<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

「輝き表情コーディネーター」への道

b0141773_2113332.jpg
先日、いただいたシャツの着心地を映像で見てもらうつもりで、
セルフタイマーで写真を撮った。
が、どの写真もブータレていて、とてもハッピーには見えない。
公園の一箇所にカメラをセットしておいてシャッターを切ったのだが、
セルフタイマーが点滅している間、笑顔を維持しているのはむずかしい。
表情も笑顔も、コミュニケーションメディアだから、
自分に、いやカメラに笑いかけることは、そう簡単ではない。

演劇の道に進まなかった理由がよくわかった。
演劇をやっている知人の舞台を見に行ったことがあるが、
観劇中に感じたあの恥ずかしさは、苦痛というよりも、
生命にかかわる危険な状態だった。
おかしくも、悲しくもないのに笑ったり泣いたりするのは、
天賦の才能というべきで、とても凡人のできることではない。
b0141773_2121868.jpg

ところで、以前、NHKテレビで超高齢者(85歳以上)の人たちの
元気ぶりを紹介する番組を見たことがあるが、
このとき、どの高齢者も笑顔を見せないことに興味を持った。
たぶん、生物的な現象であろう。

加齢は行動のスピードを、より緩やかにしていく傾向があるが、
それは表情にも及ぶということだろう。
これは動物、身近なところでは、イヌやネコにも見られる。
子どものとき、あんなにはしゃぎ回っていたペットも、
高齢化すると表情から笑顔(…的な表情)が後退する。
b0141773_2238478.jpg

高齢者施設では、無表情の人の割合が高いために、
相乗効果で、施設内の無表情化に拍車がかかることもある。
その効果は強力で、ときには、そこで働く職員にまで及ぶ。
どちらが入居者かわからないくらい、表情がフリーズする場合もある。

そういう傾向に気づいた施設では、職員が意識的にテンションをあげ、
「お早う!!!」「山田さん!!、きょうは!!!、天気がいいね!!!!!!」と、
クラクションみたいな発声を心がけたり、タンバリンや太鼓を叩いて歌ったりと、
表情の解凍、笑顔の誘発に涙ぐましい努力を続けている。
b0141773_22392579.jpg

コミュニケーションメディアとしての表情も笑顔も、
他者があってこその維持・向上である。
他者とのコミュニケーションが成立しない人に表情の輝きを求めるのは、
セルフタイマーで自分だけを撮るために、「エヘッヘッ」と笑いかけるほどむずかしい。

ならば「輝き表情コーディネーター」という職業が求められる。
「そんなことをしなくても、漫才や落語を見せたり聞かせたりすればいいではないか」
それはダメ。ビデオや録音メディアでは双方向コミュニケーションは成立しない。
プロの芸人を呼んでくるのはよい案だが、予算が追いつかない。
b0141773_2145586.jpg

「輝き表情コーディネーター」は、笑顔や輝き表情を押し売りする人ではなく、
自発的な笑顔、自発的な輝き表情を誘発する仕掛け人である。
「石川さん、終戦の日、どこにいらしたの?」
「無人島に漂流するとき、何か1つだけ持っていくことを許されたら、 
 何を持っていきますか」
「これまで生きてきて、いちばん恥ずかしかったことってなんですか」
など、豊富な歴史を持った人に、話し合うことへのモチベーションを与えながら、
よりハッピーな会話へと発展させていくプロフェッショナルである。
(そういうプロが、すでに存在しているのならゴメンナサイ!!)

こういうアプローチは、年齢にかかわらず
表情がフリーズしてしまったすべての人に効果が期待できる。
「何歳くらいから」というよりも、年齢の下限など考えず、何歳からでも始めたい。
ただ、そういう人たちは、まだ高齢者施設には入ってはいないから。
「輝き表情コーディネーター」と出会う機会はない。
b0141773_22401473.jpg

