<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

マリア・アリストテレス様

b0141773_20164547.jpg

先日、引き出しの中をかき回して探し物をしていたら、
目当てのものとは違う資料が出てきた。
もう10年以上も探し続け、もはや無くなったものと諦めていたので、
この失せ物発見はうれしかった。

それは『文藝春秋』の記事のコピーで、昭和53年1月号と書き込んである。
つまり1978年だから、33年前の雑誌記事である。
タイトルは「哲学の文章について」 
筆者は当時、京都大学哲学教授であった田中美知太郎氏。(1885年没)
文末には「本稿は日本文化会議月例懇談会 第百回の記念講演
速記に加筆されたのです (編集部)」と入っている。
b0141773_20315724.jpg

なぜ、この記事が私にとって大事に思えたかというと、
哲学というものは、元来、文章によって説かれるものではなく、
対面での話し合いや討議によって説かれるものだった、という話を
この記事によって教えられたと考えていたからである。

ひょっとして、田中氏の著書に、同じようなことが載っていないかと思って、
著書の1冊を取り寄せてみたが、それには見あたらなかった。

その当時の記憶では、
哲学的な思考は、いろいろのシチュエーションの中で
是非や賛否を論ずるものであって、一般論にはしにくいところがある、
という趣旨の話である。
そうだとすれば、それは今日のカウンセリングに似ていて、
個別対応にこそ意味があり、そこに思考法や論法のスキルがある。
b0141773_203237100.jpg

Aさんの問題はAさんの問題であって、Bさんには当てはまらない。
ゆえに「標準体重の維持」は大事なことではあったとしても、
「標準体重よりスリムになりたい」というCさんに、
「ムリなダイエットはやめなさい」と注意することが
最適なアドバイスなのかどうかはわからない。
個人対応の思考になっていないからである……。

そんな話を健康支援者の方々に話したことがあったので、
その根拠の1つとなる資料を手元に置きたいと思っていたのである。
しかし、見つかった資料は、30年後に見ると、かすれかすれになっていて、
目を10センチまで近づけないと判読できないほどに変質していた。
当時のコピーは、そんなものだったようだ。
b0141773_20283025.jpg

改めてこの記事を読むと、その内容はこんな大意だった。

思想や哲学的な考えは、口伝えで継承されてきたもので、
哲学の祖といわれるソクラテス(紀元前469~前399年。注・大橋)は、
哲学の文章を残してはいない。(弟子のプラトンが対話集を残す。同・大橋)
やがて、いろいろの哲学的思想などは、
対話形式の文章や、詩や、書簡体の文章や、
散文によって固定されるようになった。

この伝統は、西欧ではかなり受け継がれているが、
日本では散文が中心になり、問答形式はもちろん、
詩や書簡体は発展せず、哲学にしろ文学にしろ、
文章表現の幅が狭く、窮屈になった面がある、云々。
b0141773_20335194.jpg

これ以上の説明は省くが、驚いたのは、哲学は対話によって語られた、
という記述はどこにもないことだった。
しかし、私としては自分の記憶違いを認めるつもりはない。
当時、田中氏は、『文藝春秋』の常連筆者として、
巻頭のエッセイ欄に登場していたので、その中のどれかの記事で読んだ内容と、
今度見つかったコピー記事との内容がまぜこぜになったものと思う。

いずれにしても、哲学的な思考は口伝えに、または問答形式などによって
受け継がれたという、そのことは再認識することができた。
b0141773_20352284.jpg

現在の日本の俗世間には哲学者はなきに等しい。
大学の一般教養科目の「哲学」講義で、学生をシピレさせてくれる教師は少なく、
ラジオでもテレビでも、哲学者の見事な論述を放送することはないし、
新聞や雑誌、書籍でも、名文や明快な文章には出会いにくい。
だから、アメリカのマイケル・サンデル教授に、哲学のおもしろさを
ごっそり持っていかれてしまうのである。

以上の認識によって、私としては
「栄養士は食の窓から人の人生に侵入する哲学者」と
定義したくもなるのである。
健康を支え、生きがいを支えるとは、まさしく健康哲学によって
人の人生を支えることにほかならない。
b0141773_20303678.jpg

田中美知太郎氏は、プラトンは、ずいぶん著作があるのに、
作品がすべてではなく、哲学は書けるものではない、と言っている、
というエピソードを語り、
その弟子のアリストテレスも師に倣って問答集を残しているが、
あとは私的なノートとか講義録とかを残すにとどまる。
しかし、他者による注釈入りのその文章が、
のちに哲学を散文で書く原型になった、と書いている。

また、こうも書いている。
「アリストテレスを読むとお分かりになるように、面白くなく、
読みにくいところがたくさんあります。大たい、学校の講義というものは、
面白くないものですが(笑)、(中略)
下手な文章、下手な講義でも学生は我慢して聞いています」

