部門とも1位を上海に、以下、シンガポール、
フィンランド、香港、韓国、台湾などに譲り、
数学的リテラシー部門で9位、科学的リテラシー部門で5位に入る程度の結果になった。
このようにレベルが急落した理由の1つは、例の「ゆとり教育」だという。

出演者の渡辺美奈代、宋 文洲、パトリック・ハーラン、
千原ジュニア、尾木直樹、加藤晴彦、
たかのてるこ、松本あゆ美、青井実といった人たちが
その原因を指摘する話し合いがおもしろかった。
国際社会で活躍しようと思う日本人にとって、
柔軟性の弱い日本的思考法は、ずいぶんマイナスになる、
との指摘が、宋 文洲氏やパックンからなされていた。
また、上位のフィンランドの教育事情を示すルポが参考になった。
b0141773_2328138.jpg

フィンランドでは、教科書に従って授業を進めるのではなく、
教師が徹底的に「なぜ?」「どうして?」と生徒に問いかけ、
生徒に自分で考えをまとめる経験をさせていた。

この方式は、図らずも食コーチングプログラムスが開講した
「健康支援者のための リーダーシップ ゼミナール」でも行なってきたところであり、
これからは「食コーチング ディスカッション ジム」で
さらに発展的に実施されようとしている。
b0141773_23292192.jpg

さて、わがロッコム文章・編集塾はというと、開塾して7年がたったところで、
入塾者が増える一方、初期の人が私的な理由で退塾したりもしている。
塾生数としては大きな差異はないが、
もっと塾生のニーズに応える方法があるのではないかと、
思案しているときでもある。
b0141773_233019.jpg

というのも、ある入塾希望者が「いまからでもついて行けるか」と
間接的に尋ねてきてくれたことによる。
「ついて行く」とは、まさしく旧来の発想で、
つまりあるレベルを目標にして、それに到達するまで勉強を続けるという図式である。
しかし、わがロッコム文章・編集塾では、
社会人の日常生活における発想力、文章力、編集力、表現力を強化するのが目的だから、
いわゆる卒業や到達はない。
終点がないのだから、途中下車はあっても、途中乗車を拒む理由はない。

しかし、先の入塾者に迷いがあったように、
あるいは成果を数値化することを望みがちな日本人にとっては、
一定の着地点が見えていたほうが、スタミナの配分がしやすいのかもしれない。
b0141773_23312652.jpg

そこで突然だが、不遜にも吉田松陰の「松下村塾」(しょうかそんじゅく)のことを
思うのである。
あの時代、あの塾には、幕藩体制をどうするか、諸外国の外圧にどう対処するか、
といった深刻な問題から目をそらすことができない圧倒的な社会環境があった。
塾長にも、塾生にも、日本をなんとかしなければならないという使命感が必然的に生
まれた。
そうした緊張感に囲まれていた塾生の中から、多くの優れた人物が輩出した。

「いまは、そういう時代ではない」という解釈は、ときに逃げ口上になる。
シチュエーションの違いを無視してコトを論ずるのは浅慮である。
しかし、人類の歴史で、「いまこそ、そのとき」でなかった時代などはない。
縄文式土器を作っていた社会で、弥生式土器の可能性を考えていた人はいたはずで、
彼にとっては、「いまはチャンスの時代」であったに違いない。
b0141773_23342850.jpg

現代の食の世界についていえば、男たちが、がっちりと構築してきたフードビジネスの世界を
女性の目で(男性の目でもよいが)見直し、再構築するのに、
いまほど機が熟しているときはない。

健康支援者についていえば、医師を最高位にして組みあがっているヒエラルヒー(ピ
ラミット構造)を再構築するのに、こんなにタイムリーな時代はない。
いや、「健康支援者」というコトバ自体、「チーム医療」という概念をも包含する、
よりスケールの大きい用語として、時代を切り開いてゆく可能性を秘めている。
b0141773_23351644.jpg

ある有名なカルチャースクールの文章教室で、受講者から提出された紀行文が、
どのように添削されているかを見せてもらったことがあるが、
部分的に「うまい表現!」「うならせる表現!」などの講師の書き込みがある。
が、それを見て失笑した。
その紀行文の分量は、A4びっしりの文字詰めで10枚ほど。
アマチュアが、推定1万字もの紀行文を書く機会があるのか、
600字、800字という制約の中で、いかにまとめるかを学んでこそ生きた勉強である。
カルチャースクール方式は、無意味な学習法として肝に銘じた。

その一方で、ベストセラーになる本を企画させ、
それを版元に売り込むことを推奨している編集塾もあるという。
成功した人は、なぜ長財布を持っているのか、
片づけ名人になるにはどうするかといった内容がその一例だという。

ロッコム文章・編集塾としては、こういうニーズにはいつでも応えられる。
現に、食生活・健康雑誌への投稿を促しているが、それに応じる人は少ない。
ニーズは生まれるものではなく、生み出すものだから、
生み出すためのモチベーションを与えない塾長に責任の大半がある。
b0141773_2336557.jpg

あまりにも実利や効用を強調するのは、はしたない……
そういうためらいがあることはある。

いずれにしろ、塾の学習にも、フィンランド方式を採り入れる必要性を感じている。
ロッコムの塾長には、松陰先生のように、密出国を企てたり、獄死したりする可能性
は低いが、
塾生の行く末を見届けるには少し時間がかかるから、
そろそろ急ぐ必要が出てきてはいる。
[PR]

by rocky-road | 2011-08-05 23:36