そこなのである。
特定健診に伴う「栄養指導」の場でも、表情を失っている人には、
オプションとして、「表情解凍のための問いかけ」を試みてもよいだろう。
「いま、デコレーションケーキを顔にぶつけてやりたいと思う人はいますか」
「5㌔体重が落ちたら、ごほうびに好きなものを買ってあげるといわれたら、
 あなたなら何を求めますか」(仮定の話ですよ。私には予算がありませんからね!)
「地球最後の日に、1つだけ食べられるものがあったら、それはなんでしょう?」
「いま、透明人間になったら、最初に何をします?」
b0141773_2162954.jpg

健康支援者のあなた、くれぐれも、これらの問いかけを
まだ現場で実践しませんように。
「輝き表情コーディネーター」は、いずれ国家資格になるはずで、
そのための研修をしっかり受けた人だけに許される問いかけの例である。
無資格の者が使ってはいけないスキルであることを忘れないでほしい。
b0141773_21335927.jpg

[PR]

by rocky-road | 2011-07-27 21:06  

戦後は終わっていない!

b0141773_23473070.jpg

経済に限らず、いつも「右肩上がり」というわけにはいかない、
ということを、何回も何回も経験してきた。
つまり、物事はつねに前進や進歩、上昇をするものではない、
という意味である。

たとえば、8ミリのムービーフィルムで水中シーンを撮り、
5分間の作品にまとめる、という活動を1974年ころから始め、
全国のダイバーに呼びかけて「水中8ミリフェスティバル」を
年1回のペースで10年あまり続けてきた。
b0141773_23481038.jpg

1980年代に入ると、ビデオカメラが出てきて、
撮影条件は一変した。
フィルムは1本の撮影時間が3分。
フィルムが終われば、いったん海からあがってフィルムチェンジ。
それがビデオになったのだ。
1時間も撮影が可能になったのである(電池は1時間もたなかったが)。

こうしたハードウエアの進歩によって、作品が飛躍的に伸びたか、
つまり右肩上がりに拍車がかかったか、というと、
まったくそういうことはなく、むしろ、質は低下した。
というより、振り出しに戻ってしまった。
フィルムからビデオに移行した人もいるが、
多くは、初めてビデオカメラを持って海に入るビギナーだった。
初めての体験者だから、いきなり高度の作品など作れるはずもない。
b0141773_2348306.jpg

このとき、文化にしろ、文明にしろ、技術にしろ、
右肩上がりどころか、逆行することがある、ということを痛感した。
「いままでの活動は、なんだったのか」と力が抜けた。

同じことは、自分がかかわってきた食生活雑誌にもいえる。
自分が担当しているときには、専門的な医学や栄養学の
トピックスを取り上げるとともに、ウエートコントロールや摂食障害などの問題、
行動療法やカウンセリング技法の問題も取り上げた。
読者のライフスタイルを頭に置きながら企画を具体化してきた。
b0141773_23485564.jpg

ところが、近年の後輩編集者たち(私のスタッフだったことがない人たちだが)は、
花粉症は食事で治る、うつ病は食事で予防できるなどと、
おかしなことを特集記事でアピールし始めた。
何度か、そのムリを指摘したが、編集部よりも上の位置にいる幹部も同意しているらしく、
ますます世俗的な切り口を選び、文章もヘナヘナ腰の、踏ん張りのない文体になってきた。

栄養学に限らず、どんな学問も、全方向に研究への好奇心を向けていくべきである。
関係者すべてが、「世のため、人のため」を念じて研究をする必要などない。
そうではあるが、学問総体としては、「世のため人のため」に資するものでなければならない。
b0141773_23492355.jpg

栄養士をはじめ、少なからずの専門家の中には、専門バカ的な二流学者に倣って、
アメリカではやっている学説や理論を鵜呑みにして、それを武器にする人もいる。
アメリカと日本の文化、生活環境など、シチュエーションの違いを考慮せず、
「いま、アメリカでは……」などという。
銀座四丁目の交差点で、アメリカ進駐軍の兵隊が
交通整理を手伝っていたころの風景が目に浮かぶ。
アメリカ依存は続く。「戦後は終わっていない」

シチュエーションの違いがわからないということは、
周囲の人を見ていないということてある。
その本性は明らかで、自分しか見ていないのである。
何か、自分なりの「売り」がほしいと思う者は、
因果関係が定かでないものに助けを求める傾向がある。
それには、人がめったに見ることのない微量成分なんかがぴったり。
しばらくは反論者が現われないから。
b0141773_23505923.jpg

