<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

あなたの1万円の意味と価値。

b0141773_2271692.jpg

未開封のまま手紙用引き出しに入れておいた封書を開いたら、
国境なき医師団からの緊急支援の依頼だった。
3月上旬に受け取っていたもので、
内容は「ハイチ大地震から1年 今も続く緊急援助活動」
というものだった。

日本が世界一クラスの地震に見舞われ、
放射能汚染の危機に見舞われているときに、
とてもほかの国のことなどかまっていられない、
などという反応は正しくない。
そういうことをいわないのが「国境なき……」の
意味である。

実際、東日本大震災が起こった直後、
早くも、国境なき医師団が現地に入って活動をしていた。
それをニュースで知ったとき、「わがチーム、がんばっておるわい」と、
奇妙な感慨を味わった。
b0141773_228105.jpg

月々、数千円の寄付で(自動引き落とし方式)、
こういう安堵感を感じることができるとすれば、
このシステムとこの生活習慣は、充分に自分をも支えてくれる。

国境なき医師団の緊急支援依頼のすぐれているところは、
次のようなメニューを添えてある点である。
b0141773_228375.jpg

*4,200円で、コレラ患者1人を治療することができます。

*10,000円で、コレラ感染の拡大を防ぐために
 300人分の清潔な水を約1か月間、供給することができます。

*30,000円で、1200人の人びとに約1か月間、風邪やマラリア、
 けがの治療などの基礎医療を提供できます。
b0141773_2291213.jpg

さすが、寄付先進国が生み出したアイディアである。
(1971年、フランスの医師やジャーナリストによって発足)

東日本大震災に関しても、ようやく支援体制が整いつつある。
新聞やインターネットにも、寄付やボランティア活動のための
アクセス方法が示されるようになってきた。
余震の最中にチェーンメールを送ったり、
いきなり、「着の身着のまま」でボランティアに駆けつけたりして、
空振りに終わった人も少なくないようだが、
大半の人の出番はこれからである。
b0141773_2294435.jpg

「復興には10兆円はかかる」などといわれると、
自分のイメージしている1,000円、10,000円、100,000円、
1,100,000円はあまりにも少額でモチベーションが下がるが、
国境なき医師団に見習って、「1,000円で被災者2人分のお弁当が買える」
といったメニューを自作すれば、いくぶんはイメージが描けるようになる。
マイナス思考の人は、
「デザート3回分を我慢すれば、被災者3人分のお弁当が……」式に発想すればよい。

健康支援者であれば、「避難所生活での食生活10箇条」
「狭いところで行なうストレッチ入門」といったチラシを作って
配布するという支援方法もある。
b0141773_22104090.jpg

寄付にしろ物資支援にしろ、ボランティアにしろ、どういうメニューを選ぶべきか、
そのプロセスに意味がある。
食事のメニュー選びが自分の健康を左右するように、
どういう団体に、どう形で自分の意志を託すか、
そのことが、結果として自分の人生の健康度を高めるとともに、
財産の1つになるだろう。

いつもあなたがいうように、メニュー選びはとても大事。
メニュー選びのプロとして、さあ、どうする、どうする?
b0141773_22112750.jpg

by rocky-road | 2011-03-31 22:13  

月光、値千金。

b0141773_0403111.jpg
食コーチングプログラムスが主催する「健康支援者を輝かせる 文章シリーズ②」
『読ませる文章力・編集力をスキルアップする。』で講師を務めた(3月20日、横浜)。
その講義の中で、こんなエピソードを紹介した。

NHKのラジオ深夜便の「ワールドネットワーク」コーナーで
オーストラリア在住の杉本良夫氏(日本の社会学者・文化人類学者)が、
最近のオーストラリア事情を話していた。
近年、オーストラリアにも旅行や仕事でやってくる日本人が増えたという。
彼らは英語もうまいが、会話中心の教育のせいか、抽象語を扱えない人が増えた。
抽象語のボキャブラリーが貧しいと、一定の階層以上にはあがれない。
地域の境はなんとか越えることができても、
階層の境は越えられない。
やはり教養は、英語を書く学習によって培われるものではないか……と。
b0141773_0444621.jpg

この話は、私がかねがね話している、次のことに通じる。
健康支援者は、人の健康や幸福、人生を支えるのだとすれば、
そういう抽象語(「健康」や「幸福」のように指で、指し示しにくいコトバ)の意味を理解し、
それらのコトバを適切に使いこなさなければならない。
でないと、とかく目先の話題に終始することになる……と。

この話にヒントを得たという人から、さっそくボキャブラリー(語彙)ノートを作る、
辞書を新しくした、などの連絡をいただいた。
b0141773_0585014.jpg

