<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

栄養士とユニクロ

b0141773_7204744.jpg
新宿タイムススクエアにある高島屋の12階のかなりのスペースに
ユニクロが進出するという。
デパート側は集客のための相乗効果だと歓迎のコメント。
経営が苦しくなったデパートが、人気ブランドを誘い込むというパターンは、
完全に定番になった。

これは、デパートの時代が終わるまでの1プロセスだろう。
人気店の誘い込みは、心臓にペースメーカーを入れるようなもので、
デパート本体の回復はむずかしい。
企画や商品開発といった、ビジネスを拍動させる基礎能力を失った以上、
その組織体は、外科的に延命治療をする以外に道はない。
b0141773_7213431.jpg

こういうことは、デパート以外でも起こっている。
先日、テレビで料理番組を見ていたら、
管理栄養士が日常的な料理を作りながら、
にこやかに「じゃが芋はビタミンCがあって……」と、
しきりに栄養効果を説いていた。

この図式は、デパートが自己商品を開発もせず、
いつまでも古くさいデザインのあれこれを、
昔と変わらぬセールス方法で商売を続けているのとぴったり符合する。
b0141773_724236.jpg

毎日食べる普通の料理を、いちいちビタミン含有率で説明しないと
おすすめできない……と、ディレクターが思い過ごして、
栄養士にそう言わせるのである。
そのディレクターは、料理などしたことがなく、
料理は栄養素を強調しないとアピールしないと一人合点している。

栄養士も、なんだかわからないままに、
台本どおりにその料理を説明する。
食材の魅力、調理のおもしろさを言語化できない者のシナリオでは、
こうならざるを得ない。
b0141773_7251454.jpg

たぶんデパートでも、仕入れの担当者が
「そろそろ春・夏物シーズンだから、麻と綿の混紡のシャツを50着」なんて
慣習どおりに業者に発注しているのだろう。
彼には、シャツを楽しむ生活もないし、休日をめいっぱい楽しむ心のゆとりもなく、
自分と同じ世代、その前後の世代の消費動向にも関心がうすい。
ただ、先輩たちから教わったやり方を踏襲してきたことだろう。

従来の手法を踏襲する栄養士もまた、
商品開発に行き詰まるとユニクロに助けを求める。
栄養士界のユニクロは、アンチエージングであり、
酵素食であり、分子栄養学であり、粗食のすすめであり……。
b0141773_7255514.jpg

ペースメーカーは、外国由来のもののほうが効果がある、
などと考える、その発想法自体が、
明治維新以来の外科的延命法である。

栄養士の世界にも閉店間際のデパートが
けっこう多いのではないか。
b0141773_7264753.jpg

by rocky-road | 2010-04-25 07:26  

4月をネーミングする。

b0141773_22594494.jpg

東京は、ソメイヨシノの季節から、八重桜、ハナミズキ、ドウダンツヅジの
季節へと移りつつある。
ビジネス界の新年度でもあるので、
塾生のみなさんには、新年度に起こった変化などについて近況報告していただいている。

私の身辺では、富士フイルムフォトコン、ネイチャーフォト部門の賞状が送られてきたり、
27年前に発足した「水中映像祭」の27回目の案内が送られてきたり、
水中写真家、中村征夫さんから「世界一の珊瑚礁」(4月29日~5月5日、渋谷・東急本店)
という写真展の案内が送られてきたり、
女子栄養大学の文化栄養学科の非常勤講師の後任として影山なお子さんを推薦し、
その第1回講義が4月13日に無事終了したとのご連絡をいただいたり、
NTTコミュニケーションズ発行の『Breathing』4月号特集「デキル人の すきま時間活用術」に
コメントしたため、掲載号が送られてきたり、
京都で満開の桜を見てきたり、
娘と同じ誕生日の人におめでとうメッセージを送ったり、と少し変化があった。
b0141773_2302483.jpg

ところで、先日、この欄で掲げた写真のネーミングに関する問いかけに対して
3人の挑戦者が、ご自分のタイトルを寄せてくださった。
今回は、それを紹介して、ネーミングについて、再度考えてみよう。
b0141773_2311957.jpg

(1の写真)
まず、Aさんのタイトル
「重なる想い」
《評》 確かに重い。もう少し軽くいきたい。
    「想い 重ねて」とすると、多少は軽くなる。

Bさん
「明るい未来」
《評》 明るいし大きさもある。

大橋
「春の願い」 「花頼り」 「満願はいつ?」
------------------------------
b0141773_2322253.jpg

(2)の写真
Aさん
「人生の縮図」
《評》そうなんだけれど、やはり重い。
  ものを深刻に考えるのが好きなのか、
   力みすぎているのか。

Bさん
「わが道を行く」
《評》これも重い。この場合の「わが」は、だれ?
  お父さん? 子ども? 一家?