その結果として、微量栄養素の効果が明らかになってきた時代、
50年、100年、200年前に逆戻りして、この成分にはアンチエージング効果がある、
花粉症は食事で防げる、うつ病予防には〇〇を、となっていく。
困るのは、今も昔も、食事のクスリ的効果に依拠する人間をアカデミックと見る文化が
この国にはある点である。

時代の針を逆戻りさせている人間は、けっして悪人ではなく、
むしろマジメすぎるくらいだが、
本質的に人間には興味がうすいか、苦手であるから、
もともとは人間のために生まれた栄養学や医学の中途半端な知識によって、
人々に根拠のない夢や希望を与え、結果として迷惑をかけるのである。
b0141773_23512631.jpg

食品の中に世紀の大発見の微量成分があるかのようにいう人間に出会ったら、
そういう人間は、100年、200年前の人間の生き残りと見ても、
そう大きな間違いはないだろう。
大発明者には奇人、変人のように見える人もいると聞くから、
とんでもない天才との出会いを棒に振る可能性もないとはいえないが、
そんなチャンスは、このプログを読んでいる人が100年生きても、
ひょっとして1人に出会えるかどうかという程度の確率だから、
そう心配をしなくてよい。

むしろ、そういう人や雑誌や報道に出会ったら、
「そうとうに病んでるな!」「そうとうに思考力が落ちているな」と
少し離れて見ておくことである。
[PR]

by rocky-road | 2011-07-20 23:51  

もう1歩、近づけませんか。

b0141773_22574922.jpg
写真教室を受講した人から「写真を見てほしい」と、
いわれることがよくある。
今回はアジサイに止まったアオガエルを撮った1作。
よい被写体を見つけた、と感心した。

が、残念ながら、カエルまでの距離があり過ぎる。
逃げられるまで、1枚撮っては半歩前進、
1枚撮っては半歩前進を繰り返して、寄れるところまで寄る。
ここでは、トリミングによって、望ましい距離まで寄った例を示そう。
b0141773_22581242.jpg

動物写真の多くにいえることだが、
カメラは真横から正面までの90度の角度の範囲で構えたい。
特別の理由がない限り、うしろからは撮らない。
そうはいっても、昆虫などは、真正面から迫るとかならず逃げられるし、
羽が美しいので、それを強調したいときもあるので、
臨機応変の判断も必要になる。
b0141773_2259558.jpg

昆虫はクローズアップ(チューリップマーク)で撮ることが望ましい。
ということは、約30センチ以内に寄らねばならず、
昆虫の動きを見て、大胆に、かつ慎重に寄る。
不思議なもので、あまり慎重になり過ぎると、かえって逃げられる。
チョウなどは、動きを見ていると、どこへ進んでいるかがわかるので、
その方向で待っていれば、向こうから近づいてくる。
b0141773_234676.jpg

あるプロの水中カメラマンは、「オレはお前を愛している」と
心の中で念じながら近づくとよい、といったそうだが、
私にいわせると、この方法は素人的といわざるを得ない。
「写真を撮ってやろう」という意欲を殺し、無心に、というより、
人間をやめて、動物になりきって接するとうまくいくことが多い。
b0141773_2333485.jpg

水中写真の楽しさを聞かれたときの、私の答えは「動物になれるから」である。
確定申告だの、講義の内容だの、人間的思考を繰り返している人間には、
動物になること、言い換えれば、動物的な感性で、
喜怒哀楽や、恐怖や攻撃性を感じていると、
「人間でよかった」ということよりも、「動物でよかった」と思える。
この実感が好きである。
b0141773_2343691.jpg

「待つ」根気と読みが、動物写真の楽しみ方である。
追わない、コソコソ動かない。
このセンスは、人間として堂々と生きる場合にも
案外役に立つものである。
b0141773_23164016.jpg

