<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

水を、どう流すか。

b0141773_1112934.jpg
国家的な政策も多分に流行的なところがあって、
しばらくすると、風化して、みんなの関心からフェードアウトしてしまう。
「安心安全」も「食育」も、「地産地消」も「スローフード」も、
私には先が見えてきたように思える。
b0141773_1241492.jpg

では、「特定健診」とそれに伴う「保健指導」はどうか。
「相談」とか「支援」とかの用語を呼称に含めることなく、
「指導」としてしまった関係者の思考程度が垣間見えるので、
今後について、あまり明るい予想はしにくい。

しかし、始まってしまったら、行けるところまでいかねばならぬ、
というのが、運命というものである。
明治維新も太平洋戦争も、東京オリンピックも万国博も、
とにかく始まってしまい、始まってしまった以上、「どうにも止まらない」
b0141773_1243248.jpg

食コーチングプログラムス主催の「文章力シリーズ①」全3回を
担当させていただくことになったが、
このシリーズは健康支援者が出会うであろう文章シーンを想定して
いろいろのスキルを学んでいただこうと思っている。

2月13日の第1回は「文章の基本と、文章によるヘルスサポート」であった。
ここで問題になるのは、栄養士の文章力でヘルスサポートができるのか、
というところである。
幸い受講者は、食コーチングを受講した人ばかりだから、
コトバは「保健指導」を使っても、心は「サポート」だろうから、
「あなたは、体重をあと2キロ減らせば、ここに来なくていいのですよ」などと
うしろ向きのフレーズを使って相手の自発性を刺激することはないだろう。
b0141773_1252157.jpg

全国的に見ると、「保健指導」を担当する人が
越えなければならないハードルはあまりにも多い。
社会人としての会話術、カウンセリングマインド、
行動科学的な動機づけのスキル、
そしてもちろん、医学的・栄養学的知識……。
これに文章が入ってくるというのだから、絶望的にも見える。
b0141773_1123251.jpg

どれくらいの人たちがスキルアップをしているのか、
どれくらいのトレーナーが全国でスタンバイしているのか、
明るく展望するには、たぐいまれな楽天家になる必要がある。
b0141773_1133083.jpg

文章によるヘルスサポート論を講じていて心にひっかかるのは、
そこで学んだ考え方やスキルを否定するトレーナーのほうが、
たぶん多いことだろう、という懸念である。
「さっそく」と書けば「早速と書くのが常識だろう」といい、
「第一目標達成、クリアしましたね。それいけゴーゴーゴーですね」と書けば、
「慣れ慣れしずぎる」「ふざけちゃいけない」と待ったがかかるだろう。
b0141773_1131072.jpg

いやいや、そうではなく、そういうチェック役もいないのが現状。
いわば闇の中で、自己流のヘルスサポートが行なわれているのだろう。
日常生活ではほとんど手紙やハガキを書く習慣がない人が……である。

しかし、自然はよくできていて、水は上から下へと流れる。
情報も同じで、ヘルスサポートのスキルや、その表現法を学んだ人は、
それぞれの現場で、それを周囲の人に伝えているとも聞く。
ある人は、最近、上役から頼まれて、
その上役の文章添削をするようになったとも聞く。
b0141773_114742.jpg

こういうのは軟着陸というべきか。
現実はもう少し厳しくて、部下や後輩が進化するのを嫌う先輩が多いから、
水を上に流さざるを得ない、と思う人も多かろう。
が、水は上には流れないのが科学的原理。

地殻変動が起こって高低差ができるまで待つか、
染みこんで吸い上げさせるか、
現場現場で、どういう対処をするか、見極める必要がある。
そういう適応力を発揮することができれば、
「保健指導」も、もう少し人々に歓迎されるようになるだろうし、
当のヘルスサポーターも、よりハッピーになれるだろう。
それくらいの適応力がなくて、人のサポートなど、できるものか。
b0141773_1165735.jpg

[PR]

by rocky-road | 2011-02-16 00:57  

テンで話になる、ならない?

b0141773_1512265.jpg

『栄養と料理』時代の一部のスタッフと久しぶりに会った。
その席で、当時の校正担当のベテランに、
文章について、ずいぶんしごかれた、という思い出話を聞いた。
若いスタッフにとっては、自分の文章を添削されることはとても怖かった、と。