そこで、自分のボキャブラリーを支えてくれる辞書のことについて少し話しておこう。

「辞典」(辞書と同じ)と「事典」とはどう違うか。
辞典はコトバを50音順に忠実に並べて収載してある。
事典は、たとえば世界史事典なら、「先史時代」「オリエント」「西洋古典古代」などと
カテゴリー別に記述する。
出版界では、「事典」のことを「ことてん」といって、「辞典」と区分している。
b0141773_0593643.jpg

以下、辞書の使い方の一例。
1.辞書は、できれば5年、遅くも10年くらいで更新する。
  親の形見を使っていては、ボキャブラリーも古くなる。

2.使用頻度の高い辞書はケース(箱)を捨てる。
  出し入れに負担がかかると、つい、調べるのを億劫がる。
b0141773_0595224.jpg

3.一度調べたコトバには、マーカーでシルシをつける。
  こうしておくと、あとで検索済みだったことがわかり、
  以後、少しだけ「記憶せねば」と誓うようになる。

4.「辞書」と名がつかなくても、「食品成分表」「世界地図」
  「手紙の書き方」「(各種)ハンドブック」なども事典である。
b0141773_0431662.jpg

カタイ話が続いたので、ちょっとヤワラカイ話を……。
フィリピンの洋上でいろいろのポイントでダイビングをして歩くツアーに出たとき、
ある夜、ボートの最上部の甲板で涼んでいたら、
純白のナイトガウンに身を包んだ女性が現われた。
最初は幽霊かと思ってドキッとした。

この船のオーナー、テレサさんだった。
片言の日本語と、片片言の英語で異文化交流が始まった。
カトリックの彼女は、幼少のときに親が決めた結婚に従ったが、
現在、幸福とは思わない、と嘆くのだった。
「日本の女性は、みんな幸せなの?」などと聞かれたりしているうちに、
いくつかの抽象語が必要になってきた。
「純愛」「貞操」「浮気」「不倫」
b0141773_0433872.jpg

私は自室に戻って和英辞書を持ってふたたび甲板に。
深夜12時すぎ、月光の下で辞書を開いた。
なんと、辞書の細かい文字が読めるほどの明るさだった。
そのことに感動した。
フィリピンは月の名所だ、と。

で、そのあと、どうなったか、だって?
そ・れ・は、辞書の、
そのページだけが知っていることでしょ!!

by rocky-road | 2011-03-25 00:47  

いつもの自分でいること。

b0141773_23565410.jpg


アメリカの友人から、こんなメールが来た。

「地震と津波の被害の様子も全容が見えないうえに
原発の件が追い討ちをかけて
日本はどこへ向かっているのでしょうか。 
高いテクノロジーを持つことで知られている日本の原発でも
自然災害にはこんなにも弱いことが世界中の注目を集めていますが、
考え直すきっかけになるのでしょうか。 
海外にいても 故国の惨状に胸がつぶれるおもいです。 
放射能の恐ろしさを一番わかっているはずの日本で原発が55もあるなんて
知らなかったのは私だけでしょうか。 いつのまに……という感じです。 
いまは祈ることと寄付をすることで様子を見守っています

b0141773_001731.jpg

かつて、60年安保騒動のときにも、新潟の親戚から
「東京はどうなっているのか。危なくなったらここへ逃げてこいのう」
という電話をもらったのを思い出した。

騒動にせよ悲惨な光景などにせよ、それをピックアップして見続けると、
日本中が、または東京中が大混乱をしているように思えてくる。
それがズームアップという写真技術の、
そして危機報道の副作用というべきものである。
b0141773_011827.jpg

テレビを見ずにはいられなくなる、心の深いところに興奮が起こる、
テレビの前を行ったり来たりする、だれかに連絡をしたくなる、
意味もなく街を歩きたくなる、食欲が異様に高まる、
スーパーなどに行って食品をやたらと買いたくなる、
だれかの役に立ちたいという思いばかりがつのってくる、
そしてまたまた興奮してくる。
饒舌になる、そして理由もなく不眠になったり眠りすぎたりなどなど……。
それが危機報道の感染症状といっていいだろう。

健康支援者を自認する栄養士でも、この感染に気づかず、
チェーンメールを打ちまくった人があると聞く。
自分の心身の異常に気づかず、自分の健康を守れずに、
なにが健康支援者か、栄養士の看板はだいじょうぶか。
b0141773_021048.jpg

話は変わるが、以前、沖縄・石垣島の白保(しらほ)というところに
大型空港を建設するという案がまとまったとき、労働組合系の反対運動が起こった。
ダイバーの1人も、「石垣の白保を守れ!」と訴えた。
それには反対するつもりもなかったが、
「そういうアピールをする前に、白保のサンゴのすばらしさを
ダイバー自身がアピールしたことがあるのか、
そもそも白保に潜っているダイバーなんていたのか」と
ダイビング雑誌の自分の連載ページに書いたら、
本人から大クレームが出て、誌上討論となった。
b0141773_03245.jpg