さて、現代の哲学者である(?)健康支援者のあなた、
食事相談の名人で、しかし文章ベタの、アリストテレス的職能を維持するか、
後世の人に笑われないような、そこそこいける文章力も磨くか、
少し立ち止まって考えてもいい。
幸い現代は、いろいろの選択肢のある環境が用意されている。
b0141773_20254185.jpg

ロクデル「少なくとも健康支援者は、あなた自身が考えているほどつまらない職業ではない」
マリア「私は、自分の職業が、つまらない職業だなんて、夢の中でさえ、思ったことなんて、
     1回だってありませんよ」
ロクデル「そうだろうね。その自信は、あなたの表情、笑顔、髪型、お化粧、姿勢、歩き方、
     話し方、見事な問いかけ、ていねいな話しぶり、肯定的な思考などから、
     充分に感じているけれどね。自分の職業をつまらないとか地味だとか言う人、
     あるわけないものね」  (『健康支援者×ロクデル対話集』から)
[PR]

by rocky-road | 2011-05-22 20:41  

健康支援者さま、あなたはユッケやレバ刺し、お好きですか。

b0141773_15465354.jpg

5月8日に行なわれた、食コーチングプログラムス主催の
「食コーチングブラッシュアップセミナー パート3」
『文章を印象的に見せるデザイン力を磨く。』の講義を担当した。
このとき、余談として、ユッケによるウイルス感染の話をした。
これを整理して記しておきたいと思う。

責任の所在は事故を起こした流通業界だけではなく、
管轄する行政機関や、情報源となる食品衛生関連の学者らにあるとしても、
最終的には、生肉を注文して食べた個人に、
それ相当の自己責任が伴う、といわざるを得ない、と言った。
「知らなかった」で済むとは思えないし、事実、済まなかった。
b0141773_15501378.jpg

戦中・戦後を生きてきた人間にとっては、
生ものを食べるときにはアタる(「中る」と書く)可能性を考えるのは常識である。
肉だから、魚だからということではなく、野菜やくだものだって、
食中毒の可能性はある。
有害細菌の感染は、まさに感染だから、まな板やふきん、
調理器具、そして調理人などを介して周囲の生ものに移る。
b0141773_15515383.jpg

戦中・戦後は、家庭でもしばしば食中毒が起こり、
幼い子が亡くなったし、人の家の軒先でメチルアルコール中毒で
死んでいる人を何度か見た。
こんな話も聞いた。
「ある飲食店のトイレに入ろうとして間違えて厨房に入ってしまった。
そこで見たものは、廃棄食材を入れるドラム缶の中に
山積みにされたネコの頭だった。それを見られた調理人から、
手にお金を握らされ、『見たことをだれにも言わないでほしい』と頼まれた」と。

もちろんデマである。
今日のチェーンメールと同じで、そんなうわさ話がアングラ的に流布した。
つまり、牛肉や豚肉を使わずに、ネコの肉を代用している店がある、
という作り話なのだが、こういう話がマコトシヤカに語られたのは、
飲食店では何を食わされるかわからない、という常識があったからである。
この感覚はいまも維持されているから、食品の偽装など、あって当然と思っている。
b0141773_15535368.jpg

念のためにいうと、食材にネコを使おうとしたら、
ノラネコを1日に何匹も捕獲しなければならない。
牛肉や豚肉が手に入りにくい時代のノラネコはすばしこかったから、
そうそう捕獲できなかったし、食材にするほど肥えてはいなかった。
それ以前に、飲食店が毎日ネコを追いかけていたのでは、商売になるはずもない。

経済大国になった日本国は、どんな肉でも食べられるようになったが、
ウイルスのほうは、経済力に関係なく生きていかねばならず、
宿主となるものを探して進化の旅を続けている。
b0141773_15551267.jpg

水俣病とか、ヒ素混入の粉ミルク事件とか、毒入りギョーザとかと、
食中毒という概念を越える悲惨な事件はあとを絶たないが、
現代の日本人は、総体として食品衛生に鈍感になっている。

賞味期限にこだわったり、「安心安全」をお経のように唱えている現状を
衛生感覚がシャープになった証拠と見るのは正確ではなく、
実態は、記号上の、つまりバーチャルな衛生感覚だけがシャープになったに過ぎない。
腐敗やカビがどういう形状なのか、においなのかを知らない人が多い。

「安心安全」という流行語の困ったところは、念仏のように唱えていれば
ご利益があるかのように錯覚することである。
責任ある人は、こういうマジックワードを使ってはいけない。
b0141773_15561852.jpg

ここで栄養士の守備範囲の話になるが、
食をベースに人々の健康を支える栄養士の社会的責任には、
公衆衛生や食品衛生の一部が含まれるのではないか、
ということである。
栄養士になるために勉強していたころ、
それらの授業は受けているはずである。
b0141773_1557437.jpg

とすれば、1年間に1,000件以上の食中毒が発生し、
20,000人以上が罹患し、10人以下の死亡がある(2009年は珍しくゼロ)
といったデータを
把握することはできるはずである。
「子育て中のお母さんの料理教室」「要介護にならないための食生活」などの
セミナーや料理講習会で、こういう話題をどの程度とりあげているのだろう。
中食(持ち帰り食事)としての刺身やすしの扱い方、畜産物の保存法や調理法などは、
明らかに栄養士の守備範囲ではないだろうか。