私自身も、『栄養と料理』の記事のタイトルに「。」を
つけることを提案したものの、その校正担当女性からは、
「タイトルに句点を打つなんて聞いたことがない」と反対された。
「編集長としてお願いしたい」と懇願、説得を繰り返し、ようやく押し切った。
b0141773_15132984.jpg

当時、『平凡パンチ』という若者向けの雑誌がヒットしていて、
その雑誌がタイトルに「。」を入れていた。
それだけではなく、従来の体言止めのタイトルを改め、
「パーティにはダークスーツの上に白のダッフルコートを着ていってキメのめそう。」などと、
結論型、提案型で攻めてきた。
b0141773_15162515.jpg

「ダッフルコートの選び方」「この冬のダッフルアイテム」といった定番型から、
のっけからある種の提案をする、かなり長めのタイトルへの転換は、
そんなことに関心のない読者にも、影響を与えたと思われる。
『栄養と料理』以外にも、私的に編集にかかわっていたダイビング雑誌でも
タイトルの方針転換を実行した(写真の『栄養と料理』は1990年5月号)。
b0141773_15164664.jpg

それはだいぶ前の話だが、
先日、人から見せてもらった文藝春秋社発行の『ナンバー』という雑誌が、
タイトルに几帳面に「。」を入れているのに気がついた。
770号はイチローの食生活の特集である。
「僕はこんなものを食べてきた。」
b0141773_15173919.jpg

念のために、次号の771号、「天才プレーヤーの創り方。」も買ってみた。
こちらも同様なのだが、やや「。」を打つ頻度が低め。
ここから、わが取材モードに突然スイッチが入り、編集部に電話をしてみた。
①だれの方針なのか。 ②号によってマルの頻度が変わるのはなぜ?

女性の編集者がていねいに答えてくれた。
マルを入れる方針は編集長の意向であること、同社で出している女性誌でも、
句点多様方針をとっているという。
週刊文春や文藝春秋は、この方針をとっていないことは私も知っている。
『ナンバー』は隔週刊なので4~5人のチームが別々に進行しており、
句点多様の徹底度は、チームの方針の強弱によって差が出るのかもしれないという。
さすが文春と思ったのは、編集者の最後のひとこと。
「お尋ねについて充分なお答えになっているかどうかわかりませんが……」
b0141773_15202823.jpg

本当は、編集長から「句点論」を聞きたかったが、
多忙であろう編集長を呼び出すことは憚られた。

なぜそう句読法にこだわるのか。
私の卒論のテーマは「補助符号の心理」であった。
研究者が少なく、一時、『言語生活』という専門誌に
関連の論文を何回か書かせてもらった。
句読点のある文章は、温かい。
タイトルにマルを入れると、辞書のコトバではなく、人が使った、生きたコトバになる。
発信者の口調が文章にいくぶんか表われる。
『ナンバー』の編集長も、そのあたりの心理をつかんでいるのだろう。
b0141773_15214714.jpg

文章にテンを入れる理由として、次の3点があげられる。
①文章の語尾まで見届けることで責任のある発言ができる。
②1センテンスにいろいろの情報を入れすぎる傾向を防ぐ。
 その結果として、文章がわかりやすくなる。
③センテンスが長くなるのを予防する。

それを考えると、結婚披露宴や結婚の報告、
転職や退職、就任や転居などの案内、
「喪中につき……」のハガキなどから句読点をとるなどという、
低文化への退行は、腹が立つのを通り越して、
最近では「好きにしろ」と、無視するようになった。

司馬遼太郎氏がいっていた「明治以来、形作られてきた
近代日本語としての文章」が、ここに来て、あたかも夜明け前の、
村の言い伝えのような理屈(「マルをつけると縁が切れる」)で
崩れつつあるという、歴史的事実だけは指摘しておきたい。
なにが21世紀か、バカいっちゃいけない。

----------------------------
b0141773_1522358.jpg

『栄養と料理』が、タイトルに句点を入れていた実例写真にある、
足達淑子先生が、先日『やる気を引き出す健康支援』という本を出した。
(中央労働災害防止協会発行 《中災防新書》 900円)

行動療法に関するエッセイであり、技法の裏にある思想の解説書というべきか。
『栄養と料理』当時、肥満学会の抄録の中から、
足達先生の研究を見つけ出し、『栄養と料理』にご登場いただくことになった。
以来、『肥満の食事カウンセリング』(女子栄養大学出版部)という本の監修をして
いただき、(株)法研から出た『ライフスタイルを見直す 減量指導』では、
私がプロデュースを務めた。
b0141773_1523144.jpg

