<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

夫や妻、父親や母親の減量ができますか。

b0141773_8372533.jpg
『読売新聞』の「人生案内」は
長期にわたって掲載が続く看板企画である。
この欄に、50歳代後半の男性から「妻にやせてほしい」という相談が載った。
妻も同世代で、身長150㌢、体重60㌔以上、血圧が少し高く、薬を飲んでいる、とのこと。
20年以上、やせるように話し、健康器具も買ったりしたが、
最近は腹が立って「やせよう」と口にするのも嫌になった、とか。

おもしろい質問なので、わがロッコム文章・編集塾の塾生にも
「あなたならどう答えるか」という宿題を出した。
40人近い塾生が宿題としての回答をしてくれだが、
その多くが「栄養指導」や「ダイエットアドバイス」をしていた。
b0141773_838213.jpg

20年も「やせてほしい」と言い続けてきた夫に、
ウエートコントロールの方法を説いても意味がないどころか、
むしろ害がある。小うるさい夫は「援軍来たる」で、またまた妻に
「やせろコール」を繰り返す可能性がある。
b0141773_8393174.jpg

回答のうち、多い失敗は、夫と妻とを同一視している点。
投書者である夫に、ウエートコントロールの理屈を伝えても、
それが妻に伝わるとは限らない。
それを伝えることで対立感情が生まれる可能性もある。
夫婦間の情報伝達は、伝言ゲームの1人目ように、
原文が比較的正確伝わるとは限らない。
省略されたり、歪曲されたり、つまり色がつく可能性がある。
b0141773_8383037.jpg

新聞紙上の回答者(ライター)は、
「では、どうすれば妻に(ウエートコントロールの続行を)決断させられるのか。
身も蓋もないようですがそんな方法はありません、皆無です」と書いている。
しかし、回答の終わりで「シークレット・ダイエット計画」として、
登山や旅行に誘って、知らず知らずのうちにからだを動かすようにし向ける
ことを提案している。
b0141773_8402941.jpg
b0141773_1257404.jpg

私にいわせれば、これでもまだ楽天的で、
夫にそこまでして妻のウエートコントロールに協力する意志があるとは思えない。
夫は、妻の体重を非難することによって妻の上に君臨しようとしている、
そんな気配を感じるのである。

こういう微妙な話になると、栄養学や食事学で対処しきれない。
「栄養士は人間学を学ばなければならないかも」と言ったら、
「人間学はどこで学べるのか」とつっこまれた。
b0141773_84157100.jpg

「人間学」をビジネスにしている機関も多いが、
私がイメージしているのは、人間とはなにかを、生物学や文化人類学、
哲学、社会学などから迫る思考ルートだから(学問というには広すぎる)、
いくつかの本を読んで「そのあたり」を把握するしかない。
インターネットでもいくつかのことが学べる。

しかし、ポイントはそこではない。
つまり栄養士の守備範囲は、こんなふうに広がっていくだろう、ということである。
ある学者が「人間栄養学」を提唱しているが、この場合の「人間」が、
なにを指すのか、いくつかの著述を読んでもわからない。
「イヌの栄養学」や「ネコの栄養学」と区別する程度の「人間……」であって、
「人間学」とはほど遠い。
b0141773_8451886.jpg

夫婦とはなにか、親子とはなにか……などは、栄養士が扱うテーマではないが、
上記の人生案内に答えたり、食育論を展開したりしようと思ったら、
そのあたりにも目を向けないと、机上の空論ばかりを展開する
「メルヘンチック職業人」で終わってしまう。

スポーツ栄養や産業栄養学がうまくいかないのは、
軸足を栄養学に置きすぎて、コンパスが広がらないからである。
「現場を知れ!」とはよくいわれるが、そうではない、「人間を知れ!!」である。
おおざっぱに言えば、理系の栄養士が文系的思考法を身につけると、
「生涯現役」の実現性は飛躍的に高くなるように思う。
b0141773_8424576.jpg

[PR]

by rocky-road | 2011-06-25 08:42  

「栄養士サークル運営論」のすすめ

b0141773_0564491.jpg

b0141773_1122531.jpg

石川県の能登で行なわれた3日間の合宿に参加した。
概要は、影山なお子さんのプログ《スタンバイスマイル》に譲るとして、
この合宿では、健康支援者のリーダーシップについて考えさせられた。
優れたリーダーシップがその地で発揮されているのをこの目で見て、
とても頼もしく感じた。
b0141773_0572330.jpg

企画力やコーディネート力、率先的な行動力は、
リーダーに不可欠な要素だが、能登では、4日間がゆるやかに(「きっちり」ではなく)
組まれていて、その進行にリズムを感じた。
自己紹介をかねた討論(栄養士はどこへ向かうのか)に全時間を使った初日、
2日目は屋内での写真教室。いわゆる「ブツ撮り」の実習のために、
それぞれが、なんともかわいいグッズを持ち寄った。
声のかけ方がよかったから、集まったグッズのどれを撮っても
「腕がいい」といわれるようなものばかり。
b0141773_1293248.jpg

『栄養と料理』時代、編集スタッフはどんなカップで牛乳を飲んでいるのか、
読者に写真で紹介しよう、とスタッフに命じたとき、
みんながとても当惑していたのを思い出した。
日常生活の一部を読者に見せることになるので、
いま考えれば、いやがるのは当たり前。
が、当時は、牛乳に親しんでもらう1つの方法として、試さずにはいられなかった。
b0141773_0582147.jpg
b0141773_114678.jpg