大橋
「しあわせ宅急便」 「パパの休日列車」
チャーミングにいきたいと思わない? 
------------------------------
b0141773_2352540.jpg

(3)の写真
Aさん
「その他大勢からの脱出」
《評》ああ、なんでそうなるの?!!
 地球最後の日じゃないんだから、そんなに深刻に考えないで。
 それをいうなら「スター誕生」「スポットライト」くらいにしておいては?

Bさん
「花畑の受付むすめ」
《評》よく考えた、苦心が感じられる。が、ちょっとひねり過ぎ。
   これも一種の擬人化。それが悪いわけではないが。

Cさん(初出)
「世界は二人のために」
「HONEYMOON 蜜月」
《評》ちょっと甘いけれど、まずまずかな?
  わざわざ「蜜月」など入れない。どちらかでいく。

大橋
「春(シュン)メトリー」 「ツートップ」 「二人三脚」

--------------------------
b0141773_2354193.jpg

(4)写真
Aさん
「幻想の中の現実」
《評》意図はわかるが、まだ堅い。


Bさん
「水中ウエアショップ」
《評》確かにそう見える。
それでもよいが、「海の中のウエアショップ」「水の中の……」としないと、
「ウエットスーツ」(水中ウエア)かなにかを売っている店と思われる。

大橋
このような写真は、説明せざるを得ない。
「表参道 新装オープン」「ファッショナブル アオヤマ」

お互い、がんばりましょう。

by rocky-road | 2010-04-14 23:03  

ネーミング塾、ワークショップ

前回のブログで、第49回 富士フイルムのフォトコンテストに
上位入賞した作品の、いくつかのタイトルがひどい、という話をしたら、
「ネーミングの秘訣があったら教えてほしい」というメールがあった。

とてもよい質問である。
実に実によい質問である。
が、答えはそう簡単ではない。
答えるのは簡単としても、結果を出すのはそう簡単ではない。
どうしても言語能力、小さくいえばボキャブラリーの量と質が問われるから。

まずは作例を1つ。
この写真にどうネーミングするか。
「水車と桜」または「桜と水車」
見たまんま、である。このタイプが多い。
写真に写っているものだけを説明とするとこうなる。
b0141773_063791.jpg

そこで、こう考える。
水車か、水車は回るんだよな、
じゃぁ、「回る季節」なんて、どうだろう。
でも、これでもまだ、そのまんまじゃない?
よし、わかった「めぐる季節」なんて、いいんじゃない?
サクラも水車も、見ればわかるのだから、言わない。
ちょっと考えればわかることを、コトバで強化する、
それが映像へのネーミングの1手法。

では、次の写真。これは?
「犬と桜」なんて、もう言わないよね。
b0141773_07023.jpg

言うわけないじゃん、ワタシ、バカじゃないから。
行くよ、えい 「きれいに撮ってね!」
そうきたか、それ、よくある、一種の擬人化。
動植物にセリフをいわせる。女性に多いみたい。
それも一手法。

そんなにいうなら、先生、お手本をよろしくどうぞ。
はい。
では「ワンマンショー」なんていうのはどう?
b0141773_073726.jpg

あれ、それどこかで聞いたことある。
そう、そういうのを盗作または類型といって創作する者がもっとも避けたいズル。
(注 よみうり写真大賞 第1席受賞 大橋作品)

さて、まじめに行きますよ。
「ワン モア チャンス」(ワンから離れなさい!! はい)
「レッドカーペット」(見たまんま)
「小さな花冷え」「春を追って」「スター誕生」

そんなふうに、試行錯誤してキメル。
メモ用紙に何度でも書いてみる。
辛い、辛いけれど続ける。
「写真って、そんなに面倒なの?」

いいえ、写真が面倒なのではなく、
まじめに生きるっていうことが辛いのです。

4月の29日は写真教室。
コンテストも予定している。もちろん、ネーミングも選考基準にする。

以下の写真、あなたはどんなネーミングをしますか。
b0141773_0102058.jpg

b0141773_0105529.jpg

b0141773_0114279.jpg

b0141773_0123196.jpg

by rocky-road | 2010-04-05 00:13