特定保健指導などで頻繁に使われる「行動変容」などは
行動療法から出ている用語だが、その考え方や歴史を知らず、
おまけに技法のトレーニング不足のまま、
クライアントに迫っている担当者が少なくなく、
またしても「栄養指導」色が強くなっているのが現状。

食事相談を行なう人、健康支援者にぜひ勧めたい1冊である。
[PR]

by rocky-road | 2011-02-08 15:24  

純白のハンカチを虹色に……。

b0141773_23115853.jpg

3か月に1回開講している「ロッコム文章・編集塾 遠距離クラス」の
第8回の授業が終わり(1月30日)、2周年を迎えた。
毎回宿題を出すが、このところは、
健康支援に関する同業者が、メディアに発表する文章を
論評してもらう課題を意識的に多くしている。
b0141773_23124194.jpg

健康や食に関して、一般人向けに書くプロの文章は、
いかにもお粗末で、10年1日のごとく、観察力や思考力が進歩していない。
ある大学の教授が、新聞の広告欄に、インフルエンザを防ぐために、
免疫機能を高める食事という記事を書いているのだが、
あれもよい、これもよいと、雑学を列挙するばかりで、
何を、どれだけ食べたらよいかの結論がない。

また、別の調査報告の新聞記事では、
国立がんセンターの研究グループが行なった調査の紹介で、
「酒をまったく飲まない人より、2日に1合飲む人のほうが健康」と
大きな見出しで示している。
これを鵜呑みにすると、酒そのものに「死亡確率を半減」させる
生理効果があるかのような誤解を与える。
b0141773_23132733.jpg

2日に1合程度の飲酒経験がある人のライフスタイル、
経済環境、職種、学歴などについての考察がなく、
酒の量だけに死亡率軽減の原因を求める危うさには、どきっとする。
酒造メーカーは大喜びするだろうが、これは一種の「非安心・非安全記事」である。

健康支援者が、ヘルスプロモーション的な文章を
どのように書けばよいのか、しかるべき文例があるとよいのだが、
適当なものは、滅多なことでは見つからない。
やむを得ず、悪い例から学ぶという、反面教材方式を採用することになる。
さいわい、健康支援者の著名な先輩たちは
理想的な悪文・駄文を提供してくれるので、教材に事欠かない。
読まされるほうにはストレスとなるが、鑑識眼は育つ。
b0141773_23141058.jpg

悪文鑑賞のトレーニングの効果があったのか、
提出された宿題への回答は、評論精神に満ちていて、
今後への可能性を感じさせてくれる。

ネスカフェのコマーシャルに「違いがわかる男」シリーズがあったが、
勉強を続けてきた人の多くは、多分に「違い」がわかってきた。
しばしば例に引くが、新しい建物を建てようと思ったら、
敷地をいったんは更地にしないことには、次の建物は建てられない。
b0141773_23145242.jpg

岡本太郎は「芸術は爆発だ」といった。
創造的な仕事は、既存のものを更新または否定する作業を伴う。
健康支援者の諸先輩の論述は、そういう作業をしてこなかったから、
どれも大同小異で、斬新なものが少ない。

それほど反面教材があれば、それらをテコにして進めばいいのだが、
そこが論述の厄介なところで、
どこがどう悪いのか、それを判断をするには、
それなりに鑑識眼を磨く必要がある。
b0141773_23151775.jpg

遠距離クラスを含めて、わがロッコム文章・編集塾の人たちは、
悪文鑑定力をつけてきたので、評論精神は高まった。
マスメディアへの参加率も高くなりつつある。
とはいえ、イチロー選手が年間200本安打を打ち続けるように、
常にアイディアのある文章を書いたり講話をしたりするとなると、
イチロー並みの努力は必要だろう。

一見、やさしいレディやジェントルマンが、
ピシッと締まった文章を書くさわやかさからは、
スパイスとは比べものにならないほどの刺激と、
可能性を感じることができる。
b0141773_23172179.jpg

かつて、よく口にした「批判精神を磨かせることは
純白のハンカチを汚すようで気が引ける」は、
以後は使わないようにしよう。

批判精神や悪文鑑定力をつけることは、
白いハンカチを汚すどころか、
白いハンカチを七色に染めること--
つまりその人の多様性を刺激することにほかならないのだから……。
[PR]

by rocky-road | 2011-02-01 23:17