そして、まずは自分のカメラの扱いに、慣れることである。
b0141773_23133536.jpg

[PR]

by rocky-road | 2011-07-07 23:06  

コトバは、健康支援者をもダメにする。

b0141773_23322689.jpg

『読売新聞』の朝刊に毎日載っている「編集手帳」の6月30日付で
新聞記事によくある紋切り型表現を例に引いている。

いわく「駆け出しの頃、陳腐な表現は使うなと、先輩記者に教えられた。
宿舎の甲子園球児は『底抜けの笑顔』で食事を『ペロリとたいらげ』てはならず、
景気のいい商店主は『えびす顔でうれしい悲鳴』を上げてはいけない、と。
さすがにもう、その種の失敗はしないが、『歯の根も合わぬ』寒さや
『めまいのする』空腹は、いまも油断すると顔を出す」
b0141773_23341432.jpg

編集手帳氏のいわんとするところは、
『被災地のこども80人の作文集』に収載されている文章には、
そういう陳腐表現は見あたらない、という点である。

しばしばこのプログページでも指摘しているが、
マスメディアは、陳腐表現および流行語、流行思想の製造システムでもあるので、
これにブレーキをかけることなンぞ、絶対にできない。
b0141773_23343922.jpg

現在、乱造されつつある語句としては、
「この政権の成り行きは不透明」「この夏の電力需要は不透明」であり、
「福島原発事故が収束を見ない中……」「都市計画の骨子が固まらない中……」であり、
「この国際会議が注目を集めている」「この伝統的な夏祭りに注目が集まっている」であり、
この夏の電気不足を視野に対策を考えている」「中国艦船の活発な動きを視野に……」である。

司馬遼太郎氏が指摘したように、明治政府による「統一日本語」の策定によって、
日本人は共通の文章表現力を持つに至ったが、
それは同時に、うんざりするほどの紋切り型表現を共有することにもなることをも意味する。
NHKの一部の記者が何回かニュース原稿を書くと、局内はもちろん、
民放にまで伝染して、「不透明な」「……中」、「注目を集め」、
反発を「視野に入れる」ことなく、乱発することになる。
b0141773_23413146.jpg

すでに私のまわりには「……の中」に感染し、発症した人が何人か見つかっている。
コトバには感性や思想が伴うから、当然、感じ方も考え方も類型的になる。
「……の中」を連発する人は、ていねいな観察や思考を省いて、
強引に、あいまいな表現にホカシをかけようとしているのである。

最近、埼玉県で発見された感染症は、感覚や思考までが冒されていて、
しかも本人に自覚症状がまったくないという、絶望的な重症であった。
聞くところによると、ある大学共催の「オリジナルお勧めレシピコンテスト」に
応募した「鶏もも肉とレッドキドニービーンズの煮こみ」(赤い料理)という作品が
優秀賞をとったそうだが、
審査に当たった栄養士のコメントが、「緑も入ったほうがよかった」だと。
b0141773_23485152.jpg

これは、「ハヤシライスは黄色いといい」「カレーライスは茶色だといい」
といっているようなもので、ないものねだりの最たるもの。
卑劣なのは、1位に採っておいて難癖をつける、
人間として最下等な振る舞いである。

ここまでくると、言語表現の域を超えて、人間性の崩壊である。
とはいえ、これも元はといえば、
「栄養指導」という危険なコトバがもたらした悪性の感染症である。
「指導」というコトバが、人に対する関心や興味、温かさを奪うのである。
b0141773_23503582.jpg

そう考えると、「特定保健指導」というコトバを採用した人間の思慮の浅さ、軽薄さ、
罪の深さが改めて実感される。
b0141773_2351389.jpg

コトバは、ただの音声ではない。
全人格が反映される。「コトバの上だけ」などと、軽く考えてはいけない。
「指導」や「行動変容」、「患者様」「いわゆる」「……中」を頻発する人間や、
「私って女じゃないですかァ」 「私ィ きのォ 雨に降られてェ 新宿の? 駅の?」
なんていう表現をヘーキで使う人間に近づくときは、マスクではなく、
耳栓を当てるくらいの覚悟が必要。
思っている以上の感染力が強いし、
聞いているだけでアホになる危険性があるのだから。
b0141773_23512326.jpg

[PR]

by rocky-road | 2011-07-01 23:51