それとはシチュエーションがだいぶ違うが、
能登のみなさんが持ち寄った小物には気合いが感じられた。
1人2人のことではなく、みんながおもしろいものを持ってきたとなると、
これはリーダーの力といわざるを得ない。
もちろん昼食のお弁当の味やデザインにも配慮があった。
b0141773_1301819.jpg
b0141773_0583946.jpg

b0141773_1305460.jpg
3日目は2つのセミナー、日曜日ということもあって、
より多くの人が集まった。(56人)
石川県能登の栄養士サークル「あじさい会」、
石川県地域活動協議会、
非営利健康支援者サークル「パルマローザ」など、
任意の組織ながら、その動員力たるや公的なおすまし組織の及ぶところではない。
b0141773_112864.jpg

いやいや、そうではない。
どんな組織も肥大化すると血が通わなくなる。
肥大化した組織の長は、大きい組織を土台にして、
より大きな仕事をしたくなる。権威を誇示したくもなる。
ヒラであったとき、「こんな組織じゃダメだ」といっていた人間でも、
いつの間にか権威主義に傾いていく。
その結果、ますます末端に血が通わなくなる。
b0141773_12629.jpg

能登の場合、組織間の連携も見事だった。
各セミナーの進行やあいさつ、
合宿組が3泊する宿の選定(1泊目・能登グランシード、2泊~3泊目・加賀屋 あいの風)、
いろいろの趣向についての打ち合わせ、見物する場所の選定と根回し、
移動のために車に分乗するときのメンバーなど、
組織運営の基本スキルが散りばめられていた。
b0141773_122551.jpg

かつて、ダイビング雑誌で「クラブ運営論」を連載したことがあり、
それから30余年後、ある大きなクラブのリーダーが、
私の書いた連載ページをファイルにして、いま運営に役立てている、と
実際にそのファイルを見せてくれた。
能登のリーダーたちは、そうした台本などないままに、
見事に運営論を実践進行中なのである。
b0141773_1253100.jpg

太陽や地球が宇宙の中心でないように、世界の中心は日本ではなく、
日本の中心も東京ではない。
地政学よりも大事なのは、個々人がどういうコミニティに属しているのか、
そのコミニティにどの程度の理念と活力があるか、という点である。
b0141773_134110.jpg

今回の、3組織のコラボレーションは、合わせ鏡のようなもので、
お互いの姿が何面にも反映して、その特徴が強調されたようである。
b0141773_165612.jpg

そこで、3つの組織のリーダーには、自分の組織運営論を、
一生のうちのどこかで書くことをおすすめしたい。
日本を代表する健康支援者組織が、そういうものを書く可能性はゼロだから、
急ぐことはまったくない。ライフワークの1つにしてはどうだろう。
b0141773_141597.jpg

[PR]

by rocky-road | 2011-06-12 01:04  

一筆したためし候

b0141773_23101434.jpg

b0141773_2314534.jpg
過日の奈良への旅では、視界に入る筆文字に目を向けることが多かった。
たまたま見かけたのれんや看板の書体に、誠実さや力強さを感じたからである。
そのたくましさは、東大寺の金剛力士像など、
木彫作品の表情やポーズに通じるものがある。
b0141773_23143545.jpg

最近、若い書家がテレビにも登場するようになり、
作品を見ることが多くなったが、ヘンな癖があって好きにはなれない。
書の専門的な見方はわからないが、
若手書家の書は、個性を出そうと力み過ぎるのか、
品格や誠実さが感じられず、もちろん力強さなど微塵も感じられない。
b0141773_23145418.jpg

なぜそういう意地悪な見方をしてしまうのか、と考えてみると、
榊 莫山(さかき ばくざん)さんの書に親しんできたために、
それが自分のスタンダードになっているのかもしれない。
(2010年10月没 84歳)
b0141773_23151525.jpg

莫山さんの書は、広告や商品ロゴにもなっていてよく知られている。
とくに書画が好きで、絵と書のバランスに魅了された。
漢字とカタカナという組み合わせもおもしろかった。
何回か、それをなぞって練習したことがある。
筆の端を持って、筆圧をかけずに書く手法はなかなか真似ができず、
お手本とするにはレベルが高すぎることを悟った。
b0141773_23155095.jpg

ところで、私のまわりにも、書に挑戦する人がぼちぼち出てきている。
専門家の指導を受けているという話は聞かないが、
世の中にはお手本はいくらでもあるから、
そういうものを参考にして自己流でしばらくやってみればよい。
b0141773_23162125.jpg

デジタルコミュニケーション一本槍になって、
文字への美意識が弱くなっている人が多い時代には、
むしろ新鮮なコミュニケーションスキルとなる。
b0141773_2317255.jpg

書は、字がうまくなるとか、アピール度が増すとかといった
表現力強化にプラスに働くということにとどまらず、
美意識や洞察力を育み、結果として
世の中や人生を見る目を肥やすことになる。
b0141773_23221971.jpg

いまは、筆ペンが普及したおかげで、
硯(すずり)で墨を擦ったり、筆を洗ったりという手間はいらなくなった。
本格派からは邪道といわれるだろうが、複数系統の発展があってもよいと思う。
エンピツもシャープも、万年筆もボールペンも水性ペンも筆ペンもある筆記具文化に
決定的な不都合はないように思う。
b0141773_23224320.jpg

シンプルを選ぶよりも多様性を選ぶほうが、
生物としての適応力を高めることになるだろう。
[PR]

by rocky-road | 2011-06-01 23:19