<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

健康支援者のもう1つの方向性

b0141773_0432586.jpg

以前、非常勤で通っていた大学の教え子が、
「将来、エッセイストになりたい」と語っていた。
センスもよく、よい文章を書くので、大いに励ました。
文学部の学生だったが、
卒論のテーマは向田邦子の作品中の食シーンの分析だった。
この卒論は大学からもよい評価を得た。

その後、食生活雑誌に投稿したいというので、執筆を奨めた。
近所の飲み屋がマグロの頭をディスプレーに使っている、
それについての考察だった。
私が仲介するまでもなく、この文章は食生活雑誌に載った。
なかなか読ませる文章だった。
b0141773_0462386.jpg

いまは音信がなくなったので、
現在、彼女がエッセイストとして活躍しているかどうかは、
明らかではない。
まだロッコム文章・編集塾を開塾する前だったので、
継続的なアドバイスはできなかった。

さて、時代は移って、いま、わがロッコム文章・編集塾の塾生の中にも、
雑誌への投稿を考える人が出てきた。
雑誌や新聞、あるいは放送局に意見を言ったり、
原稿を書いたりすることに、どんな意味があるのか。
b0141773_0464599.jpg

それは社会参加であり、世の中をチェンジさせる一石であり、
個人的には腕試しであり、社会人としてのステップアップであり、
人生へのモチベーションを高める方法でもある。

投稿程度では、とても原稿料はアテにできないし、
もちろん名を売るところまでにもいかない。
だからユメユメ(「努々」と書く)売名だとか、目立ちたがりだとかと
思ってはいけないし、人に言わせてもいけない。
しかし、小さな意見、小さな文章でも、世の中を動かす可能性はある。
これについては、池に投げた小石の波紋を考えればよい。
b0141773_0474762.jpg

こんな形の社会参加は、こよなく楽しい体験だが、
少なくとも健康支援者は、それへの指向性が低い。
というよりも、そのことに関して動機づけを受ける機会がないのである。
身近に元編集者がいても、ほとんど彼らの意識には火がつかない。
それは本人の自覚の問題というよりも、歴史的、環境的問題だろう。

そこまで言っても、養成校や同業者のネットワークに期待してもムリである。
教育者側にそれらの準備がないのだから……。
それがはっきりわかるので、私のような立場の者の責任は大きい。
b0141773_048396.jpg

突然、話は変わるが、先日、ある週刊誌の編集長にハガキを書いた。
どちらかといえば嫌いな雑誌だったが、このところ何号か読まされてしまうので、
「お見事」と書いたのである。ちゃんと返事が来た。
「たかが週刊誌といわれないような編集をしたい」と。
この返事もうれしい。数号読んだだけの1読者の感想が、
就任1年という編集長の路線を支援することになるのである。

自分のことしか考えない投書や投稿は長続きしないし、
自分自身を育てない。
少なからず誇大妄想に思えても、世のため、人のためを考えて、
社会参加を実行することである。
能力など、最初はなくてよい。
参加意識と、一連のアクションが、自分の能力を育ててくれるはずである。
b0141773_049615.jpg

[PR]

by rocky-road | 2010-05-29 00:49  

「食」は本当に人を良くする?

b0141773_2325253.jpg
ある人から、社会保険実務研究会発行の
「週刊 保健衛生ニュース」(1555号)をいただいた。
その記事によると、去る4月7日、
日本栄養士会と日本歯科医師会とが
「第31回 健康づくり提唱のつどい」を共催したという。

開会セレモニーでは、両会の会長があいさつをした。
栄養士会会長のあいさつの一部。
「食という漢字は〝人〟を〝良〟くすると書く。
食べることで生活習慣病になったのでは真の食とは言えない。
健康で幸せにならない」
b0141773_23215574.jpg

新聞記事の引用だから、微妙なニュアンスはわからないが、
このあいさつには失笑した。レベルが低すぎる。
全村50人という村の結婚式で、長老が祝辞を述べたのではない。
日本の栄養士会を代表する人が、
こんなお粗末なあいさつをするとは絶望的である。