顛末は省くとして、快く思わなかったのは、「俄(にわか)反対論」である。
ふだん、それらしいことを言ってもやってもいないのに、
話題がにぎわってくると、俄に参加してくるヤカラである。
そういうのを私は「お調子者」と呼ぶ。

アメリカの友人が、いきなり「寄付を考えている」というのは、
ボランティア大国のアメリカでは、
寄付や炊き出しなどのボランティア経験がある人が
70~80パーセントを占めるからである。
b0141773_045279.jpg

健康支援者にいちばん求められるのは、
心身ともにタフであること、いろいろのことがあっても、
泰然自若として自分を律し、自分の健康度を保つことである。
明るい表情、笑顔、キビキビとした動き、アクティビティ……。
ポーズはいらない、周囲の人の健康を支えるだけで、
充分に職業的使命を果たしていることになる。
b0141773_054526.jpg

戦時から戦後にかけて、食関係者はアカマンマやハコベなどの野草や、
ワカメやコンブ以外の海藻などを
いかにおいしく食べるかという調理法を指導していた。
現在の東京ドームのところにあった後楽園球場で、
野草の調理例を展示しているのを見に行ったことがある。
b0141773_061750.jpg

いまは、そんなことをしなくていい。
怪しげな情報を流すことなどもしなくてよい。
いつもの笑顔で、ゆったりと過ごしていればよい。
食事をおいしそうに食べていればよい。
いつもの自分でいることだけでも、充分に健康をアピールしていることになる。

by rocky-road | 2011-03-19 00:06  

オープン戦の意味。

b0141773_12331881.jpg

去る3月6日に行なわれた「健康支援者のためのリーダーシップゼミナール」で、
グループディスカッションを行なったことについては、
影山なお子さんのプログ「スタンバイスマイル」で紹介されていた。
このときのグループディスカッションは、
スポーツでいえば練習試合のようなもので、
今後の社会生活に大いに役立つものと思われる。

いま現在、世界中でいろいろの規模の会議が行なわれているだろうが、
会議という名がつかなくても、自然発生的に会議が始まることもある。
事故や事件のときの対処法、立ち話で人生や職場のあり方を論じ合ったり……。
会議には「戦場」的要素がある。
「会議とは、平和的な戦場であり、コトバによる格闘技である」と私は位置づけている。
b0141773_12341827.jpg

3グループに突然課題して、「健康支援者のライフデザイン 8つのポイント」を
討議によってひねり出してもらった。
議長や進行役などをいっさい指名せず、
ぶっつけ本番でディスカッションに突入してもらう。
その顛末は影山さんのプログに譲るが、
みなさんがあげた「ライフデザインの8つのポイント」については、
欲をいえばもう少しふくらみがあってもよいと思った。
あるグループが出した8項目は以下のとおり。
b0141773_12443916.jpg

1.人生の目標設定と定期的な見直し。
2.生涯現役であることの意識。
3.自分が「モデル」である意識。
4.健康行動の実践。
5.ネットワークへの参加、貢献。
6.自発的なコミュニケーションを活性化。
7.情報の発信・収集・整理。
8.タイムマネージメント。
b0141773_12423764.jpg

これでもなかなかの出来映えだが、
「もっとふくらみを」といった以上、
ふくらませたものをお目にかける必要があるかもしれない。
あと出しジャンケンにほかならないが、
大橋案をあげてみよう。一部は上記と重複あり。
箇条書きの語尾の処理法についても注意していただきたい。

1.生涯現役であること想定し、スキルアップを続ける。
2.健康支援者のグループに属し、支援者としてのセンスを維持する。
3.心身の健康、アクティブな行動などに関して人々のモデルとなるように努める。
4.人のモチベーションを高めるようなコミュニケーション力を磨き続ける。
5.多くの健康支援者と交流し、支援スキルについての情報交換を行なう。
6.健康情報を楽しく正確に伝える話し方、書き方のスキルアップを続ける。
7.講演、執筆、食事相談、健康相談などの機会を増やし続ける。
8.日本人の健康、世界の人々の健康向上に貢献することを使命とする。
b0141773_1243268.jpg

人によっては「誇大」と思われるかもしれないが、
地図は大きめがいい。
多かれ少なかれ、地図は世間から値切られて小さくなりがち。
だから、やや大きめがよい。
b0141773_12432046.jpg