それをテーマ化することは、面倒を増やすことではなく、
栄養士のレパートリーを増やすことであり、
社会貢献の機会を増やすことにほかならない。
b0141773_15574320.jpg

自分が役に立つ場が増えるというのは、幸せなことである。
[PR]

by rocky-road | 2011-05-11 15:59  

ヒトの心、ワニの心

b0141773_22192051.jpg

先日、ニューヨークから2年ぶりに帰ったという人から
そこでの生活体験の感想を聞く機会があった。
5分くらい耳を傾けたが、印象的な内容は聞けなかった。
2年もいると毎日が「日常化」して、見聞の鮮度が落ちるのか、
久々の再会なので緊張したのか、
日本語を忘れかかっていたのか(!!??)、
その理由は定かではないが、それらのすべてが理由なのかもしれない。
b0141773_22121643.jpg

以前、数時間前に見てきた映画の説明ができず、
汗をびっしょりかいた人がいた。
まだ見聞を言語変換するには時間が足りないからだろうと推量して、
説明を聞くのは翌月ということにした。
しかし、翌月も状況は変わらず、この話はなかったことにするしかなかった。
b0141773_22123620.jpg

パルマローザのホームページで、
「活動結果報告レポート」の文章を読むと、
好ましい「報告環境」ができていることの意味の大きさを感じる。
http://www.palmarosa.jp/circle/report/index.html
b0141773_22125650.jpg

4月29日に行なった、恒例・写真教室(詳細は影山なお子さんプログ「スタンバイスマイル」参照)の場合についていえば、4人のうち3人の報告文に共通しているのは
ポイントとなる点を箇条書きで示している点である。
http://palmarosa.exblog.jp/
その箇条書きも、テキストの丸写しではなく、自分の感想や銘記すべき点などを
それぞれ説明していてわかりやすく、気が利いている。
b0141773_22133093.jpg

箇条書きとは、たくさんの情報を小分けにして整理することであり、
枝葉を剪定(せんてい)することで、
自分および相手に対するアピール度をあげることにほかならない。
同時に、自分の思考の幅を無限に広げることにもなる。
「ニューヨーク生活の楽しさを3つあげよ」と自分に課し、
さらに「いや、3つではなく、5つあげよ」と自分に迫ると、
自分はいやでも5つをひねり出さなければならなくなる。
ここに発見の可能性、思考の幅と奥行きを拡張する可能性がある。
b0141773_22141298.jpg

箇条書きには、理詰めのところがあって、やや冷たさを伴うが、
それらは、前後の文章(「地の文」=ベースとなる文)で充分に補える。
「活動結果レポート」を書いている高藤法子さんの例でいえば……

「写真教室当日は、明らかに朝から気分が違いました。
前泊したホテルの部屋の鏡の前に立ち、
自分と向かい合ってみても、
笑みがこぼれるというか……、ニヤつくというか……(笑)。」

b0141773_22485346.jpg

などというほほえましい前置きがあると、
そのあとにくる箇条書きにもリズム感が生まれ、
箇条書きに伴う機能優先性が際だつのを押さえてくれる。
b0141773_2220953.jpg

初めて書く人の「活動結果レポート」などを含めて、
一様に楽しく、的確なレポートとなっているのは、
それ以前の文例が下敷きになっている可能性もあり、そこに伝統の意味を感じる。
文章修行とは、いろいろのシチュエーションを経験することである。
b0141773_2217487.jpg

情報交換は、発信者と受信者との相互作用によって進展する。
コトバの少ない環境、たとえば宿屋的家庭、人と交わらない生活などに長く身を置くと、
おいしいものを食べたときの感想、人からの好意に対するお礼、感動的な体験などを
人に伝えることができなくなってしまう。
言語技術の問題以前に、心が枯れるからである。
b0141773_22172193.jpg

「心とは何か」といえば、「表現しようとする意欲」とも定義できる。
人との関わりを持たない人には、人並みの心は生まれにくい。
ワニの社会にも、オオカミの社会にも「心」は存在するはずである。
しかし、ヒトと比べると、仲間とのコミュニケーションをとろうという意欲が弱いから、
心もそれなりのサイズにならざるを得ない。
(正確には、心が進化していないから仲間との関係性が低いのだが)
b0141773_2217494.jpg

ヒトの進化とは、表現力の進化であり、つまりは心の進化である。
写真という表現手段を持つことで、さらにまた、ワニの心から遠のくことになるだろう。
眼前の風景をどう切り取るか、人の表情をどの瞬間でとらえるか、
その一瞬一瞬は、進化を望むヒトの心にとっては大きな問題である。
そこでの迷いは、自分への問いかけであるとともに、
ワニ並みの心を持て余している人に対して、進化を促すことにもなるのだろう。
[PR]

by rocky-road | 2011-05-03 22:21