「栄養士の栄養指導には、食事を定刻にとること、
1口を30回を目指してかむこと、
毎食後、歯磨きをすること、入れ歯のメンテナンスを奨めることなども
含むと思っています。そういう日々の生活習慣が
生活習慣病対策だと思います」
少なくとも、その程度のことはいえないのか。
b0141773_23221388.jpg

3,500年も前に発明されたという漢字を論拠に
21世紀の生活習慣病予防を説くとは、時代錯誤がすぎる。

その論法は、こんな話に似ている。
ミイラと一緒に出土したカボチャの種が
奇跡的に発芽し、やがてカボチャが実り、
それで作ったパンプキンスープがおいしかった。
それを味わった人が、
「かぼちゃスープは3,500年前のかぼちゃじゃないと……」
b0141773_23225572.jpg

さらにいえば、「食」という字は、「人をよくする」ことを意味していないから、
このスピーチには誤りがある。
『角川 漢和中辞典』によると、「食」の上の「人」に見える部分は
食物をかむ音(ショク)を表わすといい、
下の「良」は、「食器に食物を盛った形」だという。

そもそも漢字を論拠に現代の事物を説く人には要注意のところがある。
金八先生が説いたという「人という字は人が支え合っている形」も
誤りで、この字は、1人の人間の姿が正しいという。
一画目は人の手、二画目が人のボディを指す。
b0141773_23232552.jpg

栄養士の情報源のか細さには同情する。
超専門家がこの程度のことしかいわないのでは、
あとに続く者としてはやってられない。

といっていても始まらないから、自分の食感覚を磨くしかない。
「感覚」や「センス」は多分に天性のものだから、
磨くことができるのか……と疑う人は多い。
スポーツや芸術的才能などは、多分に天性のところがあるが、
学識や論理的思考は知的作業として磨けるところが多い。

本や雑誌を読むこと、いろいろの講演会やセミナーに参加すること、
そしてセンスがよいと思われる人々と交流を続けることである。

ちなみに「栄養士」の「栄」(榮)を「栄える」という意味で使うのは
いまは使われていない字--「栄」の木の部分が「火」の字、
読みは「けい」で、「光輝く」意味--の転用とのこと。
「栄」は、軽い木、つまり「桐」(きり)のことだとか。
b0141773_2324852.jpg

[PR]

by rocky-road | 2010-05-23 23:26  

5月の色は何色?

b0141773_071877.jpg

町で昔の海仲間に出会ったら、
「連休に海へはいかなかったのか」と尋ねられた。
フリーになってからは、ゴールデンウイークに海への旅をすることはなくなった。
もう17年間、そういう海行きパターンになっているが、
旧い仲間は、つい、昔のパターンを前提にして話題を作ろうとしてしまうらしい。

では、連休は何をしていたか。
5月2日にはリーダーシップゼミがあり、
それからは、次に行なう講演の準備をしたり、原稿を書いたり、
あしかがフラワーパークに藤の花を見に出かけたりと、
久しぶりに悠々自適気分で過ごすことができた。
b0141773_031840.jpg

快晴の日、近所で開かれていたフリーマーケットを見物していたら、
すれ違う人々の服装の重さに目が行った。
いつも気になっていることだが、
「国防色」(オリーブ色というのだそうだが)のオンパレードである。
b0141773_034279.jpg

どうひいき目に見ても、これが美しいとは思えない。
ファッションは個人の好みだから干渉したくないが、
社会環境として見たとき、あるいは動物行動学的に見たとき、
この色彩が、個人および社会のモチベーションを
著しくあげるとは思えない。
b0141773_04210.jpg

そういう先入観で見るせいか、その服装の人を見ていると、
表情があまりハッピーではない。
甘くない、優しくない、にこやかではない。
色彩心理学には縁遠いが、私にいわせれば
それは「国防色」であり、国民服の色であり、軍服の色である。
b0141773_041879.jpg

かくいう私も、かつて上野の「アメ横」で見つけた、
アメリカ軍払い下げの国防色の戦闘服とバッグを
ダイビング旅行のファッションとしていた。
b0141773_05136.jpg