リーダーゼミは次回(4月10日)で最後になる。
ここでも会議の練習試合を行なう予定。
プロ野球を見ていても、練習試合(オープン戦)の成績は、
リーグ戦にかなり反映されるものである。
b0141773_12433418.jpg

by rocky-road | 2011-03-11 12:44  

やっぱり「定義」でしょ。

b0141773_2234247.jpg

日本におけるコーチングの普及を推進してきた《コーチ21》の流れをくむ
《(株) コーチ・エィ》が、「メディカルコーチング研究会」を立ち上げた。
その設立記念講演会を受講する機会を得た。(2月25日 東京・日本橋)
b0141773_22343125.jpg

食コーチングを立ち上げた影山なお子さんは、
かつてコーチングのプログラムを受けたことがあるそうで、
今回の動きはそのコーチングの本流というところか。
食コーチングは、
それを健康支援のためのコミュニケーションスキルとして
よりオリジナリティのあるものへと進化させてきた。

それから7年後に、本家本元が、医療の世界にどのようなアプローチをするのか、
論理的にも、文化的にも、大いに興味を感じるところである。
当日のプログラムはおおむねこんな内容だった。
b0141773_2236914.jpg

①主催者からの「コーチング」の簡単な定義。
 「メディカルコーチング」の定義は未定。
②アメリカから来た現役ドクターによる「医療とリーダーシップの現状」
③「メディカルマネジメントとコーチング」
④「コーチングを生かした、臨床現場での栄養管理の実際」

おやっと思ったのは、主催者からの、「コーチング」ひとこと定義。
「一対一で行なう人材開発の手法」だという。
「コーチング」の定義はこれでよいのか。
これから「メディカルコーチング」の正式の定義をするというが、
母体である「コーチング」のひとこと定義自体、これでよいのか。
当日の講演内容からしても、その目指すところは、
組織の意識改革とコミュニケーション改善にある。
したがって、正確には「一対一」ではなく、「一対複数の人材開発」であろう。
b0141773_22363658.jpg

これから、大きなビジネスを始めるというのに、
こんなところでつまづいていてよいのか、
ちょっと心配になったし、気の毒にも思えた。

思考法の違いなのか、流儀の違いなのか、
いくつかの組織を立ちあげてきた者からすると、
ネーミングをしたら、同時進行的に自分の使うコトバの定義をせずにはおれない。
それをぜずにコミュニケーションができるのか、
ビジネスをスタートすることができるのか、それが不思議である。

「気の毒に思える」といったのは、
定義は、法律家や経済学者の仕事というより、
理論家やコピーライター、あるいはコミュニケーション専門家の仕事だから、
そういう人を見つける時間とネットワークがあるのか、
そのあたりを楽観できないからである。

余計な心配はよそう。
収穫は、この記念講演会のおかげで、
食コーチング」の立ち位置、これからの方向性がいっそう明確になったことである。
b0141773_2238221.jpg

「コーチング」は、出発点から「人材開発」に軸足を置いている。
その根本目標は組織の運営にあり、そのシステムのビジネス化であろう。
このスキルを医療の世界に持ち込むことは、遅すぎた感もあるがタイムリーともいえる。
医療の世界ほど権威主義が維持され、双方向のコミュニケーションに縁遠いところはないから、
「コーチング」にとっては、よいビジネスチャンスであろう。

これに対して「食コーチング」は、
個人の健康支援と、その先にある生きがいづくりの支援を目標にしている。
改革は、水を上から流すように、上部から行なったほうが早いが、
病院のコーチング型コミュニケーションはこれから始まるわけだから、
その効果が現れるのは10年も20年も先になる。

それまで、病院がコーチングビジネスの対象となってくれるのかどうか懸念があるし、
「コーチング」が根気よくニーズのある商品に仕上げてくれるのかどうか、
ここにも楽観できないところがある。
だからこそ、定義や目標をしっかりと固めてスタートしてほしいのである。
それまで「食コーチング」は、個々人の意識改革を進めていけばよい。
b0141773_22394541.jpg

以前、ある病院栄養士が「食コーチングは病院では使えない」といったという。
食コーチングは、インタラクティブ(双方向)コミュニケーションであり、
いわば情報の宅配便だから、どんな荷物でも運べるし、受け取りもする。
検査値だろうが病態説明だろうが、退院時の注意だろうと……。

それを病院では使えないとは、
つまり病院では、人間対人間のコミュニケーションが必要ない、といっているような
ものである。
その彼女が、自分の判断が間違っていたことに気づくのは、
病院にコーチングが導入される数年、数十年先になるのだろう。

病気の多くはライフスタイルに原因があるわけだから、
ライフスタイルをメインテーマにする「食コーチング」は、
病人をつくらない、再発を遅らせるというところに軸足がある。
とすれば、「食コーチング
が医療よりも先行していたのは、
歴史の必然のようにも感じつつも、やはり着眼のよさを改めて感じる。

by rocky-road | 2011-03-01 22:42