が、ベトナム戦争の写真集の中に、
爆弾で吹っ飛ばされたベトナム兵の頭を持った米兵が
Vサインの笑顔で写っている1枚を目にしたとき、
「そういうことか!!」と悟った。
これは文字通り戦闘服なのである。
後日、それらのグッズは廃棄した。
b0141773_052526.jpg

今日のオリーブ色は、戦闘服とは関係ないが、
迷彩柄だけは、戦闘服を引きずっていないとはいわせない。

それはどうでもいいが、5月の町の風景としては、
なんともうっとうしい、とだけは言っておきたい。

日本の不景気は、この服装と関係があるのか、
日本人の没個性体質にぴったり合っているのか、
本気に研究したいテーマではある。
b0141773_064981.jpg

なんとなくいえるのは、健康支援者の服装に、
この色を使うことは避けたほうがよいかもしれない、
ということである。
ジャングルの色、深い森の自然の色が、
人間の気分を明るくしない、健康感を高めないというのは
おもしろい現実である。
[PR]

by rocky-road | 2010-05-17 00:08  

リーダートレーニング、始動!!!

b0141773_2255167.jpg
リーダーシップトレーニングゼミの第1回を担当した。
演題は「リーダーには、何が求められるのか。」

「トレーニングゼミ」なので、なるべく講義を少なくしたいと思っているが、
そもそも「リーダーの今日的概念」については、
しっかり認識していただかないと、この先の方向が定まらないので、
半日を使ってお話しさせていただいた。
b0141773_22554129.jpg

要は、「リーダー」とは「先導者」だけを指すものではなく、
「後押し」や「支援」をする人をも指す、ということである。
そして、それらはリーダーのタイプを指すのではなく、
リーダーの一側面を指すのにすぎない。
リーダーは、ときに引っぱり、ときにうしろに回ってあと押しをする。
それは野球のピッチャーの球種のように、
速球あり、変化球ありで、相手により、時と場合によって、
いろいろの球種をメニューとして組み合わせる、ということである。

今も昔も、リーダーとは、そういう役割であったはずだが、
「先導」の部分ばかりに目が行ったせいか、
あるいは武力がものをいう時代を典型例としたせいか、
「リーダー」を「先導する人」と定義してしまったのだろう。
日本語の大将、頭領、親方、親分……にしても同じことである。
b0141773_2312575.jpg

「健康支援者」は、どちらかといえば「あと押し中心」、
病院のような限られた場所では、
圧倒的に治療者の権限が大きく、
先導型リーダーシップが当然のこととして定着した。
「栄養指導」「食事指導」といったコトバは、
そういう環境から生まれたものだろう。
ここでも、リーダーの概念の思い違えがあった、といわざるを得まい。
b0141773_2333343.jpg

さて、午後は各自の自己紹介と、
自分が目指すリーダー像を披露する5分間スピーチタイム。
23人の受講者に語っていただいた(残りの4名は次回に)。
しっかりとリーダーとしての目標を示す人も数人いたが、
まだ、確かなイメージや目標を持っていない人が多かった。
当然である。要は、これからだ。

しかし、みなさん、しっかりと語った。
あえて1人1人に論評をせず、まずは傾向を観察した。
このスピーチは録音しておいたので、
1年後のスピーチと比較することができる。
健康支援者は、日本の大物(?)政治家や総理大臣のように
コミュニケーション力が人並み以下ではショウバイにはならない。
b0141773_2313997.jpg

健康支援者は、人のモチベーションを高め、
誠実に問いかけ、誠実に語れる人でなくてはならない。
世界に健康支援者が何人いるか知れないが、
1年かけてリーダーシップスキルをトレーニングする人は、
多くても1,000人は超えないだろう。

ほんとうは、「ほかにはいない」と言い切りたいが、
「締まっていく」ためには、
ライバルの存在を想定しておくのがよい。
アイディアというものは、同時多発的に
世界中に生まれることはよくあるから……。
b0141773_23115969.jpg

[PR]

by rocky-road | 2010-05-09 23:04